ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

日本とアメリカのプロスポーツを比べてみたのですが、スケールというか、日本とは桁違いの金額が動きますよね?

数年で数十億円の契約なんてザラだと思います。 例えば大リーグ入りした松阪投手の場合、レッドソックス側はたしか100億近い金額をポンと出したはずです。 日本では考えられない金額ですよね。

それも日本の場合、高額な収入を望めるのは、せいぜい野球くらいしかありませんが、アメリカの場合、野球以外に、アメフト、バスケット、アイスホッケーなどなど、多種多様なプロスポーツで大きな金額が動いていると聞きます。

ゴルフでもタイガーウッズの収入なんて、呆れるくらい巨額のはずです。

それに比べて日本の現状はまだまだ ・・・

どうしてなんですか? アメリカに比べて、なぜ日本のプロスポーツ界はショボイのですか? なぜ何十億とかの契約が取れるスポーツが少ないのですか?

一番の原因と考えられるのは、当然スポンサーですよね。 それにTV局。

でも、この両者、日本のそれらと比べてどこが違うのですか? 日本でもスポーツに関心がある企業は多いし、最近は野球以外のスポーツが大変盛んになっているのに ・・・

なぜアメリカでは巨額のお金が動くのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 これはスポーツだけの問題ではなく、社会全体が巨額の報酬に


対する嫌悪感を感じるという日本の文化が原因だと感じます。

 たとえば経営者の報酬をとっても、日本では1億円以上の役員
報酬をもらったらゼイタク扱いされますが、米国では大手企業の
CEOが 10 億円の年俸をもらっていたり、退職時に 100 億円の
ボーナスをもらうことさえあります。日本とは桁違いです。

 同様に、スポーツでも日本では1億円が大台なのに対し、米国
では5億円くらいは当たり前、10 億円もらっていても、もらい
すぎとは言われません( 活躍しなかったら叩かれますが )。才能
ある者は、それくらいもらって当然という意識があるからです。

 もうひとつの理由としては、実のところ日本人はそれほどプロ
スポーツが好きではないのです。というより、スポーツ以外の
娯楽にあふれていると言っていいでしょう。欧米ではお金を出し
て楽しむ娯楽が、意外に少ないんですよ。

 日本ならカラオケに行ったり、居酒屋で飲んだりしますよね。
ちょっとした都市ならコンサートも演劇もあります。欧米だと
バーに行ったりはしますが、実際は自宅に人を招いて飲むほうが
主流ですし、娯楽も意外に少ないんです。だからこそ家族みんな
で野球を観にいくのが大事な家族団らんだったりします。

 私は MLB も何度か見に行ってますが、父親と子どもたちが
試合に熱中している間、母親が文庫本を読んでいるところを何度も
見ています。逆に言えば母親は野球に興味がないかもしれないけど、
家族団らんの楽しい娯楽としてみんなで野球場に行くわけです。

 ですが、日本だと家族で連れ立って野球を観にいく機会って
少ないですよね? プロスポーツならともかく、学生スポーツは
ハンカチ王子でもいない限りガラガラです。でも米国では大学
スポーツがけっこうな集客力を誇っています。

 欧州でも人口 20 万人くらいの都市なら、地元サッカーチーム
の試合は毎試合満員になるでしょう。でもJリーグだと大都市の
チームでさえ集客に苦労しています。娯楽のひとつとしてスポー
ツが根付いていないからです。

 米国に住んでみると分かりますが、日本ならヒマなときに
繁華街でブラブラして時間つぶしできるのに対し、米国には
そういう場所がほとんどありません。社会の仕組みそのものが
違うのです。それがスポーツ人気の向上にとってはマイナスに
なっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
目から鱗が取れたような感じがしています。
おっしゃる事、ひとつひとつ考えてみれば、確かにそうだと思いました。
例えば、私の知人にもアメリカ駐在の経験をした人がいますが、仕事から帰れば暇で暇で仕方ないと言っていました。 テレビを見ても古い映画かドラマ、あるいは報道番組ばかりで、日本のように大人が2~3時間見続けても退屈しないような番組作りをしているのではないと言っていました。
また日本では、サラリーマンが会社帰りに「チョット一杯」というのは日常茶飯事の事ですが、アメリカではまずそんな店も無い、習慣もない、友人を誘っても断られる、仕方ないから真っ直ぐ家に帰る、と言ってテレビを見ても退屈 ・・
だから自分の方から積極的プロスポーツの会場に行くわけなんですねえ。
アメフトでもそうですが、アメリカの大学リーグの試合をビデオで見た事がありますが、数万人入る会場がリーグ緒戦から観客でギッシリ。 でも日本ではガランガラン、学生スポーツで客席が一杯になるのはせいぜいハンカチ王子が投げる野球の試合くらいでしょうね。

日本とアメリカ ・・ 社会そのものが全く違う事、勉強させて頂きました。

お礼日時:2008/02/22 14:16

MLB・NFL・NBA・NHLなどは世界最高峰だと認識されてるからではないでしょうか(野球は日本)


各国のトッププレイヤーは世界最高峰を目指すので結果アメリカになり
レベルも金額も跳ね上がるのではないかと思います
スポーツだけでなく、映画もそうですね
アメリカでなくともメジャースポーツで世界最高峰なら巨額のお金が動くと思います F1やサッカーなどでしょうか 

モータースポーツに関しては、ホンダ、トヨタ、日産、他多数ある日本が世界最高峰となってもよさそうですけどね
肝心のドライバーが外国人だと難しいのでしょうか

アメリカは国外の選手の受け入れが日本とは違うように感じます
NBAなどは国外の選手がたくさんいますしトッププレイヤーも多いです
NBA自体がアメリカの物さらに世界No1であれば、選手は国内外にはとらわれないのでしょう

アメリカで流行したスポーツが世界でも流行するのは、やっぱり世界一の大国であるアメリカに憧れもあるのでしょうかね
オリンピックのスターも多いし宣伝も上手ですね
NIKEがあれだけもてはやされてるのに、ミズノ、アシックスなどは技術は最高峰なのに人気となるとイマイチです

日本人としては日本こそが!と思っちゃいますが、実際一番アメリカに憧れてるのは日本かもしれません・・・
企業だけでなく、スポーツも日本が世界の中心になって欲しいですね
    • good
    • 0

一番の要因はアメリカ国外でも注目されるので、各国からスポンサーがついたりTV放映権料などが入るからだと思います。

大リーグの中継が日本などであっても日本の野球はアメリカでは放送されないしされても興味ないでしょうし。そこに差があるかと思います。

これはスポーツに限らないですね。音楽にしても日本は国内でCD1枚リリースしても100万枚売れるのは年数曲しかありませんが、アメリカは世界に販売されるので1千万枚単位です。映画にしても日本映画だと出演料が主役クラスで1本数百万から1千万円程度といわれてますが、アメリカ映画は世界で配信されるので配給額もケタ外れなのでギャラが数億から数十億円といわれてます。

要は世界の娯楽はアメリカが中心?となっているから世界が注目している=お金が動く、ということでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
世界の娯楽はアメリカが中心、たしかにそうだと思います。
日本が世界の中心にならない限り、アメリカのように巨額のお金が動く事は無さそうですね。

お礼日時:2008/02/22 14:19

>なぜアメリカでは巨額のお金が動くのですか?



それだけ多くの人たちから注目されているからでしょうね。
NBAやNFLはアメリカ人だけでなく、興味を持っている人たちは
世界中にいます。ということは広告の宣伝効果は絶大なわけで・・
逆に日本のプロ野球にバドワイザーみたいなビール会社が
スポンサーになってお金を出しても、日本のプロ野球は日本人くらい
しか見ている人はいないので宣伝効果はアメリカほど期待できない
わけです。しかも日本のプロ野球もある意味では巨人の独占状態で
巨人以外の試合を流しても数字は取れないし、それだけのスター選手も
すぐに外国に行ってしまいますからね。

それに一番の問題は人材の育成でしょう。将来優秀な野球選手に
なれるはずだった人でも、現在の日本ではサッカー選手や
バスケ選手になってしまう可能性があるわけです。
そうするとスター選手の分散になってしまうわけです。
もともと人材の面では単一民族国家である日本は海外に比べて
大変不利ですから、少ない国民の中から優れた人材を発掘するのは
容易ではありません。

もともとプロスポーツは健康促進のための運動ごっこではなく
その世界の頂点を目指す者同士の競争ですからね。他の人種に比べて
体格で劣る日本人が世界一のプレーをするのは容易ではないです。
そんな日本を舞台に世界の企業たちが巨額のお金を出すかと言ったら・・
もし自分が億万長者だったとしたら、よほど日本びいきでない限り
海外のスポーツチームに投資してしまうと思います。
現実は厳しいですから・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
なるほど、よく分かりました。
単一民族のため、アメリカのように超人的な運動能力を持った選手が生まれにくいという現実があるわけですね。 
そのため競技自体にプロスポーツとしての魅力も欠ける、テレビ放送を流しても視聴率が上がらない、企業も大きなスポンサーになり難い ・・ こんな感じで、どうしても日本ではパイが小さくなっているわけなんですね。
現実は厳しいですね。

お礼日時:2008/02/22 14:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング