色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

教えてください 中級程度と思っています 165のカービングですがアイスバーンでは必ず山側を向いてしまい両足がばたついてしまいます. 特に左ターン時が多いのですが. アイスバーンでは普通のターンと何が違って何に注意しなくてはいけないのですか

gooドクター

A 回答 (5件)

一概にはいえませんし、その人その人によって感覚が違うので何ともいえませんが、参考意見と言うことで…



私も以前アイスバーンが苦手でした。当時のことを(といっても10年以上前ですが)振り返ると
こけたらめちゃめちゃ痛かった→腰が引ける(後傾ですね)→スピードオーバー→エッジをたてて何とかがんばる→エッジ効かない→さらに腰が引ける…
こんな感じだったと思います。現在は、アイスバーンにのってエッジが効かなくても、スキーがずれても、そのまま板の真上にのってやり過ごしていると思います。つまり、私の場合はポジションがよくなったので、多少板がばたついても状況のよいところまで我慢ができるようになったため立て直すことができるようになったのだと考えています。もしも、この感覚であっているなら、必要なのはポジションの確認です。いろんな方法がありますから、自分に合う方法を探してみてください。
アイスバーン上でターンをする必要がある場合(ポールトレーニングなど)では仕方がないので、いつもより丁寧にエッジングをしますが、それは通常ではないトレーニング場面でのことです。今でもこれはへたくそだと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます
全く言われるとおりなんです 全く同じ感覚. 後傾になってテールを流そうとするので山側を向いてしまい 両足がばたついて足を開いて転倒 いつもこんな感じなんです. 言われたとおりの感覚を身に着けるよう頑張りたいと思います

お礼日時:2009/01/05 20:05

1.スキーのエッジに乗るのではなく、センター部分のソール全体にしっかり体重をかけるイメージにして下さい。

そうすれば自然と山側を向かなくなります。横滑りで滑ってみてポジションを確認してみて下さい。しっかりセンターに乗れていることもアイスバーンでは大事です。

2.車の雪道運転と同じで中級レベルの人は特にゆっくり長くエッジングしてみて下さい。(ソールでエッジングする位の気持ちで)急な操作はしてはいけません。スピードもコントロール出来ますので段々にアイスバーンも怖くなくなってくると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
なんとなく判ったような気がします 次回心がけて試してみようと思います

お礼日時:2009/01/04 23:21

アイスバーンではエッジを逆にソフトに踏む必要があります


思い切って踏み込んだらズレまくる可能性もありますし、また逆に全然踏めないのは暴走につながります

こればかりは経験するしかないと思います
ここ数日のスキー場は温暖化のためか、アイスバーンや湿雪が多いので
ソフトエッジが必要です

またエッジはやはり丸いと効きません
しっかりチューンナップするかエッジシャープナーで研ぎましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 今シーズン試してみたいと思います

お礼日時:2009/01/16 14:40

20年ほど昔のことですが、海和俊宏氏(日本初のW杯第1シード選手)の講演会を聞きに行ったコトがあるのですが、講演後の質疑応答コーナーで「アイスバーンではどのように滑ったら良いのか」という質問に対し、海和氏のお答えは「コレと言った方法はないが・・・」という前置きがありましたが、一例として


  「足の親指の付け根あたりで踏み込むようにするのも手です」
みたいな話しがありました。
私は、それ以降、アイスバーンなどのコントロールが難しい斜面では足の親指の付け根あたりに意識を持っていくようにしていますが、以前よりスキーの操作が楽になったような気がしています(後傾姿勢にもなりにくいか と)。

あと、エッジのダリングやビベリングなどの調整でも、ある程度は解消できる可能性がありますが、個人差があるので一概にはお勧めできませんね(私は、ビベリングがフィットしましたが、全く合わなかったと言う人もいましたので)。

参考にはならないかもしれませんが、私の経験と言うことで・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり後傾が原因なんですかね それとスキーのヘッドが山側を向いてしまうのもそれが原因なんですかね
アドバイスありがとうございます

お礼日時:2009/01/04 23:19

スキー板のエッジが鋭くないと、難しさがあがる、というのがあります。


ただ、大体の場合、それ以前に真ん中に乗れていないケースが多いです。 両足がばたつくというのは、スキーが勝手に震えるというか、そういう状態ですよね? その場合、前か後、どちらかは見てみないとわかりませんが、体重が偏ってると思います。

簡単な斜面では、多少ずれててもばたつかないので、ちょうどいい機会と思い、ゆっくりめのスピードで調整してはどうでしょうか?

この回答への補足

ああ そうですね アイスバーンだと怖くて後傾になっているのかもしれませんね

補足日時:2009/01/04 12:23
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング