電子書籍の厳選無料作品が豊富!

よく炭をダイヤモンドにできるときくのですが、どうやったらできるのですか?
教えて下さい。

A 回答 (4件)

よく用いられるのは炭を超高圧で圧縮する方法だと思います。


炭の原子が強制的にダイヤモンド状に配列します。
http://www.ehime-u.ac.jp/Source/contents/researc …

他にも,レーザー光線を炭に当てて,飛び出した炭素原子をダイヤ状に
堆積させる方法もあります。
http://www.asem.kyushu-u.ac.jp/qq/qq01/intro-j.htm

いずれにしても,現在の技術だと,大きなダイヤのかたまりを作ったり
するのはまだ難しいみたいです。透明度も低くて,宝石として使うのではなく,
産業用(研磨剤)などとして使われているようです。
    • good
    • 0

炭をダイヤモンドに変換する方法としては数々の方法があります。


工業的に行われている方法としては、一般的には高温・高圧(5万気圧、1500℃以上)の環境にさらすことです。本方法で最初に作製に成功したのはアメリカのGE社です(1955年)。現在、国内では数社の企業が製造を行っております。
この方法では、炭(グラファイト)から直接ダイヤモンドに換えることはとても難しいので(これを直接変換と言います)、先のご回答のあります触媒を用いることで、高温・高圧の条件を緩和し、製造を容易にさせています。この触媒はFe,Niなど様々な物質が使われています。

F.P.Bundy et al.: Nature,176,51(1955)をご参照下さい。
    • good
    • 0

参考URLにダイアモンドについていろいろ記載がありますので、ダイアモンドがどうやってできるか見て下さい。


ここにもあるように高温高圧が生成の条件となっています。実験的には工業用のダイアモンドはつくられてはいますが、宝石用のダイアモンドとなると製作費用も馬鹿にならないし、天然のものと比べて純度も低いし、要は作る方が損ということで採掘しているわけです。ですから稀少価値も高く、値段も高い訳です。

参考URL:http://www.kahaku.go.jp/special/past/diamonds/ip …
    • good
    • 0

高温高圧を単純に用いるか、最近は触媒がいろいろあるのそうなので、触媒を用いて単純な高温高圧よりは温和な条件で作れるみたいです。



ただ、市販の機械でダイヤをつくってもメリットはないですね。機械の方が高いから・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!