バックラッシとは、どういう意味ですか??

ある装置を油圧モータで上昇/下降(機械軸にエンコーダを取り付けて昇降量を検出しています)さしていますが、例えば、ゼロ(基準の位置)から50mm上昇さしたら、そこから下降時にエンコーダのカウントで50mm下降さしたら、ゼロの位置に戻るはずですが、エンコーダのカウントで53mmぐらい下降させないと、装置はゼロ位置に来ません。「これはバックラッシの問題だ」と聞きましたがよく理解できません。

どなたか分かりやすくご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

時計 用語」に関するQ&A: フランスの時計用語

A 回答 (4件)

用語としてはこんな感じ↓です。


バックラッシュ (機械) Wikipedia 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83% …(%E6%A9%9F%E6%A2%B0)

歯車等は一方に押し付けられた状態から反転させるとその隙間分は
動きません。磨耗したための隙間だけではなく、動くために初めから
これは持ってるものなので、その分は除けないという意味で使われたと
思います。
機械式の時計は時刻を合わせる際、一度進めてから「戻して」合わせな
いとこの歯車のバックラッシュ分ズレるのと同じです。

この回答への補足

早速の御回答ありがとうございます。
隙間分を埋める段階である程度、軸が回るのでパルスがでるという意味でしょうか??

補足日時:2009/05/14 21:18
    • good
    • 0

おそらく、モーターによってボールネジを回して動作させている装置と思われます。


何かしらのプレス機でしょうな。。

バックラッシュの話は、No.2さんの通りです。
ボールネジの回転が反転するところ(上昇から下降に転じるところ)で、ネジのバックラッシュが発生しているため、ネジがナットと噛み合うまで空転します。
その間、「モーターは回っているけど、動作せず」という状況が発生します。
油圧モーターに送られているパルス数は50mm分のパルス数しか送られていないため、結果的にここで空転した分が3mm足りないということは、すなわち実際には47mmしか下降していないと思われます。よってモーターへは53mm分のパルス数を送らなければいけないというわけです。
実際に、変位センサーを取り付けて測定してみればよくわかりますよ。

最近のナノインプリント装置なんかは、これを防ぐ仕掛けがついていたりしますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいご説明有難う御座います。

お礼日時:2009/05/20 21:34

No.2です。

装置自体見てないので確かな事は言えませんが:

>隙間分を埋める段階である程度、軸が回るのでパルスがでる
 という意味でしょうか??

「機械軸にエンコーダを取り付けて昇降量を検出」させている
のであれば、機械軸がバックラッシュの無い状態から往路(上昇)
を動き、復路(下降)に転じる際にバックラッシュ分余計に回る
ので、その分が多く出ていると「これはバックラッシの問題だ」
と言った方は考えたのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理解できました。
大変ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/16 09:10

たとえば、エンコーダの取り付けにガタ(遊び)があると、同じ位置でも登るときと下るときで指示に違いが出ますよね。


そういう、遊び(に起因する不感帯やヒステリシスの存在)のことを言います。

この回答への補足

早速の御回答ありがとうございます。
指示に違いがでるとは、どういうことでしょうか??
また、ガタとはエンコーダ軸とカップリングのガタのことでしょうか??

補足日時:2009/05/14 21:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qねじの「おねじ」と「めねじ」とは?

ねじの「おねじ」と「めねじ」は構造的にどう違うのでしょうか? JISの用語記述では

おねじ=ねじ山が円筒形又は円錐の外面にあるねじ
めねじ=ねじ山が円筒形又は円錐の内面にあるねじ

とあります。これは単純におねじ=ボルト  めねじ=ナット と考えていいのかと思っていたのですが、用語集の中に

平行ねじ=ねじ山が円筒の内面、または外面にあるねじ

というものがあり混乱してしまいました。 すごく初歩的な問題なのですが、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
なんと!ネジには平行じゃないテ-パ-ネジがあるのです。
??って思うかも知れませんが 気密を必要とする 接続(通常パイプ関係が多い)に使用します。
ネジ込み初めはガタガタで 最後にギュってしまります。JISでは以前はPT 今はRCネジと言います。
で 平行ネジの記述は それらに対して平行といったので メネジ オネジを含んだ言い方ですね。
つまり 平行ネジにも テ-パ-ネジにも オネジメネジは有るのです。

Qフライス盤と旋盤の違い

機械関係がまったくだめな会社員です。
でもこういう関係の仕事をしていますが、
実際違いがよくわかりません。
どのようにちがうのでしょうか?
また使用する用途も違うのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

旋盤とは、主に丸棒の加工が得意です。
フライスは、平面加工が得意です。

旋盤の得意な分野ですが、
40ミリの丸棒を20ミリで加工します。

仕上げ指示は、20.00~-20.03ミリの間です。(0~-3/100ミリ)

ここにベアリングが打ち込まれる訳です。
もちろん、この公差からはみ出せば不良品です。

http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/lathe/intro/index_j.html

フライスは、
材料の表面を削って、厚さを19ミリ(プラスマイナス0.1ミリ以内)
に仕上げたりします。

0.1ミリは、計っても普通は狂いません。

http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/milling/intro/index_j.html


確かに、旋盤でも、
4本爪を使って角板でも長方形でもフライスのようにしてやる。
このようなベテランもいます。

ですから、
この加工は出来ない。は難しい表現で、
フライスを選ぶ方が良い。
こう言う表現が良いと思います。

プロを相手にすると、問題が出るかもしれません。

専門機械の方が、
早く、正確に、量をこなす事が出来る。
こう思います。

>実際違いがよくわかりません。
加工部品を見るのが良いと思います。

参考URL:http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/index_j.html

旋盤とは、主に丸棒の加工が得意です。
フライスは、平面加工が得意です。

旋盤の得意な分野ですが、
40ミリの丸棒を20ミリで加工します。

仕上げ指示は、20.00~-20.03ミリの間です。(0~-3/100ミリ)

ここにベアリングが打ち込まれる訳です。
もちろん、この公差からはみ出せば不良品です。

http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/lathe/intro/index_j.html

フライスは、
材料の表面を削って、厚さを19ミリ(プラスマイナス0.1ミリ以内)
に仕上げたりし...続きを読む

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報