人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

デュアルケーブルとシングルケーブルの違いや使い分けについての質問です。

デュアルケーブルとシングルケーブルの違いって何ですか?
ただ単に二本のシングルケーブルを束ねて二本一組にしただけのケーブルがデュアルケーブルなんでしょうか?

フォン-ピンやピン-ピンのデュアルとシングルのケーブルがありますが、デュアルとシングルのケーブルは、どういう場合(ケース)で使い分ければいいんでしょうか?

配線処理をスッキリさせるためだけの単に操作性やステレオかモノでの使用目的で使い分けるだけなのか、それとも使い分ける上で何か他の理由が有るのでしょうか?


デュアルケーブルとシングルケーブルの特性の違い(干渉の問題・伝送損失の問題など)は有るんでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして、こんばんは。


お伺いのとおり、芯線1のシールドケーブルを2本平行にしたものがデュアルケーブル、1本ずつ分かれているのがシングルケーブルです。
まったく同じ電線を使ってデュアル・シングルの両方のケーブルを作った場合、その差は「デュアルならケーブル2本分を1本のケーブルのように扱える」など「配線処理などの取り扱いの差」になってきます。
現実にはシングルケーブルが音のよさを追求した高価格の製品が多く販売され、デュアルケーブルは一般的に使いやすい価格と品質が求められるので、シングルケーブルよりも細い電線や安いコネクターを使って大量生産で組み立てるという「価格上のすみわけ」があります。
高級オーディオを聴き比べするときに、CDプレーヤからアンプまでの間に高級なシングルケーブルを2本使って接続すると、音がよくなると判断する方が多いですね。
ケーブルで音が変わるかを試すなら、できるだけ音のいい機材とアンプなどをつなぐケーブルに、3C-2Vなどのアンテナ線とエレキギターなどを扱う楽器屋さんで手に入るRCAピンやフォーンコネクタを半田付けして組み立てたものを「2本同じ長さ」で用意して、安価なデュアルケーブルと聞き比べるといいですよ。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

はじめまして♪


 オーディオケーブル系で 「デュアル」って わかわかめ???
バイワイヤーとかなら、、、 あれ? もしかして ステレオコードとモノラルコードの事でしょうか?

 勘違いでしたら ごめんなさい。
もしも LRのステレオケーブルと 左右独立のモノケーブル2本のことでしたらってことで、、
 一長一短で 実質的な差はそれほど無いと思います。
ステレオペアなら 同じ距離と同じ伝送経路、左右別ならペアにしないで良い分外装等に凝った加工が可能ですが、それぞれ別コードなので微視的にはコードの受ける振動状態がつがってしまう。

それとも 内部配線が「ツイストペア構造」の事でしょうか? 

極端に言うと +とーと で 信号は伝わりますし、ノイズ対策でさらにシールドが有る伝送もありますが

あれ? 検討違いかなぁ?  
    • good
    • 0

デュアル最強。

これがいい。
差なんてナイ。キチガイがケーブルに拘って、自己陶酔してるだけ。
さぁ、こんなことに気に病むのは今日までだ!
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTRSフォンとフォンの違い DAW

ケーブルの種類の意味を知りたいです。質問の意味がいまいちわかりずらいかもしれませんが宜しくお願いします


TRSフォン(デュアル)はプラグにラインが二本、通常のモノラルフォンはラインが一本。これはステレオとモノラルの違いですか?

だとしても、ステレオ機器にLRで接続する場合、モノラルフォン二本(ラインが一本のデュアルケーブル)で繋いでもステレオになるんじゃないんですか?だとすると、一本でステレオ要素を持ってるものを二本で繋ぐ意味が分かりません。(片方のチャンネルにステレオで繋いでるといこと?)

もしどちらも同じ意味合いならば、デュアルケーブルでラインが二本のものと一本のもの二種類ある意味が分かりません。



TRSフォンはバランス、フォンはアンバランスですか?



アクティブモニターにI/Fのモニターアウトから接続する場合、スピーカーケーブル(フォン)とTRSフォンどちらが正解ですか?

パッシブモニターにアンプから出力する場合、アンプで増強された音を送るのでスピーカーケーブルだと自分は思うのですが、アクティブモニターの場合はアンプがスピーカー側にあるので、TRSフォンだと自分は思うのですが間違いですか?


サウンドハウスなどではスピーカーケーブルフォンとTRSフォンなどが違うカテゴリーなので疑問に思いました。

ケーブルの種類の意味を知りたいです。質問の意味がいまいちわかりずらいかもしれませんが宜しくお願いします


TRSフォン(デュアル)はプラグにラインが二本、通常のモノラルフォンはラインが一本。これはステレオとモノラルの違いですか?

だとしても、ステレオ機器にLRで接続する場合、モノラルフォン二本(ラインが一本のデュアルケーブル)で繋いでもステレオになるんじゃないんですか?だとすると、一本でステレオ要素を持ってるものを二本で繋ぐ意味が分かりません。(片方のチャンネルにステレオで繋い...続きを読む

Aベストアンサー

まず、端子の意味から。フォンプラグ(ジャックでも同じ)には主に2種類あって、「TS」と「TRS」があります。

T = Tip = 先端の部分
R = Ring = 真ん中の輪っかの部分
S = Sleeve = 根元の長い筒の部分 という意味です。

次に、バランス接続とアンバランス接続について。アンバランス接続とは、グラウンド(基準となる電位)に対して1本の信号線だけを使います。たとえば、「+A」という信号1つで伝送するものです。伝送過程で「+X」というノイズが乗ると、入力側(信号を受け取る側)では常に「+A+X」という状態になります。

これに対して、バランス接続では信号線が2つになり、たとえば「+A」とこれを反転した「-A」という信号を使います。入力側では「-A」を反転します。そうすると、ノイズの乗った信号は「+A+X」と「-A+X」なので、後者を反転して合成すれば (+A+X) + (+A-X) = +2Aとなって、信号レベルは2倍、ノイズは(理論上は)打ち消し合って消滅します。

バランス接続では、1種類の信号に対して信号線が2本、グラウンドが1本の合計3本が必要です。TRSフォンプラグでは、T = +A、R = -A、S = グラウンド、と割り当てます。アンバランス接続では「-A」が不要なので、TSフォンプラグを使います。

TSフォンプラグでは、1種類の信号しか扱えません。音声で言えば、モノラルです。そのため、TSフォンプラグのことを「モノラルフォンプラグ」と呼ぶことがあります。

TRSフォンプラグでは、T = +A、S = グラウンドはそのままにして、R = +Bという2種類目の信号に割り当てることもできます。このときは、3線で2種類の信号を、アンバランスで伝送する訳です。音声で言えばステレオなので、TRSフォンプラグを「ステレオフォンプラグ」と呼ぶこともあります。ヘッドフォンのプラグは、まさにこの状態です。

「ステレオフォンプラグ」をバランス接続で使っているときは1種類の信号=モノラルしか扱えないので、ステレオにするためにはケーブルが2本必要です。他方、「モノラルフォンプラグ」はいずれにせよ1種類=モノラルなので、これもステレオにするためにはケーブルが2本必要です。このように、2本のケーブルをまとめたものが「デュアルケーブル」です。1本ずつ買う手間が省ける、ということですね。

>> アクティブモニターにI/Fのモニターアウトから接続する場合、スピーカーケーブル(フォン)とTRSフォンどちらが正解ですか? //

「スピーカーケーブル」というのは、パワーアンプからスピーカーに繋ぐ場合のケーブルで、大電流に耐える太い導体を使っており、シールドはありません。プラグがTSの場合もありますが、「スピーカーケーブル」である限り、これは変わりません。

これに対して、「ラインケーブル」は細い導体でシールドがあります。プラグがTSでも、TRSでも、「ラインケーブル」であればこれは変わりません。

つまり、「端子の形状」によって決まる訳ではなく、そこに流す信号の種類によって適切なケーブルが変わってきます。

オーディオI/Fからモニタースピーカーに繋ぐケーブルは「ラインケーブル」ですが、端子がTSかTRSかは製品によります。

-----

上記の説明はよく分からない、とりあえずどのケーブルを買えば良いかを知りたい、ということであれば、オーディオI/Fとモニタースピーカーの具体的な機種名を補足して下さい。

なお、他のQ&AによればオーディオI/FはMboxをお使いのようですが、Mboxシリーズは初代、第2世代(Mbox2)、第3世代(現行機種でAVIDブランドのもの)があり、各世代の中で複数の機種があるので、そのどれかを特定して下さい。

まず、端子の意味から。フォンプラグ(ジャックでも同じ)には主に2種類あって、「TS」と「TRS」があります。

T = Tip = 先端の部分
R = Ring = 真ん中の輪っかの部分
S = Sleeve = 根元の長い筒の部分 という意味です。

次に、バランス接続とアンバランス接続について。アンバランス接続とは、グラウンド(基準となる電位)に対して1本の信号線だけを使います。たとえば、「+A」という信号1つで伝送するものです。伝送過程で「+X」というノイズが乗ると、入力側(信号を受け取る側)では常に「+A+X」という状...続きを読む

QDTM用途でミキサーを使う人がいますが

DTMでミキサーを使うことでのメリット、出来るようになることってなんでしょうか?

プロ・セミプロの方々の製作現場を見ると必ずミキサーがありますし、自分もいつかはと考えています。
一応本格的に音楽製作をやっており、知識・経験の上昇とともに機材もグレードアップしてきましたが、ミキサーだけは長らく理解できていません。
現在DTMにおけるミキサーの重要度が下がってきているから情報がなかなか入ってこないということもあるかとは思います。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

他にも意見というか「こういう使い途あり」という話もあるかもしれませんが、
大雑把には次のような使い方になるでしょうか。

これは、2~4入力程度の小型オーディオインターフェースから多チャンネル
対応インターフェースまで言えることですが、数種類~十数種類の音源(楽器
等)をあらかじめミキサーに繋いでおき、必要な音源のフェーダーを操作する
ことで、その場ですぐに録音もしくは再生する機器をチョイスできるのは、
そのような大規模な録音環境においては非常に利便性が高いです。

アマチュアユースでは、音源~インターフェース間に、なまじミキサー等の
機器を噛ませると音質劣化も気にしなきゃならないところですが、プロユース
の機器で固めればセッティング次第でさほどの劣化もありませんし、最近では
アマチュアユースの機器でも、ちょっと前のプロユース並の音質性能を持つ
ものも多いですから、かなり敷居は下がってますね。

特に、高品質録音に拘る場合は、インターフェースに機器を接続する度に、
セッティングの最適化のための調整が必要ですが、すべての音源をミキサーに
予めまとめて、チャンネル毎に調整をしておき、ミキサー~インターフェース
間は常時繋ぎっぱなしの状態にしておくと、機器変更の都度に調整をする必要
が無いのは大きな利点です。ただ単に機器の繋ぎ換えを楽にするだけなら、
パッチベイ等の方法でも良いようなモノですが、多数の機器を常時セッティン
グ済みのスタンバイ状態で保持できるのは、ミキサーならではです。

また、入出力機能が豊富なミキサーであれば、これもフェーダーやセレクト
ボタンだけで、複数のモニター再生環境に切換えたり、録音チャンネルと
再生オンリーのチャンネルの切換えたりということも、他の機器を触らず
ミキサーだけで操作できるというのも、作業能率の面で非常に便利です。



また、これは質問の内容からズレてたらすいませんが、プロユースや高級アマ
チュアユースなら、デジタルミキサーが導入されているケースも多いと思い
ます。

デジタルミキサーの場合、ADATやAES/EBU等により、ミキサー入力を直接デジ
タル信号化して無劣化で、それも8~16chを同時並列で録音できます。
(もちろん、その手のデジタル入力に対応しているインターフェースは必要
ですけれど。)
アマチュアユースの宅録でそこまでの機能が必要な人は、さすがにプロ並だと
思いますが(^^ゞ
でも、凝った人なら、複数台のMIDI音源機器をシーケンサで同時駆動して、
マルチチャンネルで録音される・・・なんてこともありますし、私の知り合い
関係では、そういうことやってる人でデジタルミキサー使ってる人は結構
多いです。(そのお金持ちさが羨ましい(^^ゞ)

粗々ですが、ご参考までに

他にも意見というか「こういう使い途あり」という話もあるかもしれませんが、
大雑把には次のような使い方になるでしょうか。

これは、2~4入力程度の小型オーディオインターフェースから多チャンネル
対応インターフェースまで言えることですが、数種類~十数種類の音源(楽器
等)をあらかじめミキサーに繋いでおき、必要な音源のフェーダーを操作する
ことで、その場ですぐに録音もしくは再生する機器をチョイスできるのは、
そのような大規模な録音環境においては非常に利便性が高いです。

アマ...続きを読む

Qオーディオケーブルとシールドの違い

オーディオケーブルとシールドの違い

この2つの使い分けというのは簡単に言うと楽器(ギター、シンセなど)からつなぐのがシールドで、
それ以外がオーディオケーブルという認識でよろしいのでしょうか?
ミキサーやKORGのKP3を購入しようかと思っているのですが、その際接続ケーブルはオーディオケーブルでいいのかと悩み、相談させていただきました。

Aベストアンサー

うーん、そいつについては、まぁ以下は『ワザと』言うんですけど

「ケーブル抵抗は、気にしたい人は、自由勝手に気にすればよい」

としか言いようがないですね。

あくまで一般的な数値例ですが、ミキサーの入力端子は抵抗値(正確にはインピーダンスというとになるが)は、5000~10000Ωくらい(5~10KΩ)くらいあります。単純計算ですが、1%影響する抵抗値は、50~100KΩ。
資料によって若干の数値差有りますが、0.3mmの撚り導線が50Ωの抵抗を持つには、200~300mの長さが必要。0.5mmなら500m以上です。

では、あなたの使用予定のケーブル長は何mでしょうか?

太い導線(芯線)のケーブルの方が抵抗値が低いことは、これは確かに間違いは有りません。しかし、せいぜい2~3メートルのケーブルで、果たしてどの程度の差があるか…
それでも気になる人は気にすればよいし、「こんな誤差の範囲の差は差ではない」と判断する人が居て、それを間違いと言い切れるか…という話です。
まぁ実際の所、抵抗値だけで言えば、ケーブルの太さと長さに関わる差異より、端子の接触部の抵抗の方が数十倍は大きいです。

でもまぁ、それでもケーブルの差異は導線の太さと長さに関わる抵抗値だけではないので、一概に言えない部分もありますが、大抵は「太くて高品質の高級ケーブル10m」より「安くて細いけど1m」のケーブルの方が良好な場合が多いです。

ましてや、オーディオ用ではなくPA/レコーディング用のミキサーやエフェクタは、絶対的な音質(ピュアオーディオ的な繊細な面での音質)よりも「質実剛健な現場向きの音質」に特化していますから、数百万のするような超高級オーディオシステムならいざ知らず、通常は数百円のケーブルから数万円のケーブルに換えたところで、音の差異は金額とは全く比例しないですけどね。

それでもやっぱり、1ミクロン、0.0001Ωでも音質に拘りたいなら、高級なケーブルに手を伸ばすしかないでしょう。
差がわかるかどうかは別にして…というか、本人の拘りと満足感次第ですね。

ちなみに、KORG KP3やミキサー等をバンバン使うプロステージでも、普通に使うケーブルは1メートル当たり100円台ですけどね。

うーん、そいつについては、まぁ以下は『ワザと』言うんですけど

「ケーブル抵抗は、気にしたい人は、自由勝手に気にすればよい」

としか言いようがないですね。

あくまで一般的な数値例ですが、ミキサーの入力端子は抵抗値(正確にはインピーダンスというとになるが)は、5000~10000Ωくらい(5~10KΩ)くらいあります。単純計算ですが、1%影響する抵抗値は、50~100KΩ。
資料によって若干の数値差有りますが、0.3mmの撚り導線が50Ωの抵抗を持つには、200~300mの長さが必要。0.5mmなら500m以上です...続きを読む

QCOAXALとRCAケーブルとの違いを教えて下さい

音響機器音痴の私に教えてください。。AVアンプ等でデジタル接続端子部分ににcoaxialとありますがこれには専用の接続端子をもったケーブルを使用しなくてはいけないものなのかRCAと接続端子部分は良く似ているので同じもので供用できるものなのかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ます。ただCoaxial;同軸ケーブルの中にも外来ノイズに対して配慮した特性インピーダンス(Zo)=75Ωのケーブルも販売されていますので、OE-EO変換回路を使用したくなければ、この様な製品を使用することも可能です。例えば参考URLで販売している4C-XEW同軸ケーブルが該当します。

2、Zo=75Ω同軸ケーブル
 TV、ビデオ等の画像を扱う信号はZo=75Ωの同軸ケーブルと決まっていますので、身近にある画像用ケーブルはZo=75Ωと考えて間違えありません。JIS規格では例えば”3C-2V や S-5C-FV”と言う表示の”C"がZo=75Ωを示しています。”TVECX”等もTV用ということでZ0=75Ωです。
 AV機器周りではRCAコネクタが付いていますので、混乱を招きますが、先の回答にも有りますように、ビデオ用は黄色の表示が一般的ですので、これを使用ればZo=75Ωと成っているでしょう。アナログオーディオ用に販売されているRCAケーブルの多くは特性インピーダンスを75Ωに成るように設計されていないものが多くあります。その理由は音声帯域の20Hz~20kHzのような低周波ではケーブルの特性インピーダンスは大きく変動する為にインピーダンスマッチングと言う考え方が無い、出来ない、する必要が無い世界だからです。この当たりの事を詳しくお知りに成りたければ、これも参考URLに記載があります。御参考まで。

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ま...続きを読む

Qオーディオインターフェイスとモニタースピーカーを繋ぐケーブルについて質

オーディオインターフェイスとモニタースピーカーを繋ぐケーブルについて質問です
UA-25EXとPM0.4nを繋ぐケーブルはTRSフォン-TRSフォンのケーブルで大丈夫でしょうか?

UA-25EX (http://www.roland.co.jp/products/jp/UA-25EX/)
接続端子 :【フロント・パネル】
        インプット・ジャックL、R、XLRタイプ(バランス、ファンタム電源)、TRS標準タイプ(バランス)※インプット・ジャックR:ハイ・インピーダンス対応、ヘッドホン・ジャック(ステレオ標準タイプ)
        【リア・パネル】
        デジタル・イン・コネクター(オプティカル・タイプ)、デジタル・アウト・コネクター(オプティカル・タイプ)、アウトプット・ジャックL、R(TRS標準タイプ:バランス/RCAピン・タイプ )、MIDIコネクター(IN、OUT)、USBコネクター(Bタイプ)

PM0.4n (http://www.fostex.jp/p/pm04n_2/)
入力 :φ6mmTSフォーン・ジャック(アンバランス)、-10dBV、54kΩ以上
    :RCAピン・ジャック(アンバランス)、-10dBV、54kΩ以上

またおすすめのケーブル(メーカーや種類)があれば教えて頂きたいです
ケーブル長は1,5m~2mで考えています
よろしくお願いします

オーディオインターフェイスとモニタースピーカーを繋ぐケーブルについて質問です
UA-25EXとPM0.4nを繋ぐケーブルはTRSフォン-TRSフォンのケーブルで大丈夫でしょうか?

UA-25EX (http://www.roland.co.jp/products/jp/UA-25EX/)
接続端子 :【フロント・パネル】
        インプット・ジャックL、R、XLRタイプ(バランス、ファンタム電源)、TRS標準タイプ(バランス)※インプット・ジャックR:ハイ・インピーダンス対応、ヘッドホン・ジャック(ステレオ標準タイプ)
        【リア・パネル】
...続きを読む

Aベストアンサー

もう1組のモニターもアンバランス入力があるなら、モニター側がピンでもフォンでもとにかくアンバランスの方を選択する様にして、両方のモニター側からフォンでMVS-413へ、UA-25EXはピンからでもフォンからでもいいですから、最終的にフォンでMVS-413へ…で、問題ないと思います。

問題は、もう1組のモニターはバランスの時で、まぁ実際に繋いでみたらなんということはない…というケースもあると思いますが、私だったら念のために
UA-25EX→MVS-413は、両端TRSのケーブルで接続
MVS-413→バランス入力のモニター…も、両端TRSのケーブルで接続
そして、
MSV-413→PM0.4nの接続は
「端子は両端TRSだけど、RING端子の配線接続は、どちらのプラグもカットしてあるもの」
を使います。
もちろん、市販でそんなケーブルはないので、自作するか、市販ケーブルで両端端子が分解できる物を使って、RING端子だけ配線を切る…という細工は必要。

まぁ、6割方は、MSV-413→PM0.4nは両端フォンもしくはフォン→ピンの端子でもちゃんと音は出ると思うんですけど、MSV-413にフォン端子を突っ込んだら、MSV-413の内部でRING端子とグラウンドが常時ショートしている状態になるので、PM0.4nはそれでもいいんですけど、もう1組のバランス入力のモニターの方が、レベルが落ちたりノイズレベルが上がったり、もしかしたら音質にも影響が出る可能性があります。

MSV-413→PM0.4nの間を、RING端子が完全に導通がないダミーにしたケーブルを使えば、RINGとグラウンドは接続されませんので、PM0.4nはアンバランスだけ、別のモニターにはバランスだけの信号が流れますから、まぁ大丈夫かなと。

もう1組のモニターもアンバランス入力があるなら、モニター側がピンでもフォンでもとにかくアンバランスの方を選択する様にして、両方のモニター側からフォンでMVS-413へ、UA-25EXはピンからでもフォンからでもいいですから、最終的にフォンでMVS-413へ…で、問題ないと思います。

問題は、もう1組のモニターはバランスの時で、まぁ実際に繋いでみたらなんということはない…というケースもあると思いますが、私だったら念のために
UA-25EX→MVS-413は、両端TRSのケーブルで接続
MVS-413→バランス入力のモニター…...続きを読む

QXLRケーブル 音質的にメリットはあるのでしょうか

私の愛用している300Bシングルアンプ。
XLR端子がついております。
これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、
XLR出力がついたプリアンプやアッテネーターを購入するしかありません。
それか変換ケーブルだと思います。

でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が
違うだけでメリットはないと思ってしまいます。

XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです。業務用分野では数10~100m近い配線を引き回す上に、照明や舞台装置の電源が大きなノイズを出すので、バランス接続でないと実用に堪えません。

普通の家庭では、実用上問題になり得るノイズ源はせいぜい電子レンジくらいで、長さも10mに満たないので、アンバランス接続でも問題ありません。もし問題がある場合でも、まず引き回しを工夫してノイズ源から遠ざけるのが先決です。

内部の回路構成が差動型のオーディオ機器の場合、アンバランス→バランス変換の回路を省くことで最良の音質になると謳った製品もありますが、「メーカーがそう言うんだから、多分そういうものなんでしょ」としか言えません(メーカーとしてはその方が良い音だと考えていても、聞く人によっては感想が異なるでしょう)。

いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。

-----

蛇足ながら...

ピンの割当ては、現在では1: GND、2: HOT、3: COLDが標準ですが、古い製品の中には2: COLD、3: HOTという割当てがあります(逆相になるだけで家庭では特に問題ありませんが、業務用だとミキシングや複数スピーカーを使用する場合に困ります)。近年でも、「敢えて」3番HOTという接続をしている製品があるので(特に家庭用)、ちょっと注意が必要です。

1つのコネクタでステレオのバランス接続をする場合は、普通は5ピンのXLRコネクタを使います。というか、4ピンで2チャンネル分のバランス接続をしようとすると、本来GNDに割り当てるべき1番ピンを信号線に使うことになるので、コネクタの使い方としては「誤用」です。

アンバランス出力→(変換コネクタ)→バランス入力は、原則として問題なく行えます(前記の通り、当然ながらアンバランス接続になります)。

バランス出力→(変換コネクタ)→アンバランス入力は、原則として御法度です。出力側の回路構成によっては故障の原因になります。トランス出力、疑似バランス出力、もしくは保護回路が入っている場合は大丈夫ですが、正体がハッキリしないときは使えないものとして扱う必要があります。

バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む

Qスピーカーの土台にコンクリートブロック

スピーカーの土台にコンクリートブロックをおくとすごく音が良くなると聞いたのですか、本当ですか?

もし本当ならば、コンクリートブロックはどのくらい積んだら良いのか、積み方も併せて教えて頂ただければ幸いです。

後、コンクリートブロックは粉がたくさんでるようなので、コンクリートブロックに代用できるような物などはないでしょうか?

Aベストアンサー

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルトに気泡を作って騒音を減らす技術が各地の幹線道路で実用化されているようです。私の地元でも数カ所確認しています。)

一方で高密度タイプのものですが、形としてはタイル状のものや、車止めとして売られているものがあります。(これもホームセンターで売っています。)
こちらは、良くいえばカッチリと締まりのある音に、悪くいえばキンついた音になりがちです。

いずれの場合でも、単体で使うとこの特徴が顕著に出てきて再生音を変えてしまうことが少なくありません。薄手(1mm以下くらい)のゴムシートやコルクシートなどを床との接触面に使ったり、スピーカーとの接点には小さな木片や金属片を挟むと、自然な音になるでしょう。
ただし、軟性素材のシートを使う場合はできる限り薄く、かつ接触面んが最大となるようにします。柔らかい素材を小さな接触面積で使うとコンプライアンスが大きくなり、振動が減衰できなくなります。つまり、シートを使う場合はブロックと床の接触部分全てに触れるように、大きなものを使う必要があります。

粉が出る点に関しては、包装紙などで包んでしまえば良いかと思います。ただし、小さな気泡が水分を含んでいるため、晴天下で数日は乾燥させないと、部屋に入れてから紙に皺ができたり、カビが出たりします。
また、ブロックの場合は空洞が設けてありますが、ここに綿などを詰めておかないと、特的の周波数で共鳴して、不要な音が出たり、逆に必要な音が消されたりします。(目隠ししない場合も同じです。)

代用品、というより、より良い素材としては、大理石や人工大理石、木材(基本的には比重が大きいものほど使い勝手が良い)などが良いでしょう。大理石は意外に値段が安く、石材店などに頼めば面取りもしてくれます。人工大理石は多少高いですが、端材を使って作ってくれる店もあります。
木材に関しては、日曜大工に自信があれば、かなり自由な設計が可能です。直線カットはたいていのホームセンターでやってくれますが、店員によって精度が変わるのが難点です。(良い店では0.数mm以内、酷い店では切り幅すら確認しない店員もいました。もちろん責任者を呼びつけましたが....)

積み方や厚さ、素材の使い分けはノウハウに属する部類のもので、カットアンドトライで調整していくしかありません。組み合わせはほぼ無限ですので、いろいろ試しながら音の変化を聴き、好みのセッティングを見つけてください。

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルト...続きを読む

Q4芯スピーカーケーブルの接続法

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

近頃、スピーカーケーブルのグレードを上げようと思い、
スピーカーケーブルの購入を考えています。
そこで、ネットで商品を見ていると4芯になっている物があるのですが、接続方法が解りません。
これは、例えば、2本を一組にまとめて接続したりするのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使います。もちろん、隣り合う2本を合わせてシングルで接続することもできますが、スターカッドと同様の効果はありません(単に導体面積が増えるだけ)。スターカッド接続もできますが、線材の方向性(電気の流れやすい方向?)が管理されているため、推奨されません。

スターカッドタイプ(切り口から見て)
+ -
- +

並列タイプ(切り口から見て)
+ -
+ -

並列タイプをバイワイヤリングで用いる時は、上側を高域側・下側を低域側というように使い分けます。メーカーによっては帯域ごとに線径を変えたり線材を変えたりしていますので、高域用・低域用の指定がある場合があります。
スターカッドタイプは、一般的にはバイワイヤリングには用いないと思います。

一例として、カナレのスピーカーケーブルはスターカッド接続用に設計されています。
http://www.canare.co.jp/2003cat/p35.html
配置は切り口から見て下のようになっていますので、RとCRをまとめて+に、WとCWをまとめて-に接続します。
R  W
CW CR
(R:red/W:white/CW:clear White/CR:clear Red)

また、Space&Time Prism2+2-8Nはバイワイヤリング接続用に設計されています。
http://www.apollon-inter.com/products/Space&Time/prism.html#22
配置は切り口から見て以下のようになっていますので、バイワイヤリング時はWを+、Kを-に接続して1ペアとし、Bを+、Cを-としてもう1ペアとします。シングルワイヤリング時はWとBを+、KとCを-とします。
W B
K C
(W:White/B:Blue/K:Black/C:Clear)

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使...続きを読む

QXLRとフォンの違いについて

フルートやバイオリンなどの音を拾うために
マイクを2つ購入しました。

ひとつは有名な「SM58」を買って、
ひとつは2000円くらいの安物マイクを買いました。

すると、58のコネクタは3つピンのあるタイプ
(XLR3-XLR3)で、安物はエレキギターと同様の
コネクタ(XLR3-PHONE)でした。
この2つの性能の違いが知りたいです。
具体的にはそれぞれの利点と欠点です。

ちなみに二つを、アコースティックギターのアンプ(bingo2)
に、それぞれさして聞き比べてみると
安物のほうが若干低音が弱い、という程度で
大きな違いは僕には聞き分けられませんでした。。。

質問する前にちょっとネットで調べてみましたが
電気の専門用語が多く、うまく理解することができませんでした。
恐縮ですができるだけ平易なご説明をいただけると助かります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

素人PA屋です。
細かい小理屈を言い出すと、いろいろあるにゃあるんですが、質問者の方の「比較的短いケーブルで、BINGO2に直接繋ぐ」というパターンでは、電気的な意味での差はほとんど無いと思います。
安い方のマイクがどんなのかわかりませんが、音の違いは、多分、純粋にマイクの音質差じゃないかと推測します。

SM58は、出力ピンの所から「バランス(平衡)出力」になっています。
入力音声と同じ波形の信号(HOT)と、波形が完全に逆転した信号(COLD)と、信号の0V基準になるグラウンドの3つセットで信号が伝達される仕組みです。
ステージ音響などでは、マイクの回線は数十メートルから、場合によっては100メートルを超える距離を引き回す事になるんですが、それだけの距離だと、いくらシールドケーブルを使っても、外部からの電磁的なノイズがケーブルへ混入する事は避けられません。
ところが、バランス伝送を使うと電気的にノイズキャンセルが比較的簡単にできるという利点があるので、プロ仕様の音響機器はXLRバランス方式で設計されているのが普通です。

SM58も、プロステージ仕様のマイクなわけで、当然のようにバランス出力仕様になっています。

ただ、あたりまえですが、バランス型は(今でこそ相当価格がこなれてきてますが)機器もケーブルもコストがかかります。
また、音声信号を電気的に伝送する事自体は、HOT信号とグラウンドの、一般的に言うところの+-の2線で可能は可能ですから、伝送距離が数メートル程度で短い(はず)な一般用の機器では、コストダウンも含めて2Pフォンの2線式(バランス型に対してアンバランス(不平衡)型と呼ばれる)が用いられます。
家庭用オーディオ機器なんかでは、マイクより強い信号を、普通は2メートル程度までの長さでしか繋ぎませんので、アンバランス型を使う方が普通ですね。

大抵は…という話で、例外もありますけど、一般市場でXLR-フォンのマイクケーブルもセットで売られているマイクは、マイク側はXLR端子になってても、実際にはバランス型ではなくアンバランス型出力(3つの端子のうちCOLD信号用の3番ピンはダミーで付いてるだけ)のものがほとんどです。
逆に、完全プロ仕様のマイク(SM58も)は、ショップサービスを除いて販売時はマイク単体のみで、ケーブルは付属しません。これは、プロならケーブルは既に持っているのが前提の売り方をしている…と思って貰って良いかと。
なので、さらに安いマイクでは、本体はSM58っぽいデザインでも、ケーブルが造り付けでマイクから直接生えているタイプもありますね。

ただ、マイク側が「ニセXLR」なのは、高級感を出すような意味もあるでしょうけど、マイク側は持って動かすので接触不良や断線が置きやすいものですが、ニセでもXLRコネクタは接触不良や断線に非常に強い(だから業界標準になれました)ので、全く無意味とも言えませんけども。

質問者の方の場合では、BINGO2はバランス型マイク用のXLRマイク入力端子が付いていますから、SM58を使う時にはXLR-XLRのマイクケーブルでBINGO2のXLR端子に繋ぐ方がお勧めです。
SM58にXLR-2Pフォンのケーブルを使っても音は出せますが、SM58自体が「バランス入出力を使った」時に最高のパフォーマンスが出る設計ですから、XLR-2Pフォンを使うのは、マイクの性能を引き出す意味では、いささか勿体ないです。

でも、SM58は「ステージボーカル専用」のマイクなので、フルートやバイオリンの音を拾うには、あまり合わないマイクですけどね。

素人PA屋です。
細かい小理屈を言い出すと、いろいろあるにゃあるんですが、質問者の方の「比較的短いケーブルで、BINGO2に直接繋ぐ」というパターンでは、電気的な意味での差はほとんど無いと思います。
安い方のマイクがどんなのかわかりませんが、音の違いは、多分、純粋にマイクの音質差じゃないかと推測します。

SM58は、出力ピンの所から「バランス(平衡)出力」になっています。
入力音声と同じ波形の信号(HOT)と、波形が完全に逆転した信号(COLD)と、信号の0V基準になるグラウンドの3つセッ...続きを読む

Qアンプのリターン端子を使う場合は?

お世話になります。ギターアンプのリターン端子にBOSSのGT-8を接続する場合ですが、GTのプリアンプを使うとしてギターアンプ側のレベルは目一杯上げても問題はありませんか?GT-8側のプリアンプでレベル調整をして構わないのでしょうか?
ちなみにアンプはマーシャルJCM900です。マーシャルはレベルを上げたほうがアンプの性能をよく引き出せると聞いたことがあるのですが、この場合はどうなんでしょうね。
来週でも試してみようと思ってるのですがどなたか詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に試すのが一番でしょうけど・・・
A. JCM900(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
が、
B. GT-8(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
になるわけですから、まず A. の形態で普通にバンドで演奏する音量のPower部のLevelを確認したうえで、それと同じレベルにするには、GT-8のoutput-levelはどの程度なのか?(つまりJCM900のプリと同じぐらいのlevel)
は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。
その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。
JCM900をちょっとあげて、GT-8を下げて、同じ音量になるように・・。
ちなみに、私は JC-120(スタジオに必ずあるRolandのやつ)のreturnにつないでやってたことがありますが、こいつは、Returnにつなぐと、全くVolumeコントロールはできません。Power部のlevelは無いんですね・・。Returnに挿した機材側のoutput-levelでしかVolumeが効きません。
いずれにせよ・・マーシャルのパワー部+スピーカを使うとなると相当くせがありそうですから、GT-8をプリ部として使う際の音作りは、スタジオで結構時間がかかるかもしれませんね。パワー部をあげると、プリ部での音質の補正が必要になったりして・・。

実際に試すのが一番でしょうけど・・・
A. JCM900(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
が、
B. GT-8(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
になるわけですから、まず A. の形態で普通にバンドで演奏する音量のPower部のLevelを確認したうえで、それと同じレベルにするには、GT-8のoutput-levelはどの程度なのか?(つまりJCM900のプリと同じぐらいのlevel)
は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。
その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。
JCM900をちょっ...続きを読む


人気Q&Aランキング