『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。


ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
走る以外のスタミナ強化法よくわかりました。

確かに僕は礼儀の面がかけておりました。
これだけたくさんのご回答をいただいているにもかかわらず
お礼も返せてなかった自分が情けなく思います。
いろいろな面を教えていたただきありがとうございました!!

「打たれ強いボディの作り方」
よければ教えてください。

お礼日時:2009/01/06 14:53

No3です。


いやいや。実はこちらはお礼の有無でマナーがどうとか、礼儀がどうとかなんてことまで偉そうにお説教するつもりは無かったんですよ。

ただこのサイトでは質問はしても、回答に対し一切反応も無く、締め切ることもないと「あれ?回答しても読まれないのかな?回答するだけ無駄かな?」と思わせる質問者が多いのです。
それで、そういう人には一切回答しないって人も多いので、どうせ聞きたい疑問があるのなら、普段からお礼をしておいた方が沢山回答が来て得ですよってお教えしたかったんです。

さて本題のボディの鍛え方ですが、このサイトでは質問の内容に対する回答以外のことを投稿すると規定違反として削除されてしまう場合があるのです。

たぶんここで関連事項としてボディについて回答してもいいのですが、困ったことにそれを関連事項として「規定内」と判断するか、規定違反として削除するかが、サイト運営側の判断ひとつなもので、利用者にするときわめて曖昧なのです。

今回の質問も持久力のつけ方なので、ボディの鍛え方を回答すると削除の危険も多少あります。

そこでここはいったん閉めて、別個に改めて質問を投稿したらいかがでしょうか。
その際には及ばずながら回答させてもらいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

そうさせてもらいます。

お礼日時:2009/01/07 10:45

3分間継続して45秒の休みで(1)連続拳立て(2)連続腹筋(3)連続背筋


(4)サンドバック打ち(5)ミット打ち体を3分に慣らして慣れればラウンド数を増やしていくといいです。筋持久力がないとパンチを打ちつかれて
しまい手が出せなくなることもあるし、腕が上がらずにガードが下がってしまうこともあるのでシャドーやサンドバック、ミット打ちでも常にガードを上げる癖をつけてことと3,4、5連打打ちを上下左右に分けて自分のコンビネーションを作っておくと試合の時にコンビネーションのレパートリーが増えていいと思います。蛇足ですが、間合いとタイミングが大切なので試合はその点をよく見て自分の相手のどの攻撃の時にカウンターを取るか見ておくていいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
筋持久力もつけるように努力します。
ガードが下がってしまうと危険なので
しっかりメニューをこなしたいとおもいます。

お礼日時:2009/01/06 15:00

 ボクシング向けかは知らないけど、自転車。

他に負担かけないように心肺機能をあげるにはもってこい。重いギヤで力一杯じゃなく、軽めのギヤでくるくる回す。

 道路に出ると危ないなら室内でローラー台使って。悪天候でもトレーニング可能というメリットも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
筋持久力は大切な要素のひとつみたいですね。
僕は筋持久力がないと思います。
腕立て伏せを50回連続でやると
かなりしんどいです。

お礼日時:2009/01/06 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q格闘技の試合の異常なバテ

初めまして、afrancです。
少し長文になりますが宜しくお願いします。

私はキックボクシングを趣味でおこなっているのですが、つい先日に7・8年ぶりの試合に
出場しました。

減量は5~6キロで、3週間を500キロカロリーにし、最後の一週間を塩抜きし、体重を
落としました。前日には、やや余裕もありましたので、200グラムのパスタを夕飯に食べ、
当日も同じ量を食べました。
計量が終わってからはコンビニのカルボナーラとチョコレートを一枚食べました。

その一時間後に一試合目があったのですが、30秒程で失速をし、体が全くいうことを聞かず
酷い内容の試合になってしまいました。
私は練習ではプロのランカーを相手にしても負けず、「優勝して当たり前」と言われていま
したが、相手はキックを初めて5か月という素人なのにヘロヘロの状態で試合が終わった
後は一時間半程起き上がれなくなってしまい、どっちが勝ったのかわからない程になって
しまいました。

その二時間後の二試合目でも、最初からガス欠が目の前にある状態で、なにも出来ずに
負けてしまいました。

悔しくて、その後色々調べてみたら、30~1時間前に血糖が低かった体にチョコのような
ブドウ糖が高いものを入れると低血糖状態に陥ると言う話を発見しました。

質問したいのはそこなのですが、一試合目はこの話の通り、低血糖が引き起こしたものな
のでしょうか?
また、二試合目もこの事が原因で動けなかったのでしょうか?

弱いからという回答は勘弁してください、それは自分が一番わかっています。
次に失敗しない為にも是非ともよい回答をお待ちしています。

初めまして、afrancです。
少し長文になりますが宜しくお願いします。

私はキックボクシングを趣味でおこなっているのですが、つい先日に7・8年ぶりの試合に
出場しました。

減量は5~6キロで、3週間を500キロカロリーにし、最後の一週間を塩抜きし、体重を
落としました。前日には、やや余裕もありましたので、200グラムのパスタを夕飯に食べ、
当日も同じ量を食べました。
計量が終わってからはコンビニのカルボナーラとチョコレートを一枚食べました。

その一時間後に一試合目があったのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
成人男性は一般人でも2000カロリー強は1日必要です。
激しい運動をされているなら尚更必要です。
オリンピックの競技をされている方は、皆さん、よく食べます。
中にはそれがつらいとコメントしている人もいるくらいです。
そうでないとエネルギーを補充できないからです。
エネルギーが足りないと筋肉から糖新生といってエネルギーを作り出すので、それではトレーニングで作った体を消費していることになってしまいます。

下記に貼られたURLを見ました。
一見正しいことを書いてあるように見えますが、違います。
そういうインスリンをうまく使えないのは糖尿病などの人です。
一般の人ならそこまでインスリンの過剰反応は起こりません。

#4(#5)の書かれていることももちろん正しいと思います。
(私自身も格闘技で選手をやっていました)
実際、私も質問者さんの練習も試合もみていませんし、確実なことは分かりませんが。
ただ、質問者さんの意図は低血糖を心配されていたのでその点をまず私は否定しています。

もちろん酸欠もあるでしょう。
自分のリズムで動ける練習と、相手がいる状態は違いますし、またいいボディーを効かされて一気に動けないというのもあります。ただ、そういう場合はたいていは「あれが効いた」など印象があると思います。
それに仮りに酸欠だけなら、それなら2試合目には回復しているでしょう。
逆に回復しない点が減量ミスと思いますね。

実のところ、運動生理学とエネルギーというのはまだ正解の出ていない部分も多いです。
試合前に激しいアップをして体をいったんピークにもっていくことを推奨する人もいます。
ところがそれではせっかくのグリコーゲンを消費するとまったく否定する人もいます。
なかなか難しいのが本当です。

ただ、直前に一気に減量なんて、もしきちんとした試合なら戦う前にドクターストップになりかねませんよ。
塩分制限も塩分=水分として制限されたのでしょう。でもスポーツでぽかりなどが推奨されるようにナトリウムやカリウムが低くても疲労感や倦怠感、筋肉異常などが起こります。

#3です。
成人男性は一般人でも2000カロリー強は1日必要です。
激しい運動をされているなら尚更必要です。
オリンピックの競技をされている方は、皆さん、よく食べます。
中にはそれがつらいとコメントしている人もいるくらいです。
そうでないとエネルギーを補充できないからです。
エネルギーが足りないと筋肉から糖新生といってエネルギーを作り出すので、それではトレーニングで作った体を消費していることになってしまいます。

下記に貼られたURLを見ました。
一見正しいことを書いてあるように見えます...続きを読む

Q格闘技向きのスタミナを付ける方法について

格闘技向きのスタミナを付ける方法について
テコンドーで組み手をやっているのですが、2分持たずに息が切れ最後は立っているのがやっとの状態になってしまいます。

会社のマラソン部にも所属しており、割とスタミナもある方なのですが、組み手となると全くスタミナが持ちません。
マラソンとはスタミナの使い方や、筋肉の使い方が違う等の問題が有るのでしょけれど、どうすれば組み手向けのスタミナというか持久力を付ける事が出来るでしょうか?

Aベストアンサー

それはやはり組み手の本数をこなすのが適しているんじゃないでしょうか。

自分もMMAをやっていますが、マラソンと格闘技のスタミナの使い方は全然違います。
マラソンは一定のペースで走り続けますが、格闘技は十数秒一気にたくさん動く→休むの繰り返しですからね。
ですから格闘技以外での練習でスタミナアップを量りたいのなら、短距離ダッシュのインターバルトレーニングがいいと思います。

格闘技の他の競技との違いは、いかに対戦相手に有効にダメージを与えられるかを競う競技なので、攻撃を受けたくないという感情も働きますから、相手のプレッシャーが強くて自分が後手になるとそれだけでスタミナが削られていきます。
それと体に力が入りすぎていてもスタミナは削られていきます。

体の使い方を研究し力まずリラックスできるようにする事、プレッシャーをかける側になる事、インターバルダッシュを取り入れることをお勧めいたします。

Qキックボクシングの自宅でできる練習法

キックボクシング道場に通い始めて2ヶ月になります。
先日スパーリングをさせてもらって、あまりの自分の弱さに情けなくなりました。
強くなりたいです、自宅でできる効果的な練習法はありますか?
今のところシャドー、ランニング、筋トレくらいはやってるんですが、我流的なところもありますので、注意点やアドバイスがあればお願いします。正しい筋トレメニュー等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び3R→シャドー(ジャブのみ3R) 物足りないですが地道な努力が人を強くします。2週間もすればジャブが早くなっているのが分かるはずです。注意点はジャブの打ち終わりにガードの所へ拳が戻っているかどうかです。これが最初は一番難しい。長年やって今でも出来てない人は多いですがそういう人達はあまり強くない。ジャブに慣れてきたら次はストレートです。打ち方は野球のバッティングをイメージしてください。手や腕の力だけで打っている人はいませんよね?腰を回転させて+腕力で打っています。このイメージでガードの位置からまっすぐ打ち当たる瞬間に力をこめる。(大事です)最初から力を入れすぎてたらものすごくスピードが遅くなります。リラックスして当たる瞬間を意識する。そしてすぐ戻す。もどしが遅いとフォームが変になります。ジムによっては戻しをすごく重視するところもありますが同感です。パンチは当ればいいから戻しより出すほうが大事だろうと一般的には思われているでしょう。ですが逆です。長く続ければわかります。  次に蹴りですがローキックは何種類かあります。これはジムによって教え方がありますが、個人的には”すりあげローキック”がよいと思います。ローキックもジャブと同じ要領で3Rします。
慣れてきたら自分でめにゅーを変えてみてください。

いっぺんにたくさん言っても混乱すると思うので技はこのくらいにしときます。  筋トレは週2~3回がベストです。筋肉は激しく疲れさせて休ませ超回復というのをします。 たとえば毎日腕立てしている人はある程度の筋肉は付きますが筋肉が疲れててあまり効果がないのです。なので2~3回がベストです。  あと食生活なども気を使ってみてはどうですか?今あるあるの納豆が問題になってますが納豆は体を作ります。牛乳や卵もです。プロテインなども効果的です。

他にもいろいろありますがまずは上記の事をしてみてください。
メンタル面 技術面など 質問がありましたら時間があればまた書き込みます。 
がんばってください。

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び...続きを読む

Q【柔軟情報】ハイキックが蹴りたい!ミドルすら蹴れない!【ストレッチ】

こんばんは!

自分は下半身がとてもカタイです。
なので、足が上がってくれません。
ハイキックどころかミドルキックもしんどいです。
ローキックですらぎこちなくなります

どれくらいかと言うと、立って、足を伸ばした状態で
足を前に上げると 腰にすら届きません(下から80°くらい)

横も同じです

足首も膝も股関節も全部、かたいです

自分でいろいろ調べて
PNFストレッチと言うものも試してみようと思いましたが、
パートナーが居らず断念しました・・・・・・

今からキックが蹴れる柔軟性が手に入りませんか?
今、自分は16才です

おすすめの柔軟方法、体がやわらかくなる食べ物
蹴りのコツ、アドバイス、実体験

など、柔軟と蹴りに関する情報、教えてください!

Aベストアンサー

私は、昔拳法指導者をしてました。
ハイキックとかもやっていて、ここ十数年しばらくやめていました。
しかし、運動不足解消のためまたはじめると結構自分の顔くらいはあがりますよ。
ちなみに今年35歳(笑)

だから16歳だったら、まだまだ、大丈夫。

あなたの筋肉のつき具合はどうでしょうか?
もし、かなり細身ならばそのままストレッチで伸ばすのには無理があります。
十分な栄養と筋力トレーニング(脚裏はしっかり)をしながら普通の開脚や前方屈伸などを少しつらいくらいからあせらず徐々にやっていくとずいぶんやわらかくなります。

もし、結構筋肉質なら、ひょっとしたら可動範囲の狭いトレーニングを強い負荷をかけてやっている可能性があります。
このようなトレーニングは筋肉はつくけど硬くなっていくということもあるので、軽い負荷で、出来る限り大きな可動域で動かすようにして行くと当たり前ですけど、やわらかくなっていきます。
例えば、腹筋運動なら少し反るくらいからはじめるとか・・・。
足は反りませんが、目いっぱい可動範囲で大きく動かしてトレーニングします。
少し蹴りの練習のコツとしては目標物を決めて蹴るというのがいいと思います。
低いところから少しずつ高くしていきます。
中国拳法とかでは、自分の手を置いてそれを蹴るという(もちろん当てる程度ですが・・)という練習方法もあります。
また、力の入れ方も重要です。
自分の足をムチのようにイメージをして蹴ると力の出すところ、抜くところがはっきり自覚できると思います。
棒のようなものをイメージすると脚を痛めます。
また、蹴りの種類によって違うかも知れませんが、最初は軸足も少し曲げて重心を安定させるということもコツになるかと思います。

PNFなども基本的に筋肉があまりないと利かないらしいので、あまり特殊なトレーニングに頼らず少しずつ慣らしていくようなトレーニングの方が実践的です。
私も始めて蹴りの練習をはじめたときは硬かったですけど、慣れですね。
まだまだ、これからなのでがんばって下さいね!

私は、昔拳法指導者をしてました。
ハイキックとかもやっていて、ここ十数年しばらくやめていました。
しかし、運動不足解消のためまたはじめると結構自分の顔くらいはあがりますよ。
ちなみに今年35歳(笑)

だから16歳だったら、まだまだ、大丈夫。

あなたの筋肉のつき具合はどうでしょうか?
もし、かなり細身ならばそのままストレッチで伸ばすのには無理があります。
十分な栄養と筋力トレーニング(脚裏はしっかり)をしながら普通の開脚や前方屈伸などを少しつらいくらいからあせらず徐々に...続きを読む

Qボクサーの体力について

趣味でキックボクシングをしているものです。

今度、アマチュアの大会に参加しようと思うのですが、2点疑問があります。

1.アルコールの摂取について
自分は毎日ビールを缶で3本くらい飲むのですが、アルコールは体力に影響がでるのでしょうか?

2.体力向上に最適なトレーニング
走るのが良いと聞きますが、長い距離を時間をかけて走るのが良いのでしょうか?仕事が遅くまであり時間があまりなく、できれば短い距離を心拍数が急激に上がるくらいで走るのがいいと思っています。これは体力向上に役立つのでしょうか?

ぜひ、ボクシング、キックボクシング経験者でご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?おねがいします。

Aベストアンサー

1.アルコールについては厳密に言えば、体力(持久力)強化にメリットよりもデメリットの方が多いらしいです。

でもアマチュアでのレベルでさほど神経質になる必要は無いと思います。

昔から格闘家で酒豪の人間は山ほど居ますし、私の知り合いのある柔道師範のご老体は、若い旧制高校時代はドンブリ飯に日本酒をぶっかけてかき込むような豪傑だったそうです。

不世出の天才柔道家・木村正彦も言ってます
「酒で技がにぶるような修行はしておらんたい!」

まあビール3缶くらいなら普通の体質なら許容量ではないでしょうか。
(減量に問題無ければ)

でも試合当日はアルコールが完全に抜けた状態で試合に臨むべきですので、前日には控えるべきです。

また試合後も控えましょう。
頭部に打撃を受けることで、脳の毛細血管が微小な損耗をしている可能性が高いからです。

ノック・アウトを喰らうとか、特に強い打撃を頭部に受けたのでなければ2~3日控えるだけで充分だと思います。

2.キックの試合に向けての持久力向上では、長距離のランニングももちろん大切です。

しかし試合に直結した意味での体力としては、長距離のランニングよりも、坂道ダッシュや階段ダッシュの方が効きます。

これはスポーツ全般に言えることなのですが、その競技における特定の体力(筋力や持久力など)を養成するには、その競技の競技形態に沿った形での、つまり似た状況でのトレーニングが要求されます。

そこでキックボクシングという競技を見ると、3分間での持久力×数ラウンドの持久力という特質があります。

これは空手のように一般に3分+せいぜい3分の延長戦という短時間の競技と、3分×長ければ12ラウンドという長時間競技とのちょうど中間の性質を持っています。

アマチュアとのことなので、おそらく3ラウンドくらいでしょうか。

またキックの場合はボクシングと違い、足技を使うというよりハードな競技特性を持っています。

そこで長距離走よりも、短距離ダッシュの繰り返しというトレーニングにより特化した性質を重視してください。

具体的には
・準備運動&ウォーミング・アップ
・軽いジョギングで軽く息を上げる
・その後坂道ダッシュを数本

できれば一本が20~30秒かかるくらいの長さのダッシュを数本繰り返し、その息がゼイゼイ言ってる状態からシャドーまたはキックミットを使った打ち込み30秒をラッシュ

これを数回繰り返すことを数週間続けたら、ラウンド後半でのラッシュ力は格段に進歩すると思います。

経験者の方なのでお分かりかと思うのですが、実際の試合では打撃や防御の実力もさることながら、それ以上にラウンド後半でのラッシュ力を維持出来るかどうかのほうが、よっぽど試合の結果を左右したりします。

試合での良い結果をお祈りします。
以上参考になれば幸いです。

1.アルコールについては厳密に言えば、体力(持久力)強化にメリットよりもデメリットの方が多いらしいです。

でもアマチュアでのレベルでさほど神経質になる必要は無いと思います。

昔から格闘家で酒豪の人間は山ほど居ますし、私の知り合いのある柔道師範のご老体は、若い旧制高校時代はドンブリ飯に日本酒をぶっかけてかき込むような豪傑だったそうです。

不世出の天才柔道家・木村正彦も言ってます
「酒で技がにぶるような修行はしておらんたい!」

まあビール3缶くらいなら普通の体質なら許...続きを読む

Qスタミナのつけ方

どのカテで質問しようか迷ったのですが。

総合をやっている者です。毎週3分間組み合ってまた次の違う人と組み合うスパーリングみたいな練習をしています。

立ち技だけのスパーだとそうでないのですが、寝技も含めると自分より大きい相手や、力の強い人とする事が多いので、体力の消耗が激しく、悔しい思いをすることもあります。歯が欠けたことがあるので自分だけマウスピースをしているので仕方ない部分もありますが、もっとスタミナを付けたいと思っています。
汗の量も多く、またこの時期道場内は蒸し風呂状態なので、こまめに少しずつ水分補給はしています。

やはり心肺機能を高めるトレーニングしかないのでしょうか?

ご存知の方いれば訓練や、日常生活で気を付けている事など教えて下さい。

Aベストアンサー

私の総合をやっていますがスタミナ不足の問題をかかえていました。スタミナをつけるには世間ではロードワークなどが一般的ですが、体重が下がる・時間を要する等の問題があるのでジムの人に相談した結果、縄跳びで克服しました。初めて1ヶ月ほどでかなりの効果でした。今では3分×5セットをやっています。効果は人それぞれですが私には適していたようです。
いまでは1時間のインターバル無しの寝技スパーもやっています。

Qボクシング ボディの鍛え方

ボクシングを始める予定のものですが、

ボクシングでボディブローをくらっても

効いてはいると思うけど動じない人いますよね??

そんなボクシング用の打たれ強いボディにしたいです。

ボクシング選手の練習として、メディシンボールを

腹に落とすトレーニングありますよね?

あれって実際筋力がつくわけじゃなく、

筋持久力の問題らしいです。

僕が教えてほしいのは、下腹と横腹の鍛え方を

教えてほしいです。

強いボディをつくりたいです!!

回答よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

打たれ慣れの要素は、さらに二つに分けて考察できます。

ひとつは純粋に打たれることについて慣れるという「耐性」の問題です。

前にトライアスロンの選手の話をしたように、人間の鍛錬って言うのは、その「専門性」によって極度に違いが生じます。
あの全日本9連覇、引退前に203連勝し、オリンピックでは「畳の目につまずいて転びでもしない限り負けない」とまでいわれ見事金メダルをとった柔道の山下選手でさえ、出稽古に相撲の稽古に参加した際には大学の相撲部選手にも勝てなかったそうです。

ボディの強さにしても、基本的な腹筋の強さは当然の前提であっても、やはり打たれることに対しての強さを追求するには、腹筋の単純な強さだけでなく、やはり純粋に打たれることへの「慣れ」が必要となります。

一般的にされるトレーニングとしては、実際にパンチで打ったり、メディシン・ボールでの訓練。
そのほかには腹の上に立ってもらうなどの訓練がありますね。

これは特に、腹筋と言うのがどういう状態で打たれると強いのか、どういう状態なら弱いのかに関連します。

同じ強さのパンチが、同じ部位に当たっても、その効き方が異なる結果を生むのには、いくつかの要素が存在します。

1.まず筋肉はその特性として、収縮している状態の方が弛緩している状態より耐性を生みます。
つまりぐっと縮めた状態の方が腹が反った状態よりもパンチに強いのです。

2.そしてボディへのパンチは息を吸っている時よりも、息を吐いている状態の方が耐える力が強くなります。

この2点から分かるとおり、ボディというのはパンチが当たる瞬間に息を吐きながら「ぐっ」と腹を縮めた状態の方が強いということになります。
この動作を「ボディを締め込む」なんて表現することがあります。

そこでボディへの直接打撃をする競技の選手は、パンチが当たる瞬間にボディを「締め込む」動作を、意識的にせよ無意識的にせよしているものなのです。

つまり、さっき話した、腹に乗ってもらうなどの訓練は必然的に腹筋を締め込む動作を兼ねているので有効なわけです。

あともうひとつ。
最後のポイントとして・・・・素人の域を脱し、選手のレベルになってからは結局これが一番大きい要素なのですが・・・・

パンチっていうのは、結局自分が見えているパンチは効かないが、見えてないパンチっていうのはその数倍も威力を増すのです。

つまり普段のスパーリングを通して、相手のパンチへの「対応力」が、そのままパンチへの「耐性」につながるのです。

ここでひとつ面白い実験を教えましょう。
友人と真正面に向かい合って、相手に腹を殴ってもらいます。
強いパンチでなくて構いません。友人とふざけあってボディにパンチを入れる遊びくらいの強さでいいです。

その打たれる瞬間に、1発目では自分の身体を真正面に向けたまま、絶対に動かずにそのパンチを受けて、その衝撃度を記憶しておいてください。
次に友人に、もう一度まるっきり同じ強さのパンチを同じ部位に打ってもらいます。

そして今度は、パンチが当たるまさにその瞬間に、ほんの少し。
そう5°か10°くらいの角度で、瞬間微妙に腹の角度をずらす(身体を回転させる)ということをしてみてください。

おそらくほんの数度の角度が当たる瞬間にズレるだけで、同じパンチであるのに、その衝撃度が格段に減ることに気付くはずです。

そう、パンチっていうのは、真正面からまともにパンチをもらうのと、ほんの少しでもポイントをズラすのでは格段にその威力が変わるのです。

つまりは、パンチが当たる瞬間が見えていて、そのパンチを締め込んだ腹筋でポイントをズラして受けるのと、逆に見えていない状態でゆるんだ腹筋にパンチをまともに貰うのとでは威力が何倍も違うのです。
結局、鍛えられ強くなったボディ自体の強さに加え、スパーリングを重ね上手くなってからは、さらにパンチが効きづらくなるわけです。

以上長くなりましたが、概略に過ぎず、うまく内容が伝わったか危惧しています。

野球やサッカーに比べ、高校生でボクシングをする人間はまだまだ少ないです。
あなたのような若い人が、ボクシングや学問を通じおおいに人間性を高め、これからの日本を背負ってくれることを、私のようなオッサンは期待します。

打たれ慣れの要素は、さらに二つに分けて考察できます。

ひとつは純粋に打たれることについて慣れるという「耐性」の問題です。

前にトライアスロンの選手の話をしたように、人間の鍛錬って言うのは、その「専門性」によって極度に違いが生じます。
あの全日本9連覇、引退前に203連勝し、オリンピックでは「畳の目につまずいて転びでもしない限り負けない」とまでいわれ見事金メダルをとった柔道の山下選手でさえ、出稽古に相撲の稽古に参加した際には大学の相撲部選手にも勝てなかったそうです。

ボデ...続きを読む

Qボクシングの縄跳び練習って何のやくにたちますか

ボクシングの練習でよく縄跳びを必死に飛んでいる練習方法がありますが、あれはなんの役にたつんですか?持久力つけるなら走った方がはやいと思いますし、フットワークにはあんまり関係ないような気がします。

Aベストアンサー

NO2.の方の
「持久力や手首の鍛錬と同時にリズム感を養うのでしょう。」が正解ですね。
ロープスキッピングの目的は足腰の鍛錬ではありません。一番負荷がかかるのが手首で次に腕、そして足腰と腹筋です。足腰は普段歩くのよりかは負荷がかかりますが、他の運動に比べそれほど大したものではありません。
また、リズム感と表現すると音楽に合わせて…みたいに取られがちですが、ロープスキッピングは全身の連鎖行動を整えるために有効なのです。手首を返すタイミングと足でスキップするタイミング、お腹に力を入れるタイミング、これがすべてそろわないと一連の動作が成り立たない。簡単そうに見えて難しい動き。だから、小学生とかは最初なかなかマネ(実際に跳ぶ)ができないですよね。それは一連の行動をタイミングよく行うことになれていないからです。
この手のタイミングと足のタイミングの取り方がうまくなることがボクシングには非常に有効なのです。
このことを知らずにただスタミナ強化、足腰の鍛錬と思ってトレーニングしていたのではもったいないですね。やはり、トレーニングがどこを鍛えるポイントとしているのかは意識しないと効果は半減してしまいます。
ボクシングの世界ではちゃんと理解していないトレーナーが多いので、昔ながらの日本的な足腰を鍛える精神を鍛えるといった発想のままで代々伝承されることが多いのは確かです。
NO4.の方がおっしゃるとおり足腰の鍛錬とスタミナ強化であれば、ランニングです。ただ、これはボクサーなら毎朝きちんとランニング8~12キロぐらい走っていますので、ロープスキッピングで3分2ラウンドで鍛える目的のものではありません。もちろん、スタミナがつくのも確かですが。
あと、NO4.の方の補足をすれば、野球で持久力がいらないのは確かですが、プロ野球では重要です。プロ野球では年間140試合以上こなさなければならなく、フル出場するためにはスタミナが必要とされます。特に、一年間通して安定した成績を残すためには、疲れがでてきても体幹がブレないように足腰を鍛えておく必要があります。これはピッチャーでもバッターでも軸を使っているので大切です。体幹がブレると微妙な感覚のズレが生じ始めるので、スランプの原因になります。
ですので、プロ野球では絶対に持久力が必要。
また、パンチングボールについて必要ないというのも確かですね。
ボクシングの世界でトップレベルの選手で気付いていれば、パンチングボールの練習はしません。時間が無駄だからです。
パンチングボールでは動体視力と腕を上げ続けることで持久力を強化しますが、これはスパーリングやサンドバックで十分鍛えているものですので、やらなくても良いです。特に、すでにある一定レベルの選手であれば、ガードを上げ続けることが困難と言うことはありませんので、初心者用の練習と言えるでしょう。なんの練習か意識してやっている選手であれば、いずれ必要ないと実感し敬遠したくなる練習でしょう。自ら止めますと言えば、誰もトレーナーも止めないでしょう。まさか重要だと思っているトレーナーはいないでしょうし…
世界チャンピオンクラスの選手でパンチングボールをやらない選手はたくさんいます。私が知る限り、やっている選手はいないです。多分、やらない選手の方が多いでしょう。パンチングボールやるぐらいなら他の練習した方が良いですし、時間がもったいない。
ある選手は公開練習でパンチングボールをやっていますが、それはマスコミ用にわざとやっていて、普段は練習メニューに入れていません。かっこよく映るので、あえてやってあげているのです。こういった選手はたくさんいますよ。
では、なぜ世界進出している一流のジムにパンチングボールを用意してあるのか?
これは機材が揃っているように見えるのと、ダイエット目的で来られている一般会員の方、中身よりかっこよさを求めている若手選手のためです。かっこよいからモチベーションが上がるでしょう?これも大事なのです。

「タイソンが下手だった…」
だから、あの才能を持って若くして落ちていったんだと思います。もったいないですね。天性のパンチ力があったので。

話はそれましたが、必要のない練習をしている選手(しかも一流選手)がいるのも事実ですが、ロープスキッピングについてはウォームアップついでにやるには最適の練習と言えますね。

「持久力つけるなら走った方がはやいと思いますし、フットワークにはあんまり関係ないような気がします。」
答え:ずばりその通りです。(フットワークにはバランス感・リズム感が多少やくにたつかな?)

NO2.の方の
「持久力や手首の鍛錬と同時にリズム感を養うのでしょう。」が正解ですね。
ロープスキッピングの目的は足腰の鍛錬ではありません。一番負荷がかかるのが手首で次に腕、そして足腰と腹筋です。足腰は普段歩くのよりかは負荷がかかりますが、他の運動に比べそれほど大したものではありません。
また、リズム感と表現すると音楽に合わせて…みたいに取られがちですが、ロープスキッピングは全身の連鎖行動を整えるために有効なのです。手首を返すタイミングと足でスキップするタイミング、お腹に力を入...続きを読む

Q蹴り技の威力をあげるには

押忍!大道塾をやっているものです。自分は蹴り(特に前蹴り)を極めたいと思っています。そこで今足腰を鍛える為に筋トレ(フルスクワット100回・足を逆丁字の形にして腰を下げたまます数分間耐える)をしています

そこで質問なのですが、フルスクワットを100回やっても膝にだけ負担がかかり、あんまり太ももには負担がかからないような気がします。蹴り技を極めるに当たってはスクワットは効果的な筋トレなのでしょうか?是非教えて頂きたいです。また、蹴りを強くする為の効果的な筋トレがあればそのほうも教えていただければと思います。よろしくお願いします。押忍!

Aベストアンサー

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングスクワットがあります。

よく言われてますがフルスクワットはやはり膝への負担が大きいです。もし行うにしても体に聞きながらやるのがいいと思います。膝への負担が大きいと感じたのなら、無理せずゆっくりやるとか、回数を減らすことを考えたほうがいいと思います。ゆっくり少ない回数で、しかし一回一回を全力で行うという方法もあります。

僕がフルコンタクト空手の道場で最初に教わったのはハーフスクワットとクォータースクワットでした。ハーフは文字通り膝を曲げる角度がフルの半分、クォーターはそれまた半分で、これらはフルよりも膝、下半身への負担が少ないです。ウエイトトレーニングをする人たちはこの三種のスクワットを負荷や回数を考慮しながらやる場合が多いです。(スクワットのやり方、フォームについては参考URLを見てください。) 僕はフルはゆっくり全力でやるが少なめにして、ハーフやクォーターを速く多くやっていました。(ちなみに膝関節痛にはファンケルとかの飲むコラーゲンが効きます。本当です。) (^_^.)

また筋力トレーニングをした後はストレッチやマッサージを念入りにしたほうがいいと思います。疲れを残さないということは実は非常に大事です。そして翌日は休んでください。筋力トレーニングは一日置きで充分です。もし毎日練習する癖をつけたいなら、今日は上半身、明日は下半身という具合に、鍛えるパーツを変えながらやるといいと思います。これはウエイトトレーニングのジムでよく言われていることです。

他には、知っていると思いますが、ミットやサンドバッグ、砂袋を使うと蹴りの威力を非常に高めることができます。しかし自宅にそういったものがない場合は、地味ですが基本の前蹴りを繰り返すのがいいと思います。基本の前蹴りの練習にもいろいろあり、ゆっくりだが一回一回を力いっぱい蹴る、力を抜いて速く多く蹴る、力を入れて速く多く蹴る、などの方法があります。

基本の前蹴りやミット、サンドバッグトレーニングにしても、タイマーを使って行うと目標が定まっていいですよ。30秒、1分、1分半、2分、2分半、3分をそれぞれ何セットやると決めて練習するといいと思います。結構ゲーム感覚でできてあっという間に時間が経ちます。特に一人練習の時にはタイマーがあると非常に便利です。最初のうちはきついかもしれないので短い時間から試してみるといいと思います。タイマーは100円ショップでも売っています。

これ以外に僕がやっていたのは、壁押し(相撲のてっぽう稽古のように壁を押す。前に出る際の足腰の力を養成できる)、そして壁蹴りです。(スポーツシューズを履いて行ってもいい。中足で蹴る) いつも硬いものを蹴っているといざスパーリングの時に非常に自信を持って行うことができます。

あと体重の重い人の蹴りは当然重いです。(^_^) 体重を増やすことも考えるといいですよ。

参考になれば幸いです。頑張って下さい!

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~toomo/html/f9.html,http://homepage2.nifty.com/physical-education/SQdeep.htm

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングス...続きを読む

Qスパーリングで骨折しました

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらったところ、
その考えもむなしく、相手の方はほぼ全力に近い形でパンチを顔とおなかに打ってきました。
当然、初心者の私はかわす事も出来ずにパンチは殆ど被弾しました。
3分間は人間サンドバック状態で私としては、全く練習になりませんでした。
そして私はろっ骨を骨折しました。
全治1ケ月で家事するのも寝るのもとても苦しいです。

相手の方の練習の誘いもずっと断ってきたせいか、
怒りの感情も入れて打ってきているように感じました。

そこで格闘技経験者、格闘技未経験者の客観的な意見をお伺いしたいのですが、
格闘技経験者が初心者に対して強い打撃でスパーリングを行うのは
常識的な事だと思いますか。
物凄い格闘技センスが有る初心者の場合は本格的なスパーリングを
行っても問題無いと私は考えていますが、
私の格闘技センスは下の中くらいだと思っています。

もし、非常識な行為であれば
私と同じような初心者が後をたたないと思いますので、
相手に注意をしないといけないかと思いますが、
どのように注意したらよいと思うでしょうか。

相手の方は30代で性格は典型的なB型です。
自分の練習には付き合わせる(ミット持ちなど)のに
人の練習には付き合ってくれませんし、
実年齢よりも少し精神的に幼い方です。

今回、怪我したのは非常に残念ですが、
相手が初心者でもお構いなしに強く打ってくると知ってて
相手してもらった私が悪いと思っています。
ジムの責任者や先輩方は巻き込まず出来るだけ穏便に済ませたいと
考えておりますので、アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いします。

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらった...続きを読む

Aベストアンサー

スパーリングの前に「マススパーでお願いします」とかは言わなかったですか?
「相手の為を思って強めに打撃を加える親心」というのはありますが、飽くまでケガをしない程度にやります。脳が損傷する恐れのある顔面や骨折の恐れがある肋骨等は普通の感覚の持ち主なら空気を読んで威力を調節する筈です。
その相手は自分の稽古だけしか頭になく後輩を育てるといったような概念が無いのではと感じます。
良くも悪くもジム系の特徴ですので、君子危うきに近寄らずです。
自分の為にならないと思ったら相手をしない、実際に質問者さんはそのようにされていたと思いますが、避けられない場合は初心者なのでマスでお願いしたい旨を伝えるしかないです。
そこまでやってケガをさせるような人間はどのみち孤立します。
腹も立とうとは思いますが、とりあえずスポーツ保険に入っていれば通院費や手術費は保険で返ってきますので、初診から最後の受診まで領収書を全てコピーで取っておくことを忘れないで下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング