出産前後の痔にはご注意!

バイオリンは早くに始める人が多いですが、チェロやコントラバスは何歳から始めるのが一般的なのでしょうか?またペットやホルンなどの管楽器、クラやフルートなどの木管はどうなのでしょうか?

幼稚園でもマーチング(鼓笛隊)はやりますので、ドラムや鍵盤、ヴァイオリン、木琴系などは子供でも出来るでしょうし、リコーダーや合唱だけでなく、小学生でも吹奏楽はやりますよね。ただ、金管メインで木管は中学からな気がします。各楽器の始めるのに最適な年齢っていくつなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私の弟は現役のチェリストです。

習い始めは小学校3年生の頃だったと記憶しております。楽器は最初は、知り合いの楽器店に依頼し、寸法の小さい物を購入しました。先生は兄の友人の芸大生に頼みました。チェロとかコントラバスなどは大きい楽器ですから、割と遅くから始めるようですね。高校2年から始めて、ドイツでオーケストラに入られたコントラバス演奏家がいらっしゃいますので、何歳から始めるのがベストかと決め付けることは出来ないと思います。
管楽器の場合はピアノやヴァイオリン等と比較して、かなり遅く習い始めてもそれ相当の程度までいけるようですね。吹奏楽を中学から始めて一流のオーケストラのトップになられたトランペット奏者を知っております。
いくら早期から始めたとしてもその方の音楽的感性や環境により上達の状態が異なるのでは?趣味でおやりになられるのでしたら、年齢はそんなに重要ではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そう、管楽器・打楽器の場合は吹奏楽がきっかけとなってプロになる方が多いようですね。ピアノやヴァイオリンは学校に上がってから始めたという人は少ないので、最適とまでは言えないにしろ楽器によってだいたい始める年齢ってあるのかなあと思いました。高校2年からコントラバスを始めてプロに、なんて凄いですね。そのかたは本当に才能があったんでしょうね。小3から始められたとのこと。先生も運良く周囲にチェリストがいらっしゃって良かったですね。音大のない地方だと演奏人口が少ない弦(チェロ・コントラ・ハープ・三味線)などは先生を探すのが難しいんですよね・・・。

お礼日時:2008/06/06 12:35

楽器経験者です。


クラリネットをやっていましたが、私自身は高校から始めました。同じ吹奏楽部だったフルートの子には小学生から始めた、と言っていました。
小学生のマーチングバンドもありますから、金管とかは小学生からやっている子もいると思います。でも、金管は息の使い方が難しく、肺活量も必要ですから、ある程度身体が出来上がっていないと難しいでしょうね。

弦楽器に関してですが、弦楽器は子供用サイズのものもありますので、幼稚園ぐらいから始める人が多いみたいです。
先日仕事で知り合った方のお子さんがチェロをやっていたのですが、お子さんは年中から始めた、と言っていました。

年齢うんぬんよりも身体が出来上がっているかどうかが基準になると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

チェロを子供の頃から、という話は私の周囲では聞きません。子供用にしたとしても指盤が大きすぎるし弦はヴァイオリンが基本なので。ヴァイオリンは子供が弾けるメソッドが確立してますしテクニックや聞かせ方も豊富ですから…確かにピアノもヴァイオリンも2歳~10歳くらいで始める子が多いですね。ヴァイオリンかピアノのどちらかが副科のようになるようです。吹奏楽の方ですが10歳前後で身体は出来上がらないでしょう。寧ろ慣らしていくものだと思います。それでも子供用楽器でですけどね。息の使い方というより音の出し方が不潔というかマウスピースがないと汚い音なので、嫌う親もいるかもしれませんね。

お礼日時:2008/06/05 22:32

#2です。



>吹奏楽は軽い楽器でないと低学年からは無理でしょうしね・・・。
重量というよりは、腕の長さが足りなかったり、手が小さかったりで演奏できないんですよ。
小学校時代、トロンボーンの子は腕の長さが足りないので、みんなスライドに紐をつけていましたし、身体の小さい子はさほど大型楽器でもないアルトサックスでも指が届かなくてクラリネットに回されたり、という状態でした。

>なぜ小学校は金管だけなのでしょうね。
前にも書きましたが、地域によっては小学校でも吹奏楽やオケはあります。
それこそ、30年も前から。
地域によって差が大きいのは、指導者の有無と予算の関係でしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。小学校から木管使ってらしたんですか?小学のオケも学校単位では聞いたことないので驚きました。ヴァイオリンは弾けるので不可能ではないでしょうが・・・木管始める最適年齢はいつなんんでしょうね?見たことはないので。それこそ管の子供用楽器はなかったんですか?スライドの紐は別の理由だと思っていました(苦笑)オケとしては小学生でも誰かが必ず大きな楽器をしなければならないから大変ですよね。中学生にも(163cmあっても)ウインドの弦べーですら辛かったです。一応椅子はあったのですがパーカッションと一緒で基本的に立演奏だったので。

お礼日時:2008/06/05 15:29

こんにちは。



チェロも演奏家になられるかたは、比較的早く始めるかと思います。
子供のサイズもあります・・・↓
http://www.bunkyo-gakki.com/beginner.asp

ジャクリーヌ・デュプレが4歳で子供用チェロを買ってもらったとき、「普通の子供より体格は大きかったが、それにしても大きすぎる楽器だった」と回想していたはず。どのサイズだったのかなあ・・・・。

ただし、ヨーヨー・マは5歳でやはり早いけれどシュタルケル6歳、ロストロポヴィチ7歳、マイスキー8歳、フルニエ9歳、カザルス11歳(!)とピアノよりは若干遅めな印象です。ロストロポヴィチ、フルニエ、カザルスはピアノからの転向組ですが。

昔、子供の音楽コンクール優勝者の協奏曲コンサートに行ったことがありますが、チェロ部門では14歳の子がエルガーの協奏曲やチャイコフスキーのロココ変奏曲を弾いていましたから、早熟な才能が発揮される楽器のひとつだと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

チェロは指盤が長いので、小さな手には音取りが難しかろうと思います。ビブラート?のように心持ち(大きいのでかなり?)上下に動かしてみたり、跳躍のようになってしまうのではないかしら?長時間演奏しても弦が太い分痛くないんですけどね。一瞬ヨーヨーマの5歳はヴァイオリンではないのでしょうか?とも思ったのですが、成程子供用のチェロもあるのですね。いちいち調弦?が必須なので、音感涵養にはピアノの方が楽で安心なのかなあ・・・とも思います。ヴァイオリンも素敵ですけど単律ですしね(だけど弾いてみたい!)・・・。弦は相対音感が付きそうですし将来オケに入ったときも合わせやすいのかな?。

お礼日時:2008/06/05 01:03

私も「演奏するに足る体格になったら」だと思います。


ヴァイオリンが早くにはじめられるのは、子供用の小さい楽器があるからでしょう。
(バイクに乗れる条件が「またがって足がつくか」だそうですが、それと同じだと思います)

>ただ、金管メインで木管は中学からな気がします。
私が幼少期を過ごした地域では吹奏楽が盛んでしたので、小学校にも普通に吹奏楽部があります。
4年生くらいになれば、管楽器を何とか扱える体格になりますから、地域性による所が大きいと思います。
金管メインの所が存在するのは、「木管バンド」はないですが「金管バンド」はオーケストラや吹奏楽同様、演奏形式のジャンルで存在するからでしょう。
(イギリスで「ブラスバンド」といったら、木管楽器が入らない金管バンドを指します)
ほか、金管楽器の方が木管楽器に比べて維持費がかからない、取り扱いが簡単という事情も考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。購入費や維持費の問題も大きいですよね。だけど、ウインドにクラが一本入るだけでも随分表現の幅が広がるのに、なぜ小学校は金管だけなのでしょうね。マーチング練習などでは砂や水が入っても金管なら手入れが楽ですよね。私は5年生までは別の学校で合唱をやっていたのですが、合唱部は1,2年生から受付けてました(1年生はスカウト制)。吹奏楽は軽い楽器でないと低学年からは無理でしょうしね・・・。

お礼日時:2008/06/05 00:54

金管を専門にやっていたので、金管楽器についてのみ書きますね。




重量のある金管楽器は、ある程度身体が出来てからの方が良いとは思います。例えばチューバ、ユーフォニアム等。人によってはホルンやトロンボーンも重いので、その場合はこれらも含みますね。
持つのが辛いというだけでなく、楽器を持つことが精一杯で演奏するのに不自然な姿勢になってしまうことは十分想定出来ることです。
このようなことは避けるべきなので、「ある程度正しい姿勢で楽器を保持することが出来る体格になる年齢までは不適」という考え方で良いのではないかと思います。

確実に言えることは、小学生でもトロンボーンやホルンなどのやや大型の金楽器を吹いていて、姿勢なども乱すことなく上手に演奏出来る人もいるということです。

やはり小中学生の頃には、年齢というよりも体格で判断する方が現実的なのではないかと思います。




※リコーダーを除く木管楽器についてですが、一般の人にとって始める機会が打楽器や金管楽器に比べて圧倒的に少ないことも一因なのではないでしょうか・・・?
鼓笛隊のある小学校は結構多いと感じるのですが、吹奏楽部のある小学校は大分少ないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました。
小学校では少数派なんですか?転居前も転居先も吹奏楽部はあったのでそういうものだと思ってました(毎コンとか)。たしかにウインドオケの楽器を全て揃えるのは予算的に大変かも・・・。

多分小ぶりの子供用のペットがありますよね。マウスピースも小さめの。小学校(4年生から入部可能)ではあれを使っていました。中学からは大人用ですが…。6年生からペットを始めたのですが、マウスピースが小さく、直ぐアルトホルンに回された思い出があります。中学のペットは吹けたのですが・・・。マーチングは何時間も練習すると手が痛くなりますよね(アルトホルンは楽だったのですが)。べードラとかチューバとか大変そうでした。

私たちの場合もパート割り振りは体格と人気(経験者以外に、華やかで他の子に意地悪しちゃう子は、人気楽器に持ってきたり)でした。フルートやクラは人気があって、小学時代からレッスンに通って、やっと座を射止めたりもしてましたよ。私は背があったので中学は弦だったのですが、吹奏楽になると女の子中心なので他校を見ても華奢な子がユーホや弦に入らなきゃバンドとして成立しなかったので、可哀想でした。

お礼日時:2008/06/05 00:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリン、チェロ…初心者向きはどっち?

こんにちは。

私はピアノをずっとやってきたのですが
最近、弦楽器に憧れ始め自分でも演奏してみたいと思うようになりました。

そこで、バイオリンかチェロをやってみたいと思ったのですが
バイオリンはとても綺麗な音色ですし憧れているのですが
小さいころからやっている人でないと
綺麗な音どころか満足に弾く事もできないという話も聞きましたし

チェロもまろやかな音が大好きなのですが
いかんせん大きいので家に置き場が無いのがネックです…

ですが、何にせよ初心者でもある程度扱える方がいいと考えているので
もし弦楽器初心者が弦楽器を習うならどちらの楽器がいいと思いますか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

演奏する姿勢はチェロの方が自然です。バイオリンは初心者の場合アゴが痛くなります。
音程はバイオリンの方が弦が短い分、取りやすいです。

どちらの楽器もある程度弾きましたが、どちらが初心者向きということはないですよ。
細かい(音の)動きができる分、バイオリンの方が曲を演奏するには初心者でも楽しめるかもしれません。
この辺りは好みです。私は音色でチェロの方が好きです。

「小さいころからやっていないと満足に弾く事もできない」というのは、プロを目指すのでなければ迷信と考えて良いです。
ただ、鍵盤を押せばとりあえず音は鳴るピアノに比べると、ある程度曲を弾くまでは両方とも時間がかかります。
そこは鍵盤楽器と弦楽器の個性の違いです。

バイオリンかチェロ。お好きな楽器を楽しんでください。

Qチェロを習いたい。10万円以下のチェロは買ってもいい?

こんにちは。

私は、チェロを習おうと思い、チェロ教室をさがしているところです。

自宅で練習しなくては習っていても上達しないと思っているので、思い切ってチェロを購入しようと考えています。

入門用のチェロを購入し、上達したらちゃんとしたチェロを購入したいと思っています。

ネットで安いチェロを探していたら、以下のものがありました。

■Carlo giordano製
 72,000円

■STENTOR MUSIC製
 39,000円

■カルロジョルダーノ製
 32,000円

これらの楽器を買ってよいものなのか、全然わかりません。値段が安いので、安心して購入していいものなのか・・ちゃんと音がでるのか・・

10万円以下のチェロは入門用のチェロとして、使えるか否か、教えて下さい。もし使えないとしたら、オススメの入門チェロを教えて下さい。

それと、もし池袋周辺のチェロ教室をご存知でしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

私もVc弾いてます。
今は安い楽器が手に入っていいですねぇ(^^;;;

それはさておき、ご質問のお答えですが、最近の安価なVcはバカにできません。けっこういいです。入門用としては十分使用に耐えます。
でも弦楽器って、調整一つで恐ろしく変わります。たとえば魂柱や駒の位置、張る弦などどれ一つをとっても大きく変わります。
もちろん楽器本体も大きな要因ですが、高い楽器でも調整がいまいちだとぜんぜんダメですし、安い楽器でもいろいろカバーしたらそこそこいけます。
ですから、まずは調整してくれる楽器屋さんと仲良くなったほうがいいですね。
私は大学から始めたので、先輩に連れられて楽器屋さんに行きましたので、楽器屋さんから購入して調整とかはすべてそこにお任せしてます。
#1さんの提示されたHPを見ると調整してから送ってくれると書いてあるので、まぁおそらく大丈夫だと思います。
もし不安なら先生に弾いてもらってみて確認してもらってください。まぁ、先生に楽器屋さんを紹介してもらったらいいと思いますけど、楽器屋さんで先生が教えているということも良くあるみたいです。
ちなみに、最初に楽器屋さんに「いい楽器を持つと自分の腕が引きあげられるので上手くなるよ」といわれて、営業トークやなぁと思いましたが、実際ある程度上手く弾けるようになってきたら、ウソでないことが実感できてきました。
弾き比べてみたら、値段を伏せていても大体わかるようになります。なるほどなぁ、これが値段の差か~って(^^;;;
もっとも、上達したらいいのに買い換えるといっておられるのでその辺の心配はいらないでしょうけど(^^;;;

それと、楽器だけでなく弓も考えてくださいね~。
弓も重心が数ミリ違うだけで弾き易さが全然違います。
本当に吸い付くように感じるつつ弾ける弓はそれなりの値段がしますが、それだけの価値はあります。

それと、いろいろな情報収集の場としてこんなところもあります(私も所属してていろいろ教えてもらってます)
http://www02.so-net.ne.jp/~cellist/vcello/

また、こんなページもあったりします
http://members.aol.com/TMizuguchi/index.html

で、残念ながら私は大阪なんで池袋付近で教えてくれる方は存じ上げませんが、HPでみたらこれしか見つけられませんでしたけどご参照ください
http://www.la-vielle.com/kyoushitsu.html(西武:江古田駅)

ご参考になれば幸いです。

私もVc弾いてます。
今は安い楽器が手に入っていいですねぇ(^^;;;

それはさておき、ご質問のお答えですが、最近の安価なVcはバカにできません。けっこういいです。入門用としては十分使用に耐えます。
でも弦楽器って、調整一つで恐ろしく変わります。たとえば魂柱や駒の位置、張る弦などどれ一つをとっても大きく変わります。
もちろん楽器本体も大きな要因ですが、高い楽器でも調整がいまいちだとぜんぜんダメですし、安い楽器でもいろいろカバーしたらそこそこいけます。
ですから、まずは調整してくれ...続きを読む

Q子供が習うならピアノ?バイオリン?

3歳になったら子供にピアノを習わせようと思っていました。
が、最近『小さい子にはバイオリンが良い。なぜならバイオリンは体格に合った大きさが選べるから。他の楽器は選べない』ということを聞きました。
私は『楽器の基本はピアノだから、どんな楽器をやりたくても最初はピアノ』と信じていたので、ピアノ……と思っていたのですが。

うちの近所に個人のピアノ&バイオリン教室があるので、どちらも習うのは可能なので悩んでしまいます。
それとも他の楽器の方がいいでしょうか。

Aベストアンサー

私自身、ピアノとバイオリンを弾きますが、2人の娘は上の子が5歳、下の子は4歳からバイオリンを習っています。
ピアノは私が時々遊びで教えています。
子供がバイオリンを習っているというと「習い始めたころは大変だったでしょう~」といわれることが多いのですが、幸い背筋が寒くなるような音がすることはなくて、現在に至っています。
ふと、「どちらの楽器が良いのかな~」と自分に問いかけてみると、「どちらもやったほうがいいのでは?」という気持ちになります。
ピアノはピアノの楽しさ、バイオリンはバイオリンの楽しさが合って、二つ弾けるとリンクする部分があって、それを楽しむのもいいかと思います。
娘たちはバイオリンで理解しづらい音の仕組みをピアノで「なるほどね~♪」と理解したりしています。
私自身、ピアノが弾きたくなるときはピアノを弾き、バイオリンを弾きたくなったらバイオリンを弾く。
フルートもやってみましたが、私は管楽器はあまり魅力を見出せず、弦楽器と鍵盤楽器となりました。
私の周りのバイオリンを習っている子もバイオリンを習いつつ、ピアノを習ったりしています。
悩むとしたら、どちらを先に習うか・・という時期の問題のような気がします。
となると・・・バイオリンを習っていると、何年かするとバイオリンの先生から「ピアノもやってみたら」と言われることが多いようです。
ピアノを習っていて、逆に「そろそろバイオリンも~」といわれることは皆無のような気がします。
お子さんがピアノが好きならばピアノを習い、バイオリンに興味を持てば、バイオリンを習い、その後にピアノを習ってみる。

お子さんの興味が現在どちらにあるのか良く観察するのが良いかもしれません。

でも音楽は楽しいですよね。
最近私と娘2人とアンサンブルができるようになって、ますます音楽が楽しくなってきています。

お子様とpideon様にとって、良い方向性が見出せるのを願っております。

私自身、ピアノとバイオリンを弾きますが、2人の娘は上の子が5歳、下の子は4歳からバイオリンを習っています。
ピアノは私が時々遊びで教えています。
子供がバイオリンを習っているというと「習い始めたころは大変だったでしょう~」といわれることが多いのですが、幸い背筋が寒くなるような音がすることはなくて、現在に至っています。
ふと、「どちらの楽器が良いのかな~」と自分に問いかけてみると、「どちらもやったほうがいいのでは?」という気持ちになります。
ピアノはピアノの楽しさ、バイオリ...続きを読む

Q5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせてい

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビューなどではかなり厳しくご両親に育てられたという方も多くいるため、音楽の基礎はやはりきちんとつけさせておかない、やるからには真剣に、と母は必死です。オリンピック選手の
子ども時代の練習を考えればこれぐらいはたいしたことはないと毎晩夫を納得はさせようとしているのですが、本人がバイオリンが大好きでたまらないというようなそぶりもないため、なかなか同じだとは言いがたいところです。

普通のサラリーマン家庭ですので、実技、ソルフェージュ、ピアノレッスンなどに月々10万弱かかるのは正直ラクではありません。受験前などならともかく、まだ小学生なのですが、これが続くのが普通なのでしょうか?よっぽど本人にやる気でもあったり夢でもあれば応援してあげたいのですが、のんびりした我が子は情熱を持って取り組んでいるようにはとても思えないのです。競争心も向上心も少なめで、コンクールに出て成績を残せるほどの能力もないのではないかと思っています。
ただ人と違った感性は持っているかもしれないという淡い期待はあります。真はとっても素直な不器用で真面目な子供です。数年ユースオーケストラにも参加させましたが、誰よりも熱心に練習してからリハーサルに望んでいました。

将来的に音楽の道に進まなくても、日々努力したことはいつか必ず役にたつはずとは思いながらも、やはりせっかく続けてきたヴァイオリンの道ももう少し欲を出して極めてほしいと思うのは親の勝手なのかもしれません。現在教授のレッスンを受け始め、方向性がますますわからなくなってきました。
今まではただただうまく奏でることができるようになるために練習させてきましたが、どうやら
音大を目指している道に導かれているようです。小学生の今から大学受験のために厳しい&高額なレッスンを受けさせるというのはどうなのかという迷いがあります。子供コンクールなどで評価されるための練習というのも魅力的かといわれるとそうとも思えません。ひがみかもしれませんが。
また毎回のレッスンのたびに万単位のレッスン費を払い、いけないとわかっていながら真剣に子どもが練習しなかったりするとつい激しく責めてしまいます。子供はというと期待に応えようとしているのか、
毎日一度は泣きわめき、文句を言いながらもするべき練習はぎりぎりこなしています。
先生にも、どの程度の期待をもってみていただけているのか正直疑問なところもあります。夫は想像以上のレッスン費に、営利目的の可能性もあるのではと半信半疑ですが、教授レベルの方が直接教えてくださるのであれば少なからず何かしらの才能はあるのではないかと励ましてくださる方もいます。

今はもっと親もゆとりをもって音楽を楽しむ気持ちを育ててあげることのほうが、音楽の理論や技術を
詰め込むより大切ではないかとも感じはじめています。毎日ガミガミ練習させるより、子供らしく自由な時間をのびのび遊ばせてあげたい気持ちもあるのです。しかしせっかくご縁あって見て頂ける有名教授
のレッスンをやめて気楽な近所の音楽教室に通わせるのも残念な気もします。また子供の将来を親が決めるわけではないのでしょうが、普通の会社員として平凡な主婦として終わるより、他の人にはできない何かで生きていくことができ、それが音楽であったとしたらそれもステキだと思いつつも、医大と同じぐらいかかるほどの投資を今後していった上で、たとえ国内一流の音大を卒業できたとしても本当にそれが子供のためになるのだろうかという不安もあります。まわりではそろそろ習い事ではなくしっかり勉強させていくべきだという風潮もあり、流されるまい、勉強なんていつでも本人がやる気になればできるはずと思いつつも不安にもなるのが現状です。
正解なんてないということはわかっています。子供の意思や心の声にももっと敏感にならなくては
いけないとも思っていますが、本人の意向はどうもはっきりつかめません。練習はいやなので少なくなれば幸せだというレベルです。同じような境遇の方にお会いしてお話しする機会もありません。子育てはやり直しがきかないと思うと親としてどうしたらいいのか悩み、どなたかにご意見をお聞きしたいです。

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビュ...続きを読む

Aベストアンサー

音大を出ている者です。音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追いません。
まだ小4では意思が固まっていないのが普通であって、すべては「親」の意思にかかってきます。
あと4~5年というのは中3~高校生くらいになれば本人の意思で動くから、それまでは親がしっかり見てあげるべきだと教授はおっしゃっているのです。
なかなか面倒見のよい教授ですよね。
はっきりしないからこそ、親がある程度道を作ってあげることが出来る時期とも言えるでしょう。

現時点では「親」がどうしたいか?それがすべてです。
音楽の道へ進んで欲しいと思っているのなら、それに向かって頑張っていきましょう。
迷ってしまうと子供も迷います。
そこまで張り切るつもりはない、もう疲れた、と考えているのであれば教授のレッスンはとりあえず「お休み」という形をとってみてはどうでしょうか。
また高校生になったら再開すればいいのです。

子供は意思が固まっていないので、放っておいても勉強をするようにはなりません。
勉強対策をしなければこれからどんどん離されてしまいます。
中学に入った時点で勉強が出来ないが音楽だけは出来る、となると自ら「自分は音楽の道しかない」と思うようになります。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが・・・
音楽か勉強か、音楽か躾けか、などと極端な選択をせず、すべて両立させて下さい。可能ですよ。

レッスン料については営利目的なんてありません。
そんな高額なレッスン料を取って教授は儲けているのではないか、と思うかもしれませんが、今までにこちらが考えられないほどのお金を使ってきているのです。
儲けることを考えていたら音楽なんて絶対出来ないです。音楽なんてそんなものです。大損覚悟でやるしかないです。

私は高校1年生の時から教授のレッスンを受けて音大に入りました。
それが普通なのですが、中には小さい頃から教授のレッスンを受けている人もおりまして、やっぱり実力が違いました。
また教授との付き合いが長い分、かなりひいきされていましたね。
同じ学校の生徒でありながら別世界だなあと思ったものです。
(音楽の世界ではひいきは普通のことです)
そういったことからも、今から教授の元でレッスンを受けるというのは音楽の道へ進むのであれば大きなメリットがあると言えます。

音大を出ている者です。音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追...続きを読む

Qチェロかバイオリン経験者の方、アドバイス下さい!

 チェロとバイオリンの違いって、音域以外にありますか?クラシック以外の楽しみ方とかはありますか?
 どちらかを始めたいのですが、最終的には老後の趣味とか、ごく親しい人の前でひけるくらいになりたいです。(現在20代ですが、今まで音楽を習ったことは無く、音感も無いので一から気長に習いたいと思ってます。)
 どちらかを演奏される方がいたら、どんなことでもいいのでゼヒ聞かせて下さい。
 

Aベストアンサー

以前チェロを弾いていたことがあるのですが、
そのとき思ったことを何点か述べさせてもらいます。

1.値段が違います!
 入門レベルの楽器でも、チェロは大きい分それなりに値段が高くなります。
 ヴァイオリンは安いもので数万円から買えますが、
 チェロは10数万からです。楽器保護のためにハードケースを買うとなると、
 これまたチェロはヴァイオリンのケースより高いです。
2.持ち運び
 チェロは車がないと不便です。またトランクに入れるのも
 車内で動かないように固定するのにちょっぴり苦労します。
 バスや電車では周囲の人に大抵嫌がられますので。
 それに第一、慣れるまでとても重たく感じられます。
 一方ヴァイオリンは手軽なので、「余興に1曲」てな感じで
 あちこちで演奏しやすいです。(結婚式の余興なんかにとてもいいと思います)
3.音のする方向
 No1の方も言われてるように、ヴァイオリンは耳のすぐ横で
 高音がするので慣れるまでが大変です。
 チェロの場合は心地よい音色でおなかの辺りに響くような感じです。
4.弾く時の姿勢
 ヴァイオリンは左肩とあごで挟むため、
 持ち方によっては肩こりするし、あごに汗をかきます。
 チェロは抱える感じなので、体勢的に楽です。(休みやすい!!)
5.楽器の個性と人の個性
 ヴァイオリンは独奏が主体、
 チェロは独奏も伴奏も両方いけます。

色々述べましたが個人的には、
一人で人に聴かせてみたいなら、楽譜が豊富でクラシック以外にも
応用しやすく、持ち運びの簡単なヴァイオリンを。
将来的にオケに入ったり誰か他の人と合奏する機会があるようなら、
ヴァイオリンよりも重宝がられ、縁の下の力持ち役でありつつも
おいしい旋律ありのチェロをお勧めしたいです。

以前チェロを弾いていたことがあるのですが、
そのとき思ったことを何点か述べさせてもらいます。

1.値段が違います!
 入門レベルの楽器でも、チェロは大きい分それなりに値段が高くなります。
 ヴァイオリンは安いもので数万円から買えますが、
 チェロは10数万からです。楽器保護のためにハードケースを買うとなると、
 これまたチェロはヴァイオリンのケースより高いです。
2.持ち運び
 チェロは車がないと不便です。またトランクに入れるのも
 車内で動かないように固定するのにちょっぴり...続きを読む

Q小学生になってからバイオリンを始めさせるのは遅いでしょうか?

4歳の息子にバイオリンを始めさせようと思っております。
早くから始めたほうが絶対音感も付きますし良いのはわかっております。

しかし現在のマンションで楽器は禁じられており、3年以内に楽器可能な
マンションを購入する予定です

そのためマンションで演奏できる小学校に上がってから始めさせても問題ございませんでしょうか?
プロになるのは、あわよくば程度にしか考えておりません。

プロを目指していないのなら「いつ始めてもいいのでは」と思われるかもしれませんが
始める年齢による上達具合の差が一般的にどの程度か気になります。
(個人差はどの年齢でもあると思うので、一般的にです)

また、もし小学生から初めてプロになった方がいるなら教えてください。

ちなみに私は25歳でバイオリンを始めましたが、かなり音痴です(笑)

Aベストアンサー

プロや音大を目指していないなら、大丈夫と思います。

音感については、「聴く」「歌う」メインでもよいと思います。

小さい頃に習えば必ずしもいいかというと
運動機能や理解力が不十分なので
上達が遅い、なぜ短調でつまらない練習を繰り返すか長期的なビジョンが見えにくい
〔特にバイオリンは音が出るまで,曲らしい曲を弾くまでの道のりがながいですよね〕
指先の発達する時期も5~6歳ぐらいからですから

ということで、嫌になったり辛くなるお子さんもいます。
実際に年少からバイオリンを始めたお子さんで、すっかりバイオリン嫌いになってしまったお子さんも知っていますし
幼稚園から始めた姉妹で
やっぱり余り早くても運動機能が追いついてない子だと厳しかったとおっしゃるお母様もいました。

5~7歳が適齢という話も聞いたことあります。その先では感覚的なところが遅すぎるけど
早すぎても筋力や頭脳がついていかないので、って。

あまり遅くてもやはり難しい楽器ですから1年生ぐらいまでではないでしょうか。
お耳のことだけなら、聴いたり、リトミック・ソルフェージュ的なことをやるところへ通うとかもできますよね。
ヤマハの音楽なかよしコースとかでもいいですが。
最近思うのですが、狂った音を聞いて覚えるより小さい頃は狂わない音を聞くのも悪くないのかなぁと。

どうしても早く習わせたいなら、最悪毎日は無理でも貸しレッスン室に週何回か通う
という方法もあるかとは思います。

環境が特殊なので一概には言えませんが川畠成道さんは10歳からだそうです。

プロや音大を目指していないなら、大丈夫と思います。

音感については、「聴く」「歌う」メインでもよいと思います。

小さい頃に習えば必ずしもいいかというと
運動機能や理解力が不十分なので
上達が遅い、なぜ短調でつまらない練習を繰り返すか長期的なビジョンが見えにくい
〔特にバイオリンは音が出るまで,曲らしい曲を弾くまでの道のりがながいですよね〕
指先の発達する時期も5~6歳ぐらいからですから

ということで、嫌になったり辛くなるお子さんもいます。
実際に年少からバイオリンを...続きを読む

Q19才でチェロをはじめたが今から音大は無理か?

去年からチェロをはじめました。チェロの音色と曲がとても好きです。
弾いてるうちにもっと上手くなりたい!弦楽六重奏曲も弾いてみたいと思うようになりました。どうすればよいのか?音大にいけばいろいろ学べるんじゃないかと思いました。それと各大学の楽団やサークルに入ればいいのじゃないかと思ったのですが、オケだとチェロの音がきこえにくいとかチェロがメロディーじゃないから・・と思いました。実際オーケストラってどういうものか知りません。こんな私ですが今から音大受験は無理でしょうか?19です。ちなみに関係ないかもしれませんが12年間ピアノをやっていて音楽(クラシック)初心者ではありません。

Aベストアンサー

私の弟は小学3年からチェロを始め、今はヨーロッパでオーケストラでもう30年やっております。専門のやると決めたのは中学2年ぐらいでしょうね。それでも最初から、芸大のチェロ専攻の学生に師事しておりました。
そのくらい訓練してで専門家になり得たと考えると、生半可ではダメですね。音楽家で結構遅くから始めても何とかなるのは、声楽でしょうね。一般高校の2年ぐらいから始めて音楽学校へという人もいますよ。ピアノを12年間やっていたとしても、音楽家になるための専門的訓練を受けていないと、どんな専攻でも専門家になれないと思います。あとは、音楽的素養が必須です。私の兄は高校2年になる頃から専門的に声楽と作曲理論を勉強しだし、ストレートで芸大作曲科へ入りましたが、まあ、素養があったとしか考えられません。
器楽で専門家にを目指すのならばもう遅すぎるように思います。

Qチェロでの音大受験についてです

チェロでの音大受験についてです
今年の3月からチェロを初めて三ヶ月程経った、今年で17になるものです。

レッスンの先生に最近、音大に行ったらどうか?と言われました。
普通レベルな私立の音大ならこのまま続ければ入れるそうですが、資金的に私立の音大はとても無理なので、行くならば芸大などの国公立の音大か大学の音楽科になります。

現在、高専という5年間で卒業しそのまま就職という特殊な高校に通っています。
このまま学校を卒業すれば間違いなく就職でき、専門的な仕事につき安定できる環境です。
卒業後、大学進学・大学3年次編入というのも可能です。

なので決して安定出来るとは言えない音大に進むことは現実的でないかも知れないです。

目指すならば芸大なのですが、近々レッスンの先生の先生に師事するつもりです
その先生は芸大卒で、今はある音大のチェロ講師です。

あと3・4年間その先生のもとで勉強して芸大に行ける可能性はあるのでしょうか?
実技以外に楽典・ソルフェージュ等があるのは把握しています。

芸大卒な方、詳しい方是非ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

私の弟は芸大/大学院でチェロを専攻したもので現在30年以上ヨーロッパでそれなりのオーケストラに所属しております。チェロを習い始めたのは小学校3年生の頃です。チェロは出入りの楽器店に頼んで小型の物を手に入れました。先生は
兄が芸大の作曲科の学生でしたので、同期のチェロ専攻の人を頼みました。それ以来、二人の芸大生に学び、専門にチェロを学ぶと決めて付属高校に入るために、芸大の先生へ付くことに決め、その一寸前からピアノを習い始めたようです。付属だからと言って全員が芸大へ入れる訳ではなく、一般の入試を受けねばなりません。実技の勉強は弟の場合は芸代入学時にはすでに10年近く続けていたことになりますね。それと、国立ですから、センター試験を受けねばなりません。軽く見てはいけません。弟の同級生で芸大には合格できなかった人がいたそうです。その人は芸大にはいけなかったが、一番のオケに入れたそうです。弟はだめだったようです。

実技試験の内容は、音楽大学専門の問題集があります。ヤマハの店などで売っています。後は、大学のHPには載っていませんか?要するに、何年練習したから、芸大に入れるとか、いう問題ではないのですが、かなりの努力が要ると言うことでしょう。あとは、音楽家としてやっていける素養も重要ではないでしょうか。現在習っている先生に真剣に質問すれば、本音が聞けるでしょう。N響以外は収入的にかなりきついようで、アルバイト、エキストラ、の連続かも知れないですよ。

私の弟は芸大/大学院でチェロを専攻したもので現在30年以上ヨーロッパでそれなりのオーケストラに所属しております。チェロを習い始めたのは小学校3年生の頃です。チェロは出入りの楽器店に頼んで小型の物を手に入れました。先生は
兄が芸大の作曲科の学生でしたので、同期のチェロ専攻の人を頼みました。それ以来、二人の芸大生に学び、専門にチェロを学ぶと決めて付属高校に入るために、芸大の先生へ付くことに決め、その一寸前からピアノを習い始めたようです。付属だからと言って全員が芸大へ入れる訳ではな...続きを読む

Qヴァイオリンの習得期間

楽譜も読めなく、音もわからないものです。
ヴァイオリンを自分の力で
楽譜を見て引けるようになるには
どれくらいの期間が必要でしょうか?
レッスンを週一で受けて一日平均1時間くらい練習
した場合で、だいたいでいいので詳しく教えてください。

また、吉俣良の「冷静と情熱のあいだ」(映画:冷静と情熱のあいだのサントラ2番)を、あそこまで
綺麗じゃなくてもいいので、だいたい弾けるように
なるにはバイオリンを始めてどれくらいの期間
必要でしょうか?
それと、この曲のためのみにヴァイオリンの練習を
した場合、どれくらいの期間でできるように(一応
弾けてるなってレベル)なるでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

あまり「難しい」と脅かすのも問題ですが、「一般の初心者の感覚」が人によってかなり違うのもありますので、真剣に趣味として楽しみたいと思っている人の出足をくじくこともしたくないと思います。

バイオリンを美しく奏でることと、音符を読んで弾く、という力は別のことです。たとえば、ピアノやフルートや歌を何年もやってある程度習得している人にとっては譜読みの問題はさほどないでしょう。むしろ譜面は読めるのに、バイオリンを弾くということの難しさを感じると思います。バイオリンは鈴木メソードのような指番号だけで覚えるやり方ではじめてもある程度のレベルの曲は弾けたりします。長年ピアノをやっていた友人は、バイオリンに転向して、「和音がほとんどなくてメロディーだけだから案外弾きやすくて楽しい」と言ってました。

ピアノを教えていますが、大人の趣味の方に薦める場合、1日最低30分は練習してみてください、といいます。通常これができない人が多いのです。1日30分を一年続けることが苦痛でなければ、趣味ならそこそこできると思いますよ。もちろん先生には必ずついてくださいね。

Q子供に最初に習わせる楽器は?

娘が3歳になったので、楽器を習わせたいと思います。ピアノかバイオリンで迷っているのですが、それぞれの長所・短所などがあれば教えてください。私自身も子供の頃ピアノをやっていて、当時はあまり好きになれなかった経験があるのでどちらの方が入りやすいかなどもあれば教えていただけると嬉しいです。

今考慮している点としては
・バイオリンをやってもいつかはピアノを習う必要が出てくる。ピアノはどちらにしてもいずれ弾けた方が良い
・ピアノを弾ける子はあまりにも多いから、習っている子がピアノよりは少ないバイオリンを弾けるようにしてあげたい気持ちもある
などです。本人が希望しなければ特に音楽の道に進ませようというのではありませんが、素人なりにも聞ける演奏ができるくらいになって欲しいと願っています。私は小学校からフルートを始めたので、将来もし本人が管楽器をやってみたいと言ったらそれも良いかな、と思っているのですが…。ご意見よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

今晩は。

何よりも音楽の基本はピアノだと思っています。
そして、ソルフェージュ全般ですね。

ピアノから音楽の勉強はすべてが広がると思いますね。
音大などの受験、その先の音楽家の可能性をみたら、
ヴァイオリン科の人はほとんどピアノがそれなりに弾け
ます。ピアノでだいたいの基本を学べば、ピアノにむかな
かったときに、他の楽器に方向転換していけますが、
ヴァイオリンだと音楽科、音楽家の方向でやっていくなら
両方レッスンしないといけないし、かなりのお金がかかると思います。

それに身体の成長に合わせ、楽器の大きさもヴァイオリンだと変えていかないとだめだし、何よりもお金がかかります。上達していくにつれて、ヴァイオリンはそれなりの楽器=値段を与えてあげないと、いくらうまくても安物のヴァイオリンでずっとやっていくのは辛いと思います。

音の煩さなんてのは、音楽嫌いの人にとったら同じことで、練習量もピアノとヴァイオリン、変わらないと思います。グランドピアノを幼少から買い与えてあげても、せいぜい100万前後で、年に1~3回程度の調律ですみます。

相談者さんの判断で、おうちで生活しているのをみて、
お子さんに素質があると思われるだったら、可能性にかけてちゃんとした楽器と先生、レッスンを与えてあげればいいと思いますが、そうではなくって、いくらやっても上達しないし、本人も義務感でやりそうな雰囲気が習う前からあるようだったら、やめておいた方がいいですね。

ピアニストとかを思えば、3歳からみっちり基礎をやっていった方がいいですけど、クラシックの教養をみにつけるくらいなら、リトミックなど、歌って踊って、とにかく楽しいといったリズム感など、音に親しめるようなもんをやったらいいと思いますよ。

ヴァイオリンこそ、ほんとのお金持ちがやるもんだと
思っています。音大生やってた学生時代、弦の子で貧乏な
家庭の子なんていませんでしたよ。それに何百万、何千万の楽器をいつも持ち歩いてました。

ピアノがまず初めで、そこから歌科=オペラ歌手や、
ジャズ歌手など、フルーティストや作曲家、または楽理の
専門家なんかの可能性はありますよ。

今晩は。

何よりも音楽の基本はピアノだと思っています。
そして、ソルフェージュ全般ですね。

ピアノから音楽の勉強はすべてが広がると思いますね。
音大などの受験、その先の音楽家の可能性をみたら、
ヴァイオリン科の人はほとんどピアノがそれなりに弾け
ます。ピアノでだいたいの基本を学べば、ピアノにむかな
かったときに、他の楽器に方向転換していけますが、
ヴァイオリンだと音楽科、音楽家の方向でやっていくなら
両方レッスンしないといけないし、かなりのお金がかかると思います。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング