最新閲覧日:

英語に興味があって、色々な方法で勉強しているのですが、いまいち身についている気がしません。努力なしで覚えようというわけではありませんが、何か効果的な方法がありましたら参考にさせて頂きたいので、教えて下さい。
ちなみに、今は外国の人とのメールのやり取りを勉強の一貫にしています。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

とにかく英語を母国語とする人と話す事です。

はじめは何を言っているのか全く解らないと思いますが、3日もたてばなんとなく速さに馴れてきて、聞き取れなかったところも聞き返す度胸がついてきます。そうなればあとはどんどん話せるようになります。でもまわりに英語を話す人がいないなら、洋画のビデオ字幕無しの物を何回も見るっていうのもいいです。聞いて真似してると、結構覚えます。
    • good
    • 0

読書きよりも会話から入った方が良いと思います。



英語の知識(会話、文章とも)が非常に優れた人が知人にいますが、彼は日本語で話していても「この人何が言いたいのだろう。」と自分の意思をうまく(日本語で)伝えられないケースがしばしばです。 「結局彼の英語の発音や文法は優れているのだけれど、相手に伝わらない」という場面がしばしばです。 まず、日本語で意思が通じる様にする事が先決ではないでしょうか?
英語力が乏しくても、文法が少々間違っていても言いたい事がうまくまとまっていれば相手に通じます。 何せ相手は英語のプロですから(笑)。

私の場合は一人で外国に出かけました。しかも成田から米国の飛行機を使って。 後は片言の英語と辞書だけ。
一週間すれば何とか話せる様になりました。
注意する事は日本人の友人、知人と一緒に行動しない事だと思います。
    • good
    • 1

ニュージーランド在住の日本人です。

私の場合は、よくある話ですが、NHKや民放の英会話ラジオ講座が大変役に立ちました。

私がよくやった練習は、次の三つでした。
 ・ひたすらまねをすること
 ・覚えてしまうまで繰り返すこと
 ・文章のところどころを、
  他の言葉に置き換えてみること

まず最初の「ひたすらまねをする」ですが、これは「耳で聞こえた通りに口に出してみる」ことを意識しました。例えばアメリカ英語ですと、

 What are you doing?

という文章は「フアット・アー・ユー・ドゥーイング?」ではなくて、「ワラユードゥーイン?」と聞こえます(この時のワラユーの「ラ」は、LでもRでもない、日本語の「ら」の音に近いと思います)。特にどこを強く読むかを意識しつつ、聞こえた通りに発音してみることをこころがけました。

次に覚えてしまうまで繰り返すということですが、その意味で台本形式になっていたラジオ講座の教本は使いやすかったです。よくお風呂に持ち込んで長々と練習しました。音が響いても気にならないし。

それから、覚えた文章のところどころを違う言葉に入れ替えてみること、これも役立ちました。覚えてしまった台本が、例えばある日の午前中がシチュエーションであれば、それが夜中だったらどうだろうか? 私自身の立場だったらどうだろうか? などと、いろいろと入れ替え練習をしたことを覚えています。その結果「覚えた台本を使って自分のことを話すことが出来る」ようになりました。

ラジオ講座の教科書ばかりでなく、中学3年間の教科書も役立った記憶があります。

私はその後大学在学中に、1年間アメリカに留学しました。この経験は私の英語力を開花させてくれましたが、しかし「英語力の種」は上記の「ラジオ講座」と、あとは大学受験時の受験勉強だったかな・・・と思います。さらにその後英検1級などを取得し、現在はニュージーランドの大学に勤務するに到りました。

海外にでなくとも、基本的な英語の力は日本で身につけることが出来る、またそれがあるからこそ、海外での経験が生きる、というのが私の考えです。さらにラジオ講座はほとんど「タダ」ですし。実は同じ方法でスペイン語も基本会話を学びましたが、スペイン語圏を旅行するくらいなら大丈夫です。一度お試しになってみてください(もうされてるかも?) ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ニュージーランドは素敵な国だとお聞きしています。
仕事柄、車に乗っての移動が多いので、この時間を利用して英会話のラジオを聞いています。それと、車の中は発音練習にうってつけの場所なので、結構大声で練習が出来ています。ただ、原形のない発音を理解するのは難しいですね。あと、やっぱり生の声に接する機会が少ないのが致命的ですが、まあ自分の置かれた環境の中で頑張ってみようと思います。

お礼日時:2001/02/12 13:42

メールのやりとりは、勉強にはなるでしょうネ。

でも、読み書きと話すこととはかなりの違いがあります。
私は主として映画をテキスト(?)にしました。字幕を見て1回、字幕を見ないで1回、言い回しを覚えるために、更に1~2回‥同じ映画を何度も繰り返し見て覚えましたネ。
ただ、好きな映画がアクションやホラーなので、変な英語(下品な言い回しなど)も自然に身についてしまいました‥ですから、良い作品を選ばれることをお勧めします。
あとは、とにかく切羽詰った状況に追い込まれることですネ。英語も中国語も広東語も追い込まれたせいで短期間でできるようになったと思います。
聞き取りは比較的簡単にできますので、後は、どんどん話してみることですネ。
使わないものは簡単に頭からきえてしまうものですから。
頑張ってください。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も気に入った映画(同じくアクション好き)は何度も見るほうなので、kawakawaさんと同じく、変な英語を覚えちゃってるケースが多いかも。
とにかく、時間が沢山あると思わないで、何か試験などを目標にして、自分を追い込んだほうがよさそうですね。

お礼日時:2001/02/12 13:32

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ