スーパーキャパシタなるものが開発されたようですが、検索しても容量が2.2F
ぐらいのものしか目にすることができません。補助的な電源ではなくて主電源として使われてないんでしょうか。

A 回答 (2件)

スーパーキャパシタは、固体と液体の間に生じる電気的二重層を利用してコンデンサーとしたもので、電圧変動、特に過電圧に非常に弱い特性があります。

ですから主電源の平滑には使えません。そのため、低消費電流の回路の停電時バックアップ電源として用いられているのです。確か、データーシートがある時は、「平滑用には使用しないでください」「レギュレーターの後ろで使って下さい」とか書いてあります。

また、数千F級のも無いわけではないようです。ただ、電子部品店などで扱っているものは、数Fクラスだということでしょう。(↓参照)

参考URL:http://www.zdp.co.jp/inf/990402/cap_j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

充電時間や容量や効率など見てみるとかなり良い電源になると思ったんですが、なかなか難しいようですね、今後の発展に期待します。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 13:57

スーパーキャパシタの電源利用は主にメモリーなどのバックアップであって、ごく微小な電流を長時間(長期間)にわたって流し続ける目的に使われていますので、主電源(電池の替り)という目的でつかわれているものではありません(現在のところは)


 しかし、空気二重層などの短時間ですが大電流(巨大電流)を流せるようなものも実用化されつつあります。
 (といってもこれも補助的な電源にすぎませんね。)
コンデンサの特徴としては充放電の繰り返しによる劣化が少ないので主電源としての利用できるようになれば画期的ですね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりバッテリーとして使うには難しいみたいですね。そんなのがあれば電気自動車が主流になるかもしれないんですが。回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/21 13:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新車購入で アイドリングストップ良い ですか。

スペイドの新車を購入予定です。

アイドリングストップの装置を付けることがオプション設定されてます。

アイドリングストップを付けるか 否か 迷ってます。

燃費が良くなっても操作性が心配です。

アイドリングストップの車を持ってる方、御教授下さいませ。

Aベストアンサー

昨年秋からアイドリングストップ機能が付いた車両に乗っています。
操作性に問題とするところは、全くありません。
信号で停止した時は静かで良いです。
停止中にブレーキから足を話せば瞬時にエンジンがかかります。

走行距離計のボタンを押せば、アイドリング停止した時間、節約した燃料の量、走行可能距離等が出てますので便利かも。

QF(r)=f(r)r/r のときF(x)=f(r)x/rとなる理由

時間があるので大学1年の物理を再度、深く勉強しなおしているのですが、教科書に当たり前のように書いてあることが分からなくて、しかも聞ける人もいないので質問させていただきました。

教科書の 「中心力F(r)=f(r)r/r が保存力か調べる」とあり(最後のr/rとは位置ベクトルrの単位ベクトルのことです)そのすぐ次の行には「F(x)=f(r)x/rとなるので…」と説明が始まってます。なぜF(x)がこのように求まるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

keyguy さんのご回答の通りと思うのですが,
もう少しわかりやすく書いてみますか.

keyguy さんご指摘のように,ベクトルとスカラーの表記に問題があります.
ベクトル r を 【r】 のように書くことにします.

(1)  【F】(【r】) = f(r)【r】/r
ということですね.
x,y,z 方向の単位ベクトルをそれぞれ 【i】【j】【k】とすれば
(2)  【r】= x【i】+ y【j】+ z【k】
です.
つまり,(1)(2)を合わせてみると,
(3)  【F】(【r】) = f(r)x【i】/r + f(r)y【j】/r + f(r)z【k】/r
になっていて,これは【F】の x 成分が
(4)  f(r)x/r
であることを示しています.

Qサブバッテリー、キャパシタ、アイソレーターの配線について

 メインバッテリーに負担をかけずにオーディオを組もうと思い、サブバッテリーとキャパシタ、アイソレーターを準備しました。

 バッテリーはオプティマのレッドトップ、キャパシタは海外製の1.0f、アイソレーターはセルスターのものを用意しました。

 キャパシタ付属の配線図を参考に配線を行おうとしたのですが、配線図ではバッテリーからキャパシタ、アンプを並列に配線するようになっていましたが、これにアイソレーターを付ける場合、サブバッテリに並列で配線したらいいのか、サブバッテリー→アイソレーター→キャパシタ、アンプという配線にしたらいいのか迷っています。

 どなたかご助言お願いします。

Aベストアンサー

アイソレーター(物はこれ?⇒http://www.cellstar.co.jp/products/iso/)の目的は、サブバッテリーを充電する事です。(よね?そのつもりですよね)


だとすると、あまり複雑に考えずに。。。

 サブバッテリー⇒キャパシタ⇒アンプ

で一つの構成です。キャパシタ付属の配線図通りです。

この、サブバッテリーを充電するためのアイソレーターなので、

 メインバッテリー(若しくはシガーソケット)⇒アイソレーター⇒サブバッテリー

です。

おそらく、
>サブバッテリに並列で配線したらいいのか

というイメージが近いと思います。


だた。。。

>サブバッテリー→アイソレーター→キャパシタ、アンプ

セルスターのアイソレーターには出力もついているので、この接続も可能だと思います。
しかし、気になるのは、このセルスターのアイソレーターが、充電しながら、出力が使えるかどうか?

使えるとした場合。。。
出力電力に制限(MAX30A)がありますので、それを上回るならこの接続が出来ません。

逆に、この接続方法なら、電圧降下ブザーと、LEDランプが付いていますので、サブバッテリーの状態を管理しながら使う事が可能です。

アイソレーター(物はこれ?⇒http://www.cellstar.co.jp/products/iso/)の目的は、サブバッテリーを充電する事です。(よね?そのつもりですよね)


だとすると、あまり複雑に考えずに。。。

 サブバッテリー⇒キャパシタ⇒アンプ

で一つの構成です。キャパシタ付属の配線図通りです。

この、サブバッテリーを充電するためのアイソレーターなので、

 メインバッテリー(若しくはシガーソケット)⇒アイソレーター⇒サブバッテリー

です。

おそらく、
>サブバッテリに並列で配線したらいいの...続きを読む

Q勾配ベクトルの成分について z=f(x,y)で考えると grad f=(∂f/∂x,∂f/∂y)でベ

勾配ベクトルの成分について





z=f(x,y)で考えると
grad f=(∂f/∂x,∂f/∂y)でベクトルとして定義されていますよね?

∂f/∂x,∂f/∂yは曲面z=f(x,y)上のそれぞれx,y方向の傾きを表しているのですよね?

だとすると、grad fはベクトルで定義されているのだから∂f/∂x,∂f/∂yはそれぞれx成分、y成分を表している。
すなわち、xy平面上のベクトルを表していることになるはずですが、もし傾きを表しているのだったら
∂f/∂x,∂f/∂yは傾いているのだからxy平面上のベクトルは表せないはずなのではと思ったのですが、自分の考えのどこが間違えているか指摘お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

No4です(^^)
いえいえ、理系はしつこいくらいが丁度良いです・・・異性には嫌われますが(^^;)

dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt =0
は z=f(x,y)=c c:定数 を考えているからです(´∀`)
見やすく z=c としておくと、dz/dt=0 ですよね(-_-)
示したかったのは、等高線にあたるz=c とgrad z が直交する事ですから、z=c を考えたんですね(´ω`*)

dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt ですが、正確な証明は数学の教科書・参考書にゆずりたいとおもいます・・・「偏微分」の所に載ってますよ(^^3)
ここでは、”たとえ話”をしておきますね(・ε・´)
z=(t-1)^3 をt で微分する場合を考えます・・・つまり、dz/dt ですね(~~;)
右辺を展開して微分してもいいですが、これは面倒ですよね・・・そこで、”お決まり”の技を使います・・・そう、置換です(^^@)
x=t-1 とすると、dx/dt=1
また、dz/dx=3x^2
したがって、dz/dt=dz/dx・dx/dt=3(t-1)^2 ですね(((-_- )
さらに、面倒な式を考えて、z=(t-1)^3 + (5t-3)^5 をt で微分してみましょう(*・ε・*)
これは、もちろん (t-1)^3 と(5t-3)^5 を別々にt で微分して、その結果を足したものが dz/dt ですね・・・当たりまですね(^^;)
(t-1)^3 を微分した結果は分かっていますので、(5t-3)^5 を微分しますね(・ー・)
y=5t-3 と置いて、dy/dt=5 ∴d{(5t-3)^5}/dt=d(y^5)/dt=d(y^5)/dy・dy/dt=5y^4・5=25y^4=25(5t-3)^4 ですね(^^A)
まあ、この最後の式はどーでもいいんですけどねΨ(`∀´)Ψ
つまり、z は z=x^3 + y^5 になりますので、
dz/dt=d(x^3)/dx・dx/dt + d(y^5)/dy・dy/dt って書けますね(◎◎!)
偏微分の書き方をすると、
d(x^3)/dx=∂z/∂x d(y^5)/dy=∂z/∂y ですね・・・つまり、 dz/dt=∂z/∂x・dx/dt + ∂z/∂y・dy/dt ですΣ(・ω´・ノ)ノ 

これが”たとえ話”である理由は、じゃあz=x√y だったらどーなんよ!と言われたらおしまいだから”たとえ話”なんですね(・o・)ノ
でも、これで、イメージをつかんでくれたら良いなぁ~(^O^)

No4です(^^)
いえいえ、理系はしつこいくらいが丁度良いです・・・異性には嫌われますが(^^;)

dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt =0
は z=f(x,y)=c c:定数 を考えているからです(´∀`)
見やすく z=c としておくと、dz/dt=0 ですよね(-_-)
示したかったのは、等高線にあたるz=c とgrad z が直交する事ですから、z=c を考えたんですね(´ω`*)

dz/dt = ∂f/∂x・dx/dt + ∂f/∂y・dy/dt ですが、正確な証明は数学の教科書・参考書にゆずりたいとおもいます・・・「偏微分」の所に載ってますよ(^^3)
こ...続きを読む

Q30秒のアイドリングストップは本当に省エネになるのでしょうか?

原付(50cc・ホンダのDio)に乗っています。
毎朝、通勤に使っているのですが信号の待ち時間にアイドリングストップしています。
原付のアイドリングストップは簡単にできるので実行しているのですが、信号が変わる時間は30秒ほどしかありません。
エンジンの始動の時にガソリンを大量に消費すると聞いたことがあります。
始動にかかるガソリン < 30秒のアイドリングストップ
でないと元はとれないと思うのですが、30秒のアイドリングストップは省エネになるのでしょうか?

Aベストアンサー

私もここでだったとおもうのですが、アイドルストップをがんばってやってみはじめました。そんな折、身内はそんなことを励行しているとは知らないものですから、
バッテリーをあげてしまい結果深夜のレスキューで高いものにつきました。
エンジンの始動時に大量のガソリンを使用するというのはガセでしょうが、バッテリーの寿命が縮まり、セルの寿命もと考えると悩ましいですね。リトルカブに乗るとか、アクセルの開閉をできる限り少なくするとかのほうが効果は大きいかもしれません。
いずれにせよ環境を気にする思考をするというのは大切なことです。一度30秒アイドルストップの効果についてみんなで真剣に検証してみたいですね。

Q下図のクーロン力Fを具体的に求めたいです。式はF=F1COS30°+F

下図のクーロン力Fを具体的に求めたいです。式はF=F1COS30°+F2COS60°を利用するのですが、この式と図との関係が良く分かりません。 教えて下さい。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

点Aの電荷に働く力は2つあります.
1つは点Bの電荷の影響による反発力F_1で,向きはB→Aの方向.
もう1つは点Cの電荷の影響による吸引力F_2で,向きはA→Cの方向.

求めたい力Fは点Aに働く力の合力のx成分です.
(B→Cの向きをxの正方向と考えています.)
従ってF_1とF_2をそれぞれx方向とy方向に分解して,
成分ごとに足し合わせればOKです.
質問文の間違いだと思いますが,結果は
F = F_1*cos60°+ F_2*cos60°
となるはずです.

Qアウトランダーかヴェゼルで悩んでます。 アウトランダーは15年以降のガソリン車で ヴェゼルはマイナー

アウトランダーかヴェゼルで悩んでます。
アウトランダーは15年以降のガソリン車で
ヴェゼルはマイナーチェンジ後のハイブリッド車です
外観はアウトランダーなんですが
やはり性能や燃費を考えるとヴェゼルなのかなと
ただ、ヴェゼルは本当に多く見かけるので
そこも悩みの原因です。
2車種共、良いところと悪いところ
教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

街乗りですよね?

アウトランダーはオフロードの本格的な走行を重視して作られており、そこにコストをかけているので、街乗り中心ではオーバースペックになります。いろいろ楽しみたいというのであれば、アウトランダーをお勧めします。

しかし、他のSUVと同じく、オンロードばかりですよというのであれば、燃費の良いヴェゼルになるでしょう。それにホンダとしては珍しく?子供っぽい内装になっていないところも好感できますね。また、街乗り中心なら、ハイブリッドでなくても十分です。しかも、トヨタからC-HRが販売されてから、値引きも大きくなっているようですし。

Q樋の正しい設計を教えてください。 2Fと1Fの大屋根と下屋がある場合、大屋根の2Fから直接一気に落と

樋の正しい設計を教えてください。

2Fと1Fの大屋根と下屋がある場合、大屋根の2Fから直接一気に落として、下屋の1Fの樋を別々に設置するのと、

2Fの大屋根の樋を1Fの下屋に落として、1Fの下屋から段々にして落としていく樋の設計とだとどちらの方が良いのか物理学の観点や住宅設計の観点から良い方を理由も付けて説明してください。

Aベストアンサー

要は機能とコストと美観のせめぎ合いです。
物理学はどうか知りませんけど
2階から直接下せるなら普通はそうします。
何もわざわざ1階につなぎません。
2階竪樋を1階で受ける場合はコロバシ樋を
1階軒樋に開放する場合が多く豪雨時軒樋が受けきれない
可能性が高いからです。
(この場合その水量で軒樋決定すると全体が過大になります)
それに樋設計って普通は竪樋の検討です。
負担すべき屋根水平面積当りの雨量から竪樋径と本数を求めます。
私は1本で済む場合でも詰りや破損を考慮し2本設置しています。

Qエレキギターの配線(キャパシタ)について

エレキギターの配線に用いるキャパシタについて教えてください。
ストラトなどシングルコイルの場合は0.047μFで,レスポールなどのハムバッキングの場合は0.022μFを使うと聞きました。
容量はどのようにして決めるのですか。
シングルに0.022μFを使うとどうしてダメなんでしょうか?
今,0.022μFのキャパシタがあるので,ストラトに取り付けようかどうか悩んでいます。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャパシタの容量はピックアップの出力インピーダンスと共にトーンの利くカットオフ周波数を決める要素になります。
一般的にシングルコイルは250Kオーム、ハムバッキングは500Kオームのポットが使われるのはハムバッキングがシングルのだいたい倍くらいの出力インピーダンスとして扱われているためです。
従ってシングルに対してハムバッキングのキャパシタが大体半分の値を使うことでトーンのカットオフ周波数を似たようなポイントにしているということになります。
これに対してシングルのキャパシタを通常の半分にするとカットオフは1オクターブ高いポイントとなり効き方が変わってきます。それがいいかどうかは使う人の価値判断で決まります。
キャパシタはそれほど高価な部品ではありませんので色々試してみるといいと思います。

Qこの問題の静電容量を、C[F]とすると、0.24×10^-6 が何故二倍になるのか、教えてください。

この問題の静電容量を、C[F]とすると、0.24×10^-6
が何故二倍になるのか、教えてください。

Aベストアンサー

0.24μF/kmとなっています。つまりケーブルの長さ1kmあたりの容量を表しています。
この問題ではこう長2kmとなっています。そのためケーブル1対あたりの容量は1kmあたりの容量の2倍となっているのです。


人気Q&Aランキング