日本人が英語のshとsを混同してしまう話はよく聞きますが、これに関する新しい論文などを探しています。参考文献として使えるもの。


日本人にとって、本当にsheとseeの発音上の区別をすることは難しいのでしょうか?発音が難しいのではなく、心理的な要素が大きく関わって混乱しているだけではないでしょうか?


従来の音声学では、日本語のshは、母音/i/の前で硬口蓋化する/s/の異音と言われていました。

しかし近年徐々に「スィ」という音節も日本語に定着しつつあります。


例えば、2008年ウィンブルドンテニスの実況の人は、「パッスィング」と言ってました。アナウンサーレベルの人が音節「スィ」を使うほどです。


machineのように「マシーン」というべき所を、若い子たちが、「マスィーン」と言った方がかっこいいとか英語っぽいと思って、誤用することも指摘されています。
(モー娘。や桑田圭祐はちゃんと「ラブマ『シ』ーン」と歌ってるのにw)


このように、日本人が英語のsheとseeを混同するのを、社会言語学的な視点から分析した論文等をご存知の方がいたら、是非教えていただけたらと思います。


「スィ」という音節が日本語でどのくらい定着しているのか、seeをsheと言うのではなく、逆にsheをseeのように発音してしまうのはなぜか、などと今後の課題的に書かれたものはいくつか見ましたが、結論が出ているものを探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>しかし音素レベルでは、日本語のs、shは、英語話者にもs、shと認識されるでしょう。


多分、そうでしょうね。しかし、英語話者には少し訛って聞こえるでしょうね。ただ、日本語の「シー」は英語話者にはsheとseeの中間のように聞こえるはずです。そして、これも気付かない人が多いんですが、
日本人が意識的に「スィー」と発音すると、「イー」という母音が微妙に変わっちゃって seeよりもむしろ ロシア語のсыという音に近くなる人が多いんですよ。つまり、「スィーーーー」と長く伸ばして発音しても口の開きと舌の位置が「イ」よりも「ウ」に近いままなんです。

>heとヒーも音声学的に違うが、同じ音素と認識される範疇ですね。
日本語の「ヒー」はドイツ語のchieやロシア語のхиにかなり近い音です。ですから、ドイツ人の場合はheと「ヒー」は全然違う音素として認識しますから、ドイツ人と英語で話す場合はどうなんでしょうね。

>ロシア語の子音は口蓋化-非口蓋化の対立があると聞ききますが、もしかしてこれがそうでしょうか?(全然違ったらすいません。)
ロシア語の場合は軟子音と硬子音の対立があります。これはロシア語特有かもしれませんが、スペイン語やフランス語をご存知なら nを硬子音とするなら 軟子音はスペイン語のnチルダやフランス語のgnに相当します。これは日本人が byaとかryaとか言った場合、yをキチンと発音するよりも bやrという子音を軟音化させる場合の方が多いはずです。
    • good
    • 0

回答への補足有難うございます。



ご質問者さんが、この道の大先生とは知らずに、えらそうな事を書いて失礼しました。
ご容赦のほどを!

そこで私は、本当はできる発音を練習させられることで、生徒は逆に混乱している、ということを主張したいのです<<<

そのとおりなのです。

ESLの先生の問題は、自分の発音を真似るように強調しますが、殆どの日本人にはヒアリングから発音を習うことは不可能に近いですね(自分も含めて)。日本人の何千人かの一人の割合で発音をヒアリングからマスターできる人(特に女性)がいますが・・

ESLの先生は舌や唇の動きなどを外国人学生に説明する方法を知りません。特に
-er/-or/-ar/-ir/-ur の発音に関しては,口内の舌の動きなどは聞き手にみえないですからね。
私の尊敬する American Accent Trainingの著者である Ann Cook女史でも、-erの発音の説明になるとだめです。

私の推察では北米におけるESLの優れた先生は100人もいない概算してます。

ESLの先生や生徒が必死になっているというギャップは、なかなか面白い、というより非常に困った問題ですね。
<<<
全くそのとおりです。

私にとって、日本人が英語の発音をマスターする近道は、各発音記号の発音を正確な口蓋図つきの図解説明から習うしかないとおもいます。これは最近日本でやっと入手できるようになりました。この方法で英単語の発音だけでもネイティブに近づけます。
例の「耳シリーズ」などリスニングには役に立つかもしれませんが、アメリカ英語の発音に関しては物足りないです。

質問者さんも早く、英語発音に関する本を上梓してください。日本にはアメリカ英語発音に関する優れた教材が少なすぎます。

この回答への補足

私は大先生でもなんでもない、ただの下っ端です。

私こそえらそうなことを書いてすいません!!

本当はできる発音を練習させられて、できるものもできなくなっている点を分かってもらえるだけでも光栄です。なかなか分かってくれる日本人がいないので。

> 殆どの日本人にはヒアリングから発音を習うことは不可能に近いですね(自分も含めて)。

これもそうですよね。こういう意見は本当に頼もしいです。

まず自分ができないし、他の日本人を見ててもやはり全然できてないので、ヒアリングからのアプローチはまずいだろうと思っています。

> 各発音記号の発音を正確な口蓋図つきの図解説明から習うしかないとおもいます。

これができれば理想ですが、指導できる人が限られているという問題が常についてまわりますからね・・・

> 英語発音に関する本を上梓してください。

お互い頑張りましょう!

補足日時:2009/03/01 14:19
    • good
    • 0

これは外国語として英語しか学習したことのない人にとっては意外に見落としがちな点があります。



日本語で「シー」はとsheとは違う音です、むしろseeとsheの中間の音です。実は日本語の「シー」は英語にはない音なのです。他の外国語では 中国語のxiやロシア語のсиが日本語の「シー」にかなり近いです。#2さんは「[sh]の発音は日本語のシャ・シュ・ショの発音に大変近く」と書かていますが、違う音です。

ちなみに heと日本語の「ヒー」も違う音です。知ってました?
hoodとfoodもカナで書くと「フード」ですが、実はそれくらいの違いがあるんです。

この回答への補足

> 日本語で「シー」はとsheとは違う音です

はい、日英の比較をする時は、違う記号を使うべきと言いますしね。エシュと尻尾付c。普段は横着して同じ記号よく使いますけどw

しかし音素レベルでは、日本語のs、shは、英語話者にもs、shと認識されるでしょう。heとヒーも音声学的に違うが、同じ音素と認識される範疇ですね。英語に/hi/以外に、日本語の硬口蓋摩擦に似てる音がないので。


ロシア語は全く知らないのですが、なるほど日本語の「シー」に似てるのですね。
他に英語のshよりさらに舌が後方なような音がありますよね?ロシア語の子音は口蓋化-非口蓋化の対立があると聞ききますが、もしかしてこれがそうでしょうか?(全然違ったらすいません。)

しかし、hoodとfoodは英語では子音も母音も音素レベルで違うので全く違う語だが、日本語ではウ段でのhとf(両唇)の音韻上の区別がないという違いがありますね。
コミュニケーションに支障が出る可能性がある点なので、ここは強調すべきでしょう!

英語母音/U/と/u:/は、日本人に違う音と認識される傾向があるようです。
つまり少なくとも聞き取りに関しては、hoodとfoodも聞き取りが難しいというより、むしろまさにカタカナでどちらも「フード」と書くカタカナ英語の干渉による心理的な要素が大きいのではないでしょうか?

補足日時:2009/03/01 17:59
    • good
    • 0

#1のgalloさんのおっしゃるとおりです。



日本人にとって、本当にsheとseeの発音上の区別をすることは難しいのでしょうか?<<<

いいえ、決して難しいことはありません。 ただ[sh]と[s]の発音の仕方を明確に説明している教材が日本に少ないだけです。だから簡単すぎて論文の対象の課題にならないと思います。

従って、この場をかりて、[sh]と[s]の発音のコツを説明さしていただきます。

[sh]の発音は日本語のシャ・シュ・ショの発音に大変近く、ただしシャ・シュ・ショの発音より舌の前面を少し前に位置さして、硬口蓋との間で摩擦して、日本語より非常に強く発声します。

[s]の発音の仕方は、上下前歯の先をそろえて閉じて、口を少しあけて下前歯の付け根に舌先をつけて[s]を発声します。そして次はそのままの構えで上下の前歯を少し開いてカナのサシスセソを発音すると、日本語の時と少し異なる、静かな無声子音の[s]音がですはずです。

ついでに、[z]の発音は上記の方法で、有声子音化すればこれまた静かなザジズゼゾとなります。

なお日本語のサシスセソの発音は、舌の前面がもっと後ろのシャ・シュ・ショのあたりで発音されているので、[s]音とはまったく異なります。

上記の発音方法で次の文をかりて[sh]と[s]の発音発音の区別が練習できます。

A)She sells seashells on the seashore.
B)She said she should sit.

以上ごさんこうまで。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

実はこの質問をした理由は、ESLに通っている日本人が、学校でsheとseeの発音を練習させられ、日本人はこの区別ができないものだと思い込んでしまっているのを何度も見ているからなんです。

そこで私は、本当はできる発音を練習させられることで、生徒は逆に混乱している、ということを主張したいのです。(もちろん英語と日本語のsとshの音質は同じではありませんが、音素レベルでは同じ範囲内と認識されるという前提で。)


> 決して難しいことはありません。だから簡単すぎて論文の対象の課題にならないと思います。

ここまで言い切っていただくと、非常に頼もしいです。

おそらく音声学が専門の方だと思うのですが、日本の音声学者にとって興味の対象にすらならない区別に、ESLの先生や生徒が必死になっているというギャップは、なかなか面白い、というより非常に困った問題ですね。

補足日時:2009/03/01 07:57
    • good
    • 0

>日本人にとって、本当にsheとseeの発音上の区別をすることは難しいのでしょうか?



もともと日本語では使わない音ですから、
「そういう音が存在すること」を知らなければ区別は難しいでしょう。
英語の音を知れば(sheとseeが違うということを知れば)区別可能です。

>しかし近年徐々に「スィ」という音節も日本語に定着しつつあります。

これは時代ごとの日本語の変化の話であって、
英語の発音を理解できるかどうかとは別のことだと思います。
何でもスィで言えば英語的と思っている人は、英語をあまりよく知らないからだと思いますよ。
アルファベットではなく、片仮名で考えているのでしょう。

私が英単語の綴りのRとLを混同するのは、
日本語にRとLの区別がなくて、つい「ラ」とか「ル」とかいう風に音を考えてしまうからです。
気をつけて発音して覚えないと、raとlaが違うことに慣れない。
耳でRとLを聞き分けるのはsheとseeより困難ですが(sheとseeのほうが自分にとってはずっと簡単)、
文字としての認識も区分けが簡単ではない、と自分では感じています。
脳の慣れの問題だと思っています。

日本人にとっての英語だけでなく、
どの言語にも「外国人にとっては自国語にない音」というのはあります。
音の混同や間違いは、日本人と英語に限った話ではないのではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

> 音の混同や間違いは、日本人と英語に限った話ではないのではないでしょうか。

実は私はこの方面の仕事をしているのですが、全くその通りです。

そしてまさしく、英語のLとRが苦手な原因の一つも、カタカナ英語でこの2つを区別する「習慣が無い」ことがあげられてます。


> 「そういう音が存在すること」を知らなければ区別は難しいでしょう。
英語の音を知れば(sheとseeが違うということを知れば)区別可能です。

やはりそうですよね。知識の問題ですよね。
それを聞いて安心しました。

アメリカ等の留学生用の語学学校(ESL)で、日本人がこの2つを間違えると、先生達は「日本人はこの区別ができない」と思ってしまうようですが、
私は「それは違うのでは?」と主張したいのですが、その裏づけとなる資料や、物理的証拠を探しているのです。

補足日時:2009/03/01 07:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語のアクセント記号をタイプできるものをご存知の方

私は普段、ワードに発音記号をタイプする時は、これを使っています。

http://archive.phonetics.ucla.edu/Language/ipa-pop-up-2.html

しかし、これには日本語のアクセント辞典等で使われている高低アクセントの横棒をつける機能がありません。

日本語を発音記号で表記する時に、アクセントも表記できるソフト等(無料w)をご存知の方がいたら、是非教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その発音記号はIPA(国際音声記号)ですね。日本語のアクセント表記とは別物なのでなくて当然です。

アクセントの横棒というものがどういうものが分からなかったので検索してみたのですが、
http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/04/04_033.html
ここにあるような上線でよいのでしょうか。
でしたら、少々煩雑ですがフィールドコードの編集で可能なようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413444019?fr=rcmd_chie_detail

なお、IPAのアクセント記号を使う手もありますが、日本語の文字列の中にIPAを混ぜるのは不自然ですね。

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか

Q英語アナウンスは、なぜ日本語を発音しにくそう?

日本国内での電車のアナウンスなどで、日本語に続いて英語でのアナウンスが流れます。
その英語のアナウンスにおいて、アナウンサーが日本人であるにもかかわらず、駅名などの日本語を発音しにくそうに発音するのは、なぜなのでしょうか?

アナウンサーが英語のネイティブ、あるいは日本語を話さない人であれば、「流山おおたかの森」のような長い駅名を発音するには、(文字ではうまく表現できませんが)『外人のアクセントでの読みづらそうな読み方』にならざるを得ませんが、
日本人がアナウンスするのであれば、「We will soon arrive at 流山おおたかの森.」と流暢に発音すれば良いと思うのです。
しかし何故か、「We will soon arrive at NAGAREYAMA-OOTAKANOMORI.」と、外人風のアクセントでアナウンスされるのが不思議です。

もしかして英語圏の人たちは、日本語風に「流山おおたかの森」と言われるよりも、英語風に「NAGSREYAMA-OOTAKANOMORI」と言われた方が聞き取りやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

私も昔、英語の先生にそれを言われたことがあります。
「固有名詞なのだから日本の発音でいいんです」と。

英語圏の人が聞き取りやすいかどうかは分からないんですが、
発音はしやすいでしょうね。
日本語はアクセントがないですし、
英語圏の人はアクセントがどこかに無いと気持ち悪いのではないでしょうか。

もっとも、私はそれを含めても、
「ここは日本なんやから日本語で喋らんかい!その努力をせんかい!」
と声を大にして言いたい(笑)。
だって私たちがアメリカに行ったらRの発音にも気をつけるでしょ?


いやぁでも、
外国人にとって聞き取りやすいのかどうかは一度聞いてみたいですね。

Q英語の歌詞で気になるフレーズがありました。 歌詞で She don't see the light

英語の歌詞で気になるフレーズがありました。

歌詞で

She don't see the light that's shining,という英語があるのですが、
習った文法だと、She doesn't が正しくないですか?
ネイティヴの英語はわからないので、
こうなった意味がわかる方、教えてください。
ちなみに、曲は、Alessia caraさんのscars to your beautiful です。

Aベストアンサー

口語表現のようです。文法的に正しくはないですが、その方が語感がいいということでesをつけないのでしょう。
日本でいえば、ら抜き言葉のように、その方が言いやすいから若者が使うようになり、年配の方から、乱れた日本語と顔をしかめられるというのと似ていると思います。

Q日本語の複合語のアクセントについて

私は言語学の初心者です。
「日本語の複合語のアクセント」について、知りたいと思っているのですが、調べるにあたってのアドバイスをいただけたらと思います。

重要文献や論文なども、教えていただけると幸いです。

また、日本語の単語、複合語の発音やアクセント等がまとまった形でみられるホームページや文献なども、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

おはようございます。

これは先日の私の回答になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5264455.html

上記には、国語辞典での高低アクセントの見分け方や辞典類、サイトなどが少し載っています。一度ご覧になってください。


複合語のアクセント
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/accent/fukugoo.html
共通語のアクセント体系
http://www.geocities.jp/immanuel_wa/hoby/osakaben/commonaccent.htm
標準語のアクセント(2)
http://www.ne.jp/asahi/zamma/hideki/Accent(2)09.pdf
日本語アクセントの表記に関する考察
――三線式表記法――
http://libwww.gijodai.ac.jp/newhomepage/kiyo2003/05-2003.pdf
複合名詞に見る日本語アクセントの統語機能 ― 東京語と厦門語の比較研究
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/~molihua/study/qinghua070815.pdf
複合名詞に対する複合語アクセント規則
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003298165/
日本語アクセントと挿入母音-アクセント規則に歴史が見えるか-
http://www3.aa.tufs.ac.jp/~p_phonol/TEXTS/99-1/kubozo99.html
複合語と派生語のアクセント規則
http://price6.tulips.tsukuba.ac.jp/vufind/Record/2115_25511/Details

書籍
リズム・アクセントの「ゆれ」と音韻・形態構造
http://www.bookmailclub.com/bmc/reader/search/?.command=detail&book_id=4069
日本語アクセント論集 第3版
http://books.livedoor.com/item/559764

おはようございます。

これは先日の私の回答になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5264455.html

上記には、国語辞典での高低アクセントの見分け方や辞典類、サイトなどが少し載っています。一度ご覧になってください。


複合語のアクセント
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/accent/fukugoo.html
共通語のアクセント体系
http://www.geocities.jp/immanuel_wa/hoby/osakaben/commonaccent.htm
標準語のアクセント(2)
http://www.ne.jp/asahi/zamma/hideki/Accent(2)09.pdf
日本語アク...続きを読む

Q日本語の語尾の「です」は英語の「death」に発音が近いので英語圏の人には不快感がありますか?

ふと思ったのですが、

韓国語の「ムニダ」は、我々日本人が聞いてもとても目立つ語尾です。
同じように、日本語の語尾の「です」も目立つように思った訳です。

もっと言うと、「です」は英語の「death」に発音が微妙に近いので、英語圏の人は不快な気持ちを感じる人もいるのでしょうか?

今までそんなことは私は聞いたこともありませんが、日本に来る外国人は醤油の匂いがすると言う人もいます。
殆どの人は国の匂いのことは露骨には言いませんが、たぶんそうだろうと思います。
我々日本人は慣れ切っているので気になりませんが。

そんなことで、「です」も嫌な気分を感じる英語を母国語にしている人も少なからずいるのでは?と思った訳です。

どうなんでしょう?

Aベストアンサー

良いご回答はもうたくさんありますが、この場合には外国人の意見も便利じゃないかなと思って、書いてみました。
オーストラリア出身です。日本語がまだまだですが、よろしくお願いします。

先ず、嫌な気分をちっとも感じません。他のご回答通り、発音は本当に全然似ていないし、ですと言うとdeathを連想したことがありません。聞いたこともありません。
ですから、ご安心ください。
なんでかというと、2つの原因があると思います。一つ目は、違った言語を混ぜないということです。はっきり説明できる気がしないので、申し訳ないが、適当に答えます。日本語で話す時は、英語はもう使っていません。だから、「です」と聞いても、英語のことについて考えてないので、「What? Did he say "death"?」などと思いません。それに、「です」は元々言葉として目立たないから、大抵無視しますw 「っす」なども聞きますし。(습니다, 웁니다)
2つ目は、(よくわかりませんが、、)英語圏の人は日本人ほど、死(亡)と関する言葉とかを気にしないことです。まだ事実かどうかわかりませんが、子供の時に空手を習っていて、いち、に、さん、しと言って数えたが、日本語を勉強し始めた時に、「し」と言わない方がいいと言われていました。どうしてかというと、「し」というと、日本人は四より死の方を思ってしまうからです。英語に比べたら、本当に細かいことに見えます。

(ご注意)
例えば:
If I'm late getting home my Mum (Mom) is going to kill me!
帰るのが遅くなったら、母に怒られるよ!
事実の意味: 帰るのが遅くなったら、母に殺されてしまう!

I just had P.E.! I'm half dead.
体育あったの。もうしんどいわー
事実: 体育あったの。死んでいるみたい。

Shelley rejected me. I want to go and die in a hole.
シェリーにふられたんだ。恥ずかしすぎるよー
事実: シェリーにふられたんだ。溝に言って死んじゃいたいぐらいに恥ずかしい。

普段のことも:
My phone is dead.
電話の電池がなくなった
実: 電話が死んでいる
Dead battery
電池切れ
実: 死んだ電池

死だけでなく生殖器に関する言葉も多くて、実は外国人を不快な思いをさせるのが難しいと思っていますよw

醤油の匂いのことだったら、私は役に立たないかもしれません。日本に行ったことがありませんから シクシク
しかし、日本人を3人ホストしたことがあります♪(2週間、2ヶ月、10ヶ月)
別に近付いてクンクンと嗅がなかったけれども、醤油の匂いがしませんでしたよ。普通の匂いがしました^^
その上、日本に行った人に醤油の匂いがすると聞いたことがありません。

醤油の匂いでもですのことでも、安心してもいいと思います。外国人に嫌な気分を感じせても、早く許すタイプだからきっと大丈夫です!
役に立てたかどうか分かりませんが、私はこう思っています!

良いご回答はもうたくさんありますが、この場合には外国人の意見も便利じゃないかなと思って、書いてみました。
オーストラリア出身です。日本語がまだまだですが、よろしくお願いします。

先ず、嫌な気分をちっとも感じません。他のご回答通り、発音は本当に全然似ていないし、ですと言うとdeathを連想したことがありません。聞いたこともありません。
ですから、ご安心ください。
なんでかというと、2つの原因があると思います。一つ目は、違った言語を混ぜないということです。はっきり説明できる気がし...続きを読む

Q日本語のら行の発音

私は田舎者で、アクセントも東京型も関西型も入り混じっているありさまです。
 で英語のrは舌を硬口蓋につけませんね。日本語のら行の発音ですが、私は舌を硬口蓋にくっつけて、一種破裂音のような発音をしています。
 日本語の標準としては、摩擦音のら行が正しいのか、私と同じ破裂音のら行が正しいのか、どちらなのでしょう。
 日本語教師や国語音声学を勉強した方が答えて下さったら、長年のもやもやが晴れて有り難いのですが。
 なお私は英語教師です。

Aベストアンサー

aki02です。
「弾音」についてはHTMLの資料からの引用説明ですので、
前回回答した記述以外には分かりやすい説明は記載されていないようです。ただ、経験的には普段発音している音なので、理屈は大体分かります。舌を一回弾くと説明しましたが、もしこれを連続して早く弾いて発音すると、いわゆる「巻き舌」となります。どちらの場合も舌先に息を当てると同時に震わせて発音します。このとき、歯茎の後ろ辺りに舌先が一瞬かすかに当たるような感覚があります。それでも「だ行」のようには密着させません。
お近くに正しい発音の出来る方がいらっしゃったら、舌の動きを観察させてもらうと良いかもしれません。その時、「ららららららら、りりりりりりり、・・・・・」というように連続して発音してもらうと、より分かり易いと思います。
英語のリエゾンについてですが、母音と母音に挟まれた子音のtまたはdを破裂音ではなく舌を弾いて日本語のら行のように発音する事です。
例として、"Catch you later."(じゃあね)→「キャッチュレイらァ」 "What are you waiting for?"(何ぐずぐずしてんの)→「ワるユウェイりンフォァ」"a lot of people"(たくさんの人)→「アラらピィポ」
日本語でら、る、り、らと表記している箇所がリエゾンです。
日常会話で普通の速さで話す時によく用いられます。
以上、ご参考になれば幸いです。

aki02です。
「弾音」についてはHTMLの資料からの引用説明ですので、
前回回答した記述以外には分かりやすい説明は記載されていないようです。ただ、経験的には普段発音している音なので、理屈は大体分かります。舌を一回弾くと説明しましたが、もしこれを連続して早く弾いて発音すると、いわゆる「巻き舌」となります。どちらの場合も舌先に息を当てると同時に震わせて発音します。このとき、歯茎の後ろ辺りに舌先が一瞬かすかに当たるような感覚があります。それでも「だ行」のようには密着させません。
お近...続きを読む

Q【英語の発音について】 iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしている

【英語の発音について】
iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしているのですが、Siriがbatteryと認識してしまいます。

badlyがbatteryではなく正確にbadlyと認識できるようなコツがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

badly
dとtの発音は舌の動きは同じなので、確り濁ること、

Lの発音も上前歯の裏に舌を当てて発音する事ではないでしょうか。

dの発音の直後のLは舌が後ろに行きやすくしたで音を反響させてしまうとrと認識されてしまいやすくなるでしょう。

dとLの発音を意識してみましょう。

Q日本語のアクセントについて

日本語と英語などとは違って、アクセントは動詞と形容詞などの活用変化に伴って、アクセントが元のと違ってくる。それに、そういうアクセントの変化は非常に複雑で、とても一言では説明できないでしょう。
外国人として、日本語の発音を見事に捕らえられるように、私はいつもその中の規則を探しています。今迄、法則的だと考えられるものを大分見つけ出しましたが、いまひとつでしょうね。
ここで聞きたいことは、日本人はどうやってこんな難しい発音を正確に喋られるようになったか、もしかして幼い頃に学校で勉強でもしたのかと、それとも、単に「慣れた」だけなのかと、私は考えました。もし、単に「慣れた」だけだというんなら、外国人としては、どうしたらいいでしょうか?これについての書籍はないでしょうか?
どうか、教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

英語のアクセントは強弱式のアクセントですが、
日本語のアクセントは高低式のアクセントです。
音の強弱ではなく、音の高低の違いがあるだけです。

1.平板型 … 第1音が低く、2音目から最後まで高い型
  1音節の語:L
  2音節の語:LH
  3音節の語:LHH
  4音節の語:LHHH
  5音節の語:LHHHH

2.頭高型 … 第1音が高く、2音目から最後まで低い型
  1音節の語:H
  2音節の語:HL
  3音節の語:HLL
  4音節の語:HLLL
  5音節の語:HLLLL

3.中高型 … 第1音が低く、2音目から途中までが高い型
  3音節の語:LHL
  4音節の語:LHLL、LHHL
  5音節の語:LHLLL、LHHLL、LHHHL

これに加えて、後続の助詞や助動詞の高低のバリエーションがあります。
 ・最後の音より高く続く型
 ・最後の音より低く続く型
 ・最後の音と同じ高さで続く型

全ての語は基本的にこれらの型のどれかに当てはまります。
個々の語がどの型かは、個別に覚えるしかありません。
型が不明な場合は、平板型で発音すればだいたい通じます。

ちょっと面倒なのは、同じ語で複数の型がある場合です。ひとつは時代の変化によって型が変わったもので、世代によって使う型が違うことがあります。
また、特定の集団内で使われる専門用語や使用頻度の高い語は、アクセントが平板化する傾向があります。通常のアクセントの場合と微妙にニュアンスが違う(意味が限定される)場合があります。

日本語のアクセントだけを示した辞典もあります。
『日本語発音アクセント辞典』(NHK放送文化研究所)
http://www.nhk.or.jp/bunken/book/book_data/bookdata_98040101.html
『新明解 日本語アクセント辞典』(三省堂)
http://www.books-sanseido.co.jp/reserve/zaikoDetail.do?pageNo=1&action=%8D%DD%8C%C9&isbn=438513670X

また、地域によってアクセントに大きな違いがあります。
テレビ放送の共通語は東日本各地で行われている「東京式アクセント」です。
京都・大阪から西日本各地で行われている「京阪式アクセント」も大きな勢力です。
北関東から南東北、九州の一部には、アクセントの型が一定しない「無アクセント」の地域があります。「崩壊アクセント」とも言います。

これらの特性を知った上で、あとは耳で覚えることです。

英語の綴りと発音の対応を覚えることに比べれば、かなり簡単だと思います。

英語のアクセントは強弱式のアクセントですが、
日本語のアクセントは高低式のアクセントです。
音の強弱ではなく、音の高低の違いがあるだけです。

1.平板型 … 第1音が低く、2音目から最後まで高い型
  1音節の語:L
  2音節の語:LH
  3音節の語:LHH
  4音節の語:LHHH
  5音節の語:LHHHH

2.頭高型 … 第1音が高く、2音目から最後まで低い型
  1音節の語:H
  2音節の語:HL
  3音節の語:HLL
  4音節の語:HLLL
  5音...続きを読む

Q【英語の発音とリスニングについて質問です】 英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない人(器質性構音障害)や幼少期に身に付けた誤った発音が治らない人(機能性構音障害)等のことです。

なので、発音できなくても正確に聞き取ることが可能だということが証明されています。

もし「発音できない音は聞き取ることができない」が本当であれば、先天的な器質性構音障害を持った日本人の方が日本語を正確に聞き取っているという事実が説明できません。

「発音できない音は聞き取ることができない」のではなく「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」というのが正しいと感じています。
これだと構音障害を持っている方々の状態にも当てはまりますよね。

なので、「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々には「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」と考え方を改めてほしいと思っています。

発音の仕方さえ分かれば聞き取ることが可能だと思っています。
リスニングができないという人は、発音が正しくできなくても発音の仕方さえ知っていれば、勉強(静聴など)を続ければいずれ正確に聞き取ることができるのではないかと思っています。

(もしかしたら発音の仕方すら知らなくても正確に聞き取ることが可能なのではないかとも思っていますがこれは特に根拠はありません。
大した根拠はありませんが、先天的な器質性構音障害を持っている方々に聞いたところ、過去に日本語の発音の仕方を学んだという人が僕の周りには一人もいないからです。)

ただ、この僕の考え方も間違っているかもしれません。

前置きが長くなりましたが
英語を習得するにあたり「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々に聞きたいのですが
上記の僕の考えを見ていただいた上で、それでも「発音できない音は聞き取ることができない」と言い切れる人はその理由を教えていただきたいです。
僕の考えが間違っているのなら、やはり僕も考え方を改めたいので。

宜しくお願いします。

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。
2.自分の発音で聞き取る練習ができない。
3.ますます聞き取れない。
という悪循環に陥ります。

これをやや大げさに言うと、「発音できない音は聞き取ることができない」ということになるのです。

たとえ障害があったとしても、やはり幼児から聞いている母語は違いますよ。
ちなみに、聴覚障害の場合は、やはり正しく発音するのは不可能とは言わないが、非常に難しいと言わざるを得ない。
聞き取れないので、正しい発音ができないわけです。


> 「英語習得に才能は関係ない」

これはまあ、障害がないのが前提ですね。
「コツさえつかめば、速く走れるよ」というのは、真実だとは思いますが、まさか乙武さんにそうは言わないでしょう。

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。...続きを読む


人気Q&Aランキング