すみません、他カテゴリで、以前にも同じ質問をしているのですが、よろしくお願いします。
「マイム・マイム」の歌詞なのですが、原曲も志村建世の日本語訳詞も「マイム・ベサソン」となっていますが、 「レッセッセ」「エッサッサ」「ベッカンコ」などなど、覚え違いをしている人が結構いるようです。
私は「レッセッセ」と覚えていたのですが、前回の質問で、「サラスポンダとの混同ではないか」とご指摘がありました。
それにしては、ネット検索をしても「ベサソン」以外で覚えている人がかなりいるようです。
実際の教育現場では、「マイムマイム」を歌うとき、何を歌本として歌っているのでしょう?
私の記憶の片隅には、志村建世の訳詞ではない「なんだか、ふしぎな、気持ちが、するんだー」という歌いだしの歌詞があるんですが・・・

A 回答 (4件)

マイムマイムは、フォークダンスとしてやっているので、


特に歌本を使って歌ったことはありません。
でも「マイム マイム マイム マイム  マイム ベサソン」という部分だけは、歌いながら踊ることが多いですね。
フォークダンスのCDについていた踊り方の本に、「マイム・ベサソン」と載っていたのを知っているので、私はそのように歌いますが、いろいろな歌い方をする人が確かにいますね。

「なんだか、ふしぎな、・・・」は私もどこかで聞いたような気がします。
どこでしょう。TVのCMかな?幼児番組かな?よくわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やっぱりフォークダンスの掛け声で、覚える人が多いんでしょうね。
先生が「マイム・ベサソンだぞー」といったところで、ふざけながら「ベッカンコー」とか、「エッサッサー」とか騒ぐ子供の姿が目に浮かびます。
そのまんま、覚え違いしちゃうんでしょうね。
しかし、「なんだか」歌詞を覚えている人がいるのは、心強い情報!
他にも覚えている人、いないかなー。
すみませんが、しばらく開けさせて置いてください。

お礼日時:2001/03/09 20:21

ヘブライ語でマイムとは”水”のことをさします。


ベッサンソンはわすれてしまいましたが、
全体的に、泉から湧き出てくる水の情景を歌っている歌だそうです。(水を称える歌ということでしょうか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、No1の「補足」でも書いたのですが、質問の文章がわかりにくかったようです。回答をいただいたのにごめんなさい。

もし、よろしければ、shikimaさんが、なんとならったか教えていただけますか?
原文どおりの「ウ・シャヴ・テム・マー・イム・・・」か志村建世訳詞の「砂漠の真ん中・・・」がとりあえず、正式な歌詞のようなのですが・・・。

えーと、補足要求となっていますが、なにを補足したらいいでしょう(^^ゞ

お礼日時:2001/08/14 02:36

「前!前!前!前!、前をけっとばせ!」(当然二列目以降は全力突進!)


歌詞が不明確であるからこそ生まれる迷言(学校ごとの文化)が楽しいですよね。

教育の現場では正しい歌詞をカタカナで教わったと思いますが、
今覚えているのはこれだけです(^^;;
それにまかせればいいのでは?

この回答への補足

>「前!前!前!前!、前をけっとばせ!」(当然二列目以降は全力突進!)
歌詞が不明確であるからこそ生まれる迷言(学校ごとの文化)が楽しいですよね。

そうですね~。ついでなんで、「私の学校では、こう歌っていた!」というのもどんどん、書き込んでください。(^^)

>教育の現場では正しい歌詞をカタカナで教わったと思いますが、
今覚えているのはこれだけです(^^;;
それにまかせればいいのでは?

う~ん、やっぱり、気になるんで、「歌詞カードではこうだった!」というのも引き続き情報希望!

補足日時:2001/03/15 15:23
    • good
    • 0

某TV番組でやっていましたが、イスラエル語だそうですね。


誰もイスラエル語を知らないから、いいかげんに覚えても、それを聞いていいかげんに覚えても、間違っていることに気がつかないのですよ。ちゃんとした歌詞をみながら覚えている人いるんでしょうか?
日本語だって、いいかげんに覚えている歌詞は多いですが、何かの時に誤りに気づくものです。(私は宇多田ヒカルの「オートマチック」の出だしを、「あったかいメロデイ」だと思っていました。)

この回答への補足

まず、先日、OKWEBのシステムがリニューアルされているので、
私の以前の質問が探しにくいと思います。URLをこちらに貼っておきます。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=47347
nozomi500さんの御覧の番組も、同じ番組かもしれないですね。

すみません、私の質問の仕方が悪かったようです。
確かに、私個人の場合は、「サラスポンダ」との覚え違いだと思うんです。
覚え違いをしている人は、間違っている事には、なかなか気付かないでしょうね。
それは、わかります。

>ちゃんとした歌詞をみながら覚えている人いるんでしょうか?
ここ、わかりにくかったんですが、「ちゃんとした歌詞を見ていて、それを正しく覚えている人がいるのか」→「いや、ちゃんとした歌詞はない(イスラエル語しかない)、覚えている人もない」でしょうか???
3万人の会員を誇るこのサイトの誰も覚えていない??
♯まあ、そのうち、この質問を見る人なんて微々たるものでしょうが。
♯知っている人がいるかもしれないという希望で質問するわけですから、
♯そんなことをいいだしたら、このサイトって、何のためのものなんでしょうねってことになっちゃいません?

更にいうと、志村建世の訳詞は、本の中だけで、実際は歌われてないってことなんでしょうか?

(ちなみに、この問題を調べてるうちに、イスラエル語バージョンの歌い方を見つけました。→http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=14219
この歌い方で、教えている学校は、まず無いでしょうが(^^))

補足日時:2001/03/09 20:15
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の単語を覚える時 品詞は覚えるべきですか? 自動詞か他動詞も覚えるべきですか? 意味だけ覚え

英語の単語を覚える時
品詞は覚えるべきですか?

自動詞か他動詞も覚えるべきですか?

意味だけ覚えてもダメですか?

教えてください!!

全部覚えたほうがいいんですけど
そんな余裕がなくて

Aベストアンサー

#1様のおっしゃるとおりなのですが、

品詞は、普通は、言葉の意味とともに覚えますが、どちらかというと、語順や単語のチャンク(まとまり)の中で覚えるものだと思います。

単語帳によっては、コロケーションとか、ミニマム単語とか称していますが、私は、語順で覚えるようにしています。

しかし、気をつけなくてはならない品詞として、形容詞・副詞が同じものがありますね。例えば、hard なんていう単語は、こういうのは要注意です。なぜなら、hardly という副詞があるのに、意味がまったく違います。(これは、ご自身で、比較してみてください)

ある英語の大家の先生は、自動詞・他動詞の区別はしない、とおっしゃってます。
みなさんの多くは、その区別なく覚えていっているはずです。

例えば、raise, rise の違いなどは、どちらが自動詞で他動詞だというよりも、これもセンテンスの成り立ちによって記憶されるのではないでしょうか。文法用語で分類するのではなく、そういう言い方なのだと覚えてしまいます。そもそも、私には、発音がそれらしく感じているのですが……。

They had raised the white flag in surrender.
彼らは降伏の白旗を掲げた。
The balloon rose gently into the air.
風船がそっと空に舞い上がった。

しかし、自動詞・他動詞、両方があって、若干の意味の違いがある単語があったと思うのですが、それは、慣れていくしかないと思いますが、上記の言った意味は、こちらにも適用されます。

例:
I understand how you feel. あなたの気持ちは分かります。(他動詞)
You will understand sooner or later.  遅かれ早かれ分かるでしょう。(自動詞)

#1様のおっしゃるとおりなのですが、

品詞は、普通は、言葉の意味とともに覚えますが、どちらかというと、語順や単語のチャンク(まとまり)の中で覚えるものだと思います。

単語帳によっては、コロケーションとか、ミニマム単語とか称していますが、私は、語順で覚えるようにしています。

しかし、気をつけなくてはならない品詞として、形容詞・副詞が同じものがありますね。例えば、hard なんていう単語は、こういうのは要注意です。なぜなら、hardly という副詞があるのに、意味がまったく違います。(これ...続きを読む

Q紅白歌合戦などで、「とり」や「おおとり」などということを耳にしますが、

紅白歌合戦などで、「とり」や「おおとり」などということを耳にしますが、「最後」という意味はわかりますが、どういう意味からきてるのでしょうか?

Aベストアンサー

過去ろぐですけど
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2271754.html

Q「さびしい」と「さみしい」。「寂しい」と「淋しい」

gooの辞書によると「さびしい」の方が元からあった言語らしいのですが、「さびしい」と「さみしい」に使い分けってあるんでしょうか?
それと同様に「寂しい」と「淋しい」にも使い分けがあるのでしょうか?
gooの辞書ではどちらで検索しても同じ内容の答えが
出てきました…

ご存知の方、お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

ご覧になった辞書の通り『さびしい』が元で『さみしい』はその崩れた形ですので、比較すれば『さびしい』の方が書き言葉的、男言葉的、『さみしい』の方が話し言葉的、女言葉的という傾向になると思います
『寂』と『淋』は、寂しい(寂れた)山村、淋しい心持ち、といったように、客観的な静けさ、人気の無さにウェイトを置くときに『寂』、心細い、物足りないといった感情にウェイトを置くときに『淋』が使われることが多いと思いますが、『淋』は常用外ですので区別せずに全部『寂』で済ますケースも増えてきているのではないでしょうか

Q英単語は、音読して音で覚え、どうしても覚えられないものは絵とか何かしら別の方法で覚えて、語源も、ある

英単語は、音読して音で覚え、どうしても覚えられないものは絵とか何かしら別の方法で覚えて、語源も、ある程度知っておくという感じでしょうか?

Aベストアンサー

私は語源が一番重要ですね。正確じゃなくて思い込みで十分。自分が納得すれば。
例えば先日、道路を走っていたトラックを見て「なんで運送ってlogisticsって言うのかな?」と思いました。
logiとかlogoとかって言葉、言語、そんな感じの意味ですよね、
logical→論理的、
logoマーク→たぶん言葉で伝えるくらい象徴しているからだろうし、
ブログ=web log→web上に書きとめた記録
運送は???
言葉→コミュニケーション→物の送りあい→運送!
みたいなこじつけで覚えました。

surは超える感じ、だから
sur + face = 顔を超える?→表面surface
sur + prise = 出現を超える→驚かすsurprise
sur + rend = 超えて体を預ける→降伏するsurrender

鳥のクチバシbeakみたいな形だからビーカーって言うだとか、
忍び込みsneakやすい様にカツカツ音がしないからスニーカーだとか、
意味を知ると超おもしろいですよ。

このアプリおすすめです↓
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.yasoo7964.keepmeposted_TRIAL&hl=ja

私は語源が一番重要ですね。正確じゃなくて思い込みで十分。自分が納得すれば。
例えば先日、道路を走っていたトラックを見て「なんで運送ってlogisticsって言うのかな?」と思いました。
logiとかlogoとかって言葉、言語、そんな感じの意味ですよね、
logical→論理的、
logoマーク→たぶん言葉で伝えるくらい象徴しているからだろうし、
ブログ=web log→web上に書きとめた記録
運送は???
言葉→コミュニケーション→物の送りあい→運送!
みたいなこじつけで覚えました。

surは超える感じ、だから
sur + face = ...続きを読む

Qこの世で唯一変わらないことは、この世の全ては変わり続けるということである。 と言うのは誰の言葉です

この世で唯一変わらないことは、この世の全ては変わり続けるということである。

と言うのは誰の言葉ですか?

Aベストアンサー

#1の方の仰る通り、ジョナサン・スウィフトの言葉です。
原文は、There is nothing in this world constant, but inconstancy.
Jonathan Swift と書きます。
それでは何故、この言葉が日本でも有名なのでしょうか?
それは、彼が、ガリバーと名乗って、日本に来日し、日本のことが記されていることからではないでしょうか?
これが「ガリバー旅行記」なのです。

それを詳しく解説している方がおられます。面白いですよ。
①ガリバー旅行記」と日本 - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46147234.html #ブログ #ホームページ #無題
②「ガリバー旅行記」と日本(2) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46408691.html #ブログ #ホームページ #無題
⓷「ガリバー旅行記」と日本(3) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46513563.html #ブログ #ホームページ #無題
④「ガリバー旅行記」と日本(4) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/46791698.html #ブログ #ホームページ #無題
⑤「ガリバー」と日本(5) - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/47055690.html #ブログ #ホームページ #無題

#1の方の仰る通り、ジョナサン・スウィフトの言葉です。
原文は、There is nothing in this world constant, but inconstancy.
Jonathan Swift と書きます。
それでは何故、この言葉が日本でも有名なのでしょうか?
それは、彼が、ガリバーと名乗って、日本に来日し、日本のことが記されていることからではないでしょうか?
これが「ガリバー旅行記」なのです。

それを詳しく解説している方がおられます。面白いですよ。
①ガリバー旅行記」と日本 - 愚筆雑感 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/jjnsjp/...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報