ネットが遅くてイライラしてない!?

どうも、お世話になります。

 必ずしも、こちらのカテゴリーだけに関するものではない、とは思うのですが、特に言葉使いとして興味があるので、教えていただければと思います。

 報道や、ものの本の中で

 「事件の時効までに、のべ20万人の捜査員を投入し・・・」
 「東大寺大仏の建設には、のべ100万人の人民が動因され・・・」

などと言ったときの、「のべ」の定義が、どうもよくわかりません。

 もし「トータル」という単純な意味だとしても、「銀河系には、全部で千億個の星がある」という時、「のべ千億個」とはあまり言わないように思いますし、もし言ったとしたら、まさしく「総計で」という意味だと思います。

 しかし、100万人の人間が奈良の都にいたら、邪魔でしょうがないでしょうがないし、20万人の捜査員を事件捜査に投入したら、警察署に警官がひとりもいなくなるような気がします。

 人数について、文章で言及したり、報道したりするときに使う「のべ」人数とは、どのような意味で使われているのでしょうか?
 「一日平均50人の捜査員を動因した」と言ったりすると、少ない気がしてありがたみが少ないんで、「のべ20万人」などと意味もない数字を使ったりするのでしょうか?

 どうも「のべ」という言い回しには、使う分野での、言外の仮定が隠されているような気がするのですが、ご教示いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

人を単位にするときには、その事案に関わる人の生活単位から「日」を単位として使うことが暗黙の了解なのではないかと思います。


ただ、必ずしも単位が「日」にあるわけではなく、10人が1日あたり8時間づつ10日間にわたって従事した仕事量を「延べ800時間」という例もあります。
「延べ」の後にどのような単位がくるかで異なるものでしょう。

「重複計算や重畳的計算をしてます」というのが「延べ」の意味合いだというのは、既に他の方の回答にあるとおりです。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ご回答書き込み、ありがとうございます。

> 人を単位にするときには、~ 生活単位から
>「日」を単位として使うことが

そうなんですね!、きっと。

 労働などの「伝統」というか「習慣」で、日を使うことになっているんですね?!今は、月俸や年俸が多いですが、昔は日払い賃金の人が多かったことでしょうし!?

>10人が1日あたり8時間づつ10日間にわたって
>従事した仕事量を「延べ800時間」という例もあります。


あ、ほんとですね!。
この使い方は「約」というニュアンスが無いデスネ!!
おおもとの「トータル総計で」という意味がメインの意味に思えます。

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/28 05:27

no.1です。


たしかに質問者の方がおっしゃるように、日を単位にするというのは暗黙の了解で、どこにも明示されていませんね。
だから「のべ」というときはNo.2の方のおっしゃるように、人数を強調したいときかも知れません。
ただ、「のべ」というときは、「まあ大体」というニュアンスもあるみたいで、「のべ」の付くときは切りのよい数字が多いですね。のべ1200人とか、のべ4000人とか。あまりのべ2345人とかこまかいことは言いませんね。
記念品などをもらうときに、招待券などと交換しますというときは実数が出てきますが、もらった人が大急ぎで行列の後ろについたりして何度ももらえば、出た記念品の数は「のべ人数」になりますね。こんな場合の「のべ」は日数とは関係がないですね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

 再びの、そして、分かりやすお答え、
ありがとうございます。

 人数に限らず、「数」を「おおよその総計、単純加算」
した時に、「のべ」というのは確かですよね。

 「延べ」という言葉には、なんとなく「押しなべて」の
語感があり、「概略&平均」の感じがするのは、関係が
あるのかもしれません・・・。

 今後は、「のべ」の語源と、用法の歴史を少しずつ
調べて行きたいと思いました。

 今回は皆様、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/10/28 20:28

No.4の補足です。



新聞記者は社内教育を受け用語集を使い先輩に原稿を見てもらうわけですから当然知って使っているでしょう。

展示館や博覧会の人数は1週間で計二万人の入場者があったと表現しても大きく間違いとはいえませんが、正確を期すためにのべ二万人と書く記者もいるでしょう。なぜなら二万人の内実は3千人は二度目、千人は三回訪れているかも知れないからです。5千人のリピーターを差し引けば会場には1万5千人の『異なる人』しか来ていないことになります。のべ2万人といえばこの点明確になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ふたたび、ありがとうございます。

>正確を期すためにのべ二万人

「のべ」に、「約数ですヨ」「重複カウントがありますヨ」という「ことわりの意味」のニュアンスがあるのはよくわかります。 こちらの方が普通の使い方のような気がします。

 この使い方と、「のべ20万人の捜査員を投入」という用法が同じような場面で使われた場合、なにか「すごく沢山の捜査員を投入したんだな~」という誤解を生むような気もするのですが・・・。

 度重なる、明快がご回答ありがとうございました。
また、なにかありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/10/28 05:20

総労働力(人×日)と考えればいいのでは。


ここに書くのが適当かどうか判りませんが、システム関係では
50人月の仕事などと言う言い方をします。

ただ、延べと言った時はちょっとニュアンスが違うような気がします。
万博などで延べ入場者数と言う時はやっぱり、単位は人であって、
人・回ではないですものね。
    • good
    • 1

総労働力(人×日)と考えればいいのでは。


ここに書くのが適当かどうか判りませんが、システム関係では
50人月の仕事などと言う言い方をします。

ただ、延べと言った時はちょっとニュアンスが違うような気がします。
万博などで延べ入場者数と言う時はやっぱり、単位は人であって、
人・回ではないですものね。

この回答への補足

どうも、簡明で論理的なお答、ありがとうございます。
[人×日]単位というのはとてもよくわかります。

ただ、おっしゃられるとおり

>万博などで延べ入場者数と言う時はやっぱり、単位は人であって、
>人・回ではないですものね。

だということが、当初から気になっています。
 同じ「のべ」ということばに、
 「総計・トータル」という意味と
 「平均×時間」という意味の
2つが、混然と、同じような状況(報道など)で使われていることが、すごく気になるのですが・・・。いかがでしょうか??

 どうもありがとうございました。

補足日時:2002/10/27 23:24
    • good
    • 1

のべ人員とはある仕事に何人の人が必要か(だったか)を見るための計算法(単位)です。



仮に一人で30日かかる仕事は30人投入すれば1日で完成します。それは1日の仕事、一人の仕事という表現では仕事量を表す事はできません。のべ30人の仕事なら誰にでもわかります。このように総人員を1日の仕事として換算する場合に『のべ人員』といいます。
3人で3日かかった仕事はのべ9人の仕事となります。

のべ20万人の警察官を投入という事は
5千人X40日間、千人x200日間 或いは50人の専従捜査員がほぼ11年間捜査にあたったことを意味します。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「のべ人員」という用語は、「のべ」+「人員」という2つの単語を、単に重ねただけではなく、ちょっと違う別の意味として、「日を単位とする総人員」を表す用語として派生?しているということなんですネ!。

 じつは質問前に、おっしゃられるような語彙があるのではないか?、と思いまして、いくつか手元の辞典やWebを検索をしたのですが、「日を単位とする」という明確な記述には、行き当たらなかったんです。

 明言していただいて、スッキリいたしました。

 このあたり、新聞記者の方などは、明確に意識して書かれているのでしょうか?

 私は、20年ほど前にこの疑問を感じてから、ずっとこの疑問を持って新聞やTVニュースを聞いてきたのですが、一度として、

 「1日あたり50人の捜査員を4000日投入したので、のべ20万人の捜査員を動員したことになります」

 という説明を聞いたことがありませんでした。

 日本語では、「のべ人員」といった時の単位は(暗黙のうちに)「日」であり、「月」でも「年」でもない、ということ。そしてまた、多くの方が、それを常識としてとらえておられることがわかり、安心できました。

 これからは、1人の部下を一年働かせた時に、「のべ250人のスタッフが仕事をしました」と言って胸をはることができます(笑)

 この度は、どうもありがとうございました。
また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/10/27 23:48

のべ 【延べ】



以下の(2)をご参考に。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_prin …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもよいURLのご紹介、ありがとうございます。

 ただ、参考URLにも、「延べ人数」と言った時、単位は暗黙に「人×日」です、とは名言していないようですネ?
 年でも月でもよいはずなのですが・・・。伝統と作為?どちらかが働いているように思えるのですが・・・??。

 どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/10/27 23:24

「のべ人数」というのは、例えば5人が2日間働くと「のべ10人」と表しますね。


ひとりが100日間働けば、のべ100人。
同じ人が100日働いても、100人が毎日交替で働いても、のべ100人です。

こんなにも人手がかかったのだ、と強調したい時に使いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>こんなにも人手がかかったのだ、と強調したい時に使いますね。

そうなんですね!
 ただNo1の方へのRESでも書いたのですが
「一日平均10人」と書けばよい事を、「のべ20万人」と書いて、日数すら書かないのは、卑怯だし、情報不足な用法だと思うんですが、いかがですか??

お礼日時:2002/10/27 23:19

「のべ」は同じ人とか物を何度も数えているよ、という意味です。


たとえば東京に10人の警官がいるとして、毎日10人ずつ7日間出動したとすれば、「のべ70人」と言います。しかし警官は10人しかいません。
こんな説明でおわかりになったかどうか心配ですが・・・
    • good
    • 4
この回答へのお礼

さっそくで、的確なお答、どうもありがとうございます。

 確かに、おっしゃられるとおりの部分があるんだと思うのですが
私の「感情的」疑問は以下の点にあります。

1)「1週間でのべ70人の警官を動員」といったとき、単位が1日あたりであるという事を、どこで自明にしたのか?がわかりません。

 たとえば、統計の単位を「1時間」にすれば、その24倍くらいになるわけですからね・・(^^;)
 また、「 のべ7トンの砂を運んだ 」と言った時、統計の単位を言わなくても、総計7トンの砂を運んだのは確かだと思うんです。
 ですから、警官の時だけ(1日10人だから1万日の捜査をしたから)「のべ10万人の警官を動員した」というのは、言葉使いや、暗黙の定義の問題としても、おかしいと思うんですが・・・?

2)奈良の大仏でも、ピラミッドでも、建設するのに重要なファクターは、何人の人間が、どれだけの期間働いたか?という掛け算だと思うんです。
 「人数 × 時間」
これが、のべ人数を反映しなくてはいけないと思います。
しかし、「のべ」という言葉には「単位を日とする」という定義がないようにおもうんですが・・・?

いかがでしょうか?
更に、ご教示いただければ幸いです。

お礼日時:2002/10/27 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「のべ」(延べ)反意語は?

こんにちは。素朴な疑問です。

人を数えるときに「のべ10人」とか言いますよね。
たとえばあるHPに3人が1日3回来たら、その日の来訪者は延べ9人。

では、その反意後、つまり重複はカウントしない場合の言い方(つまりあるHPに3人が1日3回ずつ来ても、「3人」とカウントする場合の表現方法)は、日本語で

「???3人」と言えばいいのでしょうか?

常識問題かもしれませんが、どうしても思い浮かばないので教えてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

「正味3人」です。
正味とは、飾りやその他を覗いた実質的な物、という意味があります。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング