アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

庭木初心者です。

自宅の庭で、ヤマモミジを地植え(1.5m程度:今年購入)と植木鉢(40cm程度:昨年購入)で育てています。
1週間ほど前から葉っぱに変化が生じておりました。
本やインターネットで調べたところ、どうやらウドンコ病のようです。(昨年は発病せず)

ベニカXスプレー(赤い容器)を購入し、使用しようと思いますが、使用回数が - となっております。
いわゆる適度ということのようですが、薬剤初体験ということで、その適量がわかりません。
毎日噴霧していいものかどうか、何回噴霧して良いものかなど、見当がつきません。どの程度が適量でしょうか?
(購入日には、30cmほど離れた位置から一枝に1度噴霧しました。)

また、ひどく感染した葉は、ちぎり取った方が良いのでしょうか?
秋の紅葉のことより、木の回復を優先したいと考えております
治療にかかるおおよその日数なども解かるとありがたいです

アドバイスのほど、よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

毎日噴霧する必要はありません。


今日噴霧したら1週間後にもう一度噴霧してください。計2回です。
そのさい、白くなっている葉や枝だけでなく木全体に予防の意味も込めて散布します。
1週間後にもう一度散布すればおそらく収まるでしょうが、心配ならそのまた1週間後にもう1度散布してください。計3回です。
一度白くなった葉は元には戻りませんが、白い斑点が広がらないか、増えないかをよく観察してください。
これでこれ以上うどんこ病が広まることはないでしょう。

>また、ひどく感染した葉は、ちぎり取った方が良いのでしょうか?

一度白くなった葉は元には戻りませんので、ひどく感染した葉はとってしまったほうが良いでしょう。
取ってしまってもこの季節ならとった葉の付け根から、2週間から1ヵ月ぐらいで新芽を吹き新しい葉がつきます。
上記のように散布すれば新芽や(新しい葉)がうどんこ病で白くなることはないと思います。
新しい葉が白くならなければ菌はすべて死滅して治ったということです。

うちのキュウリのうどんこ病には上記のように2回の散布で対応して今はおさまってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます
少し安心しました
薬害の発生や、噴霧によって枯れてしまうとかわいそうです
ので、ここで聞いてよかったと思います

また、失敗談なんかもあれば、ありがたいと思います

本当にありがとうございました

お礼日時:2008/06/27 08:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモミジが病気のようなのですが・・・(修正)

※手違いで前の記事を削除してしまいました。回答してくださった方、失礼しました><

拾ってきた種から育てたモミジが、病気のようなのです。
症状は二つあり、
ひとつは葉に白いカビのようなものが発生してしまっていることと、
もうひとつは、根から離れていくにつれて葉の奇形率が高くなっていることです。
添付ファイルに正常な葉と、異常がおきている葉を撮影した写真を付けました。

モミジは現在芽が出てから2年目で、幹の直径は約1センチ、土は一般的な草花用に調整された腐葉土を使い、今年の2月ごろに直径が40センチ程の鉢植えに植え替えたものです。置き場所は日当たりがよく、風通しのよい野外に置いてあり、栄養剤として土に差し込むタイプの肥料液を使っています。

私見ですが、原因は栄養不足ではないかと考えています。
もし栄養不足が原因だとしたら一体何を与えれば良いのでしょうか?
また、その他にモミジを育てる上でのアドバイスも教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

奇形の葉は病気にかかっている植物がよく作り出すものですね。
病気で弱っていて生育不良の葉を出したと思います。
根から離れるほど多くなるのは、成長点は先端になるので、
後から生えてきた葉だからです。

カビている葉は枝ごと除去し、殺菌剤を全体に散布する。
病原菌はカビなら空気感染なので、その辺を考慮して散布してください。
土に落ちた葉や胞子も、来年の発生源になるので、
土は殺菌、落ち葉も処分してください。

時期的にはウドンコ病の可能性が高いです。
ウドンコ病なら真っ白になった葉だけ落として、後は上と同じです。


肥料不足と感じた気持ちは分かりますが、
肥料をいくらあげても、水から水素を得られなければ育ちません。
病気の原因は環境(水)のほうが疑わしいです。
水が足りていないので弱ってしまい、病原菌に負けてしまった。

夏場は日向だと日焼けしますし、水の蒸発も鈍る半日陰のほうが
いいと思います。

モミジは渓谷の崖に生えます。
(川の近くで湿度が高く、涼しい痩せ地)
風通しは良いほうがいいですが、湿度は高いほうがいいです。

土の記載がありませんが、保水性が高くなるよう調整してください。
一般的な赤玉土(小粒)7、腐葉土3の配合でいいと思います。

腐葉土は虫が好みますし、卵が混ざっている場合があります。
ネキリ虫なんかがいたら根が弱っていて水を吸わないのかもしれません。

葉が多いと、葉からの蒸散量が増えますので、水も多く必要になります。
剪定して葉を減らしたほうがいいかもしれません。

あとは潅水方法の工夫をする。(参考URLを付けておきました)

肥料は少なめを心がけてください。
痩せ地で育つ植物は、与えると激しく成長します。
樹勢を見ながら施肥しましょう。
肥料(窒素)が少ないほうがきれいに紅葉します。

早く大きくしたいなら、たくさんあげてもいいです。
ただし光合成しないと消費できずに溜め込むので、
そのときは日向に置いて、水もしっかりあげましょう。
日差しの弱い冬から春のみ行えます。
肥料が多過ぎると、悪い成長をしたり、病気にかかりやすくなり、
栽培難易度が上がりますのでお勧めはしません。


鉢のサイズはどれくらいが適しているのか、お役に立てそうもありません。
40cmなら足りてそうな気がしますが、深さが足りてないのでしょうかね。

鉢植えでモミジを育てるのは特殊なことではありません。
園芸店か植木屋さんに尋ねられては?

すみません、長くなってしまいました。

参考URL:http://allabout.co.jp/interest/gardening/closeup/CU20030801A/index3.htm

奇形の葉は病気にかかっている植物がよく作り出すものですね。
病気で弱っていて生育不良の葉を出したと思います。
根から離れるほど多くなるのは、成長点は先端になるので、
後から生えてきた葉だからです。

カビている葉は枝ごと除去し、殺菌剤を全体に散布する。
病原菌はカビなら空気感染なので、その辺を考慮して散布してください。
土に落ちた葉や胞子も、来年の発生源になるので、
土は殺菌、落ち葉も処分してください。

時期的にはウドンコ病の可能性が高いです。
ウドンコ病なら真っ白にな...続きを読む

Qヤマモミジの根際に木くず

今年も5本株立ちヤマモミジ(幹元直径手首程、樹高3m)の根際にスプーン1πほどの木くずを見つけました。ものの本では「テッポウムシ(カミキリ?)が幹に侵入して喰った木を排出している。穴を見つけ刺殺するかズミチオンを注入して薬殺。」と書いていますが、昨夏も数回あり、穴は見つけられず、スミチオン1000倍液を撒いていました。効果はあまりなかったようでした。受精についてはあまり弱くはなりませんでした。本年新たに進入したのでしょうか?

何が原因で、どうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

樹勢が悪くないということは樹木内部(形成層でない処を食害しているので導管断ち切られていない為です。スミチオンやマラソンで十分ですが濃度を10~50倍に上げて洗剤ボトルなどで注ぎいれてください。針金でツンツンやっても良いですがうまく入らない場合もあります。カミキリや蛾の幼虫は樹皮の傷んだ処から入り込む場合もあります、皹割れ箇所など。また土中のコガネムシなど甲虫類の幼虫などに液剤、粒剤の散布も良いです。液剤は数百倍で)園芸店、農協にて(TELで在庫の有無を確認)イチジクなどの果樹に使用する塗布剤があります検討してください。虫穴は塞いで下さい。

Qカエデとモミジにつく害虫

庭にカエデとモミジが1本ずつあるのですが、写真のように、根元に白い木粉が溜まっています。
カイガラ虫の殻があるので、取り除くようにしているのですが、木粉は増える一方です。
木粉の原因は、本当にカイガラ虫なのでしょうか?
どのようにしたら、害虫を防げますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それほど大量に出ると枯れる心配がありますね。実物を見ないと断定は出来ませんが、木粉ということですからカビのようなものではなく害虫被害として参考回答します。

▼写真を見る限り株元に大量に粉がたまっていますから、どちらかと言えばキクイムシによる被害のように見えますね。キクイムシにも多くの種類がいますから生きている木(広葉樹)を食害し、カエデ類を食害するキクイムシもいます。
極めて小型のカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)の可能性もありますが、テッポウムシの被害はもう少し大きい木屑(オガクズ)のようなものになり、通常はそれほど大量には出ません。カイガラムシは木粉とは無関係でしょう。

キクイムシの大きさは小さく(3~7mm程度)、食害したあとには細かい木粉が出ます。(下記URL参照)。対策はキクイムシなら穴(楊枝くらいの太さ~5mm程度)は根元から1m前後までの高さに有りますから、よく探し見つけたら細い金属のストローの付いたエアゾール剤(殺虫剤)で中に沢山吹き付け→その後穴を粘土か割り箸のようなもの(なんでもよい)で塞ぐ。
テッポウムシくらいの大きな穴なら針金を挿し込み駆除→その後殺虫剤を入れ穴を粘土か割り箸のようなもので同様に塞ぎます。(園芸店などには専用の駆除キットも販売されています)

▼キクイムシ被害 (下の写真3枚参照)
http://www.rokko.kkr.mlit.go.jp/pr_media/plant/naragare/03/index.html
▼キクイムシ被害の木の粉
http://ameblo.jp/outdoorbase-a/image-10626044189-10705803549.html

上から4段目右の写真 (参考:5段目左は地蜘蛛の巣)
http://www.noi-kyoto.com/2007fhoto_1.html

予防措置の例 (薬剤散布)
http://corocat.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-ab5a.html

それほど大量に出ると枯れる心配がありますね。実物を見ないと断定は出来ませんが、木粉ということですからカビのようなものではなく害虫被害として参考回答します。

▼写真を見る限り株元に大量に粉がたまっていますから、どちらかと言えばキクイムシによる被害のように見えますね。キクイムシにも多くの種類がいますから生きている木(広葉樹)を食害し、カエデ類を食害するキクイムシもいます。
極めて小型のカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)の可能性もありますが、テッポウムシの被害はもう少し大きい木屑...続きを読む

Qモミジの葉のいろがみどり色と紅色の二種類あって不思議です

先週、公園に行ったら珍しいモミジを見かけました。一本の幹から何本か枝が伸びているのですが、下のほうから出ている枝にはみどりいろの葉だけが付いていて、それ以外の(上のほうの)枝には紅い葉だけが付いているのです。みどりいろから次第に紅葉していくグラデーションとは明らかに違っていて、まったく別の種類のモミジを接ぎ木したように枝ごとにはっぱの色がちがうのです。こんなモミジ初めて見ましたが、これって普通にあるモミジなのですか。それとも、春ならではの自然現象なのですか。

Aベストアンサー

枝ごとに違うのであれば、単に接木されたものではないかと。
モミジの苗は普通、接木で繁殖させます。
下から出ている枝が緑ということですから、いかにもそれらしいです。
台木は普通のヤマモミジなど、上は品種もののモミジだと思います。

Qもみじの葉先が枯れてきている

もみじの葉の先のほうが枯れてきてしまいました。
今年の夏に西側の庭に植えました。西といっても家とガレージの間であまり日はあたりません。夏の間は毎日水をやっていましたが秋になり3、4日に一度くらいの水やりにしました。原因は何でしょう?元気にするにはどうしてやればいいでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
紅葉が楽しみな季節になりました。
今の時期、もみじが葉先から枯れてくる事は病気ではありません。
カエデ、もみじ全体に言える事ですが・・・
例えば、山から苗木を移植した場合とか、寒冷地向きのもみじを暖地に植えた場合、晩秋になってから紅葉せずに葉先から枯れて来る事があります。
また、朝日が当たらず、西日が強く当たると、晩秋、葉先が乾燥して紅葉せずに落葉する現象がおきます。
CJ4Aさんのもみじも、その例だと思います。
西側の庭に植えたのも原因です。
葉先を枯らさず、上手に紅葉させるためには、西日を当てない様にします。
朝日が当たり、午後3時頃には日が陰る所に植えることで、解消されます。
また西日を遮る簾を当てると、同等に、葉先が枯れず、上手く紅葉します。

落葉広葉樹なので、病気ではないです。
もし植え替えする時は、来春3月中旬の発芽直前に行って、西日を避けた所(庭の東側)に植えかえするのが理想的です。

がんばって育ててください。

Qもみじに適した肥料とは?

5月から鉢植えのもみじを育て始めたのですが、調べると梅雨前に肥料を与えましょうとありました。
肥料にも色んな種類があると思うのですが、もみじにはどんな肥料を与えれば良いでしょうか?
具体的な商品名を教えて頂ければ幸いです。
また適切な与え方や注意点等ありましたらご教示下さい。

Aベストアンサー

スタンダードな化学肥料でN(チッ素):P(リン酸):K(カリウム)が8:8:8のものが妥当なとこでしょう。
化学肥料に頼りたくない場合は腐葉土やバーク堆肥、これらはその辺の園芸店やホームセンターで手に入ります。
注意点は根にふれないような場所にやること。
もし根にふれた場合最悪の場合肥料やけを起こし枯れてしまいます。

油かすもいいですがよく発酵したものでないとダメです。
特に油かすは肥料やけを起こしやすい肥料のため出来れば腐葉土やバーク堆肥がお薦めです。
また、腐葉土やバーク堆肥でも完熟タイプ(発酵したもの)にするほうがより安全性が高くなるでしょう。
鉢のままで育てておられるならば骨粉入りの油かすでボール状になったものが売られているのでその玉肥をはしっこの方に置いてやるだけでもいいかもしれません。
くどいようですが根にふれないように注意しましょう(^_^)

Qヤマモミジの種

庭に親の代からのヤマモミジ、「赤枝垂れ」と言うモミジが在ります。
 私は植物の知識が皆無なのですが、近所の人は「珍しいから種をちょうだい。」ともらって行きます。
しかし発芽が難しいらしく、また発芽しても葉っぱの大きい物しか出て来ないと言います。
 その人は専門家(植木屋さん)に聞いても、教えてくれないと嘆いていました。
 どなたか良い情報は有りませんか。

Aベストアンサー

こんにちは!
ヤマモミジは、基本的に種からは無理で、同じものが生まれる可能性は低いといわれます。
挿し木や接木(つぎき)でも確実性は?
一番確実なのは「取り木」でしょう。
★方法
春先に芽吹きが始まる頃。
切取りたい幹や枝で、枝の直径の2倍以上幅ぐらいの寸法で皮を、樹心(白っぽい硬い肌)が出るところでぐるりナイフで剥ぎおとす。(深さ:2mmほどでぐるり一周)
そこを、枝太さ10倍ぐらいに水苔(水に浸したもの)を巻いて、ビニールで包んでおく。
この時、口元は雨水が染み込む程度に縛ること。
あまり雨が降らないときは口元から水をやる(乾燥させない)。
秋、根が飛び出してくればOKです。
下を、鋏、のこぎりで切断し植えます。
水苔は出来れば丁寧に剥がします。
そのままでも問題ありません(成長がやや遅れる)。
翌春再度植え替えます。
もし根が出ていなければ、そのままもう一年(~_~;)です。

一番豪快なやり方は、台を作って二つ割りの鉢で挟んで、土を入れておいた人がいます。(2年で立派な盆栽に仕上げてます。)

Qうどん粉病のもみじ

4mくらいのヤマモミジが秋口からうどん粉病にかかったようで、白く粉を吹いてしまいました。
落葉の時期を過ぎた今でも(1月)半分くらいは枝にしっかりしがみついています。
何か対策はありませんでしょうか?
住宅密集地のため、においの強い薬剤は出来るだけ使いたくありません。
また、現在しがみついている葉はすべて落としたほうがよいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

うどんこ病に限らず、病気は植物体が弱っているときにでやすいもすのです。
ですので、植物体を元気にしてあげることが必要です。
そのためには栄養剤(植物活性剤)をかけてあげるのがいいでしょう。

農薬を望まないのであれば、効果は落ちますが、
酢を500倍~1000倍くらいに薄めて散布するのはどうでしょうか。

酢は強酸性ですので、酸の力で消毒するという発想です。

「玄米酢」「竹酢」がいいと思います。

Q★庭にもみじを植えるのですが・・・

今週末、庭にもみじを植える事になっています。
1.3m、1.8m程度のもみじを、それぞれ1本ずつ植えます。
夫婦で植える予定ですが、植える際(植えた後も)、何か注意すべき事がありましたら、アドバイスお願い致します。

植える位置は「南東」側・・・ほぼ1日中よく陽が当たる場所です。

Aベストアンサー

次のようにします。
1.植える場所を決める。
2.穴を掘る:穴の幅は根鉢の倍、深さも同じ。
3.穴に完熟腐葉土とバーク堆肥をそれぞれスコップ二つずつ入れて土と良く攪拌する。 この時穴の幅が小さいようなら広げながら攪拌します。
4.掘りあげた土にも腐葉土を2割程度混ぜて穴に戻し苗床を作ります。 
5.もみじの苗を向きと高さを確認して据え付けます。
6.No.4で作った土を苗の周りに半分入れて棒で軽くつき固めます、軽くです。 さらに土を足して周りの土と同じ高さにしたらまた軽く月固めます。
7.最後に水鉢を作ってからバケツでたっぷり散水します。
   できれば支柱してやればさらによろしいです。 なお管理としては1ヶ月間は週一のペースで水遣りします。
 それ以降は一ヶ月に一回の水遣りです。 冬場は水遣りは控えます。
翌年からは夏場以外は自然雨に任せて散水はしません。
 自然環境に慣れさせることが一番大切です。

 最後に紅葉はアブラムシが良く付きます。 定期的な剪定と大量に虫が発生したときは殺虫剤を散布したほうが間違いありません。
 後は春以降月一回のペースで木酢液の1000倍溶液をバケツでたっぷり株元から水遣りするとかなり元気な木になります。
 
 最後に植えるときのこちらの希望(アイデア)ですが出来れば高植えにするか40、50センチ程度盛土したところに植えると将来結構な場所になります。
 ロックガーデンにしたり1年草や球根などを植えて楽しむことも出来ます。
 我が家では樹齢80年程度のイロハモミジ(出猩々)を1メートル程度盛土したところに植えています。
 和風庭園のシンボルになってます。 

次のようにします。
1.植える場所を決める。
2.穴を掘る:穴の幅は根鉢の倍、深さも同じ。
3.穴に完熟腐葉土とバーク堆肥をそれぞれスコップ二つずつ入れて土と良く攪拌する。 この時穴の幅が小さいようなら広げながら攪拌します。
4.掘りあげた土にも腐葉土を2割程度混ぜて穴に戻し苗床を作ります。 
5.もみじの苗を向きと高さを確認して据え付けます。
6.No.4で作った土を苗の周りに半分入れて棒で軽くつき固めます、軽くです。 さらに土を足して周りの土と同じ高さにしたらまた軽く月固め...続きを読む

Qまだ6月なのに、もう、もみじの葉がところどころ赤いのです。

 昨年の五月に植えた高さ2メートルくらいイロハモミジです。
 4月ごろ葉先が赤くなって元気がなかったので、よく見ると、アブラムシびっしりついていました。
 退治した後は、緑色の葉になったのですが、最近また葉の先が赤くなってきました。
 アブラムシはついていないのですが、これは病気でしょうか?それとも栄養が足りないのでしょうか?
 良い手入れの方法をご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

#1です。回答に対する補足拝見しました。
昨年の五月に植えた時からの樹木の動きを見ていないので予測に過ぎませんしモミジの品種には若葉が着色して春に色付いて観賞期になる品種のセイガイ(青崖)、ノムラ(野村)、タムケヤマ(手向山)等が有りますがamondyuruさんのイロハモミジがそうでないことを前提に考えられることを書いて見ますので参考にして頂ければと思います。
モミジは日差しが強すぎると葉やけを起こしますし根元が乾きすぎると葉先が傷みますしので半日陰程度の場所が最適です。
モミジはやや保水性のある土壌で育てて水切れに注意して土の表面が乾いたら、たっぷり与えます。
水切れをすると樹木自体は枯れませんが葉先が枯れやすくなったり葉が傷みやすいので水切れは厳禁ですので地植であっても幼苗のうちは土の表面が乾いた場合はたっぷりと与えます。
肥料についてですが養分は葉先に集中するため葉肥のための窒素(N)が必要です。
窒素(N)は葉緑素を作る上で大切で生育初期の時期に必要な成分でこれが不足すると葉色が悪く黄変して古い物は落ちます。
ただし夏以降肥料分があると紅葉しませんので注意が必要です。
植物は地上部と地下部は比例しますので地上部の損傷の原因が地下茎にある場合もありますので新芽が次々と出ているかも判断材料になります。
もし新芽の動きが無いか弱い場合は上手く活着していないか根腐の心配もあります。
蛇足ですが盆栽では6月頃に葉の色がくすみがちになったらすべての葉を葉柄部分で切り取り各枝先も軽く切り込んでやると2週間もすると再び新芽が伸びだして2回目の美しい葉色を楽しむことができと言います。
どちらにしてももう暫く病害虫が付いていないか等を注意深く様子を見ては如何でしょうか。

#1です。回答に対する補足拝見しました。
昨年の五月に植えた時からの樹木の動きを見ていないので予測に過ぎませんしモミジの品種には若葉が着色して春に色付いて観賞期になる品種のセイガイ(青崖)、ノムラ(野村)、タムケヤマ(手向山)等が有りますがamondyuruさんのイロハモミジがそうでないことを前提に考えられることを書いて見ますので参考にして頂ければと思います。
モミジは日差しが強すぎると葉やけを起こしますし根元が乾きすぎると葉先が傷みますしので半日陰程度の場所が最適です。
モミジはや...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報