ビールではアルミ缶が使われていますが、清涼飲料水ではスチール缶が使われています。どうして使いわけるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず定義から整理します。

アルミ缶は陽圧缶(内圧あり)しかありません。スチール缶は陽圧缶と陰圧缶(真空状態)があります。
清涼飲料水は炭酸と非炭酸があり、非炭酸も窒素充填をする事で陽圧にする事ができます。
ですから使い分けの1つは陰圧にするか陽圧にするかです。
たんぱく質が入っているなど品質保証システムから陰圧缶を使う必要がある場合もあります。

では陽圧缶に2種類あるのはお互いメリットがありからです。
スチール缶のメリットは安い事です。しかし、鉄の臭いがする、黒っぽくなるというデメリットがあります。
アルミ缶のメリットは鉄臭がしないことです。また鉄に比較してコストが高い事です。

そのメリット・デメリットで決まります。例えばお茶・コーヒーなどは鉄の薬缶でお湯を沸かした淹れてきた歴史がある事などから、鉄の臭いは単純なデメリットにはなりません。そして多くのコーヒー缶はスチール缶(陰圧缶)です。

また例外もあります。例えば鉄の町(北九州市など)ではビールもスチール缶です。
    • good
    • 0

中に詰めるときに熱い場合はスチール、冷たい場合はアルミ。

理由は熱いものをつめてふたをしてもさめるとき熱収縮するので。アルミでは強度的に持たないのでスチールを使う。
    • good
    • 0

飲料メーカーがどの様な基準で選んでいるいるかは知りませんが,基本的にはその化学的な性質とコスト(リサイクルコストも含めて)によっていると思います。

清涼飲料といっても炭酸の含まれているものはアルミ缶を使っているようです。スチール(鉄)はアルミに比べて酸に弱いため。コストはスチールの方が安いのでしょうが,リサイクルを前提とするならアルミの方が扱いやすいでしょう。
    • good
    • 0

ビールなどの炭酸飲料は、中の圧力が高いので薄いアルミ缶でも大丈夫ですが、ジュースなどの清涼飲料水は、薄いアルミ缶に入れるとへこみやすいのです。

厚いアルミ缶に入れれば強度不足は解消しますが、コストが高くなるので鉄の缶に入れます。一時期、窒素ガスをジュースと一緒に圧力をかけて充填し、薄いアルミ缶の強度不足を解消していたことがあったと思いますが今は見かけません。
    • good
    • 0

アルミ缶のほうが早く冷えやすいのでビールにはアルミ缶と聞いたことがあります。

清涼飲料水がスチールなのは、圧倒的にコストが低いからだと思います。
    • good
    • 0

内圧や、歪み強度の問題に加えて、ホットにしたときの保温力の問題もあるんじゃ


ないでしょうか。あんまり自信ないけど。
    • good
    • 0

炭酸飲料と窒素充填飲料とでは、状況による内圧の変化が大きく異なります。

炭酸飲料は温度や攪拌などにより、二酸化炭素が気化しやすくなります。その際に素材が変形しやすいアルミ缶だと、缶の歪みを吸収してしまうのに対して、スチール缶では破裂の恐れがあるのではないかと思います。
    • good
    • 0

輸送中や消費者のミスなどで、缶の温度が上昇したとき、スチールだと強度がありすぎて、内圧によってふたが開いてしまう、アルミだと柔軟に内圧を分散してふたが開かない。

のではないかと、思ってました。けど、下の回答の方が正しいかも。
    • good
    • 0

清涼飲料水でもスチールでなくアルミが使われている物も結構あります。


大きく分けると炭酸系の物などにアルミが使われているようです。
おそらくビールや炭酸系の物だと内圧が上がるので缶自体の強度を持たせなくても
輸送中に変形するおそれが少なく、コーヒーなどだと内圧が少ないので強度を持た
せているのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「アルミ缶」と「スチール缶」

アルミ缶やスチール缶のフタを開けると「プシュ」って音がしますよね?
どうやらアルミ缶とスチール缶では音が違うらしいんです。
何故でしょうか?
ラジオで少し聞いたんですけど、覚えてないんですよね。

覚えてる範囲だと、気圧の違い(?)で、
1)空気が缶の中へ入っていく
2)気体が缶の外に出て行く
だったような気がするんですよ。
どっちがアルミ缶でどっちがスチール缶かも覚えてないです。(笑)

缶の中の気体の名前も一緒に答えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

某森本さんの番組ですね。

アルミ缶
・主に炭酸系の飲み物に使用。
・中の気圧が高く、開缶時にガスが外に出る「プシュ」という音
・中の気圧が高くないと、形状を保持できない

スチール缶
・糖分等が含まれる飲料用
・中の気圧は低い、開缶時に空気が入って行く「パコン」という音
・空缶でも形状が保持できる

糖分とアルミ缶は相性が良くないようで、
某UCCのブラック缶コーヒーが、アルミ缶を採用できたのは
「無糖」だったから、と何かで読んだ記憶があります。

Q溶かしたアルミ缶はリサイクル可能?

晩酌で発泡酒の缶が大量に出ます。
ひと月に100缶ほどでしょうか。
改めて数えると飲みすぎですね‥(*_*;

このアルミ缶をバーナーで溶かして塊にした場合、リサイクル業者は引き取ってくれるのでしょうか?

アセチレン&酸素ガスは持っています。

Aベストアンサー

アルミに価値があるから、アルミ缶を選別して回収しているわけで・・・
溶かして塊にした場合、アルミ(アルミ缶由来)の塊であることが判らなくなりますよね(アルミ缶回収業者も、プレスのみの正体が判る状態で転売していますね)。
その場合、アルミの価値ではなく、正体不明の金属塊として引き取りを拒否されるか、買い叩かれるのがオチではないか と。

それとも、金を払ってでも公的機関に成分の証明書を発行して貰いますか?
手間を掛ければ掛けるほど、無駄な出費が増えるだけだと思いますが・・・。

Q自動販売機 アルミ缶 スチール缶

なぜ自動販売機にはアルミ缶とスチール缶があるのでしょうか。
それぞれのものにする理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

キリンなどのページに説明あるが、構造違い、用途ごと使い分けです。

スチール缶は「高温で殺菌して詰めるもの」、、例えば果汁、コーヒー、お茶。冷えると大気の圧力でへこもうとします。外圧に強いスチール缶です。

コーラや炭酸飲料、ビールは膨張し、缶が膨らむ感じになる。そこで伸びる(やわらかい)アルミ缶です。ビールの缶の底が触るとへこんでいるのは膨らんだときの圧力(内圧)の対策とか。

技術は進歩するからいまはビールなどでも薄いスチール缶も使う。

Q空き缶をプレスしてくれる会社、またはプレスされた空き缶を売ってくれる会社

私は環境問題とデザインについて勉強をしている大学生です。
今、作品製作の材料をさがしているところで、リサイクルするためにプレスされた空き缶を使いたいと思っています。
あるリサイクル業の会社さんに「プレスされた空き缶をください、もしくは売ってください」と直談判しにいったり電話もして粘ったのですが、結局「企業の契約しているから」と良い返事をもらうことが出来ませんでした。
もちろん他の企業にも当たってみるつもりですが、勝手な都合ですが時間がないもので、この調子で他の企業にも断られては困るので、プレスされた空き缶をいただけるようなリサイクル会社を知っている方、または金属類をプレスしてくれる会社ご存知のかたいたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

処理業者から分けてもらうことは、「委託を受けた企業や自治体との契約を破って横流しした」と言うことになります。これでは処理業者に法的な責任が及び、最悪の場合処理免許の取り消しを受ける可能性がありますので、適切に処理をしている業者では間違いなく断られるでしょう。
ご自分で空き缶を集め、処理業者に「委託加工」してもらうと言うのなら可能性があるかもしれませんが・・・

ちなみに小生もその昔(25年前)学園祭のモニュメントで空き缶が必要になり、毎日授業をサボって公園のゴミ箱をあさったり、飲料メーカーの営業所にリヤカーを引いて通って集め、一缶一缶自分で加工しました。
現在はごみ集積所や公共施設のゴミ箱から空き缶(有価物)を集めることは、「泥棒」であるという条例を定めた自治体が多いので、それすらできません。
自分で使用(購入)した空き缶の処理を委託するしか道はないかもしれません。

できるだけ安く大量に空き缶を集めたいとお考えでしたら、自治体の不燃物処理場に直接足を運ばれるのが、一番可能性があると思います。
あくまで現場裁量ですので、保証の限りではありません。

あしからず。

処理業者から分けてもらうことは、「委託を受けた企業や自治体との契約を破って横流しした」と言うことになります。これでは処理業者に法的な責任が及び、最悪の場合処理免許の取り消しを受ける可能性がありますので、適切に処理をしている業者では間違いなく断られるでしょう。
ご自分で空き缶を集め、処理業者に「委託加工」してもらうと言うのなら可能性があるかもしれませんが・・・

ちなみに小生もその昔(25年前)学園祭のモニュメントで空き缶が必要になり、毎日授業をサボって公園のゴミ箱をあさったり...続きを読む

Qなぜアルミ缶とスチール缶を使い分けているのですか

自動販売機の缶ですが、アルミ缶に入っているものと、スチール缶に入っているものの2種類があるのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

みなさまのご回答と重複しますが、

缶メーカーの東洋製罐の参考資料です。(缶飲料における内容物と容器の関係)↓

http://www.toyo-seikan.co.jp/technique/can/kind/index.html

主に、内容物種類による陰圧向き・陽圧向きの使い分けのようです。

参考までに
  

Q口蹄疫での消毒で、酸性の薬剤とアルカリの薬剤とを使いわけず、どちらか一

口蹄疫での消毒で、酸性の薬剤とアルカリの薬剤とを使いわけず、どちらか一方で消毒したほうが、薬剤の混ぜ合わせによる中和などおこらずに済むのに、なぜ、使う場所や物によって、酸性とアルカリ性の薬剤を使いわけてるのでしょうか?

Aベストアンサー

アルカリ系は生体に害があるので、人体や畜体の周辺には酸性系でないとまずいが、酸性系薬剤だけだと数が足りない。
一方で、消石灰や炭酸ソーダなどのアルカリ系薬剤は大量に用意できる。

多分こんなところかと。

Qなぜ実験をするときにスチール缶を使うことが多いのですか?

なぜ実験をするときにスチール缶を使うことが多いのですか?
アルミ缶では何がいけないのですか?

実験内容は熱するような実験です。

Aベストアンサー

 木炭を作るのでしたら、木の温度が少なくとも400~500℃以上を保つ様に加熱し続ける必要があると思います。

【参考URL】
 炭化温度による炭の性質
  http://shiratori.com/jyuutaku/osusume/sumisetsu1.htm

 そうしますと、外側の缶は部分的には、それ以上の温度になる可能性が高く、融点が660℃のアルミニウムでは、耐熱限度までの余裕が少な過ぎるため、危なくて使えません。
 アルミ缶の全表面に温度計を取り付けて、温度が高くなり過ぎない様に、火加減を慎重に管理すれば、アルミ缶で木炭を作る事も不可能ではないでしょうが、その様な面倒な事をするくらいならば、スチール缶を使った方が簡単です。
 又、アルミ缶では温度を高く出来ないため、木炭が出来るのに必要な時間がスチール缶よりも長くなります。
 授業時間内に実験を終了させるためには、高温で早く炭を作れるスチール缶の方が向いています。
 結論、炭を作るためには、アルミ缶は融ける温度が低過ぎるため、危なくて使えない。
 無理矢理アルミ缶を使おうとすると、高温でも使える温度計が多数必要になり、無理のある温度管理もしなければならない上に、時間も余計に必要になるため、アルミ缶を使うメリットが無い。

 木炭を作るのでしたら、木の温度が少なくとも400~500℃以上を保つ様に加熱し続ける必要があると思います。

【参考URL】
 炭化温度による炭の性質
  http://shiratori.com/jyuutaku/osusume/sumisetsu1.htm

 そうしますと、外側の缶は部分的には、それ以上の温度になる可能性が高く、融点が660℃のアルミニウムでは、耐熱限度までの余裕が少な過ぎるため、危なくて使えません。
 アルミ缶の全表面に温度計を取り付けて、温度が高くなり過ぎない様に、火加減を慎重に管理すれば、アルミ缶で木炭を作...続きを読む

QスチールナットにおけるRoHS対応について

今月から施工されたRoHS指令に対応するためのスチールナットについての化学物質含有量を調査しています。
どのメーカーのスチールナットもRoHS指令の閾値以上の鉛を含んでおり、RoHS対応とうたわれているスチールナットも同様です。
メーカーに問い合わせたところめっき部分において六価クロムから三価クロムに変更したことでRoHS対応としているようです。
しかし実際には閾値以上の鉛を含有しており、本当にRoHS対応と言えるのか分かりません。

このようなナットをRoHS対応と言うことができるのでしょうか?
また、鉛を含まないスチールナットというものは存在するのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

chiharu-2006さん、こんにちは。
すでにご存じかもしれないですが、わかる範囲で解答させていただきます。
RoHS指令は、対象製品を
・大型家庭用電気製品 ・小型家庭用電気製品 ・IT・遠隔通信機器 ・民生用機器 ・照明装置 ・電動工具 ・玩具 ・自動販売機および電球等
としています。
鉛に関しては「適用除外項目」があります。
・陰極線管、電子部品及び蛍光管のガラスの中に含まれる鉛
・合金成分として、鋼材に含まれる0.35wt%までの鉛、アルミ材に含まれる0.4wt%までの鉛、及び銅材の4wt%までの鉛
・高融点はんだ中の鉛 (すなわち鉛含有率が重量で85%以上の鉛ベースの合金)
・鉛・青銅ベアリング・シェル及びブッシュに含まれる鉛      等

スチールナットについては、専門外なので鉛を含まない製品があるかどうかは不明です。(申し訳ありません)
もし可能であれば、メーカー側に「鉛含有でもRoHS指令対応」となっている理由を聞いていただければ、と思います。
よろしくお願いいたします。

追記:
もしかして、EICネットでもご質問されてらっしゃいますか?

chiharu-2006さん、こんにちは。
すでにご存じかもしれないですが、わかる範囲で解答させていただきます。
RoHS指令は、対象製品を
・大型家庭用電気製品 ・小型家庭用電気製品 ・IT・遠隔通信機器 ・民生用機器 ・照明装置 ・電動工具 ・玩具 ・自動販売機および電球等
としています。
鉛に関しては「適用除外項目」があります。
・陰極線管、電子部品及び蛍光管のガラスの中に含まれる鉛
・合金成分として、鋼材に含まれる0.35wt%までの鉛、アルミ材に含まれる0.4wt%までの鉛、及び銅材の4wt%までの鉛...続きを読む

Qなぜアルミ缶とスチール缶がある?

缶ジュースや缶コーヒーってアルミ缶のものとスチール缶のものがありますよね。
でも、なぜ2種類あるんですか?
どちらか1つでもいいと私は思うのですが、2つある理由は何なんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

アルミ缶は軽量で加工しやすく、さびにくいのです。
また、最近は企業イメージのため環境にも力を入れることが多くリサイクルが容易なアルミ缶を使います。
ところが利点ばかり多いアルミ缶にも致命的な弱点があります。
それは強度です。スチール缶に比べて弱いんです。
ですから商品を作っても、消費者の手に渡る前に破損。あるいは、消費者に多大な迷惑がかかる可能性があります。
そのため、アルミ缶には炭酸飲料をいれて内圧をかけます。そうすると、外部からの衝撃に大しては、内圧以上の衝撃でない限り、破壊しません。
ビールや炭酸飲料にはアルミ缶が多いですよね。
それはこうした理由からです。
ということで、炭酸飲料ではないコーヒーやお茶、フルーツジュースなどはスチール缶が多いと思います。
特にコーヒーのアルミ缶は私は見たことありません。

ただ、最近は技術が発達してきたので、コーヒーでもアルミ缶でできるそうです。

Q高調波電流ではなく高調波電圧では?

高調波電流が系統に流出して他の機器に悪さをするかの説明をよく見聞きするのですが、私は下記のように考えます。間違っていますでしょうか。どなたかご教示下さい。

配電系統における高調波被害の原因は、コンバータなどの高調波原因機器(以下、原因A)に高調波電流が流れる。→配電線の電圧降下により、原因Aの電源側の電圧波形が歪む。→原因Aの電源側につながっている他の負荷(以下、負荷B)に印加される電圧が歪んで(高調波成分を含有)いるため、負荷Bに高調波電流が流れて加熱・振動などの問題を生じる。

すなわち、
原因Aによって、負荷Bに加熱・振動などの問題が生じるのは、原因Aから系統側に高調波電流が流出し、それが負荷Bに流れ込んで悪さをしているのではなく、あくまでも原因Aの受電電流によって引き起こされる電圧歪みが原因である。

Aベストアンサー

>この矩形波電圧は、インバータに接続された負荷には印加されるものの、コンバータの電源側すなわち系統側には印加されないので、系統側への影響はないような気がするのですが。
●電源側には印可されないというのはそのとおりですが、電源側にも重畳してしまうということです。通常は電源側にフィルターが設けられてますから軽減されていますが、質問者さまが例として上げておられるコンバータもそうなんですが?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報