今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私は現在、大学受験生でブログをやっています。
ブログの内容は主に身近な出来事についてですが
最近、参考書に書いてある内容で自分が分からなかった点や注意すべき点
をブログに書き記すことあります。(主に英文法についてです)

その際、参考書を片手に書くので
その参考書の内容を盗用し、著作権を侵害しているのでは?

という疑問を抱きました。

そこで私はその参考書を丸写しするのではなく、
自分なりに少し表現を変えたり、例文の名詞や動詞を別のものに変えたり
手を加えています。しかし限度があります。
(おそらく著者には参考にしていることが分かると思います)


また、英単語についても
単語帳に載っていて分からなかったものをブログ載せているのですが
これについては手の加えようが無く、意味を丸写しです。


私のこれらの行為は著作権の侵害にあたるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>つまり、著者の考えた英文法を解説する上での


言葉の表現や具体例を丸写しすることは、著作権の侵害にあたりますが
普遍的な事実についてを書き記すというのは、それにあたらないと思います。

基本的には質問者さんの考えでよろしいと思います。

著作権の侵害に当たるかどうかという線引きは、どのような表現になっているかということと、その表現に対して著作者がどう判断するか(最終的には司法判断になると思いますが)ということになるでしょう。

ただし、一般的には、普遍的なものや単なる事実などの創作性が無いものについては著作物性が無いとされています。また、単に単語を組み合わせただけの短いセンテンスについては著作物と認められたケースが若干あるものの、大半は「ありふれたもの」と判断されています。
したがって、著作権の侵害には当たらないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お二方と違った意見を頂き、
いささか安心いたしました。

お礼日時:2009/05/10 18:55

そのままでは著作権の侵害行為にあたります。


>自分なりに少し表現を変えたり、例文の名詞や動詞を別のものに変えたり
盗用を隠蔽するための行為とみなされる場合があります。

引用という手段があります。
・出所について明記し、引用の範囲を明確にする
・全体の構成からみて、引用部分が最低でも過半数を超えないこと

>英単語についても
原典の解釈について、他の解釈を披露するためなら引用も認められると考えられます。
引用の範囲を越えない工夫をしましょう。

ネットの著作権について参考サイトを貼り付けておきます
ここの第3回が『引用』について述べられています
http://gihyo.jp/design/serial/01/copyright/0003

参考URL:http://gihyo.jp/design/serial/01/copyright
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


>>自分なりに少し表現を変えたり、例文の名詞や動詞を別のものに変えたり
>盗用を隠蔽するための行為とみなされる場合があります。


私は小説や歌詞など内容とは違い
英文法というのは普遍的(どの参考書も書いている内容は同じ)なので
問題となるのは、言葉の表現や具体的な例文の違いであると考えています。

その参考書の著者も文献を参考に「自分なりに少し表現を変えたり、
例文の名詞や動詞を別のものに変えたり」していると思います。

つまり、著者の考えた英文法を解説する上での
言葉の表現や具体例を丸写しすることは、著作権の侵害にあたりますが
普遍的な事実についてを書き記すというのは、それにあたらないと思います。

この点についてもご回答頂けたら幸いです。

お礼日時:2009/05/07 21:08

厳密に判断すると著作権の侵害になるのではないでしょうか


だから 普通は「引用」して書くものと思います

日本では、一定の条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行えることが著作権法第32条で規定されている。これは著作権の侵害にならない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8# …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/07 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【著作権問題】問題集の内容の引用

英作文の勉強をしようと思っています。

妥協しないためにも、日課としてブログにアップしようと思っているのですが、
ある問題集から、問題を引用して、自分の作った答えを書き、
その後、問題集の解答を開設を加えながら(問題集の解説を自分の言葉で)アップするのは

○○より引用加筆

などと書いても、著作権に触れるでしょうか?

Aベストアンサー

まったく別の問題を新しく作るのはあなたに著作権が発生するので素晴らしいことです。ただ、それを一般の人が歓迎して見てくれるかは別です。しかし、それしかありません。他人の知的財産を無断で使うのは有罪ですよ。

あくまでも原典を「参考文献」として勝手に使うと、逆に別の問題が発生します。二次的著作物となり、「翻案」といって改変とみなされ、やはり同一性保持権を含む著作権侵害になります。

Q本の内容をブログに書くと著作権違反ですか。

ある本がたいへん面白く、内容をまとめた文章と感想を書きたいなと思いました。ブログにです。
ブログに書くのは著作権違反ですか?

Aベストアンサー

お考えのようなことについては,著作物の「引用」に該当するかを検討する必要があります.

まず,著作権法32条1項で「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 」とされています.

ここで「公正な慣行」とは,たとえば,学術論文などで参照(引用)する場合に,参照文献として明確に記載するとか,雑誌や新聞など,各業界での参照文献としての記述など,一般的な引用方法が確立していることをいいます.
また,引用の目的については,報道・批評・研究などが例示されますが,引用する著作物(主)の方が,引用される著作物(従)よりも上位の論述である必要があります.たとえば,単なる「紹介」や「感想」ではこの要件を満たさないと考えられます.

このように,「引用」というのは無制限ではなく,著作権の存在理由に基づく例外的な(著作者の権利を制限する)規定です.安易に捉えるべきではありません.
よく誤解されているのは,「引用」と称して,単なる「複製」を行っている場合です.

また,「内容をまとめた文章」を書きたいとのご希望ですが,原文のままでの「明瞭区別性」もなく使用することになり,これは単なる「引用」ではなく,「要約引用」とされ,現行法ではできないと解釈されています.たとえば,法43条2号で,法32条に定める「引用」については「翻案」は含まれず,「翻訳」しか認められておりません.

さらに,「要約引用」においては,著作者の意に反した改変がされる場合があり,要約の内容が忠実でない場合には翻案権と著作者人格権の同一性保持権の侵害になる可能性があります.

また,ブログにアップロードするのであれば,公衆送信権侵害の可能性があります.

以上の理由から,お止めになることをお勧めします.
また,著作者に知られなければ何をしてもよいという考え方もありますが,いかがなものでしょうか.

お考えのようなことについては,著作物の「引用」に該当するかを検討する必要があります.

まず,著作権法32条1項で「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 」とされています.

ここで「公正な慣行」とは,たとえば,学術論文などで参照(引用)する場合に,参照文献として明確に記載するとか,雑誌や新聞など,各業界での参照文献...続きを読む


人気Q&Aランキング