ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

基本的な質問になりますが、よろしくお願いします。

見積書や発注書を発行する場合、社印(角印)は必ずしも必要ではないものなのでしょうか?

今の会社に入って、このように言われ、戸惑っています。

小さな会社なので、詳しい人がいません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

まず、法的にいえば、契約を証する書面については、原則として署名または記名押印を求められます。

このいずれかを欠くときは、証拠とならないか、または証拠としての力が著しく弱いものとなってしまいます。

したがって、契約を証する書面については、代表者の署名が入っていれば社印(角印)は不要、入っていなければ社印は必要といえます。もちろん、代表印(丸印)が入っていれば、社印は不要です。

ただし、官公庁相手の場合、法的に押印を必要とする場合があります。

他方、実務上は、契約を証する書面に代表者の署名が入っていても、押印を求められることが少なくありません。また、契約を証するものでない書面についても同様に、押印を求められることが少なくありません。

以上は紙ベースの話であって、メールやWebでやり取りするときは、押印不要です。


そうすると、「見積書」「発注書」という紙ベースの書面が「契約を証する書面」に該当するのかどうかが問題となります。

契約は、契約の申込と承諾とで成立します。そのため、契約を証するには、申込のあったことを証する書面と、承諾のあったことを証する書面との両方が必要になります。

この点、発注書は、発注請書が発行されるときは「申込」を表す書面となります(発注請書が「承諾」を表す書面)。そのため、発注書には、署名されていなければ、法的に何らかの押印が必要といえます。「何らかの押印」ですので、社印でなく代表印でも構いませんが、押印なしというのはマズいといえます。

他方、見積書は、発注請書が発行されるときは申込を勧誘(誘引)する書面です。そのため、原則として、押印は法的には求められません(実務上は、前述のとおり押印を求められることが少なくありません)。ただし、発注書などに「発注請書は発行しない」と定められているときは、見積書が「申込」を表す書面、発注書が「承諾」を表す書面となります。このとき法的には、例外的に、見積書に何らかの押印が必要となります。
    • good
    • 2

No4です。

No1さんに習って別角度からの回答です。

官公庁向けの見積書等には、業者登録した時に使用した印鑑を押印します。
丸印だけの企業もあれば、丸印+角印の企業もあります。
極希に角印だけの所もあります。

一般企業向けは角印のみでOKです。
    • good
    • 0

取引は信用の元に成り立っています。


口頭では不安だから文書にし、
本物であることを証明するのに押印する訳です。

見積書、発注書の場合も、受け取る側に対して、
確かに当社の正式な書類ですよ、
だから信用してください、と言っている訳です。

したがって、信用している関係なら、
見積書なんかは社印がなくても支障ありません。
どうせ発注書をもらうのですから。

発注書は日本の商習慣上、
社印がないと不安がられるでしょう。

発行側にとっての文書偽造防止という側面は、
外部による偽造に関しては、実効性はあまりないでしょう。
むしろ、社内の人間による文書偽造防止の方が大きいです。
ただし、誰でも社印を押せるような管理では、意味ありません。
    • good
    • 1

No.1です。



わざわざ(角印)と書いていたので、ご質問の趣旨が「会社の認印あるいは実印(通常丸い判)を押した上に、社印(角印)も必要か?」と理解しましたが、違ってますか。
    • good
    • 0

無いなら無いで構わないです。



ただし、御社名を騙る『見積書』『発注書』が世の中に出回った際にも、対応(納得してもらう/被る)する覚悟が必要です。
    • good
    • 0

あらあら。



自社からお客様や取引先様に提出する見積や発注書といった「金銭」に絡む物には全て「要る」と理解しといて下さい。

先の回答者さんもおっしゃるように、会社の信用も疑われますので、このへんのビジネスマナー・常識は社員全員に徹底しておく必要が大だと思われます。
    • good
    • 0

その書類を受け取る側の問題でしょう



うちなら受け取りませんね

社印の無い見積書にはなんの効力も有りませんから...
    • good
    • 2

銀行取引でも届出印だけでOKですから、角印はあってもなくても構いません。


ただ、見積書や発注書に今まで角印を押していたのなら、急にやめると訝しがるかも知れませんね。
一言説明した方がよいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお客様書式の注文書で、押印がない場合

お客様書式の注文書で、押印がない場合
その注文は無効なのでしょうか?

朱肉月の押印がない場合は、注文したとみなされませんか?

Aベストアンサー

電話でいいので,確認をとったほうが良いですよ。押印がなかったので,お手数ですが押印して再送願えませんか? といって。送ってきたんだから注文の意思はあるんでしょうが「そんなの知らねえ,誰かが俺の名を騙ってやったんだ」なーんて言われたら,返す言葉はありません。

実際に,注文元の組織内で監督者の確認(印)がないと発注を認めていない場合があります。発注責任者を明確にしておく必要があるのです。

Q注文請書の印鑑について

建築業の下請けをしています。個人事業主です。

注文請書が工務店から送られてきました。
店名(社名)ではなくて代表者の氏名を記入する欄と印鑑を押す場所が印刷されていましたが、
印鑑は代表者印でいいのでしょうか
それとも認印でもいいのでしょうか。

それから印紙にはどんな印鑑で割り印をすればいいのでしょうか。
割り印はしなくてもいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業者ならばあなたが普通に使っている印鑑でかまわないでしょう。

どちらにしても普通に使われる会社の角印は別に印鑑登録をしているものでもなく習慣的に使われるものですから、これでないといけないといけないというものでもありません。

後で間違いなくあなたが了解したもであるとの証拠になるものであれば十分です。

印紙の割り印もそれと同じもので結構です。

Q法人同士の契約書上の印鑑-個人印はOK?

会社間で契約書を交わす際、通常印鑑は契約書上に名前の出ている方の肩書きを含めた印(代表取締役印や、部門長、部長印など)で、いわゆる丸印を押すものだと思っていました。
先日ある大手企業との契約があり、返送されてきた契約書には契約書上(この場合部長)の個人の認印が押してありました。当方は、代表印を捺印しているので、なんだかバランスの悪い契約書の気がします。
そもそも、法人の一役職者として契約書上に名前のある方の個人の印を押すと言うのは問題ないのでしょうか。
個人印はあくまでもその方個人の印鑑であり、会社の役職を示すものとはならない気がしています。
この疑問について、どなたか御回答を御願いします。

Aベストアンサー

契約上問題ないです。
法的な効力は同一です。

ただ、会社で調製した印章を使用する方が
大きな会社では、普通ですけど
ですので、御社は会社で印章を調製しないん
ですね~ とさりげなく聞いてみるのも
いいかもしれませんね。

第3者からみて、部長さんということであれば、
トラブルになった場合でも、
当然契約をする権限が与えられている
と見れますので、ほとんど問題ないでしょう。

一般職員や、金額に寄りますが、係長などで
あれば、代表印などを求めた方がいいと思います。

Q注文請書の捺印は?

カテ違いだったらお詫びします。

販売会社の事務をしてます。
「本部」という組織に居るのですが、お客からの注文請書を
貰ったとき、印紙と当方の欄(販売側)に押す印は
「角印(社名の印)」か「本部長印(丸印)」のいづれを
押すのが一般的なのでしょうか?

今日どっちの印を押すかの話しが出て、
「請負書は契約書と同じだから本部長名の丸印」
という人と、
「社名と社印(角印)」で良い
という人と意見が別れてます。

すごく基本的な質問かと思いますが、どちらの印を押すのが
一般的でしょうか?

Aベストアンサー

ごめんなさい、丸印が本部長印だということを途中で失念してしまいました。

本部長は通常、契約締結の権限を代表取締役より与えられているものですから、基本的には、代表取締役名の入った丸印と同様にお考えになって大丈夫です。

御社の場合、本部長名の入った丸印を作成していることは、契約締結権限を代表取締役が本部長へ与えていることを表しているといえます。そのため、御社でもやはり、本部長名の入った丸印は代表取締役名の入った丸印と同様にお考えになって大丈夫です。

なお、本部長名を契約当事者欄に記入した場合でも、この場合の本部長は会社の代理人として位置づけられますから、角印を押しても構わないこととなります。

ということで、お詫びしつつ、上記補足を加えさせてください。

Q押印なしの見積書

押印なしの見積書をもらったら、「非常識な会社」って思いますか?
契約書はまだしも見積書に押印がなくても何も思わないですか?

Aベストアンサー

法令から言えばハンコが無くても見積書として機能します。ですから「無い」ことそのものが問題にはなりません。

しかし、数千万円から億にもなるような見積で、上席者の検印もなければ会社印の捺印もない状態だと「この見積は正しいのか?」という疑問は当然出るでしょう。それは見積金額や内容というよりも「この見積にオーダーを出して、トラブルなく納品されるのか?」という心配です。

ですから会社間の取引が数千円から10万円程度の取り引きを多数やっている会社同士と、億単位の取引を多数やっている会社同士ではまったく概念が違いますし、低い金額を始めて提示する場合と高い金額を始めて提示する場合も違うわけです。


個人的には100万円を超える取引で、会社印や上司決済印がないものは、非常識だと思いますね。

Q注文請書の社判について

当社で注文請書を発行して注文先に社判を捺印し返送して貰っているのですが、注文先が社判ではなく部長印で返送しても構わないかといったことを要求されています。
当社では社判で返してもらいたいが、その要求を却下する法的な理由が見つかりません。法的な理由を知っている方、いらっしゃいましたらご教授ください。

Aベストアンサー

いや、法的な根拠・理由はちゃんとありますよ。(あるのにも関わらず、何も規定していないと断言するのはどうなのかな~、と思いました。なぜ断言なさったのかは分からないところですが・・・。)


最初に根拠規定を羅列してしまうと、民事訴訟法228条4項、会社法349条1項、11条1項、14条1項(個人事業であれば会社法の代わりに商法21条1項、25条1項)といったあたりです。

他に、会社法354条、13条(個人事業であれば会社法の代わりに商法24条)、民法109条以下なども挙げることが出来ます。


このうち、鍵となるのは民事訴訟法228条4項です。ここでは、私文書に本人またはその代理人の押印があると、その私文書は真正に成立したものと推定する、と定められています。ここでいう推定は、反証のない限り真正に成立したものとして扱う、という意味です。

そして、契約書は私文書ですから、契約書に「本人またはその代理人の押印」があると、真正に成立したと推定される結果、一定の証明力が付与されるんです。

これはすなわち、契約書には「本人またはその代理人の押印」があったほうがいい、ということを意味します。


では、「本人またはその代理人」がどのような者なのか、ですが、まず「本人」は、会社であればその会社自身、個人事業であればその個人事業主がこれに当たります。したがって、これらの者の押印、具体的には会社であればいわゆる角印、個人事業であれば個人印ないし屋号印が押印されていれば、上記推定が働きます。

また、会社の代表取締役が代表としておこなったことは、本人がおこなったことと同一視されます。したがって、代表者としての押印、具体的にはいわゆる丸印、または「代表取締役」と契約書中に明示した上での代表者個人印が押印されていれば、上記推定が働きます。


問題は、「代理人」の範囲です。この点、支配人として登記されている者であれば、代理人となります。また、ある事項につき委任されている者は、その事項についての代理人となります。そうすると、支配人登記のない相手であれば、その事項につき委任されているかどうかが問題となってきます。

しかし、迅速・円滑な取引をするためには、委任状を持たせたり、代理人かどうかをいちいち確認するのは、現実的ではありません。そのため、取引の一方当事者が、組織規模や組織体制等に応じた一定の肩書きで相手方の代理権の有無を判断したときは、その判断過程にミスが無かったなどであれば、保護(契約であれば、契約成立)しよう、とされています。

そのため、保護されるかどうかを基準にすれば、「部長」であっても、相手方の組織規模等に照らしてその部長が契約締結の代理権を有しているといえそうかどうか、が判断の分かれ目になってきます。


一般論としては、法務部長・(法務部の無い場合に)管理部長・営業部長あたりは、たいてい、契約締結の代理権を有していると判断して大丈夫だと考えられています(もっとも、前述のとおり、その相手方の組織規模等によります)。

他方、現場担当の部長(例えば○○事業部長)は、契約締結の代理権を有していないと判断したほうが無難だと考えられています(もっとも、これも前述のとおり、その相手方の組織規模等によります)。


以上を踏まえつつ、相手方への説明を組み立ててみてはいかがでしょうか。ご参考になれば幸いです。

いや、法的な根拠・理由はちゃんとありますよ。(あるのにも関わらず、何も規定していないと断言するのはどうなのかな~、と思いました。なぜ断言なさったのかは分からないところですが・・・。)


最初に根拠規定を羅列してしまうと、民事訴訟法228条4項、会社法349条1項、11条1項、14条1項(個人事業であれば会社法の代わりに商法21条1項、25条1項)といったあたりです。

他に、会社法354条、13条(個人事業であれば会社法の代わりに商法24条)、民法109条以下なども挙げ...続きを読む

Q社印の『角印』と『丸印』について

他社提出承諾書の押印について
会社の住所・社名(代表者名不要)の為押印する印は『角印』と思っていた(住所・社名・印と各種枠組みされております)のですが、社内の人に
角印は社名の“上”に押印する物
丸印は社名の“横”に押印する物
だから、『丸印』が正しい
と言われました。
私的には代表社名が記載されていないので『角印』を押印するものだと思い込んでいたのですが、この場合は『丸印』を押印するのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

角印、丸印の違いはeightman33さんがおっしゃっている通りです。
丸印=代表者印
角印=認印
これは会社の内規ですので会社ごとに違いますね。
なので「これじゃなきゃいけない!」っていうのは社内のルール、上司の判断です。

その他に役所に届けていれば届出印、銀行届出印が別にあることもあります。
これは法律や銀行の規則ですので厳密に管理されなければいけません。
(一部欠けたり、印象がはっきりしていないと書類出し直しになります。)


>住所・社名・印と各種枠組みされております
これは印刷スペース・レイアウトだけの関係ですから。
「住所・社名・代表者」と印刷されていようと問題ではないのです。
どのように印刷されているかは問題でありません。

>他社提出承諾書
ですので他社の社内の決裁を通る書類を作らなければいけません。
「代表者印が必要でしょうか?角印で大丈夫ですか?担当者の印でよろしいですか?」
と確認してください。

うちの会社は本社が東京にあって、私は支店勤めなので、
社長印がいる時は東京まで書類を郵送しなければいけません。
大きな会社だと上の人の承認を取るのに日数がかかったりします。
書類がいるまでにいるか・誰の印鑑でいいのか、
これが確認すべきポイントです。

>余白に「担当:担当者名(苗字のみで可)」と書き添えて
>「印」の上に「担当者の認め印」を押しましょう。

こういうのを「自分ルール」といいます。
社外では通用しません。

角印、丸印の違いはeightman33さんがおっしゃっている通りです。
丸印=代表者印
角印=認印
これは会社の内規ですので会社ごとに違いますね。
なので「これじゃなきゃいけない!」っていうのは社内のルール、上司の判断です。

その他に役所に届けていれば届出印、銀行届出印が別にあることもあります。
これは法律や銀行の規則ですので厳密に管理されなければいけません。
(一部欠けたり、印象がはっきりしていないと書類出し直しになります。)


>住所・社名・印と各種枠組みされております
こ...続きを読む

Q社外提出書類の押印について教えて下さい。

見積書や発注書を社外に提出する際、会社印(角印)と代表者印(丸印)を押印すると思います。

提出書類に会社名及び代表者名が記入されている場合、私は角印と丸印の両方を押印すべきだとおもうのですが、当社では丸印のみです。

提出書類に会社名のみ記入の書類には角印のみです。

また、提出先によっては会社名、代表者名の両方が記入されていても角印のみの場合もあります。

基本的なモラルの欠落している会社ですので、その辺が非常に曖昧です。

本当は何が正しいのか、皆様の常識・世間の常識を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

代表者名の記載の有無と、印鑑の使い分けとは、必ずしも連動させないのが一般的のようや。

いわゆる丸印は、いわゆる角印に比べて、厳格な管理をするのが一般的やんか。それだけに、重要な契約とか相手から求められたときとか、丸印はここぞというときに発動させることが少なくない。見積書とか高額の取引でない契約書とか、相対的に重要度の高くないものは角印で済ますことが少なくないちゅうこと。

あとは、会社それぞれの考え方次第や。


しかし、両方押すいう考えは珍しいなあ。(苦笑)実際に両方押したら、一般的でないぶん、妙な会社やな、とむしろ取引先から怪しまれるおそれあるで。


あと、「丸印は代表取締役等の個人をあらわす」とかいう怪答はスルー推奨。(苦笑)いわゆる丸印は、代表取締役が個人としてでなく法人の手足として、ハンコを押せない法人に代わってハンコを押した痕跡。丸印が個人を表すものやったら、契約書に丸印あれば契約当事者は法人でなく個人ということになるわ。(苦笑)契約書の基本。(苦笑)

Q注文請書について教えてください。

注文請書について教えてください。

お仕事を単発でもらいながら在宅で仕事をしています。
この間依頼先から注文書がきて、注文請書を送ってくださいという話があったのですが
注文請書を送るのも触るのも今回初めてなので、どういうルールでどう送れば良いか不安です。
色々調べた下記内容であっているかのご判断といくつか質問を書きましたので
ご教授いただけますでしょうか。


<1>注文請書を送る流れ
「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

<2>FAXなどでは収入印紙は貼らなくても良いと聞きましたが、
もしFAXで請書を送る場合、名前と印鑑を押してFAXすれば問題ないのでしょうか?

<3>収入印紙にする割印の役割と貼り方
収入印紙に割印をするのは、収入印紙の再利用を防ぐためで、契約書ではないので、
相手方にもハンコを押してもらって返送してもらう必要はない。
という認識で問題ないでしょうか?
また印紙を貼る欄がない場合、収入印紙を貼る場所に一定の決まりはあるでしょうか?

<4>郵送の際に折って良いか
請求書などは折って郵送してもいいとききましたが
注文請書は折って郵送しても問題ないでしょうか?
また折るときに2つ折りなどでも大丈夫でしょうか?

(5)郵送する際に請求書とあわせて送る場合の朱書き
別の依頼の請求書と注文請書を送る際、、
朱書きは「請書在中」「請求書在中」と並べて2つかいたほうがいいでしょうか?


こまごまとした質問ですみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

注文請書について教えてください。

お仕事を単発でもらいながら在宅で仕事をしています。
この間依頼先から注文書がきて、注文請書を送ってくださいという話があったのですが
注文請書を送るのも触るのも今回初めてなので、どういうルールでどう送れば良いか不安です。
色々調べた下記内容であっているかのご判断といくつか質問を書きましたので
ご教授いただけますでしょうか。


<1>注文請書を送る流れ
「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
と思っているのですがこの...続きを読む

Aベストアンサー

><1>注文請書を送る流れ
>「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
>と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

基本的に問題有りません。
但し、印紙に関しては注意が必要です。
 印紙は、請負契約(機械の保守契約等々)であれば課税文書ですが、物品販売
 (カタログに記載されている物品販売等)であれば、不課税文書です。
 よって、御社が何を注文されたかによって異なります
 請負販売か物品販売かを確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7140.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7102.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/11.htm
 ※平成元年に印紙税法が改定されています。
  昔は、物販であろうと印紙税は課税でした・・・・・。


><2>FAXなどでは収入印紙は貼らなくても良いと聞きましたが、
>もしFAXで請書を送る場合、名前と印鑑を押してFAXすれば問題ないのでしょうか?

http://www.k3.dion.ne.jp/~oouekai/Q&A/inshiukesho.pdf
基本的には上記の通りです。

但し、FAXの場合は一旦紙に印刷して送付すると思います。印紙税法では
課税文書の作成時に課税が発生するとされていますので、厳密な法解釈を
すると課税される可能性があります。
 (当社の場合は印紙税調査時には問題となりませんでした。しかし厳密
  な法解釈をされると・・・・・)

一番確実なのは、パソコンで作成された文書を直接FAXできるソフトで対応
したり、PDFファイルにしてメールに添付すれば、一旦紙に印刷しませんから
課税文書には絶対になりません。

><3>収入印紙にする割印の役割と貼り方
>収入印紙に割印をするのは、収入印紙の再利用を防ぐためで、契約書ではないので、
>相手方にもハンコを押してもらって返送してもらう必要はない。
>という認識で問題ないでしょうか?

結果として、記載されている内容でOKなのですが、理由は違っています。
注文請書は、印紙税の2号文書ですから印紙税法の契約書に該当します。
また、印紙税法では割印ではなく消印と呼びます。(どっちでも良いですけど)

国税庁のHPに詳しく載っています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/06/03.htm
 ※消印方法を誤解されている方が多々見られます。印紙税の税務調査時に
  困らないように、正しい方法を覚えておきましょう。

本件が、物品販売の注文請書である場合には、本回答は読み飛ばして下さい。

>他の企業様とやり取りしてる中で、請求書は普通に3つ折りなどで送っていたので
>請書は折って良いか判断に迷いました。

これは、該当業種の商習慣によって異なります。商習慣に従って下さい。
私見としては、問題ないと思われます。

>「請書在中」「請求書在中」並べて2つかいたほうがいいでしょうか?

私の会社であれば、列記して頂いた方がありがたいですね。
(担当者が別なので)
但し、どちらか一方が記載されていれば、概ね何が入っているか理解できます
から、目的の部署に郵便物が配布されますので問題ないと思われます。

><1>注文請書を送る流れ
>「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
>と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

基本的に問題有りません。
但し、印紙に関しては注意が必要です。
 印紙は、請負契約(機械の保守契約等々)であれば課税文書ですが、物品販売
 (カタログに記載されている物品販売等)であれば、不課税文書です。
 よって、御社が何を注文されたかによって異なります
 請負販売か物品販売かを確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxans...続きを読む

Q注文書に押す訂正印について

訂正印について教えて下さい。

客先からもらう注文書の1箇所を訂正することになりました。
すでに請書に印紙を貼っているので、注文書・請書それぞれを訂正します。

その場合の訂正印の押し方を教えて下さい。
注文書には客先担当者の判子のみ押してあります。
請書には弊社の各印のみ押してあります。

この場合、「○字削除○字加入」の箇所に押す訂正印、訂正した箇所に押す訂正印はどちらの印を押すのでしょうか?
よろしくお願いします。

(ちなみにこの注文書・請書は弊社でフォーマットを作り、客先に確認してもらい判子を押してもらうという形を取っております。)

Aベストアンサー

No.1で回答したものです。

角印というか、社印ですね。僕のところは丸印でした。
社長印ではないですよ。念のため。

あ、そういえば契約文が読みにくくなる場合は、その訂正をした文章の頁毎に
「○字削除○字加入」を記入して押印していました。
ですので、必ずしも訂正した部分にまで押さなくても良いと思います。

要はどこを直したのか、両社の承諾(押印)が得られているのかが大事なところですからね。

会社の契約ですので、お客様が個人でない限りは社印を押してもらうべきでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング