マンガでよめる痔のこと・薬のこと

赤字決算の場合、損益分岐点は固定費線の下になりました。
これは、正しく書けてるのでしょうか?

また、損益分岐点が、マイナスの値を示した場合、そのマイナスの金額は、何を示すのでしょうか?

プラスだったら、それ以上売上があれば利益なければ損失となりますが、マイナスの場合は、それ以上でもそれ以下でも損失となり、
損益分岐点の本来の意味とは違う気がするのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

※損益分岐点


企業の収益の計算上、損失と利益との分かれ目となる売上高を言いう。すなわち、その売上高をこえて売り上げると利益が発生するが、反対にその売上高に達しない場合には損失となる。
損益分岐点は景気の変動に対して敏感で、好況期には低く、不況期には高くなる。
これは好況期には創業度が上昇して固定費の負担を軽減し、損益分岐点が引き下げるわけだが、不況期には反対の現象が発生することになる。なお、損失分岐点の計算式は次の通り。

損失分岐点=固定費÷(1-変動費/売上高)

※損益法
損益計算の方法の一つ。収益と費用との差額を計算して損益を得る。現代の企業は永続企業であり、期間損益計算に基づいており、会計帳簿から誘導して損益計算書を作成している。
こうした事情は、誘導法による貸借対照表の作成にもみられる。現代企業における損益計算の上で、損益法は重要な役割を演じているが、損益法だけで、十分というわけにはいかなず、財産法によって補完されている。
その例として、たな卸し資産に対する実地たな卸しの採用などがあげられている。

※損失金
決算を行った結果、赤字が発生する場合を損失金という。利益金に対するものである。損失金を計上した際には、前期から繰り越した利益と相殺することになるが、(1)前期から繰り越した利益金の方が大きい場合には当期未処分利益となる。(2)損失金の方が大きい場合には当期未処分損失とされる。なお、損失金は欠損金と明確に区別して用いられている。

※損失金処理計算書
企業が損失金を計上した場合に作成するもので、「財務諸表規則」に規定している。未処理損失金を埋めるために任意積立金などを充てる場合には繰入額と称し、取崩額という語は使わない。この任意積立金、利益準備金などの繰入額によって当期未処理損失金を処理し、それでもなお損失金を残している場合には次期繰越損失金を計上することになる。

>mikiさんなら上記のことを読むだけで理解できると判断して文書で説明しましたが、これが、このように、それは、こうしたほうが、いいとかと言う説明より参考にしてもらった方がよいと思い、ルールのような内容で書いてみました。応援しています。
    • good
    • 0

 損益分岐点の理解が間違っているようです。


今現在の固定費と変動費から、いくら以上の売上を上げれば良いかの「売上」を損益分岐点といいます。
 多分、今の売上で、費用をいくらにすれば利益が出るかの「費用」で計算されているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

やはり、損益分岐点がマイナスという意味が何を指して言っておられるのか判りません。

限界利益が固定費より少ないということでしょうか?
赤字決算の場合は通常は、実際売上高より大きな数字になります。
また、損益分岐点の分析は実際数字が出る前に予測して目標を設定するのが目的となるので、決算後には参考程度にしかならないです。
    • good
    • 0

・損益分岐点は、赤字でも黒字でも変りません


 損益分岐点が100万なら、売上が120万有れば、20万の粗利益があり黒字、売上が80万なら20万の赤字なだけでは
    • good
    • 1

>損益分岐点の本来の意味とは違う気がするのですが・・・



そうですね損益分岐点は
「売上高と費用の額がちょうど等しくなる売上高」のことです
その計算には実際の決算の内容には影響を受けません
(計算結果と決算の内容との比較は行いますが)

簿記等の学習をされていての質問であれば
再度教材を読み直してみてください

「損益分岐点がマイナス」
という表現自体を使われること自体
間違って理解されている証拠だと思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEXCELで損益分岐点って作れますか?

エクセルで損益分岐点は作れますか?知っている方、作られた方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

エクセルのテンプレートのなかにあります。
「ファイル」→「新規作成」→「BusinessPlannerJapanese」の中に「損益分岐点.xlt」と言うテンプレートです。
テンプレートはもしかしたら追加しなければならないかもしれませんが。

Q損益分岐点における「利益」とは

 損益分岐点における「利益」といっても、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「当期利益」等、いろいろありますが、自分は「営業利益」のことだと思いますが、違いますか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

あなたの考えは正しいです。

損益分岐点分析で認識される「利益」は「営業利益」を意味します。


以下、なるべく簡潔に説明しますが・・


先ず、会計に二種類があります。
・財務会計と
・管理会計
です。損益分岐点分析は管理会計の手法の一つです。

ところで、財務会計では、全部原価計算を採用し、原価を売上原価と販売費と一般管理費に区分します。
売上高-売上原価=売上総利益
売上総利益-「販売費及び一般管理費」=営業利益
です。

売上高-(売上原価+「販売費及び一般管理費」)=営業利益
と書き変えてもよい。

営業外費用と特別損失は原価計算の対象外です。

一方、損益分岐点分析では、直接原価計算を採用し、原価を変動費と固定費に区分します。
売上高-変動費=限界利益
限界利益-固定費=「利益」
です。

売上高-(変動費+固定費)=「利益」
と書き変えてもよい。

やはり、営業外費用と特別損失は原価計算の対象外です。

以上の説明から、損益分岐点における「利益」とは、財務会計における「営業利益」を意味するのだということが分かります。

なお、いずれの原価計算においても、営業外費用と特別損失は原価計算の対象外になっているので、損益分岐点における「利益」が「経常利益」や「当期利益」を意味することはあり得ません。

こんにちは。

あなたの考えは正しいです。

損益分岐点分析で認識される「利益」は「営業利益」を意味します。


以下、なるべく簡潔に説明しますが・・


先ず、会計に二種類があります。
・財務会計と
・管理会計
です。損益分岐点分析は管理会計の手法の一つです。

ところで、財務会計では、全部原価計算を採用し、原価を売上原価と販売費と一般管理費に区分します。
売上高-売上原価=売上総利益
売上総利益-「販売費及び一般管理費」=営業利益
です。

売上高-(売上原価+「販売費及び一般管理費」)...続きを読む

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q10万円以下の物を複数買い10万を超えた時の資産計上はする?しない?

例えば1つ1万の椅子を10脚買った場合、一つ一つと個別のものとみて消耗
品費で計上するのでしょうか?それとも10脚すべてを1つの資産をして資産
計上するのでしょうか?

もし資産計上するのなら、その理由も教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

しません。
一つずつ使用できる物であれば、まとめて購入しても資産計上しません。
逆にセットでしか使用できない物は、まとめての金額になります。

例えば、パソコン本体とモニターを新規で購入した場合、別々に買っても合計で計上します。本体だけではパソコンは使えませんからw

Q目標値がマイナスの場合の達成率の出し方

すみませんが、どなたか至急教えてください。
目標値をマイナスで設定していた場合に、達成値がプラスになりました。
こういう場合の達成率はどういうふうに計算すればよいのでしょうか・・・?
申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No2です。目標値をA1、達成値をB1とした場合、

ABS(A1-B1)/ABS(A1)*100

Q伸び率の計算方法

こんにちは。簡単な質問で申し訳ないですが、
伸び率の計算方法ってどうするのでしょうか?

1970年の中国の漁獲量は3096000トン
2000年の漁獲量は24433000トン。

答えをみると、2000年÷1970-1で689.2%となっております。
なぜ1をひくのですか??

2000年÷1970でよさそうな気がするのですが…

おねがいします。

Aベストアンサー

 伸び率とはすなわち、増加率のこと。
 増加率とは、増えた量÷基準値
 ここでは増えた量=2000年の漁獲量-1970年の漁獲量
 基準値=1970年の漁獲量
 だから、本当の式は(2000年の漁獲量-1970年の漁獲量)÷1970年の漁獲量です。
 これは、変形すると、2000年の漁獲量÷1970年の漁獲量-1970年の漁獲量÷1970年の漁獲量 = 2000年の漁獲量÷1970年の漁獲量 - 1
となります。

Q原価率とは?

具体例で教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

先ず、通常の売買では『売価=原価+利益』の式が成り立っている
ことは理解できますよね。
原価率とは売価に占める原価の割合を指しますから、『原価÷売価』
若しくは『売上原価÷売上高』で導かれます。
また、原価率に関しては、『100%=原価率+利益率』若しくは
『1=原価率+利益率』と言う式が成り立ちます。

具体例ということなので・・・
某古本屋で漫画家のサイン本を100円で購入。
友達に見せたら5千円で買うといったので、その金額で売った。
この場合の原価率は 100円÷5,000円=0.02=2%

因みに利益率は先に書いた『100%=原価率+利益率』を変形し、
 100%-原価率2% で、98%になりますが、 
原価率が示されていない場合には次の式になります。
 (5,000-100)÷5,000
  =4,900÷5,000
  =98%

Q長期前払費用って何ですか

バランスシートの資産の部-固定資産のひとつの項目ですが
長期前払費用って何ですか?

また、例えばどのような投資内容が長期前払費用にあたるのでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

> 例えばどのような投資内容が長期前払費用にあたるのでしょうか?
『長期前払費用』は、B/Sでは『投資その他の資産の部』に記載されますが、『投資その他の資産の部』は
・ 関係会社の株式(売買目的有価証券に該当する株式を除く。)その他流動資産に属しない有価証券
・ 出資金
・ 長期貸付金
・ 次に掲げる繰延税金資産
 (1) 有形固定資産、無形固定資産若しくは投資その他の資産に属する資産又は固定負債に属する負債に関連する繰延税金資産
 (2) 特定の資産又は負債に関連しない繰延税金資産であって、一年内に取り崩されると認められないもの
・ その他の資産であって、投資その他の資産に属する資産とすべきもの
・ その他の資産であって、流動資産、有形固定資産、無形固定資産又は繰延資産に属しないもの
となっていますから、必ずしも『投資』ではないんですよ。
ですから、『長期前払費用』について、その「投資内容」と言われてもお答えできません。

『流動資産』のなかに『前払費用』という科目がありますよね。
『前払費用』は経過勘定の1つですが、『前払費用』のみ『一年基準』が適用されます(貸借対照表日の翌日から起算して一年以内に費用となる『前払費用』は『流動資産』に含まれることになります)。
そして、貸借対照表日の翌日から起算して1年以上経過してから費用となる『前払費用』が『長期前払費用』となり、部門も『固定資産』になるんです。
具体的には、
・ この先5年分の火災保険料を一括払いをした。
・ 銀行から借入(返済期間10年)を行うにあたって、保証会社へ一括前払いで保証料を支払った。
といった場合の、火災保険料、保証料などが該当してきます。
なぜならば、対象となる火災保険や保証が、「この先5年分」であったり、「返済(=保証)期間10年」であったりするからです。
1年経過した後でも「効力が発生する」=「費用となる」でしょう。
ですから、『長期前払費用』となるんです。

> 例えばどのような投資内容が長期前払費用にあたるのでしょうか?
『長期前払費用』は、B/Sでは『投資その他の資産の部』に記載されますが、『投資その他の資産の部』は
・ 関係会社の株式(売買目的有価証券に該当する株式を除く。)その他流動資産に属しない有価証券
・ 出資金
・ 長期貸付金
・ 次に掲げる繰延税金資産
 (1) 有形固定資産、無形固定資産若しくは投資その他の資産に属する資産又は固定負債に属する負債に関連する繰延税金資産
 (2) 特定の資産又は負債に関連しない繰延税金資産で...続きを読む

Q在庫は変動費に分類してよいのでしょうか?

在庫を固定費、変動費に分類する場合、どちらに分類すればよいのでしょうか?固定費に分類するのはおかしいと思いますし、売上高に100%連動せず、意図的に調整もされるので変動費に分類するのにも違和感を感じます。売上原価の一部を構成する在庫について、どのように考えればよいのか教えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自身で
>売上原価の一部を構成する在庫
と、書かれていますよね。

売上原価は売上に連動しますし、していないのであれば大問題。
よって、原価を構成する内訳科目は変動費と考えるのがスジです。
「いやいや、安全在庫数の問題があるから、その分は固定」と言う理論も無いわけでは有りませんが、それを考慮しても準変動費と考えるべきではないかと思います。

Q変動費、固定費の算出法を教えて下さい。

初心者です。申し訳ありませんが、教えて下さい。


売上高   100,000
売上原価   6,000
売上純利益  4,000
人件費    16,000
水道光熱費  3,500
賃貸料    10,000
減価償却費  3,000
広告宣伝費  3,500
その他経費  7,000
経費計    43,000

営業利益   -3,000

・売上原価、広告宣伝費は売上に合わせて一定の率で変動する物とする。
・他の経費は全て固定費とする。


(1) この場合の、変動費は

(2) 固定費は

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか


頂いたお知恵は決して無駄には致しません。
何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上高の公式が参考書に書いてあるはずです。売上高と変動費と固定費がわかっていますから、それを公式に代入して計算するだけです。

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

売上げが10%アップすると変動費も10%アップしますから、その数字を使って営業利益を計算しましょう。

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これは、売上高がそのままで売上原価が今より5%減ったら営業利益がいくらになるのかを計算するだけです。

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これも(5)と同じで、売上高がそのままで固定費だけが10%ダウンしたときの営業利益を計算します。

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか

参考書の損益分岐点売上高の章の終わりのほうに、利益計画の公式が書いてあるはずです。その公式に目標利益額と変動費、固定費、売上高を代入すると計算できます。

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上...続きを読む


人気Q&Aランキング