こんばんは、よろしくお願いいたします。

現在加入している生命保険の見直しを進めている最中ですが、数点疑問がありますので、ご教授を頂けたらと思います。

見直しにあたり、会社の健康診断で血液検査の数値が高かった(緊急を要するまではいかず、経過を観察するため来年も採血する程度)ため、告知記入欄に「脂肪肝」と記入したところ、後日「2年間は肝臓に関わる病気に関しては、保険金が下りない(保険会社の免責事項)」と言われましたので、見直しはやめると伝えたところ、「生命保険会社が指定する病院で血液検査を受け、問題なければ、保険会社の免責は発生せずに、見直しが出来る」(病気になれば保険金は所定で支払う)と言われました。

1.会社の健康診断結果から、一度は免責が発生すると判断したにも係らず、何故、生命保険会社は、指定病院で血液検査を行うと言ってきたのでしょうか?(免責が発生するなら、私が見直しを行わないと言ったため、保険会社がどうしても加入件数をとりたいためなのか・・・)

2.仮に、血液検査の結果から、免責が発生した状態で見直しを行った場合、免責期間中に病気になったら、仮に肝臓系の病気では無くても、その病気の原因は、肝臓も少しは影響している等と言われ、保険金の支払いが減額されないか?(生命保険会社は少しでも支払いを少なくしたいから)

3.免責期間の2年間に肝臓系の病気になることを考えれば(病気になるつもりはありませんが)、見直しを行わないほうがいいのではないか?(これは、見直しの内容と従来の内容を比較し個人が判断するものとは分かっていますが・・・)
みなさんなら、どのような判断をいたしますか?


ご回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1に対する回答


 保険部門と営業部門では利害が異なります。おそらく営業所から
申請を出して認められた結果だと思います。この件に関しては
営業所長さんなり支部長さんなりが頑張ったのでしょう。
2に対する回答
 某国内生保の不払い事件の結果、保険会社の対応も随分変化しました。ただ、因果関係については医学的知識がないと判断できないので、
何ともいえません。
3に対する回答
(1)あくまでも目安ですが、GOTが100IU/リットル以上は謝絶、70~100は条件付き、GPTが120IU/リットル以上は謝絶、80~100は条件付き、ガンマ-GTP が300IU/リットル以上は謝絶、150~300は条件付きになります。健康診断の結果と照らし合わせてみてください。

(2)見直しを急ぐ理由がなければ、脂肪肝は肥満やアルコールなど生活習慣に由来することが多いので、これを契機に体質改善を図り、正常値に戻して再申込をする選択肢もあると思います。

(3)邪道なやり方ですが、血液検査や尿検査の結果をよくするため、嘱託医に行く前に水分を摂ってもらったり、酢を飲んでもらったり、健康食品を食べてもらったりすることがあります(薬であれば告知義務違反になりますが、健康食品ならば問題ありません)。

(4)具体的な保険会社名を挙げると保険業法違反になるので控えますが、
保険会社によって契約承認に関する基準が異なります。

(5)おそらく保険会社は、「嘱託医による審査を受けてみて、その結果をみて申込むか撤回するか判断すれば」と言うと思います。
謝絶や条件付き(2年不担保など)になればその事実が記録されるので、現在の数値がよくなければ、指定医の診査を受けない方がいいと
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

ご丁寧に、ご回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2008/05/28 15:41

はじめまして。



今、加入されている生命保険の内容を見直すことは
出来ないのでしょうか?
会社を替えると相談のようなリスクが発生しますが
内容変更でいければ、担保されますので。

なぜ、見直したいのですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脂肪肝の際のがん保険の告知について

ある保険会社のがん保険の加入を考えています。

告知事項の中に、特定の病気における過去5年以内の診療歴を
告知する項目があり、その中の病名にNASH
(非アルコール性脂肪肝炎)というものがあります。

以前(5年以内)、血液検査の結果で脂肪肝かもしれないから
体重を減らすようにと指示を受けたことがあります。
服薬や再検査の指示は一切ありませんでしたが・・・。

NASHについて調べ、脂肪肝にストレスが加わって発症するもので、
血液検査やエコーでは脂肪肝との見分けが難しいという事が
分かりました。

私の病名が仮に、脂肪肝ではなくNASHだったとしても、
医師の診断は脂肪肝の疑いであり、違う病名なので、
告知する必要はないと考えて大丈夫でしょうか?

NASHの病名の中に”脂肪肝”という文字がある事と、
脂肪肝が原因となる病気だという事で、不安がまだ残るため
質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NASHは、脂肪肝ではなく、脂肪「肝炎」です。

英語で書けば……
脂肪肝=fatty liver
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)=Non-alcoholic steatohepatitis
つまり、肝炎=steatohepatitis

日本語で書けば似ていますが、全然、違うのです。

Q現在加入しているがん保険の見直しと医療保険の加入について

現在29歳、独身の女です。
11月に30歳を迎える前に、現在加入しているがん保険の見直しと、
新たに医療保険に加入しようと思っています。

(1)がん保険の見直しについて
現在加入しているがん保険の内容↓
アフラック「スーパーがん保険」(終身保障、終身払い) 1,600円/月
診断給付金:65歳未満100万円 65歳以上50万円
入院給付金:1日につき1.5万円
在宅療養給付金:1退院につき最高20万円
通院給付金:65歳未満5千円 65歳以上2.5千円
死亡保険金:65歳未満150万円 65歳以上75万円
死亡払戻金:65歳未満15万円 65歳以上7.5万円

上記保険は、就職したばかりの時にろくに保障内容を確認せずに入ったものです。
特約を付けるか、新たにがん保険に加入して下記点を補いたいと思っています。
・65歳以上で保障額が半額になる。
・手術の保障がない。
・上皮内がんは保障の対象外。
月々の保険料は3,000円以内が希望です。

(2)医療保険の加入について
現在勧められている保険の内容↓
損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」(終身保障、終身払い)6,633円/月
1入院:120日
日額:1万円
手術給付金:10・20・40万円
手術見舞金:5万円
特約:女性疾病(5千円/1日)、三大疾病入院一時金(50万円)、先進医療特約(通算限度額1000万円)

上記保険は保障内容は大変満足していますが、
月々の保険料は5,000円程度に抑えたいと考えています。
(本当は60歳払いが希望ですが、保険料が上がる為終身払いで設計してもらいました。)
上記保険の削っても問題ないところを削り、支払い額を減らすか、
同等の保障内容で他の保険にするか迷っています。

上記内容の見直すべき点やおすすめのプランがあれば教えてください!
よろしくお願いします!!

現在29歳、独身の女です。
11月に30歳を迎える前に、現在加入しているがん保険の見直しと、
新たに医療保険に加入しようと思っています。

(1)がん保険の見直しについて
現在加入しているがん保険の内容↓
アフラック「スーパーがん保険」(終身保障、終身払い) 1,600円/月
診断給付金:65歳未満100万円 65歳以上50万円
入院給付金:1日につき1.5万円
在宅療養給付金:1退院につき最高20万円
通院給付金:65歳未満5千円 65歳以上2.5千円
死亡保険金:65歳未満150万円 65歳以上75万円
死亡払戻...続きを読む

Aベストアンサー

がん保険
スーパーがん保険に、「充実パック」を付加して、「ご契約者のためのがん保険フォルテ」を新たに契約するという手もありますが、新規に契約しなおすことをお薦めします。
理由は……
3つの保険を抱えるよりも、一つにまとめた方がシンプルでしょう。
200Sならば、29歳女性で、月払保険料3060円なので、ほぼ希望に近い。
現在、1600円を支払っているので、負担増は1460円である。
理由にはなりませんが、スーパーがん保険には、解約払戻金があります。

医療保険
損保ジャパンひまわりの健康のお守りで、良いとは思いますが……
先進医療以外の特約は必要ですか?
女性疾病:
女性疾病だから医療費が高額になるということはありません。
初診料も入院基本料も同じです。そもそも、高額療養費制度があります。
ならば、1万円の基本保障に、さらに5000円をプラスする必要性は低いと思います。
三大疾病:
がんは、がん保険に契約するので、がん保険で十分カバーできるはず。
脳卒中と急性心筋梗塞の2つの必要性ですが……
急性心筋梗塞は、実際の入院期間は短く、高額療養費制度があり、退院後に特別なリハビリや通院があるわけではないので、意外とお金がかかりません。
脳卒中は、長期の入院となる可能性が高い疾患です。
しかも、退院後もリハビリなどで通院する、要介護状態となってヘルパーを頼むなど、お金がかかりやすい疾患でもあります。
となれば、必要性が高いのは、脳卒中だけです。
保険料も1000円近いので、家計に余裕があれば良いのですが、節約したいとのことですから、ここは、節約の方に軍配を上げたいです。
1000円×12ヶ月×40年=48万円

ご参考になれば、幸いです。

がん保険
スーパーがん保険に、「充実パック」を付加して、「ご契約者のためのがん保険フォルテ」を新たに契約するという手もありますが、新規に契約しなおすことをお薦めします。
理由は……
3つの保険を抱えるよりも、一つにまとめた方がシンプルでしょう。
200Sならば、29歳女性で、月払保険料3060円なので、ほぼ希望に近い。
現在、1600円を支払っているので、負担増は1460円である。
理由にはなりませんが、スーパーがん保険には、解約払戻金があります。

医療保険
損保ジャパン...続きを読む

Q脂肪肝は病気?

病院でエコー検査をしたら脂肪肝といわれました。薬の処方はなかったのですが、ちょっと不安です。脂肪肝に投薬は必要なんですか?

Aベストアンサー

脂肪肝で入院しました。
でも、これは血液検査の結果、異常な数値であった為です。
そのときの症状は、はきけ、体がだるいなどでした。
私の場合、太っているための脂肪肝だったので、
痩せたら(毎日、ウォーキング、入浴しました。)数値は正常になりました。

脂肪肝と医者に言われたら、自覚し、悪化しないように努力したほうがいいです。
投薬や、入院になる前に、日ごろの自己管理が大切と思われます。
難しいですけど、肝硬変や肝臓ガンにならないために。。
がんばってください!

参考URL:http://www.yokohama.kanagawa.med.or.jp/health/alacarte/health2-5.html

Q夫の生命保険保険等加入について(現在未加入、長文です)

結婚を機に今まで任意保険にまったく未加入だった
夫に保険に入ってもらおうかと考えましたが、現在
資産が5000万以上あるため、何かあったらこれで大
丈夫だろうといわれました。
ただ、このほとんどが株等なのと、現在持ち家がない事、
子供はいなく今後その予定がないので相続等を考えると
不安があります。

また、自分がパート勤めなので、夫が病気で働けな
くなったりしたときなど備え(入院や手術等は貯金で
十分カバーできるので健康保険の障害年金のような保険)
で、保険料が高額でなければ加入しても良いかなと夫は
言います。

一般的に考えてこれは何も保険に入らなくてもよい
状況なのでしょうか。また、もし入るとしたらどの
ような保険が適切でしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその分、生活保障原資としての資産は減少します。

相続については子供のあるなしに関係なく妻の場合、1億6000万までの夫の相続資産は非課税なので心配はないでしょうが、現状のような状況で保険を用意するとなれば、終身保険が良いと思われます。
掛け金は掛け捨て保険に比べて高いですが、これは将来の貯蓄的なものとして考えれば良いでしょう。介護に応用も可能です。
もし可能であれば、ガンなど高額な医療がかかる可能性があり資産を食い潰してしまいかねない病気に対する備えにもなる「特定疾病保障」型の終身保険のほうがより適合しているかと思います。
特定疾病保障(3大成人病保険)については各社とも扱っています。特約としての取り扱いや定期保険型しかなかったりと色々ですが、単品販売は外資系、損保系、通販系などで扱っています。商品については以下のURを参照して下さい。割高ではありますが、それだけの価値はあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/type/19.html
安いものなら加入してもよい、とご主人さんが言ってくれたのなら、損保の所得保障保険なども良いでしょう。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9620.htm
ご参考までに。

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその...続きを読む

Q痩せれば脂肪肝は治るもの?

昨日、脂肪肝のテレビをやっていたのに見逃してしまって、どなたか教えてください。

2年前に人間ドッグで脂肪肝と言われたのですが

それから1年以上かけて20キロは痩せました。
158センチで44キロくらいです。

これくらい痩せれば絶対に脂肪肝は治るものですか?
それとも痩せればいいというものではないですか?

今度ドッグに行くのは来年なのでそれまで心配で。

Aベストアンサー

脂肪肝は肝臓に脂肪がついているので、内臓脂肪を減らします。
もっともいいのが、サバなどの魚の油、キュウイ、いちご、生野菜
アルコールに焼き鳥や焼き肉はNG です。
痩せていても、内臓脂肪があれば、脂肪肝が治ったとは、ならないです。
参考までに。

Q生命保険、医療保険、学資保険の見直し/加入について

教えていただきたいことがあります。
我が家は私38歳(会社員)、妻38歳(専業主婦)、
子供6歳(小学1年生)、双子の女の子(生後2ヶ月)の家族構成です。
家族が増えたので、現在かんぽの生命保険(医療保障含む)と学資保険に
加入しているのですが、すべて解約して、
別の生命保険、医療保険、学資保険に加入しようとしています。

生命保険は、私の死亡保障。(約1万)
医療保険は、日額1万、60歳払込済で終身。(約1万)
学資保険は、貯蓄重視で、年金不要。(約1万×3人分))
※妻の生命保険は、病気があるので、解約しないで
 そのままにしておきます。(見直しなし)

我が家にオススメの保険会社、商品がありましたら教えてください。
また、「我が家はこんな保険に入ってます」という回答もお待ちしてます。
皆様の意見を参考にさせてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご主人さまの医療保険はひまわり生命の健康のお守りです。日額1万円60日
、手術10,20,40万か 手術見舞金5万。先進医療。60歳払済。月払7287円。
6歳のお子様の学資はそのままで、双子の女の子はあんしん生命の長割終身、
保険金300万、17年払済。月9423円 払込(9423×12×17=1922292円) 解約返戻金2094600円です。ご主人の死亡保障は質問からはよくわからないのでお答えできません。

Q脂肪肝の改善について

健康診断で4年連続、脂肪肝の診断を受けました。 

この期間の血液検査で問題ありのデータとしては、中性脂肪が150~300と善玉コレステロールが基準値以下、ときどき、尿酸値が上限ギリギリのみです。

心機一転、毎日30分以上のスロージョギングを週5日以上しています。(もう10ヶ月以上になります)。 6ヶ月前に、血液検査を行ったら、中性脂肪は100、善玉コレステロールも基準値ぎりぎりですがクリアしました。尿酸値もクリアです。

脂肪肝は、軽度であれば、運動すればすぐに改善すると聞いたので、上記のような状況ではもう完治していると思い込んでいたのですが、先日別の病気で大学病院でCTを受けたところ、脂肪肝にもなっている、と指摘されました。 (重症ではないとのこと)

もともと軽微な脂肪肝であったこと、運動をはじめ1年近くたっていること、血液検査の結果もよいこと、などから、もう完治していると思っていたのが、いまだにCTには脂肪肝として映っているということで、大変がっかりしています。

どうしてこのようなことになるのでしょうか? あるいは、運動療法も行い、血液検査で問題ないレベルになっても脂肪肝が直らない場合、あとは、何をすればいいのでしょうか?  もし、何かアドバイスいただけるようでしたら、よろしくおねがいします。

健康診断で4年連続、脂肪肝の診断を受けました。 

この期間の血液検査で問題ありのデータとしては、中性脂肪が150~300と善玉コレステロールが基準値以下、ときどき、尿酸値が上限ギリギリのみです。

心機一転、毎日30分以上のスロージョギングを週5日以上しています。(もう10ヶ月以上になります)。 6ヶ月前に、血液検査を行ったら、中性脂肪は100、善玉コレステロールも基準値ぎりぎりですがクリアしました。尿酸値もクリアです。

脂肪肝は、軽度であれば、運動すればすぐに改善すると聞いたので、上記の...続きを読む

Aベストアンサー

文章を拝見しましたところ、運動療法はしっかりなさっている様ですので、それは今迄通り継続して頂くとして、「食事療法」については触れられていませんが、その辺は如何でしょうか。
当然の事ながら、油物は完全に止めろとは言いませんが(軽症脂肪肝との事なので)、もし貴方がジャンクフード、コンビニ弁当(油分が非常に多いです)、揚げ物を好んで食されるのであれば、控えめにする事も大事です。それと同時に、DHA、EPAといった不飽和脂肪酸を多く含んだ食物(青魚がベスト)を多く摂る様に心掛けましょう。また、脂肪分解を助けてくれるビタミンB2のサプリメントを摂るのも良い方法です。脂肪肝に代表される「内臓脂肪」は、なかなか簡単には取れません。気長に運動療法、食事療法を並行して継続しましょう。
余談ですが、肝機能アップの目的で「タウリン」を摂る事をお奨めします。タウリンとはアミノ酸の一種で、主に海産物に多く含まれています。例えばトップクラスはサザエなど、あと身近な所ではシジミにも多く含まれています。シジミの味噌汁が二日酔いに良いとされるのは、含まれるタウリンが肝機能を上昇させ、二日酔いの原因物質(アセトアルデヒド)の分解を促進する為です。正味の薬としてのタウリン末もありますが、基本的に処方せんが無ければ薬局で売ってくれない(法律上では「処方せん医薬品」では無い為、個人薬局をあたると売ってくれる所もあるかも知れませんが)ものですし、医師がタウリンを処方しようにも、まずうっ血性心不全や高ビリルビン血症等の肝障害でなければ保険適応とならないので、純粋にタウリンだけを求めるのは難しいです。リポビタンD等の栄養ドリンクにも入っている事が多いですが、それだと糖分も多く摂る事になってしまうので、タウリン摂取目的には不向きです。
あと脂肪肝に有効な薬で、EPL、リバオールといったのもありますが、それは症状が進行してからの話ですので、ここは地道に運動療法+食事療法で治療を進めていきましょう。

文章を拝見しましたところ、運動療法はしっかりなさっている様ですので、それは今迄通り継続して頂くとして、「食事療法」については触れられていませんが、その辺は如何でしょうか。
当然の事ながら、油物は完全に止めろとは言いませんが(軽症脂肪肝との事なので)、もし貴方がジャンクフード、コンビニ弁当(油分が非常に多いです)、揚げ物を好んで食されるのであれば、控えめにする事も大事です。それと同時に、DHA、EPAといった不飽和脂肪酸を多く含んだ食物(青魚がベスト)を多く摂る様に心掛けましょう。...続きを読む

Q36歳男性です。現在、生命保険、養老生命、医療保険、がん保険などの加入

36歳男性です。現在、生命保険、養老生命、医療保険、がん保険などの加入を考えています。
持病としては心臓のWPW症候群、気管支喘息、胃潰瘍(二年前に一度)があります。そういった持病があっても保険に加入されている方いらっしゃいますか?また、加入できる保険ありますか?会社名なども教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

がん保険に関しては、ほとんどの保険会社で加入出来る可能性があります。
これは、がんに直接関係性の薄い告知事項の場合は、スルーされる傾向があるためです。

しかし医療保険や死亡保険(養老保険も死亡保険です)は厳しく告知を問われます。
そこで選択方法としては以下の方法が考えられます。

(1)総合代理店にて告知事項の事前照会をかける。
 複数の保険会社へ加入できるか申し込みの前に確認する方法です。

(2)それでもムリだった場合、緩和型保険でチャレンジする。
 保険料設定は、通常の保険よりも割高で保障自体も小さい場合がありますが
 入れないことは防げます。

(3)やっぱり不利な条件はイヤだという場合、一時払い系の保険に加入する。
 告知事項が少なく、質問内容の告知の場合、無条件で加入できる場合があります。
 あまり知名度は無いですが「プライムロード」という医療保険があります。
 一時払の終身医療保険で、払った掛け金が死亡時に全て戻ってくる内容です。
 一度グーグルなどで検索してみてください。

参考URL:http://hokenryou0.blog63.fc2.com/blog-entry-191.html

がん保険に関しては、ほとんどの保険会社で加入出来る可能性があります。
これは、がんに直接関係性の薄い告知事項の場合は、スルーされる傾向があるためです。

しかし医療保険や死亡保険(養老保険も死亡保険です)は厳しく告知を問われます。
そこで選択方法としては以下の方法が考えられます。

(1)総合代理店にて告知事項の事前照会をかける。
 複数の保険会社へ加入できるか申し込みの前に確認する方法です。

(2)それでもムリだった場合、緩和型保険でチャレンジする。
 保険料設定は、通常の保険よりも...続きを読む

Q脂肪肝の食事管理

人間ドッグで脂肪肝とでました。去年は疑いでした。今年も指導とか治療とかはありません。
以前は体重を落とすと言われなくなっていたのですが、今は体重は標準体重です。中性脂肪、コレステロールなどは正常値です。A/G2.1AST31ALT32が異常値です。
体重を増やさないようにと、カロリーに気をつけて食事していました。
油はあまり取らない、野菜を食べる、などなど。
友人にテレビで見たという話で、たんぱく質をきちんと取らないと肝臓の働きが悪くなるから、お酒を飲まなくても脂肪肝になるらしいよと言われました。
運動もしてますが、体脂肪は減りません。それと、脂肪肝は関係があるのでしょうか?
脂肪肝のための食生活できを付ける事教えてください。

Aベストアンサー

食事について、わかりやすい参考URLがありますよ!
脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が蓄積された状態を言います。
(⇒中性脂肪は脂肪組織に貯蔵(体脂肪)され、肝臓に取り込まれ脂肪肝となります。)
原因としては肥満・アルコールの多量摂取・糖尿病・薬剤性・妊娠・たんぱく質の摂取量が少ない場合などがあります。
この状態を長期間放っておくと、慢性的な機能障害を引き起こします。
脂肪肝は今までの生活習慣が大きく関係し、検診時期の中性脂肪etc.の
データが良くても、今までの不摂生であらわれます。
脂肪肝を改善するには食事はもちろんですが、適度に運動(ウォー
キングなどの有酸素運動)が必要です。
継続した生活改善が必要ですので、健康維持のため気合を入れて
頑張ってみてくださいね。

参考URL:http://www.health.ibaraki.ac.jp/ibaraki_HP/s-shiboukan.html

Q生命保険についてお尋ねしたいのですが私は、現在保険には加入していませんが先日泌尿器科で診断の結果尿道

生命保険についてお尋ねしたいのですが私は、現在保険には加入していませんが先日泌尿器科で診断の結果尿道狭窄症と診断されましたが今はもう病院へは行ってません。本来なら手術をした方が良いのですが仕事で入院する間がないのです。以前よりもだいぶん悪くなり尿も出にくく、また膀胱炎にもしょっちゅうなるのです。此れは近々どうしても病院のお世話なると思ってますが、今から生命保険に加入しても病気のことがわかていたと言う実証があるので保険からはいざという時支払いがされないのではと、思ってますが全く保険のことは知らないので教えて頂けませんか!
宜しくお願いします、

Aベストアンサー

もし、加入されたい場合、告知事項に正直に記載して出す。
保険会社で、精査して加入の可否を判断する。
加入が認められることは、多々ありますよ。
若干保険料が上がることもありますが。

私自身、潰瘍性大腸炎(厚生労働省のその他の難病指定)に罹り、今でも月一で通院(入院からすでに25年経過)していますが、途中で生命保険に加入しました。
告知事項は正直に記載して、少し保険料は高くなりました。

今でも同じ扱いかどうかはわかりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報