フェライトは今後どのように発展・応用されていく可能性がありますか?
フェライトの展望をどんなことでもいいので教えて下さい!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「フェライト磁性体」は、「超伝導」領域ではかなり安定した素材なので、大容量の電力蓄積や高強度磁性体として応用分野があります。



基礎的には、既に枯れた分野と思われていますが・・・意外にもその「基礎的な性質」が知られきっているとは言いがたい。超合金分野でも、再び見直されるべき素材であると思います。

具体的には、フェライト素材における様々な技術的な側面を含めて、基本的な性質が全て分かっているとは言いがたい。なぜならば、長い間、試行錯誤で技術開発が進められてきた分野だからといえます。

「超純鉄」というのが、東北大学金属材料研究所などのチームで開発されました、超うす膜のフェライト素材というものは、まだ実用化されていません。例えば、超うす膜のフェライト素材が産まれれば、「超伝導コンピュータ」や「量子コンピュータ」の分野で、画期的な技術を生み出すかも知れません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報