・糖を検出する試薬はベネジクト液以外に何があるか?
・タンパク質や脂肪を検出する試薬にはどんなものがあるか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・糖を検出する試薬はベネジクト液以外に何があるか?


還元糖の検出は容易ですが、糖の多くは「非還元糖」なので、難しいです。

・タンパク質や脂肪を検出する試薬にはどんなものがあるか?
タンパクはアミノ酸に分解して窒素の検出になります。特殊なアミノ酸は検出できますが、一般的な方法は難しいです。
脂肪に至っては???です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脂肪と筋肉の重さについて

4年前にダイエットしようとジョギングを始めました。思い通りにダイエットでき目標だった5キロ減にも成功し喜んでおりました。そこでもうちょっと引き締めようと1年前から就寝前に腹筋100回、腕立て40回をしています。そのおかげで大分引き締まってきて、今度は+してバーベルで腕や肩の筋肉を付けるべく3ヶ月前よりトレーニングを週3~4回しております。そのおかげか自分でも徐々に思い通りの体つきになってきたと感じております。がっ!ここで問題が発生しております!なんと体重がどんどんダイエット前に戻りつつあり、ついにはほぼ当時と変わらない重さになってしまいました。こんな事ってあるのでしょうか?筋肉って脂肪よりも重いのでしょうか?お詳しい方がいらっしゃいましたら何でも教えてください。なんか今までの努力は・・・と思い始めました。いかがなのでしょうか???

Aベストアンサー

 同じ体積の体脂肪と筋肉を比べると、筋肉のほうがはるかに重いです。だから、筋トレしてスマートな人と運動しないぽっちゃりの人を比べると、同じ体重なのに筋トレしてる人の服のサイズは非常に細かったりします。
 筋トレを本格的に始めたなら、体重による管理は捨て去るべきで、体脂肪率(ただ、これも一般向け体組成計ではアスリートは誤差が出ます)、もっと重要なのはサイズで管理していくことです。

Qベネジクト試薬と糖

こんばんわ。ご覧いただきありがとうございます。
この前、ベネディクト試薬による糖の定性反応を実験しました。
ベネディクト試薬では酸化銅(I)が生じるとは分かってるのですが、試薬を入れて加熱する前は黒緑色の溶液でした。酸化銅(I)がすでに出ているなら赤褐色なるはずですよね?この黒緑色溶液の正体は何なのでしょう?その後、加熱すると赤褐色になりました。
お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全く加熱していませんか?
少しでも加熱しているのなら水酸化銅(Ⅱ)→酸化銅(Ⅱ)という反応が考えられるのですが…

ちなみにベネジクトの反応は、糖の還元力によって
青→緑→橙という段階があるそうです
あるテキストには『酸化銅(緑~橙)の沈殿がある』と書かれていました

Q脂肪と筋肉の重さの比率は?

脂肪より筋肉のほうが重いですよね。

比べたらどのくらいの比率?なんでしょうか?

脂肪は筋肉の何倍の大きさなのでしょうか?

ダイエットで、食事制限と筋トレしたら体重増えたんですよね。。。一応効果は出てるのかなと。。。

Aベストアンサー

同じ体積の脂肪より、約1.2倍筋肉が重いです。

Qタンパク質の検出・定量方法について

ニンヒドリン反応と紫外部吸収法とではどちらの感度が高いのでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経験からの感ですが、ニンヒドリンのほうが感度は高い気がします。
ただ、試薬は必要おまけに危ない、高温が必要と面倒で仕方がないので、紫外吸収を使うほうが手軽です。
もっとも、紫外吸収は、正確性が悪い(DNAや芳香環を持った物質もあわせて検出してしまう)ので、簡単に信用するのもどうかなと思いますが。

用途により使い分けするのが良いですね。

Q筋肉の重さを教えてください。

お世話になります。

ダイエットしながら筋トレしていると体重がなかなか落ちません。
でも筋肉は付いている感じがします。
体脂肪率も少し下がっています。

難しい質問ですみませんが、体脂肪率が1%下がると筋肉の重さはどれだけ増えるのでしょうか?
現在私は約70キロです。

頭が悪いので計算できません(:_;)

Aベストアンサー

体脂肪率は脂肪の重さを体重で割った「割合」です。
なので体重に体脂肪率を乗じた結果が体脂肪の重さになります。
体脂肪の重さ=体重×体脂肪率

体重から体脂肪の重さを引いた結果のことを「除脂肪体重」といいます。
除脂肪体重=体重-体脂肪の重さ

除脂肪体重は筋肉の量をそのまま表すものでは「ない」ので注意してください。
だからあなたの質問
「体脂肪率が1%下がると筋肉の重さはどれだけ増えるのでしょうか?」
に対する答えとしては、

「体脂肪率から筋肉量を直接求めることはできないので、"筋肉量は分かりません。"」

というのが回答になります。

例)体重70キロで体脂肪率が20%ならば
体脂肪の重さ=70キロ×0.2=14キロ

よって除脂肪体重は
除脂肪体重=70キロ-14キロ=56キロ

です。体重が変わらないのに体脂肪率だけが1%減ったなら、体脂肪の重さは13.3キロとなり、除脂肪体重は56.7キロとなります。つまり0.7除脂肪体重が増えたことになります。これはあなたが期待したとおり、筋肉が増えたことによるものかもしれないし、その他の要因によるもの(例えばウンコがたまっただけ)なのかもしれません。

一般には体脂肪率が下がっても体重も落ちてしまったら除脂肪体重も減ります。ダイエットをすると脂肪も落ちるけど筋肉も落ちる、ということです。
筋肉が増える場合とは、体重が増えたのに体脂肪率が下がった場合といっていいです。

ちなみに家庭用の体重計についている体脂肪計は、インピーダンスという身体の中の水分量で変動する電気量を測定して体脂肪率を「推定」しているだけで、精度が非常に悪いです。前の晩酒を飲み過ぎて、脱水症状気味で朝体重計に乗ると、びっくりするほど低い値が表示されます。なので1~2%の変動で一喜一憂しない方がいいですよ。

私などは毎日起床直後に計測していますが10%から12%の間を毎日うろうろしています。おとといは12%もあったのに今日は10.2%でした。ちなみに昨晩は大して飲んでいません。

体脂肪率は脂肪の重さを体重で割った「割合」です。
なので体重に体脂肪率を乗じた結果が体脂肪の重さになります。
体脂肪の重さ=体重×体脂肪率

体重から体脂肪の重さを引いた結果のことを「除脂肪体重」といいます。
除脂肪体重=体重-体脂肪の重さ

除脂肪体重は筋肉の量をそのまま表すものでは「ない」ので注意してください。
だからあなたの質問
「体脂肪率が1%下がると筋肉の重さはどれだけ増えるのでしょうか?」
に対する答えとしては、

「体脂肪率から筋肉量を直接求めることはできないので、"筋肉...続きを読む

Qタンパク質工学 タンパク質の分子設計

・タンパク質工学とは何ですか?

・タンパク質の分子設計とは具体的にどのような操作を
行うのですか?

Aベストアンサー

バイオでの質問をすることをお薦めいたします。

in silicoで水素結合などを考慮して分子デザインをするのが一つです。
結晶構造解析から得られたデータを元に計算されます。
ですので、今は溶液中ではなく、固体のタンパク質解析がメジャーです。

Q身長151cm 体重58キロ 体脂肪33% 筋肉量37キロ

身長151cm 体重58キロ 体脂肪33% 筋肉量37キロ
の高2女子です。
ダイエットをしようと思ってます。
脂肪が多いのはわかってるんですが、筋肉も多めらしいです(体重計のグラフ?曰く
このくらいの身長で、筋肉は普通何キロくらいなんでしょうか?
それから、私の体についている余分な脂肪は何キロくらいあるんでしょうか?
臓器の重さとかがわからないので計算ができません・・・。

あと、ふくらはぎに異様に筋肉がついて硬く、階段を歩いてると筋肉が動いてるのが分かるくらいです。
やたらと疲れるのが早くて、どうすればいいんだろうと思っています。
誰かよいダイエット法を教えてください。

Aベストアンサー

 身長151cmの女性の標準的な体重は、BMI(体型指数)を標準的な22としたときに約50kgとなります。50kgの体重の女性の標準的な筋肉量は約36kgです。また体脂肪量は約11kgです。貴女の現状の体脂肪量は58kg×0.33=19kgですから、余計な分は約8kgですね。

 筋肉量を落とさず体脂肪量を8kg減らせば標準的な体になる勘定です。でも筋肉量を落とさずに体重を8kg減らす、言い換えれば減量のほとんどを体脂肪量の削減に費やすのは至難の業です。生活強度(どのくらい筋肉を使う暮らしをしているか)が変わらない限り、体重を落とすと筋肉量もそれに釣り合うように自然と落ちるからです。

 ふつうにダイエットや有酸素運動をして体重を50kgにできたとしても、おそらく筋肉量は3kg減、体脂肪量は5kg減あたりになると予想されます。つまり体重がとりあえずの目標の50kgになっても、体脂肪が標準よりも多いブヨブヨ・プヨプヨの体型になる可能性があります。

 女性は男性に比べて筋肉が付きにくい体質です。筋肉太りしていると称する女性が多いのですが、ほとんどは皮下脂肪の付きすぎで、筋肉が多いわけではなさそうです。ふくらはぎが太い代表的な原因は2つ考えられ、ひとつはむくみ、もうひとつは皮下脂肪の付きすぎです。

 むくみは、指で暫く強く押さえて離すと、押し跡(凹んだままになる)が残るので分かります。

 また、太いのが皮下脂肪か筋肉であるかを確かめるために、そこを指で1~2cmの高さに摘み上げてみてください。摘めた部分の厚みの約半分が皮下脂肪の厚みです。皮下脂肪は柔らかくて筋肉のように力めないので指で摘み上げることが可能です。でも皮下脂肪の下にある筋肉は硬くて摘めません。
 ただし皮下脂肪の厚みが厚すぎると(量が多くて)もはや指では摘めなくなります。この方法を使うと、脚以外にわき腹、腕、手の甲など、いろいろな部位でも確かめることができます。

 身長151cmの女性の標準的な体重は、BMI(体型指数)を標準的な22としたときに約50kgとなります。50kgの体重の女性の標準的な筋肉量は約36kgです。また体脂肪量は約11kgです。貴女の現状の体脂肪量は58kg×0.33=19kgですから、余計な分は約8kgですね。

 筋肉量を落とさず体脂肪量を8kg減らせば標準的な体になる勘定です。でも筋肉量を落とさずに体重を8kg減らす、言い換えれば減量のほとんどを体脂肪量の削減に費やすのは至難の業です。生活強度(どのくらい筋肉を使う暮らしをしているか)が変わらない限...続きを読む

Q食品化学実験(タンパク質、糖の定量など。)

大学で食品化学の実験をおこなっていますが、計算の仕方、問題の解き方がわかりません。実験でおこなった部分の公式をみながらときますが、答えもなく、辛うじて理解していました。テストを受けましたが、実験の内容が異なるとわかりません。私なりに勉強しましたが理解不可能です。
食品化学実験の問題集は一般的にはありますか?
化学を勉強していない事もあり、なにから手をつけてよいのやら・・。
もしヒントに勉強できるものがありましたら教えていただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。

ケルダール法によるタンパク質の定量、ソモギー変法による非還元糖の定量など・・・

Aベストアンサー

薬学の範囲でしかわかりませんが、薬剤師国家試験の青本の基礎を見てみてください。
立読みでいいんで、すごくわかりやすく書いてあります。
あと、教科書としては私は改訂新版ハーパー生化学を使っていたんですが、
南江堂のもいいと思います。シンプル生化学っていう名前だったような・・・。
ちなみに、その辺の範囲はまとめて書いてあるんですが
やってることは結構ばらばらだったりするので、個々にノートに書いて覚えてゆくのが良いと思います。

Q脂肪より筋肉が減ってしまう

以前体脂肪計でお世話になったものです。あの後オムロンの
カラダスキャンを購入し、骨格筋率なども記録しております。

現状 173cm 71.8kg 体脂肪率 18% というところです。

ここ1ヶ月ほどの私の数値の経過を見ると、体重は順調に低下し、
BMI 24を切るところまできましたが、
体脂肪の重さと筋肉の重さ(共に率からの計算ですが)
で筋肉のほうが若干落ちている量が多いようなのです。

ダイエット方法としては、毎日エアロバイクで1時間ほど
走っているほか、3日に1度のペースで10kg ダンベル
15回x4セット、腹筋30回x4セット等の筋トレをしております。
食事制限は、炭水化物と脂質を減らすようにして、極端な
制限はしておりません。
筋肉がつくには時間がかかると聞いておりますが、そうなると
ある程度ダイエットで筋肉が落ちていくのは
仕方の無いことなのでしょうか。

筋トレは全くの初心者のため、あまり効いているか
どうか自信がないです。筋肉痛もあまり強く出ません。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●>ダイエットで筋肉が落ちていくのは
 >仕方の無いことなのでしょうか。

■タンパク質不足

食事でタンパク質を多く摂っていますでしょうか。

筋量を落とさないためには、筋肉の材料であるタンパク質を多く摂って、良くトレーニングする事にあります。

トレーニングで筋肉を刺激すると、タンパク質との同化作用が高まり、筋量が保持できます。
有酸素運動、無酸素運動で共通です。

■炭水化物(糖質)不足

有酸素運動では、消費エネルギー基質に、脂質だけでなく、糖質(炭水化物)も必要です。

脂質を円滑に燃焼させるためには、間接的に糖質も必要です。

そのため、炭水化物の制限で糖が足りなくなると、タンパク質を分解して糖を作り、この分を補おうとします。

また、遅筋のエネルギー基質にアミノ酸(タンパク質が分解された物)も使われます。

遅筋を使った有酸素運動で、筋肉は分解され、糖、アミノ酸となってエネルギーに消費されてしまいます。

■このため、食事制限ではなく、食事療法が必要となります。

<質問:明日からフィットネスに通います!!食事について相談に乗ってください!>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2258021

<質問:ダイエットは、はじめに有酸素運動などである程度体重をおとしてから筋トレする方がいいのでしょうか?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2275730

1日の適正なエネルギー摂取量から1/10くらいカロリー(-200kcalくらい)を引いた量が、ダイエットの摂取カロリーとして無理がありません。
それ以上カロリーを押さえると、非常に苦しいダイエットとなってしまいます。

この摂取カロリーにはトレーニングを込みで考えています。
運動の分の消費カロリーが入っているので、場合によっては、今までの摂取カロリーより多くなります。

<適正なエネルギー摂取量の目安を知ろう>
http://hirotabody.com/calorie.htm

<抜粋>

☆☆☆適正なエネルギー摂取量の目安を知ろう☆☆☆

※エネルギー所要量=基礎代謝基準値×体重×生活活動強度

こういう式を見ると難しいと思いますよね。
でも意味なんて考えず、下の表から自分の該当する欄の数字を式にあてはめて単純に計算してみましょう。
その答えがあなたの1日に必要とするエネルギー所要量です。

<年齢階層別基礎代謝基準値>
      男       女
年齢    基礎代謝基準値 基礎代謝基準値
      (kcal/kg/日) (kcal/kg/日)

 1~ 2 61.0    59.7
 3~ 5 54.8    52.2
 6~ 8 44.3    41.9
 9~11 37.4    34.8
12~14 31.0    29.6
15~17 27.0    25.3
18~29 24.0    23.6
30~49 22.3    21.7
50~69 21.5    20.7
70以上  21.5    20.7

<生活活動強度の区分目安>

生活活動強度と指数 生活動作 時間 日常生活の内容
(基礎代謝量の倍数)

I(低い)     安静   12 散歩、買物など比較的ゆっくりした1時間程度
1.3←この数値  立つ   11 の歩行のほか大部分は座位での読書、勉強、
          歩く    1 談話、また座位や横になってのテレビ、音楽
          速歩    0 鑑賞などをしている場合。
          筋運動   0

II(やや低い)   安静   10 通勤、仕事などで2時間程度の歩行や乗車、
1.5←この数値  立つ    9 接客、家事等立位での業務が比較的多いほか
          歩く    5 大部分は座位での事務、談話などをしている
          速歩    0 場合。
          筋運動   0          

III(適度)     安静    9 生活活動強度II(やや低い)の者が1日1時間
1.7←この数値  立つ    8 程度は速歩やサイクリングなど比較的強い身体
          歩く    6 活動を行っている場合や、大部分は立位での作
          速歩    1 業であるが1時間程度は農作業、漁業などの比
          筋運動   0 較的強い作業に従事している場合。

IV(高い)     安静    9 1日のうち1時間程度は激しいトレーニングや
1.9←この数値  立つ    8 木材の運搬、農繁期の農耕作業などのような強
          歩く    5 い作業に従事している場合。
          速歩    1
          筋運動   1

※計算例その1

日頃ジムに通って思いっきり筋トレしている体重70kgの40歳男性の場合
 基礎代謝基準値:22.3
 生活活動強度指数:1.9
エネルギー所要量=22.3×70×1.9=2966(kcal)

※計算例その2

買い物に出かける以外は家事とTVで過ごす体重55kgの27歳主婦
 基礎代謝基準値:23.6
 生活活動強度指数:1.3
エネルギー所要量=23.6×55×1.3=1687(kcal)

<注>この数値はあくまでも目安です。
個人の生活環境や体質、体調によっても違いが出ます。
常に自分の食事内容を考えながら、長い目で見て把握していきましょう。

●食事のカロリー計算は面倒ですが、主立ったものだけでも計算すると役立ちます。

(例)御飯一杯のカロリー 200kcal

<五訂日本食品標準成分表:トップ>
http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/

●無酸素運動系のトレーニングをもっと全身でまんべんなく行った方が良いと思います。

トレーニングによって、刺激を受けた筋肉が、筋量維持、筋量増加(基礎代謝アップ)出来るのです。

5体まんべんなく行います。

<質問:腕を鍛えたいのですが・・・>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2288710

<質問:成長ホルモンを効果的に分泌させるにはどうすればいいですか?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2360286

●資料

以前回答した物です。

<質問:自宅ので筋トレで教えて欲しい事があります。>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1934005

<スロトレの効能><質問:食事・負荷・頻度>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2111079

<質問:筋トレ時の呼吸法>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2136534

<質問:エアロバイクの心拍数>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2353051

<質問:サーキットダイエットについて>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2353824

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●>ダイエットで筋肉が落ちていくのは
 >仕方の無いことなのでしょうか。

■タンパク質不足

食事でタンパク質を多く摂っていますでしょうか。

筋量を落とさないためには、筋肉の材料であるタンパク質を多く摂って、良くトレーニングする事にあります。

トレーニングで筋肉を刺激すると、タンパク質との同化作用が高まり、筋量が保持できます。
有酸素運動、無酸素運動で共通です。

■炭水化物(糖質)不足

有酸素運動では、消費エネルギー基質...続きを読む

Qエームス試験紙で尿中のタンパク質を検出できる原理を簡単に教えていただきたいです!

エームス試験紙で尿中のタンパク質を検出できる原理を簡単に教えていただきたいです!

Aベストアンサー

テトラブロモフェノールブルーと言う試薬が、pH3〜4程度の酸で変色します。

この試薬は、蛋白質に出会うと、変色点が変わりpH2〜3程度に移動します。

この現象を利用し、尿蛋白試験紙にはテトラブロモフェノールブルーとpH3に調整されたpH緩衝剤を染み込ませてあり、蛋白がある場合は黄色から青あるいは緑へと変色するように調整されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報