『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんばんは。最近弓道部に入部したばかりの高一です。
矢取りのしかたがよくわからないのでコツ等あったら教えてください。
あと、矢取りに行ってから先輩が「第一射場、大前、なんちゃらかんちゃら…」と言ってたのですが、何を言ってるのでしょうか。
回答宜しくお願いいたします。  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高校三年間弓道部でした。



分からないことは先輩に聞いたほうがいいですよ。
弓道ってそういうのにうるさいので。
右の的から左の的へ移っていくと想定して・・・

必ず的の右側に立ちます。
優先的に抜くのは地面についている矢です。
矢の羽根にやや近い部分を左手でつかみ、ひっぱりながら右手に持ち替えます。
それをどんどん繰り返して拾っていくだけです。

的に刺さっている矢を抜くときが注意なんですが、的を抑えず抜くと的がずれます。的ってかなりショボイ作りなので軽いんですね。
だから的に刺さっている矢を抜く場合はまず右手で的の上をしっかり押さえ、さっきのように左手で矢をずぼっと的から抜き、右手に持ち替えます。
抜いた矢は全て右手にある感じですね。
矢取りはそんな感じです。
矢は高級品ですし、弓具を邪険に扱うと大変なことになりますので先輩から必ず聞くこと!

最後の質問ですが、多分それは試合形式でやっているんだと思います。
本番の試合では、前の団体が使った矢を他の人が矢取りをしている間に位置に着くんです。
その時に放送で「第一射場、大前、○○(学校名や人の名前)」と言われるんです。
多分その試合を再現しているんでしょう。
ちなみにその試合を“立ち”と言います。
今後試合見学もさせられるでしょうから分かりますよ。

ちなみに大前とは一番最初に打つ人のことです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても参考になりました!

お礼日時:2009/05/02 07:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弓道 引分けに力をかけずにすむコツは?

弓道 引分けに力をかけずにすむコツは?

弓道初心者です。
ゴム弓までは何とかこなしてきたのですが、本物の弓(9kg)を引く段になって、
腕の力が足りずに十分な引分けができません。
「肘で引く」とか「上腕の筋肉だけを使う」などと指導を受けるのですが、
理屈は分かっても実際に筋力が追いつかず、
途中まで引いたあたりで肩も上がったり後ろにずれたりして一向に様になりません。

腕力が強い方ではありませんが、腕立て伏せ20回程度はこなせます。

呼吸がしっかりできていれば筋力を使わずに済む、とか「割って入る」という話しもうかがうのですが、こうした抽象的な概念を具体的にどう実践に結びつけたら良いでしょうか。

丹田呼吸は、大三までならできていると思います。
引分けの時点で腕に力をかけるあまり、気がぶれてしまうように自覚しています。

Aベストアンサー

〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・
この時点で肩を下げようとするのでは遅いです。
射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。
打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか?
打ち起こしの際に肩を(肩胛骨を)あげてしまうと、肩の関節にきちんとはまらずに上腕三頭筋で力を総て受け止めることになりますので、初心者の方にはたとえ9キロでも辛いと思います。

弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。
よく指導者が、初心者の弓手をのばさせて親指と人差し指の間を押してみることがあると思います。
そして『押し返してみなさい』と言うはずです。
このとき弓手の肩関節にキチンとはまっている人は指導者が押す力に耐えられます。
キチンとはまっていない人は押し負けてしまい、肩がせり上がったり背中側に肩が逃げてしまう(抜けてしまう)と思います。
現状ではそれと同じような事が右肘でも起きているのではないかと思います。もしかすると両肩・・

〉また、右腕の引きが弱すぎて「顔を切る」、「肘で引け」、「呼吸だ」といつも注意をされているのですが、それができずに困っております。
「顔を切る」というのが何を指す言葉なのか解りかねます。私は使ったことがない言葉です。
肘が流れてしまった大三から肘で引くのはとても難しいです。
呼吸では技術的な問題は解決しませんので、おそらく息あいを(呼吸)肺いっぱいに溜めてしまって、みぞおちあたりから上に力が入ってしまっている力を下に降ろすようにいっているのだと思います。

〉大三をとる際にも、本物の弓ではゴム弓と違って右肘が左腕に持って行かれてしまうため、妻手の肘を同じ位置に残すために妻手側を結構な力で引かざるを得ないことに気づきました。

 そうならないために、肩関節にキチンとはめ込む様にするのです。
試してみて欲しいのですが、斜面打ち起こしの要領で弓構えの状態から右肘を固定して両拳を平行移動させてみて下さい。(本来の斜面打ち起こしの引き方ではありません)
簡単に言えば、打ち起こしせずに下で大三を作るような感じです。
そのとき右肘は流れてしまいますか?おそらく肘を支点に平行移動をすれば右肘が弓の力に負けてもって行かれることは無いと思います。
その状態で大三がとれればよいわけですから、平行移動した状態のまま打ち起こしてみて下さい。
肩の関節がキチンとはまっていればつぶれてしまうことはないと思います。
きちっとした大三がとれなければ引き分けはなかなかスムーズにきませんから、指導者の方と肩の関節(肩胛骨)がキチンと収まる位置を確認しながら打ち起こしから大三までを繰り返してみてください。
それがキチンと出来るまでは引き分けに移ることをしなくても良いぐらいの気持ちが必要です。

正面打ち起こしでは大三が綺麗な射手はとても上手に見えます。
引き分けにこだわらず、弓構えから大三までを両肩のラインを崩さないように気を付けながら何度も繰り返し練習して下さい。
綺麗な大三がとれれば必ず引き分けは上手くいきます。



〉張力の弱いゴム弓ですと「引き下ろす」「下弦をとりながら収めていく」という感覚が何となくつかめるのですが、本物の弓ですと(たかだか9kgでも)力負けして上から押し開く要領がつかめません。

 ゴム弓で引いたときに妻手の位置はどこにありますか?(これもムービーでとってみて下さい。)
頭に被る様な位置にないですか?被っている方がおそらく収めやすいと思います。
実際に弓を引くときも少し被る位に大げさに大三をとってみて下さい。そして、思い切り『たぐって』も良いぐらいのつもりで(たぐるって解りますか?)引いてみましょう。
大丈夫です、『たぐり』なんてすぐに直せます。

弓道は焦らずにじっくり取り組みましょう。
私が教えた女性は腕立て伏せがヒト桁も出来ないほど非力で、手伝って会の状態までもってきてあげて、手を離したとたんに漫画のように両手が元に戻ってしまうほどでしたが、一年足らずで初段をとり最終的には2年で二段まで取得しました。

あきらめずに頑張って下さい。

〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・
この時点で肩を下げようとするのでは遅いです。
射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。
打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか?
打ち起こしの際に肩を(肩胛骨を)あげてしまうと、肩の関節にきちんとはまらずに上腕三頭筋で力を総て受け止めることになりますので、初心者の方にはたとえ9キロでも辛いと思います。

弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。
よく...続きを読む

Q初心者ですが、弓道を始めたいっ!

30歳になったのを機に、昔から憧れていた弓道を始めたいと思っています。
神奈川県内で、初心者でも弓道を教えて下さる弓道場(サークル等含む)を教えて頂けないでしょうか?
本当にまったくの初心者で、決して若くないし(爆)、運動経験も乏しいです…。(^_^;)
それでも、どうしても弓道をやりたくって…っ!

どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>

Aベストアンサー

ayaeさん、初めまして!!
同じ県内在住のafroと申します。
私は高校の時に弓道部所属で初段だけ取りました。
卒業してから全くやらなくなり丁度2年前無職の期間があって
久しぶりにやってみよっかなって思って市でやっている弓道のサークルに
3ヶ月程行きました。
男女含めて20人程でほとんどの方が初心者でした。年齢も20代後半くらい
から50代位までと幅広く主婦の方も多かったです。

>本当にまったくの初心者で、決して若くないし(爆)、運動経験も乏しいです…
。(^_^;) それでも、どうしても弓道をやりたくって…っ!
大丈夫デスヨ!!弓道って運動神経よりも腕力が必要です。
弓を使う訳ですが、その弓にも重量があり女性だと大体12キロ位を引くように
なると思うのでまずは体力作りをした方がいいですね。

ところでayaeさんは弓道はどこまでが目標なんですか?
大会へ出場したり、資格を取りたいですか?
それともとりあえず、的に打ちたいって事ですか?
資格を取るとなると時間もお金も(道具など)必要になってきます。
最低袴くらいはそろえないといけないのでだいたい約1万5千円。
弓を引く道具(かけといいます)が約3万。矢が4本1セットで約1万円程。
ざっと5万ほどはかかってしまいます。
こう考えると結構しますよね。
わたしは高校時に作ったかけを使ってました。(ちなみに10年前)
ずっと手入れしてなかったけどちゃんと使えました。

地域がどの辺りにお住まいかはわかりませんけど県や市の施設で弓道場を
持っている所があれば必ず教室をやっていると思いますよ。

最後に、弓道って地味ですけど、ゴルフと一緒で精神面ではかなり鍛えられるし
奥深いし、やる気さえあれば年齢なんて問題ないです。
がんばって下さい!!
はぁーーって話をしていたら、なんだか私もやりたくなってきました。

ayaeさん、初めまして!!
同じ県内在住のafroと申します。
私は高校の時に弓道部所属で初段だけ取りました。
卒業してから全くやらなくなり丁度2年前無職の期間があって
久しぶりにやってみよっかなって思って市でやっている弓道のサークルに
3ヶ月程行きました。
男女含めて20人程でほとんどの方が初心者でした。年齢も20代後半くらい
から50代位までと幅広く主婦の方も多かったです。

>本当にまったくの初心者で、決して若くないし(爆)、運動経験も乏しいです…
。(^_^;) それでも、どう...続きを読む

Q弓道「きざ」の正姿勢と足の痛みについて

弓道歴2年のまだ未熟な者です。

もう弓道始めてからずっとなんですが「きざ」がどうもうまくいきません。  足の形を横からみると    ̄ ̄ ̄]
    みたいなのが普通だとおもいます(上ラインがすね部分でかっこが足部分です)
自分も同じようにやっているのですが、部活(ちなみに高校です)の皆20人以上はまず5人行射を普通にやってしまいます。一般的にはそれが普通なのかもしれませんが自分は5人行射の3番たちにたっても1順目がくるまでもたないことがあるぐらいです・・・(時間にして1分半ぐらいでしょうか)

もう きざ だけが嫌で部活にいきたくないですし、今までの審査も足の痛みが苦痛で射を見せるどころじゃありませんでした。
皆が痛いというといえば指らしいんですが自分の場合 すねです。厳密にいうと足首の曲がる部分のすね側のところです。きざをしていると必ずその部分が堅くなってそこに力がかかりいずれ力がぬけていき自然に正座モードに入るぐらいです。皆はそこに力なんて入らないといっていますがどうしても入ります。乳酸がたまりすぎてもとの体制に戻れないので曲がりすぎの内出血や爪がはがれそうになったことさえあります。

正しいきざが一番しりたいですが もう多少外れてもいいので痛みの伴わない もしくは私の述べている力の入らないきざのしかたをご教授お願いします。

弓道歴2年のまだ未熟な者です。

もう弓道始めてからずっとなんですが「きざ」がどうもうまくいきません。  足の形を横からみると    ̄ ̄ ̄]
    みたいなのが普通だとおもいます(上ラインがすね部分でかっこが足部分です)
自分も同じようにやっているのですが、部活(ちなみに高校です)の皆20人以上はまず5人行射を普通にやってしまいます。一般的にはそれが普通なのかもしれませんが自分は5人行射の3番たちにたっても1順目がくるまでもたないことがあるぐらいです・・・(時間にして1分半ぐらい...続きを読む

Aベストアンサー

私の跪座の状態と全く同じです。私は、5分くらいは何とかなりますが・・・。
私の(そして貴方の)跪座の症状は、正しく跪座ができているとか間違っているとか言う問題ではありません。
一応、私は臨時審査・定期審査にそれぞれ1度合格している経験者ですが、正しい跪座(膝を活かすとかお尻の下に紙一枚分の隙間が空くとか太腿をお腹に引き付けるとか・・・)をしても「乳酸が溜まる」感じがして、「跪座崩れ(私が道場でそう言っています)」を起こしてしまいます。
なるべく、脛に力が入らないように心がけたり、踵を付けるようにしたりしていますが、それでも「楽な跪座」にはなりません。
跪座をしながら、自分に合った跪座を探してみるのも、一つの稽古になると思います。
今では、跪座の辛さを楽しむ境地にまでなっています。

さて、跪座の対応策としては、爪先・踵・脛のなす角をなるべく小さくなるように、日頃の鍛錬を積むことです。
これは、毎朝・部活前・お風呂上りに爪先を弁慶に向けて引き付けます。
それから、爪先で中腰になって(跪座で膝を浮かせて爪先で座る格好)足首を柔らかくします。
これを欠かさず、毎日しましょう。
でも、これで跪座が無難にできるようになるとは限りません。
私も、落ちで1回の審査の間合いをやりきるのが精一杯です。

審査では跪座を避けて通ることはできませんが、部活の方では先輩にお願いしてみてはどうでしょう。
跪座の辛い状態を話して、正座で対応して貰えないか、相談できないでしょうか。

私のそれぞれの審査では幸運が続いたのでなんとか合格できましたが、審査では辛い思いをされていることと思います。
次の定期審査は、跪座が解決しない限り受審することはないでしょう。

私の跪座の状態と全く同じです。私は、5分くらいは何とかなりますが・・・。
私の(そして貴方の)跪座の症状は、正しく跪座ができているとか間違っているとか言う問題ではありません。
一応、私は臨時審査・定期審査にそれぞれ1度合格している経験者ですが、正しい跪座(膝を活かすとかお尻の下に紙一枚分の隙間が空くとか太腿をお腹に引き付けるとか・・・)をしても「乳酸が溜まる」感じがして、「跪座崩れ(私が道場でそう言っています)」を起こしてしまいます。
なるべく、脛に力が入らないように心がけたり...続きを読む

Q弓道の弓の重さについて

30代男ですが、弓道を始め、1年くらいたちました。そろそろ弓を買いたいと思うのですが、今丁度いい重さでも、将来軽くなってしまうことがあるのでしょうか。
また、成人男子が使う弓は普通、何キロ位なのでしょうか。初段~2段レベルでお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
高校の弓道部の顧問をしている者です。
40代男性です。

まず、
>成人男子が使う弓は普通、何キロ位なのでしょうか。初段~2段レベル
の件ですが、

(1)その人にあった弓力の目安としては、ご存知とは思いますが、
頑張って「肩入れ」できる強さの
2分の1(初心者では3分の1)程度とよく言われます。
(30代男子で何キロというわけではありません。)

(2)実際には、各人の体格・筋肉の強さ・矢尺・練習頻度・習熟度などによって、
「適した強さ」は、多少変化すると思います。
(さらに各人の条件で変わるわけです。)

(1)・(2)でお分かりと思いますが、
「成人男子なら初段くらいで○○キロくらいを使うべきだ」と言ったきまりみたいなものはなく、
各人に適した強さの弓を引けばいいのです。

個人的には、12キロから18キロくらいの間なら、
まあ普通かなと思います。

tukatk22さんが、
もし、あまり筋肉質でなく、手が長い(矢尺が長い)方で、
週に1回くらいしか練習できず、そのため射形もまだ不安定なら、
12・13キロくらいの弓でも構いません。
(この場合のキロは、例えば伸び弓90cmでのもので、
 実際は各人の矢尺でキロ数は変わるわけです。)

もし、手が短く、力が強く、練習も豊富で、射形も整った方なら、16・17キロくらいでも、とも思います。ただ、現在お使いの弓から2キロ以上急に弓力を上げると射形を崩しかねないので、できれば段階的に上げた方が良いと思います。
(弓を買い足すこともあるということです。)

さらに、
>今丁度いい重さでも、将来軽くなってしまうことがあるのでしょうか
のことですが、練習が豊富なら充分ありうることです。また、現在ガンガン引いていても、仕事の都合等で練習量が落ちれば、逆に自分の弓が強すぎて不適であるという事態もありえます。
(これらの場合も弓を変えることになります。)

以上から、
tukatk22さんのいろいろな条件が分からないので、
一般的なことしか言えませんが、
○個人の条件や射形などをもとに、道場の先生や同輩に相談してアドバイスをもらう。
○急に極端に上げるのは難しいので、現在ちょうど良い強さよりやや強い程度(1キロくらい?)の弓を買う。
○将来、さらに弓を買い足すこともある。
などをアドバイスしたいと思います。

それでは。

おはようございます。
高校の弓道部の顧問をしている者です。
40代男性です。

まず、
>成人男子が使う弓は普通、何キロ位なのでしょうか。初段~2段レベル
の件ですが、

(1)その人にあった弓力の目安としては、ご存知とは思いますが、
頑張って「肩入れ」できる強さの
2分の1(初心者では3分の1)程度とよく言われます。
(30代男子で何キロというわけではありません。)

(2)実際には、各人の体格・筋肉の強さ・矢尺・練習頻度・習熟度などによって、
「適した強さ」は、多少変...続きを読む

Q弓道五段20歳。

20歳のとき、弓道五段を取得しました。これは珍しいのでしょうか?
ときどき人に段位を聞かれて”学生のとき五段もらった。”と言うと、”学生は普通三段までしかもらえないはず。”などと信じてもらえなかったりするのです。
学生のとき一緒に練習した仲間は大勢五段をもって卒業したので、別に珍しいとは思っていませんでした。一般のほうではどうなのでしょう。珍しいですか?
そもそも段位に年齢制限とかあるのでしょうか?
個人的には、若造でも毎日百発百中なら十段でいいと思うのですが。

Aベストアンサー

弓道の段位に年令制限はないと思います。制限があるとおっしゃった方は剣道と混ざったのだと思います。それに実際に五段を取得しているわけだし、論より証拠ということで。弓道の段位は5ヶ月たったらまた新しく受けることができるので、5ヶ月ごとに審査会場に足を運べば、若いうちに高い段位を取得することも可能なはずです。弓道は精神力がとても必要な競技なので、若いうちから高い技術があるということは段位に値するすばらしいことだと思います。ただ、一般では20才で五段というのは、珍しいかもしれませんね。それだけとるのがむずかしいということだと思います。ですから、もっと自信をもっていいと思いますよ。あまり参考にならなくてごめんさない。

Q「涙がちょちょぎれる」の意味

「涙がちょちょぎれる」とはどのような意味でしょうか?辞書を調べても載っていませんでしたし、周りの者に聞いてもみなが違うことを言うのです。私は今までこの単語を使う機会がなかったので意味がよくわかりません。正確な意味を御存知の方がいらっしゃいましたら、何卒御教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

だいたいno.1、no.2の方と同じですが、
「泣ける」「泣けた」の強調やおどけた使い方だと思います。
今、自分の周りで聞いてみたのですが、
関西方面の人は感情面(特に”嬉しい”)で使う方が多いようです。
例)子供の演劇を見て涙がちょちょぎれた。
関東方面では物理的な・・例をあげると、
自転車で来たら寒くて涙がちょちょぎれた。
臑をぶつけて涙がちょちょ切れた。
などとも使うようです。
でも両者とも「あーわかるわかる」と言っているので
はっきりとした違いはないようです。
”嬉しい”以外のとらえかただったので書かせてもらいました。
ちなみに土佐弁だと書かれている方がネットにいましたので
参考までに
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/0014.html

Q弓道部は勉強と両立できるか

高校一年の母です。娘が入学したての一年坊主なのですが、弓道部に所属しようか、悩んでいます。娘の在籍するコースは、私大を狙う進学コース(難関大ではない)なのですが、下のコースとのぎりぎりのクラスなので、帰宅部が多いらしく、練習が七時まで、遅いときは八時まで、大会の時は公欠になるハードな運動部が両立できるか、悩んでいます。
でも、練習を見ていると、迫力があり、やってみたいなあと思うそうです。
後、候補に挙がっているのは、手芸部なのですが、こちらは六時に帰宅できるし、両立は可能そうです。
本人は相当悩んでいますが、高校で弓道経験者の方、アドバイスお願いいたします。
あと、費用のことなども教えていただけたら、ありがたいです。

Aベストアンサー

高校で弓道部に2年いました。
全国大会レベルの部だったため、練習は最低でも平日2時間、休日4時間以上、土日はもちろん夏休み冬休みも基本的に休日はなし(大晦日も納射会というのがありました)。ただ定期試験の1週間前は全ての部活が停止といった感じです。

進学校でしたが中でもなぜか弓道部は成績のいい人が多く、半分は国立大進学組でした(一応私も)。練習で時間が取られるのは最初からわかっているので、みんな残りの時間を何とか工夫して勉強していたのかもしれません。私は電車通学でしたので、学校帰りの時間を利用して部の友人と問題を出し合ったりして帰った思い出があります。
ただ途中で辞めていった子もいましたから、やはり両立できるかは個人差があるのだと思います。でもやってみたいなあと思うなら、とりあえず頑張ってみてほしいです。頑張ってダメなら、辞めることはいつでも出来るんですからね。親御さんも娘さんの様子をしっかり見てあげて、辛そうだったり勉強があまりにも進まないようだったら、アドバイスして差し上げたらと思います。

それから、入部してすぐにかっこよくパーンと的に当てられるわけではないです。危険も伴う競技ですから最初は地道な練習の繰り返し。的に向かえるようになるには3ヶ月以上かかると思ったほうがいいです(あまりに早く的に立たせる部は指導者がいい加減な可能性もあります)。そのあたり、地味な練習に耐えられる性格かどうかもポイントかもしれません。

費用は#1さんと同じで思ったほどはかかりませんが、下記サイトも参考にどうぞ。
http://www.ecoecoman.com/kyudo/
http://www.ecoecoman.com/kyudo/faq/faq01.html#kyudo_okane

高校で弓道部に2年いました。
全国大会レベルの部だったため、練習は最低でも平日2時間、休日4時間以上、土日はもちろん夏休み冬休みも基本的に休日はなし(大晦日も納射会というのがありました)。ただ定期試験の1週間前は全ての部活が停止といった感じです。

進学校でしたが中でもなぜか弓道部は成績のいい人が多く、半分は国立大進学組でした(一応私も)。練習で時間が取られるのは最初からわかっているので、みんな残りの時間を何とか工夫して勉強していたのかもしれません。私は電車通学でしたので、学...続きを読む

Q弓道の巻藁でかかとを上げて練習するのは普通ですか?

弓道初心者です。
先日、先生に左足のかかとを上げて巻藁を練習するよう指示を受けました。
また、それに加え、軽い前傾姿勢を取るよう指導されましたが、
その後、矢が巻藁に斜めに刺さったり、巻藁から外れるようになりました。
バランス感覚等を養うために必要な練習方法なのでしょうか。
私が未熟なため、怪我をするのはともかく、
他の弟子の方々に迷惑をかけそうで不安を感じています。
アドバイスをいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

弓道の考え方は人それぞれですから、疑問があるなら教わった先生にぶつけてみるしかないですよ。


人気Q&Aランキング