雪だるまってどこからきたんでしょう?顔だけ見ると西洋的でありsnowmanのほうが元祖か??と思わせる節があります。しかし、「だるま」というくらいだし…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『snowman』がどんな形だったかとっさに思い出せませんが、『スヌーピー』などで見る海外の雪ダルマは、


雪玉が三段になってますね。鼻はニンジンですし。

対して日本の方は、二段重ねです。

雪を転がして、それを積み上げると達磨の形になると気付いた(おそらく)子供が、
目鼻をつけて達磨に見立てたのが、日本の雪ダルマの最初なのではないでしょうか。

西洋では、やはり雪玉を積み重ねて遊んでいたら、なんか人の形に似ていると言うので、
目鼻をつけて、腕をつけてみたと言うのが、期限なのかもしれません。

情報化社会に生きていると、「始まりは一つで他は派生」と考えがちですが、
全く別の地域で、同時発生的に始まるものもあるのだそうです。

たとえば、「絵を描く」と言う行為を誰か一人が発明したと考えるのは、ちょっと変ですよね。

人が考え、行動することですから、全く関連のないところで、似たようなものを作ることもあるのでしょうね。
    • good
    • 0

snowman? って、割合人間臭い漫画のことでしょうか?



外来種はどういうものか知りませんが、目玉に炭団(タドン)を入れた日本の普通の雪だるまは1940年頃にはありました。

眉毛に炭と言っても今の家庭には炭もないとすれば作れないいかも知れません。

「近代雪ダルマ」の起源は分りませんが頭の上に『正ちゃん帽』が乗っかっている所をみると[大正末期]にはあったと思います。

[正ちゃん帽]・・・http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=403410 ・・・#2他参照。。。正ちゃん=大正時代の漫画の主人公。
    • good
    • 0

正式な起源はわかりませんが昔の子供達が雪遊びをしていて


人形みたいなのを作りたいと思ったのが始まりなのでは
というようなことを書いているHPがありますので見て下さい。

参考URL:http://www.mediaway.net/NamisanFolder/Mum/Mum11. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニワトリだるま

トサカとクチバシをつけて白く塗った、
ニワトリを模した「だるま」を
昨年末のテレビニュースで見たのですが、
どこの地方の品でしょうか。
なんていう名称でしょうか。

できれば入手したいので、手がかりを教えてください。
都内で売っていればベストですが、インターネット通販でもOKですし、旅行がてら買いにいってもいいです。

Aベストアンサー

違うかもしれませんが、川崎市の川崎大師仲見世通りにある葵商店というところが、干支だるまで有名だそうです。(下記は関連記事。ズームインSUPERで紹介されたこともあるそうです。ただ、ちょっと「ニワトリだるま」の写真は見つかりませんでした)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20041219ddlk14040103000c.html
http://www.e-daishi.net/0442669011.htm
http://atkawasaki.web.infoseek.co.jp/usagi/
http://www.ntv.co.jp/zoomin/diary/nobutomo/20030813.html

一応地方発送もされているそうですが、現物を見ないことには分かりませんよね。上記URLに連絡先も書いてありますので、年末にテレビで放送されたかどうかとか、だるまの特徴とかお尋ねになってみてはいかがでしょうか。


あと、たぶん違うと思いますが、京都・法輪寺の干支だるまというのもありました。こちらはおまけです。
http://www.amie.or.jp/daruma/Hoorin-ji.html

参考URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20041219ddlk14040103000c.html,http://www.e-daishi.net/0442669011.htm

違うかもしれませんが、川崎市の川崎大師仲見世通りにある葵商店というところが、干支だるまで有名だそうです。(下記は関連記事。ズームインSUPERで紹介されたこともあるそうです。ただ、ちょっと「ニワトリだるま」の写真は見つかりませんでした)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20041219ddlk14040103000c.html
http://www.e-daishi.net/0442669011.htm
http://atkawasaki.web.infoseek.co.jp/usagi/
http://www.ntv.co.jp/zoomin/diary/nobutomo/20030813.html

一応地方発送もさ...続きを読む

Q東洋人 西洋人

地球上の人類で西洋人と東洋人、どちらが多いですか?

Aベストアンサー

インド人をアジア人とするなら、アジア側は中国、インド、インドネシア、パキスタン、バングラデシュ、日本、フィリピン、ベトナム当たりまでで世界人口の半分くらい行っちゃうから答えは明らかかと

コーカソイドとモンゴロイドという区別だと結構アジアにもコーカソイドがいるので判断しにくい

Q日本の器と西洋の器

日本の器には四角いものが比較的多いです。例えば、焼き魚や刺身を入れる器も四角いものが多いです。一方西洋の器(皿)は、丸いものが多く、浅いです。これには何か訳があるのでしょうか。あと、日本の料理は、一品一品を一つの皿に盛り付けて食します。外国では、一つの皿に様々な料理を盛り付けているイメージがあります。実際調べてみると、やはり外国と比べて、日本は一つの料理に一つの器という感じでした。いろいろ調べてみたのですが、よく分からなかったのでぜひ教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

西洋では元々は食器として金銀などの金属器を用いていました。その金属器のかたちの由来まではわかりませんが、銀の皿といえば平べったいものを想像されるのではないでしょうか。ヨーロッパではこれら金や銀が特に珍重されていました。
つまりは、西洋の磁器の食器のかたちは、金属の食器のかたちを真似たものなのです。だから平べったく、浅いつくりのものが多いと考えられます。

勿論、食器のかたちは食事の形式と深く関係しています。西洋ではオードブル→メインといった順番があり、机の上に載る食器の数はごく僅かに限られています。よって自然と皿の大きさは大きくなり、丸いものとなったと考えられます。まあ単純に、皿がひとつだけなのであれば丸い方が見た目に美しかったからかもしれません。

日本の食器については、仰るように一つのうつわに一つの料理を載せるように使われています。これは懐石料理のように、一度に全ての料理を出していたスタイルに由来しているでしょう。
ところで、日本の伝統的な食器は漆ですが、漆には丸いものが多いです。四角い器は16世紀ごろに陶器でつくられたものがはじまりではないかと思います。日本の食事スタイル特有の狭いスペースを有効に活用するには、四角い器のほうが適していたともいえます。ただし、碗など丸い器も多くあり、そちらのほうが古いかたちであることは確かです。

西洋では元々は食器として金銀などの金属器を用いていました。その金属器のかたちの由来まではわかりませんが、銀の皿といえば平べったいものを想像されるのではないでしょうか。ヨーロッパではこれら金や銀が特に珍重されていました。
つまりは、西洋の磁器の食器のかたちは、金属の食器のかたちを真似たものなのです。だから平べったく、浅いつくりのものが多いと考えられます。

勿論、食器のかたちは食事の形式と深く関係しています。西洋ではオードブル→メインといった順番があり、机の上に載る食器の数は...続きを読む

Qソーラン節と鹿児島おはら節の振り付けについて

部活の定期演奏会でのパフォーマンスのために、
ソーラン節と鹿児島おはら節の振り付けを知りたいのですが…

分かりやすく教えて下さっているサイトってありませんでしょうか??


(特にソーラン節に関しては、
ゆっくりなソーラン節の振り付けを知りたいのですが、
検索すると早いテンポのソーラン節の振り付けばかり出てきてしまいます。)


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして。

北海道在住です。
私が子どものころに習ったソーラン節はこんな感じでしたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=Jgbr0GVhjIA
http://www.youtube.com/watch?v=BSp7v1VhBlU&feature=fvwrel
http://www.youtube.com/watch?v=4uMASS8i0jk&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=TfHoWq2bI8I&feature=related

今のハヤリの早いテンポのソーラン節は「南中ソーラン」と呼ばれてまして、伝統の踊り方とは結構違います。ドラマの「金八先生」で紹介されて、南中ソーランの方が知られるようになったんです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%B8%AD%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3

Q外国での「だしの素」は何ですか?

日本では、昆布とカツオがダシの基本になっていますが、諸外国ではどうなんでしょう?

東南アジア諸国では、「魚醤」というか、魚に塩をどっさりかけて、染み出て来た汁を色々な料理に使っているように思いますが、ヨーロッパではどうなんでしょう?

しかし、魚醤をラーメンのスープに入れたりしませんよね?華僑の影響でアジアではラーメンが食べられていますが、ダシは何をベースにしているんでしょう?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

欧米、特にフランス料理における出し汁にあたるものは、「ブイヨン」です。それにはいくつかの種類があります。
・ブイヨン・ド・ヴォライユ:鶏がらで取った出し汁
・ブイヨン・ド・ブフ:牛骨から取った出し汁
・ブイヨン・ド・レビューム:玉ねぎなど野菜から取った出し汁
・フュメ・ド・ポワゾン:魚から取った出し汁
・クール・ブイヨン:短時間煮た香味野菜から取った出し汁

ただしです。昔ドイツでうどんを出しているレストランがあり、ダシは何を使ってるんだろう?と見たら味の素をどっさり入れてました(^^ゞ

中華料理の場合、鶏肉、鶏がら、豚肉、中国ハム、干し貝柱、海老などを煮たものをスープのベースにしている場合もありますが、最近は御手軽なダシの素(鶏がらスープの素や味覇:ウエイパー)を使っているところが多いですよ。特に屋台とかはそうですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報