人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

暫く前から気になっていることがあります。
最初は若い人ばかりかと思っていたのですが、最近はそこそこの立場の大人達も使うようになってきたので、よけい気になるようになりました。
例えばこうです。正式には「私の発言に疑問があったのでしょうか?」というべき所を「私の発言に疑問?」とか、
「教育などが必要です」という発言の中で「教育?が必要です」などと言うやつです。
話しながら、自分の使っている言葉に確信が持てず、相手の反応を伺いながらしゃべっているようです。個人的にはこの様なしゃべり方をする人をあまり好きになれません。
この様な疑問詞の使い方は、明らかに間違っているのではないでしょうか?それとも私が間違っているのでしょうか?詳しい方の回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>この様な疑問詞の使い方は、明らかに間違っているのではないでしょうか?それと>も私が間違っているのでしょうか?



というご質問ですが、私の個人的な感覚としては、
間違いと言い切ることはできないのではないかと思いました。
確かに、若者言葉でやたらと語尾を上げまくってるのは
気持ち悪いですけど(^^)。

下の回答の方もおっしゃっていましたが、
言葉というのは、使い手の便利なように変化するものですし、
しゃべり言葉は頭の中で全部の文を組立ててから話すわけではないので、
話し手の迷いや疑問、確認がイントネーションとなって表れたり、
強調したい部分を強く(語尾を上げて注目をひく)言ったりするのは、
ありうるかなぁと思います。

また、しゃべり言葉はくだけた表現や、省略がバンバン使われているので、
疑問・確認を表す場合でも、いちいち「~ですか?(でしょうか?)」と
つけない場合が多いですよね。
その場合、断定と区別するために、語尾を上げて、疑問や確認を表すことは普通に行われています(文章ではクエスチョンマークをつける)。
例えば、「もう出発の時間になった?」と聞きたいときに、「もう時間?」「出発?」など。

ですから、ご質問の「私の発言に疑問?」は、
語尾をあげること自体には問題はないように感じます。
でも、これは私の個人的な感覚ですが、
「私の発言に疑問?」は、しゃべり言葉としては、
なんとなく落ち着かない感じがします。
多分、「発言」や「疑問」という言葉が文語的なこと、「てにをは」が省略されていないのに、語尾が省略されている、などが原因かなー、と思います。
しゃべっている時って、もうちょっとくだけるか、もっと省略される気がします。「今の何か疑問?」とか「変?」とか。

また、「教育?が必要だと思います」は、自分の発言に確信がもてない場合以外にも、教育やその他のもの(or教育のようなもの)を表したいときに、そういう風に言う場合もあるかと思います。

蛇足ですが、「今日の晩ごはんは何ですか?」の質問に
「すき焼?」「カレー?」と語尾をあげるのは、
すき焼(にしようかな)、カレー(にしようかな)の省略ではないでしょうか。
絶対にすき焼だ、って時は、そういう風には言わないでしょうから。

ということを考えると、
語尾上げは間違いではないにしても、自信がないことの表れではありますね。
断定を避けるというか…。
気をつけようと思いつつ、ついつい使ってしまいます(^^;)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
形容詞の語尾上げが気になるのです。例えば「わたしきれい?」で終わる使い方なら良いのですが「一言で言えばきれい?っていうのかしら」の様な例です。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/08 20:19

語尾に強いアクセントがある話し方は.北関東の方言として存在します。


北関東の栃木の方減では.アクセントという概念がありません(アクセントがない地区として知られています)。しかし.話していると通常語尾に強いアクセントがあります。

だから.方言の一つとして許容範囲ではないでしょうか。
(もし.否定するのであれば.関西弁アクセントも否定しなければならないから)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば、茨城や福島県浜通りでもあるような気がします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/08 20:14

以前、ニュースの特集でやっていました。


「語尾上げについてどう思うか」というようなインタビューをするんですけど
やはり年配の方々の大多数は不快感を持っていました。
そのあと「ところで今日の晩御飯はなんですか?」ってインタビュアーが聞くんです。
そうしたら、何分か前に「語尾上げに嫌悪感を持つ」と答えたばっかりの人が
「え~っと、カレー?」とか「さんまの塩焼き?」とかって語尾上げで答えているんです。
モチロン、無意識に、です。
この番組(ニュース)を見て、ちょっと笑ってしまいました。

私も結構 語尾上げで話したりしますが、確信が持てないとか反応をうかがいながら
しゃべっている時もあります。(反応をうかがって話すことが悪いとも思いませんが。)
また、この回答の一番始めの行で
>以前、ニュースの特集でやっていました。
と書きましたが、
本当は「以前、ニュースの特集(?)でやっていました。」と書こうとしました。
「特集」というほどそこに時間を割いていたわけじゃないしな~とか考えてしまって。。。
そのような時に、使いますね。口語にすると、上の「(?)」の部分を上げて話します。

>この様な疑問詞の使い方は、明らかに間違っているのではないでしょうか?詳しい方の回答をお願いします。
私は自分が話すだけなので詳しいと言えないかもしれませんが、確かに日本語としては間違っていると思います。
正しい日本語を話せる人(正しい日本語を分かっている人)って少ないと思うので、
私は言い出すとキリがないかな~と思います。
(気になったり好きではないというのは良く分かります。)

それから、よくインタビュー等で高校生とかが使っているちょっとわざとらしい語尾上げは
ファッションみたいな感じじゃないかと思うんですが。。。
例えば入試の面接やバイトの接客ではちゃんと話せるのに、わざと使っているような気がします。

回答になっていないかもしれませんが、語尾上げを使う立場からの意見が少しでも参考になればと思います。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不快感を表明するときの語尾上げは、昔からあった言葉で許容範囲だと思うのですが、この場合は自分の選択した言葉が適切か否かを探っているように思えるのです。
つまり、自分の言葉を持っていないと言うことです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/08 20:11

そうですね。

正式に考えれば変ですよね。

ただ、そういう私でも使います。
そして私の経験では、中学校の英語の授業があったころから使いはじめているようにおもいます。

私は、言葉なんて言うのは、時代時代に変わっていくものと思ってある意味割り切っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~!
割り切れれば苦労しないんですけどね~。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/08 20:07

あなたが間違っているわけではないと思いますし、


それを使う人が間違っているわけでもないと思います。
言葉が変わりつつあるんです。
ここから先は想像ですが、
「語尾上げ言葉」と「そうでない言葉」では、語尾上げ言葉が新参者で受け入れ難しと言う気持ちであるだけかと思います。
私は入社当時覚えさせられた敬語がいまだに好きになれません。
「敬語」と「話し言葉」では、私にとって新参者で、本当に敬う気が無いだろう!何てうそ臭い言葉だろう…と思いました。
親友や恋人から急に敬語を使われても嫌になりませんか?
「お忙しい所誠に申し訳ありません。今週末のデートの件なんですけども…」変!
また、勘違いで覚えていた単語を急に直そうとしてもなかなかなおらないですよね?
私の場合は「9:10」を「くじじゅっぷん」と読みます。
でも正しくは「くじじっぷん」なんだそうです。
いまだに「じゅっぷん」と読んでいますし、友達が間違って使っていても訂正しようと思いません。
「語尾上げ」「~よろしかったですか?」は、欧米で使う
“is't it?”や“Will you ~”を“Would you ~”とすると丁寧になる。
そういう感じで割り切っています。
私は語尾上げよりも「~ですけど」というけど止めのほうが不快でしたが、よくよく考えると「けど」のあとは大抵「そんなこともわかんねぇのかよ!」が続くので
省略したほうが無難なんだと思う事で何とか慣れました…

IT革命なのにパソコンできなくても生きてけらぁ!と言うオヤジのような考えなのかもしれません、新しい事を毛嫌いしていると取り残されかねません。
語尾上げも使ってみるとだらだら~っと会話するよりも相手との間合いを測れるし便利な言葉だと思うんですけどね…
「この前観に行った映画の主人公の名前わかる?」よりも
「この前さぁ~映画?行ったじゃんかぁ、ハリーポッター?あの人の名前なんだっけ?」
と聞いた方が相手も
「あぁ映画ね、ハリーねうんうん、主人公はえっと…」と一緒に考える時間が増えて良いと言えなくも無いですよね?
「この前観に行った映画の主人公の名前わかる?」→最後まで聞かないと何や解らん
まぁ私も好んで「語尾上げ」はしませんが、毛嫌いするほどではないです。
むしろ心にも無い「いつもお世話になっております」や、
重々承知の上なのに「誠に申し訳ございません」のほうが未だに好きになれません…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

敬語と同列なのかはよくわかりませんが、聞き上手な人が少なくなってきたことの裏返しなのかもしれませんね。
簡潔に相手に伝えることの難しさなのかもしれません。

お礼日時:2003/01/08 20:06

参考URLは、大学教授が質問のことについて語っているものです。




次は、「語尾上げ撲滅闘争」というちょっと過激なところです。
http://www2.gol.com/users/thori/gobi/geigo.html

私の経験ですが、以前公式なところで語尾上げを注意された若者の友達
が「方言だから注意するのはおかしい」などと言っているのを聞いて
驚いたことがあります。

参考URL:http://www.athome.co.jp/academy/language/lng04.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLありがとうございました
「方言」という認識はなかったので私も驚きました
ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/08 20:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q語尾の発音、なぜ上がるの?

(TV番組の)街頭インタビューでよく耳にするのですが、
「○○とかぁ~」
と言っているときに、語尾が上がる人が多すぎます。
(民放では、アナウンサーまでが語尾上がりする有様)
『スパっと切れんのかい!耳障りだ。』
と、いつも思うのですが、どうして語尾を上げるのか
不思議でたまりません。
このようなことは昔からあったのでしょうか。
(もし、そうなら、いつごろからなのでしょうか)

Aベストアンサー

konniniさん、こんにちは。

多分、言葉の節々に、しり上がりの質問調のイントネーションを多用する人に対して不快感を覚えておられるのだろうと思います。

私もまったく同じ思いです。TVで、これを聞くと、それまでどんなに好感を持っていた人でもガッカリします。

たしか、タモリさんが「半疑問文」だと揶揄していました。「きのう?お台場?友人と?・・・」のような話し方をする輩に対しては、「いちいちオレに聞くな。知っているわけがないだろう」と言ってやりましょう。

善意に解釈すると、日本人は断定することがきらいで、
それが極端な形で出てきたのがこのような言い回しになったのだろうと思います。

Q「語尾を上げる話し方」について

 日本語を勉強している中国人です。「NIKKEIプラス1」の「気になる言葉づかい」を読みました。理解できないところがありますので、質問させてください。
 
 「語尾を上げる話し方」とは疑問文なのに、語尾に「か」をつけずに、上げるイントネーションで話すということでしょうか。たとえば、相手に明日九時にこちらに来てもらうときに、「明日九時にこちらに来て頂けますか。」と言わずに、「明日九時にこちらに来て頂けます?」のような話し方でしょうか。【間違えたら】、ご教示をお願い申し上げます。

 また、「語尾を上げる話し方」はネイティブのかたの耳にどのように聞こえていらっしゃるのか、興味を持っております。恐れ入りますが、教えていただけませんか。

 作文が上手くなりたいと思っています。質問文の書き方について一箇所聞かせてください。第二段落の最後のところの【間違えたら】はそのままでよろしいのか、それとも【間違えましたら】に書き直したほうがよろしいでしょうか。ほかに、質問文の中の不自然な表現も併せて指摘していただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の方は勘違いしていると思います。
参考URLのページに詳しく書いてありました。
「語尾上げ」は肯定文なのに上げるイントネーションで話すということです。

Q「夏休みはどこに遊びに行く予定?」
A「グアム?」

Aは質問に答えているだけなので語尾を上げるべきではないです。これは私も不快です。「こっち(私)が訊いてるんだよ!」と言いたくなります。

【間違えたら】より【間違えていましたら】が良いと思います。
【間違えでしたら】より【間違いでしたら】が良いと思います。

参考URL:http://www2.gol.com/users/thori/gobi/gobi1999.html

Q各地域のイントネーションについて

日本でもその地域によってイントネーションが全く異なるので、私は興味があります。一般に語尾が上がる地域はどの辺が多いのでしょうか?私が思うに東北や北陸、九州や関東の茨城や栃木は言葉の語尾が上がる地域が多いです。私が今住んでいる埼玉の東部も茨城に近いために、語尾が上がる地域が多いようです。
このように語尾が上がる上がらないの地域ができたのは何が原因なんですか?また語尾が上がらない地域はどの辺に集まっているんでしょうか?

Aベストアンサー

これは推測です^^;

「ズーズー弁」とかは「寒さ」で
口があまり開けられない状態が続く・・からと
聞いた事があります。

なので、「語尾上がり」も気候との関連かな?と。
だいたい、寒く、吹雪きがあったり、海風がある地域に
思うので、「吹雪きや暴風でも聞こえる発声方法」
から、発展したのでは?とか思います。

そう考えると、そういう気候でない
「温和」とか暮らし安い地域は「語尾あがり」する
必要なく、普通?なテンポなのでは・・・と。

関西方面の独特のイントネーションについては
イマイチわかりませんが・・
本来、昔は西日本が日本の中心だったし、
大陸からの人や文化の流入もあったろうしで
大陸のイントネーションの影響とか
考えられるかも?ですよね。

そうなると、現在の「標準語」の発生の方が
ナゾというか?
まぁ、「関東地域」で多く使ってたイントネーションを
後々まとめた、という感じでしょうかね??

推測ばかりですが、興味を持ったもので^^;ゞ

Q言いやすい人のミスにはキツく騒ぎ立てる人の心理

 冷静に見ても、
「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、
逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。

 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない人)のミスには、一つ一つ騒ぎ立てて目くじらを立てます。

 彼ら(気が強い人達)は、自分たちの態度や見方の不公平さに、気づいているのでしょうか?不公平さに、引け目を感じることがないのでしょうか?ターゲットにした大人しくて弱く見られがちな人に聞こえるように、言葉でボコボコに攻撃すれば、彼らは満足感が得られるのでしょうか?一体、どういう心理なのでしょうか?おっとりした人を、精神的に追い込んで、周囲にもその人のミスを認知させ、追放しよう(辞めさせよう)と努力しているのでしょうか?
 

 冷静に見ても、
「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、
逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。

 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。
自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。
または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。
だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。
中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。
私の職場にそっくりですね。どこも同じなんですね。あきれる。
私は、むやみやたらにすみませんを言うのはやめました。そして、言い訳にならないようにはっきり堂々とものを言うようにしました。そしたらだいぶ変わりましたよ。
会社では別人格になりましょう。演技です。
そして、私はミスをなくす努力をたくさんしました。仕事がはやくなるように努力もたくさんしました。
でも、まだ、誰にも何も損失をあたえないささいなミス(誰もいない、何も置かれていない場所を歩いていてうっかりこけそうになっただけで叱られるとか)を拾い上げてつつかれます。わざわざ拾い上げてやろうと必死な人もいます。
だから、いびりに慣れるしかありません。いびりが当たり前、いびられて給料がもらえると考えるしかありません。
私なんて腕が人に少し軽くあたっただけで、骨折して病院に行くことになったら病院代払えよ、会社休んだら休んだ分の保証を払えよ、骨折したらどう責任取るんじゃって言われました。そんなの毎日です。

たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。
自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。
または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。
だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。
中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。
私の職場にそっくりですね...続きを読む

Q関西弁の語尾はどうして上がるの?

 4月に大阪に引っ越して色々関西の方と話していると、最後が必ず語尾が上がります。
 「有難う御座います。」と す が上がります。
 尾張弁から見ると不思議です。
 それに、アップテンポでツイツイ、関西弁のなってしまう位自分も語尾が上がりますが、感染力は相当な物です。
 関西圏以外から、引っ越した方如何思いますか?
 会話中は、噴出しそうになるのを抑えて話する事も、しばしばあります。

Aベストアンサー

関西出身者です。

語尾が上がるというか、単に日本語を正確に発音しているだけだと思います。

つまり、語尾が母音で終わるというのが日本語の発音の特徴ですから、最後の U まで正確に発音すればそのようになります。

関西:GOZAIMASU

その他:GOZAIMAS

平安時代からこのように発音していました。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q人の行動を干渉してくる人の心理。

人の行動を干渉してくる人の心理。

人の行動や、発言などをいちいち分析してきたり、ああだこうだと意見してくる人(割と否定的な意見が多い)って、いったいどういう心理状態なんでしょうか?

なぜ人の事を干渉したがるのでしょうか?
詳しい方がいたらご説明くださいませんでしょうか。

Aベストアンサー

そういう人は恐らく、現状の自分に満足出来ていない方ではないかと思えます。

自分に自信が持てないから、そしてそういう状態の自分を誤魔化したいので、人のことに首をつっこみ、おせっかいな助言をするのではと思います。

本当に乗り越えないといけないのは自分の弱さであるのに他人に上から出ることで何か自分が偉くなったような錯覚に陥りたいのでそうするのでしょう。又、人に干渉して弱い自分から逃げたいという心理ですね。

いずれにしましても弱虫の心理だと言って良いように思えます。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。


人気Q&Aランキング