色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

質問は議論ではなくて、ただ確認したいだけなのですが、産出的自然は神で→世界を産出しているわけで→それが「所産的自然」と呼ばれる→その枠の中には「人間」も含まれていますよね?

能産的自然は、産出的自然の「行動」が「能産的自然」と呼ばれているわけですか?

知っている方がいましたら、教えてください

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

「所産的自然」に人間も含まれるかという問いに関しては、その通りですが、後半、ちょっと用語に混乱が見られます。



「所産的自然」と対比されるのは「能産的自然」です。このふたつが対概念であることをまず頭に入れておいてください。

スピノザは質問者さんが書いておられる“産出的自然”という言葉は使いません、というか、まああの人はラテン語で書いたわけだから、日本語の定訳ではありません、と言った方が正確ですね。もしかしたら"natura naturans" をそう訳したものがあるのかもしれませんが、おそらくこれは「能産的自然」ということだと思います。

これは日本語訳より英訳の方が頭に入りやすいんです。
「能産的自然」は原語で"natura naturans"、これを英語にすると"nature naturing" になります。
「所産的自然」は原語で"natura naturata"、これを英語にすると"nature natured"。
"nature" には動詞はないですから、"create" を当てはめて考えてみるといい。"nature creating" と、"nature created" のちがいです。

ちょっとやっかいなのが"nature" という語。
この「自然」という言葉に引きずられないで。これは“大草原の小さな家”を取り巻いているところのようなイメージの「自然」を指すのではありません。

日本語では昔この言葉を「じねん」と読んでいたのだけれど、いまでも「じねんじょ」というのがあるでしょう? あれは山なんかに「自然に」生えている山芋なんですね。いまはそんなふうに「自然に」という言葉にかろうじてそのニュアンスが残っていますが、人間が手をくわえていないもとのままの姿、おのずからなる本来の姿、という意味があります。

スピノザに特徴的なことは、この "natura" と神は同じものなんです。
スピノザは一般的に「汎神論」と言われますね。スピノザにとって、神は超越的な存在ではない。唯一の神が自然として存在しているというのです。

そういうふうに考えていくと、"natura naturata"、すなわち "nature created" 「所産的自然」というのは、神によって生じる、無限にさまざまな様態(ありよう)のことというふうにまとめることができます。もちろん、人間も様態、自然という全体の部分なのです。

では "natura naturans" 、あるいは"nature creating" 、「能産的自然」とはいったい何か。簡単に言ってしまえば、「所産的自然」を生じさせたもの、ということになります。じゃあそれは神のことじゃないか。そうなんです。

ただ、神と神によって生じたもののの関係、原因となるものと、結果となるもののことをいうとき、「能産的自然」-「所産的自然」という言葉を使います。

言葉を換えればスピノザにとって神とは
・唯一の実体であり
・内部に無限に多くの様態を含むものであり
・それ自身の本性の必然性によって活動する自由原因である
と言えます。
この三番目の神のことをいうとき、「能産的自然」という言葉を使います。

ちょっと荒っぽい説明なんですが、おおざっぱな見取り図として理解してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。ラテン語を日本語訳(英語訳)したのとでは意味と言うか、ニュアンスと言うか、それが違うのですね。能産的自然が「行動」と呼ぶのにもニュアンスが違うと言うか、そういうことですね。「原因」、「起こりうること」、と呼んだほうが通っている、ということでしょうか。上手く言えないのですが、内容が理解できたような気がします。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/09 22:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング