痔になりやすい生活習慣とは?

申し訳ありませんが、いろいろ調べたのですが、分からなく、
教えてください。
離婚を機に、現在の電話加入権をもったまま
名義も相手方ですし、県外に行くことになりました。
つまり、電話加入権がなくなり、固定電話がなくなります。
母が、名義変更ということで譲渡してくれるということになりました。
諸費用はいくらかかるというのは別問題として、
同じ現在の番号はそのまま使用したいと思っていますが、
可能なのでしょうか?
とはいえ、諸費用なども知りたいため、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在の電話番号の名義は相手側であるので


そのまま移転手続きをすると現在の電話番号は廃止され
新たな住所で新たな電話番号となり開通する。

この時点で今までの電話番号はNTT内で保留(保管)のような
扱いになりNTT内部の規約により六ヶ月ないしおよそ1年間は
旧の本人であれ他人であれ該当する電話番号は使えなくなります。
※間違い電話防止という大義名分?もあり基本的に発行されません。

事情によって様々な文書提出等によって希に同一番号で
復活出来る場合もありますが基本的に出来ないが正式回答です。

質問者様の最終目的が これからも同じ電話番号を使いたいという
ことでしたら方法はいくつかあります。

「1」
今の電話番号の名義を質問者様名義に変更する。
お母様から譲渡される予定のものを相手側へ譲渡する。
相手側は譲渡された加入権を用いて新電話番号を取得する。
これでOKです。 名義変更は2回分必要です。

「2」
今の電話番号契約をソフトバンクやKDDIの契約へ変更する。
契約変更するとNTTの加入権は休止扱いになります。
その休止された加入権を用い相手側は新しい電話番号を取得する。
これでもOKです。 NTT休止費用が1回分必要です。
注意事項としてはNTT以外は加入権という概念が無いものの
契約者名は相手側のままになるので最終的に
名義(契約者名、請求先名)の変更が必要でしょう。

「3」
NTT116にて相談する。(事情を説明する)
これまでと同一住所で家族であったものがそのまま
利用を続けたいので加入権の入替と同時に番号を引き継ぎたい旨を
伝え必要に応じて求められれば書類を提出する。
うまくいけば電話番号の引き継ぎが可能です。
※これは相談しないと解りません成功の可能性は低いですが
 過去に手続き代行で私はやったことがあります。

総合的に考えてまずは「3」の方法で問い合わせをする。
難しいようなNTT側の回答であれば「1」の方法で行う。
相手側と話も出来ない状態で無ければスムーズに行えます。
    • good
    • 0

確認します、


お母さんも別に電話加入権をお持ちということでしょうか。

お相手が県外に行かれる時、現在の電話番号は解約されるはずですから
その番号は空きになると思いますので、お母さんから譲渡される時に
希望されその番号が空いていれば可能です。

余計な御世話かもしれませんが、お相手に未練がないのなら電話番号は
変えられたほうがよいのでは、お相手のお友達などからも電話がかかって、
いやな思いをされると思います、いつまでも引きずるような気がします。
    • good
    • 0

はぁ?・・・


>同じ現在の番号はそのまま使用したいと思っていますが、
可能なのでしょうか?
→まずもって不可能です。同じ桁数の電話番号の地域ならわかりますが
 県外では同じ桁になるとは限らないですしすでに市内局番、市外局番
 ともに違います。

初期費用は下記のページでどうぞ

参考URL:http://www.ntt.co.jp/product/category/phone.html

この回答への補足

説明不足ですいません。

相手方が今の加入権をそのまま持って県外へ行くので、
新しい加入権を入手したとしてです。
なので、今の住居にはそのまま住むことになってますし、
地域も何も変わらないため、同じ番号を使用できないかということです。
電話番号を変えると、いろんな方への連絡も必要ですし、
と思いまして。

補足日時:2008/09/03 07:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひかり電話にすると加入権はどうなるの?

ひかり電話に加入した場合、固定電話はどうなるの?という質問をNTTにした際に

【回答】
 固定電話をひかり電話へ番号ポータビリティした場合は、利用休止状態に入ります。利用休止の有効期間は5年間で1回は自動延長されます。
2回目(10年経過)はお客様より期間延長のご申告がない場合、解約となり失効致します。ご留意いただきます様お願い申し上げます 。

 という返事が返ってきました。ひかり電話にした際に固定電話の加入権?は10年後には解約になってしまうということは、電話番号を失ってしまうという事ですよね?
 今後は加入権は安くなるだろうとネットに書いてありましたが電話番号を失うのはいろいろ面倒なので嫌なのですが、仕方がないことなのでしょうか?それとも電話番号を失いためには5年おきに期間延長の申請をしなくてはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 電話番号を失ってしまうという事ですよね?

違います。#1さんの言う通り、番号自体はひかり電話で生きている筈です。
加入権(正しくは「施設設置負担金」)を失うということは、今後新たに固定電話を引くとき、負担金を払わねばならないということです。
未来永劫、今の場所でひかり電話から換える積りがないならなくても構いませんが、ひかり電話のない地域へ引っ越すとか、子供が成人したときに譲るとかのために、維持しておいた方が無難でしょう。

尚、加入権は無料化される筈でしたが、産業界の反対により平成17年に72,000円から36,000円に値下げされました。
NTTから正規に買うと上の料金ですが、代理店などでは1,2万円で買えますし、何かの抱き合わせで無料ともなります。
何十年も後には自然消滅するでしょうが、当分はこの状態が続くものと思われます。

参考URL:http://www.ntt-east.co.jp/release/0411/041105b.html

Q電話加入権は廃止されたのか。除却していいのか。

電話加入権が廃止されると以前聞いたことがあります。廃止になったのでしょうか。現在、当社の帳簿には、資産として電話加入権約23万円計上されています。廃止の場合、資産価値は0になるわけですから、固定資産除却損で落としていいのでしょうか。電話は使っています。

Aベストアンサー

まだ廃止されていません。したがって除却はできません。


人気Q&Aランキング