この春、庭に隣家からの目隠しのために生け垣を植えようと思っています。
今のところ、コニファーを10本ほど植えようと思っていますが、
コニファーにもいろいろ種類があるらしいですね。
高さは、1m50cm程ほしいです。
おすすめの品種等ありましたらぜひ教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

コニファー、ウィルマ、全滅しました。


日本の気候に合わないと思います。
他の庭木のほうが、管理に手が掛からないと思いますよ

ご参考までにどうぞ、

参考URL:http://www.uwasa2ch.net/syumi/959916771.html
    • good
    • 0

7です。


こういう悩みはとても楽しいですよね!私も、植える前、プランを立てているときはなんともいえない楽しい時間でした。じっくり悩まれるといいと思います。
ブルー系は手入れが大変か?との話ですが、手入れといっても、殆どないです。コニファーは、形を整える剪定(見た目の工夫のため)、最初の支柱くらいで、普段は殆ど手入れいらないですよ(本当はしなきゃいけないのかもしれないが、うちはしていない、でも、とても元気できれいです)。
木によって、強い、弱いがありますよね、どんな種類でも。それによって、病気になったり枯れたりしやすい、ということだけで、手入れは特にないです。冬の雪支度は、豪雪地域なら必要でしょうね、どの木についても。
木が好きなら、逆に剪定するのが楽しい、という方もいますし。

グリーン系でも、弱いものもあるし、土地や気候によって、差も出ますし、一度は失敗してもいいくらいの気持ちで、いろいろ植えて見られるのがいいかと。業者によっては、何ヶ月かの間、枯れたら交換してくれるところもありますよね。
私は、土を触るのも好きですので、自分で小さい木を購入し、土作りから、支柱を立て、大きく育てるのが楽しいですが、それが面倒なら、業者に頼めば全部やってくれるでしょうね。

8の専門家の方のおっしゃるように、足元には季節の花を植えるようスペースと土作りを予定しておかれるといいですね。

目隠しになりながらも、ご近所の方にも喜ばれる、空気も浄化する、生垣、植栽はとてもいいですね。地域によっては、行政で補助金を出しているところもありますね(⇒役所に問い合わせてみる)。
    • good
    • 0

4・6の回答者です


エレガンテでキマリかなと思っていたのですが
ブルー系にも興味がありそうな・・・

ブルーなら、ブルーへブンがお勧め

なお、お金に余裕があり、上下別品種を植えるという手もあります
エレガンテの枝上がり(下部の枝のない部分)にブルースターという
大きくならず球形に育つコニファがあります
(大きさの割に高価(育たないので商品になるまで時間がかかる))
これを使うと色変わりの垣根になります

でも、コニファで埋めなくても
春のパンジー、秋のサルビアを植えるなんていう楽しみ方もあるでしょう。
    • good
    • 0

http://www.geocities.jp/hanaconi2005/how.to.htm

↑大丈夫なようですね。しかし、冬支度は面倒ですね。うちは温暖な気候なので、雪は1回降るかどうかです。
根本的なことなんですが、生垣、って、何本もを合体させて、塀のように刈り込むような造りにするんですか?それとも、普通に並べて植えるだけ?

エレガンテシマとか、エメラルドは、素人から見ると、見飽きているのでつまらないようにも、、、でも、手入れ具合や木の強さはもっと大事ですもんね。エレガンテシマ風のブルー系のものもいいのでは。
コルムナリスグラウカなど。↓これらを色を考えて組み合わせると、お互いを引き立てあって、とてもきれいです。
http://www.mmjp.or.jp/fuji/g/03_01colum.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。
うちの南西側の家からの目隠しに植えようとしています。
刈り込むような作りにはせず、少し間をあけて並べる予定です。
ブルー系の木にはすごく魅力を感じる☆のですが、
手入れ等を考えると、エレガンテシマ等の方が良いのか・・・

補足日時:2008/04/12 15:37
    • good
    • 0

枯れにくいクレストもあります


ウィルマといいます
完全なスギの葉ではなく、若干ヒバの感じがします
触った感触がそれほど痛くなく、葉の密度も荒い
とはいってもフサフサ感は残るものです

ゴールドクレストだけをくっつけて植えていないのも正解でしょう
ちなみにスギ系のコニファは強い剪定も嫌いますご注意ください
    • good
    • 0

2です。


4の方のご意見を読んで、我が家のコニを見てきました。
クレスト、ヤマボウシ、クレスト、バラ、ブルーアイス、ゴールドクレスト、コルムナリスグラウカの順に並んでいて、今のところクレストはくっついている葉も枯れていません。4年目くらいです。でも、確かに突然全枯れすることはありますね。友人のところでそういうのがありました。ここは日当たり悪い所で、ブルーアイスは葉が蜜ではありません。クレストは密度濃いです。
同じときに買った、同じ大きさのブルーアイス、日向に植えたものは、葉色もいいブルーで、密度も濃く、3mを越してすごくきれいです。十分目隠しになると思います。
以上何度も失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
私は、ブルー系のコニファーが好きです。
でも、ブルー系というと「細い、葉が密でない」という
イメージだったのですが、目隠しにも使えるというアドバイスを頂き、迷い始めました(^_^)
うちは多積雪地帯なのですが、ブルーアイスは大丈夫なものでしょうか?

お礼日時:2008/04/12 10:15

ブルーアイスは葉の密度が少ない


ゴールドクレストは何かに接触しているとその部分が枯れる(復活しない)
(クレスト同士の葉でも同様)ので弱い

どちらかというと垣根にお勧めしにくい品種だと思います

私はエレガンテシマ(エレガンティッシマも同じ)が良いかと
季節によって葉の色が変化します
春3~5月は黄緑、6~11月は緑、12月~2月は赤茶

地がやせ、強い木が必要ならグリーンコーンorエメラルド
(一年中緑・冬場ちょっと色がクスム。エメラルドの方が緑が保たれる
 強さはグリーンコーン)

黄色が好みならヨーロッパゴールド

樹高は植木屋さんに相談すればそれぞれ手に入ると思います
ただ、正確に1,5mほしいというと価格が高くなります
1,2~1,5とか1,5~1,8という注文で大きさを揃えてください
というほうが品物が集めやすい
木が大きいから品薄とは限らず、ある大きさだけが不足しているというケースがあります

木の写真はそれぞれ検索してみてください
いろんなお店があり、どれが一番とは生産者の私としては言いにくい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日、造園屋さんに来てもらい、相談に乗ってもらいました。
そしたら、エレガンテシマを勧められました!
うちの周りには、エメラルドを植えてらっしゃるご家庭が多数あり、
違う品種の方がおもしろいのではと。

今、エレガンテシマにぐぐぐーっと傾いています。

お礼日時:2008/04/12 10:11

2です。

URLを張り忘れたので、追加しておきます。
いろいろ詳しくのっています。

参考URL:http://www.geocities.jp/hanaconi2005/
    • good
    • 0

個人的にすきなのは、ブルーアイス、黄色ではゴールドクレストです。


色がいいので、足元に季節の花を植えても似合いますし、庭が明るくなります。ほかにも、いろいろ植えていますが、色がいいのはこの二種です。葉も繊細で、ゴールドライダー、エメラルドなどにはない味わいがあります。
1500mmよりは大きくなりますが、、、。できれば切らずに2.5mくらいにして楽しむといいですよ。
ブルーアイスは、剪定した枝もいい香りがするので、部屋において楽しめます。葉先が尖っていないので痛くなく、冬にはリースを作る際にも使えますよ。昔は安かったのですが、最近コニファーが高くなっているような気がするのですが。
同種を均一に並べて植えるのもよく見ますが、色を変えて、多種を無造作に植えると、北欧の山に自生しているようで、いい雰囲気ですよ。落葉樹とも合いますし。

参考URL:http://hanacobo.com/index.shtml
    • good
    • 0

こちらに種類と生垣の作り方があります。


ご参考にどうぞ。
http://www.ponnitai.com/database/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコニファーの剪定をしていたら、すごいアレルギー反応を起こしました。

コニファーの剪定をしていたら、すごいアレルギー反応を起こしました。
枝が触れた腕は湿疹になり(当たった部分のみ)、くしゃみ鼻水もしかり。
花粉症は花粉にだけ反応するものと思っていましたが、さわっただけでもアレルギーになりますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に園芸栽培されるコニファーからの花粉の発生は少ないと考えて良く、ガーデニングで園芸利用される分には心配する必要は少ないでしょう。しかし、コニファーと言えども進化した植物であり針葉樹で、基本的活動として、少しは雄花 (枝先近くに付き、裸子植物なので一般的に想像される花とは形状が違い、花では無いとの見方もあります。) を付けて花粉を発するので、アレルギーの原因になるアレルゲンを持つ花粉かは判りませんが、園芸種が花粉症を引き起こさないとは言い切れません。

一般的な庭での栽培では、コニファーに球果を作ってもらいたくても、なかなか花を付けてくれませんが、数十年の樹齢や放置して肥培管理が不十分になると、多く球果を作る傾向であり、 現在問題になっているスギやヒノキも、植え付けられてから30年以上経過し、更に放置状態になっている林からの飛散によるものです。 ただ、鉢植え (コンテナガーデン) の場合は植物にとって苛酷な環境になり易く、暑かった翌年などに大量に球果を付ける事があるので、管理に注意しましょう。

花粉症の方は、コニファーを育てようと思った時、花粉の発生が一番気になることでしょうが、園芸的栽培されるものの多くは普通に管理するだけでほとんど花粉を発することは無く、スギであっても同じです。 もし、近所から心配の声や苦情が来たら、「スギではないので大丈夫です」とでも言ってください。 スギを植えてたとしても、「家のスギは元気だから大丈夫です」と言ってください。 ただし、自信を持って言うには、責任を持って管理することが必要です。
ヒノキ
ヒノキ花粉も問題に

出来れば、花粉症になってしまったら、スギやヒノキがほとんどない、北海道で涼しさの中、他の地域での栽培が困難なコニファーを含む多彩な植物でガーデニングを楽しむのが良いかもしれませんが、 北海道は多数の花が多量に咲き誇り、シラカバ花粉などによる花粉症の方もいます。

花粉症を起こすコニファーはスギ (Cryptomeria japonica) だけでなく、 マツ類 (Pinus) や ヒノキ類 (Chamaecyparis) 、 ビャクシン (ネズ) 類 (Juniperus) が代表として挙げられ、スギ・ヒノキ花粉症とも呼ばれ、スギ・ヒノキ両方の花粉に症状を示す人が半分以上だとも言われ、他に多種類アレルギーである場合も多いとされています。

☆ウチの夫も剪定時、くしゃみ鼻水が止まらなくなりました。
コニファーには揮発系の香りもしますよね。
その香りで私は鼻水が出ました。
ですから剪定時はマスク、めがね軍手着用です。

基本的に園芸栽培されるコニファーからの花粉の発生は少ないと考えて良く、ガーデニングで園芸利用される分には心配する必要は少ないでしょう。しかし、コニファーと言えども進化した植物であり針葉樹で、基本的活動として、少しは雄花 (枝先近くに付き、裸子植物なので一般的に想像される花とは形状が違い、花では無いとの見方もあります。) を付けて花粉を発するので、アレルギーの原因になるアレルゲンを持つ花粉かは判りませんが、園芸種が花粉症を引き起こさないとは言い切れません。

一般的な庭での栽培で...続きを読む

Q隣家との境に植える目隠し用の樹木

隣家との境に金網を設置してある箇所があり、そこに目隠し用の木を植えたいと思います。

条件としては
1、初夏から夏場の午前中は直射日光が当たる
2、1以外の季節は明るい日陰状態で直射日光は当たらない
3、常緑樹で巨木にならないもの
4、金網の幅は2mくらい

日差しの当たる期間が短かく日陰の期間が長いので、アオキか南天を検討してるのですが
調べてみると、直射日光が当たる場所はふさわしくないようで。
夏場に枯れてしまう可能性があるのかと。

アオキ・南天以外に何か良い樹木があれば教えてください。

Aベストアンサー

手間が掛からず丈夫なのはマサキやサカキです。
緑一色で味気ないようであれば
オウゴンマサキ
ベッコウマサキ
ギンマサキ
斑入りサカキ
などがあります。

針葉樹系のものは、下枝が取れると再生せずに幹だけになってしまいますから注意して下さい。

Qコニファー(スカイロケット)の剪定方法を教えて下さい。

敷地の垣根に植えたスカイロケットの成長が止まらず電線に届きそうです。どのように剪定すれば成長を止め樹形を保つことができるのかどなたか教えて下さい。垣根はメインが柘植で2m間隔でスカイロケットを植えており、最初は高さが1.5mでしたが9年経ち4~4.5m位になっています。

Aベストアンサー

 コニファー類は成長が早い種類が多いので大変ですね。
現在の円錐形の樹形を高さを変えずに維持するのは少し面倒だと思います。

 高さを抑えるには頂点部分をカットしないといけませんが、そうすると他の部分が頂点の代わりに上に伸び始めるので、円錐形を維持するためにこまめに剪定しないといけません。

 もしも頂点をカットしたあと、長い間放置して樹形が大きく崩れてから一気に剪定すると、その部分に葉が無くなり穴が開いた状態になってしまいます。
反対にあまり頻繁に剪定を続けると、細かくて小さな葉が粗くて大きな葉に変化する場合があります。(=先祖返り)
そのため適切な間隔を探し当てて、こまめな剪定を毎年続けないといけません。

 剪定をしつづけるのが困難だったり、下のほうから枝が枯れてきて垣根の役に立たなくなってきているのであれば、大きくなったコニファーの移植は難しいので、可哀想ですが新しい木と交換するのも検討されてはいかがでしょうか?

Q目隠しの植木を植える場合に必要な庭のスペース(奥行き)はどれくらいでし

目隠しの植木を植える場合に必要な庭のスペース(奥行き)はどれくらいでしょうか。
これから家を建てますが、南向きの道路に面しているため、道路沿いに植木を植えようと思っています。植木と建物の間で野菜を育てたいので、何十cmくらい植木スペースとして必要なのか、教えてください。
木の種類は、高さが2mくらいになるものであれば何でもよいと思っています。

Aベストアンサー

樹種によりますが 木の厚みが 前後30センチは欲しいですね

生け垣を作る場合 道にはみ出さないように 境界から 最低30センチ できれは50~60センチ内側に木を植えます


刈り込みに強い樹種では もっと厚みは少なくも出来ます

ギリギリに植えると 幹か見えてしまうように刈り込まなければならず 見栄えが良くありません

生け垣の影には ミョウガなど 日陰で育つものを植えるといい
南側の地際は 玉竜などでカバー 花では タマスダレ

木の根元付近は風通し良くしておかないと カミキリムシなどの食害が起きやすくなります

Qコノテガシワの剪定

よろしくお願いします。

庭のコノテガシワが大きくなってきたので剪定しようと思います。
コニファー類は自然の樹形のままが良いことは十分承知していますが、広大な庭ではないので仕方ありません。

通常のバリカンで刈ってしまってよいのでしょうか?
金属に弱い、というようなことを読んだこともあるのでお教えください。

コニファーでも「「熊さん」の形に剪定してあるものもあるくらいだから、平気平気」という人もいます。

Aベストアンサー

手でコツコツとちぎるのがベストなのですが、大変ですからハサミでジャキジャキやっています。
新芽の出る寸前の時期に剪定すれば切り口がすぐに隠れるのですが、そんなに気にするほどでもないです。


http://www.hanacobo.com/Q&A/kannri.htm

Qコニファーのような、日本の庭に昔から植えてある2・5メートルくらいにはなってる木の名前。

コニファーに似ているけれどあのように、円錐形でなく形はいびつ、日本の庭に昔から植えてある2・5メートルくらいにはなってる木の名前は何ていう植物ですか?
深い緑色で、幹は松のようで、葉っぱのような葉でなく、もみの木に葉に似たような葉です。白い小さい花のようなものが咲くと思います。

昔から日本の庭で見るということは、強いのでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん「貝塚息吹」ってやつじゃないでしょうか。うちの実家にもありました。
うちえでは、ただカイヅカと呼んでいました

樹形は、どう刈りこむかで違ってくると思います。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%85%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%AD&client=firefox-b-ab&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj305CJlsXOAhUUVGMKHa1qABUQ_AUICCgB&biw=1525&bih=682&dpr=0.9

Qコニファーに金属

コニファーは金属に切り口が触れるとだめなので手で剪定とよみましたが、飾りで金属を使うのもよしたほうがいいのでしょうか?

クリスマスの飾りでスワロフスキーに金属のフックをつけ、それを枝にひっかけて飾りました。

枯れないか気になってます。

Aベストアンサー

大丈夫です。
コニファーって西洋樅の木や西洋ヒムロ杉等とも呼ばれるクリスマス用の寄せ植えなんかに植えてあるやつですよね。
金属の刃で葉を切った場合、葉が先祖帰りして違う物が出てくるだけです。
かなり大きくなったのをノコギリで途中から幹を切ったり、刈り込みバサミで葉を切って形を整えたりした事がありますが、コニファーと呼ばれる物は同じ葉が出てきて、2年で切る前より大きく(太く)なってしまいました。
一種の都市伝説です。
よく、貝塚伊吹で言われる事ですが、ハガネで刈るのが悪いとか(鍛冶屋が打ったハサミ)ステンレスでも駄目だとか、ガラスで毟ると大丈夫とか、竹をそいで毟ると大丈夫とか言われますが、関係無いです。
貝塚伊吹の葉が先祖帰りしてもシンパクになるだけです。西洋物には影響ないようです。

なので、金属を引っかけても飾っても影響ないです。ただし、電飾のイルミネーションは来年の成長に影響するようです。
夜に電飾を付けておくと成長が少ないですし、遅れるようです。

Qコニファーを巨大化しないための植え方

昨年庭に植えたコニファー(ボールバード)があるんですが,植えた時20cmほどがぐんぐんと成長してこのままでは巨大化してしまうので,対策を考えています。
植えるときに鉢に入れたままで植えると成長をコントロールできると聞きましたが,今からほりあげて再度庭に埋め戻しても枯れたりしませんか?
また,その際はやはり素焼きの鉢植えがベストでしょうか?
このような育て方をする際の注意点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。
植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。
いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。

鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。
カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか?

ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。

ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか?

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植...続きを読む

Qコニファー(ゴールドクレスト)を小さいままにする

こんばんは


寄せ植えに、コニファー(ゴールドクレスト)を使ってみようかと思ったのですが、
買った時の小さなまま育てるには、どのようにすればよいでしょうか(植え方、剪定法など)


よろしくおねがいします

Aベストアンサー

こんばんは

我が家も小さいままにしていますよ
http://www.oz-plants.jp/FBData/GoldCrest.html

Q庭にバラを 地植えしているのですが フェンスとアーチに ツルバラを 空いてる所に 直立のバラを植えて

庭にバラを 地植えしているのですが
フェンスとアーチに ツルバラを
空いてる所に 直立のバラを植えていますが、なぜだか 直立のバラが 枯れてしまい植えてから1~2年で 駄目になってしまうのは、ツルバラに比べて直立のバラの方が弱いからなんでしょうか。

Aベストアンサー

№1のzyanngoです。
枯れた理由として、水素イオン濃度の生理障害が考えられます(*^-^*)

水素イオン濃度(ph)とは、全ての植物に関係してきます。
つまり植物を植える時に、施肥量と同等に神経を使わなければならないほど重要な関係のものです。

単位が0~14までの間であるもので、
0に近ければ近いほど、酸性度が強くなります。
7が中性です。
14に近ければ近いほど、アルカリ性が強くなります。
そしてある方法で、酸性を中性にすることもできますし、中性をアルカリ性にすることもできます。その逆もできます。
つまり植物の好みに合わせて変える事ができる訳ですね(-。-)y-゜゜゜

日本の土壌の平均値は6.5ph~4.5phの弱酸性です。
多くの植物が生育可能の範囲は8.5~4.5phです。
ちなみに多くの植物が好む範囲は6.5~6.0phです。

バラの水素イオン濃度は5~7phの弱酸性です。
この範囲でなければ、花が咲きが悪く、後に最悪枯れてしまう可能性もあるほど重要です。
ですから何だかの影響がありまして、例えば1phの強酸性に変化してしまい生育が難しくなったのかも知れません。

水素イオン濃度(ph)の測定器はお店にあります。
機会があれば、一度、調べてみればと思います。

何か植物を植える時も、これを知っていると知らないとでは、大差がありますよ(^。^)y-.。o○

№1のzyanngoです。
枯れた理由として、水素イオン濃度の生理障害が考えられます(*^-^*)

水素イオン濃度(ph)とは、全ての植物に関係してきます。
つまり植物を植える時に、施肥量と同等に神経を使わなければならないほど重要な関係のものです。

単位が0~14までの間であるもので、
0に近ければ近いほど、酸性度が強くなります。
7が中性です。
14に近ければ近いほど、アルカリ性が強くなります。
そしてある方法で、酸性を中性にすることもできますし、中性をアルカリ性にすることもできます。その逆もできま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング