万葉集にある額田王の歌の冒頭の説明に、蒲生野(かもふの)という地名があります。
これを音読する際には、(かもうの)でしょうか、それとも(かまうの)でしょうか??
わからなくて困っています。
わかる方いらっしゃいましたら、ご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

  まだ締め切られていないので、気づいたことを書いておきます。


質問者が手にしていらっしゃるのは、印刷されたテキストと思います。万葉集などの古典(写本)を印刷するにあたっては、普通学者が校訂の手を加え明らかに誤りがあれば、訂正したり読み方が分かりにくい時はその学者の責任において「読み仮名」を付けたりします。
 その書物の出版が昭和21年(「現代仮名づかい」が制定された)より新しければ、現代仮名づかいによるのが普通です。「かもふの」は歴史的仮名遣いなら、おっしゃるとおり「かまふの」(読み方は「カモーノ」)になると思います。現代仮名づかいなら「かもうの」(読み方はおなじ「カモーノ」)になるはずです。
 ところが、「かもふの」となっていれば困りますね。これは誤植だったのか、あるいはその学者の考えで「カモフノ」と読ませたかったのか、よく分かりませんね。質問者のおっしゃる気持ちはよく分かります。

 ところで問題の地名は「滋賀県蒲生郡蒲生町」だったのが、市町村合併で現在「滋賀県東近江市」に入っていて、その中に「蒲生」の付く町名が4つ存在します。読み方は「がもう」ですが、古くはどう呼んでいたのか、「角川書店刊・日本地名大辞典(滋賀県編)」で調べればある程度古い時代についても書かれていて分かるはずです。あわせてこの地の出である戦国大名「蒲生氏郷」(「がもううじさと」)が室町末期にこの地名を「氏」としてそう呼ばれ、それが受け継がれたとすれば、「がもう」だったのでしょうが、古代末期の「万葉集」の時代には、すでにNo.5の DexMachinaさんがおっしゃるとおり「語頭に濁音がこない」という考えが通用しているので、この学者も「が」でなく「か」としたのでしょう。
    • good
    • 0

確か上代の日本語では「語頭は濁音に立たない」という話があったはず、


と思ってWebで検索して見つけたのが以下のサイトです:

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodais …
「上代日本語と魏志倭人伝の言語」(赤文字の標題)の段を参照
(サイト表示後、上記の標題で検索してください)
→魏志倭人伝の「倭国語」の特徴の1つとして「語頭に濁音とr音が立たない」
  ことを挙げ、これが「上代(上古)日本語」と共通である旨、説明されています。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/onin2 …
「三 連音上の法則」の段を参照
(サイト表示後、「連音上の法則」で検索してください)
→「語頭音に關しては、我國の上代には、ラ行音及び濁音は語頭音には
  用ゐられないといふきまりがあった」
(=「語頭音に関しては、我国の上代には、ラ行音及び濁音は語頭音には
  用いられないというきまりがあった」)


また、同じく上代の日本語では、「ハ行」の音は「ファ行」に近い音だったと
言われています:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E8%A1%8C% …


ですので、万葉集が詠まれたころの音に倣って読むとすると、ふりがなそのままに
「かまふの」になるかと思います(発音記号で話をすると、全く同じにはなりませんが)。

※あくまで、「その時代に倣うなら」です。通常の音読の際には、他の回答者の
 方々が回答されているように「がもうの」でよいかと思います。
    • good
    • 0

「が」の「゛(濁点)」が発明されるのは室町時代ですが、一般化するのは江戸時代です。

ですから「がもう」と発音していたとしても後世の人が万葉仮名にルビを振るときには「かまう」もしくは「かもふ」もしくは「かまふ」とするしかなかったでしょう。1450年も前に「ガマ」をどう発音していたかはわかりません。「ガマ」の語源も諸説ありますし、万葉時代の「ふ」は「FU」で「hu」ではありません。だからここはひとつ「がもうの」と読んでおきましょう。飛鳥時代の発音を再現して読まねばならないのなら「蛇」など「ペミ」です。でもアクセントはわかりません。
    • good
    • 0

NO2です


広辞苑には「がまふ」とありました

どう読むのが正しいのでしょうね・・・
有効な回答者様が現れるのをねがってます
    • good
    • 1

万葉集の歌は知りませんが


普通に読めば
「蒲生」は「がもう」です。
ですので「蒲生野」は「がもうの」?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

現代語訳には、がもうの とあるのですが、古文の文の読み仮名には(かもふの)とあり、どう読めばいいのかわからないのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 20:41

がもうの

    • good
    • 1
この回答へのお礼

がもうのは現在の読み方ですよね?
古文ではどう読めばいいのでしょうね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 20:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q【4/4はおかまの日】今日は4/4でおかまの日らしいですが何でおかまの日って言うのか知ってますか?

【4/4はおかまの日】今日は4/4でおかまの日らしいですが何でおかまの日って言うのか知ってますか?


教えてください。

Aベストアンサー

私が言う立場でもないかもしれませんが、

>トランスジェンダーの日(日本の旗 日本)
結局、おもしろおかしく言われるだけ日になってしまっているのでしょう。

「「TSとTGを支える人々の会(TNJ)」という、性同一性障害を支援するグループが正式に制定したものです。」これは、真っ赤のウソです。

確かに、発足の義はあるけれども、
http://www.tnjapan.com/news/dc990200.htm

発起人が暴走したのです。当事者さんたちは、決して「中間の性」を自認している人は少ないのです。発起人は、政治力はあったかもしれませんが、別にトランスジェンダーなどではありませんでしたから、どこかに感覚的なズレがあったのだろうと思います。

それと、「おかま」は軽蔑語ですから、「おかまの日」などと再認識させられ、そう言われる続けることは、当事者の人びとにはやる方のない、苦痛を感ずるはずです。
当事者の中には、「性的マイノリティー」と言われることも嫌う人がいます。

》1999年2月に性同一性障害者の自助グループ・TSとTGを支える人々の会が制定。
「》男と女」だけではとらえきれない性の多様性について、広く社会的な理解を深める日。
》「おかまの日」と言われていた日をそのまま「トランスジェンダーの日」としたことにより、「おかま=トランスジェンダー」という誤った認識がなされる恐れがあることから、当事者の間で日附を変更もしくは廃止すべきという声が上がっている。

http://www.nnh.to/04/04.html

もともとは、ニューハーフさんたちが、自分たちの職場で言い出した話で、別に本気にそんなに日を作ろうとは思わなかったのです。

ただ、「おかま」という呼び名も、なかなか込み入っていますが、自分で名乗り始めたのは、都知事選などにも立候補した、東郷健氏ぐらいだと思います。おすぎとピーコさんたちも同様で、英語の"Queer" と同様、差別・軽蔑語にはなるのですが、ご自分たちが開き直って使わざるを得ないという背景があるものですから、そうでない人たちが、そういう呼称を他人に向かっては使うべきではないと思います。その語彙の成り立ちは江戸時代とは言いますが、そこから遡っても、その名称・呼称の正当性は得られないと思います。

私が言う立場でもないかもしれませんが、

>トランスジェンダーの日(日本の旗 日本)
結局、おもしろおかしく言われるだけ日になってしまっているのでしょう。

「「TSとTGを支える人々の会(TNJ)」という、性同一性障害を支援するグループが正式に制定したものです。」これは、真っ赤のウソです。

確かに、発足の義はあるけれども、
http://www.tnjapan.com/news/dc990200.htm

発起人が暴走したのです。当事者さんたちは、決して「中間の性」を自認している人は少ないのです。発起人は、政治力はあったかもしれ...続きを読む

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q万葉集の歌

「畳けめ 村自が磯の 離り磯の 母を離れて 行くが悲しき」という歌があるのですが、前半の意味がわかりません。

Aベストアンサー

ご質問の歌は、万葉集巻二十4338番、防人(さきもり)歌です。
岩波書店の日本古典文学大系(旧)では、

畳薦 牟良自が磯の 離磯の
(たたみけめ むらじがいその はなりその)

母を離れて 行くが悲しさ
(ははをはなれて いくがかなしさ)

とよんでいて、注の内容を要約すると、

「畳薦」は、枕詞で、「むらじ」の「む」を導く(訳す必要なし)。

「たたみこも」が東国方言では「たたみけめ」になる。

「牟良自が磯」は所在不明。

「畳薦 牟良自が磯の 離磯の」は序詞。

(訳)牟良自が磯の 離れ磯のように
   母を離れて防人に行くのが悲しいことよ。

とまあ、こんなことが書いてありました。

Q漢字の読み方辞典〈人名用)

本当は出産とか育児のカテゴリーの方が良かったのかもしれませんが、赤ちゃんの名前じゃないもので…。
人の名前を考えなければならないのですが、名前用の読み方辞典〈サイト〉というのはありますでしょうか?
たとえば慶喜(よしのぶ)、それぞれの漢字の読み方を調べてもよし、のぶというのは出てこないと思うのですが。この漢字はこんな風な読み方に使えるというガイドはあるのでしょうか?他の質問を拝見させていただくと、人名で使える漢字には制限があるけれど、読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

誰の名前を何の為につけるのかわかりませんが、お急ぎのようなので、回答します。

 お探しのサイトは↓のようなサイトでしょうか?

 >読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?

 日本語の基本法則には従ってください。漢字の音読み訓読みの約束の中で、自由に読み方を決めてください。

 いくらなんでも『高志』とかいて「スヌーピー」とは読ませられません。

参考URL:http://www.willcode.co.jp/kirakira/index.html

Q新撰万葉集 巻之上 第37歌に関して

角川版 新編国歌大観 第2巻 歌集編 P.180 の 新撰万葉集 巻之上 第37歌 に拠る。
「如此時 不有芝鞆思倍者 一年緒 惣手野春丹 成由裳鉋」、
(カカルトキ アラジトモオモヘバ ヒトトセヲ スベテノハルニ ナスヨシモガナ)

Q1 第1句の「斯かる時」とは、どんな時ですか。
Q2 第2句の「不有」とは何がないと思うのですか。
Q3 作者は不明なのですか。

慕景集 第28歌に
「かかるときさこそ命のをしからめかねてなき身とおもひしらずは(出典と表記は前記、国歌大観に拠る)」、があります。

Q4 二つの歌は本歌取りの関係にあると言って、よいですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「新撰万葉集」「画像」で検索なさってみてください。「谷本蔵寛文七年版『新撰万葉集』(上巻)画像」というサイトがあります。

さらに「6ウ(本文4ウ)」をクリックなさると問題の和歌が出てまいります。

和歌の左に漢詩(七言絶句)がありますが、この漢詩との関連で考えていただければ、Q3以外の答えは出そうです。いかがでしょう。

例によって資料紹介だけです。考える楽しみはとっておきませんとネ。

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Q古代日本語で万葉集などを朗読してるmp3

古代日本語ではハ音がパ音だったりと、今の日本語といろいろ発音が違いますが、万葉集や古事記、枕草子などの古典をその当時の発音で朗読してる、ネットで気軽に聴けるmp3などがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

「ネットで気軽に聴けるmp3など」という条件はクリアできませんが、下記URLの朗読テープがあります。大学図書館や各自治体の図書館などで借りることができると思います。

参考URL:http://thistle.est.co.jp/tsk/detail.asp?sku=40471&page=1

Q漢字の読み方

漢字の読み方をお教えください。
「福」と「彦」のフク、ヒコ以外の読み方です。

Aベストアンサー

人名の読み方は、また別のもんですから。
私の手元の事典ですと
「福」は、さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・もと・よし。
「彦」は、お・さと・ひろ・やす・よし。
なんて読み方が載っています。でも、人名は何でもありですから。

Q漢字の人名,地名の読みがたが早くわかる方法

私は日本語を勉強している学生ですが、
人名などの漢字の読みがたに大変苦労しています。

例えば、「田中」って「たなか」であることがわからないと、
辞書で調べることもできません。

何年も日本語を勉強して、新聞なんかを見て、
有名人の名前も読めないなんて。(涙)(涙)(涙)

どうせ、いちいち調べて、いちいち覚えるしかないかも知れませんが、
ネットなどで素早く検索できる方法などはないでしょうか。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人名・地名は日本人でも読めませんので、あまりがっかりしないでください。

オンライン人名辞典
http://www.libro-koseisha.co.jp/top19/top19.html

地名の読み方
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/3999/yomi.html

日本地名事典
http://www.kcc.zaq.ne.jp/mycity/
検索してホームページのURLを読めば読み方がわかると思います。

参考URL:http://www.libro-koseisha.co.jp/top19/top19.html,http://www.geocities.co.jp/WallStreet/3999/yomi.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報