あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

ここ日本には、「頻繁」「踏襲」「未曾有」がチャンと読めない人が約一名いますが(爆)、この人にこの漢字を読ませて「単なる読み間違いか勘違い,ハイ、以上」かどうかがキッチリ判る様な意地悪調査してみたいと思います(爆)、そんな漢字(数候補)を教えて下さい。 勿論、難読と言うほどでもないが、この人なら多分こう読むだろう,そうに違いない、と言う一寸難しい漢字も当然結構ですが、引っかけ(!)漢字でも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

またまたお邪魔します。



楽屋裏で
秘書:先生、あんなに読み間違えてばっかりでは、国民にばかにされます。これからは、昔の名言や四文字熟語の難しいのをチラつかせて、記者連中をケムに巻いてやりましょうよ。
先生:そうだな、チョッと教養のあるところを見せて、汚名を挽回せんといかんな。
秘書:?! 汚名を挽回って、そりゃまずいですよ。
先生:そうか、汚名を回復か?
秘書:?! だめです。名誉回復、名誉挽回ならいいですけど。どうしても汚名を使いたいのなら「汚名を雪ぐ」にしてください。
先生:「汚名をゆきぐ」かね。あんまり聞いたことないな。

本番
(1)先生:この方面のことにつきましては、前任の○○先生の轍(わだち)を踏んで、しっかりとやらせていただきます。

(2)先生:この大役を果たすため、身を粉(こな)にして、「撃ちして止まむ」の精神で・・・

秘書:あーあ、「撃ちてし」を「撃ちして」、「止まむ」の「む」を本当に「mu」と言っちゃった。

昔、↓こんなポスターが貼られたことがありました。
http://tadanorih.hp.infoseek.co.jp/wekly/weekl06 …
昔も、このポスターを見て、「ウチシテ」と読んだ人が多かった(*^^*)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うまい、座布団10枚、転げ落ちて下さい!(暴)

お礼日時:2008/11/15 10:26

#9です。

もちろんカイギャクが正しいですよ。それを承知で書きました。ブッシュさんと同じように麻生さんが頼りなく見えるのはいつも間違ってばかりいるからではなく、時々間違うからです。いつも嘘をついている人は正直者ですね。本当のことの中に時々嘘が混じるから皆が迷惑するのでしょう。

PS:質問者さんも遊び心で質問しているのでしょうから、私も遊び心で回答していることをお許し下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よーく分かっておりますですよ、いつも有り難うございます。読みの難しい漢字が読めないのではなく,勿論その場合も当然の如くありますが、その場合は大方詰まって無言になるか一か八かで読むかでしょうが、彼の場合は「物見遊山」のように「ユウザン」とは読まんぞ、これは、かなり特殊な古い読み方で「ユサン」と読むのだよ、と小中高普通に小説などを読んできた人達には何でもない「熟語類」が読めないのです。漫画の漢字にはフリガナが打ってありますが(多分、そうでしょう、私は読まないので判りませんが),意味が分からなくても,表意文字のお陰で大体の意味は推測出来てしまい、やはりそこはそれ、次のコマに行って筋を追うのが先決ですので、わざわざその漢字・熟語の意味・読み方を辞書で調べている人を見たことも聞いたこともありません,そんな類の人種なのでしょうね、きっと、あの年代では極めて珍しいのですが。

お礼日時:2008/11/19 10:30

措置を「しょち」


物見遊山を「ものみゆうざん」
思惑を「しわく」
世帯を「しょたい」

も彼の追加レパートリーだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ある種の思惑(しわく)と物見遊山(ものみゆうざん)の気持ちで首相になった御仁には、我々庶民の世帯(しょたい)の苦労は判らんだろな、今度の総選挙ではそれなりの措置(しょち)をするから覚悟しておけよ!って、君も「Ass-Hole」レベルじゃないか(爆)

有り難うございました。

お礼日時:2008/11/18 16:00

#7です。

そこの文章は愚生の婉曲な諧謔です。なんだ、あっそうだったのかと気が付いて、堪能して下さいましたか。それとも捻りすぎたかな。

今度四代目に親から貰った地盤を引き継がせた、既得権断固反対の三代目小泉元親分よりも、もっと伝統のある親掛かり五代目御曹司のやぶにらみ、じゃなかった、屁の字まがりの漫画大臣さまは、多分これを
「グショウのワンキョクなカイギャクです。なんだ、麻生だったのかと気が付いて、カンノウしてくださいましたか。それともウナリすぎたかな。」
と読むかもしれませんね。

蛇足:アメリカ暮らしは本当です。

この回答への補足

有り難うございます、ところで、「諧謔」って「カイギャク」でイイんではないでしょうか? 間違っていないのでは? 

補足日時:2008/11/17 16:33
    • good
    • 0

私はアメリカに住んでいますので、その方が何方か知りませんですが、私の想像する所では、その方は漫画ばかり読んでいる何処にでもいる若者ではないですか。

確実に言えることは、その方は名著と呼ばれる本ばかりでなく、普通の本もほとんど読んだことはありませんね。

「塩梅」や「啄木鳥」なんて言うのを読ましてみたら面白い返事が返って来るかもしれませんよ。

でもその若者は、多分現代教育の犠牲者なのですから、駄目人間にされてしまった被害者なのです。ですから、その若者に向かって青二才な若造などと非難しないで下さい。反省すべきは、そのような若者を作ってしまった国の指導者や教育者、はたまた、その方の親達だということをお忘れなく。周りにいる人達がその若者に向かって良い本を読むことを教えてあげれば、いつかその若者も一人前でまともな人間になれますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そもそもその人が「国の指導者」その人ですから問題が難解になるのです。その論理展開ではこの問題に解答することは難しいですね。(笑)詳しくは三番様へのお礼を参照くださいませ。有り難うございました。

お礼日時:2008/11/15 10:23

「早速やるべし!」・・・「ソウソクに何をやるの?」


「一朝一夕にはできない」・・・「イッチョウ・イチユウにはできませんわ!」

とか言うのかなあ・・・。
「さっそく」「いっちょういっせき」です。
    • good
    • 0

膝行(しっこう)する。

俗に言う「いざる」ことです。 あの人なら、必ずこちらの期待通りに「ひざいきする」と読んでくれます。

ついでに、

「蛇行する」も「へびゆきする」,出来れば、「じゃこうする」と読んでくれんかなー、大いに希望します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

特別給付金の政府方針は「蛇行してますね」、うまい!座布団五枚、それじゃ転げ落ちるって。

お礼日時:2008/11/14 15:37

画数が少なければ大丈夫なのかな。


「引率」 インリツ? →インソツ
「行脚」 ギョウキャク? →アンギャ
「拘泥」 クデイ? →コウデイ
「凋落」 シュウラク? →チョウラク
あたりが危なそうです。

彼の人が100%読めそうな難読漢字というと「金糸雀」 (カナリア)くらい、かしら?(笑)

この回答への補足

「凋落」 シュウラク? →チョウラク に座布団二枚!

今後は原稿有りの場面では必ず「ふりがな」が付きますので、ご安心でしょうが、委員会・ぶら下がり会見等では危ないですね。

「金糸雀」 (カナリア) を読めるのは変人奇人! 「錦糸卵」ならワシでも読めるけど(爆)

補足日時:2008/11/14 09:30
    • good
    • 0

>「漫画大好き、新聞読まない」「ホテルラウンジで葉巻ふかしてブランディー」「ほっけの煮付け」?!



ひょっとしたら、私も知っている人かも知れません。
その人は、いい年をして漫画大好きで愛煙家です。
あのオジサンなら確実に間違えそうなものをお一つ。

(1)【一矢を報いる】・・・俺は「報いる」を「ほういる」なんて読まんぞよ、と言いながら「一矢」を「いちや」と読む。
(2)【侃々囂々】・・・ひっかけです。「かんかんごうごう」または「けんけんがくがく」と読んでしまう。「けんけんごうごう」と読むかもしれません。
(3)【喧々諤々】・・・上に同じ。

(2)と(3)については、予想した読み方が出てくれば、マシなほうです。
もっとヘンな読み方が出てくるかも知れません(^-^ 。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。

(1)【一矢を報いる】はあの御仁には難しすぎます、、、、「ひとやをほういる」が精一杯です、当然その意味はお分かりになりません!

(2)(3)侃侃諤諤(かんかんがくがく)と喧喧囂囂(けんけんごうごう)の私にも(笑)高度過ぎる併せ技ですね、これはまず「侃々囂々」と「喧々諤々」が間違っていることが判ることが先決です。それはとてもあの人には無理難題(←これはあの人も誤謬なく読める)、「無辜の民」(幸せのない民、と勝手に早合点(←これはこちらの期待通り"はやごうてん"とはならないか(笑)、理解して)なら、「むこうの民」とこちらの期待通り読んでくれる。


因みに、あの人のお名前をローマ字で書いてみます、(Mr. Aso),これを英米人は99%(Ass-hole)と発音してくれて彼ら同士だけで判る大笑いで一度で覚えてくれます。

お礼日時:2008/11/13 14:28

【濃やか】:「こやか」「こいやか」と読む人が多いと思う。


【勃起】:「こっき」と読んだ人がいた。なぜだろう?
【男女川】:「おめがわ」と読んだ人がいた。関西人が聞くと笑う。

正しい読み方をしても笑うもの
沖縄県名護市【辺野古】:「へのこ」男性器の古称?
【万華鏡】:笑うほうもアホだと思う。

下品なことですみません。お口には合わんと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

至極(あの人なら、イタキョク、イタゴク、シキョク、と読みそう)お口に合います、生来(これも、あの人ならセイキと読みそう)大好きです(爆)、でも、一寸、流れからズレいるかと、問題なのは「漫画大好き、新聞読まない」「ホテルラウンジで葉巻ふかしてブランディー」「ほっけの煮付け」の人に対する試験問題ですから、、、何しろ

「有無(うむ)」を「ゆうむ」、「詳細(しょうさい)」を「ようさい」と読む人ですから,その辺をご勘案頂きまして再登場をお待ちしております。

お礼日時:2008/11/13 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「未曽有」の読み

「お父さん」のふりがなは「おとうさん」ですが、殆どの人は「オトオサン」と読んでいると思います。
「未曽有」のふりがなは「みぞう」ですが、「ミゾオ」と読む人と「ミゾウ」と読む人がいるように思います。
速く読んでしまう場合など、どちらかはっきりしない場合もありますが、敢えてゆっくりと「ミゾ・ウ」というように読んでいる人もいます。
(これは主観ですが「ミゾウ」と読む人の方が教養があるように感じます。)

「お父さん」のような単語は比較的多いので、オ段の音に続く「う」は必ず「オ」と読むものと思っていたのですが、
「未曽有」の読みについてはどうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

「未曾有」について少しばかり過去の文献を確認してみました。

1603~4年に長崎で刊行された「日葡辞書(にっぽじしょ)」には、
「Mizou」(oの上には長音であることを示す補助記号あり)という形で見出しが立ててあって、ローマ字で「イマダ カツテ アラズ」と説明されています。この時期「未曾有」は「ミゾーウ」と発音されていたようです。

J.Cヘボンの「和英語林集成第三版」(明治19年刊、現在、講談社学術文庫に入っています)では、
「Mizo」(oの上には長音であることを示す補助記号あり)の形で見出しが立てられています。この時期「未曾有」の発音は「ミゾー」が一般的だったのでしょう。

中世以降、
1、あう、かう、さう、などは長音化してオー、コー、ソー、
2、えう、けう、せうなどは長音化してヨー、キョー、ショー、
3、おう、こう、そうなどは長音化してオー、コー、ソー、
と発音されるようになりますから(実際は1の長音は開音、2・3の長音は合音と呼ばれ、それぞれ発音が少し異なっていた)、「みぞうう」が「ミゾーウ」と発音され、「みぞう」が「ミゾー」と発音されることは日本語の音韻の変化に対応したごくごく普通の発音といってよいでしょう。

現在「ミゾー」「ミゾウ」両方の発音が行われているのは、たとえば「英語」に「エーゴ」「エイゴ」両方の発音がみられるような「発音のゆれ」にあたるもので、どちらが正しいかという問題ではないように思います。

「『ミゾウ』と読む人の方が教養があるように感じます」とおっしゃっていますが、なるほどそうかもしれません。

しかし「ミゾー」と発音するところを、文字に引かれて「ミゾウ」と発音しているという可能性もあるのではないでしょうか。ちょうど古文を教わり始めのころ、「タモーテ」「トーテ」と音読すべき「給うて」「問うて」(いずれもウ音便形)を「タマウテ」「トウテ」と音読してしまうように。

「未曾有」について少しばかり過去の文献を確認してみました。

1603~4年に長崎で刊行された「日葡辞書(にっぽじしょ)」には、
「Mizou」(oの上には長音であることを示す補助記号あり)という形で見出しが立ててあって、ローマ字で「イマダ カツテ アラズ」と説明されています。この時期「未曾有」は「ミゾーウ」と発音されていたようです。

J.Cヘボンの「和英語林集成第三版」(明治19年刊、現在、講談社学術文庫に入っています)では、
「Mizo」(oの上には長音であることを示す補助記号あり...続きを読む

Qいまさらですが「未曾有」の正確な読み方

みぞーう(う は発音しますか)

みぞー (う は発音しませんか)

※私はみぞー で「う」は発音しないのかと思っていましたが
 先日インフルエンザのニュースで「みぞーう」とアナウンサーが
 発音していたので ん?と思いました。

Aベストアンサー

未曾有のふりがなは「みぞう」で間違いないですが、言葉として発音するときには「ミゾー」です。
たとえば、「今日」(きょう)は言葉に出せばキョーだし、東京をトウキョウと発音する人はいないでしょう?
それば、一般的に日本語には「オの段」の音を伸ばすときには「ウ」を使って表記する習慣があるからです。
「棒」という漢字の読み方は、発音上は「ボー」であっても、表記する際には「ぼう」となり、「ぼお」とは書きません。
「王様」にふりがなを振るならば、「おおさま」ではなく「おうさま」となるでしょう。

したがって「未曾有」の発音はミゾーなのです。


人気Q&Aランキング