ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

またまた質問です。

チューリップを花壇に植えたのですが、他の方の質問にもあったように芽が出るまで何もなくて寂しい気がします。
すでに球根を植えてしまっていて、どこに植わっているのかわからない状態ですけど、今から上に何かポット苗や球根を植えることはできますか?植えるなら何がいいでしょうか?
ポット苗だと球根に当たってしまわないか心配です。もし、当たらなかったとしても球根の真上になってしまっても大丈夫ですか?チューリップの芽が出るのに邪魔になりませんか?それとも避けて芽が出てくるのでしょうか?
球根の場合はすでにもう今からでは遅いかもしれませんが、深さが違えば球根の真上に球根が植わっていても大丈夫なのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どこに球根があるのか分からない状態なら、今は花壇をいじらない方がいいのでは。

ポット苗を植え付けるときにはどうしても土を移植ごてで掘ることになりますが、その際にチューリップの芽や根(まだ地上に出ていなくてもすでに球根から発芽しているかと思いますし、根は間違いなく地中にしっかり伸ばしています)を傷つけることになりますし、芽をざっくりやってしまったらそれで終わりですから。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

そうですよね~、場所がわからないなら触らない方がいいですよね~。秋に植える時に一緒に植えることにします。

秋に一緒に植える場合はどうですか?
ムスカリは植えるつもりですが、他にオススメの球根はありますか?
球根や花苗がチューリップの真上になってしまっても大丈夫でしょうか?

お礼日時:2008/01/27 01:01

>秋に一緒に植える場合はどうですか?


 その場合は問題ないですね。間隔に気をつけて植えればいいと思います。

>ムスカリは植えるつもりですが、他にオススメの球根はありますか?
 チューリップのどの色ともよく合うのはやはりムスカリの青だと私は思いますねえ。
ただし、球根植物ばかりを一面植えてしまうと、花が咲き終わった後はとても寂しくなりますので(人によっては花が終わったら即球根ごと引き抜いて捨ててしまえと言う専門家もいるようですが、私にはとてもとてもそんなかわいそう&もったいないことはできません)スイートアリッサムやビオラなどと組み合わせた花壇にした方がいいと思います。

>球根や花苗がチューリップの真上になってしまっても大丈夫でしょうか?
 いいえ、それはまずいです。
花の苗を植えるときは球根から15cmくらいは離して植えた方がいいでしょう。花の地上部がチューリップの球根の上に軽くかぶさる分には問題ないですが、根が球根の上にどんどんはびこってしまったらまずいです。
また、グランドカバーのような植物で地面の上を密に覆い尽くすようなものですと、たとえその根は球根から離れていても地上部でじゃまされてうまく発芽できないこともあります。

なお、チューリップの芽が出てしまえば、間隔さえ確保できるのならその間にポット苗を植えても大丈夫ですよ。もちろん芽を踏まないように気をつけて作業しなくてはなりませんが。
先ほども書きましたビオラやスイートアリッサムなどが、背丈が低いのでチューリップの引き立て役に回れますし、花の期間も長く花がらをとる手間もいらないのでお勧めです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

>花の苗を植えるときは球根から15cmくらいは離して植えた方がいいでしょう。
そうなんですか~。間に花を植えるとなると、チューリップもかなり間をあけないといけなくなりますね。

>チューリップの芽が出てしまえば、間隔さえ確保できるのならその間にポット苗を植えても大丈夫ですよ。
あ、そうですね。けど、植えられる間隔あけてたかなぁ~。

球根について、まだ聞きたいことがあるんですけど、
新しく質問を作るので、またよろしくお願いします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/27 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチューリップが咲いていない時期の花壇について

今年初めてチューリップを花壇に植えています。
来年も球根を使うため、掘り上げようと思っています。
球根を掘り上げると花壇が丸坊主になります。
それはさみしいので、できれば初夏に植えて、秋に枯れるよう花を植えたいと思っています。
そういったことをしている方がいましたらおすすめの花を教えてください。
また、秋には同じ場所にまたチューリップの球根を植えたいと思っています。
土壌のことなど総合的に考慮し、中継ぎのような役割で花を植えることがいいのかどうかもアドバイスいただきたいです。

Aベストアンサー

今の花壇はチューリップのみでいっぱいにした花壇でしょうか?

チューリップばかりで…ということだと、他の方の言われるようにちょっと難しいですが
他の草花と混植するのであれば、できると思いますよ。

冬花壇:ビオラ・パンジーなどの間にチューリップを植える
(パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー)

パンジーが終わる頃、球根の掘り上げと草花の植え替えをする。

夏花壇:マリーゴールド、ペンタス、日々草、サフィニア など好みの花を植える

そして秋にパンジーを植え付ける時にまた球根を一緒に植えます。
冬の間はパンジーが幅を利かせて心配になりますが、春になるとパンジーの間からちゃんと
葉を伸ばし、チューリップが花をさかせます。
チューリップの隠し玉(混植)は寄せ鉢づくりでよく使われる方法です。
チューリップが咲いていない時期でも花を楽しむことができるのでおススメです。
私も一年草花壇に毎年違う種類のチューリップの隠し玉を入れて楽しんでいますよ^^

冬花壇と夏花壇の入れ替え時のポイントは堆肥をたくさん入れてあげることです。
腐葉土+堆肥をたっぷりまぜれば土を休ませなくてもちゃんと育ちます。
(私の場合は花壇の土2に対して、堆肥と腐葉土のミックス1ぐらいで混ぜます。
 あとはミミズまかせです^^)
本当はみなさんのように、石灰をまいて土を休ませるとよいのでしょうが
私は10年上の方法で植え替えをし、何の問題もなく花を咲かせています。
さすがに、この方法で野菜は無理ですので花のみですが^^;

球根の使いまわしについては、どうでしょうか…
しっかり花を咲かせた球根は養分を使い果たして小さくなっているので私は使いません。
毎年新しい球根を買います。(掘り上げた球根を植えたこともありますが、花が小さいlol)
チューリップは花を咲かせると球根が消耗するので、チューリップ農家では球根を太らせる
ために、花は首からちょんぎってしまうそうです。
掘り上げた球根を次の年はそういう風に育てればまた同じように大きな花を咲かせるのかも
しれませんね。

今の花壇はチューリップのみでいっぱいにした花壇でしょうか?

チューリップばかりで…ということだと、他の方の言われるようにちょっと難しいですが
他の草花と混植するのであれば、できると思いますよ。

冬花壇:ビオラ・パンジーなどの間にチューリップを植える
(パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー)

パンジーが終わる頃、球根の掘り上げと草花の植え替えをする。

夏花壇:マリーゴールド、ペンタス、日々草、サフィニア など好みの花を植える

そして秋...続きを読む

Q球根の上に植える植物

チューリップやムスカリなどの球根を花壇に植えようと思っています。
しかし花が咲くまでの間、花壇が土のままでは面白くないので、何か植物を植えようと考えています。
チューリップは割と間隔を密に植えて、チューリップ畑のように密集して咲かせたいと思っています。
考えている条件としては、下記のように考えています。
■チューリップの芽が出る頃に終わるようなもの。
■チューリップの芽が出て来た時その成長を妨げないもの。
■チューリップが咲く時期にもまだ咲いていてチューリップとのバランスが良いものでもいいかも?
■花ではなくてグリーンでもいいかも?

このような条件に合う植物は何かあるでしょうか?
またこんな風にしたらいいのでは?というアドバイスがあれば教えて頂きたいです。

今「スイートアリッサム」と「カラーリーフ」はどうだろう?と考えているのですが、これらは上記の条件に適していますか?
「カラーリーフ」は下記のようなものを考えています。
 http://item.rakuten.co.jp/agure-shop/1109-colorleaf/
 http://item.rakuten.co.jp/agure-shop/1111-colorleaf/
 http://item.rakuten.co.jp/agure-shop/3739/

色々と質問がありまとまっていませんが、アドバイスを宜しくお願いします。

チューリップやムスカリなどの球根を花壇に植えようと思っています。
しかし花が咲くまでの間、花壇が土のままでは面白くないので、何か植物を植えようと考えています。
チューリップは割と間隔を密に植えて、チューリップ畑のように密集して咲かせたいと思っています。
考えている条件としては、下記のように考えています。
■チューリップの芽が出る頃に終わるようなもの。
■チューリップの芽が出て来た時その成長を妨げないもの。
■チューリップが咲く時期にもまだ咲いていてチューリップとのバランスが良...続きを読む

Aベストアンサー

こちらは大阪ですが,ディコンドラは冬には地上部が枯れて,なんにもない状態になりますよ。(春にはまたでてきますが)

チューリップが終わった後のことを考えると,
一年草のほうが良いと思います。

アリッサムはチューリップと同じ頃に終わるので,とても良いと思いますよ。

チューリップの芽が出る頃に終わる物なら,葉ボタンとか。
正確に言うと,葉ボタンも春まで生長しますが,やはりお正月のイメージが強いので,チューリップの芽が出る2月ぐらいまでは楽しみ,後は抜いてしまうとか。ちょっと可哀想ですけどね。

Q球根の上に植える植物

庭の小さな細長い花壇にチューリップの球根を植えようと思っています。
昨年は大きな鉢に植えましたが、球根が良くなかったのか、土がよくなかったのか、今年の春、あまり良い状態で育ちませんでした。
また大きな鉢だったので移動させたりするのが大変でしたので、今年は花壇に植えようと思っています。

しかし花壇に球根を植えるとなると、花が咲く春まではその部分は土のままです。
それではあまりに寂しいので、今から春まで楽しめて春にチューリップの芽が出てくる頃には終息に向かう植物、植えてあってもチューリップの成長の妨げにならない植物はないかと探しています。

何かいい植物はないでしょうか?
またこうしたらいいといったアイデアはないでしょうか?

Aベストアンサー

> チューリップの芽が出る頃に終わるようなものをと考えていますが、花ではなくグリーンなどでもいいのかな?とも思っていますが


1月頃には地上に顔を出して来るはずですから・・・

冬って花が無い時期なのよね~~
それに短期間で抜いちゃうとなると なんかもったいない気がします

サフラン なんかは今植えてすぐ開花しますが・・・売っているかな
クロッカスの親戚みたいなものです
予算があれば参考にしてください

初夏から夏咲きの二年草類を植え付けて置くのは?
ちと競合するか・・・・

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q植えっぱなしで良い球根の夏から秋

チューリップや花にらなどを植えようと思っているのですが、球根のパッケージの説明書きを見ると、数年間植えっぱなしでも大丈夫というふうに書いてあります。
植えっぱなしにする場合、花が終わって葉も枯れたら夏から秋にかけて地上部に何もなくなってしまうと思うんですが、どんな植物と一緒に植えておいたらいいのでしょうか?葉が枯れてから一年草を買ってきたのでは、球根を掘り返してしまったり、行方不明になってしまいそうなのですが・・・ちょうどチューリップがお休みの時期に活躍するもので、こちらも植えっぱなしで大丈夫なものってありますか?

あと球根を掘り上げて日陰で管理する方もいると思いますが、日陰がない場合はどうしてますか?うちは一戸建てですが、真南を向いていないので、午前中は東面と南面、午後は西面と北面に日があたります。

Aベストアンサー

球根をうえっぱなしにする場合は、大胆に深く埋めるのがよいそうです。25センチくらい?浅いと、菌やウイルスがいるので病気になりやすいとか。
チューリップの球根は、凍るような真冬でも水やりをするとのこと。乾燥に弱いそうで。富山県はチューリップの特産地ですが、降雨量、降雪量、湿度が高いそうです。

チューリップの球根を植えてから咲くまでの間にちょうど合うのはパンジーだそうです。パンジーはチューリップを植える頃から冬~初春まで、ずっと咲きます。パンジーの間からチューリップが出てきて咲き、交代です。パンジーはうえっぱなしではなく、春にかれてしまうので、取り除く必要があります。

夏から秋にかけてですが、冬に地上部が枯れたようになり夏には元気になるようなうえっぱなしの草といえば、ラベンダーが思いつきます。ラベンダーは毎年、ごつい根をはって大きくなりつづけるので、球根はそのうち負けちゃうかも。
あ、夏の花ペチュニアも、冬に地上の茎葉が枯れても、根が生きていて、また復活します。ラベンダーほどごつくないのでよいかも。

初心者には、うえっぱなしよりも掘り上げて保管するほうが難しいらしいです。

球根をうえっぱなしにする場合は、大胆に深く埋めるのがよいそうです。25センチくらい?浅いと、菌やウイルスがいるので病気になりやすいとか。
チューリップの球根は、凍るような真冬でも水やりをするとのこと。乾燥に弱いそうで。富山県はチューリップの特産地ですが、降雨量、降雪量、湿度が高いそうです。

チューリップの球根を植えてから咲くまでの間にちょうど合うのはパンジーだそうです。パンジーはチューリップを植える頃から冬~初春まで、ずっと咲きます。パンジーの間からチューリップが出てき...続きを読む

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Q花壇に球根を植えた後は…?

ガーデニング初心者です。春開花の球根を植えたら
春まで花壇のその場合は、空きが出来ますよね?
チューリップを沢山植えたいですが、春まで淋しく
悩んでしまいます。アスターの種も持っていますが、
春咲きなので、今から何処に植えたらよいのか…。
花壇の空きが嫌だから、冬でも咲く花苗を買って
みたり…でも、これでは春の花壇が淋しくなるのか…
とどうしてよいのか分からなくなってしまいました。
皆さん、どのように計画してらっしゃるのでしょか?

Aベストアンサー

こんにちは。
お住まいがどちらか存じませんが、神奈川県在住の私の庭では、次のようにしています。

秋:チューリップの球根と一緒に、秋に咲く花で、あまり耐寒性のない花を黒ポットごと植える
   (ケイトウ、観葉トウガラシ、コリウスなど)
冬:秋に植えた花が寒さに当たって傷むか枯れたら黒ポットごとサヨナラして、その穴にビオラやパンジーを植える。
春:チューリップとビオラやパンジーがキレイに咲き誇る

という感じです。
パンジーやビオラの苗は花が咲いているものが11月頃から出始めるので、それを植えれば花壇はさみしくなりません。あまり寒くならず秋の花がまだ元気でも、年内にビオラやパンジーを植えたほうがいいです。ビオラやパンジーは雪が降るようになる前にある程度まで大きく育っておくと、春にものすごい数の花を咲かせてくれますよ。

アスターの種は何株が苗まで無事に育つかどうかわからないので、とりあえず100円ショップで売っているような鉢に種をまくとよいのではないでしょうか。で、大きく育ってくれた子を、ビオラやパンジーと同じような感じで植えると春の庭が豪華かもしれません。

我が家の庭はホントに狭いので、一年草を中心に季節の花を楽しんでいます。よろしかったら参考になさってください。春になってチューリップたちが咲いてくれる日が楽しみですね♪

こんにちは。
お住まいがどちらか存じませんが、神奈川県在住の私の庭では、次のようにしています。

秋:チューリップの球根と一緒に、秋に咲く花で、あまり耐寒性のない花を黒ポットごと植える
   (ケイトウ、観葉トウガラシ、コリウスなど)
冬:秋に植えた花が寒さに当たって傷むか枯れたら黒ポットごとサヨナラして、その穴にビオラやパンジーを植える。
春:チューリップとビオラやパンジーがキレイに咲き誇る

という感じです。
パンジーやビオラの苗は花が咲いているものが11月頃から出始めるので、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング