今なら家電が全品9%OFF!

民事裁判の判決済の判決文を再発行してもらうには、どんな手続きと書類が必要ですか?請求には、本人でないとできませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

民事裁判の判決書を再発行してもらいたいとのことですが、


入手の目的は何ですか?
(1)判決書の単なる写し(コピー)の場合、謄写の申請(請求)をします。
コピー代等別途必要になります。

(2)判決書の正本の場合、判決書正本の交付申請(請求)をします。
手数料は1ページにつき、150円です。
(例えば、判決書が全10ページの場合は、
150円×10枚=1500円分の収入印紙が必要)

(3)判決書の謄本の場合、上記(2)と同様です。

なお、相手方に対する強制執行をする場合には、(1)の写しではだめで、
(2)の判決書正本が必要となります(民事執行法25条)。
さらに、相手方への送達証明書や執行文も必要ですが・・・。

申請(請求)ができるのは、
当事者及び
利害関係を疎明した第三者です(民事訴訟法91条3項)。
あるいは、それらの者から、委任を受けた弁護士等です。

申請(請求)先は、民事裁判記録が保管されている裁判所です。
申請に必要なものは、申請書、手数料、印鑑、
切手付き返信用封筒(郵送で送付してもらう場合)、
本人確認用の身分証明書等でしょうか。
申請する前に、事前に裁判所に電話で問い合わせをし(民事訴訟法91条5項)、必要な書類等を確認してください。


★民事訴訟法第91条
1項 何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができる。

2項 公開を禁止した口頭弁論に係る訴訟記録については、
当事者及び利害関係を疎明した第三者に限り、
前項の規定による請求をすることができる。

3項 当事者及び利害関係を疎明した第三者は、
裁判所書記官に対し、訴訟記録の謄写、その正本、
謄本若しくは抄本の交付又は訴訟に関する事項の証明書の交付を請求することができる。

5項 訴訟記録の閲覧、謄写及び複製の請求は、
訴訟記録の保存又は裁判所の執務に支障があるときは、することができない。


★民事執行法第25条 
 強制執行は、執行文の付された債務名義の正本に基づいて実施する。
ただし、少額訴訟における確定判決又は仮執行の宣言を付した
 少額訴訟の判決若しくは支払督促により、
 これに表示された当事者に対し、
 又はその者のためにする強制執行は、その正本に基づいて実施する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。大変、参考になりました。

お礼日時:2008/05/13 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q判決正本の再交付について

判決正本を紛失してしまい、強制執行をするのに必要になるため再交付を申請する場合、裁判所に提出する申請書はどのように書けばよいのでしょうか?
雛形等教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

判決正本再交付申請という申請があります。
表題が上記のとおりで、事件番号、原告(債権者)、被告(債務者)を明記し、判決正本を紛失したこと、強制執行をするため判決正本が必要なこと、ついては判決正本を再交付して頂きたいこと等々を書いた書面を裁判所の担当部に提出されるとよいと思います。判決文1ページにつき、収入印紙150円が必要ですのでそちらも準備されると良いと思います。
後、強制執行を行う判決文には執行文の付与というものをつけないといけないのではないかと思いますので、そちらの申請もご一緒にされるとよろしいと思います。執行文付与申請は収入印紙300円が必要です。
いずれにしても、裁判所にご確認されるのが確かに一番よろしいかと思います。親切に教えて下さいますよ。

Q判決正本再発行手続き

判決正本を紛失しました。再発行の申請をしたいのですが、裁判を起こした際の住所地と今の住所地が違います。

普通に考えれば戸籍付表を取り寄せればいいのかもしれませんが、裁判を起こした際の住所地では住民票登録をしていません。

このような場合、どう対処すべきでしょうか?

Aベストアンサー

判決正本の再発行と言うのはないです。
単に「判決正本交付申請書」でかまいません。
申請人の住所氏名は、その判決に記載されているとおりでいいです。
後段の「裁判を起こした際の住所地では住民票登録をしていません。」
と言う点ですが、「判決正本交付申請書」では住民票はいらないです。

Q判決文を紛失してしました。

簡易裁判所で本人訴訟して勝訴判決を得ましたが、その判決文を紛失してしまいました。これから強制執行手続きをしたいのですがどうすればよいでしょうか。判決文の再発行はしてもらえますか?

Aベストアンサー

判決をした簡易裁判所で判決正本の交付申請をすればもらえます。
判決の場合、民事訴訟法で「送達しなければならない」(255条1項)と定められているので、1回目は手数料がかかりませんが、2回目以降は「書記官の保管する記録の正本の交付申請」(民事訴訟費用等に関する法律7条、別表第2の2項)ということになり、用紙1枚につき150円の手数料がかかります。

Q判決文(判決書?)の入手について

先日判決を受けたものです。
執行猶予を受けたのですが、その裁判の判決文(判決書)ってもらえるものなんでしょうか?

実は4年前にも刑事裁判を受け執行猶予3年をもらったのですが、そのときも判決書はもらいませんでした。
別に必要ってわけではないのでのですが、今回の裁判の判決を情状証人としてきてくれた人にも見せなければ行けないような気がしてます。

閲覧は150円の印紙でできると書いてありましたが、裁判の当事者であれば判決書の交付もしてもらえるんじゃないかと思って質問しています。

詳しい人いましたらお答えください。

Aベストアンサー

被告人であれば、刑事訴訟法第46条により、判決書謄本、若しくは、妙本の交付申請ができます。

料金は1枚あたり60円(多分)なので、判決書の長さによって変わります。裁判所には、交付申請書がありますよ。上訴するような場合には、必ず、判決書を取りますから、裁判所ではすぐに対応してくれます。

(謄本の場合は、起訴状など判決書で引用した文書がある場合に、それも一緒についてきます。妙本は判決書の本文のみ。)

Q民事訴訟事件における判決等の正本・謄本について

裁判所が当事者に送達する判決や決定等について,正本の場合と謄本の場合がありますが,どような規程で区別をしているのかを知りたいと思っています。
何かの条文に記述されているのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 判決や決定で当事者に送達されるものは,原則として正本であって,謄本ではありません。規定は,民事訴訟法255条です。同条によると,判決は正本を,調書判決は謄本を送達することになっていますが,民事訴訟規則159条2項で謄本に代えて正本を送達することができることになっています。そして,強制執行は,執行力のある債務名義の正本に基づいてしなければならないことになっていますので,少なくとも債権者側は,判決または調書判決,和解調書などの正本を所持していなければならないことになります。債務者側は,調書判決や和解調書の場合には,謄本の送達であっても足りる(民事執行法29条)わけですが,正本と謄本の作りわけは面倒ですので,事実上,すべて正本を送達していいることになります。

Q民事裁判の判決文の入手方法

一般人が判決文を入手する方法を教えてください。

ニュース報道でごく簡単な結果は見ることが出来、裁判所のホームページに掲載された場合はけっこう詳しい内容までわかります。
そうではない場合にも詳しい内容を調べたい場合の手段はないでしょうか? とある事故での過失割合の判定を調べています。
裁判は公開されていますよね!

Aベストアンサー

私は、国会図書館を愛用しています。

判例時報のバックナンバーが完璧に近く保管されていて、自由に閲覧できるからです。最高裁とか高裁の判例もファイルされていて閲覧できます。

コピーも自由にできます(有料)から、自宅に帰ってじっくり検討もできます。

備えられたパソコンで、判例の検索もできます。

地方でも大きな図書館なら判例時報は蔵書しているのでは?

直接、裁判所の判例を見ても分量が多すぎて、しらみつぶしに調べるのは不適当と感じました。コピーも確かできないです。

判例時報は、専門家の解説、批評、関連判例、があって、原判決文読むより効率的と私は思います。

ただし「事故での過失割合」というテーマではトライしたことがありませんので、あしからず

Q支払督促の再発行は可能でしょうか。

数年前に貸金の債務者に対し支払督促の手続きをとったのですが、うかつにも正本を紛失してしまいました。簡裁で再発行してもらえるものでしょうか。また(再発行してもらえたとして)その謄本が強制執行の際に地裁に提出する債権差押申立書に添付する債務名義となるでしょうか?

Aベストアンサー

数年前というのが定かでないのと、「仮執行宣言付支払い督促の申立」をきちんとしていたか、相手からの異議がなかったかなど具体的なことがわからないため、できるかどうかはわかりませんが。。。

支払督促は、支払督促の申立をし2週間以内に異議がなければ、仮執行宣言付支払い督促の申立をして、さらに2週間以内に異議がなければ確定判決と同様の効果があるとされています。
このため、最後まで手続きをしているのであれば、確定判決と同様=時効10年になりますので、10年以内のものであれば請求できるかと思います。
http://www.jibunde.net/siharai/js_nagare.htm

正本を再交付してもらうには「仮執行宣言付支払督促正本再度交付申請書」という申請書を簡易裁判所に提出して再発行してもらいます。(下記は秋田簡易裁判所の書式例です)
http://www.courts.go.jp/akita/saiban/tetuzuki/syosiki/pdf/karisen_saido.pdf

再交付後、確定日から10年以内であれば強制執行の申立をすることができるかと思いますので、あとは地裁の担当官に聞いてみてください。

数年前というのが定かでないのと、「仮執行宣言付支払い督促の申立」をきちんとしていたか、相手からの異議がなかったかなど具体的なことがわからないため、できるかどうかはわかりませんが。。。

支払督促は、支払督促の申立をし2週間以内に異議がなければ、仮執行宣言付支払い督促の申立をして、さらに2週間以内に異議がなければ確定判決と同様の効果があるとされています。
このため、最後まで手続きをしているのであれば、確定判決と同様=時効10年になりますので、10年以内のものであれば請求できるかと...続きを読む

QCD、ADとは何の略でしょうか

通帳を記帳して、ふと思ったのですが・・。
入金にはADと記帳され、出金にはCDと記帳されます。
他の銀行の通帳では、入出金とも「ATM」と記載されたりもします。
ATMなら、わかるのですが、「CD」「AD」とは、何の略でしょうか?

Aベストアンサー

●私は、「昭和40年代から、銀行の、キャッシュカードの、ユーザー??」なのですが、

皆さん方が、おっしゃるとおり、
「CD」は、「Cash Dispenser」(現金自動支払機)

「AD」は、「Automatic Depository」(現金自動預金機)

の、意味です。

「ATM」は、皆様方も、ご存知のとおり、「Automated Teller Machine」(現金自動預け入れ・引き出し兼用機、自動取引機)
の、意味です。

「ATM」は、昭和54年(1979年)くらいから、次第に普及し始めました。

「CD」は、大阪万国博の、少し前から、「旧住友銀行」に、設置されたのが、最初だと、思います。(カード専用の、支払機)
(最初のころの、「CD」は、ちょうど、「ダイヤル電話と、同じ、ダイヤルが、テンキーの、代わりに、あった??」ようです。)

「AD」(「預け入れ」と、「記帳」が、できる機械)は、現在は、ほとんど、見かけませんが、ずっと昔、
「旧協和銀行」「旧住友銀行」「旧三井銀行」と、「第四銀行」(新潟市中央区)・・・などに、ありました。

●私は、「昭和40年代から、銀行の、キャッシュカードの、ユーザー??」なのですが、

皆さん方が、おっしゃるとおり、
「CD」は、「Cash Dispenser」(現金自動支払機)

「AD」は、「Automatic Depository」(現金自動預金機)

の、意味です。

「ATM」は、皆様方も、ご存知のとおり、「Automated Teller Machine」(現金自動預け入れ・引き出し兼用機、自動取引機)
の、意味です。

「ATM」は、昭和54年(1979年)...続きを読む

Q判決言い渡しから送達まで何日くらい?

建物明渡裁判セルフ提起中原告です。
第一回弁論の日を待っています。

とても素朴な質問恐縮ですが、判決言い渡しから特別送達が届くまでには、どれくらいの日数がかかるものでしょうか。

第一回弁論で判決が出てしまったりすると、その日に他の裁判もある裁判官や書記官は忙しくなってしまうだろうし、だからって一週間も寝かせておくものでもなかろうし、、。

○第一回弁論で判決が言い渡された場合
○弁論を重ねて判決が言い渡された場合

おのおの、何日後くらいに判決が送られてきたか、教えてください。

あと、判決文て、被告と原告には同時に発送されますよね?

Aベストアンサー

 たいていは,判決言渡しの翌開庁日か翌々開庁日(金曜日に判決言渡しがあると,次の週の月曜か火曜)に発送されます。
 原告(又は原告代理人)が裁判所の近所にいたり,しょっちゅう裁判所に出入りしているのであれば,書記官から「判決書ができているので取りに来てください。」と電話があり,裁判所へ取りに行きます。
 書記官によっては,判決言渡しの翌日に判決書を特別送達で発送し,それが受け取られたことを確認してから,予納郵券を清算し,残郵券と一緒に原告に送るということをします。そうすると,判決言渡しから判決書受領まで2週間ぐらいかかることもあります。
 事前に担当書記官に「判決書は取りに伺うのでご連絡ください。」とか「残郵券は後日で結構ですから,すぐに判決書をお送りください。」と言っておくとそのように対応してくれます。

Q判決正本って誰でも閲覧可なのですか?

お世話になっています。

先日、裁判所で判決が出たのですが(原告)判決正本なる書類が送られてきました。負けた裁判だし、内容が内容なので、自分の裁判の判決正本が誰にでも閲覧可だったら正直嫌だなという気持ちがあります。

ただ「裁判の秘密」などというものは無いので、おそらく判決正本も裁判所が国民に自由に閲覧できる書類になっているのだろうなと思うと(憶測ですが)、頭痛いです。まさかすべての判決正本が、ネットで自由に読めて、実名がそのまんまネットに載っているということがないのを祈りますが、判決正本って誰でも読めるものなのですか?興味本位でも読みに来る人っているのですか?やはり裁判所内でしか閲覧できない書類なのですか?

Aベストアンサー

誰でも閲覧はできますが、閲覧申請で裁判所名、事件名、事件番号、当事者名等必要です。
従って、一般の者が、単に「閲覧したい」だけでは不可能です。
全国では、数万以上ありますから、特定の事件を探すのは不可能です。
建物等の差押えも、全国ネットで閲覧できますが、氏名だけは伏せています。


人気Q&Aランキング