【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

飛行機等の乗り物系での応用例はある程度わかるのですがそれ以外(乗り物以外)では具体的にどのようなものが挙げられるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

インクジェットプリンタは、印刷用紙に小さな粒状のインクを吹き付けることで印刷しますが、きれいに印刷するためにはいかに粒子を小さくし、かつ乱れなく飛ばすかが大事になります。


このインクジェットのインクを飛ばす技術に流体力学が応用されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても参考になりました。ご回答どうも有難うございました。

お礼日時:2008/07/23 12:02

こんばんは。



大学の頃、熱設計の絡みで、原子炉の一次冷却水(あるいは融けた金属ナトリウム)、二次冷却水の設計について学びました。

それから、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83% …
は有名ですよね。


それから、
応用例ではないですけど、
お線香の煙は対流によって上昇しますが、最初は層流で、だんだん上昇スピードが速くなり、途中から乱流になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答どうも有り難うございました。参考にさせていただきました。

お礼日時:2008/07/23 11:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流速測定法

流速測定法にはピトー管を利用したもの以外になにがあるのでしょうか?
出来れば原理もいっしょに説明していただけるといいのですが。

Aベストアンサー

音波のドプラー変移を利用した方法
実際に粒子などを流して連続撮影する方法
カルマン渦を発生させ、その音波から測定する方法
衝撃波面の角度をシュリーフェンで見る方法
風速計のような回転翼による回転数による方法
放電の連続写真による方法
流量とベルヌーイの定理から逆算する方法
吹流しの角度から判定する方法
岩などが転がる状態から判断する方法
電子対などの温度低下により判定する方法

Q原子が存在することは、いつ、誰が完全に証明したのですか。

原子が存在することが、単なる仮説ではなく、完全に証明されたのはいつのことでしょうか。
いつ、誰が、どういう実験によって、「原子が存在する。」ということを完全に証明したのですか。

Aベストアンサー

物質が原子という粒で出来ているということはかなり早くから使われていた考えです。粒の存在は気体、液体の拡散や混合である程度確かめられます。でも実体としての原子はわからないままでした。分子という塊についてはなおさら「?」でした。見えもしないのに何故そういうことが言えるのかという反対論は根強かったようです。
アボガドロの分子仮説というのがあります。「仮説」というのがついたままで教科書に載っていました。20~30年前でも「仮説」がついていました。ある分野の人達は分子が実在するとしてどんどん使っていました。有機化学の分野での使われ方はかなり先に進んだものだったようです。でも反対する人は「仮説」としてしか認めていませんでした。
分子の実在が公に認められたのはアボガドロ数の値が確定してからだということです。ペランの「原子」という本が岩波文庫にあります。その本の中に「いくつかの方法で求めたアボガドロ数がほぼ同じ値になるということはその元にある分子という実体が確かに存在するするということを示している」と書かれています。ブラウン運動の理論はアインシュタインですが測定はペランです。アインシュタインはブラウン運動の理論でノーベル賞をもらっています(1921年)がペランもこの仕事でノーベル賞をもらっています(1925年)。分子の存在の確定は20世紀になってからだという事です。それに従って原子も確定したことになります。

ちなみにアボガドロ数の意味でロシュミット数と呼んでいたこともありました。理化学辞典では0℃、1気圧で1cm3の気体の中に含まれる分子の数を最初に測定した(1865年)ことからの命名であるとあります。」個々の測定は結構早いのに個別のこととしてしか認められていなかったということのようです。
アボガドロの法則が発表されたのは1811年です。

物質が原子という粒で出来ているということはかなり早くから使われていた考えです。粒の存在は気体、液体の拡散や混合である程度確かめられます。でも実体としての原子はわからないままでした。分子という塊についてはなおさら「?」でした。見えもしないのに何故そういうことが言えるのかという反対論は根強かったようです。
アボガドロの分子仮説というのがあります。「仮説」というのがついたままで教科書に載っていました。20~30年前でも「仮説」がついていました。ある分野の人達は分子が実在するとし...続きを読む

Q原子は見ることができるのですか?

もしかしたら恥ずかしい質問かもしれませんが、
原子は実際に見ることはできるのですか?

Aベストアンサー

「見る」をどう解釈するかによりますが、
光学的には無理で、高分解能の電子顕微鏡で観測は可能ということです。

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q静電気を利用した器械はありますか?

タイトル通りなのですが静電気の特徴を積極的に取り入れて何かの目的に用いている機器はあるのでしょうか。高電圧を作る専門的な機械のことは聞いたことがありますが・・・

Aベストアンサー

医用画像解析の研究者です。

エアクリーナーの多くは静電気を利用して空気中のホコリやチリを集めています。

まず、吸引した空気に高圧放電をします。
すると、ホコリは電子をもらってマイナスに帯電します。(イオン化したといいます)
つぎに、プラスに帯電させたフィルターを通すと、ホコリはフィルターに引きつけられてしまい、キレイな空気だけが出てくる訳です。


また、実験用の高電圧を発生させる「バン・デ・グラフ装置」という物があります。

これは、ゴム、金属、プラスティックなどの絶縁ベルトを高速で回転させ、電極で擦ることによって高電圧を得ています。

以上、ご参考になったでしょうか?

バン・デ・グラフ装置http://www.educ.city.ibaraki.osaka.jp/center/science/2001/seidenki/seidenki.htm

Q2変数関数の極限値の解き方(色々なケース)

以下の8問の2変数関数の極限値を求めてる問題を解いてみたのですが
計算結果が正しいか自信がありません。
わかる方、ご指導よろしくお願いいたします。

【問題】
次の極限値は存在するか。存在する時には、その極値を求めよ。

(1) lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/√(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (xy)/√(x^2+y^2) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (xy)/√(x^2+y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/√(x^2+y^2)は極限値は0をとる。


(2) lim [(x,y)→(0,0)] (x^2+2y^2)/√(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (x^2+2y^2)/√(x^2+y^2) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (x^2+2y^2)/√(x^2+y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (x^2+2y^2)/√(x^2+y^2)は極限値は0をとる。


(3) lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/(x^2+2y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (xy)/(x^2+2y^2) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (xy)/(x^2+2y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/(x^2+2y^2)は極限値は0をとる。


(4) lim [(x,y)→(0,0)] (x-y^2)/(x^2-y)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (x-y^2)/(x^2-y) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (x-y^2)/(x^2-y) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (x-y^2)/(x^2-y)は極限値は0をとる。


(5) lim [(x,y)→(0,0)] (y^2)/(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (y^2)/(x^2+y^2) = 1
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (y^2)/(x^2+y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方をすると極限値が1つに定まらない。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (y^2)/(x^2+y^2)は極限値を持たない。


(6) lim [(x,y)→(0,0)] (x^2-y^2)/(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (x^2-y^2)/(x^2+y^2) = -1
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (x^2-y^2)/(x^2+y^2) = 1
上記より、異なる近づけ方をすると極限値が1つに定まらない。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (x^2-y^2)/(x^2+y^2)は極限値を持たない。


(7) lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (xy)/(x^2+y^2) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (xy)/(x^2+y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/(x^2+y^2)は極限値は0をとる。


(8) lim [(x,y)→(0,0)] (x^2y)/(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (x^2y)/(x^2+y^2) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (x^2y)/(x^2+y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (x^2y)/(x^2+y^2)は極限値は0をとる。


もし、導き方がおかしいようなら、ご指摘いただければと思います。
以上、ご指導のほどよろしくお願いします。

以下の8問の2変数関数の極限値を求めてる問題を解いてみたのですが
計算結果が正しいか自信がありません。
わかる方、ご指導よろしくお願いいたします。

【問題】
次の極限値は存在するか。存在する時には、その極値を求めよ。

(1) lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/√(x^2+y^2)

まず、x→yの順に近づける。
lim[y→0]lim[x→0] (xy)/√(x^2+y^2) = 0
次に、y→xの順に近づける。
lim[x→0]lim[y→0] (xy)/√(x^2+y^2) = 0
上記より、異なる近づけ方でも極限値が1つに定まる。
よって、lim [(x,y)→(0,0)] (xy)/√(x^...続きを読む

Aベストアンサー

訂正
(1)は式に絶対値をつけとかんといかんかった。
|(xy)/√(x^2+y^2)|=|x|/√(x^2+y^2)・|y|/√(x^2+y^2)・√(x^2+y^2)
≦1・1・√(x^2+y^2) →0
(3)と(8)も。
失礼しました。


人気Q&Aランキング