電荷密度の単位って(C/V)だとずっと思っていたんですが、最近(electron/V)って表記されているものをみつけたんですが、これって電子密度ではないでしょうか?
口頭でしゃべるときは「電荷密度(electron/V)」とかいてあっても電子密度と言っていた方がいるんですが、それは単純な表記ミスってことでしょうか?

ちょっと分かりにくい質問かもしれませんが、要するに電荷密度と電子密度の単位表記が一定でないのはなぜなのか?ということなんです。


どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

#2です。


解りました。
#1さんもいってる通り単位の取り方の問題で・・・

 MKSA系は微視的な事象を扱うには適さない面があります。
 電子数個の分布を表すのにCを使うと10^(-19)オーダーになってしまいますね。だから電子の数個を扱うため、基準に「電子の個数」を取ったのでしょう。それなら許されると思います。
 この場合、口頭なら「電子の電荷を単位として」と断るとか、図表とかに使うのだったらその図表の欄外に1electron/m^3=1.6×10^(-19)C/m^3とか書いておけば文句は無いでしょう。発表者が「電子の個数で・・・」とか言ってませんでしたか?

この回答への補足

>>MKSA系は微視的な事象を扱うには適さない面があります。電子数個の分布を表すのにCを使うと10^(-19)オーダーになってしまいますね。だから電子の数個を扱うため、基準に「電子の個数」を取ったのでしょう。それなら許されると思います。
たしかに第一原理計算に関することだったので、微視的なものでした。


>>発表者が「電子の個数で・・・」とか言ってませんでしたか?
確かにそのようなことを最初に言っていた気がします。はっきりとは覚えていませんが、、

補足日時:2009/02/16 23:09
    • good
    • 0

記号と単位とに混同が有るようですが・・・


>>『電荷密度』の『単位』って『(C/V)』だとずっと思っていたんですが・・・
この3個の『  』の使い方が解りません。

『単位』が正しいとすれば
  [C/V]=[クーロン/ボルト]
で、これはコンデンサなどの「静電容量」を表し『電荷密度・電子密度』の単位では有りません。

「電荷密度・電子密度」「C/V」が正しいなら、これはCとVは「単位」ではなく物理量を表すための『記号』です。
C=電気量を表す記号で、『単位』が[C](クーロン)
V=体積を表す記号で、単位が(CにあわせてMKSA単位系では)[m^3]
と考えないと・・・だから、
 『電荷密度<を求める計算式>って(C/V)』
となっていれば解るのですが・・・

 単位系の違いでは、原子の世界を扱うのに都合のよいcgs単位系というのが有ったのですが、今は国際的に統一してMKSA単位系SI単位系を用いることになってます。電気量の単位は[C]、長さは[m]なので、体積なら[m^3]です。
 だから電子密度・電荷密度ともに[C/m^3]を使うのが本当でしょうが、微視的な世界では表現に困るので、「1個の電子がどのような存在確率の分布を持つか」というときに、『電子数』という意味でelectronを使ってもいいかもしれません。しかし慣例の範囲で考えても、体積の単位を[V]と書いてよいという約束はなく、[m^3]と書くべきだと思いますが・・・
何か混乱しているのでは?

この回答への補足

すみません。
かなり混乱した文章を書いてしまいました。

>>しかし慣例の範囲で考えても、体積の単位を[V]と書いてよいという約束はなく、[m^3]と書くべきだと思いますが・・・
[C/V]は[C/m^3]の間違いで、クーロンと体積を表しています。焦っていた者で表記がめちゃくちゃになってしまいました。
[electron/V]のほうも[electron/m^3]です。

補足日時:2009/02/16 20:39
    • good
    • 0

電荷の単位の取り方だけの問題では?素電荷単位にすれば同じですよね。

表し方は分野や業界によって違うので、言っていることの物理的内容に誤りがなければ気にする程の問題ではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
確かにその通りですね。ありがとうございます

お礼日時:2009/02/16 21:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電界Eと電束密度Dの積DEの単位は、電界が(V/m)で電束密度が(C/

電界Eと電束密度Dの積DEの単位は、電界が(V/m)で電束密度が(C/m^2)であるから、(CV/m^3)でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

間違いではありませんが、CV=Jですので、J/m^3とした方が好ましいです。

なぜなら、DEは電場によるエネルギー密度(J/m^3)を与えるからです。

Q電束密度Dと表面電荷密度ρ(C/m^2)の関係はどうなりますか?

電束密度Dと表面電荷密度ρ(C/m^2)の関係はどうなりますか?
また、電束密度Dと体積電荷密度σ(C/m^3)の関係はどうなりますか?

Aベストアンサー

連続して御質問のようですが、「教科書を読め」と言いたい。

Q体積電荷密度から表面電荷密度を求めたいのですが。。

体積電荷密度(クーロン/m3)が分かっていて電荷は均一に分布しています。それから表面電荷密度(クーロン/m2)を計算したいのですがどうすればいいのかわかりません。電荷は均一に分布しているので簡単なような気がするのですがわかりません。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

これは等価な表面電荷密度を求めるということでしょうか?
帯電体の外部に関する限り,全く等価な表面電荷に置き換え
ることができると思います。当然物体の形状に依存すると
思われますが。

最も単純な球体の場合,体積電荷密度ρ,
等価表面電荷密度σ,球の半径aとして,
4/3 πa^3 ρ = 4πa^2 σ
∴ σ = a/3 ρ

Q半導体に印加する電圧(単位V)と電場の強さ(単位V/cm )

こんにちは、
下記につきましてご教示頂きましたら幸甚です。
質問1.
下記参考HPは、半導体のバンドギャップについて説明したものです。

ヒ化ガリウムの場合、電子1個を励起させるエネルギー(バンドギャップエネルギー)は
Eg=1.4eV
です。その際に必要な印加電圧は、電子の1個の電荷はeですので、
V1=1.4eV/1e=1.4(V)
になります。電子がn個ある場合も同様に
V1=(1.4eV×n個)/(1e×n個)=1.4(V)
となります。更に印加する材料の厚さをxcmとしますと
E=1.4/x(V/cm)
となります。
上記で正しいでしょうか?
参考HP
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AE%E...

質問2.
もしこのヒ化ガリウムを、3個直列に並べた場合、(3個並べて電圧が印加できるか否かは不明ですが、印加できるものとします。)必要な印加電圧は、
V2=1. 4×3=4.2V)
であり、印加する材料の厚さを3xcmとしますと
E=1.4/x(V/cm)
となります。
上記で正しいでしょうか?

こんにちは、
下記につきましてご教示頂きましたら幸甚です。
質問1.
下記参考HPは、半導体のバンドギャップについて説明したものです。

ヒ化ガリウムの場合、電子1個を励起させるエネルギー(バンドギャップエネルギー)は
Eg=1.4eV
です。その際に必要な印加電圧は、電子の1個の電荷はeですので、
V1=1.4eV/1e=1.4(V)
になります。電子がn個ある場合も同様に
V1=(1.4eV×n個)/(1e×n個)=1.4(V)
となります。更に印加する材料の厚さをxcmとしますと
E=1.4/x(V/cm)
となります。
上...続きを読む

Aベストアンサー

正しいと思います。
(あくまで概念的な議論として。実際に回路を設計する場合はもっと複雑になります。)

(1) まず、電子を何個励起しようとも、一つ一つの電子に必要なエネルギーは1.4(eV)なので、必要な電位差は1.4(V)です。
(有効数字二桁の議論として正しい。正確に言えば、励起状態の最低エネルギー準位には2個の電子しか入らないので、その次の電子には、バンドギャップより若干大きめのエネルギーを与える必要があります。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要はありません。)

(2) 電子は励起されるだけで電極に流れ込む訳ではないので、電流は生じません。従って、内部抵抗による電圧降下を考える必要もありません。
(今のような概念的な議論においては、絶縁薄膜を介しての電圧印加が前提です。それでも、正確に言えば、励起された電子は正電極側へ、ホールはその反対側へ動くので、それに対応した変位電流が生じます。さらに言えば、絶縁薄膜内部にも電界が生じるで、そこで少し電位差が生じます。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要はありません。)

(3) GaAsをm個並べたとして、電界の定義から、E = 1.4m/mx = 1.4/x (V/cm)です。
(正確に言えば、(2)で述べたように電荷の偏りが生じるので、GaAsの中が完全に一様な電場であるとは言えないでしょう。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要はありません。)

正しいと思います。
(あくまで概念的な議論として。実際に回路を設計する場合はもっと複雑になります。)

(1) まず、電子を何個励起しようとも、一つ一つの電子に必要なエネルギーは1.4(eV)なので、必要な電位差は1.4(V)です。
(有効数字二桁の議論として正しい。正確に言えば、励起状態の最低エネルギー準位には2個の電子しか入らないので、その次の電子には、バンドギャップより若干大きめのエネルギーを与える必要があります。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要...続きを読む

QPWSCFでの電荷密度の単位

PWSCFでの電荷密度の単位

よろしくお願いします。
PWSCFという、固体物質の数値計算を行うソフトで電荷密度分布を計算したのですが
その単位が分からず困っています。
フォートランのソースファイルを眺めてみたのですが、
どこに書いてあるのかが分かりません。
御存じの方がいらっしゃれば教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

密度汎関数法によるバンド計算だと思うのでおそらく
原子単位だと思います。

素電荷e^2 = 1
電荷密度=電子密度

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%8D%B7%E5%AF%86%E5%BA%A6


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報