伝統的な物作りの職人になりたいのですが、どう動き出したら良いのか見当がつきません…。これまで幾つか仕事に就き、自分のやりたいことが朧気に見えてきました。全く何の技術も資格も後ろ盾も学歴もお金もありません(PCがないので検索などでの手掛かりは限られてしまいます)。年令も性別も不利かもしれません。ですが、一つ一つ責任を持って一生の仕事をしたいと思っています。仕事を見つけるにはどういう所に問い合わせたら良いかや、有利な資格…など、具体的な情報の糸口をどうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一口に伝統的な物といっても、


たとえば鍛冶と寄木細工とガラス工芸と機織はまったく別の仕事です。
リンゴとみかんとバナナといちごぐらい違います。

また、うどん屋・そば屋・豆腐屋なども、
伝統的な物作りの職人です。
小さな町でもひとつぐらいは上記のお店があるでしょうから、
そこで直接相談するのもひとつの手です。

リンゴ農家に行って、
「何でもいいから果物の作り方を知りたいので弟子にしてください!」と言っても、
「おまえは何がしたいんだ!?」と追い返されるのがオチだと思います。

「何でもいいから何かがしたい」というのは、
「あなたの技に魅せられたのでぜひ修行したい」というのとはまったくワケが違いますから、
人生をかけてその道を究めている相手にとってとても失礼なことです。

また、熱意だけではダメです。
モノづくりであれば、手先の器用さや、いろんなセンスを問われるものがほとんどです。
ある程度までは努力でカバーできますが、
ある程度以上は才能によって大きく左右されますので、
もし、自分自身不器用でセンスが無いと思うのでしたら、
やめておいた方が無難です。

とりあえず、自分は何がしたいのか?
その適性はあるのか?
というところを、もっと掘り下げてみてください。

私があなたに豆腐屋を勧めたところで、
あなた自身にやる気がなければ、無意味ですからね。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ひとつひとつのお言葉をありがたく噛み締めて受け取りました。惚れ込んだものがあったり特定の職人さんの腕を見込んで、というわけでもないのなら、当然門前払いですよね…。育った場所に深い愛着があるので、地元に古くから続いているようなことを自分の一生を捧げる仕事にと考えたのです。私は動き出す方向すら掴めず気持ちばかりが先走っていました。冷静になって自分や周りを見詰めなくては道も見えないですよね…。親身になって考えて下さって、本当にありがとうございます!

お礼日時:2009/05/14 15:11

最低限の条件として、資産で食べていけること。



というのは、ここ20年ほど廃業した伝統産業系家内工業所は3桁近くなります。日本最大手の某所とか、人間国宝の某氏とか、伝統産業ゆえ安衛法を無視している法人が多く、大体の職人は5年程度で健康を害して離職しています。労災にもならず、医者が治療を放棄したので自分で直すという人もいます(本人の話では、適正な治療を受けられない場合の平均余命は10年、既に10年生きたからいつ死んでもおかしくはない)。

5年程度勤めて健康を害しても資産で食べていける人でないと、薦められません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですね…。造るものによっても様々な厳しさが必ずしもあるものだと思います。自分の代で終わろうと考えておられる方も多いようですね。そして、それは伝統産業に限ったことではないのかもしれません…。私の知っている農家の方もまた、過酷さゆえに、とても跡を継いで欲しいとは思わない、とおっしゃっておりました。私は何の保障もなく、健康や安全を軽視されて、生活保護より低い賃金で、つい最近まで製造業勤めをしてきました。私が勤め先を辞めた理由はそういったところにはありません。苦痛は辛いものです。でも、私にとってそれよりも辛いのは人に失望することです…。自分の仕事に責任を持たず手を抜くことばかりの体質には、もう辟易です…。私は納得のいく仕事を、深い愛着のある地元に根差して、じっくり探したいと思います。まだまだ私は入口にさえ立っていません。実際に体験してみたり、色々な方の話を伺ってみるなどして、目指す仕事の実情をよく知ることが必要なんですね…。勉強になります。現実的なことを具体的に示して下さって、とても参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/15 03:25

先ほど回答したものですが、このような養成機関を修了後、No.1のかたがコメントされているように無給で弟子入りがいいかもしれません。


この世界は厳しいと聞きますが、最後まであきらめずにがんばってくださいね!!
    • good
    • 4
この回答へのお礼

(恐縮ですが、No.2と3併せてのお返事で失礼します…)
前途戴いたような育成所の門をくぐった上でなら、その後に進む為の相談窓口や人材斡旋などもありそうですね。参考になります!
因みに当方、茨城県民なのですが、調べてみましたら県内では畳の伝統技術の訓練校がありました。ですが、そこは年令制限が29才迄で、35才の私は既に受験資格を越えておりました…。出来れば大好きな地元に根差した職人になりたいです。

お礼日時:2009/05/14 14:23

このような記事をサイトで見ました。

PC環境が無いとのことなので、あげておきます。参考になるかどうか分かりませんが・・・
以下抜粋
伝統工芸の求人と職人養成機関一覧

●九谷焼技術研修所
〒923-1111 石川県能美郡寺井町字泉台南2番地
電話0761-57-3340
九谷焼の基礎を学ぶ。卒業生には著名な陶芸家も多い。

●金沢卯辰山工芸工房
〒920-0832 石川県金沢市卯辰山1-10
電話076-251-7286
陶芸、漆芸、染、金工などの伝統工芸技術研修を行う。

●木曽高等漆芸学院
〒399-6302 長野県木曽郡楢川村平村1729
電話0264-34-0488
漆芸、工業デザイン専門の研修所。

●京都伝統工芸専門学校
〒622-0041 京都府園部町二本松1-1
電話0771-63-1751
陶芸、能面制作、木工芸、石工芸、竹工芸、金属工芸などのコースがある。学校教育法でいう専門学校で、卒業すれば専門士の称号が得られる。

●島根デザイン専門学校
〒699-1832 島根県仁多郡横田町
電話0854-52-8200
陶芸科では、陶器、磁器、釉薬、絵付けなど桃源全般にわたる技術・知識を習得する。付属の奥出雲陶芸研究所でも研修生を受け入れている。

●香川県漆芸研究所
香川県高松市番町2-9-30
電話087-821-5948
香川県の伝統的な漆芸を伝承するための後継者養成施設。

●佐賀県立有田窯業大学校
〒844-0012 佐賀県西松浦郡有田町中部乙2441-1
電話0955-42-3144
陶磁器の技術者育成を目指す県立の専修学校。
    • good
    • 6

伝統工芸にはその道の専門家がいるはずです、しばらく無給で修行したらどうでしょう。

無給がむりなら伝統工芸の道は諦めましょう
問い合わせとしては商工会議所、役所の地域振興課などに問い合わせてみてください
    • good
    • 2
この回答へのお礼

商工会、地域振興会…なるほど…!確かに、地元のことに精通している所ならば何かしら知ることが出来ますよね!やっぱり実力重視の世界ですからね…。賃金は自分の技量がまともになってからの話だと重々分かっております。地元がとても好きなので、まず近くから調べて問い合わせてみたいと思います。アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q跡継ぎのまったくいない伝統工芸をおしえてください

現在跡継ぎがいなく、数年後にはその工芸が日本からなくなってしまうというような伝統的な工芸を知っている方おしえてください。
休みを利用して訪問したいと考えているので知っている限りの詳しい情報をおまちしております。  よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

いくつかの伝統的工芸品について現地調査の経験がある者です。
経済産業大臣指定伝統的工芸品のうち、特に小規模なものを
稀少伝統工芸品といいます。下記のようなサイトをもうご覧になっているかもしれませんが、池袋の全国伝統的工芸品センターに行って情報を収集するといいでしょう。
http://www.kougei.or.jp/center/
http://www.kougei.or.jp/index.html
http://www.kougeishi.jp/index.php
http://www.kougei.or.jp/kougeishikai/
現地調査の印象としては、有名な産地でも「全工程手作業はこの人が最後」「この技法ができるのはこの人が最後」「これが作れるのはこの人だけ」「昔ながらの材料を使っているのはこの人が最後」、原材料や製造用の道具を作る人が1人しかおらず、その人がいなくなったらもう作れない。などのパターンがありました。工芸品の名称を出すと個人が特定できてしまうこともあるのでお許しください。
また、最初から最後まで一人で作る工芸品は少なく、多くは分業のため、ある工芸品で、手作業でその工程を行なっている家としては最後の一軒だったのに工賃があまりに安く、後継者として育っていた息子さんが生活が苦しくて泣く泣く転職してしまいました。別の産地ですが、地元の自治体の支援で後継者を募集し、やる気のある若者が集まってきたのに、全員やめてしまいました。その工程は床に正座かあぐらですわったままの作業が続くのですが、一日中床に座るということができなかったそうです。ちょっとずつ慣れればいいじゃんとも思いますが、作業時間が技術の向上や収入に直結するため、趣味ならともかく職業として家族を養うのは無理ということでした。
有名なのは輪島などの漆器の絵付けに使う筆でしょうか。最も細い部分を描くためにはある種のネズミの毛しか使えないのに、そのネズミの生息環境が破壊され、毛の質が悪化し、獲る人もいなくなったために筆が作れなくなったというもの。このような後継者以外の問題もあります。ご参考になれば幸いです。いい修行先が見つかるといいですね。

いくつかの伝統的工芸品について現地調査の経験がある者です。
経済産業大臣指定伝統的工芸品のうち、特に小規模なものを
稀少伝統工芸品といいます。下記のようなサイトをもうご覧になっているかもしれませんが、池袋の全国伝統的工芸品センターに行って情報を収集するといいでしょう。
http://www.kougei.or.jp/center/
http://www.kougei.or.jp/index.html
http://www.kougeishi.jp/index.php
http://www.kougei.or.jp/kougeishikai/
現地調査の印象としては、有名な産地でも「全工程手作業はこの人が最...続きを読む

Q本気で転職を伝統工芸に…

今の仕事をあとしばらく勤めて
職人になりたい夢があります
自分は46歳男妻と子供3人の5人家族です
もともとものづくりは興味があり得意で好きな方です
楽器も広く浅くですが演奏する事が出来ます
絵を描いたり日曜大工もそこそこやってる程度です
日本文化の後継者を捜しておられる伝統工芸など
コツコツと修行を積んで本物の職人と呼ばれたいです
安定した今の職業に閉塞感を抱いてますが
逃避ではなく新たなる挑戦の心構えです
何か情報がありましたら教えて欲しいのですが
よろしく御願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

>sophia35さんは何年くらい修行して現在ですか?
申し訳無いのですが、私は多分「dkato」さんの頭で描いているような「修行」と言う事はやった事はありませんね。
大学で工芸デザインを専攻して、陶芸、窯芸、染色全般、織物、金工全般・・・等の勉強をし、その中で自分の本格的にやりたいものを見つけて(それが私の場合鍛金でした)卒業後はある程度、身に付けた物を行かせる職種に就いた後、独学しながら、恩師に教えを乞うたり、金属加工をされていると言う方が入れば連絡をとって実際にお会いしに言って、お話を聞いたりしながら、とにかくは伝統技法を完全に会得するべく試行錯誤をしている最中であります。

心構えと言うか・・・やはり認められない限り、生業とはならない仕事であると思った方が良いのでは無いでしょうか。後、「安定した今の職業に閉塞感」とありますが、今現在、伝統工芸と言っても会社組織になっている処が多くなっているから、何処で働きながら技術を会得するにしても、やはりdkatoさんの仰る「閉塞感」は感じてしまうのではないかと思います。

後、これは仕事でも言えることですが・・・
私は大学の恩師から「守・破・離」の精神を叩き込まれました。この意味は

守=「とにかく教えられた事を、疑問があろうが絶対に守ってそれを完璧にこなせるように取得する」
破=「それが完璧にこなせるようになった時、初めて師の教えを壊して、自分のスタイルを模索する」
離=「自分のスタイルをはっきりと確立した時、初めて師の教えを離れて自分の道を歩み始める」

と言う意味です。
どうしても、さらっと上面だけ覚えて独自のスタイルへと行こうとする人間が多いと思いますが、本当に、完璧に伝統技法を取得しない限り、それはやはり底の浅いものしか出来ないと思いますし、その根気が無ければやはり「本物の職人」と呼ばれるに値しないでしょうね。

私は未だ「守」の半ば・・まだまだ夢街道遥かなり、と言った所でしょうか。

こんにちは。

>sophia35さんは何年くらい修行して現在ですか?
申し訳無いのですが、私は多分「dkato」さんの頭で描いているような「修行」と言う事はやった事はありませんね。
大学で工芸デザインを専攻して、陶芸、窯芸、染色全般、織物、金工全般・・・等の勉強をし、その中で自分の本格的にやりたいものを見つけて(それが私の場合鍛金でした)卒業後はある程度、身に付けた物を行かせる職種に就いた後、独学しながら、恩師に教えを乞うたり、金属加工をされていると言う方が入れば連絡をとって実際にお...続きを読む

Q職人になるには?

当方、今年25歳になる女です。
今までずっと一般事務という、何の専門性もない誰にでも出来る仕事をやってきました。頭が悪く要領も悪い、コミュニケーション能力も低い、体力もないのでそのような仕事をしてきました。
しかし将来を考えると不安になります。
軽い鬱病持ちで転職回数は6回。電話応対も吃音があり、難しい仕事では頭がついていかない為、経理を考えた事はありますが挫折しています。
今はまだ若いから転職も出来るけれど、この先ずっと一般事務では先がないと思うのです。
コミュニケーション能力が低いので、出来れば清掃など人とあまり接しない仕事が良いと思って、清掃業で色々探してみたのですが、短時間しか入れず、長時間入れる所でも深夜稼働などがあり、体力的に難しいかなと思っています。
そこで昔ガラス職人に憧れた事を思い出したのです。
ガラスを作り、綺麗な形に整えて…といった作業が楽しそうだなと思いました。あとは陶器を造ったりする仕事も良いなと思っています。
しかしそのような仕事につくには、まず修行しなければいけないという事をネットで調べていくうちに解りました。
実際、修行の期間というのは給料や休みなどは、無いと思った方が良いのでしょうか?私の家庭は母子家庭ですので給料があまりに安いときついものがあります。あと休みがないのも精神的にきついかと…。
現状はどのような感じなのでしょうか?
詳しい方、教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

当方、今年25歳になる女です。
今までずっと一般事務という、何の専門性もない誰にでも出来る仕事をやってきました。頭が悪く要領も悪い、コミュニケーション能力も低い、体力もないのでそのような仕事をしてきました。
しかし将来を考えると不安になります。
軽い鬱病持ちで転職回数は6回。電話応対も吃音があり、難しい仕事では頭がついていかない為、経理を考えた事はありますが挫折しています。
今はまだ若いから転職も出来るけれど、この先ずっと一般事務では先がないと思うのです。
コミュニケーション能力...続きを読む

Aベストアンサー

美術大学を出ていますので、知人にガラスをやっている人がいます。

まず、弟子のうちは無給です。
休みはあるのですが、その間に自分の作品を作らなければなりません。仕事中に自分の作品制作に充てる時間はないので、休みを利用することになります。ですので実質本当の休みはないとのことでした。

独立して工房を持てるようになっても、作品が売れないと収入になりませんので、最終的には自分の実力次第です。知り合いはガラス教室運営をしていますが、やはり食べていくには大き目の作品が高値で売れないと困るというようなことを言っていました。

体力的な部分についてはよくわかりませんが、やはり体力は相当使うようです。
大きめの作品作りに掛かると、本当に数キロ痩せることもしょっちゅうだといっていました。

Qやきものの絵付け職人になるには

やきものの絵付け職人になりたいと思っています。
絵付け職人をやっていらっしゃる方々は、みなさんどういう過程を経てきているのでしょうか?専門の学校を出ている方が多いのでしょうか?また、そういった求人は今どのような状況でしょうか?ハローワークなどで探してもあまりみつかりませんでした。

わたしは、ただただ絵を写すことが好きなので、作業の一部に組み込まれたような仕事がしたいと思っています。
今はフリーターで、二十代後半です。美大は出ましたが、今までサービス業や編集の仕事をやってきました。焼き物業界のことがまったくわからないので、どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

既製品の絵付けの経験がある者です。
アルバイトでしたが、岐阜や飛騨の窯元に行って絵付けをしました。
私の行ったところは世襲制で、息子さんは東京芸大卒という凄い人ですが、何も気兼ねすることなく、すんなり入れました。

>作業の一部に組み込まれたような仕事がしたい
それ「のみ」は無理です。
土を運んだり、釜のすす掃除をしなければなりません。

他は知りませんが、私の行ったところは古いしきたりのところで、通り一遍のサラリーマンには不向きです。
人の話を聞いて、同じ釜の飯を食う、残業とか観光とか言わない覚悟がいります。
ご参考まで。

Q機織職人になる方法

(和装)着物用の反物を織る職人になる方法はあるのでしょうか?また、それによって生計を立てることは出来るのでしょうか?
興味ある分野で生計が立てられるならと思い質問させていただきました。
私は、関西在住の30代女性です。

漠然とした、質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

北関東での7~8年前の話ですが、隣町が有名な紬の産地で、織子募集があり、かなり本気で問い合わせしたことがあります。
募集は45歳位までだったと記憶しています。まず工業指導所のようなところで研修があり、その後、織元へ就職という流れで、それだけで生計を立てるのは無理そうでした。主婦で金銭的にも時間的にも余裕があるならともかくと、両親の猛反対にあい、結局、諦めざるをえませんでした。(あくまでも私の場合の話です)
関西ということですので、有名どころの西陣や丹後ちりめんあたりをあたってみてはいかがでしょうか。

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q伝統文化、芸能、その他日本の歴史にかかわれる職場について。

初めまして。現在就活中の者です。
皆様のお力をお借りしたく質問させていただきました。

タイトルの通り、日本文化にかかわる職業に就きたいと思っております。もちろん茶道・華道の先生や着付け師、書道師範や落語家、その他伝統工芸の職人等様々な仕事があるのは知っていて、将来的にはスキルを身に付けそのような仕事に就きたいと考えております。

ですが上に挙げた仕事は、当然長年修行を積んでからようやく仕事として出来るようになるものです。残念ながら現時点での自身の経済状況は非常に苦しくそれらに投資できるような余裕もありません。

しかし普通の会社に勤めるよりも少しでも日本文化にかかわることがしたく、歴史的な施設等でスタッフを募集していないか色々探している次第です。(某歴史的テーマパークの求人にも応募しました。残念ながら採用は無理でしたが)

長々と読みづらい文章をすみません。
少しでも歴史にかかわることで、「こんな仕事がある」、「こんな職場がある」というような情報をお持ちでしたら是非教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa920666.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115848036

常識的に考えて上のサイトです。
または、歴史の本を扱う出版社勤務です。
今は歴女が増殖しているので雑誌・本は売れているはずです。
その他は忍者グッズ、刀を扱うお店です。
あとは書かれているように歴史資料館などでの仕事です。

Q和の仕事へ転職したいのですが…

和の仕事へ転職したいと思っている27歳女会社員です。

幼いころから日本史や、日本の文化が大好きでした。
世界はそれらで回っているといってもいいくらい、私の中心は日本の歴史と文化です。
社会人5年目を迎え、昔からの夢であった歴史や文化に貢献できる仕事に就きたいと強く思うようになりました。
この質問をする前にハローワークに聞いてみましたが、「関連団体への寄付でも関われることでは?」みたいなことを言われました。うまく言えませんが、趣味の範囲にとどめるのではなく、仕事という活動によって価値を見出していきたいんです。
今の仕事もそれなりにやりがいがあるのですが、「和」とはとはかけ離れた環境です。
もちろん、現職のやりがいを突き詰めたらとは思うのですが、一度きりの人生、どうしてもチャレンジしたいと思うのです。


ただ、転職しようと思っていても、指物師や表具師などの職人にはなれません
(一番やりたい仕事なのですが…)

まず、家庭の経済事情により、一定以上の収入が必要です。家族の援助はもらえません。
しかも家族への仕送りは必要になります。多くはないですが、少なくもありません。(ちなみに独身です)
実家からの通い(もしくは収入に目途が付ければ県外への脱出も可)

この三つがネックになってなかなか前に進みません。


今まで調べた所、着物業界が一番条件に当てはまっていると思ってます。
ある程度の収入が見込めそうですし、業界が厳しいとは聞きますがやりがいはありそうです。
他に、少しでも「和」に接する仕事があれば教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします!

和の仕事へ転職したいと思っている27歳女会社員です。

幼いころから日本史や、日本の文化が大好きでした。
世界はそれらで回っているといってもいいくらい、私の中心は日本の歴史と文化です。
社会人5年目を迎え、昔からの夢であった歴史や文化に貢献できる仕事に就きたいと強く思うようになりました。
この質問をする前にハローワークに聞いてみましたが、「関連団体への寄付でも関われることでは?」みたいなことを言われました。うまく言えませんが、趣味の範囲にとどめるのではなく、仕事という活動によって...続きを読む

Aベストアンサー

かなり大きな三つのネックですね。というか、普通に皆それがネックでなかなか進めないものです。
「和」と言ってもね、気持ちはわかるのですが範囲が広すぎます。
着物業界、それとてひとくちで言い表すには広い業界です。

販売員などを想定してるなら当然ノルマ等に振りまわされる世界ですし大手ほどあなたのイメージする世界とは違うと思います。
それでもいいと言うなら飛び込むのも良いですがまず未経験でできる職種、入れる会社は限られるでしょう。
最近は成人式専門店なるものがあります。着物レンタルから着付け、写真いっさいを請け負うという呉服店とはまるで異なる業態ですが、そういったところの電話アポとりなんかが現実的なセンじゃないでしょうか。

着物コーディネーターとかスタイリスト、デザイナーを目指すなら相応の勉強が必要になり軍資金が要りますね。
ただの着付けの先生なんかは食べていけません。
着付け、和裁、和服全般の知識、茶道なども嗜む必要もあると思います。
そのための専門学校に通う人も多いです。最終的にはセンスの問題なので才能も必要です。
接客能力、コミュニケーション能力も求められます。
そのあたりはアパレルつまり洋服の世界と大差ないですよ。
着物を着られれば満足というなら料亭の仲居さんでもすれば良いのですが売るとなれば厳しい世界です。

では着物を作る側はどうかと言えば染織を専門に学んだ美大出身の人も多い世界。
ただし織りや染めの職人見習いとして従事するなら経験不問の場合もあります。
京都をはじめ各地染織産業の産地での修行が必要になるでしょうから自宅を離れられないのでは無理ですね。

どの道「儲かる」という仕事でないのは確かで好きだからこそ続くという仕事です。
学校に通ったりと投資が必要な割りには回収率が悪いのは間違いありません。
それでもまあ、どうにかして始めない事には道は開けないわけですが。
リサイクル着物のショップ店員あたりから始めてみますか?
年齢的にはまだまだやれる世界ではあります。

かなり大きな三つのネックですね。というか、普通に皆それがネックでなかなか進めないものです。
「和」と言ってもね、気持ちはわかるのですが範囲が広すぎます。
着物業界、それとてひとくちで言い表すには広い業界です。

販売員などを想定してるなら当然ノルマ等に振りまわされる世界ですし大手ほどあなたのイメージする世界とは違うと思います。
それでもいいと言うなら飛び込むのも良いですがまず未経験でできる職種、入れる会社は限られるでしょう。
最近は成人式専門店なるものがあります。着物レンタルか...続きを読む

Qものをつくる仕事

25歳女性です。手先が器用でコツコツ黙々と作業するのが好きです。
今まで趣味で小物を作ったりしてきましたが、自分の好きなこと、得意なことを仕事にしたいと思うようになりました。
そういった職人系(ものをつくる・コツコツ黙々と作業する)の仕事にはどのようなものがありますか?
今からでも目指せるものはありますか?

Aベストアンサー

付け爪を作る内職は安いそうですが、 デコ携帯とかオリジナルの商品を作る仕事は、高額らしいです。
スーパーなどの化粧品コーナーのそばに、 ネイルアートとかデコ携帯なんかのコーナーが有りますね。 バイト扱い。
スクールに通い、作り方を学んで、現場に配属だそうです。 スワロスキーとか高級ビーズを使うと、高額になりますし、
利幅も大きいようです。 アイフォンケースにデコるそうです。 付け爪も店頭でお客の注文を聞いてから、裏の事務所で
作るそうです。 製作は歩合制で、早くたくさん作れば、利益が増える。 スクール代は出してくれるそうです。
その代わり、1年は勤務してくれるようには、約束させられます。
その場で、お客の爪にネイルを塗る方も募集してますよ。  どんなのが希望でしょうね。
デコの小物作るのは、自分のペースで出来ますね。 注文を聞いて、自分で作り上げて お客に渡すシステム。
時間の都合で、自宅でお持ち帰りで作製もOKらしいです。自分で注文聞くから 仕上がりに手違いが起きにくいそうです。
注文受ける人と、作成者が別だと、材料とか色のイメージがずれるそうです。トラブルの原因。
材料は、会社に有るので、自己負担が少ないです。 技術代は自分が貰い、材料代は差し引かれて、マネーになります。

仕事を覚えて、独立して 自宅で作製している主婦もいるそうです。   参考になりますかね??

付け爪を作る内職は安いそうですが、 デコ携帯とかオリジナルの商品を作る仕事は、高額らしいです。
スーパーなどの化粧品コーナーのそばに、 ネイルアートとかデコ携帯なんかのコーナーが有りますね。 バイト扱い。
スクールに通い、作り方を学んで、現場に配属だそうです。 スワロスキーとか高級ビーズを使うと、高額になりますし、
利幅も大きいようです。 アイフォンケースにデコるそうです。 付け爪も店頭でお客の注文を聞いてから、裏の事務所で
作るそうです。 製作は歩合制で、早くたくさん作れば...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報