これからの季節に親子でハイキング! >>

ふと疑問に思ったのですが、
各電力会社は、電力供給が足らなくならないように、常に需要よりも余裕を持って多く発電し、送電しているのですよね?もし、そうだとしたら、その過剰な分の電力(余剰電力)は、利用されなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。そのまま、ただ単に廃棄され、無駄になっているのでしょうか。それとも、何かうまい仕組みがあるのでしょうか?
できるかぎり詳しく教えてください。お願いします。

A 回答 (4件)

訂正ですm(__)m


>余剰電力というのは発電の能力が需要を上回ってしまった場合をいいます。
需要を上回るのは「発電の能力」ではなく、「発電しようとしている電力」です。
発電の能力は余裕を持っておかなければなりません。
しかし、能力があるからといって需要以上に発電してはいけません。
前述したように原子力発電や火発電は需要が下がったからといって簡単に供給電力を下げるわけにはいきません。
そこで、「そのときの」需要を上回る供給電力をうまく利用して、電力供給が不足しそうになるときに使えるようにするのが、前述した「揚水発電」「深夜電力温水器」「エコアイス」です。

さらに補足しますと、
揚水発電は電力需要が高まったときに、需要に追いつけるように発電・送電するための手段です。
深夜電気温水器やエコアイスは、電力需要が高なる時間帯の電力需要を抑えるための手段です。…「ピークカット」と言う言葉がありますが、発電・送電の設備は需要が最大になる瞬間に備えなければなりません。最大になったときの需要(ピーク)を下げるのが、ピークカットです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんさん、回答ありがとうございました。
理解することが出来ました。

お礼日時:2008/05/24 17:46

はじめまして



>常に需要よりも余裕を持って多く発電し、送電しているのですよね?
foobarさんの回答と重なりますが。

発電・送電は使われる分しか行っていません。そうしないと電圧や周波数が狂ってしまいます。

電気は、使われるときに作らなければならないので、foobarさんのおっしゃるように、発電能力には余裕を持っています(とは言っても、昨年夏には電力供給が足りず一部工場などへの電力供給カットでなんとか停電の危機を乗り越えました)

余剰電力というのは発電の能力が需要を上回ってしまった場合をいいます。一番出力調整がききにくいのが原子力発電、次いで火力発電ですが、電力需要が下がった夜間でも簡単に出力を下げることはできません。需要を上回る電力を供給しようとすればやはり電圧や周波数が狂います。
需要が下がったら、その分発電量を下げられればいいのですが、そうはいきません。

本当は、供給電力があまりそうなときには電力をそのまま保存しておいて、必要なときに使えればいいのですが、現実ではそうはいきません。
そこで、電力エネルギーを別の形のエネルギーに変えて蓄えます。
大規模な例では揚水発電があります(電力供給に余裕のある時間帯に水をくみ上げ、足りなくなる時間帯にはくみ上げておいた水を利用して発電します)。家庭や企業向けには深夜電気温水器やエコアイスがあります。
    • good
    • 0

乾電池に何か(ランプでも、ラジカセでも・・・)を接続した時はどうなっていると思いますか?


それが大規模になっただけ、勿論、直流と交流の違いはあるけど原理は同じ。
    • good
    • 0

各電力会社では需要(+損失)分しか発電していません。


(発電設備(発電可能電力)は需要よりも余裕を持っていますが)
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q余剰電力の活用or処分方法に関し教えてください。

余剰電力の活用or処分方法に関し教えてください。
電力の供給は基本的に需要と同時同量で均衡させていると伺っていますが、厳密に過不足なく調整することは困難と思います。供給能力以上のものは発電できませんが、供給責任をもつ各電力会社は足りなくなると大変ですので常に余裕をもってオペレーションしていると想像します。そこで、結果的に余分であった電力はどの様に活用or処分しているのでしょうか?事前に正確な余剰量が把握できれば揚水発電用に使用することは可能ですが、余剰を把握してから処理方法・量を決めてもタイムラグがあり、完璧に出来ないはずです。恐らく企業秘密であるので電力会社でも限られた人だけが知っているものと思います。既に大規模な二次電池が導入され蓄電しているのでしょうか?それとも地中に放電しているのでしょうか?WEBで検索してもどこにも関連したコメントがないので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

秒オーダーで需要量に応じた電力を発電しています。
 例えば、ある工場が終業時間を迎えてスイッチを切り電力の消費を止めると、発電機の負荷が軽くなり、そのままでは発電機の回転速度が上昇しようとします。発電機の回転数が上がると、発電する電力の周波数が高くなろうとします。このため、発電機の周波数をリアルタイムで監視して、周波数が上昇しそうになると水力発電所なら水車への弁を閉め加減として、水流を下げ発電量を落とします。逆に、発電周波数が下がりそうになったら、水車への弁を開き加減にして発電量を増やします。このようなことを自動調整しています。
 火力発電所も同様に蒸気のバルブを調整して、蒸気タービンへの蒸気量を調整して発電量を調整します。しかし、火力発電所の場合、蒸気バルブを閉めるとボイラーの蒸気圧が上昇するのですぐに燃焼燃料も供給を減らし火力も下げなければなりませんが、急に火力は下げにくいですし、火力を落しても余熱で蒸気の発生はすぐには下がらず、ある程度以上蒸気圧が上昇すると安全のため自動的に蒸気を無駄に大気中に放出せざるを得なくなります。逆に、急に電力需要が増え、周波数が下がりそうになって、火力発電所で蒸気バルブを開いても蒸気圧が下がってすぐには発電量を大幅には増やせません。同時に燃料供給も増やして火力を上げても蒸気圧が上がるには少し時間がかかります。
 このため、もっとも細かな秒単位の負荷変動に対応する発電量の調整を、リアルタイムに発電量の調整できる水力発電所が受け持ち、数分~数時間程度の変動は火力発電所が一般的に受け持っています。一方、原子力発電所は安全のため常に一定量の発電を行なっています。本来、設備投資の割に発電量の小さな不経済な水力発電所など廃止して、発電単価の安い方法に統一したらいいように思いますが、負荷変動に対応するために負荷調整のできる各種発電方式を持たざるを得ません。負荷調整のできない原子力発電所を増設すると、合わせて自由に負荷調整できる水力発電所(揚水発電所)等を増設しなければならないと言われています。
 太陽電池による光発電や風力発電、潮力発電、流れ込み水力発電などは、自然エネルギーでいいですが、電力会社にとっては、気象条件等によっていくら発電できるかもわからず計画しにくく、また現在のように発電した電力を無理やり買わされるのでは大変だと思います。ほんとうは、負荷が増えた時だけリアルタイムに不足する電力量のみを買いたいのに、そのような調整は非常にやりにくい発電方式だと思いますので、このような発電方式の規模が大きくなるといろいろ問題が出ると思います。

秒オーダーで需要量に応じた電力を発電しています。
 例えば、ある工場が終業時間を迎えてスイッチを切り電力の消費を止めると、発電機の負荷が軽くなり、そのままでは発電機の回転速度が上昇しようとします。発電機の回転数が上がると、発電する電力の周波数が高くなろうとします。このため、発電機の周波数をリアルタイムで監視して、周波数が上昇しそうになると水力発電所なら水車への弁を閉め加減として、水流を下げ発電量を落とします。逆に、発電周波数が下がりそうになったら、水車への弁を開き加減にして...続きを読む

Qなぜ電力会社は揚水発電を使いたくないのか

東日本大震災で東京電力の発電能力が大きく落ち込んだとき、揚水発電を使えば計画停電は必要なかったという意見があります。また、東電は最大生産能力に揚水発電を除いて発表しがちです。これは電力会社が費用がかさむからだと説明されています。

確かに揚水発電所を建設するには、多額の費用が掛かるのかもしれませんが、一度完成すれば、水をくみ上げて、落とすことにより発電するわけです。原料も不要ですし、なぜそんなに費用がかさむのでしょう。

もともと原発がつくった電力のうち、夜余ったものを昼に使うという目的で揚水発電所を建設したのであり、相当な量の電力がつくれることは想像できます。もっと積極的に使ったらどうでしょうか。

Aベストアンサー

皆さんが触れていない点を一つ。

 揚水式水力発電所(純揚水)で夜に水をくみ上げる人造湖での環境問題があります。水がしみこんで土砂崩れや地割れの原因になると地元での反対運動がありフル運転できないところも結構あります。

 それから、揚水式水力発電は夜止められない原子力発電所の電気を無駄にしないために作られたものなので、夜に止められる火力発電所と組み合わせれると割高な電気になります。

 短時間で止められないのは、原子力発電(止めるのはすぐだか起動に2日程度かかる)と石炭火力発電です。石油、LNG(天然ガス)はすぐに(2~3時間程度)で止められるので昼に運転して夜に止めるのが効率的な運転法です。

 昼に全ての発電所がフル運転しても足らない分のみ夜に揚水するといった運転が効率的です。揚水式発電所は、効率が70%程度(夜汲み上げに使った電力の70%ぐらいしか発電できない)といわれています。原子力発電所が止まっているなら出来るだけ使わないほうがコスト安になります。

 現在、企業の自家発電や節電で対応していますが、自家発電も高くつくし、工場が夜勤中心に操業するとやっぱりコスト高になります。電力が足りるかどうかばかりに目がいってますが量だけ間に合っても高いコストの電力では、あまり意味がありません。企業が自家発電で操業できるようなら誰も電気など買わないでしょう。

皆さんが触れていない点を一つ。

 揚水式水力発電所(純揚水)で夜に水をくみ上げる人造湖での環境問題があります。水がしみこんで土砂崩れや地割れの原因になると地元での反対運動がありフル運転できないところも結構あります。

 それから、揚水式水力発電は夜止められない原子力発電所の電気を無駄にしないために作られたものなので、夜に止められる火力発電所と組み合わせれると割高な電気になります。

 短時間で止められないのは、原子力発電(止めるのはすぐだか起動に2日程度かかる)と石炭火力発電です...続きを読む


人気Q&Aランキング