ケーススタディな相談です。よろしくお願いします。

現在、あるベンチャー企業の起業を手伝っています(給料は別口です)。
起業が近づき、取締役(代表ではない)になることを迫られています。
起業をしたら取締役になってもならなくても、その企業で働き、
給料をもらうことになります。
取締役になっても私は技術担当で、経営に関与することは少ないと思います。
保証人になるようなことは一切を拒否します。
ベンチャーが成功する見込みは五分五分、株式会社であり、上場を目指しています。
私は社会人経験もほとんどなく、ビジネスや経営の知識は
まったくありません。
そのような理由で一度断りましたが、どうしても取締役に
なってほしいと言われています。
伏線として転職の準備も徐々に進めています。

このような状況で取締役になるべきか、断るべきか。
率直なご意見をお聞かせください。
「こうなったとき、こういった困ったことになる」といった
デメリットも教えていただけると参考になります。

A 回答 (5件)

何人ぐらいのベンチャーなのかわかりませんが、普通に考えて、ただの「平取締役」が、自分の職務以上に大きな責任を負うことは考えにくい。



借金するにしても、代表取締役以外に連帯保証をつけるのは、普通の金融機関ではないのでは?
逆に連帯保証を頼まれたときだけ、気をつければ良いのです。

もちろん、大きな失敗をしたとき、それ相応の責任を持たなければならないでしょうが、取締役にならなくても既に取締役をやれ、といわれるほどなら、その会社でのあなたのポジションは、重要かつ責任重大なものであるはずです。

そもそも、ベンチャーで働こう、というのは、どうやってもハイリスク・ハイリターンなのです。
やるならとことんまでやらなければ、ベンチャーそのものがうまく行くはずがない。
その割りに「取締役は嫌」というあたりの、バランス感覚に疑問を持ちます。

逆に考えて、あなたは社長以外の他の人の命令で仕事をすることができますか?
上場を目指す、ということであれば、何人か取締役を選出しなければならないと思います。
あなたが取締役にならなくて、別の人が取締役になれば、部門こそ違えど、あなたはその人の部下であり、経営陣である取締役の命令には服従しなければなりません。
それでも良いのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よくわかりました。
職務以上の責任を負うことはすくないんですね。

嫌ではなく、まだ無理だと思っているのです。
何の知識も経験もない人間が無責任に責任者になってよいものかで
困っていたのです。
普通の会社ではまずそんなことないでしょうから。

おっしゃる通り会社の形態として必要なため、取締役を出したいようです。
私は立ち上げメンバーとして優遇されているわけですが、とりあえずは経営の経験や知識、それでなくてビジネスを経験してきた人が最初は経営陣になったほうが会社のためにいいのではと思っていたのですが、あまりそういうことは気にされていないようです。
もっとも人間は私しかいませんが。
取締役とはそんなものなのでしょうか・・・

お礼日時:2009/05/16 23:10

零細企業取締役です。



私は受けるべきだと思います。

仮に、今、取締役にならずに経営に参画しないとして、
本当に数年後に自信を持って、受ける事ができますか?

リスク管理は大切ですが、せっかく実際に経験しながら
経営の勉強ができるなら、成功しても失敗しても、
全てがあなたの資産になるのでは?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに勉強にはなると思います。
あまりにも現段階で知識・経験がなさすぎて躊躇していましたが。
私は責任や取締役というポジションを大きくとらえすぎているのかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/17 12:20

よく考えて決めるのが良いと思います。



取締役になった場合の利点は、
1.当たれば大変儲かります。
2.取締役で会社の方向性を助言できる(技術面から見て)
欠点は、
1.ハズしたときの責任
(株主代表訴訟とかコンプライアンスとか)

最もコレは、助言をしていれば回避できることもあります。

断った場合の利点は、
1.ハズしたときの責任回避
欠点は
1.当たった時に大損をします。
2.会社成長の過程で入替えられてしまう。

すぐに思いつくのはこのくらいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常にわかりやすい比較ありがとうがざいます。
検索すると株主代表訴訟は被告にならなければ大丈夫との記事がありましたが、個人が誠実にしていれば大丈夫なのでしょうか。

お礼日時:2009/05/16 23:32

>取締役になっても私は技術担当で、経営に関与することは少ないと思います。


>保証人になるようなことは一切を拒否します。

 技術担当として経営に関与すれば良いのでは?(勉強!勉強!)
普通に技術担当役員はいるし、保証人にはならないという条件
もあらかじめ提示すれば良い話!(でなきゃ断ればよい)

>私は社会人経験もほとんどなく、ビジネスや経営の知識は
>まったくありません。

 だからこそ、今が勉強するチャンスなんじゃないの?

>伏線として転職の準備も徐々に進めています。
>このような状況で取締役になるべきか、断るべきか。

 あなた、若いんでしょ?
 そのあなたが取締役になるというのは滅多にないチャンスと
捉えるべきです。
 転職しても、今の世の中、経営不振でリストラされる可能性
だってありますよ。

 今の若い人(こういう言葉を使うのは完全にオッサンやね)
はリスクをとることを嫌うとテレビで報道されていたが、
事前にいろいろな準備をしても失敗するときはするし、40歳
以上ならともかく、失敗してもやり直しが利く。今、冒険しな
いとこれから一生出来ないということを肝に銘じたほうが良い
と思う。
 私が子供の頃に叔父がこう言いました。
----クジラの尻尾よりネズミの頭!----
頑張れ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
確かに私も備える人間だなと思います。
今回の話も2年後なら即決していただろうと思いますし。
何事も経験ですよね。

お礼日時:2009/05/16 23:53

経営に興味がないなら他の役員の足手まといになります。

断るべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
興味がなくはないのですが、現時点で知識はほぼ0です。
他の役員がいればよかったのですが、私以外人間がいないのです。
私の名義が必要なのであって、足手まといという
断り文句は通用しませんでした、実際。

お礼日時:2009/05/17 00:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役員になる場合のメリット、デメリット

会社から役員になって欲しいと言われました。会社役員になるとどういうメリットとデメリットがあるのでしょうか?
教えて下さい。
それと従業員ではなくなる為、退職になるとの事で退職金が出るらしいのですが、この場合本当に会社を辞める場合はもう退職金は出ないのですか?
ちなみに会社を辞めた時の失業保険などはどうなるのでしょうか?
会社からは名前だけだから何も変わらないと言われて何も教えてくれません。
こちらから聞くにしても何を聞いて、確認しておかないといけないのかがわかりません。
何も知らずに後々こんなはずじゃなかった!となりたくないので、みなさんの知ってる事を教えて頂けたらと思います。

Aベストアンサー

小さい会社ならつぶれたら一緒に自分も破綻してしまいます。あんまりおすすめしませんね。

Q取締役になる覚悟とは?メリット、デメリット

いつも、利用させていただいています。ありがとうございます。
同じような質問は、あったのですが改めて聞きたくて
書いてみます。
今、フリーランスで仕事をしているのですが、先輩が
会社を作ることになり、その際取締役として、手伝って
欲しいといわれました。
会社勤務があまり無いものですから、取締役になる意味というのが
どうもピンと来ません。その覚悟とは?そしてメリット、デメリット
は具体的にどんなものがあるのでしょうか?
やはり一人でやっていくのは、限界もあるので、会社に属するという
気持ちも正直あります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

取締役は、会社に属するのではなくて、会社を引張っていく役回りになります。
もちろん、代表取締役の方がいるでしょうから、そういう意味では、組織ですが、貴方の所属する組織は取締役会で、従業員のように会社に所属するというとは違います。

覚悟しておかなくてはならないのは、会社の運営に責任を持つということです。従業員なら給料分の仕事をすることが役割ですが、取締役は自分の時間のすべてが会社の為になることになります。
例えば年1日で残りの364日の会社運営に責任が持てるのなら、出社は1日でもかまいません。その代わり、従業員のミスとか、病欠による納期遅れなどで、会社が倒産すれば取締役全員でその責任を負うことになります。

メリットは、やはり個人ではなかなか得られない対外的な信用を得られるということです。
デメリットは、自分で立ち上げた会社ではありませんから、代表取締役と経営方針などで意見が合わなくなったときに、「自分の仕事だけこなす」ということは許されないことです。

質問者様にとって大きなチャンスかもしれません。しかし、リスクも高いことはお考えになったほうがよいでしょう。

取締役は、会社に属するのではなくて、会社を引張っていく役回りになります。
もちろん、代表取締役の方がいるでしょうから、そういう意味では、組織ですが、貴方の所属する組織は取締役会で、従業員のように会社に所属するというとは違います。

覚悟しておかなくてはならないのは、会社の運営に責任を持つということです。従業員なら給料分の仕事をすることが役割ですが、取締役は自分の時間のすべてが会社の為になることになります。
例えば年1日で残りの364日の会社運営に責任が持てるのなら、出社は...続きを読む

Q取締役に任命されたのですが

私は小さな会社に勤務するシステムエンジニアです。
今の会社には半年ほど前に入社したのですが、
入社した当初から派遣に回され、社内会議等もないので自社に戻ることはほとんどなく自社のことはほとんどわかりません。
それにもかかわらず、次期社長(現社長の息子)より
取締役の任命を受けました。
そのことを友人に相談したところ、どのような条件で
また、会社の経営状態なども詳しく聞いてから受けたほうがよいとのことだったのでたずねてみると
条件については役員会の決定がなければはっきりしたことがいえないとの回答で、経営状態については黒字だから安心しろとのあいまいな返答しか帰ってきませんでした。
このような条件では受けることができないので断ろうとしたら今度は、日本の文化的に上からの命令を断るのはありえない話だと態度を豹変させてきました。
結局、時間もなくこちらもかたくなに拒否したため別の方が任命されたようです。
私が知る限りでは取締役というのは会社が倒産したときなどの責任などが追及されるためこのような経営状態を知らないままできるようなポジションでもなく、
会社の経営を左右するような役職で自社のことをほとんど把握していないような者に勤まるものではないと思うのですが、私の解釈が間違っているのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

私は小さな会社に勤務するシステムエンジニアです。
今の会社には半年ほど前に入社したのですが、
入社した当初から派遣に回され、社内会議等もないので自社に戻ることはほとんどなく自社のことはほとんどわかりません。
それにもかかわらず、次期社長(現社長の息子)より
取締役の任命を受けました。
そのことを友人に相談したところ、どのような条件で
また、会社の経営状態なども詳しく聞いてから受けたほうがよいとのことだったのでたずねてみると
条件については役員会の決定がなければはっきりしたこ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんの解釈で合っています。

取締役には株主に対する責任がありますし、取締役会の決定事項が株主に損害をもたらすような場合、途方も無い損害賠償請求を受けることもありますので、会社のことを十分に把握し、かつ発言する権限のある状態でないと勤まるものではありません。

よって、社長に絶対的権限があり、あなたには会社に対する知識がない以上、絶対にできない仕事です。

それよりも、そうしたあなたを取締役に任命したり、どうしてもゴリ押ししようとするあたり、何か怪しいものを感じます。
その新社長や会社は、まともな会社なのですか?
色々お調べになり、取締役どころか社員でいることすら問題ないのかどうか、判断されたほうがいいように思います。

Q役員のメリットデメリットって?

はじめまして。2児の母&主婦です。
旦那が塗装業の小さい会社に勤めてます。
身内が多い会社で、この度社長の甥にあたる旦那が役員登録する事になりました。代表取締役ではないけど、会社がもしもの場合、負債を役員が抱える事ってあるのでしょうか?

小さい会社ですが業績は良くなく、職人なので役員登録したところで役員手当はないのですが・・・。
急いで印鑑証明をとるように言われて、なんだかよく
わからないので、いいのか悪いのか困ってます。
どなたか、よいアドバイスください!!

Aベストアンサー

取締役の責任としては、小さな会社の場合、本人が意図していなくても、次のようなものがあります。
1.会社に対する責任
2.法令・定款違反の責任
3.取締役の利益相反取引の責任
4.第三者に対する責任
5.職務懈怠による責任
6.虚偽記載の責任
7.取締役の第三者に対する責任

このように、対外的にも、社内に対してもいろいろな責任がありますから、十分注意されることが必要です。

ただ、取引先に対しては、会社の財産の範囲内での有限責任ですから、個人で、会社の取引に連帯保証人や保証人になっていなければ、個人での賠償責任は発生しません。

社長との関係から断れないようですが、最低限、連帯保証人などにはならないようにしましょう。

取締役の法的な責任については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/torishimariyaku.htm#会社に対する責任

Q取締役ですが退職したいと考えています

はじめまして。

ある小さな株式会社の取締役をしております。
この度、退職したいと考えています。ですが、取締役なので
どのような手続きを踏めばよいかわかりません。

まず、退職理由ですが、現在の代表取締役の配偶者が前代表取締役なのですが、その前代表取締役の考え方に疑問を持ち退職を考えています。
現在、会社の業績も悪化していく一方で、すべて私の責任のような事も言われました。

一般社員であれば、退職願いを出して済むと思うのですが、取締役になっているのがひっかかり、どのように手続きをすればいいかわかりません。

どなたか、ご教授お願い致します。

ちなみに、取締役ですが雇用保険は毎月引かれています。

Aベストアンサー

これまでの回答を見ると、ちょっと誤解を招くような情報もあったので、、、書き込みます。

まず、法律の範囲内で言えば退職方法は簡単です。
一般社員としての退職として、退職願いを提出する。
役員としての退職として、辞任届けを提出する。
これらを会社側が受理すれば会社とrinchan_73さんとの
関係は終了です。ただ、法人登記上は、会社が変更登記を
しない限り、rinchan_73さんが取締役のままです。
何か問題が起きたときには、変更登記がなされていなければ
最悪、責任を問われる可能性があります。

取締役は、会社との委任契約です。つまり、お願いされて
引き受けた、ということ。イヤになれば、いつでも、一方的
に辞めることができます。委任契約は信頼関係の上に成り立って
いるものなので、今回のように信頼関係のトラブルで、
辞任するというのは、法的にも慣習的にも問題ありません。
ただ、取締役になるときに「委任状」を書きましたよね?
それと同じように「辞任届け」を書く必要があります。
「辞任届け」は通常、会社が用意するものですが、用意して
くれないのなら、参考URLに法務省が用意した法人変更登記
にまつわる資料ダウンロードページを入れておいたので、そこから
似たケースを探して、そのフォーマットで辞任届けをプリントアウト
してハンコを押せばいいです。
法人登記を変更するときには、本人の「辞任届け」が必要です。
また、会社の臨時株主総会(または取締役会)の議事録の書き方に
よっては、rinchan_73さんの印鑑証明が必要になるかもしれません。
用意しておいてもいいでしょう。

取締役の辞任届けを会社側が受け取らない、もしくは、法人登記の
変更をしない、というときには、辞任届けを内容証明郵便で会社に
送りつけるといいと思います。万が一、トラブルが起きたときには、
辞任届けを出した日にちを確定できるとトラブルを回避できます。

実務上は、取締役を退任したいのに、会社が受理しない、もしくは、
法人登記を変更しない、といったトラブルが、ままあるようです。
もしもそのようなトラブルになったときには、そうしたケースを
解説している書籍はある程度出ているので、参考にされるといいと
思います。

雇用保険が毎月引かれている件ですが、おそらくそれは、立場が
取締役兼社員だからです。取締役と社員は兼務することができます。
だから、社員として、雇用保険が引かれているのです。

参考URL:http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

これまでの回答を見ると、ちょっと誤解を招くような情報もあったので、、、書き込みます。

まず、法律の範囲内で言えば退職方法は簡単です。
一般社員としての退職として、退職願いを提出する。
役員としての退職として、辞任届けを提出する。
これらを会社側が受理すれば会社とrinchan_73さんとの
関係は終了です。ただ、法人登記上は、会社が変更登記を
しない限り、rinchan_73さんが取締役のままです。
何か問題が起きたときには、変更登記がなされていなければ
最悪、責任を問われる可能性がありま...続きを読む

Q取締役になるべきかならざるべきか

現在、ある会社の課長職を務めております。その会社の社長から、取締役になって欲しいと言われています。大変光栄なことですが、経営方針が合うと思えず、普段から意見の衝突も多いです。私は、まだ入社4年目ですが、何人もの上司(や部下)が辞めていくのも見てきました。社長は、とてもワンマンな人なので、合わない人も多かったと思います。私は、従業員としてなるべくトップの意向に沿うように努力してきたつもりですが、これから経営側に回ると言うことは、それだけでは済まないと思っています。ただし、意見が合わないのは分かっているのですが、とてもワンマンな人なので、自分がイエスマンになるしかないと思っています。さらに、自分が経営者の器ではない、まだ自信がないとも感じています。それから、会社は辛うじて赤字を出さない程度で、経営状態は決してよくありません。そのあたりの責任もこれから背負うことになるかもしれないという不安も感じています。お断りすると、この後ぎこちない雇用関係になることも予測されますが、安易にお受けするのもよくないと思っています。(私は課長ですが、自分の部署に部長はおらず、実質部門長をしております。会社は全体で20名程度の規模です。)どなたか、アドバイスをいただけないでしょうか。

現在、ある会社の課長職を務めております。その会社の社長から、取締役になって欲しいと言われています。大変光栄なことですが、経営方針が合うと思えず、普段から意見の衝突も多いです。私は、まだ入社4年目ですが、何人もの上司(や部下)が辞めていくのも見てきました。社長は、とてもワンマンな人なので、合わない人も多かったと思います。私は、従業員としてなるべくトップの意向に沿うように努力してきたつもりですが、これから経営側に回ると言うことは、それだけでは済まないと思っています。ただし、意見...続きを読む

Aベストアンサー

ご自分の将来像をどのように描いておられるかにもよりますが、
経営側の一人にという抜擢は断る必要があるのでしょうか。
断った後の将来像を予想して判断してください。
中小企業の経営者というものは、客観的に見ればワンマンという人種に見えますが大企業のように責任が分散されるわけではないので、何かあったとき全責任を負います。
経営者はそのことを知っていますから、必然的にワンマンになってリードしていく必要が出てくるのです。
経営側から見れば当然の行動が、経験のない社員の立場で考えれば理解できないことも多いのは当然で衝突することは必然です。
本当の経営者ほど、自分と反対の意見を求めるものです。
自分と同じ意見の中には違った未来は見えませんから・・・

個人的な意見にすぎませんが、経営の立場にいますので質問者さんの気持ちは判るつもりです。

未知なる不安というものは、いつでもあるものです。
でも、それは経営側からみても同じことです。

その中で抜擢されたということはプラスに考えていいのではないでしょうか。
仮に今、責任を感じて逃避して別の会社に行ったとしても何年かしたらまた同じことが繰り返されると思いますよ。

ご自分の将来像をどのように描いておられるかにもよりますが、
経営側の一人にという抜擢は断る必要があるのでしょうか。
断った後の将来像を予想して判断してください。
中小企業の経営者というものは、客観的に見ればワンマンという人種に見えますが大企業のように責任が分散されるわけではないので、何かあったとき全責任を負います。
経営者はそのことを知っていますから、必然的にワンマンになってリードしていく必要が出てくるのです。
経営側から見れば当然の行動が、経験のない社員の立場で考えれば...続きを読む

Q代表取締役と取締役の違いは具体的にどんなところなんでしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?(権限や責任など) また一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか? それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?(権限や責任)今さら人に聞けないので教えてください。

Aベストアンサー

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う事はできません。

>一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか?

一般的には、役員=取締役です。最近は執行役員も役員と表記する場合が
ありますので注意が必要です。

>それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?

取締役会の構成メンバーが取締役です。取締役会は会社の経営・執行を
統括する機関ですから、会社の全てを掌握します。よって構成メンバー
である取締役は”経営者”という事になります。
それに対し執行役員は、与えられた業務を執行する責任者です。
また執行役員は従業員であり経営者ではありません。

社長・副社長・専務・常務(+会長)が取締役で、その下が執行役員で
ある場合が多いと思います。
しかし、社長が執行役員であっても問題はありませんので、別途取締役
会があり社長と代表取締役が別であっても問題はありません。

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う...続きを読む

Q会社役員は失業保険は貰えない?!

夫が会社役員(サラリーマン役員)をしています。会社が倒産したら
社長以下役員には失業保険はおりないということを知りました。
これは本当ですか?

でも、雇用保険料はちゃんと取られています。自分が失業しても貰えないものなのに何故保険料を払わなければならないのか納得がいきません。役員昇格と同時に雇用保険脱退となるのが筋ではないですか?

どなたか合理的な説明ができる方、お願いします。

Aベストアンサー

会社役員は基本的に雇用保険の被保険者になれませんが
#2さんの言われるように、(兼務役員)の方は被保険者になることが出来ます
・兼務役員:取締役であっても同時に部長、支店長、工場長等会社の従業員としての身分を有している人(いわゆる兼務役員)については、その人の就労実態、就業規則の適用状況等を総合的に見て労働者的性格が強く雇用関係があると認められる人
・被保険者が兼務役員になった場合は会社は速やかに「兼務役員雇用実態証明書」「確認資料」をハローワークに届出が必要です
・役員就任前の被保険者の状態が継続されます(雇用保険料が引き落とされる)
・兼務役員から役員専任になった場合は、会社は資格喪失の手続きをして、給与からの保険料の徴収を停止します(被保険者でなくなります)
参考:簡単な会社役員の適用一覧表(愛媛労働局)
http://www.e-roudou.go.jp/shokai/choshu/20301/2030104/index.htm

質問内容から
 :現在も保険料の徴収があるのなら、兼務役員でしょうから、退職後も失業給付の対象です
 :今後、専任役員になった場合は、退職後の失業給付の対象に該当しません
 :現在、兼務役員ではないのに、保険料が徴収されている場合は、会社が手続をしていないだけかもしれません

ご主人に、仕事内容等お聞きになって確認なさって下さい

会社役員は基本的に雇用保険の被保険者になれませんが
#2さんの言われるように、(兼務役員)の方は被保険者になることが出来ます
・兼務役員:取締役であっても同時に部長、支店長、工場長等会社の従業員としての身分を有している人(いわゆる兼務役員)については、その人の就労実態、就業規則の適用状況等を総合的に見て労働者的性格が強く雇用関係があると認められる人
・被保険者が兼務役員になった場合は会社は速やかに「兼務役員雇用実態証明書」「確認資料」をハローワークに届出が必要です
・役員就...続きを読む

Q取締役をやめます

今の社長と意見が合わず、取締役を退任しようと思います。抜けて社員になるのではなく退職するのですが、社長から引継ぎが終わるまで取締役の責任を果たせと言われ、現在後任が存在せず、実質的に退任時期を確定できない状態です。会社とはけんか別れなのでできるだけ早く抜けたいのですが、取締役の責任として後任が決まる間でやめられないということがあるのでしょうか?
ちなみにかなり使用人に近い取締役です。
社員は2名アルバイト1名の超零細企業です。

Aベストアンサー

細かいですが、よく読んでください。
取り返しのつかなくなる前にきちんとした知識を。
知識が無いと言う事は自分を守れないことと同じです。


取締役退任は内容証明で社長に退任の時期などを記入し
社長が受け取ればその時点で退任です。
内容証明の本と取締役の法律の本をご覧になって見て
下さい。できれば購入を。後あと何度読みます。
項目は取締役の退任に関する内容証明文書などです。
また、社長が手紙を受理しない場合は無効です。
社長が受理しなければならず、その証明も必要です。
単に手紙の場合は受理していないと言えばそれまでです。
社長に直接わたしてもいいですが、大体その場で破られ
ます。これは受理しないことと同じことになってしまい
ます。また、内容証明も拒否することができますので
送るならいきなり送らないと受理してもらえません。

取締役の責任は果たす義務があります。取締役は会社に
対して損失を発生した場合社長が訴えることができる
ます。もちろん社員もそうですが、役員の場合は
よく退任後に業績が悪化して嫌がらせもこめて損害賠償
告訴などがよく聞かれます。また、貴方が会社を退任し
た後で会社が倒産した場合はたとえ現時点で役員で
なくても借金取りが貴方の住所を調べて取りにきます。
法的には義務が無いのですが、在職中の責任を問われて
払う方もいるそうですが、1回払うとあとから沸くように
きます。役員は社員ではありません。事業主と同じです
ので法的に社員ほど守られていません。

また、できれば弁護士会などで一度ご相談をおすすめ
致します。1時間5000円前後です。法律に詳しい方が
後ろ盾にいると違います。また、問題が発展した
場合相談している弁護士の方に依頼すれば大丈夫です。
お金はもちろんかかりますが、状況と経過を良くわか
っていますのでその点では安心です。

厳しい言い方をしますが、安易な気持ちで役員になられた
と思います。この程度の就任退任は常識としてまた、
役員になる人間として知っていて当たり前のことです。
知識が無いと言う事は自分を守れないことと同じです。



と、いろいろと書きましたが小生も若い頃同じ失敗を
いたしました。負債額も半端な額ではなくまさに
知らなかった状態でした。でも、知らなかったでは
済まされないことがこの世には沢山あります。
それが名前だけの取締役でも法的には同じです。
知識が無いと言う事は自分を守れないことと同じです。
この言葉はある不動産の部長から厳しく言われたお言葉
です。すべてここに込められています。

多分これから猛勉強が始まります。
自分がいかに知らない人間であったか、と気づかされる
事だと思います。例え学歴が良くても社会では肝心な
時に役に立たないことが、社会の裏側をみる事となる
と思います。でもそれでいいのです。このきっかけで
いろいろな勉強をすると思います。それが貴方にとって
良い財産になります。失敗から何を学び取れるかです。

僕も当時大変困りました。毎日胃が痛くて眠れません
でした。当時いろいろな方々にお世話になりました。
貴方を通してその方にご恩返しした気持ちで書きました。
必ず問題は解決できます。次貴方のもとに同じような
人が訪れたら思い出してください。
チャンスにリスクをかけて貴方の次なる夢をつかんで
ください。

細かいですが、よく読んでください。
取り返しのつかなくなる前にきちんとした知識を。
知識が無いと言う事は自分を守れないことと同じです。


取締役退任は内容証明で社長に退任の時期などを記入し
社長が受け取ればその時点で退任です。
内容証明の本と取締役の法律の本をご覧になって見て
下さい。できれば購入を。後あと何度読みます。
項目は取締役の退任に関する内容証明文書などです。
また、社長が手紙を受理しない場合は無効です。
社長が受理しなければならず、その証明も必要です。
単に...続きを読む

Q取締役の仕事と責任について教えて下さい。

次記状態の会社の現場責任者として勤務していましたが,社長から「名前だけでいいから」と頼まれ取締役に就任してしまいました。就任までの経緯は下記のとおりです
会社は代表取締役1名(持株100%),取締役3名の同族会社 従業員約40名(臨時社員含む)業績良好財務状況良好 1年前 取締役3名全員が辞任,代表取締役社長も会社に来なくなる 社長から電話で「名前だけでいい,取締役になってくれ,全ての責任は私が取るから」と  「私にはその意思がない」と,返事, 翌日,社長が「会社を解散する」と,理由を言いません 私は従業員全員を集め経緯を説明,
従業員から懇願され取締役就任を了解してしまいました 登記他手続きは社長の知人の司法書士がしました 私は今迄と同じ給与です(基本給+手当+残業代) 仕事も従業員としての仕事です 取締役の仕事とは何ですか? 取締役が責任を負うべき事は,どういう事が考えられますか? 会社の税理士さんから取締役として登記されている以上責任はある,と言われました また,給料ではなく役員報酬ですとも 仕事の実態は従業員であってもですか?

Aベストアンサー

状況がいささか不可解ですが、基本的なことだけ。

まず、従業員から懇願され取締役就任を了解とのことですが、取締役はあくまで株主総会の決議です。その株主総会はあったのでしょうか。中小企業の場合は会議はなしで書類上だけで総会具白苦を作っておしまいというケースが多くありますが、そういう例でしょうか。
いずれにしても、取締役は株主総会で選任も解任もできます。株主はあなたの就任を実際どう考えているのでしょうか。
次に取締役は労働者ではないので残業手当はありません。残業手当を支給すると役員賞与となります。
その代わり出社退社は自由です。自分で決めれば良いのです。報酬も株主総会の決めた範囲であれば自分で決められます。でも賞与は利益処分で会社は課税されますから慎重にしなければなりません。
次に、資金繰りは問題ないでしょうか。出資者が放り出すのは普通は資金繰りがつかなくなってのことが多いと思います。間違っても代表者として会社に債務保証をしてはいけません。

取締役で一番重要な責任は善良なる管理責任義務です。これは常識的な意味での注意を怠って会社に損害を与えると株主から損害賠償を訴えられるというものです。従って重要な意思決定は必ず他の取締役(他に役員は居るのでしょうか)と慎重に協議をしてその議事録を残すことです。それをしておけば、結果の失敗は責任を問われません。
只、心配なのは業績が向上したときに株主が再度取締役の地位を要求してこないでしょうか。
できれば少しづつでも彼らの株式を買い取った方が良いように思います。
最悪のケースは業績の立ち直りだけをやらされて、その後はお役ごめんというケースです。そうなると労働基準法は適用されず、その場で解任ということもありえますから、要注意です。

状況がいささか不可解ですが、基本的なことだけ。

まず、従業員から懇願され取締役就任を了解とのことですが、取締役はあくまで株主総会の決議です。その株主総会はあったのでしょうか。中小企業の場合は会議はなしで書類上だけで総会具白苦を作っておしまいというケースが多くありますが、そういう例でしょうか。
いずれにしても、取締役は株主総会で選任も解任もできます。株主はあなたの就任を実際どう考えているのでしょうか。
次に取締役は労働者ではないので残業手当はありません。残業手当を支給すると役...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報