江戸時代の侍は刀を二本差していたようですが、
どうしてでしょうか?
武家諸法度などで決められていたのでしょうか?
平和なので、一本で十分と思うのですが。
また二本は重過ぎると思います。
(骨盤や背骨がゆがんでしまったそうです)

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

下のWIKIPEDIAに、次のように出ていました。



「江戸時代武家諸法度の第一次改正により、武士の正式な差料が大小二つの刀を差すようきめられ、大刀(だいとう)を本差、小刀(しょうとう)を脇差として装備することになった。」

これによれば、武家諸法度に定められていたということになります。

>一本で十分

おっしゃるとおりですが、武士以外の人間でも短い刀を持つことが許されていましたので、大小二本差しは武士の特権、象徴として必要だったかと思います。

>二本は重過ぎる

そういうことで、江戸も時代が下るにつれて、細くて軽い刀を持つ武士が増えたそうです。
それから、二本ざしはチャンとした身なりのときで、ちょっとした外出(散歩や川での釣りなど)では脇差だけだったようです(ここは時代小説の受け売り)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%87%E5%B7%AE
    • good
    • 1

No.3です。


大刀一本でも、武士の象徴性は保たれるのではないか、という疑問が出てきます。

脇差はもともと主武器(大刀)が破損したときや、組み討ちになったときなどに使う、補助的な役割りがありました。
平和な時代になると、儀礼的な必要性が出てきたと思います。
城内では脇差だけを着け、二本差しは許されなかったようです。
また、他家へ訪問したときも、大刀は玄関口へ置いて、脇差だけで座敷へ入ったということを聞いています(時代小説ヨリ)。
武家の女子も懐剣を忍ばせていたと聞いていますし、攻撃的性格のある大刀がムリな場合でも、武士が腰に何にもナシでは恰好がつかないので、最低脇差だけは着ける必要性があったのではないかと思います。
    • good
    • 0

同じような質問に以下の回答がありました。



侍が腰につけているのは打刀(うちがたな)と呼ばれる長い刀の他に、少し短い脇差(わきざし)と呼ばれる刀を差していますが、実はもう一本、脇差の下に小柄(こがら)という首切り専用の短刀も差していたそうです。戦国時代、脇差は一本が使用不能になった時のスペア的意味合いもありました。鎧を着けた相手を倒すには、刀で切ろうとしても無理だから、叩いて相手を倒す事を考えて、分厚い刃を持つ刀を使用したのです。厚いだけ合って、”蛤刃”(はまぐりば)と呼ばれ、また短刀も使い勝手がよく、接近戦になった時、すかさず相手と組んで刺す事が出来るように、戦国武将は必ず左腰に短刀を差していたそうです。
 刀剣鑑定士によれば、室町時代以前の作刀を「太刀(たち)」と呼んでいます。これは刀を下にして紐で吊り下げて腰に佩(は)いたものですが、室町以後は「刀」と呼び、武士は刃の方を上にして大小二本の刀を差すようになりました。このため50cm前後の本造り脇差が初めて製作され、後世の脇差の濫觴(らんしょう)となったのです。刀剣鑑定上は寸法だけで時代がわかるそうです。なお、この時代は馬上戦より集団的な徒歩戦が有利となった関係で個人対個人の組み打ちも盛んに行われ、敵の首を突き刺すのに便利な20cm以下の小振りな反りの無い重ねの厚い鎧通し、諸刃造の短刀が数多く造られたそうです。当時の作品は時代の要求に合致した実用刀で名刀と称すべき作品はなく、戦国時代の作品の価値が伺われます。この時代は農民階層も帯刀していたようです。
 戦国時代は別として、江戸も中期を過ぎると侍の世界はサラリーマン化し、官僚化して行ったような気配があります。お家大事に忠義を尽す見返りとして禄を食み、大小2本の刀を腰に差し、失敗すれば腹を切らされました。徳川幕府の元で、平和がよみがえってからは、武士たちは自分の主人である藩主に忠義を尽くし、領民に対しては藩の決まりに背いたり悪事をする者のないよう目を光らせ、たくさん年貢を取り立てる事に精を出す事が主な役目となり、腰に差している二本の刀は武士の威厳を示す飾り物に過ぎなかったようです。
 さて、こんにちにおいて現存する刀は多いのですが、それだけ大量の刀が作られたということであり、つまりそれだけの需要もあったということです。しかし、必ずしも実践に用いられたわけではありませんでした。なぜなら建長2年(1250)4月20日鎌倉幕府は「庶人の帯刀を禁ずると」いうお触れを出しています。つまりそれほど刀を差して歩く者が多かったということです。戦国の戦いを描いた合戦図屏風を見ると、刀を差していない者は見あたりません。ルイス・フロイスは1565年京都から出した書簡の中で「日本人は年少の時から剣を帯びることを始め、眠る時だけ外して枕元におく」と説明しています。教科書的な解釈では、秀吉の刀狩り以降、武士階級以外の者はすべて武器を取り上げられてしまったことになっていますが、その後も民間には膨大な数の鉄砲や刀が保有されていたし、武士以外の人たちが完全に帯刀を禁止されていたという事実もないようです。大小二本差せるのが武士だけの特権であったというだけのことだったのです。さらに実質的に武士身分のシンボルとして慣習化してくるのは江戸時代も半ばの17世紀後半以降といいます。
 それからテレビでよく聞く「刀は武士の魂」というのは、幕末の動乱に至って刀の実践的意味が再び脚光を浴び、武器の中心は刀という思い込みが強くなり、また明治政府による軍、官、警による『帯刀権』の独占を目的とした明治9年の『廃刀令』、さらに戦前の軍人の帯刀によって日本人の間にいつしか「刀は武士の魂」というような気合が生まれたようです。
 また、武士は子供のうちから小さな刀を腰に差していましたが、刀は大変重く腰骨にとても負担がかかります。それを2本も差して歩くので腰骨の上にタコができ、刀の重量のため左肩が上がった姿勢になるので、遠くから見てもその姿で武士だとわかったそうです。・・・ということは、桃さんのカッコいい立ち姿は真実の武士の姿ではない・・・?
ところで私の先輩で、苗字が「刀(かたな)さん」という人がいますが、ご先祖が刀職人だったそうです。珍しいお名前です。
そういえば、私の実家にかみしもと古い刀が3本ありますが、いつの時代のものなんでしょう・・・。
    • good
    • 0

武家諸法度などで決められていたのかはわかりませんが、小さい方の刀「脇差し」は切腹用だと聞いたことがあります。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qティファニーのシルバーのお手入れについてアドバイスください

ティファニーのアトラスナローリングが最近気に入っていてずっとつけています
そろそろお手入れを・・・と思っているのですが、やはりティファニーのショップで売っているお手入れ用品を使ったほうがいいのでしょうか?
クロスなどで拭くにも、アトラスナローは拭きにくいような・・・^_^;

また、お手入れ用品の値段なども教えていただきたいです

それと、ショップでお手入れはしてもらえますか?
買ったところは引越しで離れてしまっていて現在近くにある店舗でついでの時にでもしてもらいたいのです
有料でかなりキレイにしてもらえると聞いた事もあるのですが、その場合の値段なんかも・・・

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ティファニーの商品であれば
ティファニーのお店どこでも無料でお手入れしてくれますよ!!

私も知らなくて、お店でお手入れしてもらってる人を見かけてからしてもらうようになりました。お店の雰囲気にのまれて言い出すのを初めはちょっと気が引ける(?)かもしれませんが大丈夫ですよ!!
自分で手入れするのもいいですけど、さすがお店ではキレイに、まるで新品のような状態になるので感激ですよ☆

私は普段はクロスで拭く程度ですが、たまにはシルバー専用の液につけてキレイにします。いつもいつもお店に行けるわけではないので。
ティファニーのお手入れ用品でなくても、いいと思いますよ。私は”ete”のお店でクロスと液を購入した事があります。

また下記のサイトも参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.naturalmoment.jp/silver/content07.html

Q左利きの侍は刀をどちらの腰に差していたのでしょうか

タイトルどおりの疑問です。

映画などでも右腰に差している姿は見たことないので、やっぱり左の腰に差していたんでしょうか。

Aベストアンサー

剣道をやっている人で左利きに(左手が上で、右手が下)持っている人っていないですよね。

あれって、剣道を始める段階で否応なく右利きに合わせされられるんです。

…実は私、左利きで剣道やりはじめの頃は結構苦労しました。それでも、すぐ慣れます。


お侍さんも小さい頃から武術に励んだと思われますが、はじめから右利きに教えられるので、本来その人が右利きだろうが、左利きだろうがおかまいなしなんですね。

Q冬の乾燥のせいで普段のお手入れでは頬が赤くなり少し熱をもったように火照ります。どんなお手入れをすれば

冬の乾燥のせいで普段のお手入れでは頬が赤くなり少し熱をもったように火照ります。どんなお手入れをすれば火照りませんか?教えてください。

Aベストアンサー

乾燥で火照るって聞いた事無いですね
単純に暖房の効きすぎでは?
乾燥からくる火照りはたぶん無いです

乾燥とほてりがあるとアトピー肌や
自律神経の乱れとかがあるみたいですよ

お手入れは、お風呂上りにすぐに化粧水と乳液を使うといいてすね
すぐにですよ、すぐに
それでも改善されないなら皮膚科で処方してくれる保湿剤をおすすめします
よく効きますよ
そのときに火照りのこととかを相談するといいかもしれませんね

Qどうして室町時代や江戸時代の芸人は幕府・大名・寺院などの保護を得ねばならないですか?教えてくれません

どうして室町時代や江戸時代の芸人は幕府・大名・寺院などの保護を得ねばならないですか?教えてくれませんか(´・_・`)

Aベストアンサー

それぞれテリトリーがありますので、
むやみに入り込むことは出来ません。
親分を通す必要があります。

当時、芸人は河原乞食と言われ、
底辺の存在でした。
だから、虐められたり、迫害されたり
しました。

収入も不安定でした。

権力者の庇護が必要だったのです。

Q眉毛のお手入れ…(初心者デス)

こんにちは。
随分前から眉毛のお手入れをしなきゃしなきゃと思いつつ、一発勝負なカンジがするし、形にしてもどう切ったりお手入れすればいいか全く分からずこちらで質問しようと思いました。
眉毛専用の剃刀を使ったのですが赤くなってしまうし、専用ハサミだとちゃんと切れないしで、前者などはその対処法すら分かりません。単純に止めればいいのか、冷やしたりケアがあるのかさえ…orz

切ったりしてお手入れする部分、他のやり方でお手入れする部分、初心者向けの眉毛のカタチ等まったくの初心者です。
また、オススメアイテムやアドバイス、雑誌等あれば教えていただきたく思います。
よろしくおねがいしますっ

Aベストアンサー

眉毛って難しいですよね…。自分のは何度やっても、慣れないです…。
おすすめですが、化粧品カウンター等で一度、整えてもらうのはいかがでしょうか?私は良く利用する化粧品専門店で、1000円以上買い物をすると、タダで整えてくれるというサービスがあるので、良く利用しています。(ちなみに、買い物をしない場合は500円)
1度整えてもらうと、余計なところに生えてきたのを毛抜きで抜いたり、他にも書いてらっしゃる方もいますが、櫛つきのハサミで整えたりと、それだけで良いのでかなり楽です。早い言い方をすれば、土台を作ってもらうとでも言うのでしょうか…。
昔バイトをしていたドラッグストアでは、お客様が少なく、手が空いている時は、無料でお客様の眉毛ケアを行っていた社員さんがいらっしゃいましたので、近くのDS等で、話しやすそうな店員さんがいたら、相談してみるのも手かもしれません。
抜く場合は、毛穴が開いていないと痛いと思いますので、蒸しタオルで毛穴を開いてからの方が良いかもしれませんね。抜いた後には、冷やしたタオルで冷やしてあげると、毛穴も赤くなったりしないと思います。

眉毛って難しいですよね…。自分のは何度やっても、慣れないです…。
おすすめですが、化粧品カウンター等で一度、整えてもらうのはいかがでしょうか?私は良く利用する化粧品専門店で、1000円以上買い物をすると、タダで整えてくれるというサービスがあるので、良く利用しています。(ちなみに、買い物をしない場合は500円)
1度整えてもらうと、余計なところに生えてきたのを毛抜きで抜いたり、他にも書いてらっしゃる方もいますが、櫛つきのハサミで整えたりと、それだけで良いのでかなり楽です。早い言い方を...続きを読む

Q江戸時代 刀術の流派について教えて下さい

江戸時代、幕末までに刀術の流派で「志賀東成流」という流派がありましたでしょうか? ある小説に出て来たのですが、作者の創作でしょうか? どなたか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

daisimae-502 さん、こんばんわ。


どうも見当たりません。おそらく創作ではないかと思います。

詳細は下記のURLを参照ください。

日本の武術流派
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%B1%85%E5%90%88

日本の剣術流派
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%89%A3%E8%A1%93%E6%B5%81%E6%B4%BE

Q加湿器のお手入れ方法

三洋の加湿器CFK-VX50Eを使っています。
説明書がみつからず、お手入れ方法がわかりません。
お手入れランプが点灯して困っています。
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

水垢が器具内に付いているので掃除をしましょう!簡単にに出来ますよ!(電源を外し、タンクを外すと掃除できます)そしてお手入れランプのボタンを”なが押し(3秒位)するとランプは消えます。
どうしても分からなければ、メーカーへ問い合わせしましょう!

Q江戸時代の侍は、普段何をしていたのでしょうか?

江戸時代は戦もほとんどなっかたと思うのですが、平和時に侍は日常何をしていたのでしょうか?行政や事務方の仕事を兼務していたのでしょうか?

Aベストアンサー

 侍は確かに今で言う公務員ですね。
 藩政に関わる仕事を基本にして、あとは娯楽や稽古など・・・。
 初期と幕末期は様子が違いますが、江戸時代らしいと言えばらしい、まるっきり平和ボケな中期の頃の話をします。
 んで旗本大名クラスじゃなくて、ホントの窓口公務員っぽい人たちの話。

 現代のように週5日で朝9時から夕方5時まで勤める、ということはありません。
 お城の番兵みたいな人は、せいぜい月に数日間しか公用がないこともありました。
 接待係のような人も、御用商人が接待してくれれば遊べるかなくらいで、実際にはやる仕事が全然ないんですよね。
 一応、忙しい人がいないわけでもなく、御算用者という財務会計専門の役職は激務だったみたいです。
 理由は・・・そりゃあねぇ。お察しください。
 きっとストレスでバッタバッタ倒れたでしょうな。

 それに地方大名はやれることが限られてました。幕府がいろいろ禁止してますから。
 たとえばお城の石垣が傷んで直そうとしても、幕府の許可がないとやっちゃいけないんです。

 で、大部分のヒマな侍は何をしてるかと言えば「やることがない」のです。
 しょうがないから芝居見物、博打、酒盛り、釣り、生け花、俳句など、いかにヒマをつぶすかに一生懸命だったでしょうね。
 知行はあるけど、これだけ遊んでればお金も無くなります。
 だから武士の命のはずの刀を質に入れ、金を借りたりしてるのが普通なわけです。
 江戸に行けば生活費もかさみますので、ちょっとくらい手当をもらっても借金がふくれるばかりという人もいました。


 仕えていた藩を取りつぶされたりして、仕官先のない武士は「侍」とは言わず「浪人」と言います。
 今でも残っているこの言葉の通り「仕事も何もすることがない人」だったりします。つまりニートってこと。
 ホントに何もやらないと当然収入がないので、内職したりして日銭を稼いだりしてました。
 時代劇じゃ傘張りとか耳かきの製作とかやってますよね。

 そんなわけで士農工商とは言われてますが、武士も実際には商人に金を借りまくってたりして、あまり偉そうにはできなかったというのは有名な話。
 商人、職人、農民は何かヒット商品で成功すれば豪商や豪農のように成り上がれますが、武士にはそれがないのがつらいところ。
 経済的に豊かな武士というのはおらず、実質的に武士は江戸時代を通じて無職者集団に近かった、とさえ言われてます。

 参考になれば幸いです。

 侍は確かに今で言う公務員ですね。
 藩政に関わる仕事を基本にして、あとは娯楽や稽古など・・・。
 初期と幕末期は様子が違いますが、江戸時代らしいと言えばらしい、まるっきり平和ボケな中期の頃の話をします。
 んで旗本大名クラスじゃなくて、ホントの窓口公務員っぽい人たちの話。

 現代のように週5日で朝9時から夕方5時まで勤める、ということはありません。
 お城の番兵みたいな人は、せいぜい月に数日間しか公用がないこともありました。
 接待係のような人も、御用商人が接待してくれれ...続きを読む

Q22、23歳の肌のお手入れ。

こんにちは。
22歳女性です。
みなさんは肌のお手入れをどのようになさっているか気になったので質問します。

現在22歳くらいの方、また22歳くらいだったころの肌のお手入れを教えてください。

私は、
朝・・・洗顔(特に決めて使っているものはありません)→肌水→ちふれ乳液

外に出かける前・・・肌水→ちふれ乳液→日焼け止め

夜・・・朝と同様のお手入れの後、ちふれのマッサージクリーム


です。
お化粧はしていません。

肌のお手入れは個人差がとても大きいと思いますが、
みなさんの方法を参考にできたらな、と思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特に、化粧水も肌水で特に保湿の強いものなど使わずして平気のようですからお肌はキレイなのでしょうね。
でも、全く化粧しないで外にでるのはいかがなものかと思います。
紫外線や暖房などなど肌にダメージを受けることはたくさんあります。
お粉やファンデーションなどはそういったものから守る役割も果たしますし、オシャレの為にも薄つきなものでもつけてみてはどうですか?
それに、今は超キレイなお肌でも後からガタットきますのでいまからしてて損はないので、お肌のお手入れ初めてみてください。
・丁寧な洗顔
・たっぷりの化粧水&パッティング
・乳液(美容液を間に入れるとなおいいですし)
・夜は、ナイトクリーム(クリームは伸びがいいのでマッサージクリーム代を浮かすならこの時にマッサージもしちゃいましょう)

朝や出かける前の日焼け止めは、油浮きが気になったり重くかんじる人は下地と兼用の日焼け止めクリームにするといいです。
ランコムのはマットすぎず油も浮かずオススメです。
自分の肌質は、美容カウンターに行けばどこでも無料で見てくれますので一度調べてもらい、肌がどうゆう状態を把握し自分の肌に合ったものを使うのが一番のキレイを保つ秘訣だと思います。

特に、化粧水も肌水で特に保湿の強いものなど使わずして平気のようですからお肌はキレイなのでしょうね。
でも、全く化粧しないで外にでるのはいかがなものかと思います。
紫外線や暖房などなど肌にダメージを受けることはたくさんあります。
お粉やファンデーションなどはそういったものから守る役割も果たしますし、オシャレの為にも薄つきなものでもつけてみてはどうですか?
それに、今は超キレイなお肌でも後からガタットきますのでいまからしてて損はないので、お肌のお手入れ初めてみてください。
・...続きを読む

Q江戸時代の武士がもつ日本刀について。

うちには先祖が武士家系ということで 日本刀が何本か残されているのですが 時代劇に使われているような見事なものではなく とても質素なものです。 鞘にしろ鍔にしろ 簡素なもので 刀身も63,8センチ の無名刀です。 小柄とよばれる小刀もついていません。 そこでいくつか質問があります。

(1)やはり昔も 上級武士(位の高い)はそれなりにいいものを身に着けていて 持っている刀がその武士の 品格を表すようなものだったのでしょうか?

(2)また映画などではチンピラ風の町人も脇差しのようなものがありますが そういうチンピラ風のものでも高級な刀をもてたのでしょうか?とくに 「先生」と呼ばれた腕のたつ殺し屋みたいなのもでてきますが長いいい刀を持っているように見受けられます。。

(3)また武士に生まれた家系は 子供のときから刀を差していますが 体の成長により刀を自分の体格にあったものに常に変えていたのでしょうか? 

(4)時代劇のように あんなしょっちゅう刀を抜く機会って 武士でもチンピラでもあったんでしょうか?いまでいうピストルを相手に向けるようなものですよね お互いが刀を抜いた時点で 死を覚悟するようなものだと思いますが。 ドラマや時代劇では みね打ちとかいって どしどしやっつけていますけどあれでも実際やったら相当なダメージではないですか?  

以上わかることだけでも結構です。 お詳しい方どうかよろしくお願いいたします。

うちには先祖が武士家系ということで 日本刀が何本か残されているのですが 時代劇に使われているような見事なものではなく とても質素なものです。 鞘にしろ鍔にしろ 簡素なもので 刀身も63,8センチ の無名刀です。 小柄とよばれる小刀もついていません。 そこでいくつか質問があります。

(1)やはり昔も 上級武士(位の高い)はそれなりにいいものを身に着けていて 持っている刀がその武士の 品格を表すようなものだったのでしょうか?

(2)また映画などではチンピラ風の町人も脇差しのようなも...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 江戸時代の中期頃から、幕府や各藩が厳しい贅沢禁止令が出していますから、特別な時以外には上級武士(大名も含む)でも目に見えて分かるような贅沢などしていません。

 まあ、裕福な武家の次男坊や三男坊(部屋住みとか言われる層)が、粋を気取ってやたらと凝った鞘を差していたようですが…。
 象嵌で絢爛豪華な鞘を作ったりとか…。

(3) 最初に子供に与えるのが、所謂「守り刀」と言われる30cm以下の刀で、藩の学問所とかに通う頃に脇差クラスの30cm以上の刀を差し、元服や出仕する様になると二本差しになると。

 なお、江戸時代の武士の骨格は刀を差していた関係で、左肩が極端に上がった形に成っていたとか…。
 (子供ではとても差せない…。)

(4) 江戸時代の武士は、たとえ町人相手でも刀を抜くような真似は滅多に有りません。

 もし、刀を抜いて相手を仕留められなければ、国家鎮護守・外敵制征圧を担う兵として不心得者であるとされ処罰されます。

 仮にちゃんと成敗しても、それが無礼打ちであった事をちゃんと証明(切った本人は必ず一定期間謹慎に成るので、家中の者が死に物狂いで、証人を探す)できなければ、やっぱり処罰されます。
 (証人が見つからなかった為に、処罰が下る前に切腹する者も多い。)

 そして、侮辱を受けても刀を抜かないでいる所を同輩などに見られると、臆病者であるとされやっぱり処罰されました…。

 なお、上記の事を知っていた町民の中には、粋を衒ったり、度胸試しのために故意に武士を挑発する物もいたとか…。

 と言う訳で、当時の武士は町へ行く時などは、共の者を連れて行き主人が屈辱を受ける様な場面に遭遇しないよう、体を張って庇う必要が有ったようです。

 また、他領の領民に対する危害行為は、たとえ正当防衛である切捨御免の結果であったとしても、その領民が属する封建領主への敵対的行為とされる恐れがあり、各藩は藩士に対して江戸領民に触れ合うような場所に行く事を可能な限り避けるよう厳命していました。

(1) 江戸時代の中期頃から、幕府や各藩が厳しい贅沢禁止令が出していますから、特別な時以外には上級武士(大名も含む)でも目に見えて分かるような贅沢などしていません。

 まあ、裕福な武家の次男坊や三男坊(部屋住みとか言われる層)が、粋を気取ってやたらと凝った鞘を差していたようですが…。
 象嵌で絢爛豪華な鞘を作ったりとか…。

(3) 最初に子供に与えるのが、所謂「守り刀」と言われる30cm以下の刀で、藩の学問所とかに通う頃に脇差クラスの30cm以上の刀を差し、元服や出仕する様になると二本差...続きを読む


人気Q&Aランキング