人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

スカンデルベグといえば、オスマン帝国に臣従しながらその元で一度イスラムに改宗し
アルバニアに戻ったあとにキリスト教に再改宗してトルコに反旗を翻したアルバニアの英雄ですが、
このときスカンデルベグは東方正教とカトリックのどっちに改宗したんでしょうか。
アルバニアの場所から考えて東方正教かなと思うんですが、スカンデルベクの活躍したアルバニア北部は
カトリック優勢の地域らしいですし、トルコへの反乱の際にローマ教皇やヴェネツィアの支援を受けたというので
もしかしたらカトリックかもしれません。
いくら調べても「キリスト教に改宗した」としか載ってないので気になります。
ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それでは、カトリックだという文献。


英語です。

下記のURLにあるPDF文書は、Catholic World
という1876年発行物の画像スキャンしたもので、
最初のページがp233にあたります。この
p236の左欄の4行目をごらんください。

http://shopper2.123city.net/SponsorAds/586-855-1 …

 ... and renewed his profession of the Catholic
faith. とありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pururuさん貴重な文献のupありがとうございます。
やっぱり改宗した宗教はカトリックだったんですね。正教徒だったら、アルバニア人と仲の悪い
周辺の正教徒の民族(特にセルビア人)との感情的しこりの解消にも若干の糸口が
掴めるのではと多少期待していたのですが・・
とにかく、彼の詳しいことはネットで調べてもバルカン史の本を何冊かあたってみてもなかなか
載っていないので長年の疑問となっていたのですが、おかげさまでようやく解決しました。
本当にありがとうございました∩( ^ω^)∩

お礼日時:2008/03/26 21:51

「トルコへの反乱の際にローマ教皇やヴェネツィアの支援を受けた」


ということは、当然ローマカトリックです。
そうでなければ支援しません。

なお、「支援を受けた」というと一方的のようですが、
ローマカトリック側が東方のトルコに対抗するには、
彼のような強力な武人で助っ人が必要だった、
という持ちつ持たれつの関係があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます^^

カトリック国の支援を受けたから改宗した宗教はローマンカトリックである、とのことですが
カトリック国のハンガリーと正教国のワラキアやセルビアが同盟してトルコと戦ったり、またアルバニアのすぐ北にある
モンテネグロがトルコに抵抗する際ヴェネツィアの支援を受けていたりと、対トルコに関してはカトリックはカトリックを、
正教は正教を支援するという図式は必ずしも当てはまらないので
スカンデルベクが改宗したのは正教ではなくカトリックである
とはこの事実だけからはまだ断定することはできない思うのですが・・
せっかくの丁寧な回答にケチつけるようでごめんなさい><

お礼日時:2008/03/26 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報