忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

機関車ってボギー台車で6軸が多いですよね!?

その6軸の車両がきついめのポイントを通過するとき、真ん中のボギー台車はどうなるんでしょうか?
車両は真っ直ぐですが、線路は曲がっているので、「へ」の字になったとき、両端のボギー台車はへの字の両端にありますが、真ん中のボギー台車はへの字の頂点に。なんて事はありませんよね?

ちょっとわかりにくい(説明しにくい)ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

6軸3台車のボギー式機関車では、ポイントや急な曲線を通過させるために中間台車が横に動くようになってます。



つまり、ポイントや曲線通過時には中間台車は「ヘ」の字の頂点の位置にあることになります(質問者さんが考えている通りです)。

この中間台車に横動をさせるカラクリは車両によって様々で、DF50形ディーゼル機関車のように中間台車の内部機構によって台車枠(+車輪)のみ大きく横動させるようにしたものや、EF81形電気機関車のように車体と台車の間にコロを設置して台車ごと横動させるものなど、設計した技術陣の苦労が垣間見える場所でもあります。

DF50の中間台車(台車中央に見えるバネは殆ど動かず、台車枠のみが大きく横動する)
http://www21.big.or.jp/~catnevy/df50/dfm/image13 …

EF81の中間台車(車体と台車の間にあるコロによって台車ごと動く)
http://mitsu5ya.btblog.jp/ig/b/kulSc1bmU4906FCAD …


一方、蒸気機関車の場合は、車輪(動輪)が台枠に収まっており、なおかつ車輪同士が主連棒という連結棒でつながっていますので、電気機関車のように大きく動かすことはできません。

そのため、動輪数の多い機関車は、曲線で車輪のフランジ(脱線防止のための車輪のつば)がレールを横に押し出す軌道横圧が悩みの種となっていました。

日本の5動輪機関車(E形機関車)の嚆矢である4110形は、曲線通過を容易にするために3番目の動輪をフランジレスとし、さらに1番目と5番目の動輪が横動できるようになっていましたし、近代型蒸気機関車唯一のE形であるE10形では、第1動輪には6ミリの横動を許容し、第2動輪はフランジを6ミリ薄型に、第3、第4動輪はフランジレスの車輪とするなどの曲線対策を取っていました。

E10形の動輪(右上がフランジの薄い第2動輪、右下がフランジレスの第3動輪)
http://uncle-sam.mo-blog.jp/.shared/image.html?/ …

それでも線区によっては横圧が軌道に与える影響を無視できないものもあり、電化で奥羽本線板谷峠を追われたE10形が、転出先の肥薩線大畑越えで曲線通過時の軌道横圧過大により短期間で再度転出せざるを得なかった、というような事例すらありました。

また、動輪数の少ない機関車でもE形ほどではないですが曲線通過対策が施されており、C形機では第2動輪のフランジを薄めにし、D形機では第4動輪の横動を許容する構造となるのが多かったようです(ちなみに、D51形は第4動輪が左右に各6mm動けるようになっていた)。

この曲線通過対策は軌道側でも実施されており、スラックといって曲線部分では軌間を通常よりも拡げたり、チョックという木のブロックを曲線部のレールの外側に設置して、レールが押されることに対抗しています(最近はコンクリート枕木化による横圧耐性の向上により、主要路線ではチョックは殆ど見られなくなりました)。

チョック(下記サイトの一番↓の写真参照)
http://kiso-mc.com/syura/kiso_hyugabuchi_module0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい回答ありがとうございます。

フランジを薄くしたり、無くしたりするというのは目からウロコです。

お礼日時:2009/04/29 12:54

SLの動輪は連接棒などで固定されるため左右の動きが取れません、カーブでは車輪が斜めにレールに接触しフランジが擦れるなど多少の無理が生じるため、カーブにおいては所定の軌間よりも若干レールの間隔が広げられ(スラック)車輪の運動を容易にするようにしたり、E10のように5軸の機関車の場合第3車輪にフランジをつけずレール上を横移動できるよう対策しました。


また遠心力に対応するため、外側のレールは内側より若干高く(カント)するなど曲がりやすくしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カーブなどの軌間は通常より広くなっているのは知っていましたがこれだけで吸収できるのかって思ってました。
つまり、ポイントも多少は広くなっているんですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/29 12:51

真ん中の台車は左右に移動できるようになっています。


ポイント通過時などで、「へ」の字の頂点になることは当然あり得ます。
それで普通です。

この回答への補足

これで疑問が解決したと思ったら新たな疑問が。

SLはどのような仕組みになっているのでしょうか?
“D”なら動輪が四つもあるんですよね?
横の棒?で繋がっているので、見る感じでは左右に動きそうもありませんが...

それか、SLは急なポイントの区間は走れないとか???

補足日時:2009/04/29 07:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

真ん中の台車は左右に移動できるんですね。

お礼日時:2009/04/28 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6軸の電気機関車@カーブ

通勤中にEFなんとかという、電気機関車が隣にいました。
大きな動輪で6軸でした。
4軸なら、コーナーの曲がり方の推定は付くのですが、6軸となると??
まん中の台車が左右にスライドするのでしょうか?

Aベストアンサー

B-B-BやB-2-Bで6軸のタイプは、真ん中の台車がスライドします。
C-Cで6軸のタイプは、2軸目と5軸目の位置が問題で、カーブを曲がりやすくするために前よりか後ろよりになります。2軸目と5軸目のフランジがなくてそこで逃げるタイプもあります。
アメリカや古い日本の電気機関車では、1-D-1とか2-C-2もありました。2-B+B-2とか1-A-1というのもあります。C-C+3-D-D-3+5-5というのが一番車輪の多いものだった記憶があります。
SLの一部でもEでA-C-Aとなっていて、首を振るタイプもあります。ギヤー駆動で、B-B-Bというのも一部にあります。
日本のディーゼル機関車には、A-A-A-Bというのもあります。B-A+A-BとかB+A+Bとかもあった記憶があります。
(アルファベットは駆動軸、数字は非駆動軸です)

Q6軸の電気機関車について

6軸の電気機関車について、教えてください。
EF65、EF66等の電気機関車は、3台の台車に支えられた6軸の電気機関車ですよね。
この電気機関車ですが、カーブのときに抵抗が大きくならないのでしょうか?
機関車に台車が固定されている場合、カーブでは片側3本の車輪は同一円上には配置できないと思うので、抵抗になるのではと思うのです。

・真ん中の台車は、左右に動く構造になっている?
・若干抵抗にはなるが、駆動力のほうを重要視した設計となっている?
・カーブのRが大きいため、ほとんど誤差の範囲となり全然問題にはならない?
・その他?

真ん中の台車の車輪は磨耗が激しいのではなどと、勝手に考えています。

素朴な疑問ですが、知っている方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

簡単に言うと、台車はどれも、横方向にも動きます。
(単純な模型みたいにすぽんと、台車の中心軸がはまっているわけではないのですね。)
その上で、中間台車は、その許容範囲が大きくなっています。(中心軸への復元力が低くなっています。)

蒸気機関車の場合は、動輪によってはフランジをなくしたりしていましたね。

Qなぜ当駅始発の列車がその駅から発車すると最初の数秒間だけゆっくり徐行してるんですか?

なぜ当駅始発の列車がその駅から発車すると初めの数秒だけゆっくりなスピードで走るのでしょうか?
これには本当にも私は気になります。直通で当駅始発でない列車がその駅から発車すると初めの数秒間ゆっくり・・・でない、ようです。

Aベストアンサー

鉄道従事員です。

あくまで私の会社では、と言う意味合いで呼んで下さい。各社ごと運転関連規則が少しずつ異なりますので、全てが恋うと断言は出来ませんので。

その駅始発の電車の起動が、ゆっくりとなる理由が2種あります。と言っても1つは始発駅に固定できない理由なのですが。

1.その日、初めて運用に着く、あるいは一旦パンタを落としたあと再度起動させたあとの初運用に着くとき

 その駅に引き上げ線(一旦電車をホームから引き上げて、降り変えsぢの準備をする線路)、または電留線(一時的に電車をしまっておく線路)がある場合、あるいはその駅始発の電車を、前日にホームに据え付けてパンタを降ろし、翌朝起動した場合など、正常に機器が動作するのか、点検をすることが義務づけられています。これを仕業点検と言います。

普通は電留線、車庫の線路、引き上げ線で行なうのですが、こうした設備がない、止めておける線路がないなどの理由でホームに留置してある場合、乗務員の行程の都合で電留線の時や引き上げ線にいるときは車掌が乗務しておらず、運転士のみでは点検が行えない内容などは、ホームに据え付けて車掌が乗ってから行なうこともあります。

こうした中で、ホーム上で行なった場合、お客様が巻き込まれて事故にならないよう配慮しなければいけないのが、ドアの動作点検と起動試験です。

ドアの動作確認は、実際に全開させ、その後スイッチ操作で途中まで閉めたり開けたりを数回繰り返し、最後に再び閉じて完了となります。この一連の操作中、不具合が有れば操作に追従できないという現象が出て発見できるからです。

しかしこのドア操作、ホーム側のドアを閉じたまま、反対側を行なった場合は問題ないですが、ホーム側の場合、開いた時点でお客様が乗り込んでしまうため、点検動作はお客様を挟む可能性が高いので、点検動作は出来ません。

そのため、乗車させるための開扉、発車のための閉扉において問題がでなければ、これを持ってドア試験正常と見なすこととなっています。

これと同様にもう一つが、起動試験です。起動試験は本来ブレーキを払って一瞬ノッチを入れ、直ぐにノッチをオフにしてブレーキをかける。これでほんの少し電車が前進すれば起動試験問題なしとなります。

しかし、ホームでの試験の場合、まずドアが開いた状態では電車は「戸閉連動装置」の機能で運転士がマスコンをオンにしても起動しません。また、しめた状態で起動試験をホーム上で行なうと触車事故が発生することもあり得ます。

そこで、発車する際、ゆっくり起動させ、これで起動できれば起動試験問題なしと見なすわけです。

その電車が、パンタを上げてから初めての運用に着くとき、発車時の起動が遅くなる理由のひとつではあります。

2.小雨時の空転防止
 雨が降り始めて時や小雨の時、線路の上側、踏面hに水と埃の膜が出来ることがあります。これが発生すると、思いっきりマスコンを回して起動させると空転することがあります。雨が降っていなくても時に発生するのですが、降り出したときや小雨時は、その発生率が上がります。

空転すると空転が検知され、空転防止装置が制動をかけます。これが発車直後の急停車の原因の一つです。

この急停車を防ぐ起動方法として、起動時にゆっくりと動き出させ、少し走り出してから改めてマスコンを大きく開ける、加速度を大きくする方法があります。起動時ゆっくるである理由として、こんな物もあります。

以上2点の可能性があるかと思い、書き込みました。

鉄道従事員です。

あくまで私の会社では、と言う意味合いで呼んで下さい。各社ごと運転関連規則が少しずつ異なりますので、全てが恋うと断言は出来ませんので。

その駅始発の電車の起動が、ゆっくりとなる理由が2種あります。と言っても1つは始発駅に固定できない理由なのですが。

1.その日、初めて運用に着く、あるいは一旦パンタを落としたあと再度起動させたあとの初運用に着くとき

 その駅に引き上げ線(一旦電車をホームから引き上げて、降り変えsぢの準備をする線路)、または電留線(一...続きを読む


人気Q&Aランキング