『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

 現在、スピーカーセレクターを使用して2組(4台)のスピーカーを切り替えて使用、2組のスピーカーを同時に出力して使用しようかと考えています。

 アンプの適合インピーダンスは6~16Ω。
 スピーカーは6Ωを1組持っています。

 欲しかったラックスマンのスピーカーセレクターでは、6Ωスピーカー2組を同時出力させると、合成インピーダンスが3Ωになるとのことで、アンプの適合外となります。
 そこで、他のものを探したところ、コイズミ無線のスピーカーセレクターを見つけました。(http://store.shopping.yahoo.co.jp/dream-sound/ss …)これには補正回路が入っているとのことで、4Ω2組を同時出力すると合成インピーダンスは4.2Ωとなり、8Ω2組では6.2Ωになるようです。

 そこで6Ω2組を同時出力した場合の合成インピーダンスを問い合わせたところ、はっきりとは分からないけど5Ωぐらいになるとのことでした。
 私なりにこの補正回路(4Ω2組で4.2Ω、8Ω2組で6.2Ωとなる結果から)を考えてみると
   同時出力(Ω)=スピーカー合成インピーダンス+2.2Ω(補正回路分)
の計算式が浮かびましたので、6Ω2組では5.2Ωだと考えました。仮に6Ω1組、8Ω1組を同時に出力した場合は5.6Ωになるだろうと。

 また、アンプメーカーによると6Ω以下では適合外となるので、故障した際は保障対象外となると言われました。

 2組のスピーカーを出力できる何かよい方法はないのでしょうか。

 8Ωスピーカーを2組購入すればよいのでしょうが、6ΩSP1組をすでに買ってしまったので。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結論から言うと 現状で全く問題ありません。


・公称インピーダンスのとり方は不明瞭でだいたいは最低インピーダンス
 を取ります。ほとんどのスピーカーで最低インピーダンスを記録するのは
 ごく僅かの周波数で、それ以外の帯域は10Ω以上です。
・使用されているアンプが不明ですが3Ωを耐えられないアンプはほとんど
ないと思います。超大音量なら別ですが。耐えられない場合、リレーが作動して強制終了されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 アンプはCDチューナー内蔵のアンプでDENONのRCD-M33-Sです。

 集合住宅に住んでいて大音量で聞くこともありませんので、支障なく使えそうですね。
 また、絶えられないときは強制終了されるとのことで安心しました。

お礼日時:2008/03/21 11:04

コイズミ無線のSS-4は、あなたの推定されたように2.2Ωの抵抗が入っているものと思います。


6Ω2組では5.2Ω、6Ω1組、8Ω1組では5.6Ωでしょうから、アンプの仕様6Ω以上に対してわずかに下回っていますが、ほとんど問題ないでしょう。
心配であれば、SS-4を分解して2.2Ωを3Ωの抵抗に交換するか、アンプとSS-4の間の配線に0.82Ωの抵抗を入れれば良いと思います。
ラックスのセレクターでも適当な抵抗を入れれば使えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 私の予感があたっていましたか。
 うれしいです。

 分解ですね。
 機械の類を弄るのは好きですから、やってみようかなと思います。
 
 開けてみないと分かりませんが、どんな抵抗が入ってるのでしょうね。(カーボン抵抗しか思い浮かびません。)
 都市部には住んでいないため、抵抗の入手が難しそうですが、購入後バラしてみてみようと思います。

お礼日時:2008/03/22 19:51

2組のスピーカーから同時再生をする方法ですが、


スピーカーを直列つなぎする方法が考えられます。
直列つなぎをすると、6Ω+6Ω=12Ωということになり、
アンプの適合インピーダンスで満足できます。

つなぎ方は、
アンプのスピーカー出力端子に一本のケーブルを接続し、
+側をスピーカーAの+端子へ接続し、
-側をスピーカーBの-端子へ接続します。
スピーカーAの-端子とスピーカーBの+端子を、
別なケーブルで接続します。
これが直列のつなぎ方です。

6Ωと8Ωのスピーカーを直列つなぎした場合ですと、
6Ω+8Ω=14Ωとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

 私も直列接続は調べてました。
 同時に鳴らすだけでしたら、直列接続が一番だと思います。

 でも、同時出力の他に切り替えて片方ずつも鳴らしたいんです。

 そこで、スピーカーセレクターを使用せずに直列接続で、
   切り替え&同時出力
をしようと思ったら「ON-ONスイッチ」を使用して考えると、4つもスイッチが必要だなと、いや、「ON-ONスイッチ」だとスイッチの電源も確保しないといけない?とも考えわからなくなって今回質問させて頂きました。

お礼日時:2008/03/22 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一つのアンプに四つのスピーカーを接続する方法

家にスピーカーが余っていたので、多重にスピーカーを接続しようと思うのですが接続する方法が分かりません。
スピーカーは全て6Ωです。
(片方のスピーカーにはライン?接続がひとつあり、その接続が8Ω 多分サラウンド用の端子です)
そしてアンプが6~8Ωと書いてあります。
接続する方法を教えて下さい。
回答お願いします!

Aベストアンサー

はじめまして♪

お気持ちはお察ししますが、事実上でムリです。

スピーカー4台が全く同じ機種で有るのならば、直列接続という方法が可能に成ります。
基本的に前の回答者様がおっしゃる事で、大筋正解ですが、直列時に関しては問題有りません。

真空管アンプや特殊な出力回路の場合は適正インピーダンス範囲内に収める必用が有りますが、一般的な半導体アンプの場合、対応インピーダンス値よりも高いインピーダンスに成った場合、得られる出力量が減るだけで、回路的には問題が有りません。
*ただし、極端な場合はボリュームを目一杯上げても充分な出力が得られず、電流量は少ないが電圧値でアンプ能力を超えた動作を強いると、アンプを壊す可能性は出て来ます。

直列接続する場合、相互のスピーカー固有特性が影響を与えますので、音質無視なら別ですが、一般的には「全く同じ物」の場合だけ、直列接続を可能とします。

まぁ、実験的に試すのであれば悪くは無いので、実際に試してみて下さい。
具体的な直列接続は、、、
アンプの+端子からスピーカAの+端子へ、スピーカーAのー端子からスピーカーBの+端子へ、スピーカーBのー端子からアンプのー端子へ。
という流れに成ります。

スピーカーが2ペアと言う場合、右の音にスピーカーAのペア、左の音にスピーカーBのペア、とすればアンプ側から見た場合は安定しますが左右の音が違って来ます。
そこで、上記のようにA/Bを左右に振り分けますと、スピーカー固有の特性が相互に影響し、アンプから見た場合は問題有りませんが音的には両方の弱点を強調した様な状況に成りがちなので、これもあまり好ましくは有りませんね。

インピーダンスが低いと、同じ電圧信号でも多くの電流を流します、アンプには適正出力範囲が有って、それを超えた動作は過電流により破損しますから、最低インピーダンス値を大きく下回る接続方法は厳禁です。(ショートしちゃうと0Ωですね。)
コレに対して、インピーダンス値が高い場合は電流が流れにくく成り、最大出力値が低く成ってしまいます。
単純に、インピーダンス値が2倍に成れば出力ワット数は半分と考えて下さい。
(理論値では、コレで正解。ただし現実は色々なロスや制約等も有るので、多少誤差はあります。概算としては理論計算値でモンダイは無いでしょう。)
例:50W/8Ωの場合、27W/16Ωと言う具合です。

なお、違うスピーカーの場合、スピーカーの「能率差」というものがあって、同じ電力信号でも実際の音量は大きく違う場合が有ります。
簡単な実験として、片方のスピーカーを繋ぎ変えてみれば、左右の音質差もさることながら、音量差が大きく違ってくる事も有りますので、まずは試してみるのが良いでしょう。

並列接続ですと同じ様な音量って感じていてもアンプ出力は2倍程度以上出ている事に成り、ちょっと音量を高めたらアンプ能力を超えてしまう、という危険性が出て来ます。
国産の有名機種であれば「過電流」を検出して「保護回路」が出力を遮断、これにより事故を防ぐのですが、運がワルイと保護回路が動作したけど一瞬遅く、アンプ回路が焼け飛んだ、なんて事もあり得ます。(並列接続では有りませんでしたが、同じ様な原理で100W+100Wのアンプを飛ばした経験が有ります、しかも購入して数ヶ月、、目の前真っ暗でした、、、、私の様な悲しい事態だけは避けるようにしましょう。)

実用面は無理でも、どんな音が得られるか。直列接続だけで試して下さい。
(アンプパワーは半減するので、音量的に充分な範囲で使えるかどうか、という点も試してみないと判りませんからね♪)

はじめまして♪

お気持ちはお察ししますが、事実上でムリです。

スピーカー4台が全く同じ機種で有るのならば、直列接続という方法が可能に成ります。
基本的に前の回答者様がおっしゃる事で、大筋正解ですが、直列時に関しては問題有りません。

真空管アンプや特殊な出力回路の場合は適正インピーダンス範囲内に収める必用が有りますが、一般的な半導体アンプの場合、対応インピーダンス値よりも高いインピーダンスに成った場合、得られる出力量が減るだけで、回路的には問題が有りません。
*ただし、極端な場...続きを読む

Q2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合。

アンプにはAとBの2種類のスピーカーを接続出来るようにあるのですが、その2種類のスピーカー(計4本)を同時に鳴らそうと思い、アンプの説明書を見ると、A+Bの場合は負荷インビーダンス8~16Ωとあります。
使用してるスピーカーは6Ω(2本)と8Ω(2本)の計4本をそれぞれAとBに接続しています。
これが説明書に書いてある範囲に収まるのか解りません。
AとBの合計インビーダンスの計算は、単純に6Ωと8Ωを足して14Ωと考えていいものなのか、それか他に計算方式があるのか解らないので教えて欲しいです。

Aベストアンサー

計算式ですが2行になりますが、

(スピーカーAのインピーダンス × スピーカーBのインピーダンス)÷
(スピーカーAのインピーダンス + スピーカーBのインピーダンス)

で求まります。
ですので、6オームと8オームですと、
#2さんが求めたように3.43オームとなります。
アンプにもスピーカーにも負荷がかかってしまいますから、
向かない接続といえます。

スピーカーの繋ぎ方には、直列と並列とあり、
アンプのA・B出力から同時に再生する方法は、
内部的に並列つなぎとなります。

解決法としましては、直列つなぎということになりますが、
この場合、アンプに14オームのスピーカーが繋がれている、
ということになります。
アンプからのスピーカー出力のうち+をスピーカーAの+端子、
-をスピーカーBの-端子に接続します。
あとはスピーカーAとBの未接続の部分を双方繋ぐことで、
直列つなぎできます。

Q4スピーカーで音を鳴らしたい

機器の選定で当てはまる物がなくて困っています。
学校の教室くらいのちょっと広めのスペースでテープ・CD・MDを再生し、部屋の四隅にスピーカーを計4台設置したいのです。大音響で鳴らす訳ではないのでミニコンポ程度で十分なんですが、メーカーのお客様センターみたいな所に問い合わせたらスピーカー増設は基本的に出来ないと言われました。付属スピーカーが6Ωなので12Ωのスピーカー2台つなげば可能だと教えてもらったのですが12Ωのスピーカーって手ごろな価格でありますか?そもそもスピーカー4台つなげられるコンポとかないのでしょうか?
業務用機器だと操作が複雑になりそうで、なにより金額が高くなりそうなので実現は出来ません。
「このメーカーのなら」とか「こんな方法では」とかアドバイスいただけますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通の音量で再生する事が前提でしたら、ミニコンポで十分です。
ただスピーカーは同じような物を4個揃える必要があります。
最初に接続方法の話しになりますが、スピーカーを2個づつ並列で接続します。
ようは一つの端子から2個のスピーカーを繋げてしまうわけです。
ただこの場合は並列接続したスピーカー間での音量調整が取れないので、上記に書いた通り同じようなスペックのスピーカーが必要になります。
とはいえミニコンポのスピーカーはどれも似たような物が多いので、ネットオークション等でできれば同じ物を、無ければ同じようなスペックの物を1ペア購入すればOKです。

同じようスペックというとまずインピーダンスが同じ6Ωであること。
あとはわかれば能率(音圧レベル)が同じことなのですが、これはミニコンポ付属のスピーカーには明記されていないことが多いので揃えるのは現実的に難しいですね。
なので似たような大きさ、デザイン、価格帯となります。

その他の問題としては、電力を倍消費することになりますので、あまり音量を上げすぎるとアンプが悲鳴を上げる可能性があります。
ですので、あくまで通常で使用する範囲のボリューム(ボリュームは半分以下)での使用が絶対条件になります。
もしも自分以外の人間がボリュームを操作するような心配がある場合は、並列ではなく直列で接続します(あまりやりませんが・・・)。
この場合は音量が2スピーカーのときの半分程度になりますので、いくらボリュームを上げても大して音量が上がらないので上記のような心配はなくなります。

私の経験上、この方法を書くと危険だとか無責任だとかインピーダンスがどうとか能率がどうとか抵抗値がどうで電力がうんたらかんたらという書き込みがズラズラと続くことになります(^ ^;下記URL参照

面倒なので難しい説明はあえて省きます。
この方法で常識の範囲のボリュームで使用している限りは問題ないので、ご安心してお試しください。

ご参考までに。。。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1227858

普通の音量で再生する事が前提でしたら、ミニコンポで十分です。
ただスピーカーは同じような物を4個揃える必要があります。
最初に接続方法の話しになりますが、スピーカーを2個づつ並列で接続します。
ようは一つの端子から2個のスピーカーを繋げてしまうわけです。
ただこの場合は並列接続したスピーカー間での音量調整が取れないので、上記に書いた通り同じようなスペックのスピーカーが必要になります。
とはいえミニコンポのスピーカーはどれも似たような物が多いので、ネットオークション等ででき...続きを読む

Q2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合2。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2365874
に「2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合。」という質問がありました。私もこの方と同様の構成を考えています。オーディオ構成は以下の通りです。
プリメインアンプ:DENON製PMA-390AE(A or B 4~16Ω、A+B 8~16Ω)
スピーカー:A…Bowers & Wilkins製705(8Ω)、B…ノーブランド(4Ω)
DVDプレーヤー:DENON製DVD-1910
それで前述の質問に対する回答によれば、A+Bを並列ににつないだ場合、(8Ω×4Ω)÷(8Ω+4Ω)=2.67Ωとなり、アンプの許容範囲外。よって直列につなぎ8Ω+4Ω=12Ωでアンプの許容範囲内でO.K.となる、とは思うのですが、ここで一つ質問。並列の計算式が正しいとすればどんなスピーカーを使ってもアンプの許容範囲外になりはしませんか?スピーカーって大抵4~8Ωの間ですよね?それでは一体何のためにアンプにAとBの端子があるか分からないような気がしませんか?普通に考えてスピーカーを4つつなぎたいならA、Bそれぞれに普通に+-をつなぐのが妥当というものでしょう?皆さんはこの問題についてどう思われますか?またはどのように対処されているのでしょうか?是非ご回答頂きたく思います。よろしくお願い申し上げます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2365874
に「2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合。」という質問がありました。私もこの方と同様の構成を考えています。オーディオ構成は以下の通りです。
プリメインアンプ:DENON製PMA-390AE(A or B 4~16Ω、A+B 8~16Ω)
スピーカー:A…Bowers & Wilkins製705(8Ω)、B…ノーブランド(4Ω)
DVDプレーヤー:DENON製DVD-1910
それで前述の質問に対する回答によれば、A+Bを並列ににつないだ場合、(8Ω×4Ω)÷(8Ω+4Ω)=2.67Ωとなり、アンプの許容範囲外。よって直列につ...続きを読む

Aベストアンサー

2種類のスピーカーを同時に鳴らしても、音が悪くなりこそすれ、良くなることはありません。(そっちの音の方が気に入った!というのであれば、もうそれ以上なにも言う事はありませんが…)

そもそもAとBは同時に鳴らすために付いている端子ではなく、2種類のスピーカーをとっかえひっかえ切り替えて鳴らすのが本来的な目的なのですよね。同時に鳴らせてしまうのは、「昔からそうだったから」「まあ、同時に鳴らしてもいいけど」程度の意味合いしか実質無いんです。

それから、近年流行りのバイワイヤリングをするためには、同時に信号が導通しないと困ったことになります。そんなこんなでたまたま同時にオンが出来るようになっているだけ、と考えましょう。

なお、合成インピーダンス(交流抵抗)を直流抵抗扱いで計算することにもあまり意味はありません。上記2.67ohmというのもほとんど意味をなしていません。

もし仮に2.67オームだったとして、それを鳴らして即座にアンプが壊れるというものでもないです。(ミニコンポを除いて)アンプ終段はそんなに脆弱ではないし、よほど大音量でドカドカやらない限りは壊れません。しっかり作ってあるアンプならば過電流保護回路が先に働くでしょう。ただし想定されていない低インピーダンスをつなぐと音質劣化している可能性は高くなります。

2種類のスピーカーを同時に鳴らしても、音が悪くなりこそすれ、良くなることはありません。(そっちの音の方が気に入った!というのであれば、もうそれ以上なにも言う事はありませんが…)

そもそもAとBは同時に鳴らすために付いている端子ではなく、2種類のスピーカーをとっかえひっかえ切り替えて鳴らすのが本来的な目的なのですよね。同時に鳴らせてしまうのは、「昔からそうだったから」「まあ、同時に鳴らしてもいいけど」程度の意味合いしか実質無いんです。

それから、近年流行りのバイワイヤリングを...続きを読む

Qミニコンポに複数のスピーカーを接続したいのですが…。

市販されているミニコンポに、さらに右左一つずつスピーカーを増やしたいのですが、その安全な接続方法を知っている方、教えて頂けないでしょうか?
 友達は、スピーカーと本体(アンプ?って言うのですかね…)をつなぐ配線を、アンプのその差込口に複数本、無理やり突っ込んで、左右3個づつスピーカーを使用していますが、何か危なっかしくてマネできません。また、以前、アンプとスピーカーのインピーダンスの大小関係で、どちらかが大きいとアンプに負担がいくという話も聞いています。ここらへんのことも踏まえて、良いアイデアをお持ちの方、ぜひ意見を聞かせて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

一般的に、アンプの定格よりも小さなインピーダンスのスピーカーを接続すると、アンプに過負荷がかかると言われています。
インピーダンスが1/2倍になると、アンプの出力は2倍になり、それだけ負担がかかります。したがって、アンプの定格よりも大きなインピーダンスのスピーカーを繋いでもまず問題ありません(真空管式などは除く)。
アンプは、定格インピーダンスのスピーカーに対し、最高出力で運転しても壊れないように設計してあります。つまり定格よりも小さいスピーカーを使用すると、最高出力時に設計よりも大きな電流が流れ、故障の原因となるのです。
ですから、安全策をとるのであればスピーカーを直列に繋ぐのが良いかと思われます。ただ、そんなに大きな音量で使うことがないのであれば、並列にしても問題ないかと思われます。

Qスーパーツイーターの繋ぎ方

 スーパーツイーターについて質問させていただいた者です。結局購入してしまったのですが、繋げ方が良くわかりません。スピーカーの端子から繋げるようですが、具体的にはどうするのでしょうか?スピーカー端子はシングルでバナナプラグも使えるタイプです。現在はスピーカーケーブルを先端処理せず、締め付けているだけです。この状態でスーパーツイーターを繋げる場合ツイーター用のケーブルにバナナプラグを付けてスピーカー端子に繋げばよいのでしょうか?また、アンプ(真空管)から直接繋げてはダメなのでしょうか?スピーカーは6Ωの出力端子に繋いでいるのですが、8Ω用が何も繋げていない状態です。これに-端子は共用なのですがスーパーツイーターを繋ぐことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

参考URLにあるタイプのものでしょうか?

もしこのタイプならただ単に現在のスピーカーと並列につなぐだけで良いようですね。
圧電効果を使ったリボンツイーターのようですがかなり特殊な方法ですね。

参考URL:http://www.taket.jp/japanese/batpure/batpure.html

Qスピーカーを2組つけたら、アンプの保護回路が働く

最近スピーカーを2組つなぎ、ある程度の大きさで再生するとアンプの保護回路が働き、音がでなくなるようになってしまいました。
 アンプ:DENON PMA-1500AE, スピーカー:DENON SC-E535, YAMAHA NS-05を使っています。
調べたらアンプの説明書に「スピーカーAとBを同時に使う場合は、インピーダンスが8~16Ωのものを使え」とあります。スピーカーのインピーダンスは両方とも6Ωです。保護回路が働くのはこれが原因でしょうか?
ちなみに、二つのスピーカーを同時に使うことはありません。
アンプにはスピーカー切替スイッチはなく、かと言って、ちゃんとしたセパレーター(と言うのでしょうか?)を買うのもはばかれたので、スピーカーをそれぞれAとBにつなぎ、スピーカーコードにDIYの店で買った簡単なオンオフのスイッチを付けて使っています。お聞きしたいのは(繰り返しになりますが)

1.インピーダンスの問題なのでしょか
2.取り付け方を工夫すれば解決するでしょうか
 (例えば、両スピーカーともAにつなぎ、セパレーターか三又なりのスイッチを使い分派するようにするとか)

すみませんが、よろしくお願いいたします。

最近スピーカーを2組つなぎ、ある程度の大きさで再生するとアンプの保護回路が働き、音がでなくなるようになってしまいました。
 アンプ:DENON PMA-1500AE, スピーカー:DENON SC-E535, YAMAHA NS-05を使っています。
調べたらアンプの説明書に「スピーカーAとBを同時に使う場合は、インピーダンスが8~16Ωのものを使え」とあります。スピーカーのインピーダンスは両方とも6Ωです。保護回路が働くのはこれが原因でしょうか?
ちなみに、二つのスピーカーを同時に使うことはありません。
アンプにはスピーカー切替...続きを読む

Aベストアンサー

1 そのとおりです。
  小音量で聞く場合はアンプの負荷が少ないため
  合成インピーダンスが多少低くても問題ないこともあります。
  低能率SPを二組繋いである程度以上の音量を出そうとすると
  アンプの負荷が急増し保護回路が働きます。

2 これがよくわかりません。
  今後の使い方として
  「二組同時に鳴らす方法」なのか
  「どちらか一組を選択して鳴らす方法」なのかです。
  現在はDIY店で購入したON/OFFスイッチを介入させているとのこと。
  それで問題なく使えていて今後も二本同時に鳴らすことがないのであれば
  それでも良いとなります。(精神衛生上嫌な面もありますが)
  それでも「三又なりのスイッチ~」とおっしゃっているので{?}なのです。
   

なお、SPセレクターとしては以下の製品があります。
買うのもはばかれた、のであれば無用の長物でしょう。
  
  

参考URL:http://www.luxman.co.jp/product/ac_as55.html

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qアンプ2台とスピーカー1台なんですが

オーディオについては無知なので教えてください。

現在表題のようにアンプ2台とスピーカー1セットを持っています。スピーカーを買い足さなくてもいい接続方法はないのかなと思い一瞬同じスピーカーを2台のアンプにつなごうかとも思ったのですが、同時にアンプの電源を入れることがないとはいえ他方のアンプに負荷がかかってわるくなりそうですよね。
やはりセレクターみたいなのがあるんでしょうか。それともそれを買うぐらいなら新しいスピーカーでしょうか。できるだけ物を増やさないように完結できる方法がありましたらお教えください。どうかよろしくお願いいたします。
(こんなことを考えるくらいですから音質にシビアではありません。)

Aベストアンサー

yahtzenさん、こんにちわ。
プリメインの価格や型番が不明ですので一般論ですが
スピーカーはプリメインに繋いでは如何でしょうか。 
CD等はプリメインに繋ぎAVアンプからの映画音声等は
AVアンプからプリメインのAUX端子等にプリアウトして
再生は総てプリメイン経由でされては如何でしょう。
同クラス(価格)のアンプですとプリメインの方が音は
イイですから音質向上にもなりますよ。   
私はこの方法をとっています。参考になれば幸いです。

Qスピーカー出力が2系統以上のアンプの最安値について

スピーカー出力が2系統以上のアンプの最安値について
2部屋同時に同じ音楽を流したいため、2組のスピーカーに対応できるアンプを探しています。
秋葉原の家電量販店の店員さんに聞いたところPM5004が一番安いのではないかとのことでした。
http://kakaku.com/item/K0000124549/?cid=shop_g_1_kaden
中古でも構いませんので、2組のスピーカーに対応できるアンプであればなんでも構いません。
最も安いと思われるアンプを教えて頂けると幸いです。
ちなみにマイクも使えるようにしたいため、ミキサーを繋げて使用できる程度で構いません。
ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

2系統と言っても、単純にA+Bの端子があるだけですね。
であればオーディオアンプの多くがA+Bには対応していますし、どちらかだけ切り替えて鳴らしたいといったことがなければ、2組のスピーカーの合成インピーダンスがアンプの適合範囲内であれば、1系統のみの出力でも2つにスピーカーケーブルを分岐すれば使えますよ。

A+B対応にしろ1系統のみのアンプにしろ、2組のスピーカーの合成インピーダンスがそのアンプの適合範囲内にしなければなりません。

http://www.marantz.jp/ce/products/audio/amplifier/pm5004/images/pm5004_rear.jpg

マランツPM5004だと、上記写真の対応インピーダンス表記では、AまたはBで4~16Ω、A+Bの場合それぞれ8~16Ωとあります。
つまり、質問者さんの使い方では2組にスピーカーはいずれもインピーダンス8Ω以上のものでなくてはなりません、

A+Bで8~16Ω対応というアンプは昔から一般的ですから、中古でも構わない、というのであれば、それこそ無数に存在します。

2系統と言っても、単純にA+Bの端子があるだけですね。
であればオーディオアンプの多くがA+Bには対応していますし、どちらかだけ切り替えて鳴らしたいといったことがなければ、2組のスピーカーの合成インピーダンスがアンプの適合範囲内であれば、1系統のみの出力でも2つにスピーカーケーブルを分岐すれば使えますよ。

A+B対応にしろ1系統のみのアンプにしろ、2組のスピーカーの合成インピーダンスがそのアンプの適合範囲内にしなければなりません。

http://www.marantz.jp/ce/products/audio/amplifier/pm5004/...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング