マンガでよめる痔のこと・薬のこと

併合罪についての質問です。

刑法第九条第四十七条(有期の懲役及び禁錮の加重)の項目に、
併合罪のうちの二個以上の罪について有期の懲役又は禁錮に処するときは、その最も重い罪について定めた刑の長期にその二分の一を加えたものを長期とする。ただし、それぞれの罪について定めた刑の長期の合計を超えることはできない。

とあります。これによりますと、とある人物がこれまでに犯罪A:懲役10年以下、犯罪B:懲役5年以下、犯罪C:懲役3年以下の3種類の犯罪を起こしたと仮定したとき、その併合罪の長期は10+(10/2)=15年となるようです。
(当方素人ですので、ここですでに間違った解釈をしているかもしれません。もしそうでしたら、ご忠告ください。)

ところで刑事訴訟法第二章第二百五十条に
(公訴)時効は、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。
一  死刑に当たる罪については二十五年
二  無期の懲役又は禁錮に当たる罪については十五年
三  長期十五年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については十年
四  長期十五年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については七年
五  長期十年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については五年
六  長期五年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については三年
七  拘留又は科料に当たる罪については一年

とあります。

そこで質問なのですが、この場合の公訴時効は、
[1]併合罪の15年を元にこれまで犯した罪を一括してとる
[2]犯罪A,B,Cそれぞれについてとる
のどちらでしょうか。
また、仮に起訴された場合、裁判の判決は
[1]併合罪でひとつの罪として、一括して出される
[2]犯罪A,B,Cそれぞれについて判決を出し、それらを合算する
のどちらでしょうか。

なにぶん素人ですので、詳しく教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です。



>高くついた窃盗

まあそういうことです。もっとも大概は探せば何らかの余罪が出てくるものですが。

>窃盗と監禁致死が同じ場面・時間で成立したとは考えがたいのですが、それでも併合罪として成立するのですね。

併合罪となる犯罪は相互に法律上はおろか事実上の関連すらある必要は全くありません。全く別の犯罪で構わないのです。例えば、平成19年1月1日拾った財布を着服した(遺失物等横領罪)と平成19年8月1日道端で人を殴った(暴行罪)と平成19年12月20日車で人を跳ねて怪我させた(自動車運転過失致傷罪)という場合でも併合罪にはなり得ます。
併合罪というのは、「訴訟で同時審判の可能性がある複数の犯罪」であればいいのです。そこで、「未だ確定裁判を受けていない数個の犯罪」または「禁錮以上の刑の確定裁判を受けた犯罪とその確定裁判"以前に犯した"犯罪」が併合罪になります。
前者は、裁判の時に同時に審判できる状態ですし、後者についても、もし仮に確定裁判以前に別の罪が発覚していれば同時審判ができたはずなのでいずれも「同時審判の可能性がある複数の犯罪」であるわけです。
なお、後者において確定裁判が罰金以下の場合を除いているのは、その場合には併合罪にしてもしなくても処断刑上は差が出ないからに過ぎません。

併合罪は「複数の犯罪を同時審判した時にそれぞれの刑の上限を加算すると幾らでも科刑の上限が増えるところ、それを懲役または禁錮に関して最も重い罪の5割増までに制限するもの」つまり「懲役又は禁錮刑の場合の科刑の上限を限定するためのもの」と考えることができます。そこで「軽微な余罪と合わせて実質的に法定刑以上の科刑を実現した」という点で併合罪の趣旨に反し、ひいては罪刑法定主義に反するのではないかということで前出の判例が問題となったのです。
この点について最高裁は罪刑法定主義違反とは考えていないことは間違いないのですが、では併合罪の趣旨をどう考えているのかという点については、実は判例を読んでも分かりません。併合罪規定だけの問題として考えれば最高裁の判断の方が素直だとは思うのですが、実質的に法定刑を超える科刑を実現するような併合罪の適用は罪刑法定主義に反するので違憲という方が理論的には納得がいくのが正直なところです。
刑事訴訟法的議論としては、このような起訴は公訴権濫用であるという処理も可能ではあると思いますが、そもそも公訴権濫用について裁判所が認めた例がない(あり得る事は最判でも認めているが、ほとんどありえない場合のみ)ので結局のところ実務上は問題にならないということになります。

>では、ひとつの行為が同時に2つ以上の罪にかかる場合は、併合罪になるのでしょうか。

それは併合罪にはなりません。
行為が一つで複数の犯罪に該当する場合は「観念的競合」と言い、科刑上一罪(文字通り、犯罪自体は複数成立しているが、科刑の上では一つだけとする)という扱いになります。実際に適用する罰条は、成立する犯罪の内最も法定刑の重い罪になります。
公訴時効は、それぞれについて考えても実際に適用になる一番重い罪のみで考えても事実上ほとんど変わることがないのではありますが、判例の立場ではあくまでも一つの犯罪として実際に適用になる一番重い罪についてのみ考えることになります。

#併合罪の公訴時効を論じるのは結構ですが、まず併合罪の何たるかを理解する方が先です。刑法総論の罪数論を勉強することをお勧めします。

>公訴時効は7年と判断してよろしいのでしょうか。

です。
法律では「以上」「以下」「未満」「超える」という表現は厳密に使い分けます。10年「以下」ということは、10年を含みます。10年「未満」は10年を含みません。4号の「長期十五年未満の懲役又は禁錮に当る罪」とは正確に言えば「長期十年以上十五年未満の(以下略)」です。
従って、10年「以下」の懲役は5号の「長期十年未満の懲役又は禁錮に当たる罪」ではなく、4号の「長期十五年未満の懲役又は禁錮に当る罪」になるので公訴時効は7年です。

この回答への補足

非常に良くわかりました。ありがとうございました。

迷惑ついでに、もうひとつお尋ねしたいことがあるのですが、刑法の中で

(故意)
第三十八条  罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2  重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3  法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

とあります。2番目の「重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。」というのは、ひとつの犯罪を犯してそれが2つ以上の罪に引っかかったが、犯行時に重いほうの罪に引っかかるとは知らなかった場合、重いほうでは処分できない、という意味合いでしょうか。

度々申し訳ありませんが、回答いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2008/02/03 15:07
    • good
    • 1

まず予備知識から。


それぞれの犯罪について刑法その他の刑事罰則規定で定めてある刑種及び範囲を「法定刑」と言います。
その法定刑を「実際の事件において」法律の規定に従い加重減軽して出てくる刑種及び範囲を「処断刑」と言います。世間ではこれを法定刑と言っていることがありますが法律的には間違いです。
処断刑の範囲内で実際に科すべき刑の範囲を決めることを「刑の量定=量刑」と呼び、量刑の結果、実際に判決で言渡す刑を「宣告刑」と言います。

さて、併合罪は元々「それぞれ別の犯罪」です。ですから当然、それぞれの罪について別個に時効が進行します。
更に、刑訴法252条に以下の規定があります。

刑法により刑を加重し、又は減軽すべき場合には、加重し、又は減軽しない刑に従つて、第二百五十条の規定を適用する。

併合罪は「刑法により刑を加重……すべき場合」なので「加重し……ない刑に従って」250条の規定を適用します。

よって、それぞれの犯罪について法定刑に従って別々に公訴時効は進行することになります。つまり[2]が正解。設例で言えば、A罪7年、B罪5年、C罪3年となります。

そして、併合罪として処理する場合は、併合罪加重を行って処断刑を定めてその範囲内で全体として一つの宣告刑を決めます。それぞれの罪について刑を決めてその合計を処断刑の範囲内に収めるのではありません。つまり、こちらは[1]が正解。なお、もし仮に一部の罪について時効が完成していれば、当然その分は併合罪加重できません(普通は起訴しません)。
この刑の量定方法が問題になったのが、富山かなんかの9年以上にわたって女児を監禁していた事件です。通常なら起訴猶予になるような窃盗罪(最長10年)と監禁致傷罪(当時は最長10年)とを併合罪で処理して14年の刑を科したのですが、もしそれぞれの罪について個別に刑を定めて合計したら監禁致傷罪で最長10年を科しても、窃盗罪が4年になるような内容ではないのでとても14年にはできません。実際、高裁では監禁致傷罪を10年、窃盗罪を1年として11年の懲役を言渡しました。しかし、最高裁は最初に15年(当時)の処断刑を定めその範囲内で刑の量定をすべきであるとし、原判決を破棄し一審の懲役14年を相当としたものです(最判平成15年7月10日)。

判決原文は以下。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/2A4766F0AA881 …

この回答への補足

丁寧なご回答ありがとうございます。

公訴時効は別々に進行、判決は併合罪として一括判決になるのですね。

お教えくださいましたリンク先の文面も読ませていただきました。窃盗の内容は軽微であっても、
併合罪=(窃盗罪+監禁致傷罪)=最高懲役15年
となり、懲役14年の判決となったわけですか。なるほど。
ところで、もし犯人が監禁致死罪しか犯していなかった場合は、最高でも懲役10年しか科されないことになります。そうなると、こんなことを申し上げるのもなんなのですが、高くついた窃盗・・・となりますね。
ところで、窃盗と監禁致死が同じ場面・時間で成立したとは考えがたいのですが、それでも併合罪として成立するのですね。では、ひとつの行為が同時に2つ以上の罪にかかる場合は、併合罪になるのでしょうか。
また、A罪は七年で公訴時効とご回答くださいましたが、条文には『10年<未満>』とあります。A罪は『10年<以下>の懲役』なのですが、公訴時効は7年と判断してよろしいのでしょうか。

たびたび申し訳ございませんが、ご回答くださいますと幸いです。
なにとぞよろしくお願いいたします。

補足日時:2008/01/28 22:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公訴の時効が完成するのはいつ?

公訴の時効は、刑事訴訟法(250~255条)で決められていますが、例えば平成17年2月24日に刑事事件を起こした場合、公訴時効が3年の罪の時は、単純に3年後の平成20年2月24日終日をもって完成するのでしょうか?
それとも23日? 25日?
どの日時をもって時効となるのか教えてください。

Aベストアンサー

民法は刑事訴訟法の一般法とはならないので、関係ありません。(実質的には、時効期間は、民法の期間で計算しても同じですが)

刑訴法55条に期間計算の仕方があります。

答えだけ書くと、平成17年2月24日のある時点に犯罪行為が終わった場合は、平成20年2月23日までに公訴提起する必要があります。

ちなみに、3億円事件の場合、昭和43年12月10日午前9時頃事件が発生し、昭和50年12月10日午前0時に時効完成しました。

Q観念的競合と併合罪ってどう違うんですか?

全然分かっていない質問ですが、どうか教えてください。
観念的競合って併合罪とどう違うのでしょうか?どちらも刑が跳ね上がるものなのでしょうか?一つのことをすると2罪になる、というのと、二つのつみを一つにするっていうのはなんとなくわかるのですが・・・
あと、併合罪で、長い方の罪の半分を足してより長い刑罰にできるっていうのは、たとえば14年のつみと10年の罪を犯した場合、14のほうに、10年の2分の1の5年をたすんでしょうか?(そうすると19年になりますよね)それとも10年のほうに14年の半分の7年をたすんでしょうか?そうすると17年になります。それとも長い14年のほうに、それの半分の7年をたして21年にするってことなんでしょうか?いろいろ聞いてしまってすみません。どれか一つでも教えていただけるとうれしいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは

具体例で考えると分かりやすいです。

たとえば、1発の銃弾で2人殺してしまったら、1個の行為で2個の犯罪を犯していることになります。これを、観念的競合というわけです。

また、1発ずつ発射して、それぞれ1人ずつ殺した場合、2個の行為で2個の犯罪を犯しています。これを併合罪というわけです。

だから、両者の違いはズバリ、1個の行為かどうかです。

それと、観念的競合の場合は、そのうちで一番重たい罪の刑になります。ですから、刑が跳ね上がると言うよりも、お得な感じです。2罪犯しているのに、1罪分でいいのですから。

これに対して、併合罪は、原則として重たい罪の1.5倍です。質問文の例では、長期が21年になるかな。

やっぱり、1個の行為しかしてない犯罪者はちょっと軽いのです。

Q包括一罪って?

学校で罪数論を習ったのですが、その中で包括一罪というのがでてきました。
数個の構成要件に該当する事実が、全体として一罪となるということでした。そして、その中に混合的包括一罪というのがあって具体例として、窃盗の後、殺害により財物の返還を免れようとした場合、窃盗罪と2項強盗による強盗殺人未遂罪の包括一罪と習いましたが、起訴の際は二つの罪名がかかれるのですか?強盗殺人未遂だけ?あと犯罪事実は一つですよね?裁判も同時ですよね?二つの罪がかかれて同時に審判されるならば科刑上一罪のような感じがしますが、観念的競合でも、牽連犯でもないし・・・誰か教えてください。

Aベストアンサー

 ご質問の事例では、起訴状には罪名は「強盗殺人未遂」、罰条は「刑法243条、240条後段」と記載されるのだと思います。
 包括一罪とは、「分析的に見ていけば複数の構成要件該当行為が存在すると評価できる場合であるが、各行為間に、日時・場所の近接、方法の類似、機会の同一、犯意の継続その他行為間の密接な関係から、全体として1個の構成要件該当行為があると考えて、一罪として処理する場合」です。ですから、罪名は1つです。
 別の例を挙げてみます。
 たとえば、被害者Vを狙ってピストルを5発続けて発射し、5発目が命中してVが死亡した場合、分析的に見ていけば、4個の殺人未遂行為と、1個の殺人行為が存在しますが、全体として殺人既遂行為が1個とみるわけです。この場合、起訴状には「被告人は、Vを殺害しようと企て、平成13年○月○日午後○時○分ころ、東京都港区赤坂○丁目○番○号先路上において、V(当○○年)に対し、殺意をもって所携のけん銃(ワルサー○型38口径)から銃弾5発を発射し、うち1発をVに命中させて左胸部盲管銃創の傷害を負わせ、そのころ、同所において、同人を失血死させ、もって同人を殺害したものである。」などと記載されると思います。そして、罪名は「殺人」、罰条は「刑法199条」です。

参考:前田雅英『刑法総論講義 第3版』p474~477

 ご質問の事例では、起訴状には罪名は「強盗殺人未遂」、罰条は「刑法243条、240条後段」と記載されるのだと思います。
 包括一罪とは、「分析的に見ていけば複数の構成要件該当行為が存在すると評価できる場合であるが、各行為間に、日時・場所の近接、方法の類似、機会の同一、犯意の継続その他行為間の密接な関係から、全体として1個の構成要件該当行為があると考えて、一罪として処理する場合」です。ですから、罪名は1つです。
 別の例を挙げてみます。
 たとえば、被害者Vを狙ってピストル...続きを読む

Q犯罪の時効成立後は?

ふと疑問に思ったのですが・・・。
犯罪には、時効がありますよね。
殺人なら15年だったと思いますが。
では、例えば15年が経ち、時効が成立した後で、犯人が自首?(と呼んでいいものでしょうかこの場合)することは出来るのでしょうか?
そういう場合はどうなるのでしょうか。
まさか本人が名乗り出ているのに、相手にしない、出来ないものなのか???

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事情聴取くらいはされます。 そして書類送検もされます。
時効が完成していたなら「不起訴」です。

でも報道はされます。 
この点に関してはテレビやラジオは実名を伏せるでしょうが、夕刊紙なんかは
顔写真ナシ、詳細な住所も出さず名前とその当時の背景くらいは掲載するでしょうね。

Q時効が過ぎた後の捜査

時効が過ぎた刑事事件の場合、決定的な証拠が
見付かっても、捜査が再開されることはないのですか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

時効が過ぎた刑事事件の場合,どんなに決定的な証拠が見つかっても,犯人がどんな極悪人であっても,捜査機関による捜査が再開されることはないです。

捜査機関は刑事裁判で犯人を有罪にするために捜査をするのですが,時効が成立しているなら起訴ができないため刑事裁判に持ち込むことすらできないのですから,有罪になる可能性はゼロです。

しかも捜査機関は刑事裁判以外の方法で捜査情報を明らかにすることはできません。
捜査しても何の結果にもつながらないものにリソースを使うのは税金の無駄遣いであり許されません。

ただ,贈収賄事件のような場合,国会議員の国政調査権に基づく調査のようなことはあり得るかもしれません。

Q未成年時の犯罪が成人後に発覚した場合について質問です。

未成年時の犯罪が成人後に発覚した場合について質問です。

中学時代から知っている会社の後輩が、窃盗事件で警察に逮捕されました。
後輩のご両親に話を聞いたところ、窃盗の被害額は2万円で、道端で泥酔していた女性の財布から抜き取ったらしいです。
また、窃盗以外にも強制わいせつの疑いをかけられていると聞きました。

事件を起した当時、後輩は19歳の大学1年でした。
事件から4年経った今年、23歳で後輩は逮捕されました。
後輩は前科無し、前歴は数回あったと思います。
被害者の方との示談交渉は進めていますがまだ示談できていません。

この場合、後輩は成人として裁かれるでしょうか?
それとも、未成年として裁かれるのでしょうか?
ケースバイケースだとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の質問でも判例を出しましたが、

未成年時の犯行なら必ず未成年として裁かれます。
ただし、「19歳は刑事裁判の対象」です。

#4の方もそうですが、未成年なら必ず家裁送致や少年院になるわけではなく、
「20歳に近い年齢」の場合は普通に刑事裁判になることもあり懲役刑も出ます。

ただし、未成年として扱われないわけではなく、
未成年時の犯行ならそれを理由に裁判では多少なりとも減刑が認められます。


未成年=少年院、前科にならない という考えが間違いなのです。


http://www.daily.co.jp/soccer/2010/02/19/0002723661.shtml
19歳の時に女性の下着などを盗んだとして、住居侵入と窃盗の罪に問われた元Jリーガー(28)の控訴審判決で、大阪高裁は18日、懲役1年、執行猶予3年とした一審神戸地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。
------------------------

Q防犯カメラの記録は何日ぐらい?

真実を証明するために
カメラ記録は有効です。
 この記録って
何ヶ月ぐらい残してあるものでしょうか?
 識者様! 教えてくださいませ。

(1)店が任意につけている場合
 この記録を削除しないよう注文つけられるでしょうか?
 【記録内容は店側にとって不利になる内容です】

(2)警察に申し出れば可能と思いますが
  大げさにはしたくはありません。

識者様! 教えてくださいませ。

 

Aベストアンサー

金融機関は長いのですが
普通は、長くても一ヶ月ほどの保存だと思います。
画像の安全管理のため
(画像の漏えい、減失、き損、改ざん防止など)
保存期間は最小限にしてくさいね・・・とか言われるし。


(1)
個人が注文をつけられません。
それに従う義務もありません。

(2)
状況がいまひとつわかりませんが
大げさ・・・とかではなくて
その必要があるのなら、警察に申し出ないとダメです。

真実の証明は、防犯カメラに限りませんから
他の方法を模索するなど・・・ですが
店側が、言い訳できないようにすれば足りる。

Q交通事故(ひき逃げ)の時効は?

私は数年前に横断歩道を青信号で横断中、左折してきた車に当たられました。
運転手は一度降りてきたものの、どちらも携帯を持っておらず近くに公衆電話も
なかったので、とりあえずナンバーを確認してからどうしようかと思っているうちに、その運転手は「警察を呼びますから」っと言って去ってしまい、戻って
来ませんでした。私は腕を脱臼して気が動転していましたが、しばらくして
落ちついてから自分で警察を呼んで現場で状況説明してから病院に行きました。
はっきりした車種は解りませんでしたが、色・形・運転手の顔・ナンバーは
よく覚えていたにもかかわらず軽傷だったためか、その後警察に捜査の進展を
問い合わせても「該当車両はありませんでした」というもので、それでも
何度も問合すと「ナンバーを見間違ったんでしょう。こちらも忙しいので・・」
と言われました。
その後、私が悪かったのだという思いが強くなってきて、今では外出するのも
怖く、精神的にまいってしまい神経科で安定剤を処方してもらって、
なんとか最低限の生活をしています。
今の状況から抜け出すには「あの事故は私が悪いのではなかった」と思えるように
なることが最善策であり、その為にはどうしてもあの時に運転手に会って、
一言謝罪してもらいたいのです。
でも時効が成立していたら、運転手の前に私が姿をあらわすこと自体、相手の
人権を侵害してしまいそうなので、まずは時効が何年か知りたいです。
それと警察が動いてくれないので、上記の情報から運転手を探そうとしたら
どのような方法またはどのような人に頼むとよいでしょうか?
よろしくお願い致します。

私は数年前に横断歩道を青信号で横断中、左折してきた車に当たられました。
運転手は一度降りてきたものの、どちらも携帯を持っておらず近くに公衆電話も
なかったので、とりあえずナンバーを確認してからどうしようかと思っているうちに、その運転手は「警察を呼びますから」っと言って去ってしまい、戻って
来ませんでした。私は腕を脱臼して気が動転していましたが、しばらくして
落ちついてから自分で警察を呼んで現場で状況説明してから病院に行きました。
はっきりした車種は解りませんでしたが、色・...続きを読む

Aベストアンサー

刑事事件の時効は,既に回答がありましたが,民事的にも不法行為にあたり,損害賠償請求すべき相手方が不明な状態ですから,事故後10年間は相手を見つけだしても相手に対する人権侵害などにはなりません。

ただ,具体的には難しいですね。

ナンバーが間違いなければ陸運局で登録情報はわかりますが,違っていたら,それ以外に運転者を特定できそうな情報がありませんものね。

事故現場付近で,はり紙をするとか,ビラをまくとかして,目撃者を探すとか,もしよく通っている車だったら知っている人がいるかも知れないから連絡をお願いするくらいしか方法が思い付きません。

あとは,昨今の不祥事連発で,警察は告訴事件には過敏なほど神経を使っていますので,正式に告訴手続きを取られることも考えられます。手抜きをしていただけで証拠があったのであれば,これで多少は捜査が進展するでしょう。

Q併合罪。。。懲役刑と罰金刑

併合罪の計算方法がよく分かりません。
例えば刑法204条傷害罪(15年以下の懲役、または50万円以下の罰金)と窃盗罪(10年以下の懲役)の併合罪の場合、懲役の上限は15×1.5=22.5年となりますよね?これに罰金刑を加えることはできるのでしょうか。また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

その例では、傷害について有期懲役刑を科すか、それとも罰金刑を科すかを選択した上で、併合罪の処理をします。

1)傷害について有期懲役刑を選択した場合

15年以下の懲役(傷害)と10年以下の懲役(窃盗)なので、最も重い罪である傷害について定めた刑の長期を1.5倍して、22年6月以下の懲役となります(刑法47条本文)。

2)傷害について罰金刑を選択した場合

罰金については他の刑と併科するので、10年以下の懲役(窃盗)と50万円以下の罰金(傷害)を併科することになります(刑法48条1項本文)。

> また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。

できません。

Q横領・詐欺罪について

以前にニュースで見たのですが法律に詳しくなく意味が分からなかったので質問させてください。

(1) 平成10年~平成14年までの間に数回にわたり他人の通帳からお金を引き出していたとします。
もし警察に告訴した場合、時効は7年なので平成10年~平成13年までのお金は時効になり罪に問われないのでしょうか?

(2) 金額によって時効年数は変わってくるのでしょうか?
   例えば100万円と一千万でも時効は7年でしょうか?

説明不足で分かりづらくて申し訳ありません・・・

Aベストアンサー

刑事責任の公訴時効
一般の横領(5年以下の懲役)・・・5年
業務上横領(10年以下の懲役・・・7年
遺失物等横領(1年以下の懲役)・・・3年

民事責任(損害賠償請求)
一般の損害賠償請求権の消滅時効・・・10年

(1)
「口座の管理を任されている」場合に「他人の通帳からお金を引き出す」と「業務上横領」になり、時効は7年です。(「口座の管理を任されている」が「業務」に当たります)

この場合、平成10年~平成13年の分の「犯罪行為」は時効になります。刑事事件として起訴出来るのは平成14年の分の犯罪のみです。

偶然に「通帳と印鑑の在り処を知って」しまい、勝手に「他人の通帳からお金を引き出す」と「一般の横領」となり、時効は5年です。

この場合「一般の横領」は時効になっている為に「一般の横領」の罪では起訴できません。そのため、もっと時効が長い「窃盗罪(時効は7年)」で起訴する事になるでしょう。

ここまでは「刑事」での話です。ここからは「民事」の話なので、頭を切り替えて下さい。

「盗んだ金を返してもらう」と言う目的で、民事で損害賠償請求訴訟を行う場合、消滅時効は10年です。しかも「時効の開始」は「損害の発生を知った日」からですので、事件発覚から10年経っていなければ(事件が10年以上前に発生したとしても)時効にならないので、損害の全額を賠償額として請求出来ます。

刑事責任の公訴時効
一般の横領(5年以下の懲役)・・・5年
業務上横領(10年以下の懲役・・・7年
遺失物等横領(1年以下の懲役)・・・3年

民事責任(損害賠償請求)
一般の損害賠償請求権の消滅時効・・・10年

(1)
「口座の管理を任されている」場合に「他人の通帳からお金を引き出す」と「業務上横領」になり、時効は7年です。(「口座の管理を任されている」が「業務」に当たります)

この場合、平成10年~平成13年の分の「犯罪行為」は時効になります。刑事事件として起訴出来るの...続きを読む


人気Q&Aランキング