グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

(1)CCD、CMOS、MOSの利点と欠点、違いなどを教えて下さい。また3板式は高価なだけで性能面では常に単板式以上という認識で構いませんか?

(2)なぜパナソニックは最新機種ではSONYのようにCMOSを使わずに3MOSにしたのか教えて下さい。(開発者インタビューがない以上、真相は分からないはずなのでCMOSにこういった点で勝るからという理由でかまいません)

(3)SONYは昔、DV機で3CMOSカメラを出したことがありますが、AVCHDカメラでは全く3板式を出してくれません。DCR-PC1000のようなコンパクトな機種に採用していたのに、なぜ単板式にこだわるのか教えて下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

CCDとCMOSについては、簡単に検索でき調べやすいので割愛します。


http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0408/ …
http://d1.fc2web.com/page021.html

さてと、情報が少ないのがMOSセンサー。
このMOSセンサーは松下が主導で開発しているイメージセンサーです。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2005/02/ …
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/d …
馴染みの製品としては、オリンパスやパナソニックのデジタル一眼レフに搭載されている「Live MOS」センサーがあります。

松下が開発したνMicovicon(ニュー・マイコビコン)イメージセンサの技術を、
ビデオカメラ用に発展させたのが「MOS」センサー。
一眼レフ用に発展させたのが「Live MOS」センサーです。
CMOSセンサーと比較して、2倍の面積のフォトダイオード部分と、CMOSの半分の消費電力が特徴です。
<<松下MOSセンサーはCCDとCMOSの良所捕りのセンサーです。>>
特に、ビデオや携帯電話カメラでは、センサーの面積が小さいので、高感度、低ノイズは有利と発表されています。

> 3板式は高価なだけで性能面では常に単板式以上という認識で構いませんか?
私は、その通りだと思っています。
フォビオンイメージセンサー以外で、フルカラーを取り込める単板イメージセンサーは無いのですから、、、
放送局用のカメラが3板式を使用していることからも分かります。
完全なR要素G要素B要素を取り出すには3板式が必要です。
3板式は大量生産に不向きで、どうしても高価になります。

> SONYは昔、DV機で3CMOSカメラを出したことがありますが、AVCHDカメラでは全く3板式を出してくれません。
ソニーは業務用は今でも3板式です。
恐らく経営方針が刷新されたと感じています。
ソニーはこだわりの最高級ブランド「クオリア」の失敗などを経験し、最近はソニーらしい、こだわりの製品は発売していません。
ビデオなども最多購買層であるパパ、ママに売れる製品が主力になったと思います。
とくに、ママは単板も3板も関係ありませんから、、、
売り上げと利益を最優先に考える経営に代わったと言うことだと思います。
すこし残念に感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

最高に分かりやすかったです。
有難うございました。

お礼日時:2008/07/14 21:19

CCDイメージセンサー


http://ja.wikipedia.org/wiki/CCD%E3%82%A4%E3%83% …

CMOSイメージセンサー
http://ja.wikipedia.org/wiki/CMOS%E3%82%A4%E3%83 …

MOS
http://ja.wikipedia.org/wiki/MOS

回路の複雑さはCMOSの方が複雑です。

3板式についてでいすが、単にコストの問題では?
Wikipediaにも書いてありますが、CMOSは既存の半導体製造ラインを流用できるし、CMOSの欠点も新しい技術で解決していっています。性能的に僅差だったらコストを抑えられる方を使用するのは営利企業であれば当たり前の流れでしょ?
営業戦略というモノも絡んでくるのでCMOS/CCDどちらが優秀かというのは関係ない場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方にまとめてお礼申し上げます。

wikipediaも読んでみました。

結局、松下の新型カメラで採用の3MOSはSONYが昔採用していた
3CMOSとイコールということでよろしいのでしょうか?

AVCHDで初の「3MOS」方式を採用
と書いてますので、世界初が偽りではないみたいですね。
なぜならば、SONYはHDVでしか3CMOSを採用していないので。

ただコストの問題であるならば、松下はSONYよりも3板式を
安い価格帯で出せているのが気になります。
企業の規模の違いなのでしょうか。

松下は以前から3CCDに熱心でしたし、今回もSONYより先に
AVCHDにて3MOS(=3CMOS?)を出しました。

ソニーから3MOSが出ることを望んでいるだけに残念なのです。
(ソニーから出るとしても HDR-FX7のような大きさと価格は困ります)

お礼日時:2008/07/13 11:52

MOSというのは、半導体素子の名称で、非常に一般的な構造のモノで光学素子の名称ではないから、CMOS=MOSではないかな。


CCD (Charged Coupled Device)
CMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor)

CCDは20年以上カメラに使われてきました。多くの利点が有ります。CMOSと比較すると、光に対する感度が高いです。
弱い光ではこの高感度のおかげで、より良い画像を撮影できます。
また、CMOSより画質が良いという人も多いです。
しかし、CCDはカメラへの組み込みがCMOSより複雑であること等から、製造コストが高いという欠点があります。
また、明る過ぎる被写体を撮影した場合、上下方向に白くスミアを発生させます。

CMOSは画質に関しては、CCDセンサーに近づいていますが、まだまだCCDに及ばない部分もあり、最高画質を要求されるカメラではまだ不安定てです。
しかし、トータルコストが安いという利点があります。
また、本体への組み込みが簡素で消費電力が少ないので、小型カメラに適しています。
通常の明るさの環境下では問題はありませんが、微光下では画像が暗く、ノイズが生じる事があります。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q望遠レンズの倍率の見方がわかりません

普通のデジカメだと、光学3倍、などという感じで大きさは大体想像が
ついたのですが、一眼レフの望遠レンズはよくわからない数字です。
できるだけ大きい倍率のが欲しいので、光学10倍くらいのものを
一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?
なにもわからないのでごべんたつおねがいします。

Aベストアンサー

>一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?

ズームレンズの倍率は、望遠側の数値÷広角側の数値=倍率 という計算式です。

28mm ~ 280mm
50mm ~ 500mm
どちらのレンズも10倍ズームになります。
でも、50mm ~ 500mm と言うレンズは存在しないでしょう・・・。
28mm ~ 280mm も無いかも知れませんね。(近いものはあるかも)

10倍の倍率があると、かなり大きなレンズになりますし、重量も重くて価格も高い物になりますので、実用的なレンズとは言えません。
ズーム全域での描写能力にも問題が出てくる(調整しきれない)ので、綺麗に写るレンズとは言えない物になる可能性もあります。

通常は3倍ズームが普通です。
欲しいカメラのレンズカタログをじっくりとごらんになって見て下さい。

Q何故一眼レフやミラーレス一眼はCMOSなのか?

デジカメに使われてるイメージセンサーは大きく2種類、CMOSとCCDがあります。今の主流はCMOSで、スマホから一眼レフやプロ用のカメラまで幅広く使われています。

一方、CCDにも需要があって、よくコンパクトデジカメに使われています。コンパクトデジカメでもCMOSが主流ですが、CCDも2割くらいのシェアがあって、CMOSよりCCDの方が画質が良いと評判の声もあります。少し前の携帯電話のカメラなどにもCCDが使われてました。電池がすぐ切れたそうですが。

CMOSとCCDを比べると、どちらが高画質か、これは一長一短で難しいところでしょう。ただ、CCDには特有の良さがあって、それを好む人はCCDを選ぶでしょう。これは、カメラマン一人ひとりの選択に帰着する話です。そして、CMOSよりCCDの方が高画質といった声はよく聞きます。逆もあると思いますが。

さて、一眼レフやミラーレス一眼だと、ほぼ全てCMOSで、CCDが絶無に近いです。何故でしょうか?

CCDの最大の欠点は、消費電力の多さです。貧弱な電池だと、すぐ切れてしまうそうです。でも、一眼レフもミラーレス一眼もボディーが大きいから、大容量の電池を積めるのでは?カメラマンとしては、CCD特有の画質を一眼レフで再現したいのでは?

あと、一眼レフ用イメージセンサーの画素数の低さが気になります。コンパクトデジカメだと2000万画素とかよく見ますし、価格が1万円くらいです。でも、10万円くらいする一眼レフの画素数は1000万とか、単純に半分です。画質は画素数の他にレンズやイメージセンサーのサイズも重要で、一眼レフは大きいサイズのイメージセンサーを使っていて有利なのでしょうが、イメージセンサーが大きくなると画素数が減るものなのでしょうか?一眼レフの方が高級で高画質という感じがしますが、画素数だけならコンパクトデジカメの方が優れていて、これが気持ち悪いです。

デジカメに使われてるイメージセンサーは大きく2種類、CMOSとCCDがあります。今の主流はCMOSで、スマホから一眼レフやプロ用のカメラまで幅広く使われています。

一方、CCDにも需要があって、よくコンパクトデジカメに使われています。コンパクトデジカメでもCMOSが主流ですが、CCDも2割くらいのシェアがあって、CMOSよりCCDの方が画質が良いと評判の声もあります。少し前の携帯電話のカメラなどにもCCDが使われてました。電池がすぐ切れたそうですが。

CMOSとCCDを比べると、どちらが高画質か、これは一...続きを読む

Aベストアンサー

その画素数の意味を、逆方向から考えてみましょう :-)

フルHDがどのくらいの画素数かと言うと、実は207万画素しかありません。
これが、大衆が「TVがきれいになった」と錯覚した、脅威の高画素の正体です(笑)

撮像素子の画素数と、記録された写真の画素数をそのまま比較はできませんが
一般の人が必要としている画素数は、存外たいした画素数では無いのです。

IXY140はたしかに約2000万画素のCCDで、2000万画素弱の写真を撮れますが
4Kモニターでもなければ、その画素を活かす手段が無いのが現実です。
あるいは、A1に対応したプリンターを持っていれば別ですが…

一般大衆の多くが1366x768、わずか104万画素の液晶画面で
パソコンを使っているくらいですから、その20倍もの画素数を求める人は、ごく一部です。

子供の記録をうまく撮るためにミラーレスを選ぶ人も大勢いますが
2000万画素で撮って、A1でプリントするなんて人はほぼいないと思います。


すでにCMOSでも2000万画素級製品は出ているようですが
これがコンパクトデジカメに採用される理由は、最高画質のためというより
むしろ、デジタルズーム()機能のためではないかと思います。

強迫観念で最大画質で撮り続け、SDカードでも
自宅のHDDでも、容量不足に追い込まれるくらいなら
あるいはバックアップしきれずに、とりこぼすくらいなら
2000万画素CCDのカメラで、中画素設定で撮るほうが賢い気がします。
デジタルズームで撮った写真だけ、画質が落ちて見えるなんてことも避けられちゃいます(笑)


巨大なレンズを持つカメラほど、ヒエラルキーの上にあるのは
単純に、レンズの大きさが、フィルムや撮像素子よりも、より大きな意味を持つからです。

もちろん、20年前に輸入されていたような中国製中判カメラよりいい画質が
コンパクトデジカメでも得られるくらい、レンズ設計は飛躍的進化をとげました。

でも、昔のレンズの味といった曖昧なものには、永遠に勝てるわけでも無く
同時期の一眼レフやミラーレスに、撮像素子の画素数だけ勝っても、画質で勝てるわけでは無いのです。

いつか、レンズ性能が飽和する日がくれば…レンズの大きさが
画質の差として、認識できなくなる日も来るんでしょう…

たとえば、黒く見えないほど、何もないかのように、非常に黒い素材が最近発表されていて
これはレンズの小型化に、大きな効果が得られるかもしれません。
http://www.youtube.com/watch?v=vqA5072h6PU
http://tozanabo.com/archives/vantablack_cnt.html

そういった、新技術は、いつかレンズ性能を飽和させるでしょうが、かなり先のことじゃないかと思います。


もちろん、特殊な条件を除けば、素人が満足する画質は
コンパクトデジカメで、とっくに実現しているような気はしますけどね。

最終的に、シャッターチャンスに恵まれることが
究極の写真術だと感じてから、スペック厨はやめちゃいました(笑)

この10年で一番大事な写真は、普通にコンパクトデジカメで撮った写真なんです。
スペック厨を患っていたころは、全速シンクロの最強一眼レフペンFを使ったりもしましたけどね(笑)

その画素数の意味を、逆方向から考えてみましょう :-)

フルHDがどのくらいの画素数かと言うと、実は207万画素しかありません。
これが、大衆が「TVがきれいになった」と錯覚した、脅威の高画素の正体です(笑)

撮像素子の画素数と、記録された写真の画素数をそのまま比較はできませんが
一般の人が必要としている画素数は、存外たいした画素数では無いのです。

IXY140はたしかに約2000万画素のCCDで、2000万画素弱の写真を撮れますが
4Kモニターでもなければ、その画素を活かす手段が無いのが現実です。
あるい...続きを読む

QLUMIXのライカレンズは本物ですか?

掲題の通りですが、写真を撮っている専門の方が「LUMIXのライカといってもエルマートでしょ、ライカの関連会社に作らせているもので、正真正銘のライカとは別物です」と言われたことがありました。
自分はLUMIXを2台持っていますが、ライカレンズということも購入の理由でした。
銀塩カメラのライカレンズとは全く違うものですか?。
LUMIXがライカと銘打っている以上、どこがライカなのでしょうか?。

Aベストアンサー

>LUMIXのライカといってもエルマートでしょ、ライカの関連会社に作らせているもので、正真正銘のライカとは別物です
◎何を持って「正真正銘」と言うべきかの問題ですが。
パナソニックは、カタログやウエブサイトで以下の説明を掲載しています。
いわく、
「LEICA/ライカはライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です」
「ELMARIT/エルマリートはライカ カメラ社の登録商標です」
「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズは、ライカ カメラ社の品質基準に基づき、ライカ カメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産されています」と。
すなわち、
「ライカ製」ではないが「ライカと名乗るべき内容である」というわけですね。

ルミックス『L1』は、オリンパスの技術をベースに開発された「レンズ交換式一眼レフ」ですが、
今後は、外観や仕様を変えて、ライカブランドで発売される予定と言われています。
そして『LC1』は、一眼レフではありませんが、ライカ社が将来のデジタルカメラ参入を狙い共同開発、もしくは技術提携することにより開発されたと言われて、その延長線上の発展形が『L1』です。
このように考えれば『LC1』のコラボレーション云々は、説明がつくかと。

まぁ、銀塩時代のライカレンズと大きな差があるとしても、それは価格相応というべきことではないでしょうか・・・。

>LUMIXのライカといってもエルマートでしょ、ライカの関連会社に作らせているもので、正真正銘のライカとは別物です
◎何を持って「正真正銘」と言うべきかの問題ですが。
パナソニックは、カタログやウエブサイトで以下の説明を掲載しています。
いわく、
「LEICA/ライカはライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です」
「ELMARIT/エルマリートはライカ カメラ社の登録商標です」
「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズは、ライカ カメラ社の品質基準に基づき、ライカ カメラ社が認定した測定機器と品質保...続きを読む

Q1ルクスの明るさはどのくらいですか?

1ルクスの明るさとは、どの位ですか?
たとえば、5w位の明るさだとか、数値ではなく、
具体的に教えてください。

Aベストアンサー

「式や数値はいらん」とのことなので、具体例だけ。
参考URLからの抜粋ですが、イメージし易いものだと、

・満月の夜道ぐらいの明るさ → 0.2ルクスぐらい
・普通に照明されている室内の明るさ → 100~1000ルクスぐらい
・晴天下で直射日光が当たっている屋外の明るさ → 10万ルクスぐらい
・6畳間、60Wでおよそ100ルクス全体照明


で、一応、理屈も少々。

「ルクス」は明るさの単位ですから、ひとつの光源(電灯)が照らす面積が
大きくなれば、明るさは減ります。

電灯の「ワット」は、その電灯の消費電力しか表していないので、その電灯の
効率(電気→光をどれだけ効率よく変換できるか)次第で、どれだけ光を
出せるかが変わってきます。

なので

> 5w位の明るさ

では、条件が不明瞭で、

(一般的な)60Wの蛍光灯で、3m離れた垂直の壁の明るさが...

なんて条件をつけないと(目安としてでも)正確ではなくなります。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA006163/pccap/doc/pj.htm, http://www.itokicrebio.com/home/mame/light.html

「式や数値はいらん」とのことなので、具体例だけ。
参考URLからの抜粋ですが、イメージし易いものだと、

・満月の夜道ぐらいの明るさ → 0.2ルクスぐらい
・普通に照明されている室内の明るさ → 100~1000ルクスぐらい
・晴天下で直射日光が当たっている屋外の明るさ → 10万ルクスぐらい
・6畳間、60Wでおよそ100ルクス全体照明


で、一応、理屈も少々。

「ルクス」は明るさの単位ですから、ひとつの光源(電灯)が照らす面積が
大きくなれば、明るさは減ります。

電灯の「ワット」は、その電...続きを読む

Qコンデジのセンサーサイズ  1/1.7と 1/2.3画質の違い

デジカメのセンサーサイズについて教えて下さい。今サイバーショットWX500かカシオのWX-ZR3000かEX-ZR1600を買おうと思ってます。

EX-ZE3000はセンサーサイズが 1/1.7ですが、センサーサイズの他の機種より明確に綺麗に撮れるのでしょうか?


サイズが 1/2.3だと光学式ズーム以外はiPhone6sやエクスペリアZ5と大して変わらんなんていう意見も聞きますし、やはり 10000円位の価格差なら1/1.7サイズのものを選んだほうが良いでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

カメラ選定の絞り込み条件。
・画質は、アイフォンより上。
・用途は、オークションのブツ撮り。
・自撮り⇒モニター反転が条件。
・高倍率ズームにはこだわらない。

先ず、ブツ撮りですが、切手やコイン・ジュエリーのような小物でなければ、カメラは何でも良い。
大事な事は、ライティング。スタジオみたいな大げさなものでなくても良い。
ドーム型のブツ撮りキットで十分。目的に合うものを探してください。ミニ三脚も必需品。

自撮りは、モニターを反転させる以外に、Wi-Fi によりスマホ・アイフォーンでライブビューしながらリモート撮影する手法が流行り。

画質にこだわるなら、1/2.3型と1/1.7型では矢張り違うと思う。


以上の条件に合致するカメラとして、PowerShot G9 X はどうかな?
http://kakaku.com/item/J0000017649/

1型センサーとF2.0(W端)3倍ズーム。
Wi-Fi 仕様でリモート撮影可。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

QFinePix S9800はどんなもんですか?

先日、新聞広告にFinepix S9800の広告が載っていて、家族が興味を示しているのですが、このカメラはどんなもんでしょうか?
広告によると50倍ズームできるそうですが、コンデジの上位機種でのズームの実際の性能はどれくらいなのでしょうか?
価格はだいだい3万くらいなのですが、これを買うよりもあと1~2万出して、ミラーレス一眼にしたほうがいいですか?
使用目的は花撮りなどで、家族はメカには強くありません。

Aベストアンサー

さて、1200mm(35mm判換算)で何を撮りましょうか?
これは、人それぞれでしょうが、35mm判一眼レフでも400mmを超える超望遠域を必要とする場面は野鳥かスポーツぐらい。
しかも、400mm超えともなると、カメラ・レンズでゆうに100万円を超え、頑丈な三脚も必需品。
そして、機材以上に必要になるのが撮影技術。

勿論、買う事に反対は致しません。
ただ、家族でオールマイティーに使いとなると、コンパクトデジの中では高級クラスに属するもの。ズーム倍率も4倍ぐらい。
こう言うジャンルのカメラは、W端ではF2.0以下と明るいレンズ搭載でイメージセンサーも大き目。
ですから室内や夜景にも有利。

一例
http://kakaku.com/item/K0000693652/
もっと安いカメラでも十分でしょう。

Q単板式CCDと3板式CCD

単板式CCDと3板式CCDについて、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 単板式CCDでは、ひとつのCCDの中に光の3原色RGB分の画素を並べる必要が有るので、多画素化が難しく(高価に)なります。
 3板式CCDだと画像をRGB各々の色に分けて、各々に対応したCCDで撮像しますので、単板式のCCDの技術をそのまま流用しても3倍の画素化ができる勘定になります。
 但し、3板式CCDでは、受像を3ヶのCCDに分けるプリズムが必要になり、CCDも3枚になるので、原理的には質量、サイズともに大きくなる傾向に有ると思われます。
 色再現性については、3板式の方がRGB各々独立に調整できるので、性能は良くなる様です。

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む


人気Q&Aランキング