万葉集にある額田王の歌の冒頭の説明に、蒲生野(かもふの)という地名があります。
これを音読する際には、(かもうの)でしょうか、それとも(かまうの)でしょうか??
わからなくて困っています。
わかる方いらっしゃいましたら、ご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

  まだ締め切られていないので、気づいたことを書いておきます。


質問者が手にしていらっしゃるのは、印刷されたテキストと思います。万葉集などの古典(写本)を印刷するにあたっては、普通学者が校訂の手を加え明らかに誤りがあれば、訂正したり読み方が分かりにくい時はその学者の責任において「読み仮名」を付けたりします。
 その書物の出版が昭和21年(「現代仮名づかい」が制定された)より新しければ、現代仮名づかいによるのが普通です。「かもふの」は歴史的仮名遣いなら、おっしゃるとおり「かまふの」(読み方は「カモーノ」)になると思います。現代仮名づかいなら「かもうの」(読み方はおなじ「カモーノ」)になるはずです。
 ところが、「かもふの」となっていれば困りますね。これは誤植だったのか、あるいはその学者の考えで「カモフノ」と読ませたかったのか、よく分かりませんね。質問者のおっしゃる気持ちはよく分かります。

 ところで問題の地名は「滋賀県蒲生郡蒲生町」だったのが、市町村合併で現在「滋賀県東近江市」に入っていて、その中に「蒲生」の付く町名が4つ存在します。読み方は「がもう」ですが、古くはどう呼んでいたのか、「角川書店刊・日本地名大辞典(滋賀県編)」で調べればある程度古い時代についても書かれていて分かるはずです。あわせてこの地の出である戦国大名「蒲生氏郷」(「がもううじさと」)が室町末期にこの地名を「氏」としてそう呼ばれ、それが受け継がれたとすれば、「がもう」だったのでしょうが、古代末期の「万葉集」の時代には、すでにNo.5の DexMachinaさんがおっしゃるとおり「語頭に濁音がこない」という考えが通用しているので、この学者も「が」でなく「か」としたのでしょう。
    • good
    • 0

確か上代の日本語では「語頭は濁音に立たない」という話があったはず、


と思ってWebで検索して見つけたのが以下のサイトです:

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodais …
「上代日本語と魏志倭人伝の言語」(赤文字の標題)の段を参照
(サイト表示後、上記の標題で検索してください)
→魏志倭人伝の「倭国語」の特徴の1つとして「語頭に濁音とr音が立たない」
  ことを挙げ、これが「上代(上古)日本語」と共通である旨、説明されています。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/onin2 …
「三 連音上の法則」の段を参照
(サイト表示後、「連音上の法則」で検索してください)
→「語頭音に關しては、我國の上代には、ラ行音及び濁音は語頭音には
  用ゐられないといふきまりがあった」
(=「語頭音に関しては、我国の上代には、ラ行音及び濁音は語頭音には
  用いられないというきまりがあった」)


また、同じく上代の日本語では、「ハ行」の音は「ファ行」に近い音だったと
言われています:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E8%A1%8C% …


ですので、万葉集が詠まれたころの音に倣って読むとすると、ふりがなそのままに
「かまふの」になるかと思います(発音記号で話をすると、全く同じにはなりませんが)。

※あくまで、「その時代に倣うなら」です。通常の音読の際には、他の回答者の
 方々が回答されているように「がもうの」でよいかと思います。
    • good
    • 1

「が」の「゛(濁点)」が発明されるのは室町時代ですが、一般化するのは江戸時代です。

ですから「がもう」と発音していたとしても後世の人が万葉仮名にルビを振るときには「かまう」もしくは「かもふ」もしくは「かまふ」とするしかなかったでしょう。1450年も前に「ガマ」をどう発音していたかはわかりません。「ガマ」の語源も諸説ありますし、万葉時代の「ふ」は「FU」で「hu」ではありません。だからここはひとつ「がもうの」と読んでおきましょう。飛鳥時代の発音を再現して読まねばならないのなら「蛇」など「ペミ」です。でもアクセントはわかりません。
    • good
    • 0

NO2です


広辞苑には「がまふ」とありました

どう読むのが正しいのでしょうね・・・
有効な回答者様が現れるのをねがってます
    • good
    • 1

万葉集の歌は知りませんが


普通に読めば
「蒲生」は「がもう」です。
ですので「蒲生野」は「がもうの」?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

現代語訳には、がもうの とあるのですが、古文の文の読み仮名には(かもふの)とあり、どう読めばいいのかわからないのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 20:41

がもうの

    • good
    • 1
この回答へのお礼

がもうのは現在の読み方ですよね?
古文ではどう読めばいいのでしょうね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q「万葉集」のある歌について

 日本語を勉強中の中国人です。「万葉集」に下記のような意味の歌を教えていただけないでしょうか。
_____________

だから、『万葉集』の恋の歌にも、現代に通じる、こんな歌があります。
「きみのことが好きだけど、すぐには会えないから、せめて夢の中で会いたいなーと思っていたら、かえって寝られなくなったよ」。
_____________

 また、質問文に不自然な表現ががりましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

我妹子に 恋ひすべながり 夢に見むと 我れは思へど 寐ねらえなくに

というのもあるようです。
作者不詳のようです。
  

Q分からない漢字の読み方検索方法

2,3問前の質問で読み方を教えて
くださいと言う質問に答えた方が
コピペして、、、、と書かれてい
たのですが、もう少し詳しく教えて
下さいませんか?
文字を青くして右クリックしました
が、その後が分かりません。

Aベストアンサー

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢和辞典のサイトの例です。

ウィクショナリー
http://ja.wiktionary.org/wiki/%e6%bc%a2%e5%ad%97%e8%be%9e%e5%85%b8
インフォシーク漢字辞典
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%b4%c1%bb%fa%bc%ad%c5%b5&qty=&qtb=&qtk=0


ついでに、ここでいろんな辞書を探せます。
http://search2.kotoba.jp/iresult3.cgi

検索窓に、例えば「漢字辞典」のように入力して検索すると
漢字辞典のサイトが出ます。

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢...続きを読む

Q万葉集の歌

「畳けめ 村自が磯の 離り磯の 母を離れて 行くが悲しき」という歌があるのですが、前半の意味がわかりません。

Aベストアンサー

ご質問の歌は、万葉集巻二十4338番、防人(さきもり)歌です。
岩波書店の日本古典文学大系(旧)では、

畳薦 牟良自が磯の 離磯の
(たたみけめ むらじがいその はなりその)

母を離れて 行くが悲しさ
(ははをはなれて いくがかなしさ)

とよんでいて、注の内容を要約すると、

「畳薦」は、枕詞で、「むらじ」の「む」を導く(訳す必要なし)。

「たたみこも」が東国方言では「たたみけめ」になる。

「牟良自が磯」は所在不明。

「畳薦 牟良自が磯の 離磯の」は序詞。

(訳)牟良自が磯の 離れ磯のように
   母を離れて防人に行くのが悲しいことよ。

とまあ、こんなことが書いてありました。

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q万葉集の歌の読解について

万葉集の歌の読解が全然できません ・・・(;´Д`)ウウッ…
万葉集の読解をするには何をやればいいのかおしえてください
例(枕詞や序詞を覚える)とか(古代文法を覚えるとか)
文章ではなく歌だと全然読み取れなくて困っています
また、そのような本があったら教えてくださいお願いします(泣)

Aベストアンサー

このような漠然とした質問には、少し答えにくいです。
それは、私だけでなく、このサイトにいらっしゃる多くの国語系・古文系の専門の先生方でもご同様かと思います。

ま、それでも、あえて一般的なことだけ申しますと・・・

万葉の歌というのは、何しろ膨大な数ですし、短歌だけでなく、長歌も多く編集されていますし、読み手も貴族や皇族ばかりではなく、一般民衆もたくさんいます。
あまり修辞技法などに凝ったものはなく、ストレートで「そのまんま」な歌のほうが圧倒的に多い。

枕詞は多用されていますが、これは、その都度、覚えていくという程度でいいと思います。
枕詞ばかりを機械的に暗記してもあまり意味はありません。
枕詞は、本来、特定の語を「神聖化」するための修辞句で、別に意味はないんですが、まあ、漢字で覚えておくと理解はしやすいでしょうね。
「たらちねの」は「垂乳根の」で、おかあちゃんのおっぱいは子どもに吸われ尽くして垂れているのですし、「むらぎもの」は「群肝の」で、内臓の群がった部分に「心」があると信じられていたわけです。
言霊信仰の盛んな時代ですから、万葉の時代の古代人は、何かにつけ、「言葉」を神聖視して、枕詞で浄化しようとしているのでしょうね。

万葉の歌を解釈しにくいと思うとしたら、たぶん、理由は一つしかない。
内容はものすごく単純で分かりやすいはずなんですから。
その理由とは、上代特有の助詞や助動詞に撹乱されているのです。

高校生が学校で習う古典文法は、平安文法が中心で、助動詞や助詞も、平安時代に多用されていたものを集中的に教えています。
これだけでは、確かに、万葉の歌を読みこなすことは難しいかもしれませんね。
「ふ」とか「ゆ」とか「らゆ」とか「はや」とか、「上代特有」とされる語法を、国語便覧や文法書で、少し勉強してみてください。
幾らか、読んだときの感触が変わってくるはずです。

「万葉の権威」といえば、私などの時代は何と言っても犬養孝教授でしたが・・・
血の通った、生きた万葉を、ひたすら口承して講読されていた方です。
この方の著作物を、論文に限らず、紐解かれてみてはいかがでしょう。
万葉の歌は、まな板の上で切り刻むべきものではない、心でじかに感じとるものだ、ということが、きっとお分かりになると思いますよ。

このような漠然とした質問には、少し答えにくいです。
それは、私だけでなく、このサイトにいらっしゃる多くの国語系・古文系の専門の先生方でもご同様かと思います。

ま、それでも、あえて一般的なことだけ申しますと・・・

万葉の歌というのは、何しろ膨大な数ですし、短歌だけでなく、長歌も多く編集されていますし、読み手も貴族や皇族ばかりではなく、一般民衆もたくさんいます。
あまり修辞技法などに凝ったものはなく、ストレートで「そのまんま」な歌のほうが圧倒的に多い。

枕詞は多用されて...続きを読む

Qクロノグラフ/SKY-HIで使われてる花何かわかりますか?

クロノグラフ/SKY-HI
で使われてる花何かわかりますか?

Aベストアンサー

メシベの形からユリと思います
オイベの花粉袋はとってありますね

種類はわかりません
ユリ
http://www.hana300.com/yuri003.html

Q新撰万葉集 巻之上 第37歌に関して

角川版 新編国歌大観 第2巻 歌集編 P.180 の 新撰万葉集 巻之上 第37歌 に拠る。
「如此時 不有芝鞆思倍者 一年緒 惣手野春丹 成由裳鉋」、
(カカルトキ アラジトモオモヘバ ヒトトセヲ スベテノハルニ ナスヨシモガナ)

Q1 第1句の「斯かる時」とは、どんな時ですか。
Q2 第2句の「不有」とは何がないと思うのですか。
Q3 作者は不明なのですか。

慕景集 第28歌に
「かかるときさこそ命のをしからめかねてなき身とおもひしらずは(出典と表記は前記、国歌大観に拠る)」、があります。

Q4 二つの歌は本歌取りの関係にあると言って、よいですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「新撰万葉集」「画像」で検索なさってみてください。「谷本蔵寛文七年版『新撰万葉集』(上巻)画像」というサイトがあります。

さらに「6ウ(本文4ウ)」をクリックなさると問題の和歌が出てまいります。

和歌の左に漢詩(七言絶句)がありますが、この漢詩との関連で考えていただければ、Q3以外の答えは出そうです。いかがでしょう。

例によって資料紹介だけです。考える楽しみはとっておきませんとネ。

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q万葉集の歌は口語体?

全くの素人です。恥を忍んで質問します。
万葉集の歌は当時の口語体でしょうか。
文字を持っていないのに文語体があったとは考えられないので、
質問した次第です。

Aベストアンサー

そうですね。
文語というのは、万葉集編纂より後の平安時代以降の文法をもとにしたものなので、文語ということはそもそも当てはめることができないと思います。
また、そういう意味では文語も口語もないので、どちらかというと言文一致体ということになるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報