ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ジムニー(JA11)でアクセルを踏み込むと(ターボがかかると)息継ぎが発生し、回転数が上がりません。
その後、10秒位すると回転が上がっていきターボも多少、掛かるようになります。
※ターボが掛かっていない状態からアクセルを踏み込んだ時に発生します。

排気ガスはそれほど白いわけでなくタービンが原因なのかエンジン本体なのか?です。

知り合いがエンジンあるみたいですがJA12で、問題なく載せ変えれるのかも?です。ハーネス合うのかな?

この症状についてご存知の方がおられましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

多分ブーストリミッターによるフェールor点火カットが掛かっています。


ジムニーやアルトのターボは、スイングバルブのアクチュエーターの部分が錆びて固まり、ブースト圧が上がり過ぎてしまうという定番トラブルがあります。

短期的な解決方法ですが、まずターボの横にあるスイングバルブの軸受けと、アクチュエーターの軸受け部分に潤滑材をスプレーします。
そして、レバー部分をペンチやモンキーレンチで掴み、何度も無理矢理動かしてあげると、内部のサビの固着が外れてスムーズに動くようになってきます。
あとはブレーキクリーナーで表面の油分を飛ばせば完了です。

ただ、一度出てしまうと遅かれ早かれ再発します。
基本的にはターボを新品交換するか、オーバーホールを依頼するしかありません。
    • good
    • 4

ターボ不具合の一例として 空ぶかしは問題ないのですが


走ろうとすると加速感がないといった感じです。
空ぶかしで異音とか問題ないのなら エンジンでの可能性は低いのではないでしょうか?エンジン本体なら 一気筒不発だったりすると明らかにアイドリングとかおかしいですし 壊れているのなら変な音がするはずですし。

最初にブーストメータを取り付けて試走してみたらいかがですが?
立ち上がり方とか数値ではっきりすると思います。
そして タービンだけ外してみて 回転のスムーズさと軸のガタを点検してみては?
    • good
    • 1

ターボチャージャーがきちんと働いていないんじゃないですか?


想像ですが、ターボチャージャーが焼き付いちゃって上手く働いていないのか、どこかから混合気が漏れているとか・・・(チョットそれだと危険な気がしますけど)

圧縮機がダメなのか、タービンがダメなのかは、その他がダメなのかは、これじゃちょっと判りかねますが。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全開加速時に失速する原因は・・・?

直線でアクセル全開でのフル加速時に突然失速します。
息継ぎというよりは失火しているような感じです。(ガス欠寸前の状況のような感じです)
ターボ車ですが、アクセルを細かく少しずつ踏みながらブースト全開にすれば症状は出ません。
アクセルを30%→100%のように一気に踏み込むと症状が出ます。
車種はインプレッサでマフラーのみ交換してます。エアクリ類はノーマルのままです。
オーバーシュートをしている様子もありませんし、街乗り走行では特に異常はありません。

考えられる原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

HKSプロショップ パワーライター店 セッティング担当です。


三次元で高過給時燃料カットマップがあります。

これにかかっているようです。

エンジンを守るセーフティネットなのでそのままでよいと思います。

それからあと一つだけ可能性があります。
それは
高過給によるプラグの「失火」です。

一度プラグの番手を新品で「2つ」上げてみて下さい。
(このときオイルも15W-50辺りに換えておいて下さい)
これで解消すればプラグ失火が原因だったと言えます。

ロギングなしに運転者がオーバーシュートを検知するのは
ちょっと困難と思います。

QジムニーJA11寒い日にエンジン不調で加速しない原因

JA11初期型、今年10万キロを超えました。
最近、寒い日の夜にどうも不調で走り出すと3~4速40kmからベタ踏みでも加速しないことがあります。まるで、一気筒死んでるような感じで排気音もいつもと違うます。
おかしいと思い路肩に止めるとそのままエンスト、直後にエンジンはかかり何事もなく普通に走ることが頻繁にあります。
後日、修理に持ち込み、整備士の方に診てもらいましたが、プラグやデスビなどは異常無し、とにかく古い過走行車なので、寒い時は良く暖気してとの事でした。
やはり暖気が足りないのが原因なのでしょうか?
自分としては点火系、プラグコードのリークなどを疑っているのですが、他に原因となる故障はありますでしょうか?
よろしくご回答ください。

Aベストアンサー

その程度の走行距離で成るとしたら私も点火系や燃料系を疑います。

寒さで成るというのは少し私は疑問で、私自身は11万キロのJA71を所持していますが今のところそんなことは成ったことがありません、点火系は以前一度雨の中で症状が出たときに全取り返しています。

燃料フィルターなども定期的に交換して居ますか、F5AとF6Aで違うかも知れませんが4万キロ程度の定期交換部品だったと思います、あるいは燃料ポンプの方に(電気系も含め)トラブルの前兆か調べてみるのも一つの方法かと思います。

それ以外ではちょっと思いつきません、なお、暖気と言う名称のアイドリングなどは私は一切していません、始動したらシートベルトをするくらいで発進(その後数分はゆっくりとあまり高回転に成らないようにしているだけ)少しでも参考になればと思います(以前他の車両で燃料フィルターの目詰まりから似たようなことに成ったことはありますが)もちろんその時は何度か繰り返し症状が出ました。

QJA11 ジムニー パワーダウン

はじめまして。
エンジン周りトラブルが起きました。
元気よく走っていましたジムニーなのですが、高速道路走行中にブローオフが外れました。
踏んでも走らない為、路肩に避難して、手持ちの工具で取り付けをしました。
しかし、再度走り出すと全く走らなくなりました。「ベタ踏みしないと走らない」
症状なのですが、自走可能で60キロ以上でます。
しかし、アクセルの量を2倍踏まないと走りません。
タービンは動いています。ブローオフも動いています。ブローオフを純正に戻しましたが改善されません。
説明が難しいのですが、本来通勤でアクセルを踏む量で、一般道を走ってみると、昨日60キロ出せていた量で踏んだ場合、走る所か失速してしまいます。
何か牽引しているかの様に重い感じで、走りません。
5速を使った場合、フルアクセルでもスピードが上がらない上、物凄く吸気音が煩く、ターボが効いてやっと加速する感じです。
踏まないで走る本来の燃費走行が出来ません。音だけで走りません。
エアクリーナーも手持ちの物と付け替えしまたが変化ありません。
タービンの故障でしょうか?
オイル漏れや、白煙等ありません。プラグは真ん中だけ新品に交換しました。
ホース系等は、インタークーラー周りから締め直ししました。何か吸い込んだりしたのでしょうか?
どうすれば、元に戻りますでしょうか?

はじめまして。
エンジン周りトラブルが起きました。
元気よく走っていましたジムニーなのですが、高速道路走行中にブローオフが外れました。
踏んでも走らない為、路肩に避難して、手持ちの工具で取り付けをしました。
しかし、再度走り出すと全く走らなくなりました。「ベタ踏みしないと走らない」
症状なのですが、自走可能で60キロ以上でます。
しかし、アクセルの量を2倍踏まないと走りません。
タービンは動いています。ブローオフも動いています。ブローオフを純正に戻しましたが改善されません。
説明...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、いろいろあり得ますが
総論するとエンジンブローです
エンジン載せ換え。

ブローオフが外れた?
社外品ねたぶん。

吸気管から異物吸ったんでしょ
それで端的に
バルブ・シリンダーピストンなどに欠損が生じての
パワーダウン。
あるいはインタークーラー欠損による詰まりで
パワーダウン。
回るところから、全ての気筒の損傷ではなく
1~2気筒の損傷。
いわゆる片肺状況。

Qジムニーのブースト圧について

ジムニー JB23 7型(AT)に乗ってます。
オートゲージのブースト計を取り付けてブースト圧を見ているのですが、
常用の回転域(3500ぐらいまで)では0.2程までしか圧がかっていませんでした。
常用回転域だとこんなものなのでしょうか? またブースト圧が最大になる回転数はどれくらいでしょうか?

Aベストアンサー

8型MTに乗っています。

低ければ2,000くらいでも最大ブースト圧になりますよ。
私の車だと、0.85 くらいです(最大0.7-0.9くらいが普通みたいです)。

エコロジーな運転(急加速はしない)をしていると、
圧0以下でも普通に市街地走行ができます。
常用回転域で巡航状態だと、そんなものです。

回転数とブースト圧は直接関係ありません。
要は、どれだけガソリンを燃やして排気を出すかです。

上り坂で、おもいっきり踏んでみて下さい。
それでも 0.2 程度なら、問題があると思います。

Qジムニーのターボが壊れました。ターボ無しで改善するには?

スズキのジムニーのターボが壊れたらしく、パワーが
まったく出なくなりました。
エンジンの回転数が4000回転が限界で速度は約60キロです。
これ以上は出ません。

15年以上前のジムニーなので、いまさら修理に出す
気持ちもありません。
ターボ無しで、何とかあと少しパワーの改善ができないものかと
思っています。70キロか80キロ出れば十分と思っています。

ターボが効かなくなるだけでこれほどパワーが落ちるとは思えません。
効かないターボユニットが逆に抵抗に
なっていて、それでパワーが異常に低下しているなら

その抵抗を減らせれば、少しは改善しないだろうか??

と思うのですが、実際はどうなのでしょうか?

何か、そのあたりの知恵をお貸しいただければと
思います。

Aベストアンサー

タービン焼き付きでしょうかね?

ターボの部分だけ、中古品に交換するのが一番お得でしょう。

あとはタービンの羽根を破壊するぐらいか?

タ-ビンはずしは多分できないと思いますよ。
排気ガス、軸受けの冷却オイルなどの処理が難しいと思います。(他の車ではね)

QジムニーアイドリングとISCバルブについて

平成元年のJA71-4型ジムニーのアイドリングが高く困っています。
こちらの過去の投稿などを参考にISCバルブを交換してみたのですが
症状は改善されませんでした。具体的にはISCのソケットをはずして800~900回転位にアイドリングを合わせ、再びISCのソケットをつないでエンジンをかけると1800回転位までアイドルが上がってしまいます。ソケットには12Vの電圧が来ています。現在ISCのソケットをはずして、アジャストスクリューで900前後に合わせ走行していますが、暖機時のアイドルアップ後走行して再び停車すると5~600位まで回転が落ちます。完全に温まると900回転位に落ち着きますが、エンストしそうで結構気を使って運転しなければいけない状況です。ライトをつけると常に600回転位になってしまいます。
本来、ISCバルブとはどの様な状況でどの様に作動しているものなのでしょうか?
また、バキュームホースなどの穴あきなど無いものとして、ISCバルブ以外にアイドリングがあがってしまう原因は何処にあると思われますでしょうか?
オルタネーターの老朽化など発電量の低下などでも、コンピューターからアイドルアップの信号が出たりするのでしょうか?
バッテリーは新品に交換済みです。他、吸気排気などはノーマルの状態です。
あまり無意味な出費は避けたいので(ISCが結構高かったです)どなたかわかる方、ご教授下さればありがたく思います。

平成元年のJA71-4型ジムニーのアイドリングが高く困っています。
こちらの過去の投稿などを参考にISCバルブを交換してみたのですが
症状は改善されませんでした。具体的にはISCのソケットをはずして800~900回転位にアイドリングを合わせ、再びISCのソケットをつないでエンジンをかけると1800回転位までアイドルが上がってしまいます。ソケットには12Vの電圧が来ています。現在ISCのソケットをはずして、アジャストスクリューで900前後に合わせ走行していますが、暖機時のアイドルアップ後走行...続きを読む

Aベストアンサー

元Sディーラー勤務、現役整備士です。

まず最初に。ホントにバキュームホースに穴は有りませんか?穴が無くても差し込み部分が放射状に割れてエアを吸っている可能性も有ります。

次にエアコンは装備されていますか?エアコンにはアイドルアップVSV(バキュームスイッチバルブ)が装着されていますが、これが壊れてエアが吸いっ放しになっていればアイドルは上がってしまいます。またこのアイドルアップVSVには調整ネジが付いていますが、それが緩め過ぎだとアイドルが上がり過ぎます。

因みにISCソレノイドバルブですが、アイドルスピードコントロールバルブの正式名の通り「アイドル回転数」を制御しています。規定アイドル回転数において「デューティー比」(バルブの開いている割合)を50%前後に設定してあり、電気負荷等が掛かって回転数が落ち込むとバルブ開度を上げて(キャブで言うところのスロットルを開けて)エア流量を増やし規定回転数まで上げる為に使用されています。

ISCを殺して900回転で、そこにISCを作動させると1800回転になる、と言うのは明らかに調整ミスです。ISCが作動して「カチカチ」音がしている状態でアジャストスクリュを締め込み800~1000回転になるのが正常で、現状ではスクリュを開け過ぎです。取り敢えず電気負荷を全てOFFにしてISCライブの状態でアジャストスクリュを回し1000回転になる様調整してみて下さい。もしその回転域でバラつく様でしたらスクリュ先端がカーボンでコテコテの可能性がありますので取り外して取り付け穴共々キャブクリーナーで清掃して下さい。

尚余談ですがISCソレノイドバルブは割と新品でも初期不良が見られます(過去数例見ています)。まずは正常作動しているか確認して下さい。

元Sディーラー勤務、現役整備士です。

まず最初に。ホントにバキュームホースに穴は有りませんか?穴が無くても差し込み部分が放射状に割れてエアを吸っている可能性も有ります。

次にエアコンは装備されていますか?エアコンにはアイドルアップVSV(バキュームスイッチバルブ)が装着されていますが、これが壊れてエアが吸いっ放しになっていればアイドルは上がってしまいます。またこのアイドルアップVSVには調整ネジが付いていますが、それが緩め過ぎだとアイドルが上がり過ぎます。

因みにI...続きを読む

Qkeiターボのノッキングです。17年式BターボSP

です。走行距離7万3千Km。プラグの可能性があると思い、NGKイリジウムmaxに交換しました。
しかし、改善しませんでした。加速時の2500rpm~3500rpmや、坂道などの負荷がかかった時の定速走行時にもカリカリ~~~!と、発生します。エンジンにも悪いだろうしとても不快です。
どなたか、お知恵拝借お願いいたします。_(._.)_

Aベストアンサー

異音とノッキングが出る症状は確かにプラグも考えられますが、イグニッションコイルは大丈夫でしょうか?
カリカリ~と表現されるノッキングはちょっと分かりませんが、点火系であればアイドル状態でも症状でませんか?

またエンジンはK6Aですかね。K6Aは結構バルブが摩耗(変形・へたりなど)が多いエンジンかと思います。
圧縮などはかってみるのも良いかもしれません。

Qブローオフバルブとブーストのかかり具合の関係

ブローオフバルブが原因で設定された最大ブースト圧がかからないということがあるのでしょうか?故障していないとしてです。空気を逃すバルブが弱くて、ブーストがかかったとき、空気がもれしまうということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>タービンの保護のためにはバルブのスプリングが弱いほうがいいのでしょうか?

うーん、「弱い」というのは間違いで、キッチリしたスプリング(劣化していない正常な状態のスプリングのこと、或いは新品のモノと言ったらいいのかな)を使って、最大過給圧より僅かに高めにセットします。
これだと、いつでも最大過給圧のチョット上で抜けることになり、安定するし保護にもなります。

しかし、スプリングが劣化して弱くなると最大過給圧より手前で抜けてしまうため、パワーダウンします(不安定なため息つくような加速となります)。
保護という意味からすれば、早く抜けるためいいですけど、やっぱり正常に安定した動作にさせたいですね。

QジムニーJA71 エンジンの吹き上がりが悪い。。どこを見れば?

ジムニーJA71の初期型に乗っています。最近エンジンの吹き上がりが変です。症状はエンジンのかかりは良いのですが、アクセルの踏み具合に回転の上がりがついていきません。音で表現すると、ドドドドと言う感じで遅れながら回転があがります。プラグコードとディスキャップは交換しましたが変化はありません。吹き上がりが悪く、車の流れに付いていけません。アクセルを踏んで少し遅れて力無さそうに回転が上がります。セカンドで発進などとても出来ませんし、他の場所はどの様なのか、未確認です。休みに不具合の場所を確認できればと思い質問しましたので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ブローバイガスもかなり出てるのでは?コイツはスロットルも、バルブも何もかも汚しますから、一度ホースを外して懸けて見て下さい。インタークーラーもオイルでべとべとじゃないかな?今回、私が手入れをしている71Vは、Fフィルター・エアフィルター・プラグ・Egオイル&フィルターの交換、インタークーラー洗浄、スロットル洗浄、ブローオフの大気開放、ブローバイガス装置にオイルキャッチタンクの装着・・てメニューです。で、ゆっくりと踏んでも2500rpmも回ると、ターボランプはまだ点きませんが、シッカリとブーストが掛かるようになりました。
また、ガソリンの変質も考えられますけど、残量半分位ならそのまま注ぎ足しで満タンも構いません、ただし走行が極端に少ないとまた、すぐに変質しちゃいますよ。ガス入れ替え時にエンジンコンディショナーを1本、ガスタンクに吹込んでも効果有ります。

Q加速しない、アイドリングは安定。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃料タンクが何となく「ペコッ」と音がした感じがして
 燃料ポンプへの影響を疑い、燃料を満タン状態にする、
 ポンプ、キャニスタ-関係かなとおもったりしたのですが、タンクにショックを
 与え、燃料満タン、この状態で丸一年無事乗ってきました。
○最近満タンにしていなく半分くらいの量で置いたままの状態でした。

今日の状態は下記の通りです。
○空ぶかしの状態では幾らでも回転数は上がる。
○実走行。アクセルを踏み込み2500回転位か「?」オ-トマ、加速出来ない。
 さらにアクセルを踏み込んでも返って減速する。(たまに順調に加速するときがある)
○アクセルを戻し再び踏み込む、加速する。(しないときもあるがほとんどがする感じ)
○アクセルふかす→減速→アクセル戻す→アクセルふかす、こんな状態で何とか
 帰ってきました。
 尚平地では何とか走行出来ていますが坂(付加がかかるところはしんどい感じです)
 平地では順調に行けば60キロ位の速度で順調に走行できる感じです。
 尚、エアコンを入れるとダウンする感じです。(アイドリング状態ではオッケイ)
○燃料満タン状態にしました。

深刻な常態かそうでないのか、何となくの回答で結構ですので
よろしくお教えお願いします。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃...続きを読む

Aベストアンサー

当方のH11アトレーバンカスタムターボ(S230V)も似たような感じが出たことあります。
(ただアイドリングで少しだけ不調な兆しがありましたが)

イグニッションコイルの劣化。(亀裂が入っており上手く火花が飛ばないときがあった。ならびにプラグ)

VSVバルブ劣化。その他ISVバルブ類の可能性も(ブースト圧がかからない為上り坂などではきつくなる。ブースト異常などでアトレーにはよくあるとの事。)

スロットルボデーやインジェクタなどの汚れ。センサー故障。


などが怪しいでしょうか・・・

踏み込んだときタービンの音は聞こえますか?
聞こえないならVSVやアクチュエーター・タービン劣化等が可能性高いかもしれませんね。
(エンジンの熱によりバルブが故障するみたいなので、さらに気温上昇などで同じ症状が出やすい可能性も)

参考URL:http://www51.tok2.com/home/kiroku/syuurisyo2/DAIHATU/S200-H14kouzou.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング