AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

空気を入れすぎるとパンク(破裂バースト)すると言いますが、
そんな簡単に破裂するものなんですか?

昔ママチャリにタンク付空気入れでこれでもかというくらい、
ピストンに体重をかけて固くなってもう限界以上くらいになっても普通に乗れていました。
空気を入れただけで乗ったり動かす前にその場で破裂することなんてことがあるんですか?

特に経験した方経験者からきいたことのある方教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

うちの父が、昔やりました。



サブタンクなどない、一般的な手動の空気入れでした。
(タンクの下の部分を足で踏んづけて、両手でシュコシュコするもの)

入れてから10分後、車庫からとてつもない破裂音が聞こえて
行ってみるとタイヤが裂けていました。

空気を入れているときじゃなくてよかったです(^^;)


そのときのチューブの状態がどうだったかとか、タイヤの磨耗がどうだったかは
覚えていませんが、それほど整備不良や過度の劣化ではなかったと思います。


オヤジ、いったいどれくらい入れたんだよ(笑)って思いました。
それ以来、空気を入れるときはタイヤの硬さを確認しながら入れるようにしています。
    • good
    • 11

回答ですが「YES」です。


今、経験しました。
今先ほど、panaracerの「らくらくポンプ タンク付」でママチャリに空気を入れていたところ調子に乗って入れすぎてしまい、
凄まじい爆発音とともに、チューブが裂け、タイヤが外れました。
隣の家の方も出てこられて住宅街で近所迷惑になってしまいました。
また、自分自身も耳がおかしいです。危険です。
案外、『すごい重たい』と感じることなく突然の出来事でした。

確かに破裂します。「タイヤが目に見えて膨らんできた。」と思ったら空気を入れるのをやめましょう……。
    • good
    • 10

私は中学の時に近くの自転車屋で「機械」の空気入れでパンパンに空気を入れて何故か暫く走っていたらバースト(チューブだけ)した事が有ります。

一応サイクリング車でした。でも、チューブ取り替えてそのまま乗っていたけど、タイヤは大丈夫でした。
私も自動車整備士でした。普通車のタイヤに悪戯で整備工場で空気入れまくっていたら10キロ超えたところで破裂しました。ワイヤーが飛び散ってびっくりしました。危なかったです。これは危険です。真似しない方が良いかと....
    • good
    • 9

バーストの原理を知っていれば、なかなか起こりえないことが分かるんじゃないでしょうか。


チューブが外に露出して、押さえるものが無くなったチューブが膨らんで破裂するのがバーストと聞いています。
ですから、タイヤがチューブの内圧に負けずに正常な状態であるうちはバーストしないのですよね。

ビートでチューブを挟む
気圧でビートを押し上げる
ニップル穴から風船化
タイヤ欠損部(穴)から風船化
タイヤの出来が超悪くてペラペラ

タイヤをビートから浮かせる気圧って、ホントに手押しポンプで可能でしょうか。
機械ポンプなら可能でしょうけど。
近所の自転車屋さんでも、バーストしたと持ってきた件の殆どは組み付け不良との事でした。(痕跡が残ります)
自転車やタイヤメーカーにもこういったクレームは多いそうですけど、同じ状況と聞いています。
    • good
    • 12

ANo.5です。


補足についてですが、そのポンプは詳細が書かれていませんが他の製品同様 0.6~0.7MPa が限界かと思います。
通常の空気圧の倍くらいですので新品のタイヤ、チューブで組み立てが正常なら寿命が短くなる程度でバーストはしないと思います。
ただし全体重をかけてポンプを無理矢理動かせばどうなるかの予測はつきません。英式バルブならバルブの口金から漏れてくるとは思いますが・・・

空気の入れすぎは確実にタイヤを酷使し、サイドのひび割れが早く出ます。

この回答への補足

気をつけようと思います。

補足日時:2008/08/15 20:26
    • good
    • 3

近くのイトーヨーカ堂に自動の空気入れがあるのですが、そこで2回くらい入れ過ぎで「パン」と鳴った音を聞いたことがあります。

いずれも主婦が乗っていたママチャリでした。

手動の空気入れだと限界があるので、ママチャリの場合は壊れないかと思いますが、機械だとなるのかもしれません。
    • good
    • 4

空気の入れすぎはすぐにバーストしないとしてもタイヤを痛めますから決して行なってはいけません。


タイヤの強さはタイヤの内側に入っているカーカスの強度で決まります。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~casa/g-tokusyuu-0107 …
これはナイロン布で作られていますが強度以上の力が掛かると徐々に伸びてきます。
良くあることですが、空気を入れすぎの自転車はタイヤの溝の部分が少し裂けてカーカスが見えるようになっています。
最終的にこの裂けた部分が口を広げてすごい音でバーストします。

自転車は空気圧で体重を支えています。
空気圧3Kg/cm^2として長さ10cm幅2cmが接地すると3×10×2=60Kgを支えることができます。
    • good
    • 2

バーストしたことがあります。

皆さんが空気の入れ過ぎだとおっしゃっていたのですが、タイヤの状態をみていたら、はっきりと、整備不良になっていました。
チューブの下に外側のタイヤのゴムが噛んでいて、外側のタイヤのゴムに1cmくらいの折れ目ができていたのです。
別の自転車の場合、これは屋根つき駐車場に夏止めておいたのですが、これは、外側のタイヤのゴムの内側にねじれたような跡がついていました。つまり、ゴムチューブがねじれて入っていたのです。
数が少ないのですが、ゴムチューブ戸ホイルの間に、スポークがチューブに刺さらない様にゴムの紐が入っています。これが切れて(穴があいて)チューブに刺さっていた時があります。熱と振動でスポークの調節がおかしくなっていて、1本だけちょっと長くなっていたために突き刺さった様です。

熱によるバーストというよりも、タイヤを見たら全部整備不良車でした。
    • good
    • 5

経験はありませんが、新品でもやすい粗悪品ならあり得ると思います。



ただし空気を入れている際や直後にバーストするのは普通は組み立て不良時に起こることが多いので、チューブが噛みこんでバーストしたのを入れすぎによるバーストと思いこんでいるだけのような気がします。
(思いこみで)正常に組み立てたはずなのにバーストした-->空気の入れすぎでバーストした-->空気を入れすぎるとバーストする。

最初にも書きましたが低圧用のタイヤで粗悪品なら、高圧をかけるとリムから外れたり、タイヤが避けたりしてバーストする可能性はあります。
通常のポンプでは 0.6MPa くらいが限界だと思いますので、ロード用のポンプでも使わない限り新品のタイヤがバーストするまでは行かないと思います。
ロード用として売られているポンプは 1.1Mpa くらいが普通でがんばれば 1.3MPa くらいは入ります。これはママチャリ用タイヤの適正空気圧の4倍以上になります。

この回答への補足

このようなポンプを使用した場合はどうなんでしょうか?
http://item.rakuten.co.jp/crues/top_pump101/

補足日時:2008/08/15 00:04
    • good
    • 3

タイヤが新しければ起きません。


磨り減ったチューブ、パンク修理箇所があれば、可能性あるでしょ。もう少し状況を考えましょう。

この回答への補足

No.2への補足参照

補足日時:2008/08/14 20:04
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤの空気ってどれくらい入れればOKなのですか?

はじめて、自転車を購入しました。

通販で買った安めの自転車なのですが、
送られてきた時点ではタイヤに空気が入っていませんでした。

早速、空気入れポンプを買って入れようと思うのですが、
どれくらい入れればOKなのでしょうか?
(入れ過ぎはよくないですよね。。。)

指で押したときの硬さなど、空気量の目処が分かるような
ある程度、客観的に判断できる方法で教えて頂きたいです。

(空気入れポンプの目盛りなんかでわかるのでしょうか。)

Aベストアンサー

>(空気入れポンプの目盛りなんかでわかるのでしょうか。)
判るのか判らないのかはinnerfieldjpさんが購入したタイヤチューブのバルブ種類によります、
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tube.html#valve

安価な自転車で良く使われている英式バルブだと、構造上正確には測定できないので
空気圧計付きの物に拘る意味はあまり無いです。
適当な圧力もそれほど高くはないため、タイヤの側面を指ギュッとつまんで簡単には凹まない硬さ
程度の目安で問題無かったりします。

逆に、空気圧を測定できるように工夫されている、仏式バルブや米式バルブであれば
空気入れをこれから買うのなら空気圧を測定できる物の方がお勧めです。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/kukiire.html
特に高圧タイヤだと適切な状態がとても硬くなるため、指で押したときの硬さ・・・
のような簡易な方法ではよほど熟れていないと通用しなかったりします。

>ある程度、客観的に判断できる方法で教えて頂きたいです。
そもそも、自転車の種類によって適切な圧力は大きく違いますよ
乗る人の体重によっても違います、体重40kgの人と90kgの人で同じなわけないです。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_air_pressure.html
実際に乗車したときのタイヤと地面との接地長さとかも、27インチクラスのタイヤと
16インチクラスのタイヤで適当な長さが同じなわけないです。

ダラダラと書きましたが一口に自転車と言っても色々なので、
購入した自転車が具体的に何かという情報を伏せると話が長くなってしまいますよ、

蛇足ですが
 はじめての自転車購入で通販であれば、輸送後のネジの緩みなどは十分に確認してくださいね
特にブレーキまわり。

>(空気入れポンプの目盛りなんかでわかるのでしょうか。)
判るのか判らないのかはinnerfieldjpさんが購入したタイヤチューブのバルブ種類によります、
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tube.html#valve

安価な自転車で良く使われている英式バルブだと、構造上正確には測定できないので
空気圧計付きの物に拘る意味はあまり無いです。
適当な圧力もそれほど高くはないため、タイヤの側面を指ギュッとつまんで簡単には凹まない硬さ
程度の目安で問題無かったりします。

逆に、空気圧を測定で...続きを読む

Q自転車のタイヤの空気を静かに抜く方法。

先日、自転車のタイヤに、空気を入れすぎました。

このまま走行するとなると、破裂しそうで怖いので、
空気を一気に抜く方法は、しっています。

虫というのでしょうか?、この軸のようなものを、
抜くと、すごい音がして、空気が一気にぬけますよね?

この方法ではなくて、
空気を少しずつ抜く方法って、あるでしょうか?

あの音は、どうしてもびっくりしてしまいます。

ちなみに、効果があるのかはわかりませんが、

黒いキャップというのでしょうか?、
それを、現在とりはずしています。
もしかしたら、すこしずつ空気が抜けるのではないかと思いまして。

Aベストアンサー

車やバイクのバルブと違って、空気を少量抜く様な構造にはなっていません。

尚、自転車の空気圧は非常に高く、「入れすぎ」と言っても大丈夫でしょう。(握力60キロの大人が両手で押しても凹こまない程でも大丈夫)

Q自転車のタイヤを破裂させずに空気を最大量にするのはどうやればいいのですか?

27インチのシティサイクル(ママチャリ・軽快車)なんですが、神経質にこまめに空気を補充するせいか、案外すぐ破裂するようなんですが、どうやると、破裂させずに空気が目一杯になるでしょうか?

うまくいきません。
以前には、足りなくてパンクしたこともありました。

Aベストアンサー

 jituさん こんばんは

 ものすごく失礼な事を言う様ですけど、#1さんが示した空気圧計付きのフロアーポンプが高価すぎると言っている様では、高圧の空気を入れる事は諦めた方がいいでしょうね。まともなスポーツバイクに乗っている方は、全ての人と言っていい位にこの位の価格のフロアーポンプを持っています。そして使っているタイヤ指定の空気圧を常時入れています。一般的なまともなスポーツバイクに到着されているタイヤの指定空気圧を入れると、タイヤはカチカチの状態になります。たぶんその状態を希望されているんだろうと思います。

 タイヤにはそれぞれ指定の空気圧が記載されています。ちなみに私が乗っているロードバイクに装着しているタイヤには、3.5ber~6berと言う記載が有ります。実際に6berまで入れるのは大変なので5ber目安に入れています。ここまでの高圧の空気を入れるとタイヤはカチカチです。そして空気が抜けてきて3.5ber位を切るとロードノイズの感じ方で空気を入れないとならない事が解かります。
 ところで一般的なシティサイクルに使われているタイヤの場合は。#1さんも言われている様に最高で3berと言うタイヤが多いそうです。したがって私が乗っているロードバイク同様にタイヤがカチカチになる位まで空気を入れてしまう事は、お使いのタイヤの性能以上の空気を入れてしまう事になりパンクの原因になります。したがってタイヤがカチカチになる位まで空気を入れたいなら、それなりなタイヤを使わないとならない事になります。

 本来なら空気圧メーター付きのフロアーポンプで圧を見ながら入れて欲しい所ですけど、高価で買えないなら皆さんが言われている様に指で確認するのが1つの方法です。3berと言う圧の空気を入れると、カチカチとまでは行かなくても結構な量の空気が入っています。したがって、親指で軽く押した状態ではタイヤが凹む事はありません。そして力をこめて押した時には若干凹む感じになります。その位を目安に入れられたらどうでしょうか???

 全てにそうなのですが「過ぎたるは及ばざるが如し」です。タイヤの場合空気圧が少な過ぎるのも問題ですけど、過剰過ぎるのもパンクの原因になります。その点を考えて適切な空気圧を入れて下さい。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 jituさん こんばんは

 ものすごく失礼な事を言う様ですけど、#1さんが示した空気圧計付きのフロアーポンプが高価すぎると言っている様では、高圧の空気を入れる事は諦めた方がいいでしょうね。まともなスポーツバイクに乗っている方は、全ての人と言っていい位にこの位の価格のフロアーポンプを持っています。そして使っているタイヤ指定の空気圧を常時入れています。一般的なまともなスポーツバイクに到着されているタイヤの指定空気圧を入れると、タイヤはカチカチの状態になります。たぶんその状態を希...続きを読む

Q自転車のタイヤの側面のヒビは危険?

ロードバイクが趣味です。

700X26Cのパナレーサ・ツアラーというタイヤの側面によく見ると細かなヒビが入っています。

このままの状態で走行するのは危険でしょうか?

バーストの危険とかありますか?

原因は・・?タイヤの空気圧過多・・?でしょうか。気持ち多めに入れる癖があります。

良きアドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

回答が多岐にわたり困惑されているようだと思いますので。

正しい回答を致します。

まずはタイヤの構造について。
タイヤは、カーカスというポリエステルやナイロンのコード層で出来ています。
外から見たイメージでゴム風船をイメージされますが、決してゴム風船ではありません。

イメージとしては、長袖の洋服の「袖の部分を1周させたもの」に「ゴムの外壁」をくっつけたものがタイヤと考えてください。

自転車の場合、この袖の中にチューブを入れて膨らませている状態と考えてください。

サイド(自転車の横からみて見える部分)のゴムの外壁は薄くなっています。これにより、タイヤが変形しやすくなり外部からの衝撃を吸収し、乗り心地を保ちます。

「ゴムの外壁」のうち路面に接する部分は、ブレーキを掛けたり、ペダルを漕いだりすると、すり減りながらグリップ力を維持します。長持ちさせるために分厚くなっています。

今回のひび割れ(クラック)はサイド部に生じていますが、これは、1番の方も書いているように、紫外線や大気中にあるオゾンとゴムの化合により、サイド部分のゴムが劣化したものです。

では、劣化したからといってパンクやバーストするかというとそんなことはありません。

パンクというのは、このカーカス(洋服の袖)を釘が貫通して穴が開いた状態です。
今回は釘は貫通してませんよね。大丈夫です。

バーストというのは、高速走行した時にタイヤの高発熱により、ゴムがカーカスにくっついてられなくなりバラバラになるものです。ゴムのひび割れから破壊されるものではありません。また、現在のタイヤでバーストはほぼあり得ません。(過積載トラックぐらいです)

結局、サイドのゴムがひび割れても、カーカス(洋服の袖の部分)は無傷であり破れることはありませんから、パンクもバーストもしません。

自転車屋に持っていって相談しても、ここでの回答同様「危ないから交換した方がいい」といわれるでしょうが無視しましょう。

ただ、古くなっている可能性がありますので、交換しておいても損ではありません。

回答が多岐にわたり困惑されているようだと思いますので。

正しい回答を致します。

まずはタイヤの構造について。
タイヤは、カーカスというポリエステルやナイロンのコード層で出来ています。
外から見たイメージでゴム風船をイメージされますが、決してゴム風船ではありません。

イメージとしては、長袖の洋服の「袖の部分を1周させたもの」に「ゴムの外壁」をくっつけたものがタイヤと考えてください。

自転車の場合、この袖の中にチューブを入れて膨らませている状態と考えてください。

サイド(自転車の...続きを読む

Qタイヤの空気圧は最大値を入れた方がいいのでしょうか

ロードバイク初心者です。タイヤの空気圧の件で教えてください。保有しているバイクのタイヤの最高気圧は120psiなのですが、購入したショップからは「最高気圧の7割から8割で程度が快適に乗るのには望ましい」とアドバイスされました。他の書物等を見ると最高気圧まで入れていることが多いようですが、どちらが正しいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最終的にはあなたの好みですが、、、

基本的に
体重が重い人は高圧。軽い人は低圧
タイヤ幅が太いと低圧。細いと高圧ですね。
http://3.bp.blogspot.com/_I2YE2bFmy_g/SANhDfsYMdI/AAAAAAAAB7M/jUJjI9yQ8_I/s1600-h/photo_1.jpg

人によってはタイヤ幅も、
体重が軽ければ20cぐらいの細いタイヤが乗りやすいという人もいてますよ。

>他の書物等を見ると最高気圧まで入れていることが多い

空気圧が高いと、タイヤが変形しなくなるので転がり抵抗が少なくなり、ペダルが軽くなりますが、路面の振動が手やケツに来て振動がものすごいことになります。
さらに路面の小さなギャップでタイヤが跳ねて、これがパワーロスにつながります。

空気圧が低いと、タイヤが変形し、変形させるために力を使うので、その分ペダルが重くなります。これがころがり抵抗ですね。
その反面、振動をタイヤが吸収するし、路面の小さなギャップはタイヤが吸収するので、ぺだリングが下手でもペダリングの効率がよくなり、ペダルを踏んだ分だけ推進力に変わります。

つまり、乗り方が上手で短距離なら、タイヤを高圧にして転がり抵抗を抑えたほうが早いですが、初心者や長距離の場合は、空気圧を低くして乗りやすくするのがお勧めですので、ぼくはショップのアドバイスの方が的を得ていると思いますのー。
他の書物等のやつは、、、ママチャリとかの場合はそういう風にアドバイスするかな?

といいうか、なんか、どっかで調べたやつをそのまま鵜呑みにして書いているだけでは?
なんか言葉が薄っぺらいよねー。

まぁ、どのくらいがいいかは、いろんなセッティングで走りこんでみてあなたが決めるしかないですよ。

細かいことを言えば、路面温度が変わる夏と冬ではビミョーに違うし、雨の日は空気圧を低くしてタイヤの接地面を大きくした方が走りやすかったりします。

あ、そうそう。
当然ですが、後輪と前輪では体重による荷重が異なりますので、後輪を高圧にしたほうが走りやすかったりしますよ。
あと、前輪を太いタイヤにしたほうが、路面のギャップでハンドルを取られにくくなるので走りやすくなって、手に加わる振動が軽減されたりします。

てな感じで書き出すと止まらいのでこの辺で。。。

最終的にはあなたの好みですが、、、

基本的に
体重が重い人は高圧。軽い人は低圧
タイヤ幅が太いと低圧。細いと高圧ですね。
http://3.bp.blogspot.com/_I2YE2bFmy_g/SANhDfsYMdI/AAAAAAAAB7M/jUJjI9yQ8_I/s1600-h/photo_1.jpg

人によってはタイヤ幅も、
体重が軽ければ20cぐらいの細いタイヤが乗りやすいという人もいてますよ。

>他の書物等を見ると最高気圧まで入れていることが多い

空気圧が高いと、タイヤが変形しなくなるので転がり抵抗が少なくなり、ペダルが軽くなりますが、路面の振動が手やケツに来...続きを読む

Q自転車の空気はパンパンに入れてよいのか

ガソリン代の節約のために、自転車に乗ろうと思いますが、パンクが心配です。リム打ちが原因の多くを占めると聞いたので、空気はしっかり入れようと思いますが、どのくらいまで入れていいのでしょうか。空気入れで無理に入れ続けようとして破裂することはありますか。限界まで入れてから乗っていて、熱で空気が膨張して破裂するなどの心配もしています。指で押してへこまないくらいなら十分なのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

リム打ちパンクを気にするのは、理解しますが 入れ過ぎはダメです。
バーストします。
指で押して凹まないとうのも 人によって力が違うので一概に言えません。

タイヤサイドに 適正空気圧が表記されてるので それに合わせて 空気圧を調整すればOK
空気圧計付きの空気入れか 単体の空気圧計を用意してください。

適正空気圧+10%程度なら 夏の暑さでもバーストは、大丈夫ですが
それ以上多く入れれば リスクは、高まります。
空気の入れ過ぎは、乗り心地も悪化します 良いことが有りません。

歩道の段差など極力乗り上げ無い様に気お付けたり スピード落とし
そっとのる様にすることで リム打ちパンクを回避できます。
タイヤによって 耐パンク性を高めたタイヤも有るので 摩耗し交換の際は、そういった タイヤに交換すると 安心感が高まるでしょう。

自転車のタイヤも 中華製 ホークセンターで売ってるようなものは、ダメです。摩耗が早いのと タイヤ自体延びてしまい変形など良いことが有りません。
インドネシア製は、安くて品質良く 自転車屋さんでも採用してます
デミングというメーカーが有名です。

ブリジストンの自転車タイヤは、自社では作っておらす 以前 中国工場で作らせ 粗悪タイヤ(タイヤ内部が消しゴムのカスの様に摩耗しパンクを誘発)を流通させてしまい lクレーク交換も何も対応しなかった
lことが有り ブリジストン自転車販売店でも タイヤはブリジストンを扱わない店が多いです。お奨めしません。

リム打ちパンクを気にするのは、理解しますが 入れ過ぎはダメです。
バーストします。
指で押して凹まないとうのも 人によって力が違うので一概に言えません。

タイヤサイドに 適正空気圧が表記されてるので それに合わせて 空気圧を調整すればOK
空気圧計付きの空気入れか 単体の空気圧計を用意してください。

適正空気圧+10%程度なら 夏の暑さでもバーストは、大丈夫ですが
それ以上多く入れれば リスクは、高まります。
空気の入れ過ぎは、乗り心地も悪化します 良いことが有りません。

歩道の...続きを読む

Q自転車タイヤ交換 チューブが大爆発してしまったのですが・・・。

こんにちはみなさまお助けください。
自転車(スポーツクロスバイク)のタイヤと中のチューブを交換しました。タイヤは700cc太さ28mmパナレーサーのツーキスト。チューブはシュワルベの20~28mmです。
交換を完了して空気を入れたところ7気圧位でなかのチューブが大爆発してしまいました。
1時間ほど耳が遠くなるほどの大爆発で完全にビビッてます。チューブのが噛み込まないように両側からリムが見えることを一周確認したはずなのですが・・・。手順や注意点などポイントがあればお教え願いたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポイントは、空気を入れるです。
チューブとタイヤをホイールにはめた後、一旦軽く空気を入れます。
そしてバルブ付近からはめていきます。
出来るだけタイヤレバーを使わずに手を使ってはめていきましょう。
もう一つのポイントはバルブ部分を引っ張ったり押したりすることです。
これは、どうしてもバルブ付近がはめ込みにくいためにかみこみしやすいからです。
全部、タイヤをはめることが出来たら徐々に空気を入れていきましょう。
ある程度、空気が入ったらもう一度かみこみのチェックです。
これで問題があれば、ちょっと空気を抜いて手首のひねりでかみこみを解消しましょう。
問題なければ、最後まで空気を入れましょう。

Q自転車屋がパンク修理を拒否してもいいんですか?

自転車がパンクしてしまい、近所の自転車屋に行った時の話です。
私がその自転車を見せた瞬間、オヤジとその嫁ともう一人のアホ面の青年が
いっせいに声そろえて「あー!ダメダメダメダメ!」と言いました。
「これホームセンターで買ったもんでしょ。自転車屋協会は、こーゆー安もんは
修理できない事にしてんだよ。こんなのが売れちゃウチのが売れなくなるんだよ!」と
何故か私が怒られました。

その後、別の自転車屋に行ったら、オバチャンに親切に対応してもらいました。
「あーあの自転車屋でしょ。あそこはね、自転車屋の自転車じゃないとパンク
ひとつ直さないんだよね。この前もパンクして困ってる女の子が『あっちの自転車屋で
断られた』って泣きながらウチに来たのよ。
ウチも本当は自転車屋協会の指示があるからパンクは直せないんだけどね、
直してほしいってお客さんが来たら可愛そうだから断れないでしょ。」
と、このような感じでした。

そこで疑問です。
「自転車屋協会」なる存在は知りませんでしたが、(正式名称は分かりませんが)
その協会が「自転車屋の利益を保護する目的でホームセンターの安価自転車の修理を
拒否してよい」とする指示は本当にあるんでしょうか?

自転車がパンクしてしまい、近所の自転車屋に行った時の話です。
私がその自転車を見せた瞬間、オヤジとその嫁ともう一人のアホ面の青年が
いっせいに声そろえて「あー!ダメダメダメダメ!」と言いました。
「これホームセンターで買ったもんでしょ。自転車屋協会は、こーゆー安もんは
修理できない事にしてんだよ。こんなのが売れちゃウチのが売れなくなるんだよ!」と
何故か私が怒られました。

その後、別の自転車屋に行ったら、オバチャンに親切に対応してもらいました。
「あーあの自転車屋でしょ...続きを読む

Aベストアンサー

ホームセンターのせいではないですが、安物の自転車は規格外のパーツも使っていることがあります。(それを売っている店という責任はありますが)
1万円とかの自転車は、日本製ではないですし、安全性も低いので、100円ショップで売っている商品みたいな感じです。メーカーとしては壊れてもしりません。って感じでしょうか?

自転車屋としては
そのまま修理だと、すぐにまたパンクして悪評がたつ。
パーツを良い物に交換してあげようとすると、3千円くらいかかるので、「ぼったくられた」と言われて悪評がたつ。


ここから先は経済学的な意見になるので、非情な意見になりますが・・・
逆に考えれば、ホームセンターで売られているような自転車が無くなってしまうと、良心的に見えた別の自転車屋は、修理代による収入が減って、赤字経営になってしまうかもしれません。(もちろん修理するのは当然で結果としてという意味)
友人が自転車屋なのですが、5分で千円になるパンク修理がおもな収入源だと言っていました。自転車が1台売れても、そんなに利益は無い。そのわりにチェーン店の自転車屋やホームセンターなども自転車を売っているので、修理がほとんどと言っていました。

悪い自転車だと思いつつ、修理を引き受ける自転車屋の方が多い中で、悪い自転車だと教えてくれたのは、昔ながらの良い店かもしれません。

ちなみに、パンクの原因の9割以上は空気不足・リム打ちパンクによるものです。

ホームセンターのせいではないですが、安物の自転車は規格外のパーツも使っていることがあります。(それを売っている店という責任はありますが)
1万円とかの自転車は、日本製ではないですし、安全性も低いので、100円ショップで売っている商品みたいな感じです。メーカーとしては壊れてもしりません。って感じでしょうか?

自転車屋としては
そのまま修理だと、すぐにまたパンクして悪評がたつ。
パーツを良い物に交換してあげようとすると、3千円くらいかかるので、「ぼったくられた」と言われて悪評がた...続きを読む

Qタイヤに空気を入れすぎた場合

先日、タイヤの空気圧チェックをしたところ、少し低くなっていたので、自転車の空気入れで空気を入れました。
が、うっかりしていて、一本だけ空気を入れすぎてしまい、規定値よりも高い空気圧になってしまいました。

ショップやGSに頼まずに、タイヤの空気圧を下げる方法ってないでしょうか?
(他の3本より極端に高いわけではないし、乗り心地もそんなに変わらなかったので、そのまま走っているのですが、できれば4本とも同じ値にしておきたいので)

Aベストアンサー

はじめまして。タイヤの空気圧が高いと、タイヤがパンパンに膨れ、道路に接地する本来なら平面で接する部分が、線になってしまうため、タイヤの真中だけが磨り減ってしまいます。たとえばタイヤを垂直に断面に切った場合で見ると、U字型になるという事です。

また、タイヤの減りが多いと、弱い所が膨れてしまいそのまま走ると、バーストする恐れがあります。そこまでなるのはまれです。

空気の抜き方は、空気の注入口の真中にある、小さい棒を押さえれば抜けます。

空気圧は適性でないと、燃費が悪くなったり、スリップを起こしたりして危険です。きっちり測って入れてくれる所で入れなおすのが、よいと思います。

Qタイヤがバーストするまでエアーを入れるにはどのくらいの圧力が必要でしょ

タイヤがバーストするまでエアーを入れるにはどのくらいの圧力が必要でしょうか?

自宅でクルマやバイクのタイヤ交換をするのですが、チューブレスの場合ビードをリムに乗せる時、「コン!」と音が出ますが、音そのものは大したものではないのに心臓が止まるかと思うほど緊張してしまいます(恐怖感からフルフェイスヘルメット等武装してやってます)。

その原因に過去のトラウマがあるのですが、中学生のころ空気入れで空気補充中に一輪車、自転車それぞれ圧力を上げ過ぎてバーストさせた経験があります(今でも思い出すとキーンと耳鳴りがするようです)。
その後20代のころ、バイクのタイヤ交換に馴れてきた中、750ccのタイヤ交換(チューブタイプ)で作業を終えコンプレッサーにて空気を補充中に突然「モコ!」、みるみるタイヤが膨らみ出して逃げ出したら「ドーン!」と凄まじい音を発して大バースト。
原因はビードワイヤーの不良だっだんですが、それからというもの、リムの乗りあげる「コン!」という音にさえ怯えてしまうようになりました(ちなみに、子供の頃からふうせんが大の苦手で、今でも幼児がふうせんを持って近づいて来るだけで怖くて逃げ回っています)。

めったにそんなことはないとプロに言われましたが、それだけでは恐怖感から逃れることはできません、テレビニュースで「タイヤバーストの危険性」というのを見た時、映像でマネキンが吹っ飛ぶのを見た時も恐ろしかったです、では、実際どのくらいの圧力で一般的な乗用車のタイヤは破裂に至るのでしょうか?
経験のある方からの回答いただければ幸いです。

タイヤがバーストするまでエアーを入れるにはどのくらいの圧力が必要でしょうか?

自宅でクルマやバイクのタイヤ交換をするのですが、チューブレスの場合ビードをリムに乗せる時、「コン!」と音が出ますが、音そのものは大したものではないのに心臓が止まるかと思うほど緊張してしまいます(恐怖感からフルフェイスヘルメット等武装してやってます)。

その原因に過去のトラウマがあるのですが、中学生のころ空気入れで空気補充中に一輪車、自転車それぞれ圧力を上げ過ぎてバーストさせた経験があります(今で...続きを読む

Aベストアンサー

常識的に常用圧力の10倍、最高圧の4倍と考えると、
実力値で2.0MPaぐらいはほしいですね。
静的強度で3.5から4倍の国交省の指導があるようです。
乗用車用で2.0から2.5MPa、
バストラックのように上限で使用するタイヤで3.0から3.5MPaというのは
妥当な数値のようです。
通常の環境では、発生させることができる数値をはるかに越えていますので、
心配する必要はありません。
ただし、自転車のタイヤは1.0MPaで破壊させることが可能なものがあるようです。
また、これは新品の話で、コンパウンドが亀裂だらけでワイヤーが腐食している場合は
この数値の半分以下でも当然いくことはあるでしようが、所詮0.2MPaぐらいしか
かけないですよね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング