マンガでよめる痔のこと・薬のこと

連続での投稿すみません。
大学進学について悩む高校二年女子です。
ここで考古学について質問をさせていただき、私の学びたい分野の学校を探すことがとても難しいことがわかりました。
そこで視野を広げ、自分が今理系クラスにいて歴史の授業を受けていないことなどから考えやはり理系の大学に進学しょうかと考えています。
しかしやはり考古学への興味は捨てきれません。
理系から考古学へ関わることは可能なのでしょうか?
考古学は海外では理系とされているそうなのですが・・・。
文化財学や保存化学はみな文型ですし。。。
もしそのよな大学がないとしてのちのち考古学に関わるためには理系の何学部に行けばよいのでしょうか?
理系の方、考古学を研究している方などアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

考古学の世界で、理系の専門知識があることは大いに強みになります。

理工学部もしくは理学部に進むのであれば、考古学的な分野とのつながりは保てると思います。
文化財学などを学ぶのであれば、文系・理系両方の学部を置いている総合大学に進んで、理系の学部に所属しつつ、他学部聴講をする、という手もあります。聴講とはいうものの、きちんと単位も認定されます。
工学関係の学部では専門課程に進むと実験が大変かも知れませんが、博物館学芸員の資格を取得することも考えておくとよいでしょう。文化財学や保存科学も学べますし、博物館実習で歴史・考古系の部門のある館に行くこともできるはずです。
    • good
    • 1

理系でも建築学科には建築史の分野があり、古代遺跡の研究、発掘、調査、復元などを行っています。

とくに古代の都市遺跡や建築の遺産の研究は考古学というよりも、建築学科の専門分野でもあります。

一方、考古学では、たとえば吉村作治先生のエジプト発掘でも、最近は理系ハイテク技術を駆使しての発掘や研究が、主体的な役割を果たしています。衛星を使った探査やCTスキャンの技術などの共同作業を通じて活動を行っているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
建築学科ではそのようなこともやっているんですね!はじめて知りました。
いろいろ考古学とかかわりのある学科を調べてみようと思います。

お礼日時:2008/07/11 16:50

特にこれといって「否定的」な学部はありません。


地学で地層などはごく当たり前。
年輪年代学、なら植物学。
放射性同位体年代測定なら物理でも化学(放射化学)でも。
金属器の同位体分布から鉱山や流通を調べるなら無機化学。
一番すばらしいのはあなたが新しい測定法を開発することです。
歴史に名前が残りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どんな測定方法化によるんですね!
でも一番気になっているのは文型の文化財学科でこれと同じようなことができる理系の学部はないのかと思い探しています。(分析だけでなく修復もしたかったりするので)

お礼日時:2008/07/10 17:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q考古学で有名な大学はどこがありますか?国公立、私立、どこでもいいです!また、考古学の研究に力を入

考古学で有名な大学はどこがありますか?
国公立、私立、どこでもいいです!
また、考古学の研究に力を入れているところや、おもしろい教授がいるところなども知りたいです!
できれば分野も教えていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

関東だと、私立で有名なのは明治大学と國學院大學です。あとは、慶応、駒澤、東海、立正、早稲田、国士舘、青山、大正、法政、日本 関西は立命館、大手前、天理、奈良 あたりでしょうか。国立だと京大、東北大、筑波大、茨城大、阪大、九大、岡山大、広島大、名大。
各大学が得意な分野というのは確かにありますが、考古学の基礎はどの分野でも同じですし、研究者の数も限られているので、自分がやりたい分野が見つかればどの分野でも調査して論文を書くことは出来ます。卒業論文が研究生活の第一歩で、その後はひとりの研究者としてなにがしかの研究をしていくので、自分で自分の道切り開いていく強さが必要です。どこの大学に行ったからどの分野をやるというものでもないことはご了解ください。

Q考古学で有名な大学

考古学で有名な大学とはどこでしょうか?
よくオックスフォードなんか聞くんですが・・・
ホントにそうなんですか?
もし,他の大学(海外も含めて)があるなら,
教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

#3で回答させていただいたものです。レベルにこだわってらっしゃるようですが、専攻分野によっては日本の大学のほうがやりやすい場合もあると思います。例えば西アジア考古(聖書考古学)にイギリスの調査隊はほとんど入ってきていませんし、ノウハウも実績もあるぶん筑波のほうがレベル高いんじゃないでしょうか。エジプト考古も早稲田で学ぶのに環境的な不足はないんでしょう。中南米を専門にするなら、下手にイギリスに留学するより現地の大学に行くほうがプロパーになれるでしょうね。
オックスフォードやケンブリッジが活躍している古典考古やヨーロッパ先史研究をやるにしても、学部から留学する人もいれば大学院修士や博士から留学する人もいます。また、両校を出なければ海外考古の舞台で専門家になれないというわけでもありません。現在国内の大学で海外考古学の教鞭をとっておられる先生方は、古典考古でも西アジア考古でも、日本の大学院を出て現地(ギリシアとかイスラエルとか)の大学へ留学し、戻ってきたという方々がほとんどではないかと思います。いずれもその分野では国内外を問わず著名な研究者です。
と、少しオックスブリッジ批判をしてみましたが、実際に両校が様々な分野で業績も総合力もあるのは疑いのない事実です。両校とも方法論がしっかり確立されていますから、どこへ行ってもそれなりに通用はするでしょうが、地域的な専門性を望むなら別の選択肢も充分有り得るという点で、大学のネームバリューや功名心にとらわれない学術研究を志していただきたいとの老婆心から出た発言でした。


語学力に不安があるのでしたら、とりあえず日本の大学で方法論の基礎を学んで、それから留学というのでも遅くはないと思います。早いうちから積極的に海外へ出ようという姿勢は大変好ましいですけどね^^
また、史学を志すのでしたら、まずどの時代のどの地域を専門に学んでいきたいか、大まかでも構いませんので考えてみてください。それによって進むべき道は変わってくると思います。

最後になって申し訳ないですが、私はオックスフォード・ケンブリッジの入試についてはどのような形式を取っているのか分かりません。レベルについても答えかねます。本格的に対策をとるなら、まずIELTSというイギリス留学専門の語学試験を受けてみてはいかがでしょうか。British Councilにはイギリス留学に関する資料や相談所もあると思いますので、参考にしてみてください。

参考URL:http://www.britishcouncil.org/jp/japan.htm

#3で回答させていただいたものです。レベルにこだわってらっしゃるようですが、専攻分野によっては日本の大学のほうがやりやすい場合もあると思います。例えば西アジア考古(聖書考古学)にイギリスの調査隊はほとんど入ってきていませんし、ノウハウも実績もあるぶん筑波のほうがレベル高いんじゃないでしょうか。エジプト考古も早稲田で学ぶのに環境的な不足はないんでしょう。中南米を専門にするなら、下手にイギリスに留学するより現地の大学に行くほうがプロパーになれるでしょうね。
オックスフォードやケ...続きを読む

Q外国の考古学を勉強したい!

こんにちは。
私は今高校2年生で、進路について悩まされています。うちの高校はエスカレート式で、中の上ほどの成績を保っていれば、受験しなくても付属校のようにそのまま大学推薦がもらえるのですが、私は受験しようかと迷っています。その理由が、うちの大学にいきたい学部がないんです。
私は、昔、アメリカに住んでいて、そこの教育課程で、西洋考古学(ナスカ、インカ、エジプトなどなど)を頻繁に習いました。それで考古学に魅了されて、大学でも考古学を勉強したいと思ったんですけど、うちの大学には文化史学科しか、歴史を勉強するところがないんです。
どなたか、西洋考古学を勉強するのに良い大学をご存知ありませんか?
よく聞くのが早稲田大学なんですけど、どうもあそこはエジプト考古しかやっていない気がするんです。私はどっちかというとペルーなどを勉強したいんですけど、早稲田でもエジプト以外のものを勉強できるんでしょうか?
考古学には英語力が必要、と頻繁に言われてますが、アメリカで考古学を勉強していたので英語力には自信があります。とりあえず、大学の難易度は気にせずに、大学の名前だけ挙げて下さると嬉しいかも・・・(難易度は自分で判断します)

こんにちは。
私は今高校2年生で、進路について悩まされています。うちの高校はエスカレート式で、中の上ほどの成績を保っていれば、受験しなくても付属校のようにそのまま大学推薦がもらえるのですが、私は受験しようかと迷っています。その理由が、うちの大学にいきたい学部がないんです。
私は、昔、アメリカに住んでいて、そこの教育課程で、西洋考古学(ナスカ、インカ、エジプトなどなど)を頻繁に習いました。それで考古学に魅了されて、大学でも考古学を勉強したいと思ったんですけど、うちの大学には...続きを読む

Aベストアンサー

 考古学が好きな人が増えると嬉しいですね。

 高校2年生とのことですが、ハイスクールの一般教養で、考古学入門を学ばれたのでしょうか? これはアメリカ大陸の南のほうの文化を学ぶため、考古学を切り口にしたのだと想像します。まちがっていたらごめんなさい。

●日本語で学ぶほうが楽なら国内で進学を

 考古学は、どの学問でも同じだけれど、学問として基礎となる考え方をしっかり身につけることが大切です。ほかの学問と比べた特徴。
1)最初に、資料・遺物の取り扱いを学ぶために時間を割くこと。
2)その知識を身につけてから、現場で発掘。
 1)については、国内で進学することを勧めます。以下に書くとおり、自分のプロジェクト企画ができるのは、修士(大学院)に進んでからです。大学1~2年生で身につける一般教養と考古学の基礎知識は、いかにしっかり身につけるかが大切です。
 基本の概念を学びながら、ペルーの研究に関する英文の雑誌・研究発表を読むと、効率がよいと思います。

 学校を選ぶ基準として、二つ、頭においてください。考古学は、いろいろな分野の知識があると、どんどん面白くなります。
・一般教養で比較文化・人類学・歴史学が学べる大学。
・修士(Master)か博士(Doctor)を取る道がある大学。

 二番目の条件。将来、考古学者になるため発掘プロジェクトの立案をしたいなら、発掘助成金の申請などは四年制大学を卒業しただけでは応募条件を満たさないからです。

●情報の集め方

 ペルーに興味があるということですが、たぶんインカ帝国のことをさしているのですね。研究会のウェブサイトを見ると、日本国内のどの大学で、どんな先生が何を研究されているかわかります。その人が教える大学へ進む方法はどうでしょうか? 会員になると、研究発表を聞くこともできます。
http://www.h6.dion.ne.jp/~andes/

●インカ、アンデスの遺跡出土品の保存に尽くした日本人

天野博物館友の会 2005年度 講演会
http://www.peru-japan.org/Anews.html
 講演会がちかぢか開かれるとのこと。ペルー大使館のサイトで情報を見てください。上記と同じで、同じ興味を持つ人に会って話を聞くチャンスです。

●アメリカの大学で働く日本の考古学者

http://www.siu.edu/~perspect/02_sp/shimada.html
 ペルー研究の学者に尊敬される方です。

 失礼を承知で、ここからちょっときついことを書きます。大人ぶって上から物を言うような印象を受けたら、許してください。

(A) あなたが考える考古学はどちらですか?

 というよりも、次の両方どちらも学ぶのが「考古学」だと考えていますか? 大学によって、現場での作業をカリキュラムで重視しているのか、すでに豊富な資料・遺物を持っているから、それを研究するのか、特徴があります。
 1) 現場での発掘に参加したい。
http://www.meiji.ac.jp/bungaku/course/archaeology/curriculum.html
 2) すでに発掘された資料から、その遺跡をめぐる文化史を考えたい。
http://www.flet.keio.ac.jp/dep/aande.html

(B) 考古学の大まかな仕事を、一度、体験してみては?

 英語に不自由がないなら、学校の休みを利用して、海外の発掘ボランティアに参加することも有意義です。同じ興味を持つ人たちに会えるし、発掘がどんな仕事かわかります。ペルーの考古学現場へ!
 発掘→遺物整理(掘り出したものを記録する)→保管(空気中でいたまないようにする)→分析(作られた年代や使われ方を調べる)など、プログラムによって課題と参加条件が異なりますから、確かめてから参加してください。

・英語の解説(2006年のプログラムあり)
http://search.atomz.com/search/?sp-q=peru+archaeology&Submit1=Search&sp-a=0001233a-sp00000000
・英語の解説(2005年のプログラムあり)
http://www.earthwatch.jp/project/projectlist/world/6_sa/perus_wari_empire.html

●大学院からアメリカに留学する場合
http://andes.exblog.jp/pg/blog.asp?eid=a0007579&iid=15&acv=&dif=&opt=2&srl=2041277&dte=2004%2D10%2D05+03%3A33%3A00%2E000
 日本で大学進学をするとして、国内で考古学の基礎を固めておき、大学3年生もしくは修士から海外留学を考える方法はどうでしょうか。
 あなたがいままで、アメリカで教育を受けた期間が長いなら、大学から海外を志望することもできますが、学費その他、経済的な負担をどうするのか、考えてくださいね。アメリカ国籍がない場合、学費はアメリカ人学生の2倍近くかかることもあります。

 考古学が好きな人が増えると嬉しいですね。

 高校2年生とのことですが、ハイスクールの一般教養で、考古学入門を学ばれたのでしょうか? これはアメリカ大陸の南のほうの文化を学ぶため、考古学を切り口にしたのだと想像します。まちがっていたらごめんなさい。

●日本語で学ぶほうが楽なら国内で進学を

 考古学は、どの学問でも同じだけれど、学問として基礎となる考え方をしっかり身につけることが大切です。ほかの学問と比べた特徴。
1)最初に、資料・遺物の取り扱いを学ぶために時間を割くこ...続きを読む

Q建築史を学べる大学院

現在学部で美術史を学んでいますが、建築により重点をおいた勉強をしたいと大学院を探しています。
今は文系なのですが、建築史を専門的に学べる大学院とはやはり工学部などになるのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

google で、
建築史
というキーワードを、大学限定で検索するべく
site:ac.jp
と限定して検索すると、さすがに工学部系統の建築史の研究室が多いようですね。ただ、やっていることは文献調査と臨検実習が多いようです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%8F%B2+site%3Aac.jp&lr=

質問者さんのように、やりたいことの領域がある程度限定されている方の大学院進学の場合は、学部の単位とか研究科の単位とかでは余り考えずに、研究室の単位で進路を考えることが大切です。

最近は、いわゆる重点化の傾向もあり、複数の学部をまたがった大きな研究科を構成しているケースが多いです。例えば九州大のように、工学部から建築だけをとり、心理系統の学部と連結させてひとつの大学院にするなど、研究科の構成がだいがくによってまちまちです。建築史を専門とする研究室がどこに所属しているのかすぐにはわかりません。

たぶん、大学名・研究科名で探していくよりも、ぴっとくる先生がいたり研究をしていたりする研究室を探していくほうがいいんじゃないでしょうか。

その上で、当該研究室がどこの大学のどの研究科に含まれていて、どのような入試科目が課されるかを研究室訪問の段階で確認し、それに向けて勉強をしていくといいでしょう。もしかしたら、たとえ工学部系でも、英語+建築史+面接+研究計画書という入試形態になるかもしれません。

あとは、入学後どのような研究ツールとしての基礎知識が必要になるかという問題になりますが、それはまた合格が決まってから考えてはどうでしょう。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%8F%B2+site%3Aac.jp&lr=

google で、
建築史
というキーワードを、大学限定で検索するべく
site:ac.jp
と限定して検索すると、さすがに工学部系統の建築史の研究室が多いようですね。ただ、やっていることは文献調査と臨検実習が多いようです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%8F%B2+site%3Aac.jp&lr=

質問者さんのように、やりたいことの領域がある程度限定されている方の大学院進学の場合は、学部の単位とか研究科の単位とかでは余り考えずに、研究室の単位で進路を考えることが大切です。

...続きを読む

Q建築学は理系ですか?

建築学は理系ですか?

怒らないで聞いてほしいのですが、建築学は理系なのでしょうか?

意匠設計、建築史、建築計画、などは数学はほぼ使わないでしょうし、構造力学も1級建築士では高校レベルの数学で解けます。環境工学も簡単な数学しか使いません。

僕的には建築学は限りなく文系に近い理系だと思うのですが、日本の教育的に文系とか理系で境界線があるのが謎なのです。

高卒で東大教授になった人もいますし、謎が多い建築学について詳しい方は教えてください。

Aベストアンサー

建築は、学校で学ぶアカデミックな世界では確かに文理
入り混じっている感じで、特に建築史や彫塑などは
「理系から離れたところに来たなあ」と感じます。

しかし実際に建築の場(設計や生産の現場)で主に
起きているのは理系というかエンジニアリングの世界です。

アーキテクトは建物のコンセプトをまとめ上げるのも大切ですが、
「神様はディテールに宿る」と言われるように材料の選定、納まりの
決定も重要。これには様々な建築素材の特質を知らねばなりません。

デザインが優れていても耐候性や強度、対環境性能に劣る
場合もあるわけです。この選択に関わる素養は、やはり二分するなら
理系のものでしょう。もちろんコンプライアンス(合法性、適合性)や
コスト検証もしなければなりません。

また、化学や精密機械の工場や病院、陸海空の交通施設などは
ハコであると同時に「巨大な機械」でもあります。「機能する箱」で
あらしめるのは電気屋さん、機械屋さんの世界。これも理系です。

高卒東大名誉教授といった突出した才能はいわば別枠であって、
建築は数百人、数千人がそれぞれの限定された職能で関わる
共同作業です。文系的な金勘定や営業活動や、業者やクライアントを
ひきつける能力に長けたひともいる。モニュメンタルで公共性や美観にも
からむので、政治や芸術でもある。しかしそれを貫くのは、手がける
一人一人の技術屋の精神、ものづくりの精神であると私は考えます。
少なくとも日本の場合は。

建築や土木が他のプロダクトと大きく異なるのは、生産活動と
経済活動が同時進行すること。資金を投入し作ったものを売る
わけではなく、できる前のもの、そして作りかけのもので商売している。
ここに文理のさまざまな要素が入り込んでくる余地があると思います。

※「上から目線の嫌な奴」って私のことなんですかね。
私は建築がエセ理系だと言われても半分は当たっているので
腹は立ちませんけどね。

建築は、学校で学ぶアカデミックな世界では確かに文理
入り混じっている感じで、特に建築史や彫塑などは
「理系から離れたところに来たなあ」と感じます。

しかし実際に建築の場(設計や生産の現場)で主に
起きているのは理系というかエンジニアリングの世界です。

アーキテクトは建物のコンセプトをまとめ上げるのも大切ですが、
「神様はディテールに宿る」と言われるように材料の選定、納まりの
決定も重要。これには様々な建築素材の特質を知らねばなりません。

デザインが優れていても耐候性や強度、対環...続きを読む

Q理系で心理学的な勉強がしたいのですが。

高校3年です。

進路のことで悩んでいるのですが、
私は、社会科系科目が苦手なため、理系で授業を選択しました。

数学3cまでとっていて、理科は物理化学です。

最近までは適当に、工学部志望と言う事にしていたのですが、最近になって心理学に興味が湧きました。

大学では心理学を勉強したいと思ったのですが、心理学は文系だと知りました…

理系では、心理学やそれに関連した内容を学べる学部は無いのでしょうか…?
何か知ってる事が会ったら教えてください。

あと、心理学の勉強をされた方やしている方は、感想?とか、今どんな仕事をしていて、どんなやりがいがあるかだけでもいいので教えてください!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何がやりたいかより、苦手から逃げることで選択をしようとしてるのが、私も気になりました。

役立てたい方向が分からないと、理系で習えればでは中身が活かされませんよね。


私は、工学から医療、心理に移っていったのですが
自分にとって必要になったので、そのつど増やしていった形になりました。


心理学が学びたくて、時間の短縮を考えてあれば
通信制もありますので、同時もしくは追加で学ぶこともできると思います。

放送大学のような、安価で長期学べるシステムもあります。

通信制の場合、個人的には論文や研究が弱い気がしていますが
一般大学で工学部に通えば、その点はフォローされると思います。

本当に学びたければ、手段はいろいろあります。

自分が何をしたいのか。
その為に、今何が必要なのかを考えてみることもいいのではないでしょうか。


心理学をやっていてですが、人と向き合うには徹底して自分と向き合う必要が出てきます。
自分と向き合って、やっと人が理解できるようになり、一緒に考えていくことができるようになる。
その途中経過の驚きは言いつくせないですね。

そして、人間の限りない深さや能力に、感動と興味は尽きません。



仕事は臨床心理で、個人的な仕事の内容は、精神的なものが肉体にどれだけ影響を与え
それを心理的なものでどれだけ回復できるかをやっています。

心身ともに健康に向かい、自分の人生をどう歩いて行くのかまでを主眼とします。


雇われでは私のやりたいことは無理ですから、個人として起業しています。


学びに年齢は関係ありませんから、ご自分の道を見つけられるよう願っています。

何がやりたいかより、苦手から逃げることで選択をしようとしてるのが、私も気になりました。

役立てたい方向が分からないと、理系で習えればでは中身が活かされませんよね。


私は、工学から医療、心理に移っていったのですが
自分にとって必要になったので、そのつど増やしていった形になりました。


心理学が学びたくて、時間の短縮を考えてあれば
通信制もありますので、同時もしくは追加で学ぶこともできると思います。

放送大学のような、安価で長期学べるシステムもあります。

通信制の場合、個人的に...続きを読む

Q倫理って何を勉強するのですか。

高校の選択教科に倫理がありますが、どんなことを勉強するのかよくわかりません。
選択教科を決めるのにまよっています。
どなたか、アドバイスお願いたします。

Aベストアンサー

pearさんの学校には「倫理」があるのですね。どちらかというと珍しいと思います。もっとも選択教科ということですが、どういう意味の選択なのでしょうか。というようなこちらの疑問はおいておきます。

さて、高校倫理の内容ですが下のsesameさんがおっしゃっているような「哲学史」ではありません。ちょっと脱線しますが、例えば哲学史上の巨人の一人にカントという人がいます。カントの哲学的な業績は「純粋理性批判」という本で理性の限界を示し、哲学の対象を限定したことにあるのですが高校倫理ではそれについては触れません。そして「実践理性批判」で展開した道徳論が教えられています。高校倫理を教える人はおそらくカントの「純粋理性批判」とその内容について授業中話すことと思いますが、それは倫理で教える内容とされているわけではありません。このように倫理は確かに哲学の一分野でありますが、そのすべてではないことと、高校倫理には青年心理学・社会学・民俗学などの分野も入っています。

おおざっぱにいうと高校倫理は「今の日本や世界での(正しいとされている)道徳の内容とその由来」を考えるものです。また、宗教も道徳を示しますが、世界の主要な宗教の基本的な考え方も学びます。
例えば、
「無為自然」に生きることが人生の幸せを得る道である、とか
いつ契約したかわからないけれど、「社会契約」によって私たちの社会は成り立っている、とか
すべての生き物には仏になれる性質がある、とか
人の本性は善か悪か、とか
そのようなことを私たちはいつのまにか知っていたり、考えたりしますが、それらは自然に浮かび上がってきたものではなくて誰かが考えついたり、きちんとまとめたりしたものが伝わってきているのです。そして、その人たちや集団の考え方を知るうちに、逆に今の私たちが「道徳」として守っていくべきことが何であるかが見えてきます。青年心理学なども、高校生ぐらいの青少年が自分自身について悩みを持ち、「自分とは何か」を求めていくことに対しての1つのヒントになっています。

このように、高校倫理は「道徳とはどのようなものか」「人生をどのように生きるべきか」「社会とは何か」というような大切な問題について、自分で考えていこうとするときに、その手がかりを与えてくれる科目です。

(ただ、私はこのように考えていますが、教員によっては単なる倫理用語や知識の羅列であったり、西洋哲学史を教えるだけであったり、カントやヘーゲル、マルクスなどの特定の分野だけに力を入れて教えたりするかもしれません。センター入試対策であれば用語知識の羅列である方が哲学史や特定分野を教えられるより有効ですが、「倫理」を考えるという点では後者の方が有効でしょう。)

pearさんの学校には「倫理」があるのですね。どちらかというと珍しいと思います。もっとも選択教科ということですが、どういう意味の選択なのでしょうか。というようなこちらの疑問はおいておきます。

さて、高校倫理の内容ですが下のsesameさんがおっしゃっているような「哲学史」ではありません。ちょっと脱線しますが、例えば哲学史上の巨人の一人にカントという人がいます。カントの哲学的な業績は「純粋理性批判」という本で理性の限界を示し、哲学の対象を限定したことにあるのですが高校倫理ではそれに...続きを読む

Q地理学は理系の学問?

以前から不思議に思っていたのですが、
このカテゴリーである「地理学」は理系の学問として分類されていますが、
地理は文系の学問ではないでしょうか、

日本の大学のうち、地理学科・地理学教室のある40大学を調べてみましたが、
文学部に地理の学科があるのが17大学
(京大・法政・駒沢・立命館・大阪市大等)

理学部にあるのが2大学
(東北大・都立大)

教育・教養学部にあるのが13大学
(東大・早稲田・千葉大等)

その他の学部にあるのが8大学
(環境とか情報とかの学部)
でした。
これから見ても、理系の学問に分類するのはどうかと思います。
確かに、理学部に地理学科がある大学もあるのですが、
地理は社会科で習ったと思いますが、いかがでしょうか

Aベストアンサー

「文型と理系の両方の側面を持つ学問」といったほうが,より適切だろうと思います。
たしかに中学・高校では,地理は社会科に入っています。(最近では高校は「地歴科」ですが,「公民科」とあわせて旧社会科といってよいでしょう)
これは理科と社会科にまたがる科目という設定ができないので,便宜上そうなっているということだと思います。
また自然地理的な内容は,理科の地学(高校の場合。中学は第2分野)である程度扱うから,地理は人文方面にウェイトを置くようにしたということもあるでしょう。
いずれにせよ,本来の地理学は理系・文系の両面があると思います。
ちなみに,東大では最近まで理学部地学科にも地理学教室(通称「理地理」)がありましたが,組織改革で一本化されたようです。

高校までの科目名とその内容を考慮するなら,ここのカテゴリ名は「自然地理学」にして,文系の学問の中に人文地理学の意味合いで「地理学」をおくほうが妥当かもしれません。

それにしても,ここのカテゴリ分けはよくわかりませんね。特に地学系は天文学だけがここ(理系の学問)におさめられているので,気象・地震・火山などの質問をする人を迷わせてしまい,地理学や環境や科学(これもよくわからん)など,あちこちに分散しています。

「文型と理系の両方の側面を持つ学問」といったほうが,より適切だろうと思います。
たしかに中学・高校では,地理は社会科に入っています。(最近では高校は「地歴科」ですが,「公民科」とあわせて旧社会科といってよいでしょう)
これは理科と社会科にまたがる科目という設定ができないので,便宜上そうなっているということだと思います。
また自然地理的な内容は,理科の地学(高校の場合。中学は第2分野)である程度扱うから,地理は人文方面にウェイトを置くようにしたということもあるでしょう。
いず...続きを読む

Qif any と if everの違いについて

She seldom, if ( ) , goes out by herself.
答えはeverなのですが、if any と if ever の違いがわかりません。

省略をカッコで表すと下のようになると思うのですが、この2文はどう違うのでしょうか。

There is little, (even) if (there is) any (hope), hope of your sccess.
There is little, (even) if (there is) ever (hope), hope of your sccess.

Aベストアンサー

まず any と ever の基本的な意味について確認すると、

 any「たとえ1つ(わずか)でもあるか、少しもないか」(数量の有無)
  Do you have any money?「お金を(少しでも)もっていますか」
  I don't have any money.「お金を(少しも)もっていません」
 ever「たとえ1度でもあるか、1度もないか」(回数の有無)
  Have you ever seen it?「それを(1度でも)見たことがありますか」
  No one has ever seen it.「だれもそれを(1度も)見たことがない」

これをふまえれば、原則として次の組み合わせになることがわかるでしょう。

  little, if any / few, if any (数量)
  seldom, if ever / rarely, if ever (回数・頻度)

なお、これらの意味について、参考書などで「たとえあるとしてもほとんど(めったに)ない」とか訳されていることが多いですが、これでは意味不明ですよね。要するに if any や if ever は、little や seldom の表す<少なさ>を強調する働きをしていて、「ほとんど全くない」「まずめったにない」といったニュアンスになります。

まず any と ever の基本的な意味について確認すると、

 any「たとえ1つ(わずか)でもあるか、少しもないか」(数量の有無)
  Do you have any money?「お金を(少しでも)もっていますか」
  I don't have any money.「お金を(少しも)もっていません」
 ever「たとえ1度でもあるか、1度もないか」(回数の有無)
  Have you ever seen it?「それを(1度でも)見たことがありますか」
  No one has ever seen it.「だれもそれを(1度も)見たことがない」

これをふまえれば、原則と...続きを読む

Qレポートの参考文献

参考文献を記載するとき、出版年を記入しなければならないですが、
これは、初版の年ですか?
それとも今まさに持っている本(第5版なら第5版)の発行年ですか?

Aベストアンサー

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1刷 1970年4月20日発行
第3版第1刷 1998年1月15日発行
第3版第5刷 2005年7月10日発行

一応の原則としては,
「第1版と第2版,また第2版と第3版とでは,それぞれ内容は大きく変わる」
「第3版第1刷と第2刷以降では,内容は原則として同じだが,細かい訂正など多少手を加えることもある」
と考えてください。

このような場合,この本が第3版であることは確かですが,発行年をどうするか。
一応の原則としては,「版次(第3版)が同じであれば,刷次(第1刷とか第5刷とか)が違っても,内容はほとんど一緒」と考えられます。
したがって,内容的には1998年に出されたときのものと同じと考えて,発行年は「1998」と記録する,というのが一つの考え方です。
(図書館の蔵書目録のデータはそのようなルールで書かれています)
もっとも,本によっては,同じ版でも,刷りを重ねるごとに
かなり内容に手を加えていることもありますので,正確に記録するのであれば,「1998,第5刷2005」とすればよいでしょう。

ただ,版次の数字が「第85版」みたいにやたらと大きい場合は要注意です。そのような場合は,「刷」の意味で「版」と表示している可能性が高いです。
たとえば,
1965年初版発行 (初版と第1版は同じ意味です)
2005年第85版発行
これだと,年2回のペースで版を新しくしているということになりますが,観光ガイドとかムック(雑誌ぽい本)などならともかく,普通の図書で年に2回も版を改めるというのは滅多にないことですので,「2005年第1版第85刷発行」の意味と考えられます。
そのような場合は,内容としては1965年の時のものと同じでしょうから,出版年は「1965」としたほうがよいでしょう。

No.1の回答者さん。
気持は分かるのですが,もし自分が読んだ本が「2005年に出た第5版」だったとしたら,参考文献には2005と書くしかありません。
本当に「1960年に発行された初版」の本を手にとって,参考にしたのでなければ,1960と書くわけにはいきません。
自分がどの文献を参考にして書いたのか,それを明らかにするのが参考文献一覧ですから。
もし,自分は2005年発行の本しか見ていないけれど,その本の筆者は1960年に既にそのようなことを書いていたということをどうしても示したければ,本文の中でそう書けばいいのです。

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1...続きを読む


人気Q&Aランキング