初めての店舗開業を成功させよう>>

来年春の芽だしを待つ鉢(何も生えてない)に、肥料のつもりで、「粉末油かす」を3つまみ程まいてみました。
5号鉢の土の上から全面にわたって。

ところが2,3日たったら白いカビが生え、その後、表土がカピカピに堅くなりました。(水が浸み込みにくい状態。)

心配になり、一つの鉢を開けたら、なかの土にも白いカビ状のものがありました。
そのようになった鉢、タネまいたヤツ以外は、また掘り出し、改めて植え替えしなおしました。 肥料も、鉢の下部に「マグアンプK」を入れて。

表土の上に油かすをまき散らすのは良くないのでしょうか?
カビたようになったり、表土堅くなるのはカマワナイものなのでしょうか?
また、植え付けの際、油かすを元肥として与える時の注意などありましたらご教授ください。
なお、育てているのは日本産の山野草ばかりです。

A 回答 (3件)

 今時そのようなやり方で油粕を使うことは百害あって一利無しですよ。


 そもそも肥料(有機質の単体肥料)は土と攪拌して使うものです。 さらに肥料は植物が生長して十分に根っこが発育してからでも遅くありません。
  それ以外で肥料を与えるのは「肥料やけ」になり最悪枯れることになりかねませんよ。
 
>表土の上に油かすをまき散らすのは良くないのでしょうか?
  悪いです。
>カビたようになったり、表土堅くなるのはカマワナイものなのでしょうか?
 十分にカマイマス。 取ってください。 
>植え付けの際、油かすを元肥として与える時の注意などありましたらご教授ください。
  油粕は必要ありません。 精々固形のものを追肥として与えるだけで十分です。
 あまり肥料肥料とこだわると枯らしますよ。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

いままで有機肥料使ったことなく、不明を恥じます。
ただ、袋裏の「使い方」には元肥や、上から与える・・・みたいな表示があったので・・・。

山野草ですから、肥料にこだわることもありませんね。

お礼日時:2008/10/12 23:23

油粕を表面肥料にするとカビが生えてくることは否めません。

醗酵させて肥料分にするのですから仕方がないことです。
鉢やプランターの表面に施肥すると、夏場ではうじ虫も発生します。そのうじ虫を狙ってすずめなどの鳥類が来て引っかき回し、折角の作物や植物を台無しにすることさえあります。
また土に混ぜると植物によっては、醗酵時のガスで折角の作物などが枯れる危険性もあります。こんな時は瓶などで水分を多くして醗酵させ、この上澄み液を水肥として使うこともあります。何れの手法も相当な悪臭が出ることは否めません。
油かすは一般的な家庭での鉢植えなどで使うには不向きですが、どうしても使いたい場合は、履き古したストッキンやパンストを適当な長さに切断して、この中へ油粕を入れて鉢上などに置きます。
醗酵時のカビもほとんど見えませんし、表面が固着することや例えうじ虫が発生しても目に止まることもありません。
5号鉢程度で使うのであれば、油かすより希釈して使う市販の液肥の方が余程に管理が楽です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

たいへんなんですね、油かすって。
私も何鉢にも施して、悪臭に「ウッ」て思いました。
でも、これが効くのだと信じてガマンしましたが・・・。

市販の液肥・・・普段はこればかりでした。
ただ、マメにやるのがわずらわしいばかりに、ナマクラできないかと考えたのですが、おおアマでした!

なにごとにも、それらに対応する知識が必要ですね。

いままでの回答者様にお聞きしたいのですが、このように使いにくい「油かす」を使うメリットはどこにあるとお考えでしょう?
化成肥料の方がハルカに使いやすいのに・・・
「コダワリ」でしょうか?

お礼日時:2008/10/13 22:27

>表土の上に油かすをまき散らすのは良くないのでしょうか?



本来このタイプのものは元肥につかうもの。使うならば粒状のものを使うべきでしょう。

>カビたようになったり、表土堅くなるのはカマワナイものなのでしょうか?

水が通り難いならば問題でしょうね。カビているだけならば有機物である以上よくあることですからよくあること。

また、植え付けの際、油かすを元肥として与える時の注意などありましたらご教授ください。

できるだけ植物本体から離した場所に与えることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

けっこう強いものなんですね、油かすって。
有機肥料は「おだやか」かと思ってました。

もっと勉強します。

お礼日時:2008/10/12 23:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肥料からカビが生えてきた!?

庭のツツジの木に、ホームセンターで
油粕と化学肥料の混ざった大粒の肥料を購入しました。
いつもは、肥料はやっていなかったのですが、ご近所さんに
肥料をやっておけば、もっとキレイに花が咲くよきっとと
言われて、買ってまいてみました。

袋を読んで、適量をまいたら全て使いきってしまったので
袋を捨ててしまいました。うろ覚えなのですが
「保管中にカビが生えても大丈夫」みたいなことが
書いてあったとは思ったのですが・・・。

ここの所、台風や雨が続いてふとツツジの根元を見たら
その肥料からカビ?が生えているのです(--;)
これって、取ったほうが良いのでしょうか??
それとも放って置いても大丈夫??

ビックリして、買ったホームセンターへ行って同じ物を
もう一度探したのですけど売りきれ。
お店の人にカビについて聞いてみても「園芸担当が
今いないから分からない」といわれてしまい困って
います。

誰か良いアドバイスを!お願いします。

Aベストアンサー

有機肥料(油粕)がカビを生み、良い土壌へと変化させているのでしょう。
人体に影響があるかは不明ですが、人体に悪影響を与えるばかりがカビ
でも無いので、放っておいても良いと思います。

見た目が良く無いのであれば適当に土を混ぜて見えないようにすれば良いでしょう。

Q油粕について

肥料としての「油粕」について教えてください。
「醗酵油粕」は即効性のある肥料として元肥としても追肥としてもすぐに使えると聞いたのですが、醗酵されていない「油粕」はどのように使えばよいのかよくわかりません。
醗酵させなければ肥料の効果はなく、少なくとも2~3週間ほど置いて醗酵させなければいけないと教えられたり、あるホームセンターでは、そのまま土に混ぜ込んでおけばよいなどと言っていたり、どれが本当の使い方なのかよくわかりません。
つきましては下記の項目について教えていただけないでしょうか。
(1)「油粕」は肥料としてどの用途に適しているのか(庭木用・野菜・花壇・プランターなど)
(2)「油粕」の使用方法(ただ撒いて醗酵させればよいのか、土に混ぜ込み元肥として使うのか、追肥として使う場合にはどうすればよいのか等)
(3)「油粕」のみで、肥料としての効果はあるのか

以上、上記の項目だけではなく、もっと詳しい情報がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

有機質肥料は 微生物により 有機物(タンパク質・脂肪など)が分解されて その中に含まれている 窒素化合物 リン酸 その他無機物が放出されて 初めて 植物が吸収し 利用可能な形態になるのです

醗酵済みのは 有用な菌を混ぜて その菌で1度分解されているので 施してすぐに肥料分が水に溶けだして効きはじめます

生のものは 水を適度に含ませると 菌が繁殖してきます
注意しなければならないのは 醗酵と言う過程には 熱が発生する ということです
大量に土に混ぜると 発熱や 腐敗により 植物の根を傷めることがある

庭に木を植えるときなどには 植え穴の底に 元肥として入れる場合もありますが
通常の鉢やプランター植えの場合は 生のものを元肥などとしては与えませんし 醗酵済みのものもやらないでしょう

庭や畑では 適量混ぜてやると 土の中で菌の餌となり 菌糸が土粒をつなぎ合わせる接着剤の役目をはたし 団粒化 が進みます 微量要素の補給にもなります
弊害として 線虫類の増加 未醗酵成分の刺激による根の障害 等がおきますので
畑では混ぜてから作物を植えるのは 量にもよりますが 最低1~3カ月後
特にダイコンなど根物野菜はいい物ができなくなるることがあります


追肥としてはやります  生の粉を土に撒くと 水やりのさいに 散らばって 土の表面を被い 固まり 通気性を低下させます
なので 生では 庭や畑では使いますが鉢植えでは余り使いません  水を加えてだんご状にして 数週間置いておくということをするわけです


油粕には 窒素分が多いので 葉物野菜などにはむきますが 花物には リン酸分のおおい 骨粉 を混ぜて 肥料分の調整をします

園芸では 単独で使うことは希で  他の有機質肥料と混ぜ バランスを整えて 醗酵させて使う と言うのが通例ですね

有機質肥料は 微生物により 有機物(タンパク質・脂肪など)が分解されて その中に含まれている 窒素化合物 リン酸 その他無機物が放出されて 初めて 植物が吸収し 利用可能な形態になるのです

醗酵済みのは 有用な菌を混ぜて その菌で1度分解されているので 施してすぐに肥料分が水に溶けだして効きはじめます

生のものは 水を適度に含ませると 菌が繁殖してきます
注意しなければならないのは 醗酵と言う過程には 熱が発生する ということです
大量に土に混ぜると 発熱や 腐敗によ...続きを読む

Qあぶらかすを混ぜたら・・・

こんばんは。
先日も質問させていただいたんですが、新たな問題が出たので質問させていただきます。
ガーデニング超初心者で、子供と一緒に作ろうと
トマトとキュウリとピーマンとナスの苗を3つずつ購入しました。
60cmのプランターと、野菜用の土(ホームセンターで購入)
肥料を入れるといいと思い、「あぶらかす」も買いました。
先日質問して「肥料はそれほど必要ない」と知った時にはすでに遅く
あぶらかすを土に混ぜて、苗もすべて植えてしまいました。
日曜日の夕方にベランダに設置完了したところです。
そして今日の朝、水をやろうとベランダに出て
ジョウロで水をかけたら「ブワ~ッ」っと大量の虫が飛んできて驚きました。
10~20匹いたと思います。
虫があんまり好きではないので見ていないため、虫の種類までは分からなかったんですが
とても小さい虫で、多分コバエと思いました。
あぶらかすって少し臭いから、それで寄って来たんでしょうか?
このまま放っておいても、植物達は大丈夫なんでしょうか?
害虫ではないと思うのですが、マンションの隣の人に迷惑なりそうな気がして・・・
もう1回土を買ってきて植えなおしたほうがいいでしょうか?
マンションは3階で、ベランダは南向き。
風通しも日当たりも全然悪くありません。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

こんばんは。
先日も質問させていただいたんですが、新たな問題が出たので質問させていただきます。
ガーデニング超初心者で、子供と一緒に作ろうと
トマトとキュウリとピーマンとナスの苗を3つずつ購入しました。
60cmのプランターと、野菜用の土(ホームセンターで購入)
肥料を入れるといいと思い、「あぶらかす」も買いました。
先日質問して「肥料はそれほど必要ない」と知った時にはすでに遅く
あぶらかすを土に混ぜて、苗もすべて植えてしまいました。
日曜日の夕方にベランダに設置完了した...続きを読む

Aベストアンサー

油粕は、どうしても、虫がついたり、カビたりしやすいですね。
土に混ぜられたということは、粉末タイプのものなんでしょうね。
固形タイプなら、取り除くだけで、OKなんですが。。。
他の回答者さんも書かれていますが、油粕は、実もの野菜には、ほとんど使いません。
むしろ、葉っぱばっかり茂ってしまって、「つるぼけ」状態になり、実つきが悪くなります。
有機肥料にこだわらなければ、化成肥料をおすすめします。
肥料分は、8-8-8と書いてあるものが、なんにでも使える万能なやつです。
他には、少々高めですが、タケダのベジタブルエードボールなんかは、追肥いらずで、すっごく使いやすく、リン分も多く、実つきも抜群でした。

前置きが長くなりました。
現状への対策としては、このままでは、しばらくの間、虫がでますので、
植えつけてから、1週間前後くらいだと、根もそんなに伸びていないと思いますので、植え替えされてもいいかなと思います。(なるべく、根を傷めない様にしてくださいね。)
今、飛んでるコバエには、キンチョールなんかの殺虫剤で、対応できます。
水をかけて飛び立ったところを狙って、シュ~っとしてみてください。
(野菜苗に、かけないように注意。。。)
虫を気にされないようなら、今後の追肥に油粕を使わないようにして、他の肥料も控えめにされたら、いいんじゃないかなぁと思います。
土表面に、マルチ材(畑なんかで、黒いビニールで土を覆っているもの)の代わりに、黒ゴミ袋に切れ目をいれて茎を通し、土を覆ってしまうのも、いいかもしれません。

油粕は、どうしても、虫がついたり、カビたりしやすいですね。
土に混ぜられたということは、粉末タイプのものなんでしょうね。
固形タイプなら、取り除くだけで、OKなんですが。。。
他の回答者さんも書かれていますが、油粕は、実もの野菜には、ほとんど使いません。
むしろ、葉っぱばっかり茂ってしまって、「つるぼけ」状態になり、実つきが悪くなります。
有機肥料にこだわらなければ、化成肥料をおすすめします。
肥料分は、8-8-8と書いてあるものが、なんにでも使える万能なやつです。
他には...続きを読む

Q肥料をまいたところに、カビが生えました・・・

ガーデニング初心者です。

庭に斑入りの竜のひげの苗を植えて、骨粉入り油粕を撒いたのですが、
2,3日した現在、その肥料をまいた土の表面に白いカビが生えてきました。

同じ日に、
鉢植えの多肉植物(名前が分かりません)にも同じ肥料をまいたのですが、
同様の状態です。

庭は南側にあるのですが、この時期は半日陰状態です。
なのに水をやりすぎたのではという反省はあります。
プランターに移し替えて、
日当たりの良い二階のベランダに置いた方がいいのでしょうか。
なおその肥料は少々古いので、それも良くなかったのでしょうか・・・。

カビが生えた原因やまた対策など
どなたかアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2回目になりますが、エケベリアと言うのは属名で植物の名前ではあり
ません。正確にはベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物になります。
数としては約100種類と言われていますが、交配種まで含めると莫大
な数になってしまいます。エケベリア属の多肉植物でも、それぞれが異
なる葉の形をしていますから、もしかしたらエケベリア属の多肉植物か
も知れません。

エケベリア属でしたら10月末までなら植替えは可能です。一般の多肉
植物には夏型と冬型があります。夏型は春から秋まで生育して、冬には
休眠します。冬型は真夏時に休眠して、冬場は旺盛ではありませんが活
動します。エケベリア属は夏型になるので、10月末まで可能でも早め
に植替えをされるようにして下さい。

植替え1週間前に水遣りを停止させ、鉢土を乾かし気味にします。
鉢から抜いたら根に付いて古い土を半分程度残して落として下さい。
長過ぎる根や痛んだ根を切って整理をして、サボテンと多肉植物の土で
植替えをします。間違っても落とした土を再利用しないで下さい。雑菌
によって状態を悪くさせて、場合によっては枯れてしまいます。
植替え時に少量の緩効性化成肥料を土に混ぜて下さい。後は一切肥料は
与えません。植替えたら直ぐに水遣りをしないで、明るい日陰で風通し
の良い場所に4日ほど置いて下さい。水遣りは4日以降になります。

水遣りは鉢土が乾いてから、更に4日から1週間経って鉢底穴から十分
に水が流れ出るまで与えます。この作業を10月末まで行います。
11月に入ったら鉢土が乾いたら1~2週間ほど経ってから与えます。
これを3月まで繰り返します。3~7月は10月末までの水遣り方法で
行い、8月は冬場の水遣りで行います。

光線はガラス越しで当たる場所に置いて下さい。日陰では葉色が悪くな
るだけでなく、徒長したり土が乾きにくくなって根腐れをおこしやすく
なります。

2回目になりますが、エケベリアと言うのは属名で植物の名前ではあり
ません。正確にはベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物になります。
数としては約100種類と言われていますが、交配種まで含めると莫大
な数になってしまいます。エケベリア属の多肉植物でも、それぞれが異
なる葉の形をしていますから、もしかしたらエケベリア属の多肉植物か
も知れません。

エケベリア属でしたら10月末までなら植替えは可能です。一般の多肉
植物には夏型と冬型があります。夏型は春から秋まで生育して、冬に...続きを読む

Qベランダで育ててる植物に小バエが

賃貸マンションの3階(南向き)で一人暮らしをしており、
先日100均でプランタ、土、種を買ってきて栽培を始めました。

二十日大根とミックス菜(いろんな菜が出るやつです)と、
花を植えたのですが、すべてのプランタで、
小バエのような、飛ぶ虫が出ています。
小バエかそれよりもすごく小さな小さなハエ?のような虫です。

ミックス菜はだいぶ大きくなったのですが、
その虫のせいなのか、葉に小さな穴がいっぱい空いてます。

このような虫に対してどのような処置をとったらいいか、
教えていただけますでしょうか。
また、今後の対策として予防することもできますでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。私もプランターで野菜を育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 コバエが飛んでいるのは、土の中の有機物が湿気でグズグズになってハエがわいたものと思われます。土が乾燥する間もないぐらい毎日水をやっていたり、排水性が悪いと起こりやすいです。また土があまり良いモノではない場合(排水性が悪いなど)も起こる事があります(特に鉢底石が入っていなかったりすると余計に排水性が悪くなります)。
 プランターの土は乾燥してから水をやりましたか?その時に下の穴からタップリ水が流れる位まで与えたでしょうか?当てはまるようならそれが原因ですので、少し乾かし気味にするとコバエの発生も少なくなります。完全に乾いてから水をタップリ与えるようにして下さい。リーフレタスとかはある程度大きくなっていたら、少しクッタリしても水をタップリ与えると枯れる事はありません。また梅雨時ですのでベランダの常に雨の当たる所に置いているなら少し軒先へ移動するなどの工夫をしてみて下さい。
 また飛び回るでふと思い出したのですが、アブラムシではないですよね?アブラムシは下のような感じの虫ですのでチェックしてみて下さい。あとはコナジラミの類とか?
http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu03.html
http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu15.html
 アブラムシは↓の方法が薬品を使わない方法です。
http://mamedamaru.dip.jp/saien/musi.htm
 穴は多分コバエではないですので、イモムシ系の虫がいると思われます。少々の穴なら無農薬栽培の証ですので別段気にする必要はないのですが、あまりにも穴ぼこだらけなら小さい芋虫がいないかよく観察してみて下さい。昼間いないと夜に活動するヨトウムシやナメクジの可能性もありますので、夜にもう一度チェックして下さい。
 御参考までにm(__)m。

 こんにちは。私もプランターで野菜を育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 コバエが飛んでいるのは、土の中の有機物が湿気でグズグズになってハエがわいたものと思われます。土が乾燥する間もないぐらい毎日水をやっていたり、排水性が悪いと起こりやすいです。また土があまり良いモノではない場合(排水性が悪いなど)も起こる事があります(特に鉢底石が入っていなかったりすると余計に排水性が悪くなります)。
 プランターの土は乾燥してから水をやりましたか?その時に下の穴からタップリ...続きを読む

Q鉢植えの土が臭くてたまらない!

こんにちは。よろしくお願いいたします。

接木されている紅白の梅の鉢植えです。今年2月、梅林で買いました。
梅畑用の梅でたぶん、盆栽用ではないというか、紅白に接ぎ木されているだけということで、
お花屋さんにある様な盆栽用ではないと思われます、結構な勢いで大きくなっていっています。
今は直径15cmほどの鉢に植えてあり、毎日水をやり、元気に育っています。
ベランダに置いています。日当たりは良好です。

もともと鉢に入っていた土は砂地の様な感じの土で、GW前でよくホームセンターにある様な
油粕入り土を上から足しました。混ぜた方が良かったのでしょうが、水をやってへこんだ分
5cmほどを足したのです。そしてまた水をかけていました。

ところが、GWが終わった辺り、銀ハエがたかっているなと思い、
そうして、昨日はついに、おそらくは銀ばえかグレーばえが産んだであろう、
幼虫がうじゃうじゃと・・・。(俗に言ううじ虫です)
それに臭いが・・何か小動物の死骸のような臭いがするのです。
たった5cmほど足しただけなのに、ベランダを脅かしている臭いにたまらず、
とりあえず、幼虫もハエが来るのも嫌なので殺虫剤を土にかけました。
足した分の土と下プラス2cmほど下の土を取り覗きました。

本日、また銀ばえがたかっていました。また卵を産むと思います。
悪臭も、昨日ほどではないがまだします。
前置きが長くなりすみません。

質問は、どうしてこんな悪臭がする原因になったのか、
この悪臭を取り除くには土の全入れ換えをするしかないのか、
それでは、この梅の木が弱ってしまうのではないか?
入れ替えするにしても、また、ホームセンターの土ではこうなるんではないか?
(思い起こせば、ホームセンターの土では、カブトムシの土にもダニがわくなど、
いいことがないです・・)
など、何かいろいろ教えてください。

この梅はある程度大きくなれば、実家に植える予定で居ました。
今から植えても問題ないですが、この鉢を車に積む気がしません。
おそらくは車の中で悪臭が充満します。
生ごみの匂いよりも悪臭で、お隣様にも申し訳なく・・。
とにかく臭くて、なんでこんな匂いがするのかムカついてきます^^;。

なにとぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。よろしくお願いいたします。

接木されている紅白の梅の鉢植えです。今年2月、梅林で買いました。
梅畑用の梅でたぶん、盆栽用ではないというか、紅白に接ぎ木されているだけということで、
お花屋さんにある様な盆栽用ではないと思われます、結構な勢いで大きくなっていっています。
今は直径15cmほどの鉢に植えてあり、毎日水をやり、元気に育っています。
ベランダに置いています。日当たりは良好です。

もともと鉢に入っていた土は砂地の様な感じの土で、GW前でよくホームセンターにある様な...続きを読む

Aベストアンサー

>どうしてこんな悪臭がする原因になったのか

油粕は臭いものです。油粕はタンパク質の塊でタンパク質が微生物(土に撒けば大繁殖します)に分解されアンモニアを経て硝酸態の窒素となり植物の栄養となります。植物は硝酸態窒素でないと吸収できません。油粕は腐らなければ肥料としての効果がなく、腐る過程で虫が湧きアンモニア臭がするわけです。その他に臭い肥料は鶏糞です。これも水が多いと虫が湧き臭います。

梅などの肥料は油粕を使うことが多いですが、化成肥料でも育ちます。これならほとんど臭いはありません。虫も湧きません。化成肥料はほんの少量でいいです。おおきな粒状のもの(花苗のポットに数粒入っている)もあります。

今ある鉢はしばらくすると匂いが消えます。いましばらくの辛抱です。

Q除草剤を撒いてしまった庭では家庭菜園は無理ですか?また中和する方法はありますか?

去年まで3~4年連続でクサノン等ホームセンターで購入した除草剤を高濃度で散布していました。家庭菜園は一生することないと判断しての散布だったのですが、突然目覚めてしまいプランターで栽培しています。しかし今更なのですが、やはり地植えがしたくなりました。。。
一歳になる子供もいて除草剤を撒いた場所の砂利を触ってしまいます。中和したり、土を再生できる方法はありますでしょうか?散布したのは15M×2M程の敷地です。畑はほんの少しのスペースでいいです。
子供の悪影響も心配です。。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 実家が農家をしていますが、毎年、除草剤をまいています。それでも追いつきません。

 クサノンは家庭用の除草剤ですから、効き目は弱いと思いますせいぜい半年ぐらいの効果しかないのではと思いますが、高濃度の散布とことですから心配ですね。特に、水田などのように水の入れ替えなどによる流出することがないですから、農薬は残留していると思います。
 ただ、使用した農薬にもよりますが、通常は育てている最中に使用した農薬というのは作物が成長するにしたがって、収穫する頃には分解されてしまいますから、植物には影響はないと思います。
 お子さんが触ることがご心配でしたら、中和する薬を撒くか(すいません、私には名称は分かりません。)、土を入れ替えるしかないです。

Q油粕の使用方法

最近イチゴを鉢で育て始めました。
『油粕』を使用するといいという話を聞きました。
聞いた通り土を入れる前に一番下に粉状の『油粕』を大さじ1程入れその上に土・苗とのせていきました。
それから水をやる度に下の穴から少しとろっとした緑(?)がかった液体が出てくるようになりました。ただの水ではないようです。
まったく知識がないのに安い『油粕』を買い、使用法も知らず、にわか知識で育て始めてしまいました。軽い気持ちでやりすぎたと反省しています。
『油粕』で今までの質問を見させていただきましたがどうも私には難しく、他にも聞きたいことがありましたので改めて質問をさせていただきます。

1)上記にあるように水やりをした際に出てくる液体は『油粕』が原因でしょうか?『油粕』を入れすぎたのでしょうか?
2)匂いもあり、虫も飛ぶようになったので正直植えなおしたいと思うのですが、なにかアドバイス等ありますか?
3)というより根本的な問題で使い方を間違ってしまっているのでしょうか?検索をしていた中で『醗酵』というワードをよく目にしたのですが。。。。安いものだったので買った『油粕』の袋には使い方は全く書いてありませんでした。

分かるものがございましたらひとつでも何か教えてくださると嬉しいです。宜しくお願い致します。

最近イチゴを鉢で育て始めました。
『油粕』を使用するといいという話を聞きました。
聞いた通り土を入れる前に一番下に粉状の『油粕』を大さじ1程入れその上に土・苗とのせていきました。
それから水をやる度に下の穴から少しとろっとした緑(?)がかった液体が出てくるようになりました。ただの水ではないようです。
まったく知識がないのに安い『油粕』を買い、使用法も知らず、にわか知識で育て始めてしまいました。軽い気持ちでやりすぎたと反省しています。
『油粕』で今までの質問を見させていただ...続きを読む

Aベストアンサー

>『油粕』を使用するといいという話を聞きました。
油粕を使ってもいいですが、油粕だけではまったく駄目です。
また、「油かす」とだけ表記されているものは未発酵の生の状態で、発酵してからでないと肥料としてはほとんど効きません。

>れその上に土・苗とのせていきました。
生の油粕が発酵する段階でいろいろ不都合が出ることがあります。発酵ではなく腐敗(同じことですが、有益なものと有害なもの)することもあります。

出来れば有機系のものなら「配合肥料」(発酵した油粕や骨粉などを配合したもの)を使いましょう。
「いちごの専用肥料」などという「趣味の園芸を無視した商品」もありますので、「ほいちょい」でよければ使われてもいいです。

一般にイチゴの栽培は10月から始めるのですが・・・どのような経緯で苗を手に入れられたのでしょうか。(四季取り系の実の小さなものですか)

現在の状況を聞くと「植えなおし」は必要です。
10月くらいまで、仮植えして薄い液肥くらいで凌ぐほうがいいかもしれません。

Q癒合剤の代わりに木工用ボンド?

癒合剤の代わりに木工用ボンドが使えると聞いたのですが、本当に大丈夫でしょうか?

今後、何年も剪定することを考えるとやはり癒合剤を買うべきでしょうか?

Aベストアンサー

殺菌作用のある癒合剤をはじめて買って、使ってみた者です。

今まで、強く幹を切ったときにすら使わなかったのですが、
大事にしているミカンの木の一部を切らなくてはならなくなり、
使いました。

使い方がよくわからなくて、チューブのまま、切り口に塗りつけ、
葉っぱをハケの代わりにして、塗りつけました。
したたり落ちそうになったけど、そのまま固まりました。
服にもついてしまいましたが、後で剥がそうとしたら、
すごい粘着性があり、驚きました。
ちょっとした雨なんかで、剥がれませんね。

そのチューブには、1度フタを空けたら、使い切ること、と
書いてあり、大き目のを買ったので、後悔しました。
手についたら、すぐ洗うように、とか、地面に残さないように、とか
捨てるときの注意も書いてあったので、扱いが面倒でした。

その後、本屋さんで木の専門書を読んでいたら、
癒合剤は基本使わない、と書いてありました。

強い剪定の場合は、切り方が問題のようです。

前の回答者の参照HPで食べる実のなる木には、殺菌剤の入ったものを
使わないほうがいいと書いてあったので、ちょっと後悔しています。

殺菌作用のある癒合剤をはじめて買って、使ってみた者です。

今まで、強く幹を切ったときにすら使わなかったのですが、
大事にしているミカンの木の一部を切らなくてはならなくなり、
使いました。

使い方がよくわからなくて、チューブのまま、切り口に塗りつけ、
葉っぱをハケの代わりにして、塗りつけました。
したたり落ちそうになったけど、そのまま固まりました。
服にもついてしまいましたが、後で剥がそうとしたら、
すごい粘着性があり、驚きました。
ちょっとした雨なんかで、剥がれません...続きを読む

Q水仙の花がつきません。

水仙の花がつきません。
植え替えをしすぎると花芽がつかないと聞いて
植え替えをしなかったけど花がつきませんでした。
今度は寄せ植えすると花芽がつくと聞いて寄せ植えして
みました。
結局花がつきませんそれでも諦めずに今度は鉢に上げて
肥料を沢山上げてみましたが花がつきません。
かれこれ十年以上も花がつかない球根を大事に大事に
育てています。毎年立派な葉がつきます。
何時になったら花が咲くのでしょう?
田舎の畑にあるときはとても可憐な花を咲かせていたのに・・・東京の気候がいけないのでしょうか?
誰か教えてください。

Aベストアンサー

水仙の種類は何ですか?
球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?)

原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。(日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。)
一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。(特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。

球根生産農家では親球根の花雷を摘んでしまいます。花や種に栄養を消費させないで球根を太らせ花芽を作らせます。そして#1のsattinnさんの言う通りの作業をします。(出荷まで何年か繰り返します。)
>植え替えは球根の堀り上げは葉がすっかり枯れてからします。掘り上げた球根は風通しのよい場所で乾燥させ,涼しいところに貯えておきます。
生産者は特別な冷蔵庫に入れて冬を疑似体験させて、植え付け後の成長を早くするようにしています。(←これは一般には不要な作業です。)
一般家庭でのポイントは
1)花が終わったら早めに花茎を切り落とすこと。(種を作らせない。余分な栄養を浪費させない。)
2)お礼肥えを充分に与え、日光によく当ててやる。【P(燐酸)‐葉の肥料とK(カリ)‐花の肥料を主力にすると良いと思います。】
をしてやるのが良いと思います。(毎年咲くはずです。)
これをしないと球根は年々弱って行きます。(特にチューリップは顕著です。)

鉢植えやプランターのようにシーズンオフを球根が腐らないように乾燥状態を保てる場合は
#3のmikaoさんの言うように鉢に植えたままでも良いと思います。
>3年ほどしたら植え替えたほうが良いでしょう。

これでダメな場合は土質が水仙にに不適なのかもしれません。
適した土質に改良・交換が必要だと思います。
肥料や土質は本屋で立ち読みするか、園芸店で品物を見ればわかると思います。

水仙の種類は何ですか?
球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?)

原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。(日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。)
一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。(特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。

球根生産農...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報