超プロレスマニアの人に聞きます!いわゆる昭和プロレスと呼ばれる時代に活躍していたレスラーを分かるだけ教えて下さい!今もまだ活躍しているレスラーは除いてもう引退してしまったレスラーでお願いします。例えばボボ・ブラジルやストロング小林や力道山などの時代に活躍していたレスラーを教えてください。また、そのレスラーの特徴や必殺技も分かれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本人レスラーを中心に超ビッグネームは除いてお答えします


豊登(脇をポコポコ鳴らしてました)・サンダー杉山(雷電ドロップ)
グレート草津(四の字固め)・田中忠治(股上深めの白いトランクスがトレードマーク)・マイティー井上(キッチリ七三分け)・ラッシャー木村(頭突き・ブルドッキングヘッドロック)・アニマル浜口(ご存知)・清見川(老骨に鞭打つ十字チョップが痛々しかったです)・シャチ横内(米国籍かなんかのためタッグ仲間のG草津を裏切ってました、因縁の草津とのシングルマッチでは急所打ちを自己申告して阿部レフェリーから反則負けを宣告され、潔く受け入れ万雷の拍手でハッピーエンド)・以上国際プロレス。吉村道明(流血の末大逆転の回転エビ固めは感動モノ)・大木金太郎(原爆頭突き)・大熊元司(ブラッシー来日の時には必ず最初にかみつきの餌食でした)・グレート小鹿・星野勘太郎・山本小鉄(ヤマハブラザーズ)・以上日本プロレス。金曜8時と水曜7時は至福の時でした・・・
    • good
    • 0

有名なプロレスラー


ザ・デストロイヤー:四の字固め(魔王)
ビル・ロビンソン:スープレックス(人間風車)
カール・ゴッチ:無冠の帝王、プロレスの神様
ルー・テーズ:バックドロップ(鉄人)
ミル・マスカラス:フライングボディアタック、
         フライングクロスチョップ(千の顔を持つ男)
アンドレザ・ジャイアント:大巨人
タイガーゼット・シン:サーベル攻撃(狂える虎)
大木金太郎:頭突き
フレッド・ブラッシー:噛み付き魔(銀髪鬼)
    • good
    • 1

 その昔は、リングに立っただけで存在感のあるレスラーが、いっぱいいたんですよ。

鉄の爪F・V・エリックなんてリングコスチュームはTシャツ1枚なのに、絵になったし怖かった。得意技は、アイアンクローで、相手の顔面掴むとコメカミに指が食い込んで大流血!生傷男ディク・ザ・ブルーザーは殴って蹴ってロープ最上段からアトミック・ボムズ・アウェイ!まだ引退してないかもしれないけど、初来日の時のD・F・ジュニアも凄かった。なにが凄いかって全盛期の馬場選手にスタミナで負けなかったんだから!並べ始めたらきりないから後の名レスラーは軽く…白覆面の魔王ザ・デストロイヤー(4の字固め)、冷血鬼キラー・コワルスキー(フライング・ニー・ドロップ)、人間風車ビル・ロビンソン(ダブル・アーム・スープレックス)、とにかく彼らに興味を持って下さってありがとう。
    • good
    • 0

僕の好きな往年のレスラー(外人)を5人挙げることにします(カッコ内は必殺技・得意技)。



1.ジョニー・バレンタイン(エルボードロップ)
2.ジン・キニスキー(アトミック・ボムズアウェイ)
3.レオ・ノメリーニ(フライング・タックル)
4.ドン・ムラコ(ソロート・クロー)
5.エル・マテマティコ(サマーソルト・キック)
以上です。
    • good
    • 0

必殺技とかの記述はあまりありませんが、過去の来日レスラーをまとめたのが参考URLです。

来日時期を目安に研究して下さい。

また、先のURLで気になったレスラーや、次のURLに出てくるレスラーをキーワードに個別に検索するというのも手です。しかしこのサイト、リンク切れが多い。
http://www.373.com/sp.html

レスラーとしての紹介サイトではないので、ちょっとアレですが、相撲出身のレスラーの一覧が出ています。
http://www.fsinet.or.jp/~sumo/pro-wres.htm

多分、流智美氏のレスラー本か何かを探して読んだ方が早いような気もしますが。
ついでに言いますと、「力道山」と「ストロング小林」を同じ時代で括る発想は間違いです。

参考URL:http://drmick.tripod.co.jp/proresu/meikan/meikan …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロレスラーにケンカを売ったら・・・

もしアマレスで日本トップクラスの選手が、街中でプロレスラーにケンカを売ったらセメントファイトならプロレスラーの圧勝ですか?プロレスラーは素人を相手にしないと言う意見は今回は無しでお願いします。

Aベストアンサー

喧嘩とプロレスとアマレスは技術体系が異なります。
喧嘩になったら、喧嘩が強い奴が勝つとしかいえません。喧嘩で、手4つからタックルや間接の取り合いにはならないでしょうから。
まあ、殴られた痛みに耐えらる度合いなどを考えれば、メジャー団体のプロレスラーのほうが明らかに強いでしょうが。

Q力道山以前の日本のプロレスって?国際プロレスって?

今、日本のプロレスの歴史を勉強しています。
力道山が「日本プロレス協会を設立」以降の流れは、だいたいわかったのですが

1)それ以前はどうだったのかわからないので教えて下さい。

2)また、日本プロレス協会と、馬場、猪木が所属していた日本プロレスは、略称なだけで同じものなのでしょうか?

3)国際プロレスとは誰が設立したどんな団体ですか?

4)さらに、日本プロレスの歴史が書かれているサイト、本などあったら教えて下さい。

質問が多いですが、一つでもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

1)進駐軍の慰問などで

2)同じです

3)日本プロレスの営業部長だった吉原功氏が昭和41年に設立、一時期TBS(テレビ局)のバックアップを得て「TBSプロレス」と名乗った時期もありました。一言で言えば“地味ながら実力派揃い”な団体だったと思います。

4)
このサイトで全て判ると思います
http://members.at.infoseek.co.jp/drmick/home.htm

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/drmick/home.htm

Qやはり最強はプロレスラー?

世界の一流の格闘家がプロレスルールで戦った場合、最強はやはりプロレスラーでしょうか?
さすがのミルコやヒョードルも、プロレスルールなら、プロレスラーの必殺技の前に(バックドロップや卍固め等)、なすすべもなく轟沈するだけでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私もお相撲さんに一票です。
あのあんこ型の巨体でフォールされただけでも返せる人、そんなにいないんじゃないかな?

あと、プロレスラーがよく相手をコーナーに追い詰めてタックルかましてますよね。
あれをお相撲さんがぶちかましでやったら・・・死ぬかもしれませんね。

Q【プロレス】力道山の興業を仕切ってたのが在日韓国人の実業家だったから。 力道山も最初は朝鮮人というの

【プロレス】力道山の興業を仕切ってたのが在日韓国人の実業家だったから。

力道山も最初は朝鮮人というのを伏せてリングに上がっていたはず。

最初から朝鮮人と名乗ってプロレスやってましたか?

Aベストアンサー

いいえ、日本人としてリングに上がって居ました。

Q「プロレスラー」とは

「格闘家」なんですか?
「スポーツマン」なんですか?
「エンターテイナー」なんですか?

全てに当てはまるようで、どれも微妙に違うような気がする。
プロレスラーって一種独特な立ち位置だと思いますが、結局プロレスラーとは何なんでしょう?

Aベストアンサー

大前提として、

「格闘家ではない。」

その路線に走ろうと頑張ったプロレスラーは確かに各時代にいましたが、誰一人成功した例がありません。それは、プロレスがその他の格闘技と決定的に違う面があるからです。それは、

「負けることに価値があるのがプロレス。」

プロレスをアンチとして見る格闘技ファンが何より嫌うのがこの点で、またプロレスファンが何より「プロレス最強説」の根拠にしているのも実はこの点なのです。

当然ご存知だとは思いますが、プロレスでの決着といえば、肩をマットに着いて1・2・3~の3カウント、または絞め技極め技などでのギブアップ、基本この2点です。
(リングアウトとかノックアウトとか、この辺りは団体ごとにルールが違うので割愛します)

この辺が、プロレスとその他の格闘技の「概念の違い」にも現れます。簡単に言うと、

「倒す側の都合で決着が付くのが格闘技、倒される側の都合で決着が付くのがプロレス。」

プロレスの3カウントにしてもギブアップにしても、本当に仕掛ける側の都合だけで決着が付く(受けた側が意識を失う、重傷化するまで極め続ける等)ケースはまずありません。まず、というのは過去にそういう決着が実際に起ったケースは「確かに」あるからです。ただし、その場合勝利者に与えられるのは、名誉ではなく「排除」です。プロレスでの流儀として、

「返せない技・ケガをする技は掛けない。」

これは悪い意味ではありません。人間どれほど鍛えても「受け身の限界」はあります。腕拉ぎ十字固めにしても、かけられた相手の所作に関係なく、肘・肩関節を負傷させてまで掛け続ける、そんな選手は必要ありません。あくまでもプロレスの決着は、仕掛けられた側が「諦めること」でのケースのみです。上記の3カウントにしてもギブアップにしてもです。うまい選手の場合、仮に相手選手が手加減を知らない、用語的には「塩」レスラーだった場合、危険を察知して自ら試合を終了させるために3カウント取らせたり(安全ですし)、痛くも何ともない段階でギブアップを宣言して終わらせます。これは、間違った行為ではなく、身の安全を考えればやむを得ない、トップレスラーならではの「技術」です。そして、その「負け方」がうまい、いかにも仕掛けたレスラーの方が強かったと観客にも納得させ、しかもお互いケガもせず、次の興行(ここが重要)に臨める。プロレスにとって重要なのは、次の大会・興行に支障が出る試合はしない、これです。

他の格闘技の場合、選手も興行主も基本的にはその1試合に全力です。極端な話、余程胡散臭い裏側でもない限り、次の試合がどうこうなどという話は出ません(米UFCや日本のIGFは除く)。そして、試合では強い方が勝つ。相手によりダメージを与え、致命打を与え、ダウンを強いる。その結果評価されるのは「勝者のみ」です。負けた側に何某か話が及ぶことはまずありません。○○選手に敗れ…以上、です。

日本の現在での最大のプロレス団体である新日本プロレスがキャッチフレーズに「キング・オブ・スポーツ」と銘打っているのも、世界最大のプロレス団体であるWWEの3文字の意味が「World Wrestling Entertainment」と表記しているのも、ある種のプロレスの本質を表現したものといえます。つまり、

「プロレスはスポーツであり、エンターテインメントである。」

うまい負け方、そして相手の強さを引き立てる試合内容、これは間違いなくエンターテイナーの資質が求められる面です。でも、それを実現するためにはプロレスラーとして、他のスポーツとは根本的に違う、スポーツとしては圧倒的に体力・パワー・テクニックが求められる。

もちろんプロレスに格闘技センスも必要ですが、あくまでもプロレスの試合の中での「隠し味・エッセンス」程度でしかありません。下手よりマシ、という程度の価値です。

そもそもプロレスを見るファンは、試合に「殺し合い」を求めてはいません。もちろん大技の応酬、いぶし銀の技の切り返し、そして派手な空中殺法、いろいろ要素はあります。でも、観客が許容しているのはせいぜい流血まで。次の試合に支障が出るような負傷まで求めはしません。そのギリギリの線を演出するのに長けていたのが上記2団体、アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン戦でのこれまでと明らかに違う殺伐とした試合を見せた新日本プロレス、そしてケージマッチからヘル・イン・ア・セル(屋根まで金網で覆った試合、その屋根の上に上がっての攻防、何よりスーパーヘビー級のレスラーがいかに数mの天井から「派手に落下するか」が見ものでした)、ハードコア戦での単発の凶器だったパイプ椅子やテーブルなどをTLC(テーブル・ラダー(脚立)・チェア)として試合形式として成立させたWWE。

でも、それでも観客はそこで命の奪い合いが行われるとは思っていない。プロレスはあくまで「興行」です。だからこそプロレスラーには「どのスポーツよりも高いスポーツマンシップ」と「どの演じ手よりも優れた演技を見せるエンターテイナー」の両方が高いレベルで求められます。

プロレスの長い歴史で、日本でも世界でもプロレスラーの絶対数の割に「名選手」が少ないのは、どちらも会得した選手が少なかったから。

過去の名選手の評価で言うなら、格闘家としての評価はカール・ゴッチが上ですが、プロレスラーとしての評価はルー・テーズの足元にも及びません。強さしか求めなかったゴッチならではの現在の評価です。

長文失礼しました。

大前提として、

「格闘家ではない。」

その路線に走ろうと頑張ったプロレスラーは確かに各時代にいましたが、誰一人成功した例がありません。それは、プロレスがその他の格闘技と決定的に違う面があるからです。それは、

「負けることに価値があるのがプロレス。」

プロレスをアンチとして見る格闘技ファンが何より嫌うのがこの点で、またプロレスファンが何より「プロレス最強説」の根拠にしているのも実はこの点なのです。

当然ご存知だとは思いますが、プロレスでの決着といえば、肩をマットに着いて1・...続きを読む

Q必殺技が反則技のプロレスラー

プロレスについて、プロレス素人からの質問です。
プロレスラーのみなさんはそれぞれ「必殺技」を持っていますよね。
それが反則技(例えばチョーク)の場合、みなさんはどのように受け止めるのでしょうか。(必殺技が反則技ではいけないのでしょうか?)
必殺技の定義・理想みたいなものとあわせてご教授いただけると嬉しいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実に多くの方がプロレスについて質問されますね。それだけプロレスは理解するのが難しいのだと思います。
プロレスは、プロセスを魅せる競技です。
例えば、相撲やボクシングは、勝ったか負けたかが全てです。
勝てば金がもらえ、負ければもらえない。とても単純明快です。
K-1やPRIDEは、同じく勝つか負けるかが重要ですが、相撲やボクシングとの違いはエンターテイメント性を加味したところでしょう。
プロレスはその意味でもっと次元の高いところにあります。
レスラーが、観客には絶対にできない技術の応酬を見せ、楽しませることで成り立っています。
よって、勝った負けたではなく、どれだけ観客を楽しませたかが価値です。
反則を得意として憎まれる存在は、とことん憎まれることが価値です。
「その技」を出せば観客が一番盛り上がる、それが必殺技となります。
もう亡くなりましたが、シークは火を噴き、火を噴けば観客は大いに盛り上がる。だからそれが反則でも必殺技です。
ブラッシーは額に噛みつき、吸血鬼と呼ばれた。平素はとても紳士でもリングでは噛みついて憎まれ、そしてそれが必殺技となります。
二人とも、超大物レスラーでありプロモーターでした。
プロレスを楽しむためには、ある程度の知識と、理解が必要だと思います。

実に多くの方がプロレスについて質問されますね。それだけプロレスは理解するのが難しいのだと思います。
プロレスは、プロセスを魅せる競技です。
例えば、相撲やボクシングは、勝ったか負けたかが全てです。
勝てば金がもらえ、負ければもらえない。とても単純明快です。
K-1やPRIDEは、同じく勝つか負けるかが重要ですが、相撲やボクシングとの違いはエンターテイメント性を加味したところでしょう。
プロレスはその意味でもっと次元の高いところにあります。
レスラーが、観客には絶対にできない技術の...続きを読む

Qプロレスラーは、普段はどういう生活をしているのでしょうか。

プロレスラーは、普段はどういう生活をしているのでしょうか。
プロレスラーはリング降りたら本当に出来ることが少ない、
という話を聞きましたが、やはりそうなのでしょうか。
それとも第2の人生を考えて色々やっとるのでしょうか。

Aベストアンサー

プロレスラーつったってインディにヤングライオンにメジャーの一流どころまでいろいろいるでしょが。

Q元プロレスラーのアニマル浜口、一番の必殺技は?

プロレスラーのイラストや、プロフィールをつくっているものです。
アニマル浜口さんの現役時代の
1)得意技
2)必殺技
3)フィニッシュホールド
が知りたいです。
プロレスに詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

1)ランニングエルボー、頭突き、フライングネックぶりーカーなど
2)3)は同じだとおもうのですが、エアプレンスピンからのブロックバスター
元祖維新軍時代は長州やマサ斉藤、谷津とのコンビでハイジャックパイルドライバー、太鼓の乱れ打ちをを得意としていました。

Q思い出のプロレスラー

あなたの、思い出のプロレスラーを教えて下さい。
古き良き時代のプロレスラーなら、とても嬉しいです。
(最近の人は分からないので・・)
複数回答可ですが、その場合も3人以内でお願いします。

この質問を天国の”狂犬”ディック・マードックに捧げます。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 ダイナマイト・キッドです。
 動きも速いですが、髪の毛が伸びるのも早かったです。
 坊主頭がすぐ長髪になってたりして。

 あと、良くも悪くもロード・ウオリアーズには衝撃を受けました。
 「レスラーが重量挙げに負けた~」
 「試合時間短け~」
 なんて。

 あと、藤原組長の頭突きと関節技だけみたいな試合とか、天竜源一郎選手の西部劇のケンカみたいな試合もシビレましたね。

Qプロレスだったらプロレスラーが最強ですか?

ヒョードルやミルコといえども、プロレスの試合だったら、プロレスのチャンピオンに勝つのは不可能ですか?

丸藤正道や棚橋弘至に、プロレスの試合で勝つことは絶望的ですか?

ミルコのハイキックも、プロレスの試合だったら、ヒットさせることは無理でしょうか?
仮にヒットしても、それで打たれ強いプロレスラーを仕留めることは不可能でしょうか?

Aベストアンサー

予定調和があろうとなかろうと、プロレスの試合ならプロレスラーが有利ですよ。ロープブレークや場外、反則がOKですから、他の格闘技の選手はプロレス特有のペースにとまどうはずです。もちろんヒョードルやミルコとなると、勝てるプロレスラーも多くはないでしょうが、全滅にはならないでしょう。プロレス界で実力者と言われている選手なら負けない可能性も高いです。
意外に小川良成選手あたりが迎撃に適任かもしれません。

「その世界において、現役プロレスラーが結果を出したことはない」なんてことはないです。パッと思い浮かぶだけでもダン・スバーン、桜庭、A大塚、藤田、中邑とか。

スリーカウントルールは柔術の選手相手には有効ですよ。簡単にフォールとれます。私はプロレスラーではありませんが、スパーで某有名選手を簡単にフォールしました。

彼らがプロレスを成立させるような動きをしてもトップ選手のスタミナにはついていけないでしょうし、最初からセメントで攻めても、プロレスラー側がそれを最初から察知していれば、終始ロープを背にして、相手が近づけばサッと場外に出るなどして、イライラさせれば大丈夫でしょう。

予定調和があろうとなかろうと、プロレスの試合ならプロレスラーが有利ですよ。ロープブレークや場外、反則がOKですから、他の格闘技の選手はプロレス特有のペースにとまどうはずです。もちろんヒョードルやミルコとなると、勝てるプロレスラーも多くはないでしょうが、全滅にはならないでしょう。プロレス界で実力者と言われている選手なら負けない可能性も高いです。
意外に小川良成選手あたりが迎撃に適任かもしれません。

「その世界において、現役プロレスラーが結果を出したことはない」なんてことは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報