「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

両手で体重や体脂肪を測れる奴でこないだ測ってみたら、かた太りと表示されました(体重と体脂肪は忘れてしまいました)
かた太りってダイエットしにくいんですか?
スポーツジムとかに通ってスリムな体型になれるのでしょうか。

また、もし通うんならどんなメニューにしたら良いですか?
教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おはようございます。


固太りや水太り、というのは、東洋医学の思想でしょうか。
どちらにせよ、脂肪は脂肪ですので、食べすぎを改善し、運動をすれば解消されると思いますよ。
スポーツジムに通うのであれば、信頼できるトレーナーにアドバイスをもらえるのであれば、ここでアドバイスを聞くよりも、ずっと良いと思います。というか、ジムに通うのであれば、目の前で質問者様の様子や運動能力などを見れないこの掲示板よりも、実際に目の前のトレーナーに指示を仰ぐのがベストですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
そうですね、今日も先ほどジムに行って帰ってきたところです。
トレーナーの方に聞いてみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/27 13:59

>体重と体脂肪は忘れてしまいました



むしろこっちの方が1000倍重要ですよ(笑)

かた太り、の意味を厳格には知りませんが、
筋肉質な方ということでしょう。

筋肉を落とすしかありませんから、
筋トレなどせず、有酸素運動をひたすら行うべきです。
脂肪も筋肉も順調に減りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、もう1度測ってみます(笑

有酸素運動ですか!!
分かりました、汗を沢山かいてみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/27 09:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固太り解消までの時間は?

身長161.5センチ 体重53キロ 体脂肪率23%骨格筋率30% 27才 女性

下半身のサイズ(右、左)
足首 21センチ 22センチ
ふくらはぎ 34センチ 35センチ
膝上 38センチ 38センチ
太もも 54センチ 54センチ
上半身に比べて、下半身がかなり太いです。

ダイエットをしても下半身が全然痩せず、運動すればする程下半身が太くなります。 調べた所、私は固太りの様です。

ふくらはぎや太ももは肉がつまめない程固く、セルライトが目立ちます。つまむと凄く痛く、常にパンパンと張っています。

ジョギングやスクワットなどをやればやる程、足が太くなります。
昔はバレー部に所属し、体を鍛えていました。現在は週1回バレーをしています。

固太りにはまず筋肉を落として、肉を柔らかくしないと痩せないとの事だったので、リンパマッサージやストレッチを実践中です。

食事制限もしてます。

ダイエットには根気と努力が必要な様ですが、どれくらいで効果が出てくるのか、ご存知の方がいましたら教えて下さい(>_<)

身長161.5センチ 体重53キロ 体脂肪率23%骨格筋率30% 27才 女性

下半身のサイズ(右、左)
足首 21センチ 22センチ
ふくらはぎ 34センチ 35センチ
膝上 38センチ 38センチ
太もも 54センチ 54センチ
上半身に比べて、下半身がかなり太いです。

ダイエットをしても下半身が全然痩せず、運動すればする程下半身が太くなります。 調べた所、私は固太りの様です。

ふくらはぎや太ももは肉がつまめない程固く、セルライトが目立ちます。つまむと凄く痛く、常にパンパンと張っています。

ジ...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
ご返信ありがとうございます。
再度アドバイスですが、結論から言うと、カロリー計算をして運動負荷を上げてください。

僅かな体質の違いや生活習慣によって、1日に消費するカロリーには差が出てしまいます。例えば仮に1日に1時間運動したとしても、それは1日に消費するカロリーのほんの一部。脂肪燃焼の大半は、それ以外の23時間の安静時代謝や日常活動中に行われます。

そのため誰でもこれをやれば十分だとか、この程度気を付ければ結果が出るというわけにはいかないんです。決して努力していないとは思いませんが、「つもり」ではなく確実にカロリーをマイナスにして、自分の体に成果が出るように続けなければやはり苦労だけが溜まっていきますね。

夏は食欲が落ちる人が多く、何も意識しなくても1~2kg体重が落ちるのも珍しい事ではありません。自分から食事制限をしているのに0.5kgしか落ちないというのは、けっこう食欲旺盛な方なのだと思います。実際にはカロリー計算をしてみるとたいしてマイナスになっていないはずです。

僕も経験があって、栄養に気を付け、食事制限しているつもりでも、いざ書き留めて計算してみるとぜんぜん減らせていないなどという事は珍しい事ではありません。例えば納豆や豆腐など、大豆食品の大半は高脂肪でカロリーが高いです。だから僕は体重を落としたいときは避けていました。また、気を付けているとは思いますが、鶏肉もモモと胸肉ではカロリーは違うし、胸肉も、皮つきと皮なしでは倍ぐらいカロリーが違います。
ともかく、カロリーを書き留めて計算してみることをお勧めします。質問者さんの体格だと、1200Kcal程度に制限しなければダイエットは目に見えて進まないでしょう。

下半身のほうが進まないというのも、それである程度解決できると思います。最初に書いた通り体重が確実に落ちる状態では筋肉は付きませんからね。

さらに追記すると筋肉を付けるには他にも条件があって、カロリーを十分に摂るのに加え、普段の生活水準以上の強度で鍛える必要があります。普段、当たり前のように支えている自分の体重で行う筋トレでは、筋肉を人並み以上に太くするには負荷が足りません。
また、筋肉というのは筋トレを続ければどんどん太くなるというわけではなく、その内容ができる程度の筋力が付いた時点でそれ以上続けても変わらなくなります。
モデルだってジムでマシンやバーベルでエクササイズするぐらいなのに、自重のトレーニングでついた筋肉のせいで太いという事はあり得ないんです。

心配せず、カロリー収支のほうを見直せば結果が付いてくると思いますよ。


下半身のほうに関してはもう少し対策があります。

上に書いたのは、とりあえず痩せるための話で、次は体脂肪率をしっかり下げながら痩せるための話。人それぞれの個性もあるでしょうけど、下半身デブの原因は主に体脂肪率が高いことが原因です。女性は特にお腹から下に脂肪が付きやすい上に上半身の筋肉が少ないため、脂肪の多さはそのまま下半身の太さに繋がります。

で、簡単に言うと体脂肪率ってのは強度の高い運動をしながら痩せることで下がります。
通常は軽い運動や食事制限で痩せようとすると、いくら栄養に気を付けようと筋肉は落ちてしまいます。筋肉がエネルギーとして代謝されるというのは、逆に脂肪はあまり燃えていないということです。

一方、負荷の高い運動をしながらカロリーを制限すると、筋肉はあまり減らず、その分より多く皮下脂肪が減っていきます。
脂肪を強力に分解する成長ホルモンの分泌量があがり、運動を終えた後の安静時に脂肪を分解して代謝していくためです。上半身の筋肉を守ることで上ばかりガリガリになるのを防ぎ、脂肪が優位に減ることでお腹から下が細くなっていきます。

実際、ウェイトトレーニングの場合、運動後数時間以上、さらには翌朝の安静時代謝も普通より2割ほど高いままだったという実験結果もあります。

有酸素運動でも、ウォーキングやジョギングばかりこなしているとよほど軽い体重まで下げないと腹は弛んだまま、脂肪の多い体型は変わりません。ジョギングや軽いエアロバイクなどの運動にも運動後に代謝が高くなるという報告はありますが、運動直後たったの1時間程度。タラタラとやってもカロリー消費量が低いし、逆に運動後に脂肪の代謝を下げるという報告もあります。僕が通っているジムにも、雑誌を読みながら軽くずーっとエアロバイクをこいでいる女性は多いですが、ぜんぜん体型が変わりません。

しかしこのように少しでも負荷やスピードを上げようとすると、それに応じて脂肪は落ちるようになります。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/usfitness_070522_4.html


質問者さんだって筋トレはやってるよ!と思うかもしれませんが、部活で習ったような自己流の筋トレじゃ本来の効果を引き出せないんです。最も効果が出るのは最大筋力の80%前後、言い換えると1セットが10回MAXぐらいの負荷だというように厳密にデータがあって、それより軽ければ効果も低くなっていくわけです。ただ負荷を上げる以外にも、加圧トレーニングやスロトレなどいろいろ研究されていますけどね。

負荷が高いと辛そうなイメージがあると思いますが、逆に運動時間や運動頻度はあまり必要ないんです。最初に書いたように、運動ってのは1日のカロリー消費量のほんの一部でしかありませんし、しかもカロリーをマイナスにするだけなら食事制限でも十分に可能なんです。運動はただカロリーを消費するだけでなく、安静時に脂肪を勝手に燃やしてくれるようなスイッチとして考えるほうが、ボディメイクは捗ります。


日本人女性が上半身と下半身でアンバランスな体型になりがちなのは、イメージであまり筋力を酷使して痩せる習慣が無いため、痩せる時に筋肉ばかり失ってしまい、脂肪は頑固に残っているため。例えば芸能人でも米倉涼子や神田うのなどスタイルに自信を持っている人はウェイトトレーニングで体型をキープしています。また、安室奈美恵んか見てもわかる通り、強度の高い運動をしています。軽い有酸素運動やエアロバイクなどやっているわけではありません。

運週3回程度でもいいから、強度の高い運動を取り入れることで、なれる範囲で最大限下半身太りは解消できると思います。

最後にちょいとリンクはっときます。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0WOP9J7QPwI#!
こんなトレーニングをしても筋肉の太さはこの程度です。
最近オリンピック見たと思いいますが、新体操の選手はあなたより遥かに強度の高い負荷でトレーニングしていても、太くはないでしょ。軽い運動を長時間やるのが大切とか、軽くても毎日こつこつやれば変わるとか、ウソですからね。
やるときはしっかり筋肉を酷使して、毎日だらだらやらずに休む時は休むというようにメリハリをつけるほうが、体は変わります。

No.2です。
ご返信ありがとうございます。
再度アドバイスですが、結論から言うと、カロリー計算をして運動負荷を上げてください。

僅かな体質の違いや生活習慣によって、1日に消費するカロリーには差が出てしまいます。例えば仮に1日に1時間運動したとしても、それは1日に消費するカロリーのほんの一部。脂肪燃焼の大半は、それ以外の23時間の安静時代謝や日常活動中に行われます。

そのため誰でもこれをやれば十分だとか、この程度気を付ければ結果が出るというわけにはいかないんです。決して努力していない...続きを読む


人気Q&Aランキング