位置情報で子どもの居場所をお知らせ

最近、不思議だなと思ったのですが、
セ・リーグで9番以外にピッチャーが入っている時です。
昔はピッチャーは9番ってイメージが強かったんですが、
試合結果の情報とか見るとピッチャーが9番以外にいる時があって、これってどうなってるのだろう?
と思い、質問しました。

先日の巨人、阪神の最終戦でもそのようになってました。

どういう仕組みで成ってるのか教えてください。

最初のスタメンはピッチャーは9番で始まりますよね?
僕が見た感じ、試合の後半などでピッチャー交替にからんでそうなってるみたいなのですが・・
チャンス時にピッチャーに回ってきたら、ピンチヒッターで変える、イメージしかないものですから・・

あと、これって昔からあるんですか?
昔、ファミスタとかしてた時はこんなのなかったような気がしたのですが・・
自分が知らないだけだったのかもしれません。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一つはNo.1のご指摘のとおり、9番のピッチャーの打席にチャンスに回ってきたため代打を出し、


表裏が変わって守備に就く際にピッチャーを9番以外(打順が遠い番号)に入れる場合です。
これは昔から良く行われていました。


又、スタメンからピッチャーを8番に入れている場合もあります。

当たり前ですが、9番は1番バッターの前になります。
そして一番打者は普通、打率・出塁率が高い上に足の早い選手がやります。
こんな中に、9番に打者として劣るピッチャーを入れると、次の一番に打線をつなげられないため、
一番打者を十分に活用出来なくなります。

そのため、スタメンからピッチャーを8番に入れ、9番には出塁率や足の良い打者を入れ、
打線がつながるようにしようという考えです。

こちらは割りと最近になって出てきた考え方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね!
良く分かりました!
回答ありがとうございました!<m(__)m>

お礼日時:2008/10/11 14:14

ダミーで使わないピッチャーをスタメンに入れる場合もあります。


相手チームの投手によっていきなり代打を使う
ケースがあったのをみたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へ~、そんなのをする時もあるのですね!
勉強になりました!
回答ありがとうございました!<m(__)m>

お礼日時:2008/10/15 11:58

>あと、これって昔からあるんですか?



 スタメンでその様に組む方法は、(自分の記憶にある限りでは)コレをやったのは巨人が最初だと思いますが(V9の前、V3とかV7とか言っていた時代だった様な・・・40年ぐらい前ですかね?)、打撃力のあるチームで、9番に1番相当の選手を入れてピッチャーの打順を少しずらしておくと打線のつながりがよくなる、というリクツでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく物知りなのですね!
勉強になりました!
回答ありがとうございました!!<m(__)m>

お礼日時:2008/10/11 14:15

相手チームの攻撃中に投手交代をする時に、次の回で投手に攻撃が回る時に守備も同時に替え投手の打順に野手を入れる事で変化する事もあります。


他にも投手を8番に入れる打順も戦術としてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
勉強になりました!!<m(__)m>

お礼日時:2008/10/11 14:14

次に投手に打順が回る場合は、投手を複数回投げさせたい時に、一番遠い打順に投手を入れ、その打順の守備ができる野手を代わりに9番に入れるなどのことが多いですよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!<m(__)m>
分かりました!

お礼日時:2008/10/11 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Qセットアッパーとは?

プロ野球の中継を聞いていると、アナウンサーや評論家がセットアッパーがどうのこうのといってますが、セットアッパーてなんですか。

アメリカにいる友人に聞いたら、プロ野球では長期シーズンを乗り切るため、ピッチャーはスターター、ストッパーそしてクローザーと三つのスタッフを持っている。セットアッパーはストッパーの聞き違えじゃないかといってます。

試合の最後を締めくくるのはストッパーでなくてクローザーだ。日本からも西海岸のチームにいいクローザーがいたが、彼はどうしてるかといってました。

Aベストアンサー

一般的に使われているのは、
クローザーにつなぐ、中継ぎ投手の意味です。
勝ち試合の7回、8回をしっかり抑えて、
最後の1回をクローザーと呼ばれる絶対的な守護神がおさえる、
と考えていただいていいと思います。

↓のページに、こんな説明がありました。

a setup man
 A relief pitcher who tries to hold the lead, usually in the
seventh or eighth innings, before turning the game over
to the closer.
 〔チームのリードを保つために、通常7回か8回くらいに投入される
  リリーフ投手で、試合をthe closerに託す前に登板する 〕

ご参考まで。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/america/back023.html

Q左投げの投手の利点

素朴すぎてすいません。

プロ野球の投手を見ると、世の中の生まれながらの左利き人の割合より明らかに多い割合で左投げの投手がいます。
つまり彼らは野球に限ってだけ、後天的に左を利くように訓練(?)したと思うのですが、そこまでやってでもお釣りがくるメリットはどんなものがありますか?
左打ちの打者ならなんとなく判ります。自分ももしバッターボックスに立てと言われたらド下手なりのレベルでも左打ちの方が「すわりがいい」と感じます。多分、足が左足の方が単純な筋力が強く踏み切り足だからでしょうね。
それに、もし俊足の選手なら一塁に一歩でも近い方で打った方が利点が大きいことを一応知ってます。

でも投げる方は??打者はだいたい半々くらいの割合で左右いるんじゃないですか?よく左投手は左打者に対して有利、みたいな話もありますが肝心の打者がどちらも満遍なくいたら、わざわざ矯正して左投げにするメリットは??
一塁への牽制球は投げやすいだろうけど逆に二塁には投げ難い気が・・・それ以前に塁に出さなきゃいいじゃん(言いたいこと言ってます、すいません)

Aベストアンサー

まず、後天的な左投手は横浜吉見くらいです。ではなぜ左投手が多いかというと、一般的に野球は右対左左対右より、左対左、右対右のほうが投手有利な傾向があります(あくまで傾向)。そのため試合後半でリリーフ投手を使うシーンになると、右打者には右打者、左打者には左打者をぶつける傾向があります。このため左投手が各球団で不足するために、右投手より低いレベルにある左投手も、プロに行きやすい一軍にあがりやすいわけです。巨人を例に見ますと。在籍投手は右25名、左投手11名いますが、一軍にいる選手は右6~8左4~6くらいだと思います。ようは近代野球では戦力として要求される左投手はある程度決まっていて、それを満たすように(多少左投手の方がレベルは低くても)左投手を獲得しているようです。又左のリリーフ投手が不足したら左の先発をリリーフに回すケースもままあるように感じます。

あと左投手の利点としてすでに出ていたように一塁に対するけん制が有利というのがあります。まれにですが、盗塁バント対策で、フィールディング・クイック・けん制のうまい左のリリーフを使うこともあります。

Qなぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

なぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

よくプロ野球で、先日先発した投手が次の日にベンチ入りしていることがあるのですが、
これはどういう意味があるのですか?その日に試合で投げる可能性ほぼゼロじゃないですか。
普通に考えたらベンチからはずして他の戦力になる選手をベンチ入りさせたほうがいいと思いますが、
なにか意図があってやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベンチ入り選手は

投手:内海(先発投手)、久保、高木、越智、MICHEAL、クルーン、山口、上野、藤井
野手:坂本、松本、小笠原、ラミレス、阿部、高橋、古城、脇谷、寺内、谷、鈴木尚、エドガー、加藤、鶴岡、大道、矢野

の25人です。グライシンガー、ゴンザレス、朝井の3人がベンチ外ということになっています
ここで先発要員の藤井がベンチ入りしてるのがもったいないと仰りたいのですよね。


では今後のローテーションを予測すると、
22日 内海(今日)
23日 ゴンザレス(中4日)
25日 藤井(中5日)
26日 グライシンガー(中5日)
28日 朝井(中6日)
29日 内海(中6日)

ですかね?あくまで予想なんでわかりませんが。仮にそうだとします。

今日の試合に藤井が出場予定はありませんでした。なぜなら25日の先発に備えているからです。
枠がもったいないからという理由で、藤井を19日に投げた翌日に登録抹消して控え野手を登録してたとします。
一度登録を抹消してしまうと10日間は再登録できませんから、再登録可能日は30日になります。
そうすると25日に先発する投手がいなくなります。それでは困りますよね。

今日投げた内海を抹消して、野手を補充しても29日に投げる人がいません。
そうした理由で1人は先発投手をベンチ入りさせる必要が出てくるのです。


もしも仮に、19日の試合で藤井がグダグダな内容で2軍降格を言い渡されたとして(あくまで仮定の話ですよ)
25日に投げる投手は藤井じゃない別の人を2軍から昇格させる予定だとします。

そういう場合は19日の翌日から次の投手を登録する25日までの間、控え野手や中継ぎ投手を補充しておくときはあります。

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベ...続きを読む

Q野球はセンスだ!

野球経験者なのですが野球はセンスだと思いますか?

自分も練習をかなりやったけどやっと人並みって感じです。

野球のうまい人ってセンスあるんだなーとか思ってしまうのですが
それって練習量の差なんでしょうか?

練習量の差をセンスの差と思ってしまっているのでしょうか?

私は練習の差が実力の差だと思いたい人間です。(センスと練習の差もあるんだろうけれども)

Aベストアンサー

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
と思います。(上位20%、の意味は選手が100人いて、守備・打撃を考慮して20人
選抜される中に入る、という程の意味です)

 しかし、「人並み」の意味が中学での話しか、高校でのことかで、全然変わってしま
います。中学で野球をやった子の内、自信のある子が高校で野球部に入るのが一般
的だからです。そもそも中学で野球部に入る子は小学生のころの草野球でそこそこで
きる子が多いです。(サッカー熱が高い地域では違うかもしれません)大学選手権で
上位を狙うような大学では、その中で補欠に入れればすごいことですね。

 ボール感、リズム感などの神経系統の能力は小学校4,5年生が一番伸びる時期だ
と言われています。上位1%になりたいならば、この時期に成長期の発達や障害を意
識した良い指導者の下で、良質(バランス、ハンドアイコディネーション:眼と手の協調
など)で適量のトレーニングをこなしたいですね。

 プロ・セミプロでなかったら、成人後でもバランスボードやハンドアイコディネー
ション等の科学的なトレーニングはすごいレベルアップになると思います。

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
...続きを読む

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Qプロ野球における8番ピッチャーのメリットについて

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20040601&a=20040601-00000022-sph-spo

今回、メジャーリーグで大家選手が8番ピッチャーで
起用され珍事として、ニュースになったようですが
8番ピッチャーで先発起用するケースは
日本のプロ野球では希に見ます。
9番ではなく8番ピッチャーにすることのメリットって
何なんでしょうか?
次がトップバッターに戻るということで打線のつながりを
考えての事なんでしょうか?
それとも9番バッターは単純に守備の人で
バッティングでは期待されていないだけなんでしょうか?

Aベストアンサー

個人的な意見です。

ご指摘のとおり、打線のつながりを考えてのことです。

こうした選手がいるとピッチャーを8番にした時の9番として活用できると思います。
・出塁率が高い
・長打力はそれほど無い
・1番打者のようなタイプだが、チームにはより優秀な1番打者がいる

こういう出塁ができる選手の後に打つのがピッチャーでは、せっかく出塁しても無駄になることがほとんどでしょう。
それなら9番において、上位打線につなげた方がいいという考え方です。

この場合、7番打者にも長打力があって、8番のピッチャーの前にランナーを返せる選手がいるとより効果が出ると思います。

こんな意見もあるということで。。。

Qセカンドとショートの役割について

野球素人(観戦)です。汗
今更ながら甲子園を楽しみたいと思い、始まる前にといろいろマンガなどを読んでいるのですが、ほぼ主役が投手・バッテリーなのでその他のポジションの役割がいまいちよくつかめません。

そこで父に聞いたところ「ショートとセカンドは上手いやつ」といっていたのですが、そうなのですか?
だとしたらなぜ上手な人なのですか?

も、ものすごく素人丸出しな質問ですみません・・・っ!!汗

よろしければ他のポジションの役割も教えていただけたら嬉しいです。^^;

Aベストアンサー

一般的にキャッチャー、ショート、セカンド、センターの4つはセンターラインといって守備が最もしっかりしていなければなりません。ではなぜ守備が良くないといけないのか、

ショート
 打球反応が良くないといけない、どのような打球にも追いつけるような走力と広範囲の守備力が必要、深い位置で捕球してもファーストでランナーを刺せるような肩力が必要、内野ならばサード、セカンド、外野との連携がうまくないといけない、時として二塁、三塁へのベースカバーも必要

セカンド
 ショートとほぼ同じ能力が求められる。違うとすれば、一塁が近いのでショートほどの肩力は求められない、ショート、ファースト、外野との連携、一塁、二塁のベースカバーが必要

キャッチャー
 投手への指示、内・外野への守備位置の指示、打たれたときどこへ送球させるかの的確な指示、捕球ミスがあったときのためにファーストのカバー、ランナーがつっこんできたときホームベースを守れる強靭な肉体、盗塁をさせない肩力などなど(9つのポジションでは仕事量が最も多い)

センター
 どんな打球にも追いつける走力と広範囲の守備力、走者を進塁させない肩力

です。一昔前までは守備の量が多いので打撃のほうはあまり期待されませんでしたが、近年は打てる選手が必要なので、それなりの打撃力も必要となってきているので、一番うまい選手がなるべきです。アメリカのメジャーでは新しく入ってきた選手はまずショートで適正が確かめられそれから各ポジションに割り振られていきます。

余談ですが残る4つのポジションもそれなりの守備力が要求されます。

ファースト
 守備としては軽視されがちだが、どんな送球も取る捕球能力が大切である。しかしどのチームも打力が良い選手が守ることが多い。

サード
 守備範囲が狭いので走力はそこまで必要ではないが、最も深い位置で捕球することになるので、それでもランナーを刺すことができる肩力が必要。

ライト
 センターほどの走力と守備範囲は要求されないが、三塁から最も離れているので、ランナーを進塁させないためにセンター以上の肩力が必要。

レフト
 チームの強打者が守り、肩も守備も求められないが、近年では打球を捕球するための走力が求めらるようになってきている。それでも守備としての重要度は低い。

一般的にキャッチャー、ショート、セカンド、センターの4つはセンターラインといって守備が最もしっかりしていなければなりません。ではなぜ守備が良くないといけないのか、

ショート
 打球反応が良くないといけない、どのような打球にも追いつけるような走力と広範囲の守備力が必要、深い位置で捕球してもファーストでランナーを刺せるような肩力が必要、内野ならばサード、セカンド、外野との連携がうまくないといけない、時として二塁、三塁へのベースカバーも必要

セカンド
 ショートとほぼ同じ能力...続きを読む

Qセリーグ投手が「わざと三振」するのはどんな時?

普段はパリーグしか観ない者ですが、たまたま交流戦を観た時、
DH制無しの試合にて、投手がバッターボックスに立った時、
明らかにわざと空振り三振している場面を目にしました。
「わざと三振」だなんてDH制のパリーグでは決して見ない光景です。

セリーグ投手は必ずしもいつも「わざと三振」しているわけではないと
思いますが、どういう場合に「わざと三振」をするのでしょうか?

Aベストアンサー

理由に関しては前の方々が述べられておるとおりです。

実際そういう場面を見たのを思い出しました。甲子園の阪神-横浜戦、03年だったと思うのですが、横浜の先発・三浦が好投を続け、阪神打線は手も足も出ず9回表の横浜の攻撃で三浦に打順がまわりました。

完投ペースだったのでそのまま打席に立ったのですが、無走者だったにもかかわらず三浦はヒットを打ち出塁しました。そのご三塁まで進みましたが結局無得点。長く塁上にとどまって無駄な体力とせっかく良かったテンポを失うことになりました。

試合は9回に阪神打線が三浦を打ち崩し4点を奪ってサヨナラ勝ちしました…

Qショート(○'ω'○)?

 野球でショートと言うポジションがあるらしいのですが、『ショート』って具体的に何をする役目なんでしょう(・ω・` )?
 ググってみても内容が難しすぎてよくわかりません;(私の理解能力が低いのか?)
 そこで皆様に質問です!!

 (1)ショートの役目は?
 (2)ショートのポジションは野球技術が高い人じゃないとなれないの?
 (3)背番号は?
 
 と、言う質問です!簡単に教えてください(●´人`●)
 
 

Aベストアンサー

正式には「ショートストップ」と言います。日本ではめったに正式名称では呼ばれませんが。日本語だと「遊撃手」で、新聞などの記事にはこちらが使われます。

役目はセカンド(二塁手)とサード(三塁手)の間を守ることです。野球の塁はホームを含め四つありますが、キャッチャー以外は常に塁のすぐそばにいるわけではありません。一塁と三塁は、比較的塁の近くで守りますが、もしも二塁手が二塁の近くで守ったら、一塁と二塁の間、二塁と三塁の間ががら空きになり、ヒットゾーンが恐ろしく広がります。アメリカの初期の頃は、この状態だったので、内野手を増やした方がいいということで、二塁と三塁の間にもう一人野手を置くようになったという話を見たことがあります。

実際の動きとしては、センター方向と三遊間の打球への対応の他、状況に応じて二塁や三塁のカバー、主にセンターからレフトにかけての外野からの返球を中継して、内野やホームに返すのもショートの重要な役目です。
他の方の回答にもあるように、守備範囲が広いのと、一塁が遠いため、足の速さや肩の強さ、高度な判断力が求められ、「内野の要」とよく言われます。
守備のフォーメーションのサインを出すのもショートかセカンドが一般的なはずで、技術はもちろん、野球をよく知っていないと難しいポジションです。

背番号の付け方ですが、元々高校野球とそれ以外で付け方が違います(中学以下は存じません)。
高校野球では、基本的にレギュラーの選手がそのポジションの番号をそのまま背番号とします。なのでショートの場合は、そのポジションを表す「6」を付けますが、チーム事情や交代などで違う背番号の選手が守ることもあります。「6」以外を付けてはいけないということではありません。
大学野球・社会人野球とプロ野球は、守備位置と背番号は直接関係ないので、特に決まりはありません。

正式には「ショートストップ」と言います。日本ではめったに正式名称では呼ばれませんが。日本語だと「遊撃手」で、新聞などの記事にはこちらが使われます。

役目はセカンド(二塁手)とサード(三塁手)の間を守ることです。野球の塁はホームを含め四つありますが、キャッチャー以外は常に塁のすぐそばにいるわけではありません。一塁と三塁は、比較的塁の近くで守りますが、もしも二塁手が二塁の近くで守ったら、一塁と二塁の間、二塁と三塁の間ががら空きになり、ヒットゾーンが恐ろしく広がります。アメリカ...続きを読む


人気Q&Aランキング