親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

不注意で、100Vで2回感電したのですが、2回ともススのような黒い小さな点が2つ並んで指先に付いていました。
(こんな感じです→ ● ●)

・機器にプラグを差し込んだ瞬間
・誤って別のプラグを抜いて作業していて(通電している)電気コードを鋏で切った瞬間

これは、どうしてなのか?
なぜ、「並んで2つか」ということが最大の疑問点です。
また、同様の事例の画像がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

 どちらの場合も、いわゆる感電ではない、つまり体内を電流が通過したのではないと思います。


 通電している電気コードを鋏で切った場合には、
電源を鋏という導体でショートさせたのですから
瞬間的に流れた大きな電流によって鋏とコードとの接触部が高温になり
融けた金属がバチッと火花になって飛び散ったことでしょう。
 その飛び散った金属が酸化物となって指先についたものがススのような黒い点だと思われます。
 機器にプラグを差し込んだ瞬間にも火花が飛びませんでしたか?
 その黒い点がふたつ並んでいたのは偶然かもしれませんし、
あるいは、どちらの場合も極めて接近した二箇所で火花が飛んだでしょうから、そのためかもしれませんね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

最初の体験が何十年前のことですから、
黒い点が悪魔のしるしみたいな印象だったのでしょうね。

感電ではなくショートの火花で起きたことなんでしょうね。
プラグの場合は1~2cmの距離
鋏の場合は5cmの距離に指があったという違いがなのかもしれません。

お礼日時:2009/01/10 18:01

電流熱で火傷をしたのです


電気回路には行きと帰りがあるので入り口と出口?
二箇所で電源に触れないと感電はしません
電源に接触した部分で火花が発生しその部分が火傷をしたのです
ひどいときは電流の経路になった細胞が壊死してそこが腐ります

この回答への補足

早速、ご回答ありがとうございます。

*プラグを差し込んだ瞬間というのは、
確かにビッと突き刺すような痛みがあり、ススを拭った後も少し赤くヒリッとしていたような記憶です。

ほんとに質問に書いたように狭い間隔の(もう少し小さめですが)はっきりとした黒点です。
皮膚の表面を縫うように入って出たということでしょうか?
これは何十年も前のことで、
その2つの黒点が奇妙だったので鮮明に印象に残っています。

*鋏で切ったのは最近です。
グリップのプラスチック部分に触れていただけで、
火花は飛びましたが痛みも感じませんでした。
先のものより少し薄め大きめの2つの黒点でした。
刃が溶けていたので、ススだけが偶然2つ付着したのであって
実際には感電してはいなかったということでしょうか?

補足日時:2009/01/10 15:41
    • good
    • 0

片方からはいって片方から出た・・・その時のやけどの跡ではないかしら?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

最新の回答順にしていたので後になってしまいました。
私も同様に考えてみてはいたのですが、なかなか納得がいかず質問しました。
一緒にもうすこしご覧になっていて下さい。
遣り取りしている間に自分でも納得できるのではないかと思います。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/10 15:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感電しました

先日、400V回路で感電しました。
しばらくして左手に物を掴むと痛みが出るようになりました。
軽く掴む分には大丈夫なのですが、強く掴む感じですと痛みがあります。
原因としては何があるのでしょうか。
病院に行くのが早いのですが、なかなか時間が取れず行けない状態です。
分かりづらい文章ではありますが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

甘く考えずに、病院できちんと見てもらった方が良いですよ。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00268/contents/040.htm
>電気による火傷は、他の火傷と異なり、治りにくい。
>それは障害が生体の深部にまで達するためで、壊死組織の脱落や肉芽の発生、表皮形成の遅いのが特徴である。
>また,四肢の損傷の際は治療経過中に、動脈、静脈から大量の出血をみることがあるといわれている。

皮膚の表面上は針で突いたような小さな痕でしかないけれど、そこから電流が流れた経路にそって深く火傷になっているとか。
火傷したところを無理に動かしたら痛い。というのは当然として
火傷で壊死した組織は脆くなっているので、無理に動かしたりすると体の内部で壊死部分が裂けてしまうとか、
死んだ組織なので細菌感染には弱く、感染すると腐るといった、感染症の心配もあるようです。

「ぱっと見、大した事はなさそう」に見えてしまうため、病院に行くのが遅れがちというのも
ありがちなバターンの様です。
取り越し苦労の可能性もありますが、一度きちんと病院で見てもらった方が良いと思いますよ。
http://okwave.jp/qa3751445.html

甘く考えずに、病院できちんと見てもらった方が良いですよ。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00268/contents/040.htm
>電気による火傷は、他の火傷と異なり、治りにくい。
>それは障害が生体の深部にまで達するためで、壊死組織の脱落や肉芽の発生、表皮形成の遅いのが特徴である。
>また,四肢の損傷の際は治療経過中に、動脈、静脈から大量の出血をみることがあるといわれている。

皮膚の表面上は針で突いたような小さな痕でしかないけれど、そこから電流が流れた経路にそって深く火傷にな...続きを読む

Q100Vと200Vでの感電した場合の危険度についての質問です。

100Vと200Vでの感電した場合の危険度についての質問です。
調べると200Vの方が危険なことは分かりました。
感電の危険度の要因に人体を通過する電流の大きさがあることも分かりました。

ここで1つ疑問がわきました。
例えば電化製品を1000Wで作動させた場合、100Vだと10A、200Vだと5Aですよね。
これだと200Vの方が電化製品の中を流れている電流が少ないので、漏電して感電した時に100Vより安全では?とふと思いました。

この矛盾点について説明できる方がおられたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

あと、補足すると、定格出力Wは関係無いですよ。
漏電した場合、高い方の
電圧200V→人体→地面(アース、0V)
もしくは地面に繋がっているもの、
例えば金属の水道管、アース線など。
という経路で電流が流れて
感電するので、
電化製品の抵抗値より
人体の抵抗値が低いことが前提です。

絶縁スーツでも着た場合は、漏電が起きる箇所に触っても
漏電しません。
身体を通る電流が多い方が危険。
→電圧が高いと、身体を通る電流が多くなる
→結果的に電圧が高いと危険

電化製品の中の電流値は関係ないというか、
漏電する状況では
抵抗値が小さいため
200V側→身体→アース側
を通って電流が流れるので
比較的抵抗値が高い電化製品内は
電流はほとんど流れなくなります。


人気Q&Aランキング