痔になりやすい生活習慣とは?

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦より安い、軽いので耐震性に優れる、部屋を大きくとれる(瓦の庇がないぶん)事に惹かれています。
とは言え、メンテナンス費用がかさむようでは、瓦にすべきか迷っています。

これらについて、実際にステンレス陸屋根に住まれている方、陸屋根を検討された事がある方、専門家からの更なる詳しい情報を頂けると、大変助かります。
また、陸屋根を採用した場合の、事前の対策などありましたら教えて下さい。
屋根についてどんな些細な事でも構いませんので、回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。


 平らなほうがしにくい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
 10年位は大丈夫(早すぎるのが不良を起こします)艶がなくなってきた位に塗っておけば、長持ちします。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
 そんなに大きくわからないでしょう。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
雨音は瓦に比べると、歴然としていますが、断熱や遮音の改良をすれば音も気にならなくなります。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。
結露はどちらでも一緒ですが、勾配がないほうが危険は低いですね。

良い点は、メンテナンスが割安に出来るのと、点検もらくですし、ソーラーも発電率がいいでしょうね。地震にも強いし。
こんな位でいいでしょうか。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

(1)陸屋根の方が雨漏りしにくいんですね。瓦の方がしにくいものと、先入観をもっていました。
(2)10年塗り替えメンテナンスであれば、さほど苦にはならないですね。メンテナンスが割安な事は初耳です。
(4)断熱や遮音は、屋根下にグラスウール10K140mmです。適切な質量でしょうか?
(5)勾配がないほうが、結露の危険が低いのですね。

一長一短あり、屋根材ひとつ決めるにも、なかなか労力がいりますね。

お礼日時:2008/06/27 14:38

気になるのはメンテナンスと雨漏りの危険性でしょうか。

陸屋根は勾配が緩いので軽微な不良でも雨漏りにつながります。勾配屋根に比べて雨漏りしやすいです。ステンレスとはいえ表面の塗膜で防水性を高めているでしょうから、塗膜の耐久性に合わせて塗装するメンテナンスが必要です。防音・断熱・結露は断熱材と防湿層がきちんと工事されていれば問題は起きないと思います。
    • good
    • 2

専門家紹介

寺澤秀忠

職業:建築プロデューサー

1級建築士事務所 匠拓

匠拓について
住む人使う人作る人を考えて設計しています。
事務所を1997年8月設立 木造にコンクリート造・鉄骨造の
住宅・マンション・店舗・事務所・個人医院など企画・設計・監理を行っています。

一生に一度の家づくり、せっかく作るなら、
心が安らぐ自然素材の家、丁寧に作った安心の家づくり。
そんな家づくりをお手伝いしたくて、設計事務所を営んでいます。

使いやすい間取り、ちょっと懐かしい、
昔ながらの落ち着いたデザインで
日本の気候風土に合う家。

無垢の木、珪藻土や漆喰など自然の素材をつかい、
職人の確かな技術に支えられた造り、
良いものを作りたい思いを大切にしています。

詳しくはこちら

専門家

実際にハイムの陸屋根に住んでいるものです。


私のわかる体感した範囲ですが、
(3)ほとんどきになりません。
(4)雨音は非常に少ないです。むしろ、友人の家(木造の在来工法での新築住宅)に比べてはるかに静かですよ。
(5)結露は全くありません。以前はアパートに住んでましたが、結露がひどかったですが、ハイムはペアガラスが標準だったと思いますが、そのおかげで全く問題なくなりまりました。

(1)(2)はよくわかりません。
参考になればよろしいかと・・・
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

実際に住まれている方からの意見は、大変参考になりました。
ハイムのステンレス陸屋根は、とても性能がいいような気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/04 00:09

30坪で3000万円とは坪100万円ですか、普通の工務店でしたら、設計事務所に設計料を別に費用を支払っても、坪当たり70万円もあれば高気密高断熱の素敵なかなり上等の家が出来ます。



差額の約1千万円はセキスイの宣伝広告費、モデルハウスの費用、営業マンの給料に会社の儲けでだと思います。
それだけ余分なお金を掛けても、断熱や遮音、外観上もたいした事が無いフラット屋根が良いと思われますか?
セキスイハイムならソーラパネルが標準装備でしょうか?
安いような見積になっているかも知れませんが、送金額を見てもかなり高く取っているはずです。
ソーラパネルの元を取るには数年後に値段が半額になってからでないと無理です。
現在ソーラパネルに掛けるお金があれば、その分を家具やカーテンに少しでも余分にお金をかけたほうが賢いと思います。

他も当たって充分ご研究下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

住宅購入にあたって、労力を惜しんでは、いい家は建たないですね。
研究してみます。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/27 22:35

日本の気候風土を考えて金属製の陸屋根なんて住いに使うべき物ではありません。

倉庫や事務所ならやむおえないかも知れませんが・・・
セキスイハイム等のユニット化には都合の良いものですが、断熱や遮音は多少の厚みを増やしても効果は薄いです。三角屋根の懐も大事な空気層です。人間だけでなく、建物の健康も良くありません。
屋根はステンレスですか?

なら屋根材は決して安くありません。瓦の何倍もします。
ステンレスは100年でも持ちますすが、下地のの骨組みの鉄は30年から40年程度でかなり錆びて、建物自体の寿命に近づきますから、屋根だけ巣ステンレスの意味がありません。

セキスイハイム・・総合計の金額で幾らになります?

在来の普通の工法で建てれば2割以上は必ず安く上がると思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も素人ながら、本で「日本の気候は三角屋根がよい」と読んだ記憶があるので、気になっていました。
ステンレス屋根は100年も持つんですね。ご指摘のように、建物自体との兼ね合いを考えないと、意味がないと言う事ですね。

ハイムは見積中で、建坪30坪で3000万です。これからまだ変動あるかもしれません。

在来工法だと2割も違うんですか。驚きました。

お礼日時:2008/06/27 14:54

事務所に多い平屋根ですね。



雨音が心配です。住居は寝るところですから、大雨の日は寝られない
ほどではないかと、思います。
寝静まるといいますが人によって、卓上時計の音でも気になります。

現物の屋根の一部断面を、業者にもらって、風呂場でシャワーすると
想像できるでしょう。

大雨の日にモデルハウスに行って聞いてみるのもありですが、
昼間は、自動車などの騒音も多くて、しんとする夜間とは違います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

雨音が気になるかどうか、個人差も多少あるのかもしれませんが、私も気になるのではないかと心配しています。
やはり一日のほぼ三分の一は寝ていますので・・・。

現物の屋根一部断面を、業者からもらう事も可能なんですね。確認してみます。

お礼日時:2008/06/27 14:29

多くの場合「メーカーが薦める」はメーカーに都合は良い。



「陸屋根」についてのご質問ですが、「セキスイハイム」の陸屋根を検討されているということで、実際には「施工法限定」ですね。
コメントは「陸屋根全般」としてなのでご承知ください。

陸屋根は施工に問題が無ければ雨漏りはしないです。(コレは勾配屋根も同じですが)

ただ、防水処理の定期メンテナンスがついてまわります。
で、一行目に書いた一文。
メーカーは利益を取って施工したあと、メンテナンスの仕事もくれば拾えるし、保証は初めから謳った期間だけなので、あとの仕事が来なくても知ったことでは無い。

屋根裏廃熱は陸屋根でも出来るし、やるのが普通と考えます。
「無い」と書かれているのでやらないのかと思いますが、やってもらえば宜しいかと。
雨音は遮音(減退)施工がされると思います。しないのかもしれませんが。

ハイムは規格しか建てないのでやらないと思いますが、勾配屋根でも庇(「軒(のき)」の事と解釈します)無しの施工法というのは有りますから、勾配屋根が特に土地に対して建物配置・部屋(床)面積を確保しにくいということはありません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

詳しい回答を頂きまして、ありがとうございます。

雨漏りは、施工が重要になってくるんですね。ハイムは下請け建設なので、そこの腕にかかってくると言うことですね。

防水メンテナンスの頻度が多いと、やはり少し面倒ですね・・。建坪30坪だと、大体いくら位かかるのでしょうか・・?

遮音は屋根下にグラスウール10K140mm厚が入るそうです。これで足りるのか、素人には判断できませんが、信用するしかないですね。

屋根裏廃熱は、すぐに確認してみます。

勾配屋根でも軒無しの施工法と言うのが在るんですね。ハイムからその提案は無かったのですが、聞いてみます。
もし可能なら、それで瓦屋根を建てるのが最良案かもしれません。

お礼日時:2008/06/26 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧

セキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧められました。
確かに、劣化している部分はあるのですが、十年で、外壁塗装をする必要があるのか疑問です。
話を聞いていると、10年毎に塗装をした方が、いいという話です。
60年だか耐えられる家という話だったのに・・・
そんなに、もろい物か疑問です。
確かに、早めに対応していけば、傷みも酷くならず、もちが違うという話もわかるのですが、急がせる部分があって、なんだか怪しい気もしています。
レンガを貼るということも勧められましたが、その必要性が本当にあるのか、営業の人に乗せられているのか心配です。
たった10年で塗り替えをしないと長く持たない家だったのかと思うととても損した気分です。
外壁と屋根の塗装は、どれくらいの頻度で行うのが良いでしょうか??
他の業者にやってもらうと、セキスイの素材に合わないので、はがれたり、傷めることがあるみたいなことも言っていたのですが、本当にそうなのでしょうか?
教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条件などにもよるのですが、10年とか15年目の手入れをせずに20年まで来てしまった場合、22年目で外壁や屋根がはがれおちるなんてことになりかねません。
メーカーはそうならないように、やや早めの手入れを勧めているわけです。

例として、10年、10年で塗装、30年目で外壁や屋根材の吹き替え、というのが標準的かと思います。
最初の塗装を15年目でも構いません。その場合、25年目で吹き替えの必要が出てくるかもしれないというイメージです。

15年塗装が絶対に要らないなんて材質は私は聞いたことがないです。

塗装のみを例として書きましたが、シーリング剤、防水加工など10年ぐらいで点検する必要があります。

さらに私が知っている事情としては、材質に当たり外れというのがあるので、6年目ぐらいから、材質の痛みやたわみの変化、シール部の痛みなどを目を光らせておき、早めにメーカーに相談(保証のうちなら好ましい)するのがよいと思います。

60年住めるようにするのは、最初に建てた業者だけでは無理で、ユーザーの手入れやチェックも必要ということです。

煉瓦は、それによりより強くなったり、飽きずに住めることの勧めでしょう。不要なら不要といえばよいです。

補修が必要かどうかは、ほかの業者に一度見て見積もりしてもらえば、妥当な処置かどうかわかります。

他の業者だと材質が合わないのではなく、立てたセキスイが理想と思う材料や工法で補修してもらえるか積水は不安ということでしょう。

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Q築2年のセキスイハイムの家で雨漏りが・・・

築2年のセキスイハイムの家で今日、雨漏りが起こりました。実は2回目で前回は少量なのでなんだろうと思った程度ですが、今回は1~2分に1滴たれてきます。場所は1階のリビング、上部は吹き抜けと寝室の境界辺りで1階の天井クロスの継ぎ目1mに渡り濡れています。上部が室内ですから直接の浸水ではなく、どこかから伝ってきていると思うのですが明日にでも早速セキスイハイムに連絡します。完全な修繕がは難しいとよく聴きますが我が家ともなれば当然パーフェクトに直して欲しいです。どういった対応を求めればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

1Fリビングの上が室内との事でしたのでベランダは考えていませんでした。ベランダであれば出入りの為のサッシがありますのでサッシ下の立ち上がり部分なども要注意箇所ですね。もしくは手摺り周りなども見る必要があります。屋根形状から察するに屋上からというのは少し考えにくいかもしれません。ただ水はあらゆる場所から浸入しますので1つ1つ見ていくしかありません。

>もし見つかったとしても水の通った箇所が痛んでいることは無いのでしょうか?

無いとは言えません。お住まいのエリアによって使われている材料が変わります(防火地域かそうでないかなど)ので一概に言えませんが、駄目になりやすい物としては石膏ボードが第一に挙げられると思います。断熱材もどのような物を使っているかによります。ただ、それほど大量に雨水が浸入したわけではないのであまり神経質になる必要は無いと思います。問題の箇所が塞がれさえすればあとは自然に乾く物がほとんどです。石膏ボードはできれば交換をお願いした方が良いかもしれませんがどの程度濡れたかにもよります。交換となれば大事です。大丈夫な所まで手を付けなければならなくなる事を考えるとどちらがいいかは判断が難しいところです。
私の経験から言うと基本的にはお客様のゴネ得です。ただし、あまりゴネると要注意客となりメーカーとしてはあまり接触したくない客になることになりますのでバランスが大切だと思います。
プレハブ建築メーカーとしてハイムは2流3流ではありません(担当者によりますが)ので要注意客のレッテルを貼られるのは得策とは言えません。これから点検等でも長い付き合いになる相手です。

1Fリビングの上が室内との事でしたのでベランダは考えていませんでした。ベランダであれば出入りの為のサッシがありますのでサッシ下の立ち上がり部分なども要注意箇所ですね。もしくは手摺り周りなども見る必要があります。屋根形状から察するに屋上からというのは少し考えにくいかもしれません。ただ水はあらゆる場所から浸入しますので1つ1つ見ていくしかありません。

>もし見つかったとしても水の通った箇所が痛んでいることは無いのでしょうか?

無いとは言えません。お住まいのエリアによって使わ...続きを読む

Qセキスイハイムの見積もり値引き含む総金額で質問です

セキスイハイム(デシオ)の見積もり値引き含む総金額で質問です。
今回、自宅の建て替えをすることになりました。

場所:神奈川県

・デシオ3F建て
・高耐久磁器タイル外壁(ラスティック仕様)
・ステンレス屋根
・電動シャッター2窓
・バスをグレードアップ、隠蔽配管及びエアコン2台サービス
・太陽光1.78kw
・施工床面積35.75坪(118.16m)※バルコニー含む
・スカイバルコニー、キッチン・テラスバルコニー
・快適エアリー
・エコキュート(370L)
・解体費用含む
・4LDK
・地盤改良・引越・仮住まい・外構・保険・借地建替え承諾料なども込み
・建物本体価格2,760万円
・値引き277万円(モデルホーム使用で10%値引きサービス)

総額3,530万円です。

質問として以下です。
(1)セキスイハイムの総額としては、「高い」「普通」「安い」のどれでしょうか?
(2)値引きは年度末という事で3月いっぱいでして、競合から相見積取ってますが
そこよりも少し弱く値引きはさらに可能なものでしょうか?
(高望みかもしれませんが3200万前後希望)

現状提案内容は気にいっているのですが最終決定するにあたり金額
がネックとなっているので、ご意見及びご教授の程宜しくお願いします。

補足

太陽光は営業マン押しの商材なのであまり採用するつもりは今のところございません。
(見積もり上で100万円ですのでこちらを抜くと総額、約3,430万となります)

ですのでこちらを基準にご意見等頂けますと幸いです。

セキスイハイム(デシオ)の見積もり値引き含む総金額で質問です。
今回、自宅の建て替えをすることになりました。

場所:神奈川県

・デシオ3F建て
・高耐久磁器タイル外壁(ラスティック仕様)
・ステンレス屋根
・電動シャッター2窓
・バスをグレードアップ、隠蔽配管及びエアコン2台サービス
・太陽光1.78kw
・施工床面積35.75坪(118.16m)※バルコニー含む
・スカイバルコニー、キッチン・テラスバルコニー
・快適エアリー
・エコキュート(370L)
・解体費用含む
・4LDK
・地盤改良・引越・仮住まい・外構...続きを読む

Aベストアンサー

建物本体価格が2660万になるということですね。
少し高い気がします。
個人的意見なのですが、私はハイムはグレードが低いと評価しています。ハウスでこの金額であれば納得なんですがね。
あと5%は下げてくれても良いような気がしますよ。

以上、ご参考までに。

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Qセキスイハイムで太陽光、、元が取れるのは何年後?

セキスイハイムで新築予定ですが営業マンが太陽光システムをしきりに進めてきます。

絶対に損はしませんといいますが本当でしょうか?
素人考えですが下記の様な不安要因を思い浮かべます。
実際つけられた方、ソーラーシステムに詳しい方、ご意見を下さい。

ソーラーシステム4.4kw(←こんな感じだったと思います).福岡市内 

(1)ソーラーシステム分の電気代を発電するまでに数年を要し付けなくても付けても電気代を払うかソーラーシステム代を払うかの違いだけである。

(2)セキスイハイムで建築予定の為、屋根がフラットなので太陽光を乗せないと二階の温度が夏冬やばいし屋根がもたない?

(3)曇りや雨が続いたり、隣にマンションが建つなど環境の変化で発電率が激減しかねない?

(4)営業マンはソーラーシステムのバックや実績達成目標があるのでただ進めている。

Aベストアンサー

日本の電力は発電所~変電所間は、光ファイバー網で管理されて居て負荷に対応コトロールしてます、

1トランスが受け持つ(バンク内)は負荷変動に対してインターネットで管理されて居ず(負荷相当分は設計されて、電力供給出来てます)
故に太陽光で発電されると電力の電気は消滅するので、太陽光の無い方に不公平な負担追わせてます、

今年から買い上げ価格引き下げで、今後は割り増し買い上げは無く成ると思うので、元は段々取れなく成ります、
1バンク内(大体20軒げんど)の太陽光発電が増えれば、極一部の方しか売電出来なく成る、
又売電の許可電力が出無くなる、(高額な設備負担すれば出来る)。

それからスマートメーターで売電出来る様にするには、自宅に太陽光パネルより高額な蓄電池が必要になります、
「蓄電して売れる環境に成ったら売電になります」ますます元は取れない。

http://jyu-denkou.com/soora/so_ra1.html

災害時有利ですが、環境は将来産業廃棄物で環境に良くない、又製造も環境に良くない。

将来処分代も高額で有るのと、上記考えれば元は取れない、元を取る考えが間違ってます。

日本の電力は発電所~変電所間は、光ファイバー網で管理されて居て負荷に対応コトロールしてます、

1トランスが受け持つ(バンク内)は負荷変動に対してインターネットで管理されて居ず(負荷相当分は設計されて、電力供給出来てます)
故に太陽光で発電されると電力の電気は消滅するので、太陽光の無い方に不公平な負担追わせてます、

今年から買い上げ価格引き下げで、今後は割り増し買い上げは無く成ると思うので、元は段々取れなく成ります、
1バンク内(大体20軒げんど)の太陽光発電が増えれば、極一...続きを読む

QセキスイハイムBJの適正価格とヘ値引き金額について

ハイムBJにて建築を予定してます。
この金額が適正金額なのか?値引きは?
分からないことだらけですので皆様の知恵をお借りしたいと思ってます。

建坪32で約2010万(外構費用、屋外工事費用、特殊基礎費用は含まず)です。ちなみに値引きは入ってません。外構費用150万、屋外工事費用140万、特殊基礎は実費らしいです。
外壁は磁気タイルで、屋根はステンレス、オール電化で太陽光3K(これはキャンペーンでサービスらしい)
これって適正金額と言えるのでしょうか?
住宅購入も初めてで正直不安です。
これから値引き交渉はするつもりですがどの程度行けるのでしょうか?
ハイムで建てられた方からのアドバイスお願いします!

Aベストアンサー

どうも、家を規格工業製品と同じようにとらえられている方が多いかと思います。間取りや構造が変わればコストも変わります。実際図面を元に、他のメーカーで見積もりを取るくらいしないと適性かどうかもわかりません。
まず、ハウスメーカーは、下請けに出す際のマージン、モデルハウスやテレビコマーシャルなどの宣伝広告費などの経費がかかっていますので、間違いなく一般の工務店などより高くつきます。そのコストをのせられることが適性でないと思えば、その価格は適性ではないでしょう。
ちなみに、建坪32で本体価格(基礎を含まない)が2100万は結構なお値段だとは思います。うちは、建坪33の在来木造で基礎や地盤改良費を含めて1700万円でした。
ハイムBJは、メンテナンスコストが抑えられるのが売りだと思います。将来のメンテナンスコスト(例えば我が家なら20年後に屋根・壁で300万?)やエネルギーコストを先払いするだけと思えば、そんなに高くないかもしれません。

値引きに関しては、そのくらいの大きさの家なら、ほとんど無いかもしれません。まあ、太陽光発電がキャンペーンと言うことなので、その分が値引きに相当すると言われるかも?(3Kなら150万くらい?)恐らく、他のメーカーと競合させないと、単に要求しても値引きは出てこないと思いますよ。

一生に何度も無い買い物なので、他のメーカーも検討されることをお勧めします。ここで聞いても、あまり納得できる答えは無いと思いますし、後で後悔することになるかもしれません。他のメーカーを当たると言うのは非常に労力のかかることですが、必要な労力だと思います。

あまりご質問に関係ありませんが、コストが気になるなら地場の工務店を探す方がかなり安くなると思います。20%くらい違うと思いますよ。うちを建てた業者さんは、70坪くらいの豪邸ならハウスメーカーの半分の見積もりで作れたと言っていました。

参考URL:http://www.futureh.com/knowledge/knowledge03.html

どうも、家を規格工業製品と同じようにとらえられている方が多いかと思います。間取りや構造が変わればコストも変わります。実際図面を元に、他のメーカーで見積もりを取るくらいしないと適性かどうかもわかりません。
まず、ハウスメーカーは、下請けに出す際のマージン、モデルハウスやテレビコマーシャルなどの宣伝広告費などの経費がかかっていますので、間違いなく一般の工務店などより高くつきます。そのコストをのせられることが適性でないと思えば、その価格は適性ではないでしょう。
ちなみに、建坪32...続きを読む

Qセキスイハイムで太陽光発電されている方に質問です。

セキスイハイムで太陽光発電されている方に質問です。
太陽光発電を検討中です。
パネルなど、設備は割高だと思いませんでしたか?
パネルは国産メーカーのものを勧められています。
ローンを勧められたと思いますが、やはり、そうされましたか?
実際設置されて、売電して、ローン返済には負担感はありませんか?
ハイムを批判するつもりはありませんが、実際設置して発電してみて、
感じていることなど、お教え下さい。

Aベストアンサー

セキスイハイムの場合はシャープ製のパネルがほとんどで、それもハイム専用設計になっています。
ハイム専用品以外を使用する事も可能は可能らしいですが、ほとんどメリットはないと思われます。

当然国産メーカーであるシャープ製ですから、ここ近年流行の海外製の安価なものよりは割高になります。
ですが装置そのものに対する信頼性は格段に違いますし、長期的にアフターやメンテナンスの事を考えればむしろ安価だという事です。
肝心の発電効率や経年劣化も海外製の安価なものに比較すると格段に違います。
シャープ製も最近では国産他メーカー同様に単結晶セルを採用した高効率パネルが出てます。
その分価格はまた高額にはなりますが、せっかくお金をかけて太陽光発電をやるからにはこのくらいの設備はしておきたいですね。

ハイム云々ではありません。
それを求める人がどう考えるかで意味も効果も全く取りようが違います。
買う側に経済的余裕がなければ売る方はローンを勧めるのは当然です。
お金があるなら無駄な金利や手数料を払わないように現金で購入するのがいいでしょう。

別の質問にも回答しましたが、質問者さんが太陽光発電に何を期待してるのかで設置する意味が大きく違います。
借金してまで購入して設置しても、月々の売電料金はローンの返済にのみ充てられ、10年程度もただ支払って元を取って終わりですか?
それとも多額の設備投資は厭わずとも、日々の光熱費を確実になくせる事に重きを置きますか?

私はハイムではありませんが、2年前に自宅を新築する際にパナソニックのHITを約5KW設置しました。
当時の余剰電力販売価格は1KWh当り48円で10年間固定です。
太陽光発電を設置する事を前提にして家の屋根の広さや角度を計算して設計し、セラミック製計量瓦材の屋根材と一体型のパネルを選択しました。
価格は通常のものよりも割高でしたし、当然今の価格よりも遥かに高額です。
ですが私は当初から光熱費の削減のための設備投資だと思っていましたし、投資金額を回収するなどという事は考えもしませんでしたし、当然回収できると思いもしませんでした。
何を隠そう自分が電気工事会社の経営者であるからこそ、本当の実態を知っていての判断であり考えでした。

経済的余裕があるのでしたら今後の電気料金の事などを考慮して投資するのはいい事でしょうが、そうでない家庭では借金してまでそんな事をするべきではないと思います。
特に投資金額の回収などを考えるような人は今現状の生活の事を考えて、太陽光発電などには手を出すべきではないと思います。

なお今現在太陽光発電を検討している人は、今後の売電料金金額は38円程度である事を良く理解してものを考える事です。

セキスイハイムの場合はシャープ製のパネルがほとんどで、それもハイム専用設計になっています。
ハイム専用品以外を使用する事も可能は可能らしいですが、ほとんどメリットはないと思われます。

当然国産メーカーであるシャープ製ですから、ここ近年流行の海外製の安価なものよりは割高になります。
ですが装置そのものに対する信頼性は格段に違いますし、長期的にアフターやメンテナンスの事を考えればむしろ安価だという事です。
肝心の発電効率や経年劣化も海外製の安価なものに比較すると格段に違います。
...続きを読む

Qセキスイハイム パルフェを買った方 見て下さい

セキスイハイムさんでパルフェを買う予定です
仮の見積もりまで出してもらいましたが先立って買われた方のお知恵を拝借できればと思います。

セキスイハイム パルフェJX

本体価格2685万.
モデルルーム特典 マイナス260万
エコキュート370リットル サービス
証明工事 サービス
屋外工事 180万
基礎工事 調査後決定
スカイバルコニー(外階段含む) 186万
外壁磁器タイル 100万
快適エアリー 125万
太陽光4.44KW 177万(つける気は無し)
外構計画 0万
建坪 44.5坪
1F79.30m2 2F67.20m2
2Fの3部屋にダイキンの冷房を付け他の2部屋に配管工事まで済ましますとの事です

上記の条件で仮契約させてくださいと言われました
(解約しても印紙代15000円だけで他のお金は戻ってくるそうです)

Aベストアンサー

「仮契約書」という契約書は存在しない

詳しくは
http://www5f.biglobe.ne.jp/~r_osanai-jimusho/fear/12.html

をどうぞ。

Qセキスイハイム価格について

私は現在セキスイハイムと契約し内装や外構の打ち合わせをしている者です。
建坪は一階約24坪、二階が約18坪計42坪ほどです。商品名はドマーニで、壁はタイル貼りにしましたが予算の都合で太陽光発電は採用していません。価格は3700万円から特別に社長に許可をもらい400万円下げさせて頂いて3300万円(外構200万円含む)とさせて頂きますとの営業担当者の言葉で契約致しました。内装等打ち合わせが進むにつれおもしろいように価格が上がっていきます。(備え付けテレビボード30万円・備え付け机12万円など)だんだんと樹海の中に迷い込んだようでわからなくなってきました、ドマーニを建てられた方、我が家は高い方なのでしょうか それとも適正な価格の範囲内なのでしょうか。御意見を頂けましたら大変助かります。

Aベストアンサー

わが家はセキスイハイム(セキスイツーユーホーム)
のミォーレを建てました。

壁はタイルではありませんが、値段は54坪でカーテ
ン照明全て込みで3400万くらいです。
(外構は別です)

そう考えると42坪で外構抜きで3100万は高いよ
うな気もします。

そもそもセキスイハイムってホームメーカーの中では
高い方だと思います。
セキスイハイムのHPにセキスイハイムで建てた人が作
成したHPがリンクされています。
値段がのっているかわかりませんが参考にして見ては
いかがでしょうか?

http://www.sekisuiheim.com/guide/people/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング